« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

2013年1月31日 (木)

カワセミ、レンジャク・・・

 今日は快晴、D4に328+1.4倍テレコンでカワセミの撮影に行った。420mmでは苦しい場面もあるかと思い、2倍テレコンも持って行ったが、途中で別の鳥狙いで移動したので、対岸からの飛込みを撮ることが無く、カワセミ撮影では使わず。
別の場所での狙いの鳥は、1時間残業で4時まで待ったが現れずでガッカリして帰った。数が減ったそうだがレンジャクが居たので、水飲みシーンをかなり連写したが、遠くて数も多かったのでもう一つうまく撮れず。夕方には数が減っていたが、終盤というところか。

朝のカワセミ、晴天、順光で久しぶりに綺麗な色が出た。13013101

400mmでも条件が良ければ、昨日と違う場所でも大トリミングで見れるほどに撮れるのが分かったのは、一つの成果
13013102

水からの飛び出し、全く不満無し
13013103

こちらに向かって飛んでくるところ、この後はボケ画像13013104

飛び出してから飛び込み、水から出てくるところを連写した。ファインダー内のカワセミが小さく追いやすい。
13013105

ホバ無しだが、水面をじっと見つめる。
13013106

狙いを定めて急降下、この後の画像はボケ
13013107

飛び込んでからシャッターを押しなおす。
水の中3枚目の画像、魚を咥えているように思う。
13013108

水面に顔を突き出した時には魚無し、顔の横の水しぶきは魚が立てたものだろう。
130131081

魚を落とした反動か口を開ける。
13013109

元の場所に戻るため、体をひねる
13013110

一旦飛び出し
13013111

再び着水体勢、着水は撮れていない。
13013112

飛び出し
13013113

羽を広げて飛ぶ、この後1枚続くが後はボケ
13013114

一旦、着地して、更に背後の高い土手に飛ぶ。
13013116

餌捕りシーン
朝早く少し大きな魚を食べ、その後大きな魚を捕ったが、大きすぎて諦め放棄したとか。
13013117

そこそこの大きさ
13013118

岸に止って食べた後、休憩場所に移動。
13013119

モニターで確認した画像が十分だったので、別の鳥狙いで場所を移動する事にした。

期待の鳥はなかなか現れず、待っている間にレンジャクを撮影した。今期キレンジャク初撮影
13013120

関西では数が少なく人気がある。大して違いは無いと思うが・・・
13013121

キ、ヒ(アカ)ともにレンジャクに変わり無し。
13013122

レンジャクはかなり撮影しており、画像を確認して後日掲載するつもり?

空高く飛んでいた鷹、ハイタカと思う。
13013123

ノスリも姿を見せたが、画像はもう一つ。2倍テレコン使用したが、比較的近い被写体を大きく撮るには良いが、飛びものの遠い被写体を少しでも大きく撮るにはもう一つと思う。個人的感覚
13013124

ニコンから800mmf5.6の発売が発表されたが、何を撮る人が買うのかな。
自分の用途では、カワセミは全く不要、ヤマセミはあれば良いかな、オオワシには欲しいだが、年数回の撮影に投資する価値は全く無い。気になるのが重量4.59kg、600mmf4がリニューアルされれば4kgより軽くなるのだろうか?

撮影機材:D4、328+1.4倍テレコン(2倍も使用)、三脚使用  877枚
移動:歩き、地下鉄  天気:快晴
撮影経費:460円

| | コメント (0)

2013年1月30日 (水)

カワセミ 水の中の動きは遅い

 今日は10時20分頃からの参戦、カワセミは中流域の橋の下に居た。朝から場所を移動せず、ポツポツと橋の下に飛び込み小さな魚ばかりを捕っていたとのことだが、その後も同じ事を繰り返す。D4に70-200mmf2.8+2倍テレコンに三脚使用で、水際を連写するのが狙いだったので、他のカメラマンが帰った後も一人粘った。動きがあったのは12時を過ぎてからで、大きなペリットを吐き橋から出てきて左右で動き出しが、動きはトロかった。その後、12時40分頃に一気に上流に飛んだので追いかけると、餌捕りダイビング連発のポイントに居り餌捕りモードのスイッチが入っていた。それから30分間ダイビング連発で連写のしまくり、流石にD4、気持ちの良いシャッター音を響かせ続けた。
この場所限定なら400mmでも十分だが、他の場所も含めると600mmぐらいは必要で、このレンズならD7000かD800Eでの大トリミングの方が良かった。しかし、他の場所での動きが悪かったので今日は大満足し、1時半に引き上げた。

大きなペリットを吐く
13013001

大きく且つ柔らかかったのか、途中で千切れる13013002

橋横の鉄管からのダイビングで大きな魚を捕る。今日は鬱陶しい天気で撮影条件がもう一つだったのISOを大きくした。
13013003

魚を咥えて飛び出す、ここまでは良かった。
13013004

またしても落としよった。
13013005

魚は命拾いで、水の中に消えた。
13013006

餌捕りスイッチが入ったかと思ったが、その後もしばらく動きは悪かった。

水面近くでホバ、風向きが悪く背後からの撮影になったのが残念
13013007

魚が見えなかったのか、長いホバだった。
13013008

飛び込まずに引き返す。
13013009

土手に止るまで追えた。
13013010

その後、上流へ一気に飛び去る。
追いかけて行くと、ダイビングポイントの土手から飛び込むのが見えたので、小走りで急ぐ。多少、天気が良くなってきたので、ISO1000ぐらいに落として撮影した。それまでは1600~3200に設定していた。

飛び込んだ後、水面近くに見えればシャッターを押す。
三脚を使用したので、多少余裕があった。
13013011

水からの飛び出し
13013012

D800Eの手持ちではブレることが多かったが、ピントが追従した。
13013013

手持ちに比べ、撮影成功の歩留まりはかなり良かったが、構図はこれまでと同じようなものばかり。
13013014

80-400mmf5.6より70-200mmf2.8+2倍テレコンの方がピントは速い。少し重いので手持ちでは最近使っていない。
13013015

橋桁から飛び込む時は、かなり深く潜るので水の中を狙ってみた。少しでも波があると水面にピントが合うため、水中は不鮮明。
13013016

この時点で魚を咥えているように思うが・・・・
13013017

明らかに咥えているのが分かる。
13013018

羽をすぼめる
13013019

再び羽を広げ
13013020

すぼめた反動で体を起こす?
13013021

完全に体を立てる
13013022

水面近くに浮上
13013023

体の一部を水面から出したが、咥えている魚は大きい。
13013024

体を突き出し
13013025

羽を広げて、水面を叩き?
13013026

一気にジャンプ
13013027

後は岸に向かうだけ。
13013028

一旦近くに止った後休憩場所に飛び、魚を石に何度も叩きつけて飲み込む。その後数回水浴びをした後、羽繕いから休憩に入ったので帰宅した。
次は328を持って行きたいが、歩くと腰の横の骨辺りが痛くなってきた。毎日、歩きすぎかな?

 

撮影機材:D4、70-200mm+2倍テレコン、三脚使用 459枚
移動:歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年1月29日 (火)

カワセミ  何故餌場を転々と変えるのか?

 今日は撮影休み、家でゆっくりと過ごす。

昨日の撮影画像です。
カワセミが餌捕りの場所を転々と変え、今は私の撮影領域2km少々(3kmは無いと思う)の上流域でも盛んに餌捕りを行っている。もちろん中・下流域にも飛んでいくが、昨日の滞在時間は上流域が長かった。ほんの少し前までは中・下流域がほとんどで、上流域はたまにしか来なかった。一年前も同様で餌の魚の多さには関係無いと思うが、どうなっているか不思議に思う。その内、春の終わり頃には姿を見る機会が少なくなり、夏になればカワセミは”何処に行った、死んだのか”の話が出てくるのだろう。

朝の撮影、川に到着した時は餌捕りが終わった後と聞いたが、それほど待たなくても動き始めた。
13012801

カルガモとのツーショット
カモが居てもあまり気にしないようだが、サギは餌が共に魚であるためか、気にしているように思う。サギが前に居れば、飛び込まないこともある。
13012802

昨日は、♂と♀のツーショットを何どか見られた。若♀が現れると追い払うが、この♀が現れても特に気にかけていない。
♀が♂に近づくことが多い。
13012803

大きなペリットを吐く。
大きな魚を捕っていたのか、それともまとめて吐いたのか知らないが、かなり大きかった。
13012804

中流域での撮影
ホバ後の飛び込み、ホバにピントが合いにくかったので、ホバ狙いは止め直ぐに水面に的を絞った。
13012805

後ろに草が無かったために、ピントが合う。明るい色の枯れ草がバックにあると、曇り空ならほとんどピントがバックに取られる。
13012806

ホバしながら、少し角度を変える。
13012807

急降下、何とか追えた。
13012808

近い位置でのホバ、背後からでは撮れても絵にならず。
13012809

急降下、近くて追いきれず、嘴の先がはみ出す。
13012810

水面からの飛び出し、餌捕りダイビング連発の場所。
13012811

日の当たっている時に飛び込んで欲しかったが、思い通りには動いてくれず。
13012812

上流域での餌捕り、数年前の撮影ホームグランド。
13012813

土手の高さが下流に比べ低いため、良い角度で撮れるのは良いが、最近♂カワセミの出が悪かった。
13012814

数年前に居たカワセミは、上流から飛んできて活発に動いたと記憶してる。
13012815

橋の下の暗い場所。
ここで上手く撮れればカワセミの色は綺麗が、暗くてSSが速くならずブレ画像が多い。
13012816

中流域での比較的近くからの撮影
13012817

手持ちでも綺麗に撮れたと思うが、日が出ていれば時間によっては逆光になる場所、ちょうど撮影条件が良かった。
13012818

止る寸前、足がまだ出ていない。
13012819

ほんの一瞬後の頭が水から出たところを(水をかぶっていない)撮りたいが、最近この状態の画像が多い。
13012820

狙って捕るのか、たまたまなのか咥えている魚が小さい。
13012821

立っている場所から反対側への飛び出し、この後に水面に着水し飛び出す。
13012822

カワセミに近い土手の上からの撮影、もう少し離れた方が角度的に良いと思うが、手持ちの場合ピントを外しやすいので近づいている。
13012823

また、手持ちは大きくトリミング出来ない(ブレが目立つ)こともあり、近くから撮っているが考え直した方が良いかな。
13012824_2

水から飛び出した瞬間、水面に立っている様に見える。時々撮れる画像。
13012825

PCソフトで、WBと露出+補正をした方が良かったか。
13012826

日が当たっての、順光での撮影。
13012827

連写の遅いD800Eでの撮影、構図が似すぎで動作が一つ抜けているように思われる。
13012828

| | コメント (0)

2013年1月28日 (月)

カワセミ 二度あることは三度ある

 今日は寒くて朝の内の撮影に留め昼には帰ろうと思い、9時半頃に撮影現場に行った。カワセミは動きこそ悪かったが、ずっと目の前におり(勿論追いかけてのこと)、少し長引いたが、水際がポツポツと撮影でき、ホバも一度だけだったが撮れたので、1時半頃に満足して帰ろうと思った。しかし、良かったのはそれからで、結局定時の3時まで粘ることになった。

1時半を過ぎてから、大きな魚を捕って水から飛び出しながら三度続けて落としよった。

帰ろうと上流に向かった時、最近の餌捕り連発場所で飛び込み一発13012801

咥えていた魚は大きかった。
13012802

方向転換で橋の上流に飛んだので追いかけた。
13012803

土手の下の川岸に居たが魚を咥えておらず、あれっと思っていると、直ぐに土手に上がり餌捕り体勢に入ったので、落としたのが分かった。

一度飛び込んだ後、再び餌捕りポイントに戻り数度飛び込む。
13012804

再び大きな魚を咥えて出てきた。
13012805

一旦土手に向かったが直ぐに方向転換
13012806

上流に向かって飛ぶ。
13012807

順調に持って行きそうに思ったが、橋の下辺りで落としよった。落とした瞬間は撮れず。
13012808

その後何度も飛び込んだが魚無しばかり。しばらくして、また大きめの魚を咥えて出てきた。
13012809_2

咥えているのが、尾っぽの先では・・・
13012810

直ぐに落としたが、落として当たり前だろう。この後、水面の上で落とした魚を探しホバをしよったがピントは合わず。
13012811

その後は鬼神のごとく飛び込み連発、小さな魚を咥えて飛び出す。
13012812

流石に、このサイズは落とさず。
13012813

その後も何度か飛び込んだが、魚が捕れずでこの場所を諦めたのか、橋の直ぐ上流に移動。

土手から飛び込んで魚を捕る。
13012814

尾っぽを咥えていたが、このサイズなら落とさない。
13012815

石に止り、一気に飲み込み休憩に入ったので引き上げた。
13012816

アチャ~
今日は、カワセミ受難の日だったのかな。撮影は楽しめて良かった。13012817

 

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6 手持ち撮影 674枚
移動:歩き  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年1月27日 (日)

ヒレンジャク

 カワセミ撮影合間のヒレンジャクです。
先日、遊歩道横の木からヒレンジャクが飛び去るのが見えた。その後、毎日では無いが時々ネズミモチ近くに居るのを見る。初めて見た時は10羽程度だったが、30羽程度になっている。狙って気合を入れ撮影しているわけでは無く、通りがかりに居ればシャッターを押すだけなので大した画像は無し。

レンジャクはピントが合いやすく撮影しやすい。13012501

お尻の穴がデカイ、ねばっけのある糞をしようとしていたのかな?
13012502

背後から見れば綺麗な色をしているが、横からでは色はもう一つ。頭から顔の形は絵になる。
13012503

電線に連なって止る。
13012504

振り返ってこちらを見ているような
13012505

D800Eに400mmf5.6ズーム、カメラの撮影範囲×1.2設定での撮影。
13012506

空抜けでの撮影となるため天気が良くなければ色が出ない、この日は運よく天気が良かった。
13012507

飛びもの
晴れていたので撮れたが、曇り空なら+3ぐらいの補正が必要で色を出すのも難しい。
13012508

この地の撮影、木の枝がごじゃごじゃしているので、枝の間を狙って撮る必要があり、自由な場所から撮影出来る手持ちに限る。
13012509

 

  
13012510

    

13012511

    

13012512

 

昨日の撮影、大トリミング画像

13012701


鳩が数羽飛んできて驚いて逃げ、対岸の家のアンテナに止りよった。日が隠れて色が出ず。機会があれば、また撮影する。
13012702

| | コメント (0)

2013年1月26日 (土)

カワセミ 驚き桃の木山椒の木

 今日のカワセミの動きはタイトル通りで、初撮影から8年半経つが今日のような爆発的超大サービスは見た事が無い。時間は10時19分から12時頃まで、途中休憩タイムも多少あったが、後は餌捕りダイビングの連続、”デカ~”サイズを咥えて飛び出しながら落としよったことが2度あったが、なかなか魚が捕れなかったためだろう。”短時間で働き過ぎやで”と思うほどの勢いだったが、数日に分けてくれた方が良かった。早朝も活発だったそうで、12時前に少し大きな魚を捕り完全な休憩に入ったので帰ったため、昼からどうだったか知らないが、きっと明日は疲れでへばり動きが悪いだろう。
明日は所用で撮影休み、今日撮影に行って良かった。ただ、曇り空でSSを早くするためISOを1600~3200としたので、画像が綺麗でないのが残念だった。今日も手持ち撮影、腰が完全に回復すればD4にゴーヨンを持ち込むので、もう一度見せて欲しいが・・・・

アンシャープマスク処理強の画像ばかりですが一挙に公開します。

●水際に飛び出し、一発狙い

13012604


13012605


13012606


13012607


13012608


13012609


13012610


13012611


13012612


13012613


13012614


13012615


13012616


13012617


13012618


13012619


13012620


13012621


13012622


13012623


13012624


13012625


13012626


13012627


13012628


13012629


13012630


13012631


13012632


13012633


13012634


13012635


13012636


13012637


13012638


13012639


13012640


13012641


13012642


13012643


13012644


13012645


13012646


13012647

 

●ホバ
撮影はショートホバばかり、水から飛び出すと同時に魚を落とし、水面の直ぐ上で魚を探しながらのホバもあった。ロングホバは、遠すぎてカメラも向けず。

13012650


13012651

13012652


13012653


13012654


13012655


13012656


13012657


13012658


13012659


13012660


13012661


13012662


13012663


13012664_2

 

●低速SSでのカワセミ動手持ち撮影(おまけ)
下流での橋の下の暗い場所に向けての撮影、たまに横を通る車を気にしながら、いちかばちか試してみた。

SS1/160
13012670

SS1/200
13012671_2


撮影機材:D800E、80-400mmf5.6 手持ち撮影  640枚
移動:歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

昨日のカワセミ 餌捕りシーンのピンズレ・ボケ画像

 腰の調子はかなり良くなったが、重い328を持って撮影に出れるまでには回復していない。時間がかかるのは過去の経験から分かっており、2月には大丈夫だろうと予測している。
昨日の大きな魚を撮った場面、328にテレコンで三脚使用なら綺麗に撮れていただろうと思うと残念である。飛び出して慌ててカメラを向けたこともあるが、80-400mmの手持ち撮影では遠すぎた。せめて三脚を持って行っていればと思うが、転々と移動、しかも移動距離が長いカワセミを追うには、三脚の重ささえ腰の負担になる。しかし、待ち時間はカメラを持つ必要が無いので、どちらが腰の負担になるのか・・・?

昨日のボケ画像です。

トリミングで飛び込んだ場所をセンターしているが、実際はかなり上の水面がセンターになっていた。
130126001

この時点でセンターになる。水面に白く見えるのが魚と思われる。130126002_2

フォーカス優先にしているため、ピントを迷い連写が遅くなり、次はカワセミが飛び出している。
130126003

カワセミの飛び出しを予測して見ていれば、もう少しマシに撮れたかも知れないが、待ち時間が長いと集中力が続かない。
130126004

今日も朝は天気が良さそうで撮影に出る。

| | コメント (0)

2013年1月25日 (金)

カワセミ デカ~Ⅱ

 天気予報では曇りだったので、撮影休みで確定申告の数値を計算するつもりだったが、10時前に外を見るとくっきりとした青空が広がっていた。”これはカワセミやで”と思い、急遽予定変更で川に繰り出した。

期待通りカワセミは上流の畑前の土手に止っていた。130125001

今にも飛び込みそうで、カメラを構えていると期待通り飛んでくれたが、餌捕りダイビングでは無く上流に飛び、背後から見えない低い茂みの前の土手に移動しよった。そこから飛び込むかと思っていたら、へたり込みそのまま休憩でガックリ。

30分ほどしてから立ったので、畑前へ移動しての餌捕りを期待したが、その位置からダイビング一発、大きな魚を咥えて飛び出した。高い場所からの飛び込み、間があったので着水から連写したがピンボケ連発、一番マシな画像。
今日も手持ち撮影
130125002

かなり大きな魚に見えた。
130125003

何度も石に叩きつけ四苦八苦しとった。
130125004

背後から見えないかと対岸に回ったが、茂みの枝が邪魔、思い切って上から体を突き出して撮影した。”デカ~”、思っていたより大きな魚だった。
驚いて落とすかと期待したが、街中の川のカワセミは動じずで、横目でこちらを見た後魚を咥えて休憩場所に飛びよった。
130125005

ここでも何度も石に叩きつける。
130125006

魚はボロボロ
130125007

捕ってから10分近く立って、ようやく飲み込み開始
130125008

一気には飲み込めず、かなり苦労していた。
130125009

飲み込み始めて終わるまで、2分少々かかる。
130125010

飲み込んだ後、しばらくすまし顔
130125011

その後、枯れ草に隠れ2時間の休憩。
最上流にメスを探しに行ったり、レンジャクが来ていないか見にいったりで時間を潰すが、待ちくたびれた。

出てきた時には曇り空になっており、以後の撮影はもう一つ。
130125012

その場で一発飛び込んだ後は下流に移動、いつも通り転々とした後、橋の下の暗い場所で数度飛び込む。
130125013

328に1.4倍テレコンで三脚使用ならそれなりに撮れたと思うが、f5.6の80-400mmズームの手持ちでは無理がある場所。
130125014

更に下流へ移動し、撮影しやすい場所で飛び込んでくれたのだが、反対側に飛び出しよった。
130125015

その後、一気に下流へ飛び支流に入りよった。
朝から待っていたカメラマンが居て、今日始めて見るカワセミと聞き、忍耐強さに驚く。山に泊り込んでアカショウビンを待つ人、どおってこと無いのかも知れないが真似出来ない。

飛び込みもあったが、転々と移動してまた本流に戻る。
130125016

撮りやすい場所だったが、ISO3600に上げたため画像は汚い。
130125017

ホバ・ポイントで披露してくれたホバも綺麗に撮れず。
130125018

その後、再び上流へ飛び、畑の少し上流の深場で飛び込みを連発。1年前もよく連発した場所だが、今日は土手からでは無く、毎回横の橋桁に移動してから飛び込みよった。
130125019

小さな魚を捕る。
130125020

最後の飛び込み
130125021

少し大きな魚を捕った。
130125022

一旦土手に止り、直ぐに隠れ場所に移動して一気に飲み込みよった。
130125023

3時になったので帰宅したが、今日も歩かされた。
ちょっと撮影のつもりが結局、帰宅定時まで居ることになった。天気の良かった朝にもっと活躍して欲しかったが、カワセミにはカワセミの都合があるので仕方無しか。

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、手持ち撮影、397枚
移動:歩き  天気:快晴後曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年1月24日 (木)

カワセミが帰って来た・・・ならば良いのだが?

 今日は9時頃に家を出たが、最初に見たのはホバポイントで、いきなりホバを披露し上流に飛んだ。その後は1時頃まで上流に居つづけ、久しぶりに過っての撮影場所での撮影となった。途中で♀も飛んできて2羽となったが、どちらも動きが悪く飛び込みも少し大きな魚を捕ったこともあるが、単発で待ち時間が長かった。とにかく自宅から近い場所に落ち着いて欲しいが、どうなることやら。♂カワセミは、以前の朝夕は上流で活発に活動していたが、いつの間にやら下流に場所をシフトさせよった。上流なら川に着いてからの歩く距離が1/3ぐらいになるので、500mmを担いで撮影に出れる。
朝にレンジャクを見かけ、カワセミの動きが悪くなった時に撮影した。べったり居るわけでは無く周回しているようで、数も先日の2~3倍に増えていた。

カワセミホバ
飛び出すのが後10秒遅ければ斜め前から撮れた。
13012401

ホバしながら回転し、最後は背中を向けよった。
13012402

上流に飛んだので追いかけた。一旦土手に止ったので餌捕りを行うかと期待したが、再び上流に飛び餌捕り一発、捕った魚は大きかったが間に合わず。
13012403

何度も石に叩きつけていたので、落とせと思ったが落とさず呑み込みよった。
13012404

水浴びをするかと思ったが、しばらく動かなかったので下流へ♀を探しに行ったが見つからず、戻ってきた時に何度も水浴びをしているのが目に入った。最後の水浴びのみ、かろうじて撮れた。
13012405


13012406


13012407

その後、休憩場所に止り動かなくなったので、レンジャクを撮影に行った。

1時間少々して帰ってくると土手には止っていたが、完全な休憩モードでへたり込んで足が見えない。
13012408

しばらく待って、餌捕りモードに入る。体が細くなり足が見える。
13012409

土手の上での移動を繰り返し、イライラさせた後に飛び込む。見事にピントを外し、アンシャープマスク強で誤魔化す。
13012410

天気が良くSSは速かったが、うまく捉えられず。今日も手持ち
13012411

魚の鱗がひかり居るのが見えたが、何故か土手の上を転々と移動しよった。目の前に止る事もあり、逃げられたらたまらないので後ずさり。時々、直ぐ目の前に飛んできて、こちらの存在を認知して飛び去る事もあるが、今日は飛ばなかった。
13012412

小さな魚を捕る。
13012413

小さ過ぎて絵にならないが、咥えているだけマシ。
13012414

これは、もっと小さい。何を咥えているのか分からない。
13012415

魚無しの飛び出し。
13012416

下流に飛んだので、しばらく追いかけたが、多少風が強くなり草陰に隠れたので1時半頃撮影終了で帰宅した。

 

ヒレンジャクの群れ、キは混じっていないようである。
13012417

明日、撮影休みの予定なので、残りは明日に掲載する。
13012418

 

帰る途中で撮影したモズ♂
♂は行けば必ず見るが、今年は♀をあまり見かけない。
13012419

 

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6  手持ち撮影  344枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年1月23日 (水)

カワセミ  デカ~

 今日のカワセミ撮影は、10時半頃からのスタート、サービスが悪く数人居たカメラマンは早々に引き上げ、私も12時を過ぎて自宅に向かったが、上流で再び遭遇し下流に飛んだので追いかけた。残り者(残った者)に福来るで、デカイ魚を捕るところが撮影出来た。

1時半頃に、グランド横の土手から餌捕り一発、捕った魚はデカ~。
SS1/400の手持ち撮影でブレブレ。13012301

カワセミの動きが一瞬鈍くなったのか、アンシャープマスクで見られる画像に。13012302_2

前に飛び出したので、ピントが追従しない。
13012303

横飛び、SS1/2000で見られる画像になる。
13012304

魚がデカ過ぎて、今日も落としよった。最近の♂カワセミ、どうしたのかな。
13012305

朝のカワセミ、今日も支流に居た。
13012306

何故か、高い木や歩道横の高い土手に止った。
13012307

場所を転々と移動するだけで、なかなか飛び込まず。
13012308

枯れ草にゴミ、支流の止りものは絵にならない。
13012309

ペリットを吐くところを正面から撮る。
13012310

2度ほど飛び込んだが、支流の上流へ飛び去った。

代わって♀が現れる。
13012311

この♀も♂同様に深く潜る。
13012312

しかし、まだ若いからか動きが素早く、撮影に遅れをとる。
13012313

支流ならではの金網バックの飛びもの、絵にならんわい!
13012314

 

諦めて帰るつもりで本流の上流へ歩いて行くと、畑横に♂が居た。支流の上流から住宅街の上を飛んで本流に来たのであろう。
餌捕りのスイッチが入っており、土手から何度か飛び込んでくれた。
13012315

♂は潜って水面に出てくるまでタイムラグあるので、ピントを合わせやすい。
13012316

飛び上がりも、それほど素早くない。13012317

下流へ移動してからの撮影、小さい魚を何度か捕り多少撮影出来て良かった。
13012318

かなりの枚数を撮影したが、キセキレイ、モズ、鵜の飛びもの狙いが多く、カワセミの撮影枚数は、さほど多くなかった。

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、手持ち撮影、502枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年1月22日 (火)

1/19のカワセミ画像④ 枯れ枝に止る&飛ぶ

 今日は撮影休みで、昼の1時から5時まで買った本で確定申告の勉強をした。退職1年目は大概幾らかの税金が返って来るとのことで調べているが、初めての事でややこしい。分からないことはインターネットで調べながら何となく概要はつかめたが、申告書を作成するのには後半日ぐらいかかりそう。
来年からは申告の必要は無いであろう。

1/19のカワセミ画像、最終掲載です。
年に数度の大サービスの日は、腰の調子がもう一つという事も合ったが、”これ以上撮ると後の整理が大変、今日はこのぐらいでええわ”で帰った。帰った後もサービスが良かったように聞くが、爆発的大サービスは極たまにあること。動きが悪く別のカワセミを探していると、急に短時間爆発して撮り損ねたことがあるし、また反対に、その内動くだろうと待っていて何時までも動かず、その間に他のカワセミが別の場所でサービスすることもあるので困ったもの。

 

●枯れ枝に止る
茎の細い不安定な枯れ草、おまけに少し風があったので、カワセミも止るのに多少苦労する場面があり、おかげで動きのあるところが撮れた。

13012201


13012202


13012203


13012204


13012205


13012206


13012207


13012208


13012209


13012210

 

●カワセミの飛翔
撮影条件が良く、D7000に80-400mmの手持ちでも、かなり綺麗に撮れたと自己満足。

13012211


13012212


13012213


13012214


13012215


13012216


13012217


13012218

 

●チョウゲンボウも飛ぶ
空高く飛んでいたが遠すぎた。おまけの画像

13012219

| | コメント (0)

2013年1月21日 (月)

守山なぎさ公園 早咲きの菜の花

 今日もカワセミの予定をしていたが、起きたのが8時前でいつもよりかなり遅かった。風邪気味で少し頭が重かったので、カワセミは止め気分転換に滋賀守山へ早咲きの菜の花撮影に行った。花は満開だったが、蓬莱山の雪は少なく日差しももう一つで早々に引き上げ、12時過ぎに帰って来た。後は、確定申告の勉強と思ったが、まずは一年間の確証探し、整理が悪く探すのに苦労したが、年金以外はすべて揃った。昨日、本を購入したので、金額的に申告が必要なのかどうかも含め、明日朝から勉強する。本を読もうと思ったが、座っていると腰が痛くなり集中力に欠けたので止めた。
ブログに1/19のカワセミ③の投稿をした後、D7000と80-400mmズーム組み合わせのモードAとMでの絞り設定が出来ない不具合を思い出し、取付け部の接点掃除も含め再チェック、カメラD800Eとレンズ28-300mmで組合せを代え再度試したが、どちらも正常に動く。”何でやろう~”と考えた時に気がついたのがレンズのDタイプとGタイプの違い。35mmf2のDタイプをD7000に付けて試すと動かずで、故障はD7000と判明し、さっそくキタムラヘ持って行ったが、5年間保障がありD7000の故障で良かった。

今日の撮影です。
行く途中、琵琶湖湖岸から琵琶湖大橋方面を撮る。薄日は差していたが、うす曇で遠くはどんよりとしていた。
13012101

なぎさ公園の菜の花は満開、蓬莱山もそれなりに写ったので良かったが、雪が少ないのが残念だった。遊覧船が山並の中央を通る時に撮りたかったが、三脚を担いで悠然と歩く人が居たので撮らなかった。
13012102

人は数人と思ったが、十数人いたので多少驚いた。出来る限り人が入らないよう、人が移動するのを待ちながらの撮影で、多少手間取る。
13012103

ローアングルからの撮影
13012104

何の変哲も無いV1でも撮れる画像。今日のカメラはD800E、レンズは2本持っていくの避け28-300mmとした。風景撮影で私が使えばこんなものかな。
13012105

湖岸の道から蓬莱山を撮った。PLも使用したが、今日はあまり効果が無かった。
13012106


撮影機材:D800E、28-300mmf5.6、手持ち撮影 94枚
移動:車 天気:晴れ(薄日)
撮影経費:0円

| | コメント (0)

1/19のカワセミ画像③ ホバ

 1/19に撮影したカワセミの続編、今日はホバを掲載します。D7000に80-400mmズームの手持ち撮影。

手持ちの場合、後ろに枯れ草があるとピントが捕られる場合が多いが、日差しがありピントが何とかあった。本流での撮影
130121001


130121002


130121003

      
支流でのホバは、直ぐ近くの横から撮ると後ろのコンクリが入りもう一つ、少し離れた場所から撮る必要があるが、手持ちの場合は離れるとピントが合いにくい。
130121004


130121005


130121006


130121007

かなり近くでのホバ
130121008


130121009

| | コメント (0)

2013年1月20日 (日)

1/19のカワセミ画像②

”吹けよ風、呼べよ嵐(One of  These Days)”

写真を整理していて、遠い昔に聞いたピンク・フロイドの曲を思い出し、You Tubeで聞いてみた。ピンク・フロイド、レコードは持っておらずテープに録音していたが20年以上聞いておらず、まだ聞けるだろうか。

130120101

 

 
130120102

    

130120103

| | コメント (0)

カワセミ 一転して悪かった

 、昨日のように支流での大サービスを期待し、D800Eに70-200mm+テレコンに三脚使用で行ったが、今日はいつも通りで移動距離が長く不調だった。おまけに、テレコンを1.7倍のつもりが間違えて1.4倍を持っていき、280mm×1.2倍では本流ではまともに撮影出来ず、腰の悪さもあり追いかけなかった。支流に賭けて待ったが、姿を見せたのは朝の内だけで動きも昨日と大違い、昨日の大サービスはやはり一日だけだったのかもしれない。
朝は地下鉄を利用したが、帰りは上流に居ると聞いたので歩き、ワンチャンスだったが餌捕りシーンを撮れたのが、せめてもの慰めだった。

朝は期待したのだが・・・・
13012001

獲物が小さすぎる
13012002

曇り空で色が冴えず、ビビットに変換した方が良かったかも知れない。
13012003

超ミニホバ、餌を探すというより姿勢の調整かな。
13012004

ホバ後、飛び込まずに元に戻る。
13012005

対岸の岸辺、画素数が多く大トリミング可能なD800Eとはいえ、280mm×1.2ではこの距離が限界。
13012006

今日は支流でも移動が多く、飛び込み回数は少なかった。
13012007

この場所なら近づく必要はあるが、200mm×1.4倍でも撮れる。13012008

支流の遊歩道の柵からの飛び出し、遠すぎて話にならず。
ノートリ
13012009

本流のいつもの止まり木に♀が止る。この画像を確認して、本流ではカワセミを追いかけなかった。
ノートリ
13012010

帰り道の本流上流、運よく止った場所が近かったので、リュックからカメラを取り出し三脚に付けて撮影した。
13012011

餌を咥えて体を突き出す。
13012012

ジャンプ
13012013

最後に餌捕りシーンが撮れて良かったとしか言いようが無く、期待が大きかっただけにお粗末と感じる撮影日だった。
13012014

尚、今日最後の撮影場所、定着してくれれば家から近くなるので大歓迎、去年のこの時期、この辺りから上流でも追いかけたことが多かったと思うがどうなる事やら。


撮影機材:D800E、70-200mmf2.8+1.4倍テレコン、74枚
移動:行き地下鉄、帰り歩き  天気:曇り
撮影経費:210円

| | コメント (0)

2013年1月19日 (土)

カワセミ 年に数度の大サービス

 D7000に80-400mmで撮影に行ったが、モードAとMで絞りの値が最大になったままで設定変更出来ず。あせったが絞りが自動で変わるPとSが使えたので、Pで撮影し支障は無かった。家に帰って調べると、不思議な事にD7000に別のレンズ、80-400mmに別のカメラを装着すると共に正常動作する。この組み合わせだけで異常が出るので、カメラとレンズ両方をメーカーに送って調べてもらう必要がある。カメラには5年間保障があるので、カメラの不具合であって欲しいが、レンズならリニュ-アルの話もあるので修理は考えもの、70-200mmf2.8+2倍テレコンで代用出来るが重いのでどうするか・・・・

カワセミは、驚いた事に支流で餌捕りダイビング連発、ミニホバ等動きも活発で年に数度の大サービスで数年前を思い出した。低い場所からの飛び込みで、昨年冬のサービス週間ほどの迫力は無かったが十分満足した。カメラマンも大御所二人と若手は来ていなかったが、10数人集まり多かった。
残念ながら手持ちゆえ、ボケに薄らボケ(ピンズレにピン甘)が多かったが仕方無し。腰が完治してから、もう一度披露して欲しいが今日限りかな。おそらく寒くて魚が底でじっとしていたのと、風が多少有ったため水面が多少波立ち魚が見えにくかったのかと推測するが如何に?

今日の画像は、水際に飛び出しのそこそこマシなのを一挙公開

まずは本流にて


13011901


13011902

              

13011903


13011904

支流


13011905


13011906


深く潜ったので水の中の画像もいくつかある。
13011907


13011908


13011909

 


13011910


13011911


13011912

     


13011913


13011914

      


13011915


13011916

     


13011917

     


13011918


13011919

      


13011920


13011921


魚を咥えて飛び出し
13011922

一旦着水
13011923

一気に飛び上がる
13011924

      


13011925


13011926

      


13011927


13011928

     


13011929


13011930

      


13011931

朝8時出発で後は立ちっぱなし、腰の調子が悪くなり1時には引き上げた。3時頃から30kmほどバッテリー上がり防止で車を運転したが、腰の調子はもう一つ、無理をしたのか痛みが走った。明日撮影に出るかどうかは、朝起きて腰に聞かねばならない。ブログの写真は、今日撮りだめした。

撮影機材:D7000、80-400mmf5.6、手持ち撮影  722枚
移動:歩き、天気:晴れ後一時曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年1月18日 (金)

カワセミ D7000だったなら・・・・

 10時頃にカワセミ撮影に出た。撮影ポイントに着いたのは10時半、今日は朝から姿見せずとのことでカメラマンが帰り始めた頃にカワセミ登場。その後、11時過ぎに♂が登場し、支流に入って直ぐの場所で餌捕りを連発してくれた。残念ながら今日はV1にフォーカスの遅い28-300mmでまともに撮れず、もしD7000に80-400mmならかなり良い画像が撮れていただろう。この場所はカワセミまでの距離が近く、D7000に28-300mmでもそれなりの画像が撮れたかも知れないと思うと・・・・、しかし腰の直りを遅くしていたかも知れない。
カワセミを追いかけ多少小走り気味の早足で歩いたが、腰の痛みは無かったものの、だるさというか何時と違う違和感が取れず、カワセミが目の前に居たが1時前に引き上げた。♂と♀、帰りに最上流で♀若を見かけ、今日は3羽見た。
明日はどうなのか?

川に到着すると直ぐにイソヒヨドリ♀が現れる。13011801

下流の名神辺りに居ついている個体が上流まで飛んできたのかな?13011802

   
最初に現れたカワセミ、♂と思ったが帰って画像をよく見ると♀だった。
13011803

いつもの♂、餌捕りポイントで一度ホバをしたが飛び込まず。
13011804

支流に入って直ぐのところで活躍してくれた。
13011805

餌が捕れず、飛び込み連発
13011806

天気がもう一つで、ISOを1600まで上げたが、V1では苦しい。
13011807

専用レンズではないのでAF-Sしか使えず、これも難があった。専用レンズは300mmまでしか無いので、カワセミまでの距離が近いとはいえ無理がある。13011808

止りものは、問題無く撮れる。
13011809

少し上に跳んでから飛び込み深く潜ったので、水際は撮り易くD7000を使用していたら半分以上は撮影成功だったと思う。
13011810

水からの飛び出し、シャッターが切れるのにワンテンポ遅れる。
13011811_2

適当に追いかけ連写したが、V1ではまあまあかな。
13011812

捕れる魚が小さかったため、何度も飛び込みよった。13011813

少し上流に移動、ここに止るのを見るのは久しぶり。
13011814

かなり距離が近いので後ろに立つと振り返りよったが、休憩前で飛ばず直ぐ近くで休憩に入る。休憩時間は長く、立っているだけで腰がだるくなったので引き上げた。
13011815

帰り道のネズミモチの木、レンジャクは居なかったがツグミが数羽集まっていた。
13011816

 

撮影機材:V1、28-300mmf5.6、手持ち撮影、139枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ一時雪
撮影経費:0円

| | コメント (0)

5日目の朝

 腰の状況は8割ぐらい回復というところか、明日からは手持ちながら普通にカワセミ撮影に出る予定。外を見ると薄っすらと雪化粧、車のバッテリー上がりを兼ねた運転で、守山なぎさ公園に早咲きの菜の花を撮影に行く予定だったが中止、一日家に居るか少しだけカワセミの様子見を兼ねた散歩に出るか思案中。

朝の投稿は今日が最終日、画像は野鳥撮影初期のライチョウです。

2002年6月9日の乗鞍岳、オリンパスのC2100での撮影と思うが、歩いていると飛んできたので、いちかばちかでかなり近づいたが逃げなかった。T端でピントが合わずマクロ設定にしたと思う。
元画像はCDで保存していたが数年後の整理時にクラッシュ、その時にプリントからスキャナーで取り込んだ復興版。

13011801020609


13011802020609

| | コメント (0)

2013年1月17日 (木)

カワセミ 今日は撮影に出ず

 今日は腹具合の様子見(下剤の影響確認)で撮影には出なかった。30分ほど近所を散歩したが、腰の調子は昨日より更に復調している。TVで時代劇を2作見たのと、昼に1時間半の昼寝、家の用事を少々した以外はする事無しで時間を持て余した。

今年に入って撮影したカワセミの備蓄より適当に抜粋

13011701

  

13011702

    

13011703

    

13011704

 

13011705

     

13011706

 

13011707

| | コメント (0)

4日目の朝

 腰の具合は朝起きる度に良くなるのを感じる。靴下をスムーズに履けるかが判断基準で、今日は苦労せずに履けたが、まだ正常な状態では無い。ある日急に良くなることは無いので、用心しながら徐々に元に戻るのを待つしかない。明後日にはD7000に80-400mmズームの手持ち撮影ぐらいは出来るようになるだろう。328は少し様子見、54使用はしばらく先で、次の湖北は2月に入ってからかな。
便秘は、市販の下剤の服用で今日はひとまずOKですっきり、明日の朝どうかが気になる。慢性化して薬を頻繁に飲む必要が生じてはたまらない。
昨日の夜はお腹がかなり膨れていたが、今日は多少へこんだように思う。

最近、丸々としてきたカワセミ、頻繁に糞をしているので便秘では無いだろう。

130117001

| | コメント (0)

2013年1月16日 (水)

カワセミ V1に28-300mm

 家に居てもすることが無いので、思い切ってカワセミ撮影に出た。10時過ぎに腰痛ベルトを巻いて家を出たが、カワセミが動くのを立って待っていると腰のだるさが増し、上流に飛び去ったのを機に引き上げた。カワセミの動きは悪く、餌捕りダイビングを単発で何度か行ったが、V1にフォーカスの遅い28-300mmでは、やはりピント合わせが難しかった。もう少し連続して飛び込んでくれたら、タイミングを合わせられたかも知れない。

13011601

V1の場合、300mmでは810mmとなり、いつもと同じ場所に立ったため、ファインダー内の画像が拡大されすぎ、飛び込んだ場所を捉えられなかった。唯一捉えた飛び込みも遅れて、水際撮れず。もう少し離れた方が良かったかも知れない。
13011602

これも、かなり遅れてシャッターを押した。
13011603

突然♀が現れたが、一瞬接近しただけで絡み無し。♂は、この♀とは争わない。
13011604

帰り道のかなり上流の畑前に♂は居たが、餌捕りを行った後のようで水浴びを2度行い、一直線で下流に飛び去った。
13011605

 

帰り道の少し上のカワセミ餌捕りポイントに、ヒレンジャクが居た。
13011606

横の木がネズミモチで実が生っていたが、この場所で見るのは初めて。十羽程度の群れだったが、直ぐに西に飛び去った。
13011607

最近の餌捕りポイントにもネズミモチの木が1本あり、この木の実を食べ川で水浴びしてくれれば良いのだが、そうはいかないだろう。
13011608

今年はレンジャク出没の話をよく耳にするが、飛来数が多く近場の色々な場所に分散して現れるのかな。
13011609

便秘が治ったかと思ったら今日は不調、夕方ジョーシンに行った帰りに薬局で症状を話し市販の薬(大正製薬の下剤)を買った。寝る前に飲んで下さいと聞いたが、飲むかどうかは寝る前に決める。効果が有り過ぎると、明日は腹具合の様子見で撮影に出られない。

撮影機材:V1、28-300mmf5.6、手持ち撮影、109枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

3日目の朝

 夜、上向きで寝ていると腰がだるくなり、目が開くと何度か寝返りをうった。朝起きて立つと腰が伸びているような感じで、動き出せるまでにしばらく時間がかかる。痛みはかなりマシになり、時間をかければ腰を下ろして深く曲げられるようにもなったが、立った状態で顎を引き下を見ると、腰に痛みが走るのはそれほど変わらず。朝にシップ薬を張替え、今日の予定を思案中。外へは出るが、家の周りをただウロウロするだけか、それとも川まで足を伸ばすか・・・?

7年前の2006年2月12日、カワセミ動の撮影に興味を持った頃に、旧安祥寺川で撮影した画像です。

この時期、1ヶ月ぐらいだったと思うがカワセミの動きは良かった。130116001

上手く撮れた画像は今と変わらず。ただ、プログラムで撮影しシャッター速度が遅かったため、天気の良い日しか動きのあるところは撮れなかった。上手く撮れた画像も日に数枚で後は全て没だったが、それでも満足していた。
130116002

D2Xに80-400mm、三脚使用でJPGで撮っていた。ピクチャーコントロールMODEⅢでの撮影で色は今より綺麗(好み)に思う。
130116003

| | コメント (0)

2013年1月15日 (火)

カイツブリ

 糞詰まりとは困ったもの、長い人生であまり経験が無く、どちらかとは言えば腹は下し気味の方が多く、キシリトールのガムなどを噛むと、しばらくすれば腹がゆるくなり気味。胃検診でバリウムを飲んでも直ぐに下剤を飲むからか、さほど問題は無かった。今日の朝一番は30分近く便器にすわり、頭の血管が切れるかと思うほど気合を入れたが、2度めの昼からは、いつもとさほど変わらず用を足すことが出来た。外では和式トイレしか入らないが、家のトイレが洋式で良かった。
朝に家の周りを1時間弱歩いた。腰を少しでもひねる動作があると、腰に痛みが走るが昨日より良くなっている。昼からすることが無いので2時間ほど昼寝、寝たのは1時間程度だが、横になっていると腰がだるくなる。椅子に座っていると立つ時に腰が痛く、立っていても時間が立つと腰が痛くなってくる。明日、更に良くなっていれば、天気によるがV1を持って川を散歩するつもりだが、300mmではまともにカワセミを撮れないだろう。

先日、湖北で撮ったカイツブリです。

ハジロカイツブリ
13011602

同じ個体かどうかは知らないが、漁港に行けば毎回見ている。
13011603

カンムリカイツブリ
13011604

所謂カイツブリかな
13011605

| | コメント (0)

2日目の朝

 ギックリ腰発症から2日目の朝は、柱などを持たずに自力で立てた。寝ている間に腰が伸びきっているようで腰がだるい。ズキッという痛みの走りはマシになり、立っても直ぐに歩けるが、まともな撮影に出るには数日かかりそう。糞詰まりは長時間勝負となったが収まる兆しありそう、洋式トイレでの座りは普通の椅子に比べ、立つ時にそれほど痛みを感じなかったのが幸いだった。もう少し様子をみて、今日は外へ出て少し歩くつもりだが油断大敵。

スズメ
D800Eに500mmf4、湖北での撮影

13011601

| | コメント (0)

2013年1月14日 (月)

セグロカモメ

 えらいこっちゃ~、朝から腰痛ベルトで腰まわりを締め付けていたら、糞詰まり(便秘)になりそう。家に居る間は外すことにしたが、外して動くと腰にズキッと痛みが走る回数が増えた。
痛みを和らげる薬をほどほどに飲んで、早くお布団に入ろう。

先日湖北で撮影したセグロカモメです。

13011401


13011402


13011403


13011404


13011405_2


13011406


13011407


13011408


13011409

| | コメント (0)

痛い

 昨日の夜に再発したギックリ腰、今朝7時に起きたが、起き上がるのにそれほど時間がかからず、靴下を履くのも1分以内で、これまでの症状に比べるとマシのようである。直ぐに腰痛ベルトを巻いたが、座っていると痛くなり、立って直ぐには歩けないが腰を伸ばして間を空けると歩ける。家の中をウロウロ、最初は痛みがあるが、直ぐに歩くのに支障がなくなる。これまでの症状に比べると軽度のように思うが、いつもは朝起きてから1時間以内の発症で、夜は初めてである。椅子から横に足を出し、腰を捻りながら立ったのが直接の原因のように思うが、ここしばらく重いものを持って歩きまわり疲労が蓄積していたのが、根底にあるように思う。しばらくは、328にゴーヨンを止め、80-400mmでも三脚を使用し、待機中は物を持たないようにする必要があるかな。

一昨日撮影のヨシガモ、この冬初撮影

130114001

| | コメント (0)

2013年1月13日 (日)

ピンチ、やってしもうた

 今日の夜6時前、PCの前に座っていたが、夕食で椅子から立とうとした時に腰に痛みが走る。ぎっくり腰の再発、そのまま物を掴まないと動けないという状況では無かったが、腰を真っ直ぐに伸そうとすると痛く、前屈みで歩かなければならない。軽度であること願うが、明日の朝にならないと分からず、しばらくは重い物を持って歩けないかも知れない。2年振りぐらいと思うが、冬に症状が発生したのは始めて、たちが悪いのは家でおとなしくしているより歩く方が楽なことで、冬の寒い中を用も無くウロウロしていられない。コンデジP100を残しておけば良かった。

今日は撮影に出ずで、昨日のカワセミの残りです。

ピンボケ画像にアンシャープマスクをかなりかける。13011301

飛び出しは見逃し、飛んでいるところにピントを合わせた。13011302

中途半端なガオ~を背後から撮影する。
13011303

適当にシャッターを押す
13011304

ホバ後の降下、ホバからの連写でピントが外れ始める。
13011305

ピントが合った水際、体を突き出して
13011306

再び着水から飛び出す。
13011307

ピントが外れる。少なくとも、この辺りまではピントが続いて欲しい。
13011308

魚を咥えての飛び出し、水際は間に合わなかった。
13011309

休憩と思っていたら、急に飛び込んで魚を捕りよった。
13011310

ミニホバから降下体勢に入ったところ。
13011311

昼からの撮影で、日の当たりがもう一つ(好みでない)
13011312


13011313


13011314

川縁からの撮影、日当たりを考え対岸にいくため川を渡ろうとしていたら飛んできた。距離が遠く、大トリミング
13011315

土手からの飛び出し
普通はこの場所から撮影しないが、渡っている間に飛び込むかも知れないと思い、足を止めて撮影した。
13011316

| | コメント (0)

2013年1月12日 (土)

カワセミ 昨日よりは少し良かった

 天気予報を信じ朝から晴れ間が広がり気温が上がると思い、いつもよりインナーシャツを1枚減らして行ったが、午前は曇り空で寒くて凍えた。昼からは晴れて暖かくなったが、あまり天気予報を信じず、朝の空模様を見て防寒対策を万全にして出る必要があると思った一日だった。
カワセミはホバ連発でサービス満点だろうと予想していたが、昨日より少しマシ程度、今日はそれなりに撮れて昨日より良かった。一度だけ上流に飛んだが直ぐに戻り、あとは昨日同様で移動距離が少なかったが、寒い日は体を温めるため移動してくれた方が良いのかも知れない。

到着する前の朝一番に大きな魚を捕ったと聞いたが、後は捕った魚が小さく、何度も川に飛び込んでいた。
13011201

水際に魚咥えての飛び出し撮影機会は、多かったが、あまり絵にならない。13011202_2

大きい魚を咥えて飛んで欲しいが、食べると1~2時間動かなくなるので、どっちもどっちかな。
13011203

止まり木に戻る。
13011204

バランスを崩し、オットット
13011205

今日も水面を見ていることが多かった。サギの食い荒らしが原因で魚が少なくなっていると思うが、時々多くの魚がキラキラ光っている場所もある。なぜ、そこに飛び込まないのか不思議に思う。
13011206

止まり木から魚を探すのを諦め、土手に向かって飛び出す。
13011207

狙って連写した。土手には止っただけ。
13011208

カワセミの背後近くに立ったので、水際は撮れても戻ってくる時は正面からになるのでピントが直ぐに外れる。
13011209

餌捕り後の上昇、前後の画像はブレブレだったが、何故かこの1枚だけピントが合っていた。
13011210

水際の撮影成功は少なかったが、飛び出してからの横への飛行は何枚か撮れていた。
13011211


13011212

水際からの連写、横に移動する場合は追える。
13011213


13011214


13011215

ホバは数度行ったが、風向きが悪く背後からの撮影が多かった。

ショートホバでピントが合った時は終わっていた。
13011216

ほんの少し、右を向いてくれれば・・・
13011217

顔がかろうじて入る。
13011218

向きは違うが、これも同様
13011219

ペリットを3回ほど吐いたが、一度目は大きかった。溜まっていたのを一気に吐き出したのだろう。
13011220

二度目は米粒程度
13011221

三度目も小さかった。
13011222

2時を過ぎてからの撮影
晴れて日差しが強かったが朝から晴れていてくれれば良かったのだが残念。昼からの動きは悪し、夕方になれば動きが活発になるのだろうが、疲れて引き上げた。
13011223

明日は所用、明後日は天気が悪いようで、二日連続撮影休みの予定、疲れが多少取れるかな

撮影機材:D800E、328+1.7倍テレコン、三脚使用、449枚
移動:歩き  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

朝のひとりごと

今日は5時に目が開き、6時半には頭が冴えてきた。今日もカワセミ撮影、8時過ぎに出発して昼過ぎまで踏ん張るつもり。

2004年の6月6日、川で初めて撮影したカワセミ
D70に70-300mmでの撮影、人が誰も居らずかなり体を突き出したが、直ぐに飛んで逃げたので追いかけた。今は体を突き出して撮影する事はないが、逃げると追いかけるのは当時と変わらず。途中から追いかけず遠くで見ていたが、カワセミは転々と移動しよった。カワセミの習性かそれともこの地の個体特有のものか?

スリムな♂だったが、今のカワセミとはえらい違い130112001

場所は今の撮影地、この後熱中しだした頃は、もっと上流で撮影していた。川は今ほどゴミが無かったように思うが・・・・
130112002

カワセミより遊歩道に姿を見せるメジロに興味があった頃

| | コメント (0)

2013年1月11日 (金)

カワセミ 移動距離は短かったが、ダラダラした動きで疲れた

 今日はアカン日と思いながらも、日課でカワセミ撮影に行った。珍しくカワセミの移動距離は短く、150mぐらいの範囲を行ったり来たりで済んだが、転々と移動するのは変わらず、餌捕りも間延びしたダラダラしたペースで疲れた。魚があまり捕れず捕れても小さく、餌捕りの回数は多かったが、急に飛び込んだり草陰で見えない場所に飛び込む事も多かったので、水際はあまり撮影出来ず。ただ、D7000に328+1.4倍テレコンで、三脚を使用したので、それなりに撮れた画像があり、結果はアカン日にしては満足。
明日は良い日と思っているが、アカンかも知れない。

昨日、あまり捕れなかったのかもしれないが、今日はこのサイズを何匹も捕っていた。大きな魚を捕れば直ぐに休憩に入るが、今日は休憩しながら捕っていたのかも知れない。13011101

不届き者が川に放り込みよった自転車のタイヤに止まることが多くなった。13011102_2

ゴムで掴みやすく、柔らかく止りごこちが良いのだろうか?
13011103

唯一撮れた水際
13011104

飛び出し後は横移動だったのでピントが続いたが、魚を咥えていないのが残念。
13011105

      

13011106


13011107


13011108

石に止る
13011109

直ぐにタイヤに移動
13011110

魚咥えもの、魚が小さ過ぎて絵にならず。
13011111

大きめのサイズの魚は、サギが食い荒らしているのかな?
13011112


13011113

止まり木に止ったが、この止まり木もお気に入りのようである。
13011114

川の石から飛び出す。
13011115

移動先は、またしても自転車のタイヤ。
13011116

珍しく止る瞬間にピントが合った。
13011117

朝は天気が良く撮りやすかったが、途中から曇り空になりパッとせず。
13011118

    
石から飛び立つ瞬間を狙ったが、飛び出してからピントが合う。
13011119

止まり木に止る瞬間
13011120

体勢を整え中
13011121

急に飛び込まれたので適当にシャッターを押したら撮れていた画像。
13011122

ホバは3度、撮影機会は2度あったが、撮れたのは顔がアッチャ向き。横向きのロングホバがあったが、背後に枯れ草がありピントを取られた。マニュアルで微調したが、AFにすると背後に持っていかれ、結局1枚も撮れず。
13011123

橋の下に入ったのでしばらく待ったが、2時半頃に諦めて帰る。
上流の過っての撮影ポイントに♂が居たので、再びカメラを出して撮影したが、直ぐに下流に飛び去った。今のカワセミ♂の後釜として期待しているが、上流で活躍してくれれば行くのに楽になるのだが・・・・
13011124

 

今日も日差しがなくなると寒く、風邪を引く一歩手前。

撮影機材:D7000、328+1.4倍テレコン、三脚使用、385枚
移動:歩き  天気:晴れ後曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年1月10日 (木)

やっぱりカワセミがええわ!

 朝からヤマセミの状況チェックに行ったが、1時間少々待って出てくる気配なし。寒かったこともありカワアイサなどを撮影し、とぼとぼと引き上げた。歩き疲れてそのまま帰ろうと思っていたが、今日はカワセミの動きが良い日のはずと思い、地下鉄で途中下車しカワセミに行った。撮影ポイントに着いたのは11時20分頃、”もう少し早来たらエエのに”と言われたが、着く寸前までホバを連発していたとのことで、”ありゃ~”。

止まり木に止っていた。
13011001

大きい魚は捕っていないとのことで、まだ行くだろうと待っていたら飛び出した。

ホバ、しかし何故かピントが合わない、合っても直ぐに背景にとられる状態が続いた。
13011002

設定を多少変えたが、状況変わらずであせる。
13011003

今日は、ホバ後のダイビングは少なかった。
13011004

ホバを連発したので、途中で何度かピントが合うようになったが、確率は30%も無かった。曇り空の手持ちでは、この程度かも知れない。
13011005

曇り空で色は悪いが、贅沢は言えない。
13011006

連写
13011007

    

13011008

場所を何度か移動してホバを行い、2段ホバも何度かあった。
13011009


13011010


13011011

この角度ぐらいの撮影が良いかな
13011012


13011013


13011014

疲れたのか、石の上でしばし休憩
13011015

その後少し下流に移動して餌捕り
13011016

2度目の餌捕り、深く潜ったのでピントを合わせられた。
13011017

少し大きめの魚を咥えていた
13011018

一気に飲み込みよったが、小さな魚を何度か捕っており、その後橋の下で休憩に入ったので引き上げた。
13011019

      
ヤマセミは、昨日の朝、最近撮影したと聞いたので様子を見に行ったが、もう少し状況が分かってからの方が良いようである。しかし、行かないと分からないか。
昨日は、私と同様の人が一人カメラを持って立っていたが、今日は誰も居なかった。釣りは、数人が竿を出していた。

撮影機材:D7000、80-400mmf5.6、手持ち撮影、299枚
移動:地下鉄、京阪、歩き  天気:曇り
撮影経費:900円

| | コメント (0)

2013年1月 9日 (水)

カワセミ後宇治で探鳥

 家を出るまでは、冬鳥探鳥のつもりだったが、天気が良かったので足が川に向き、まずはカワセミとなってしまった。サービスがもう一つで、昼に久しぶりにソバ屋で980円のテンプラ蕎麦を食べ、昼から探鳥で宇治に行った。昼食に980円も出したのに、昼からも成果はもう一つで、帰った方が良かったかも知れない。
今日はD7000の手持ち撮影

家を出たのが遅く1回目の餌捕りタイムが終わったのか、下流の休憩場所近くに居た。その後、橋の下の休憩場所で一休み後出てきた。13010901

しばらくして餌捕りダイビング、そこそこの魚が居る中、よくぞ見つけ捕ったなと思うほど小さな魚だった。
13010902

水際は失敗したが、2枚はそれなりに撮れた。13010903_2

2回目の餌捕りも小さい。
13010904

少し上流の土手、ここからは大きな魚を捕ることが多いが、転々と移動しよった。
13010905

飛び込んだが餌無し
13010906

一度体を突き出し再び着水、この後飛び出したがピンボケだった。
13010907

これは別の少し深い場所
13010909

ピントが、それなりに続いた。
13010910

体を突き出してから方向を変える。
13010911

飛び出す
13010912

多少こちら向きに飛んできたので、後はピンボケ
13010913

岸のコンクリに止る。
13010914

土手に向かって飛ぶ
13010915

後は対岸に飛び、その後上流に飛び去ったので諦めた。

 

宇治へは、レンジャクが来ていないかと天ケ瀬の状況チェックが目的だった。植物園のレンジャク、私が撮影した日の夕方に見かけなくなったと聞いたが、その後はどうなったのかは知らない。

レンジャクのレの字も無く、居たのはシメ
13010916

天ケ瀬まで歩いた。
もしヤマセミが出没しているとしても、以前は見ていない時間帯、今日は下見で道と工事の状況を知りたかった。道は、狭くなっている場所があるが、以前と同様に通行可能、工事は写真通りで音がうるさかった。一度、朝に行ってみようと思うが出てくるかな?
13010917

シメ以外に宇治で撮影した鳥
キンクロハジロ
13010918

ホシハジロ
13010919

別の場所でノスリが飛んできたが、遠くて日の当たりも悪く証拠写真。
13010920

多少マシな場所に移動してくれたが、もう一つだった。
13010921


撮影機材:D7000、80-400mmf5.6、手持ち撮影、395枚
移動:歩き、地下鉄、京阪  天気:晴れ一時曇り
撮影経費:900円(地下鉄、京阪)

| | コメント (0)

2013年1月 8日 (火)

昨日のオオワシ② 頭上近くを通過編

 湖岸にはカメラマンが10人程度並んでいた。私は列の南側端近くに立っていたが、列の反対側のカメラマンの頭上辺りを通過したのでは無いかと思う。12/21の撮影画像と比較すると、オオワシはかなり大きく写り、画像もかなりシャープに撮れていたが、今までで一番近い距離での撮影だろう。前回はD4で1.4倍テレコンをつけていたが、今回はD800Eでテレコン無し。テレコン有無の違いががシャープ差に出たように思う。

オオワシの雄姿、一番気にいってる飛翔ポーズだが魚を掴んでいないのが残念。目に光が入ったのか光っている。少しピントがあまい。
130118201

通過直前
この後は画面からはみ出し、横に来た時は捉える事が出来なかった。
130118202

通り過ぎて再び捉えたが、この画像が一番ピントが合ったように思う。
130118203

そのまま連写で、ピントがあまくなるが十分。
130118204

12/21とほぼ同じ構図だったので現場では少しガッカリしたが、じっくり見ると綺麗に撮れており非常に良かった。
130118205

拡大画像は、いつもより大きくしています。”オオワシ画像は、大きくして見なくっちゃ~”と今回は言えるだろう。
次回こそ是非、魚を捕る瞬間を撮りたいが、天気次第で今は天気が良ければいつでも行ける。湖岸での待ち時間・・・我慢してボーっとしているのは、寒いのを除けばカワセミ撮影で慣れている。

| | コメント (0)

昨日のオオワシ① 沖からの接近編

 昨日のオオワシ画像、沖から直ぐ近くを通過したため、画像サイズの都合で①と②に分けて掲載します。

 

湖岸に着いた時、オオワシはテトラの前に居た。肉眼では見えず、カメラを覗いて姿を確認した。
1.7倍テレコン装着
130118101

ヨシの後ろを移動し、上昇する
130118102

ピントはテトラ辺りに合わせ、後は追いながら連写
130118103

超大トリミングで、アンシャープマスクを強くかけようと思ったが、画像がザラザラになるので抑えた。
130118104

テトラ前のポールに向かう。
130118105

止る瞬間、距離があったわりにはピントはマシだった。
130118106

しばらく動かず。V1を持って来れば良かったと後悔。
近くを飛ぶ姿狙いに変え、テレコンを外し500mmで撮影した。600mmとは大した違いが無いと思うが、もし800mmのレンズがあれば・・・・、出ても買えないか。
130118107

エンジェルポーズの後、体を前のめりにしていたので、直ぐに飛ぶと思い狙いをつけていたら飛んだが、何故か飛び出す瞬間はブレブレだった。
130118108_2

飛び出し直後、3枚目
130118109

重力で降下かな?
130118110

降下を続ける。
130118111

羽ばたく
130118112

かなり降下したが、平地から飛び立つ時はどうするのか興味ある。
130118113

何枚か置いて、ようやく上昇する。
130118114

一旦見失い、再び見つけた時はかなり上昇していた。
130118115

正面からの撮影でピントが合うのは、シャッターを押した1枚目のみで、後はピンボケ。カワセミ撮影でも同様だが、シャッターを押し続けるより何度も押し直す方が良いようである。
130118116

何度か羽ばたきながら、どんどん近づいてくる。
130118117

真正面、12/21に同じようなコースだが低かった。
130118118

顔にピントが有っているように思うが、如何に?
130118119

 

②の頭上近くを通過編に続く

| | コメント (0)

2013年1月 7日 (月)

オオワシ 2012-13Ⅶ 撮れて贅沢は言えないか・・・・

 朝に天気予報を見て予定変更を変更(元に戻す)し、湖北へオオワシ撮影に行った。10時半頃に到着したが、既に野鳥センター沖のテトラにおり、チュウヒか何かの餌を横取りして食べ終わった後だった。その後、テトラのポールに止り1時間少々動かず。待っていると山に戻ったが、飛行コースが12/21に同じで良く似た画像の撮影となり、おまけに獲物無しではもう一つだった。
”もう一度飛ぶだろう、今度は漁港北”と予測し、3時半まで漁港で粘ったが、結局飛ばずで中途半端な撮影結果で引き上げた。

テトラからポールに飛び上がったところ。
超大トリミング
13010701

山に帰るところ、天気ももう一つだったので画像が冴えない。
晴れたのは昼からで、もう一度餌捕りに飛んで欲しかったが残念。
13010702

近く通過時の超大トリミング画像
13010703    

詳細は、明日に写真を整理してから掲載します。

 

撮影機材:D800E、500mmf4+(1.7倍テレコン)、三脚使用、596枚
       テレコンは1.4倍と間違えて持っていった。
移動:車  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円(ガソリン代は日常経費内)

| | コメント (0)

2013年1月 6日 (日)

探鳥

 気分転換にカワセミを離れて、カワセミ撮影仲間のJ君と桂川に探鳥に行った。”関西周辺 探鳥地ガイド”に掲載されている場所と少し上流に足を伸ばしたが、初撮影のこれといった鳥は居らず、また行くことにして昼からは植物園に移動。
まあ、それなりの撮影は出来満足した。

9時前に現地着、まず現れたのはカシラダカ♂13010601

アオジ♂
13010602

カワラヒワ
13010603

アオジ♀
13010604

ヒドリガモペアー
13010605

ホオジロ♂
13010606

モズ♂、今年はよく見る。
13010607

カワセミの鳴き声が聞こえると気になる。上流に行った時に対岸に居たカワセミ、遠すぎて証拠写真にしかならず。
13010608

数年振りに撮影したケリ
13010609

飛翔
13010610


13010611


13010612


13010613

 

昼からの植物園

レンジャクの大群が来ていたが大木の上、下りてこず撮影にならなかった。
13010614_2

飛ぶところを撮影し、大トリミングした。
13010615

今日もD800Eに328+2倍テレコンを使用、何とか見られる(と思っている)程度の画像になった。
13010616

当然、カワセミが現れれば撮影する。
最近川の高低差のあるポジションに再び慣れてしまったので、水際は撮れなかった。
13010617

ヒヨドリが木の実を採る。
13010618

ルリビタキ、ようやくまともに撮影出来た。
13010619

今シーズンのルリビタキは綺麗
13010620

後は梅の花が咲き始める頃に撮れれば良い。
13010621

最後にジョウビタキ♂を撮ったが、これもまともに撮ったのは今シーズン初。
13010622

 

撮影機材:D800E、328f2.8、三脚使用、450枚
移動:地下鉄、阪急、歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:1,160円

| | コメント (2)

2013年1月 5日 (土)

カワセミ 328に2倍テレコンを使用

 昨日のホバ、ピントが合いにくかったの教訓で、328に2倍テレコンで撮影に臨んだが、遠くへ飛んでのホバばかりで撮影出来ず、ピントの合い具合の比較を出来なかった。カワセミの動きももう一つだったが、撮った画像もピリッとせずで、アンシャープマスクをかなりかける必要があり不調だった。1時過ぎに、カワセミの動きが止ったところで諦めて、レンジャクを撮りに行った。

まずはカワセミ

豪快に飛び込む
13010501

魚を咥えて出てきたが、小さすぎて絵にならない。
13010502

別の餌捕り、絵になる大きさだったが水際は撮れず。
カワセミは内股?
13010503

大きな魚を捕っていないように思ったが、ペリットは大きかった。
13010504

2倍テレコンは大きく撮れるが、止りものでもピリッとせずアンシャープマスクをかけた。多少目が肥えてきたのかな?
13010505

水際はフォーカスが遅れシャッター切れず、飛び出してからはOK。
13010506

餌捕り後、捨てられた自転車のタイヤに止る。
ロケーションが悪い。
13010507

ピントは合っていると思うが、顔が見えない。
13010508

連写で追ったが・・・
13010509

これも・・・
13010510

完全にピンズレ、水際の画像が少なかったので使用。
13010511

唯一のホバは後ろからの撮影、2段ホバで直前のホバは横を向いていたが、カメラを向けるのが遅れた。
13010512

       

13010513

 

昼からはカワセミを諦め、レンジャクの撮影に行った。
2年振りの撮影と思うが、居たのは十数羽のヒレンジャクのみ、撮影条件が悪く(木の枝が邪魔)撮影はもう一つだった。撮り易い別の場所に来たら、また撮影に行く。

唯一近くから撮影出来た枝無しの画像
13010514

前に枝があったが、レンジャクにピントを合わせると消えてくれた。
13010515

枝かぶりの場合は、MFでないとシャッターを押した瞬間に前の枝にピントが合う事がある。
13010516    

レンジャク、今日私が行った場所以外にも来ているようですな~。
あそこかな、行ってみるか。    

明日、久しぶりにカワセミ以外の探鳥に行く予定で、328+2倍テレコンにするつもりだったが、テレコンに悩む。少しでも大きく撮るかシャープに撮るか、アンシャープマスク強かトリミング大か・・・仕上り画像は、どちらが綺麗・・・大して変わらん。

撮影機材:D800E、300mmf2.8+2倍テレコン、三脚使用、587枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:460円

| | コメント (0)

2013年1月 4日 (金)

カワセミ ホバ連発、それ行けワッショイ

 今日は撮影ポイントに着いた時には、♂の餌捕りが終わり休憩タイムに入っていた。休憩が終わり動き出したが、状況は昨日より悪く、今日はアカン日ということで、いつも通り下流の♀を探しに行ったりでウロウロした。昼前から雪が降り出し、雪の中のホバが撮れるかもと思っていたらホバをしてくれ、撮れて安心した。
その後、昼の12時半頃に♂が鬼神のごとく、ホバに餌捕りダイビングを連発した。30分ぐらいで20回は越え、30回を越えていたかも知れない。魚が捕れ無かったためだが、長年カワセミを撮っている中で、ホバと餌捕りセットでのこんな繰り返しは初めて見た。最近、毎日数十羽のサギの群れが集まり、小魚を食い荒らしているので、魚の数が減っているのかも知れない。

♂の傍に♀が近寄る。
13010401

仲良く並び、バトルの気配無し。バトルは、♀若か他の♂がらみのもよう。
13010402

 

♂の動きが悪いので下流の♀若を見に行った。ホバを2度餌捕りを数回行い、更に下流へ飛んで行ったので追いかけず。
このカワセミは、他のカワセミ以上に奥目のようである。
13010403

 

蕎麦屋前での雪の中、♂のロングホバ
数回行ったがピントが合ったのは一度だけ、それもMF補助操作を行ってのことで、後は背後に取られ、少しショックだった。
D800Eに328+1.4倍テレコン、トリミングでカワセミを大きくしているが、所詮420mmでの撮影、カワセミが小さすぎたのかも知れない。もちろん天気が悪かったこともあるが、600mm相当ぐらいが必要なのかな?
13010404

 

雪がちらつく中の止りもの、もう少し雪の量が多いか、ぼたん雪の方が良かった。
13010405

 

12時半過ぎからのホバショー、明るくなり途中から日も差したので良かった。

13010406

     

13010407

           

13010408

 

連発の場合、ピント合わせのタイミングを取り易い。
13010409

      

13010410

 

              
13010411_3

             

13010412

                
ホバと水際で明るさが違うので、露出設定が難しい。
13010413

     

13010414

       


13010415

     

13010416

     

13010417

      


13010418

     

13010419

    

13010420

    

13010421

    

13010422

 

    

13010423

    

13010424

     

13010425

    

13010426

    

13010427

ホバだけで飛び込まなかったことも数回あった。
13010428

  

最後は、魚を捕って終わる。
13010429

13010430

    

13010431

     

13010432

    

13010433

    

13010434

    

13010435

かなり大きな魚と思ったが、画像を見るとさほど大きく無かった。
13010436

お決まりの水浴び後、橋の下に入った。
13010437

橋の下で、まだやりそうな雰囲気だったが、十分満足で1時過ぎに引き上げた。

明日、休養日の予定だったが、明後日より天気が良さそう。休養日を変更して行くかな?
こやつは高齢カワセミ、今日の疲れで明日は動きが悪いかも知れない・・・それが心配。

 

撮影機材:D800E、300mmf2.8、三脚使用、523枚
移動:歩き  天気:晴れ後曇り一時雪
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年1月 3日 (木)

今年2度目のカワセミは 良かったのやら悪かったのやら?

 今日も朝からカワセミ撮影、8時過ぎから3時まで川の遊歩道3~400mを、下流へ上流へと機材を担いで移動し疲れた。餌捕り後の1時間の休憩待ちを普通とするなら出は良く動きも良かったが、風が強く魚の狙いが定まらなかったのか移動の繰り返しが滅茶苦茶多かった。また、朝の内の飛び込みは、岸に近くの土手の影で水際見えず、シャッターを押すことさえ出来なかった。
何とか餌捕りにホバが撮れ、良かったことにしておくかいな。ホバは数度披露してくれたが、情けない事にピントが合ったのは一度だけだった。

土手の影に飛び込み、そこそこのサイズの魚を捕る。

13010301

休憩に入られるとたまらないので、”落とせ~”と念じると落としよった。
13010302

魚は川に入ると直ぐに泳ぎだしたので、諦めて土手に飛ぶ。
13010303

今日は、風が強く寒かった。
カワセミも飛び込む寸前に風にさえぎられ飛び込みを止めたり、風当たりの少ない場所に移動することが度々あった。
13010304

やっと良い所に飛び込んでくれたと思ったら後ろ姿
13010305

おまけに飛行も後姿となると、絵にならず。13010306

橋脚からの飛び込み、離陸寸前
13010307

魚を加えて飛ぶ。
今日は、そこそこ魚を捕っていたように思うが、捕る場所が悪すぎたのが残念だった。
13010308

天気が良く、止りものは綺麗だった。
13010309

土手からの飛び出し
13010310

対岸からの餌捕り
遠ければ追いやすいが、遠すぎるとピントが合わせられない。
13010311

横移動の飛行は、そこそこ追える。
13010312

ホバ
13010313

ピントが合ったのは数枚
13010314

今日のハイライト、大きな魚を咥えての水からの飛び出し
13010315

ピントはあまいが撮れて良かった。この回が無ければ、今日は完全にアカン日になっていた。
13010316

魚咥えての飛びもの、こんなものか。
13010317

魚無しの水際
13010318

体を突き出した後一旦着水
13010319

一気に飛び出すいつものシーン。
13010320

 

正月3日間が今日で終わる。以前なら正月休みあと何日と思ったが、今は関係無い。明日も天気が良ければカワセミ撮影に行くが、寒さは着込めば凌げる。

 

撮影機材:D800E、300mmf2.8+1.4倍テレコン、405枚
移動:歩き  天気:晴れたまに曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年1月 2日 (水)

2013年初撮影は、少し気合を入れてカワセミ

 今年の初撮影は気合を入れて行こうかとも思ったが、少しにしてD800Eにゴーヨンでカワセミを撮影した。3羽(もしかすれば4羽)が姿を見せたが動きが悪く、天気も予報では晴れマークが並んでいたのに良かったのは朝だけ、後は曇り空で暗くてSSが早くならず、撮影はさっぱりだった。
昨日はさほど飲んでおらず、二日酔いでは無い。

2013年初ショットは、いつもの♂、こやつの今日の働きは最悪
13010201

 

続いて♀成鳥、多少良いところを見せるも、移動で飛びすぎでもうひとつ。13010202

大きい魚を捕りよった。ピンズレだったが、補正で見られる程度には撮れた。
13010203

水際はまあまあだったが、飛び出しに飛行はボケボケ
13010204

一番マシな画像に、かなりのアンシャープをかける。
13010205

止りものはOK。
13010206

ホバもピントが合いにくく、合ったのは終了寸前。
13010207

次の画像は降下に入っていた。近くでもう一度ホバがあったが、まったくピントが合わず。
13010208

 

かなりの待ち時間があり下流に行くと、♂成鳥と♀若が同じ石の上に居り、しばらくしてバトルが勃発したがピント合わず。
仕掛けたのは♀若
13010209

両者をそこそこに撮ろうと場所を変え、真ん中辺りの石にピントを合わせていたので、動き出すとピントが追従せず。
13010210

ボケボケの証拠写真
最初は♂が優勢
13010211

両者、水面で激突
13010212

空中戦、ここまでは♂が優勢
13010213

途中で形勢逆転で、♀若が優勢になる。
13010214

噛み合いの画像が無かったので、噛み合うまでには至らなかったように思う。13010215

♂が逃げる。
両者上流に飛んで行ったが、戻ってきたのは♀若だった。若さの勝利?
13010216

 

その後、♂と♀の成鳥が上流で少し動いたが、良いところはまったく無かった。

1時前に、蕎麦屋近くに♂が現れた。
いつもの♂は下流に居り、上流に飛ぶところは見ていないので、別の少し若い♂と思うが定かで無い。今年の春に寺で見た♂と思うのだが、よく分からない。
13010217

水に飛び込んだが飛び出したところを撮影。端に入っていたので仕方なく大トリミング。
13010218

仕方無く、トリミングサイズを上の画像に合わせた。
13010219

 

この♂も下流に飛んで行ったので、1時頃に引き上げた。2013年初撮影にしては不満足で、もう少し撮りたかったが曇り空で薄暗く諦めた。
今日、悪かったので明日は良いはず。寒そうだが、休養日の予定を変更して行くかな?

 

撮影機材:D800E(×1.2)、500mmf4、三脚使用、220枚
移動:歩き  天気:晴れ後曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年1月 1日 (火)

謹賀新年

130101

 体力、気力が残っている間に残りの人生を楽しもうと、余力を残し自由人になって始めての正月、左肩の痛み以外は例年と何ら変わらず迎えています。

今年もカワセミ撮影をメインに、昨年以上に撮影技術を磨き、画像の自己満足度を高めるとともに撮影失敗の画像を極力少なくし、後の画像処理時間を減らすことを目標に一年を過ごすつもりです。また、新規の撮影地に行き色々な鳥を撮りたい(ヤツガシラは是非)とも思いますが、最近遠出が面倒くさくなってきたことと、芸が無ければ撮影の面白みが無いとも思うのでどうなることやら・・・・
渓流釣りは、メンバーの高齢化と共に年々行く回数が減っているが、3度ぐらいは行きたい。

2013年の撮影は、明日地元のカワセミからスタートで、昨日の出が悪く、明日は良いかどうか分からないので、”少し気合を入れて”に留めて行く予定。

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »