« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月28日 (木)

オオワシ2012-13 北帰

 今シーズンのオオワシ、これがホンマのラストで北帰を撮りに行った。せめて山の前で名残の旋回でもして欲しかったが、何のサービスも無くあっけなく帰りよった。
山本山麓に9時過ぎに到着、D800Eに500mmf4、少し離れて陣取ったため1.4倍テレコンを使用した。9時40分頃に塒より登場し一旦高い場所の木に止まったが、直ぐに北に飛んで行った。少し斜め前に近い横からの日差し、山がモヤっとしていたこともあり撮影はボロボロ、せめて1時間飛び立つのが遅ければ、もう少しマシに撮れたと思う。
今日の画像は、色々と修正したため、もう一度同じ修正は不可の画像です。

9時41分にオオワシ登場
12022801

たまたま山を見ていたので直ぐに気付き連写
12022802

一旦木に止まる
12022803

画像大修正でコントラストを付けているが、実際は薄暗くモヤっとしてファインダーから見難かった。
12022804

しばらく休憩かと思ったのだが
12022805_2

9時42分18秒、羽を広げ
120228051

そして飛び立った。モニターの確認不十分で、設定見直し不十分のまま再び連写
12022806

<以後補正の仕方を変える>
上と同じような画像、オオワシ撮影は秒のコマ5枚で十分、ただし連続撮影可能枚数は30枚ぐらい欲しい。
12022807

1.4倍テレコン挿入で画像がピリッとせず(ピンズレか)、アンシャープマスクをかなりかけた。
12022808

機材は十分なので腕をもっと磨く必要あり、カワセミ撮影とはかなり違う
12022809

少し飛んだところで、撮影条件(日差し)がマシになった。
12022810

山の中腹辺りを北に飛ぶ
12022811_2

左に曲がって琵琶湖へ行き、帰ってきて昼から北帰してくれれば良かったのだが
12022812

そうは問屋がおろさずで、どんどん北に向かう。
12022813

上昇し始める
12022814

”とことん見送るので舞い上がれ”と思ったのだが、期待に答えてくれず。12022815

空抜けになったが、それほど上昇せず
12022816

そのまま尾根を越えて見えなくなった
12022817

高く上昇せず少し期待はずれだったが、撮れたので良しとしよう。7時半に自宅出発で十分間に合い撮れたが、京都より遠い場所から7時出発、到着してから機材を取り出している間に飛ばれたという、お気の毒な方も居られた。
まだ、大浦には別のオオワシが居るようだが、オオワシ撮影は湖北と決めているので大浦には行かない。大浦の撮影ポイントは知らないが、過去に車で何度も湖岸を走っているので、来年湖北に来なかったら行く事にしよう。湖北のオオワシでは無く、奥琵琶湖のオオワシとなるのかな?
”さらばオオワシ、11月に再び飛来して撮影を楽しませておくれ、オオワシの平均寿命は20~25年という、まだ大丈夫” 来年こそ魚を捕るところを撮影する・・・根気良く湖岸で待つ。

山本山遠景
12022821

駐車場借用とオオワシ情報をHPから入手していた(毎日見ていた)湖北野鳥センター
12022822_2

オオワシ撮影後、湖岸でコハクチョウを少し撮影、マキノ経由で今津に寄りザゼンソウを撮影して2時頃に湖西周りで帰宅した。

撮影機材:D800E、500mmf4+1.4倍テレコン、28-300mmf5.6、三脚使用
       298枚
移動:車  天気:快晴
撮影経費:1,400円(高速料金、ガソリンは日常経費内)

| | コメント (0)

2013年2月27日 (水)

ぶらっと梅小路公園へ

 最近カワセミを追いかけるのに疲れ気味で、今週はカワセミ撮影休止期間としている。
今日は、気分転換に梅小路公園に行った。京都水族館での撮影が目的だったが、ついでに梅小路蒸気機関車館にも寄ってきた。カメラはD800E、レンズは28-300mmf5.6一本としたが、マクロも持って行った方が良かったように思う。

京都水族館は、大阪の海遊館よりスケールは小さいが、それなりに撮影を楽しめる。極一部の魚しか撮影していない。

まずは渓流魚のアマゴ
12022701

釣りで馴染みのヤマメ、アマゴとの違いは朱点があるかないか、日本海側に流れる川に居るのヤマメ、反対側はアマゴ。しかし、放流の関係で混在しているような・・・
12022702

釣りの本命イワナ、白山市白峰の祭りでは塩焼き400円サイズか
12022703

ギンゲ化したアマゴかな
12022704

大水槽のエイ
12022705

高級魚のクエかな、今は使っていない底物の竿を一本持っている。水槽の上から・・・・
12022706

ナポレオンフィッシュと思う
12022707

アジの群れかな?
親指サイズのコアジは飼ったことがあるが、同じように水槽の中を集団で周る。フグやマハタの稚魚と一緒に飼うと直ぐに食べられよる。
12022708

ミノカサゴかな
12022709

熱帯性海水魚の水槽
過って10年近く飼ったことがあり、当時飼っていた魚も居て懐かしかった。
12022710

カクレクマノミとサンゴ(イソギンチャクか?)の共生
12022711

フレームエンゼル、一番好きだった魚で1万円弱だったと思う。
12022712

チョウチョウオ、名前わすれた
12022713

これも名前を忘れたが、5千円ぐらいだったと思う。飼ったことは無い。
12022714

ナンヨウハギ、飼育ではポピュラーな魚。和歌山の南の方に行けば居たと思う。
12022715

名前知らず
12022716

他に色々な魚が居たが、高そうなのは居なかった。当時手の出なかった数万以上の魚を入れて欲しい。

オーム貝
12022717

クラゲ
12022718

クラゲは幻想的で、撮影した画像を見るのが楽しい。さほど撮影は難しくないように思う。
12022719

クリオネが居てラッキーだった。
12022720

海遊館に次いで二度目の撮影、ISO感度をあまり大きくしなかったが、大きくしてSSを早くした方が良かったかな。
12022721

マクロレンズを持って行けば良かった。再挑戦したいと思うが入園料は2千円也。
12022722

子供に一番人気があったのが愛嬌をふりまくペンギン、立っていたが眠そうだった。
12022723

子供かな
12022724

アクビをしていたのか、叫んでいたのか・・・・12022725

梅小路蒸気機関車館
12022726

重厚長大の象徴か
12022727

運転席、かなり複雑で環境も快適な場所では無い。当時の運転手は大変だっただろう。
12022728_2

試乗を行なっていたが、バックで500mほど走り戻ってくるのみ。12022729_2

蒸気機関車に乗ったのは、小学校5年の時がが最後だったような・・・
12022730


12022731

 

野鳥センターのHPでは、オオワシはまだ居るようで、明日は湖北へ。  

撮影機材:D800E、28-300mmf5.6、手持ち撮影  468枚
移動:地下鉄、JR、歩き
撮影経費:3.180円(交通費、入館料)

| | コメント (0)

2013年2月26日 (火)

ウソ再挑戦

 今日の朝、TVで天気予報を見ると滋賀北部は晴れ後雨、直ぐにYahoo天気情報で長浜をチェックすると、3時頃までは晴れで昨日の予報から変わっている。湖北まで車で高速を利用しても約1時間半、”ほな行きまひょか”と予定変更で機材を出して行く気にはならず、予定通り朝から散髪に行った。11時半頃一旦帰り、昼食後にウソ再挑戦で近場にブラブラ出かけたが、勝負が早く2時前には予定終了で帰って来た。

先日、カワセミ撮影の後に行った際は、日差しが悪く撮影条件はもう一つだった。今日は、朝の内は青空が広がっていたが、昼頃から西からうす雲が張り出しもうひとつかと思ったが、日差しがあったので先日よりは条件が良かった。
同じ場所に行ったが居らず、運が良いのか数分で飛んできて同じ木に止まる。後は20分間程、一人で撮りまくり。

今日も木の枝が邪魔する
12022601

一人だったので、木の下を自由に動き良い場所を探したが、なかなか場所が見つからず。
ウソの習性を全く知らないが、木の下をウロウロしてもげずで、真下からの撮影も可能だった。
12022602

出来る限り背中かが入る場所を探したが、枝かぶりと相まって苦労
12022603

今日も空抜け、撮った画像を見ながら露出を+1.3~2.0補正、露出設定はモードA
12022604

カメラはD800E、比較的近い距離で撮影した画像を大トリミング
12022605

♂2羽と♀1羽が居たが、今日は♀も撮れた
12022606

♀は、首の周りが赤くなく少し地味
12022607

昼食が終わったのか、20分ぐらいで山側に消えた。
12022608_2

その後、少し待ったが、しばらくは来ないかと思い引き上げた。

今日も、にわか鉄ちゃん
12022609

今年始めてルリビタキ♀を見たが撮れず
今日は、最後に撮影したシメで締める。
12022610

いつも5時半頃に湖北野鳥センターのHPを見ているが、今日は更新が無い。休館日か、オオワシが北帰したかどうか気になる。

 

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、手持ち撮影  179枚
移動:地下鉄、歩き
撮影経費:420円

| | コメント (0)

2013年2月25日 (月)

ブラブラと探鳥、三箇所巡り

 気分転換にブラブラと桂川、宝ヶ池、植物園を巡ってきた。狙いの鳥は、ベニマシコぐらいで抜けたのか姿は見なかったが、撮影はそれなりに楽しめた。

ヒヨドリ、河川敷にかなりの数が居た。
13022501

シメ、少し遠かった
13022502

カワラヒワ、近距離で撮影出来たが枝かぶり
13022503

川の中央に居た鵜
13022504

ケリが対岸を飛ぶが、川幅が広過ぎ
13022505

ツグミ、驚くほど近づいてきた(1m)ので、後ろに下がって撮影、ノートリ画像
13022506

今日は、カワセミから離れるつもりだったが、鳴き声が聞こえると気になり探す
13022507

愛宕山背景の阪急電車、にわか鉄ちゃん
13022508

モズ♂
13022509

メジロ、近距離撮影
13022510

久しぶりのウグイス、これも近距離撮影、枝かぶりの連続で手強い
13022511

久しぶりのアカゲラだったが日陰で空抜け
13022512

オシドリ♀
13022513

オシドリ♂
13022514

クリスマスローズだったかな?
13022515

ルリビタキ♂、今日一番多く撮影した
13022516

福寿草、今がピークか花の数が多かった
13022517

ヒガラ
13022518

ルリビタキ♂がもう一羽居たが、今年は♀を撮影していない
13022519

シロハラ
13022520

クロジ♀
13022521

キクイタタダキは、まともに撮れず
13022522

ヤマガラ
13022523

カワセミを忘れるつもりだったのだが、最後はカワセミ
カワセミ♀
13022524

カワセミ♂
13022525

 

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、手持ち撮影  514枚
移動:地下鉄、阪急  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:1,160円(免許証を忘れ植物園入園料200円が無駄な出費)

| | コメント (0)

2013年2月24日 (日)

昨日の撮影でウソ等、その他

 今日は撮影休み、昨日の撮影です。

ウソの撮影は、数年前に富士山の奥庭で♀を撮影して以来2度目、5羽を見かけ♀が一羽居たと思うが写っていなかった。桜の新芽を食べるようで、桜の開花に影響するようである。過って奈良の名所でウソに桜の新芽を食べられ、桜の開花状況が悪くなったというよな新聞記事を見たことがあるが、山科の街近くにも飛来しているとは知らなかった。

もう一度撮りたいと思っていた鳥、条件が悪くあまり綺麗な画像を撮れず、ブラブラと行ける場所なので再挑戦するつもり。

13022401

連写で、偶然飛び物が入っていた。
13022402

13022403


13022404

シメ、遊歩道に下りてきたところを近距離撮影
13022405

カワセミ追いかけ中に撮影したモズ♂、カワセミホバお立ち台に止まっていた。最近、この場所にカワセミは止まらない。
13022406

カワセミの飛行中の水切り仕草、連写していると極たまにだが撮れる。
13022407

 

明日の予定変更

明日は、湖北が晴れでオオワシが居ればオオワシ撮影、湖北の天気が悪ければ北野天満宮の梅花祭と思っていたが、湖北の天気が悪そうで北野天満宮の梅の開花状況がもうひとつのようなので共に止め、今のところ未定。

オオワシは、天気予報を見て2/28あたりを考えている。もちろんオオワシが前日まで居ればの話だが、北帰の見送りと考えている。
始めて撮影した2008年、その年最後の撮影と思い2/23に行っている。雪交じりの雨が降ったり、晴れ間が見えたりの風が強い日だったが、11時15分頃にオオワシが北に飛び雲に消えるのを撮影し京都に帰った。しかし、その日は風が強かったためか戻ってきて、昼からも飛んだが再び戻り、結局北帰は数日後だったのこと。天気の良い日に帰ることが多いようで、2/28まで居るかな?

2008年2月23日の撮影、D300に328+2倍テレコン

琵琶湖から戻ってきて枯れた木の天辺に止まった。風が強く木が大きく揺れていたのを覚えている。画像は、たまたま日が差した時の撮影
13022411

北に向かって飛ぶ
13022412

琵琶湖に向かわず、どんどん上昇し北の雲に消えた。
13022413

| | コメント (0)

2013年2月23日 (土)

カワセミ 今日のサービスは90点

 今日は、手持ちでカワセミを撮影してから醍醐寺の五大力さんの撮影に行く予定だったが、外を見ると青空が広がっていたので、数少ない好条件を見逃すわけには行かないと、カワセミオンリーに予定変更し、328に三脚を持って出た。ところが天気の神に裏切られ途中から曇り空になり家に帰ってから醍醐寺に行こうかと迷ったが、カワセミの動きが良かったので撮影を続けた。ロングホバが1度、ショートが何度かあったが、デカサイズの餌捕りが無かったので、今日のサービスは90点というところ。

最近、同じような画像ばかりなので、今日は餌捕りへの飛び出しとホバを掲載する。

まずは中州の枝からの飛び込み、場所が変わってもやはり難しかった。
体が細くなり下を見たので飛び出す瞬間を捉えることが出来た。13022301

2枚目までは続いたが、後は続かず。
13022302

上に飛び上がっての飛び込み
予測してシャッターを押さないと飛び出す瞬間にはついていけない。ファインダーを覗いての撮影のため、動きについていけいけず直ぐにファインダーから消える。照準器が必要かな
13022303

これも同じ
13022304

これまた同じ
13022305

土手からの飛び込み
3枚とも違うシーン、1枚目は全てピンボケ
13022306

13022307


13022308

ホバ
ショートホバ
13022309

後向けで始まり、横を向き
13022310

飛び込まずに戻る。
13022311

この時も飛び込まなかった。
13022312

体を変に捻っているが、何をしようとしたのか?
13022313

このホバは、かなり水面に近く、川底がはっきり見える。
13022314


13022315


13022316

支流での順光の中のホバ、カワセミの色が綺麗
13022317


13022318


13022319


13022320


13022321

1時半頃に帰宅したが、時間があったのでウソを撮影に行った。木の高い場所に居たので、枝かぶりに曇り空の空抜け、かなり粘ったがあまり良い画像は撮れなかった。
まだ、十分チェックしていないので明日見られる画像があれば掲載する。
ウソ撮影は二度目なので、来週に再挑戦・・・・?

アカウソ♂(図鑑”日本の野鳥”による)
13022322

 

撮影機材:D4、300mmf2.8+1.4倍テレコン、三脚使用 732枚
       D7000、80-400mmf5.6 手持ち撮影 503枚
移動:歩き、地下鉄  天気:晴れ後、曇り時々晴れ
撮影経費:420円

| | コメント (0)

2013年2月22日 (金)

カワセミ  動きは??、撮影はD4使用で満足

 今日のカワセミ、朝から11時頃までは定点で餌捕りを連発(連発といってもインターバルが非常に長くポツポツに近く休憩が無かっただけ)、しかし半分以上は土手際の見えない場所でガックリ。11時を過ぎると、今度は飛び回り追いかけるのがしんどく、休憩に入ったと思った1時には疲れて撤収した。
D4で撮影したので、撮影結果は満足(画像はいずれもトリミング大)

メダカサイズの餌捕り
13022201

先日のバージョンアップで、動体の追従性が良くなったのかなと思える。
13022202


13022203


13022204

今日の獲物は小物ばかり、この魚は大きい方
13022205


13022206

土手の直ぐ下で、上からの撮影
13022207

いつものごとく一旦飛び出し
13022208

再び着水
13022209

飛び出す
13022210


13022211


13022212

飛び込む場所が浅かったためか、飛び込みの滞空時間が何時もより短く鋭角に飛び込み、飛び出しもこのカワセミにしては速かった。
13022213


13022214

明るかったが、日差しがさほど強くなく絶好の撮影条件だった。
13022215


13022216


13022217

土手近くの飛び込みで、ぎりぎりの撮影が多かった。
13022218


13022219


13022220

ショートだがホバも何度か披露してくれたが、水面背景だったので良かった。
13022221


13022222

土手から飛び出して直ぐの場所でのホバ
13022223


13022224


13022225

飛び込まずに引き返す、このパターンが多かった。
13022226

久しぶりの蕎麦屋前、橋脚の鉄骨からの飛び込み
13022227

この飛び込みが一番綺麗に撮れたように思う。
13022228


13022229


13022230

土手に止まる。魚がデカサイズならもっと良かったのだが
13022231

二度目に鉄骨に止まった時は、橋の上から人に覗き込まれアジャパー。”覗いたら逃げる”と叫んだが、聞こえなかったのか無視されたのかは分からないが覗き込みよった。一眼に望遠レンズ、カワセミを撮りに来たカメラマンのように思えたが、スズメでも逃げる距離、初の鳥撮影だったのかな?
カメラマンが誰も居ない時間帯や場所なら近づき過ぎもありかも知れないが(ただし逃げるので撮れる確率は低いだろう)、他のカメラマンが居る場所では近づき過ぎて覗く、カワセミの直ぐ後ろからレンズを突き出す・・・でカワセミを逃がすのは止めて下され。カワセミ撮影隊は、経験で逃げないよう一定の距離を保ち行動している。それでも、たまに逃がす事はあるが・・・・・
カワセミを逃がさず撮るなら一緒に行動するか、離れた場所から撮って下され!
       
       

撮影機材:D4、300mmf2.8+1.4倍テレコン、三脚使用  400枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年2月21日 (木)

カワセミ サービス悪し

 今日のカワセミは、昨日と違い転々と移動せず出合辺りで留まってくれたが、餌捕りの成功確率が高かったためか動きが悪くサービス不足、二度目の休憩に入った昼に引き上げた。転々と移動するのも困ったものだが、寒空の中一箇所で動くの待っているのは寒さが身にしみる。
今日の狙いは、土手から飛び出して水面に飛び込むまでを連写することだったが、飛び込みのインターバルが長くて集中力が維持出来ず、まともに撮れなかった。横からの撮影では無く、背後からの撮影で難しかったということもあるので、違う場所で飛び込む頻度が多い時に再挑戦する。

唯一連写した画像
カワセミは飛び出す寸前に細くなることが多いので、よく見ていると飛び出す瞬間が分かる。しかし、ファインダーを覗いての撮影のため、見続ける根気が必要。

土手からの飛び出し
13022101_2

カワセミの動きについていけず、2枚目以降は完全にピンボケ
13022102

レンズを少し振ったが、水面にピントが合う。
13022103

水面に到着
13022104

水に飛び込むと同時に、とっさの反応でシャッターを押し直したような?
13022105

餌を咥えての飛び出し
13022106

土手に引き返さず横移動で、ピントがそこそこ続く
13022107

こちらに向かってきていたなら、直ぐにボケボケになっていただろう。
13022108

 

今日は飛び込む度に、魚を咥えていたように思う。
13022109

ゴリを加えて横っ飛び
13022110

横のコンクリの手間で体を起こしブレーキをかける。
13022111

着地寸前
13022112

着地成功、テレマークが入る・・・当たり前か
13022113

その後、給餌体勢に咥え直し、下流の♀の所へ飛んで行った。
13022114

♀の直ぐ近くに飛んで行った後は、給餌せず自分で食べたとのこと(♀が拒否?)。
繁殖シーズンが近づいているが、カワセミの行動パターンがまた変わりそう。

 

飛び出し狙いのついでに撮った糞噴射
13022115

 

ショートホバ、最初は少し後ろ向き
13022116


13022117

横を向いて
13022118

最後は土手に戻る。
13022119

 

帰ってからニコンのHPを見るとD7100の発表が掲載されていた。連続撮影枚数がD800Eの半分以下とSDメモリーカード2枚は期待はずれ。連続撮影枚数が少ないのはカワセミ、ヤマセミ、オオワシでは使い勝手が悪く、SDカードは構造がチャチで差し込む時に32Gbを1枚壊している。高感度の写りがどうなのかが気になる。
連続撮影枚数が圧縮RAW12ビットでさえ9コマで、カワセミのロングホバから水際への連写が出来ない、撮影範囲を1.3×にすれば14コマに増えるがそれでも不足、かつ水際から飛び出しの撮影でカワセミのはみ出しが増えそう(D800Eでは画像の容量削減のため仕方なく1.2×にしている)、必要無しかな・・・・?

 

撮影機材:D4、300mmf2.8+1.4倍テレコン、三脚使用、217枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年2月20日 (水)

カワセミ 今日のサービスは80点

 天気予報がもう一つだったので行先を多少迷ったが、外を見ると天気がそれなりに良かったので、地元で撮影することにした。
カワセミの動きは久しぶりに良かったが、残念ながらデカサイズの魚咥えものと、ロングホバの披露が無かったので80点というところ、有れば間違いなく100点満点だった。今日も7名のカメラマンを引き連れ、転々と長距離を移動しよった。たまには、ゆっくりと撮影させてくれい・・・しんどいやないかえ。

中流域の餌捕りポイントでダイビング連発したが、これまでと同じ画像ばかり、同じ場所での同じ位置からの撮影では当たり前。途中から水面を飛び出してから土手に戻るところまでに、狙いを変えた。これまでは、ほとんど水際狙いでレンズをあまり振っていない。レンズを振って追うのに集中力の持続が必要以外、技術的にはさほど難しくは無かったが、全枚数にピントが合うことは無かった。全枚数ドンピシャは望んでいないので良しとする。
今日のカメラはD800Eで5枚/秒

●ケース1

水際のピントはOK
13022001

2枚目もOKとしよう
13022002

3枚目、ピントがあまくなる
13022003

4枚目、こりゃあかん
13022004

5枚目、再び合う
13022005

6枚目、ピント持続
13022006_2

7枚目、少しあまくなったか?
13022007

8枚目、7枚目に同じ
13022008

 

●ケース2

1枚目、多少横にピンズレ
13022009

2枚目、ピントがあまい
13022010

3枚目、前に同じ
13022011

4枚目、前に同じ
13022012

5枚目、前に同じ
13022013

6枚目、ピントがバッチリになったような
13022014

7枚目、ピントが少しあまくなったような?
13022015

 

●ケース3

1枚目(水際)、2枚目は完全なピンボケ

3枚目、そこそこに合う
13022016

4枚目、良くなったように思う
草が邪魔
13022017

5枚目、十分に合う
13022018

6枚目、ピント持続
このカワセミ、他の画像を見ても左足から着地をするような?
13022019

7枚目、ピント持続
13022020

 

●ケース4

1枚目、少しあまい
13022021

2枚目、更にあまくなる
13022022

3枚目、ピントが合う
13022023

4枚目、ピント持続
13022024

5枚目、ピント持続
13022025

6枚目、これまたピント持続
13022026

注)ピントがあったかどうかは、元画像を見ての個人の感覚で判断基準無し。

 

●飛び出し
次回(たぶん明日)、土手からの飛び出し撮影を課題にするつもり。
これは、もっと集中力が必要で多分無理やろう。
13022027

 

●魚を咥えての飛びもの

そこそこのサイズだったが、魚の顔が入っていない。
13022028

魚の顔が入ったが小さい。
13022029

今日の撮影は、D800E使用でかなりトリミングが出来るため、カワセミの止まる場所によりテレコンを付けたり外したりで忙しなかった。画像は無い方が綺麗だが、場所によってはファインダー内のカワセミが小さくなり過ぎ、ピントを外す事もあり付ける必要がある。定点でサービスしてくれれば、どちらかにして手間が省けるのだが・・・・

 

撮影機材:D800E、328+(1.4倍テレコン)、三脚使用  556枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年2月19日 (火)

ぶらっと植物園へ

 今日は鬱陶しい天気だったが、予定通り植物園に行った。狙いは、早春の花セツブンソウに福寿草、それにカワセミの様子見とこの時期に居る野鳥で、V1と105mmマクロ、70-200mm、V1専用10-30mmを持って行った。

9時40分頃に着いたが、雪が降っていた。そのためか、今日は人がまばらだった。13021901_2

まずは、雪の中のカワセミが撮れないかと池に行くと、直ぐに♀が登場した。
13021902_2

しかし、直ぐに姿を消したので花撮影で庭園に行く。

セツブンソウ
開花時期はもう少し早いと思っていたが、ピークはもう少し先かな・・・・?
13021903_2

花の数は多かったが、綺麗に開いている花は少なかった。
13021904_2

バイカオウレン?
13021905_2

オウレン? よく知らない 
13021906_2

これも同種の花?
13021907_2

福寿草
庭園の花は天気のせいか十分開いておらず、後で行った”早春の草花展”会場のビニールハウス内での撮影
13021908_3

ここは、数は少なかったが綺麗に咲いていた。
13021909_2

花撮影後は野鳥撮影、当然カワセミに行く

カワセミ♂登場
13021910_2

何度か飛び込んでくれたが、水際は撮影失敗の連続。水面近くでホバ気味でブレーキをかけ、少し前に飛び込む。また、飛び出しも早く、地元のカワセミとタイミングが違うので合わせられない。慣れれば撮れると思うが(昨年は撮っていた)、今日はV1だったので諦めた。

蓮の柵に止まる。魚が中々捕れないようだった。
13021911_2

地元と違いゴミが少なく、自然の木に止まり絵になる。駐車場が無料なら、ここにも頻繁に来るのだが・・・・
13021912_2

ジョウビタキ♂
チラホラ咲きの梅に止まった。
13021913_2

今年の冬は、あまりジョウビタキを撮影していないので、今日はかなり撮影した。
13021914_2

一人だったので近づいたが、直ぐに飛び去る事は無く、近くを転々と移動しよった。
13021915_2

ジョウビタキ♀
花撮影時に近くに登場、マクロレンズで撮影。
13021916_3

ルリビタキ♂
撮影チャンスは、1回だった。
13021917_2

シロハラ
かなり多くの個体が居るように思う。ノートリ画像
13021918_2

イカル
今日見たのは小集団、秋に比べれば数が少なかった。
13021919_3

コゲラ
ドラミングの音が大きかったので、他の大きなゲラが居るのかと思った。枯れ枝を突っついていたようである。
13021920_2

シジュウガラ
コゲラと行動を共にしていた
13021921_2

クロジ♀
この鳥は近づくと逃げるが、じっとしていると向こうから近づいてくる。1mぐらいまで近づいてきた。
13021922_2

他に、茂みの中でウグイスらしき鳥を見たが撮影できず。
2時頃に疲れたので引き上げた。

 

”早春の草花展”開催中


130219101_2


130219102_2


130219103_2

 

撮影機材:V1、105mmマクロ/70-200mmf2.8/V1専用10-30mm
       手持ち撮影  392枚
移動:車  天気:曇り時々雪がちらつく
撮影経費:800円(駐車料金)

| | コメント (0)

2013年2月18日 (月)

完全休養日

今日は朝から雨で休養日、パソコンの前に座ったりTVを見たりしているが、手持ち無沙汰で落ち着かない。昼から、来年度(13/04~14/03)の趣味に投入出来る予算を算出してみた。近々、D7100の後継機が発表されるような話がデジカメInfoに掲載されていたので、購入可能かどうか検討した。80-400mmの後継レンズ購入の予算は残しているが、今のところ両方の購入は無理との結論。もちろん価格によるが、現状のレンズをそのまま使用し、300mmか400mmの単焦点のVR付きレンズが発表されれば購入を検討する。D7100はスペックによるが、アカショウビン、ヤマセミ、オオワシ撮影に欲しい。500mmf4を750mmf4で使用出来、D4にテレコンを使うより、遠い被写体、暗い場所での撮影に有利に思う。オオワシでテレコン有りと無しで撮影したが、遠い場所に居る時の画像はトリミングで画像がくずれない距離なら、テレコン無しでトリミングした方が良かった。鳥取のアカショウビンも、カメラはD800Eだが結果は同じだった。
D7100(D400なら尚良いが)のスペックはどのようなものであろう。購入の条件は、高感度ノイズがD800Eなみ(最重要)、画素数が2400万画素なら1秒間のコマ数は6枚でも良いが1600万画素で8コマ以上の方が良い(いずれも外付けバッテリー無しで)、シャッターが切れなくなるまでの連写枚数は30枚以上、メディアはCF、電池はEN-EL15(予備2個有り)。

昨日、適当(断片的)に撮影したカワセミの羽繕いです。

13021801


13021802_2


13021803


13021804


13021805


13021806


13021807

| | コメント (0)

2013年2月17日 (日)

カワセミ モズが飛んで来なければ・・・

 今日の撮影は撮影地中流域の中ほどから始まった。
気合を入れてゴーヨンを担いで行ったため、家からは”行きはよいよい帰りはちょっとしんどい”の距離である。おまけに待ちの撮影では無く追いかけての撮影、また撮影中の数時間はほとんど座らないので、帰りの足取りはかなり重くなる。昨年より今年はかなりしんどく感じるが、年のせいもあるかも知れないが、毎日に近い撮影回数の多さによるものだろう。
中流域の中ほどから一旦上流域に飛んだが大したサービスもせず、その後中流域の下に飛び、おまけに支流を少し遡りよったので、追いかけるのに疲れた。大サービスを期待したが期待はずれ、小さな魚をインターバルの長い間隔で捕り続けよったので気が抜けず、動きが完全に止まった昼に撮影を終了し、足取り重く引きあげた。その後、状況がどうだったのか気になる。
疲れを考えれば気合を入れず手持ちで追いかけるのが良いが、撮れた画像を見ると気合を入れた方が良いのは言うまでも無い。

一旦上流に飛んだ後、中流域の餌捕り連発ポイントに止まる。
機材のセットを終え撮影スタンバイ完の時に、対岸からモズが飛んできてカワセミは下流に逃げた。今日の苦労はこの一瞬から始まった。忌々しいモズめ!
13021701

出合のしばらく前の餌捕りポイント、魚が小さいではないかえ。
13021702

今日は、ゴリか小さい魚ばかり。
13021703

直ぐに下流域に飛びよったが・・・・
13021704

直ぐに戻ってきた。

川岸のコンクリから魚を探す。最近、低い場所から直ぐ前に飛び込み、餌を捕るのを時々見る。
13021705

飛び出しから狙ったが、集中力に欠けシャッターを押すタイミングが遅れた。
13021706

少しカメラを振る方向を間違え、ピンズレ。
13021707

振りなおして連写
13021708

飛び出し後は撮れた。
13021709

コンクリに向かう
13021710

着地寸前までピントはそれなりに続く、手持ちなら外れていただろう。
13021711

その後、少し上流に移動し餌捕りを何回か行ったが、土手の直ぐ近くで水際はまったく見えず。
13021712

支流に入り、高い木に止まる。
13021713

飛び込んだ後の飛び出し、何とか捉えることが出来た。
13021714

こちら側に飛んできたので、連写するも以後はピンボケ。
13021715

止まった場所から直ぐ近くに飛び込むことが多かったので、飛び出しからの連写を狙った。
13021716

タイミングが一瞬遅れ、飛び出しは撮れず。
13021717

羽を広げて降下に入るが、羽の端が切れ大トリミング。このシリーズは、この画像にトリミングを合わせた。
13021718

途中でピントが外れたのが分かったので、シャッターを押し直す。そのため水際を撮り逃がす。
13021719

一連の動作の撮影は、近くの斜め後ろからでは撮りにくく(ピントが続かない)、狙いをどちらかに絞った方が良いようである。
13021720

少し横への飛び出し、これもシャッターを押すタイミングが遅れた。水際は枯れ草が邪魔をした。
13021721

本流に戻ってからの撮影
13021722

ショートだったが水面背景のホバを披露してくれる。
13021723


13021724


13021725


13021726

その後は少し上流の対岸から、間の空いたインターバルで何度も餌捕りを行った。遠すぎて捕った魚も小サイズばかり。

カルガモの直ぐ横に飛び込んだ時の飛び出し。
13021727

カルガモは少し驚いたのか、カワセミを目で追う。
13021728

この後、対岸の土手で休憩に入ったように見えたので、時刻は12時過ぎで早かったが、寒かったこともあり撮影終了。小魚を十匹ぐらい捕ったと思うが、大物捕りの一発勝負を行なって欲しかった。
気合を入れて行ったのに、こういう日にあたるとは残念、撮れただけでも良かったと思うしか無いのかな。昼から良かったりして・・・・・・

 

撮影機材:D4、500mmf4、三脚使用  271枚
移動:歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年2月16日 (土)

カワセミ 朝は良かったが昼からは全くダメ

 朝早く外を見ると青空が広がっていたので、カワセミに行くことにした。家を出る頃には曇り空となり、川に着くと雪が降り寒くなったが、直ぐに青空が見えたかと思うとまた雪が降り出す不安定な天気だった。朝はV1と70-200mmf2.8を持って行ったが、カワセミが転々と移動し軽い機材で丁度良かった。中流域で餌捕りを連発し、最後に上流で大きな魚を捕る理想的なサービスだったが、最後の餌捕りは撮影失敗、2時間は動かないと思い12時半頃に一旦帰宅した。
最後の餌捕り失敗が残念で、2時過ぎにD7000と80-400mmを持って再び川に行ったが丁度動き出したところ。しかし、以後転々と移動を繰り返すのみで撮影はさっぱり、4時に下流に飛び去ったので帰宅した。唯一水面バックのホバが撮れたのが幸いだった。

今日の撮影は、支流から始まった。

グランド端の高い木の中ほどに止まる。13021601

餌捕り一発、獲物は小さかった。
13021602

支流の少し上流へ飛び、転々と移動を繰り返す。餌捕りは単発だったので、タイミングが合わず。
13021603

雪が降り出したので、雪の中のホバを期待したが、雪が降っている時はホバが無く残念。
13021604

支流から一旦、本流の出合いに移動、その後本流の上流に向かう。
13021605

対岸から飛び込んだ後に、川中石に止まったので飛び出しを狙う。撮影成功だが遠い。
13021606

ショートホバを披露してくれたが、残念ながら後ろ向き。
13021607

ホバ後は、飛び込まず土手に戻る。AF-S、ピントが外れる。
13021608

その後、中流域の餌捕りポイントで飛び込み連発。

今日も飛び出しの一発狙い、V1では仕方無し。
13021609

連続して飛び込んでくれたので、タイミングは合わせやすかった。
13021610


13021611


13021612

時々魚を捕るが、小魚ばかりで絵にならず。
13021613_2


13021614


13021615

上流に飛び大きな魚を捕ったが、不意を突かれ水際は完全な撮影失敗のピンズレ。
13021616

しばらくして水浴び
13021617


13021618

この後、一旦帰宅した。

昼からは朝より距離は短かかったが移動が多く、移動しては水面を見ていたが飛び込みは少なかった。
畑前で多少長めのホバをしてくれ、途中からピントがそこそこ合った。
13021619

距離が近く、水面が背景になったのが良かった。
13021620


13021621


13021622

この時も飛び込まず、土手に戻りよった。
13021623

明日は、どうなのかな?
気合を入れて行くつもりだったが、移動が多そうなので、どうするかは朝に決める。重い機材で追いかけるのはしんどい。

今日の撮影、V1は操作上とろくさいと思ったが、結果としてV1の方がD7000より良かった。レンズの差と思うが、今後の手持ち撮影は考えもの。一眼レフに70-200mmf2.8を使用すれば、2倍テレコンを付けなければならなず、レンズの性能をフルに発揮できない。

 

撮影機材:V1、70-200mmf2.8、手持ち撮影 363枚
       D7000、80-400mmf5.6、手持ち撮影 61枚
移動:歩き  天気:晴れ時々曇り一時雪
撮影経費:0円

| | コメント (0)

湖北 冬の野鳥たち

2月14日のオオワシ撮影の合間に撮影した野鳥です。

ヒシクイ
飛行を撮りたいが、オオワシ狙いの場所選定では良い画像が撮れる機会が少ない。130215101

     
ホオアカ
昨年10月(11月か?)に続き、湖北では2度目の撮影130215102

日差しが強すぎたようで、もうひとつ
130215103

     
ミコアイサ
この日はあまり近くで撮れなかった。大トリミング
130215104

   
カイツブリ
姿を見せると直ぐに遠ざかるので、水から出た瞬間を狙うと近くで撮れるが、どこから出てくるか分からない。
130215105

    
ハジロカイツブリ
130215106
      

    
カモメ
130215107

ホバをしながら群れ(少数)が止まっているコンクリに近づく
130215108

飛んできた来たカモメを見るのもいれば、我感知せずもいる。
130215109

    
ユリカモメ
何を狙っているのか分からないが、水面を見ながら飛ぶ。
130215110

急に体を捻り
130215111

急降下で水に何度も飛び込んでいた。ユリカモメのダイビングは始めて、面白かったが急降下は速過ぎて撮れなかった。
130215112

       
婚姻色のカワウ
漁港から北を見ていると、カワウの飛翔を頻繁に見る。
130215113

     
オカヨシガモ
カモの中で特に地味な色のカモである。
130215114

     
トビ
形相がすごい、まさに猛禽の顔。
130215115

      
ミサゴ(osprey)
この日は三度飛んだ。
130215116

狙っていないので飛んでも見逃すことが多い。たまに、旋回するので見つけて撮れている。
130215117

餌捕りを披露してくれれば良いのだが、今のところ湖北では水に飛び込む所は見ていない。
130215118

 

コハクチョウ
冬の湖北と言えば、オオワシ、コハクチョウ、ヒシクイ、数年前はコハクチョウ狙いでも湖北に行った。北帰頃に飛び立ちを撮りに行きたいと思っているのだが?
130215119

| | コメント (0)

2013年2月15日 (金)

オオワシ 2012-13ラスト

昨日のオオワシです。

10時前に野鳥センターに着き、直ぐ近くの湖岸で待った。狙いは魚を捕るシーン、途中で一度飛んだが数mの場所を移動しただけ。

湖岸からの撮影、1.4倍テレコンを装着し756、超大トリミング画像13021501

その後、昼を過ぎても動かなかったので、今日はダメかもと漁港に移動した。漁港の方がオオワシ以外に色々な鳥を撮れる。

3時頃にようやく飛び出した。コースも左、おもわく通りで喜んだのも束の間、片山沖へ向かった後、直ぐに引き返しよった。
13021503

3時頃に帰ろうかと思ったが、今シーズンラストということもあり粘った。J君と行き話相手が居たこともある。一人なら日が傾き寒くなったこともあり帰ったであろう。
この地のオオワシの事をよく知っておられる方から、夕方はセンター前に飛ぶことが多いと聞いたが、漁港北の方が撮影条件が良いので動かず粘った。

”やられた~”
3時45分頃、聞いた通り野鳥センター前に飛ぶのが見えた。
13021504

間に合うかも知れないと思い急いで向かう。途中、野鳥センターの上空を猛禽が一羽飛ぶのが見えたので、山に帰ったかと思ったが、カメラマンが集まってくる。チュウヒの獲物を横取りし浮きヨシで食べているとのことで、注意深く見たが逆光で見えず。

しばらくすると、看板付きポールに飛び上がった。
13021505

ここからも長かった。日が沈み初め寒くなったが、じっと我慢で待ち続ける。かなり厚着をしていったので、昼間は多少暑かったが夕暮れになると寒かった。
どちらに飛ぶか分からないので、中間あたりに陣取った。2度センター前から山に帰るところを撮っているが、ともに立った位置の直ぐ北側の上空を飛んでいる。同じ場所を飛んでくれれば南側になり、日差しの関係で撮影条件も良かった。

5時34分に飛んだ。
13021506

飛び出しは北東方向、途中で方向を変えてくれと思いながらシャッターを押す。
13021507

少し前にテレコンを外し、ISOは3200、露出補正はSSを早くするため+2にしていたのを+1に変えていた。
13021508

飛び出してから降下し水面近くを飛ぶ。
13021509

近くを飛ばれカモが慌てる。
13021510

しばらく飛ぶと、東よりに方向を変え上昇する。
13021511

チュウヒか何か知らないが猛禽とニアミス
13021512

方向をさらに東寄りに変え、どんどん上昇する
13021513

連写しまくり
D4のバッファが一杯になりシャッターが切れなくなる、そのたびに一呼吸置く
13021514

日は沈んでいたが(と思う)、空の夕焼けは残っていた。
13021515

徐々に夕焼けの中に入っていく。
13021516

オオワシ自体の写りは悪くなるが、これはこれで良し。
13021517

もう少し早く飛んでくれればと思ったが・・・、逆光が強くなり難しかったかな?
13021518

シルエットに近くなる。
13021519

もっと南に曲がってくれと思ったがそのまま直進、最悪のパターンで前回・前々回と同じ構図になる。
13021520

黒つぶれ寸前の画像をソフト修正したが、これが限度。この画像の前数枚は、完全に黒つぶれ。
13021521

通り過ぎると少しマシになるが、これまでと同じような画像ばかりで多少ガッカリ。南側を飛んでいてくれれば・・・
13021522

粘って飛翔が撮れ良しとする(しかない)。
13021523

 

”さらばオオワシ2012-13、また11月に会おう。”
来てくれるかな?

来週も居り天気の良い日があれば行ったりして・・・・

13021524


13021525


13021526

| | コメント (0)

2013年2月14日 (木)

湖北

 カワセミ撮影仲間のJ君と湖北へオオワシ撮影に行った。とことん粘り、オオワシの飛翔をまともに撮れたのは5時半を過ぎてからで疲れた。
詳細は明日

オオワシ待ちの間に夕景を撮影
13021401

 

オオワシが山本山に帰る
13021402

 

撮影機材:D4/V1、500mmf4(+1.4倍テレコン)/10-30mm、鳥は三脚使用
       D4 916枚、V1 36枚
移動:車  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円(ガソリン、高速料金は日常経費内)





| | コメント (2)

2013年2月13日 (水)

予定変更でカワセミ  久しぶりのV1

 今日は天気が悪く暗ければ休養日、撮影出来そうな明るさなら植物園と思っていたが、朝に外を見ると青空が見えた。ならばちょっとだけカワセミと思い、V1に70-200mmf2.8の手持ち撮影で、9時半頃に自宅を出た。朝のカワセミは、以前に戻り上流へ下流へと転々と移動、最近の餌捕り連発ポイントにも止まったが、なぜか飛び込まず。少し下流のポイントで餌捕りを数回行った後に上流に飛び、追いついた時には大きな魚を咥えていた。2時間は動かないだろうと思い昼前に帰宅した。
昼食を食べた後1時過ぎに再び出動、大きな魚を咥えたところを見せられると闘志が湧く。残念ながら昼からの動きは悪すぎ、2時間でトボトボと引き上げた。朝の魚は大きかったが、昼からも動かないような大きさでは無いと思ったのだが?

V1での撮影、70-200mmf2.8を装着すればAF-Sで一発勝負となるが、そこそこ撮れた。ピクチャーコントロールは、V1ではビビットに設定している。130213101

水際も撮れたが、水面が光っているとフォーカスせず、カワセミの動きについていけなかった。順光気味ならまったく問題無し、レンズの良さが際立っているからかな?
130213102


130213103


130213104


130213105


130213106


130213107


130213108


130213109


130213110

昼からの撮影、日差しが良くてかなりSSを早くできた。ISOは400に固定
130213111

土手からの餌捕り、魚無し。
130213112

少し大きな魚を捕り、水浴び後休憩に入ったので諦めた。餌捕りは光った水面に飛び込んだのでフォーカスせず。餌を食べたのは、この一回切りだったが、夕方に活発に動いたのかな・・・・?。

水浴びを大トリミング
130213113


130213114


130213115


130213116

 

明日は、今期最後(多分?)の湖北オオワシ

 

撮影機材:V1、70-200mmf2.8、手持ち撮影  273枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ(寒かった)
撮影経費:0円

| | コメント (0)

昨日の画像の続編

 昨日は帰った後、大きな魚を捕ったようだが、粘りが足らなかったかな。
ここしばらく同じ場所での連写で同じような画像が続いており、多少変化も持たせたが大した違いは無かった。

●橋の下の暗い場所での飛び込みは水しぶきが綺麗に光る
この橋の下は暗くて以前は撮影を諦め適当にシャッターを押していたが、D4使用ならISOを大きくして問題なく撮影できるので、今後D4使用時には慎重に狙う。

ISO2000での撮影、ソフトでビビットに変換13021301


13021302


13021303

ピンズレのブレ画像をアンシャープマスク強で処理。深い場所で飛び込んだ位置と出てくる位置が違うのでピンズレが多い。
この時期、魚は深い場所に群れで居る。
13021304


13021305


13021306

 

●餌捕りダイビングの飛び出しを狙ったが・・・

難しい・・・、かなりの集中力が必要
橋桁からの飛び出しで撮れたのは、この時のみ。
13021307

追えたのは2枚だけ、何度もチャレンジして慣れる必要あり。
13021308

土手からの飛び出し、斜め後ろからの撮影はもっと難しかった。降下体勢に入る直前でスピードが多少落ちた時の画像
13021309

 

●日差しがあり川底が透けて見えたので、餌捕りを水の中から狙った
深く潜るので捕れるかと思ったが、シャッターを押すタイミングが難しかった。

この後は画像は波紋で水面が邪魔する。もう少し離れ、もっと斜めから撮る必要があるようだ。
13021310


13021311


13021312


13021313


13021314

 

●極普通の魚咥えての飛びもの

魚が小さ過ぎて絵にならず
13021315

| | コメント (0)

2013年2月12日 (火)

カワセミ ”上から覗いたら逃げる”

 最近の餌捕りポイントは、橋の横の下で橋から通行人が覗き込むと直ぐに逃げる。多くのカメラマンが川にレンズを向けているので、何事かと思い覗きたい気持ちは分かるが、そのたびに”上から覗いたら逃げる”と声を出す必要があり、人が通る度に下を覗かないか見るので集中力が途切れる。カワセミを撮っていると知っている人は、横目で見る程度で素通りしてくれるか、カメラマンの立っている場所に来て見てくれるが、知らない人も多く、特に土・日は困ったもの。他の撮影地でたまに見かける、一人だけ近づきすぎて逃がすカワセミ撮影に来た(?)飛ばし屋なら、地元では罵声を浴びせるが、一般の通行人ならそうもいかず対処に困る。
しかし、少し下流の橋では近くの土手に止まった時、橋から撮影しても逃げないのに、今の場所で直ぐに逃げるのは何故か、不思議に思う。

今日のカワセミは、餌捕りの確率が低くよく飛び込んでくれ、十分すぎるほど水際の撮影が出来たが、大きな魚咥えものが無かったのが残念。出来れば何度も飛び込み、最後に大きな魚を捕って欲しい。

水からの飛び出し、いろいろ
13021201


13021202


13021203


13021204_2


13021205


13021206


13021207


13021208


13021209


13021210


13021211


13021212


13021213


13021214

今日も最後は水浴び後休憩にはいったので、曇り空になってきたこともあり、満足して昼過ぎに帰った。
13021215


13021216


13021217


13021218


13021219


13021220


13021221

 

撮影機材:D4、300mmf2.8+1.4倍テレコン、三脚使用  465枚
移動:歩き  天気:晴れ後曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年2月11日 (月)

カワセミ 休憩時間が長かった

 今日は気合を入れてD4にゴーヨンを担いで行ったが、餌捕りの成功確率が高く、しかも大きな魚を捕ったので、休憩時間が長く退屈な時間が多かった。しかし、撮影した画像は満足出来るもので良かった。

8時前に自宅出発で行ったが、カワセミは対岸で休憩中だった。しばらくして餌捕り一発大きな魚を捕った。飛びそうなポーズが見えたので、カメラを構え水際を捉えたが手前の草にピントが撮られ、カワセミはピンボケ。
魚を咥えて飛ぶところを、後追いで撮った。13021101

一旦、川中の石に止まった後、橋の下に移動した。

魚を石に何度も叩きつけ
13021102

飲み込みやすくしてから、一気に飲み込む。
13021103

それから2時間の休憩。
今日もクイナが現れカワセミの直ぐ下を歩いたが、カワセミは気にもかけず。
13021104

休憩終了で、土手に飛び出したが、しばらく動かず。ペリットを吐いてからエンジンがかかる。
13021105

最近の餌捕りポイントに移動して飛び込む。
13021106

数度飛び込んで、小さい魚を捕る。
13021107

今日も水際狙いでカワセミに近づいて撮影したが、ピントが続いたのは2枚、他のカメラマンは、少し離れた場所から斜めに撮る。その方が水面からの飛び出しが、横からに近い角度の撮影になるので、ピントの合う枚数が多いかも知れない。一度試してみる。
13021108

続いての飛込みで大きな魚を捕った。
13021109

ピントバッチリと思ったが、少しあまかった。残念(手持ちなら満足のレベル)
13021110


13021111


13021112

魚が大きい場合は、休憩場所近くに咥えて飛んでから石に叩きつける。
13021113

何度も叩きつけていた。
13021114

魚はボロボロで飲み込みだすと、さほど時間はかからなかった。
13021115

休憩場所に隠れた。
13021116

時間は11時前、しばらく動かないと思い一旦自宅に戻り画像をチェックした。

まあ良しとするかで、昼からはD800Eに328を持って行き、テレコン無しで撮影した。
12時20分頃に再び川に到着、餌捕りポイントお立ち台に立ったのは30分ほどしてからだった。

餌無しの飛び込み数度
13021117

そのあと直ぐに、またしても大き目の魚を捕る。
13021118

休憩場所前に飛び、水浴び連発
13021119


13021120


13021121


13021122


13021123

水浴び後お決まりの1時間の休憩、今度は帰らず待った。

出てきて餌捕りポイントで数度飛び込み餌捕り成功。尾を咥えていたので落とすかと期待したが、止まってから咥え直し飲み込みよった。
13021124

水浴びを行って休憩に入ったので、撮影を終了させ帰宅した。2時頃で、もう少し居残っても良かったが、今日は休憩時間が長く気分的に疲れた。

撮影機材:D4に500mmf4/D800Eに300mmf2.8、三脚使用  367枚/179枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年2月10日 (日)

クイナ

 今日は朝から快晴だったが所用で撮影休み、カワセミの出がどうだったのか気になる。明日は、気合を入れてカワセミのつもりで、近所の賃貸ガレージに置いている車へ、ゴーヨン用の三脚を取りに行った。この冬にゴーヨンを使うのは湖北ぐらいしか無いと思い、車に積んだままだったが、宝の持ち腐れになるので川に持ち出す。下流に、上流にと飛び周りよったら止めるが、明日は体力を含めて様子見。
川のカワセミの餌捕り場は何箇所もあり大体は分かっているが、日によって何処で餌を捕るか分からない。餌捕りシーンを狙っている以上、追いかけなければ仕方無し。昨日も3段か4段のロングホバを、追いつけず撮り逃がしている。400mmf5.6ぐらいになる(1.4倍テレコン装着でも良い)単焦点のVR付き軽量レンズが欲しい。発売してくれないかな?

オオワシ・ラストの湖北へは、今日の天気予報を見る限り木曜日ぐらいになりそうだが、明後日ぐらいの天気予報で決める。それまでに北帰したらアジャパー,、今週は大丈夫だろう。

昨日撮影したクイナ

首の辺りに何かの板のような貼り付いている。取れれば良いのだが13021001


13021002


13021003


13021004

写真の枚数が少ないので、他のものも

久しぶりに撮影したチョウゲンボウ、気づくの遅すぎた。最近、夕方に自宅近くの空を飛ぶのをたまに見かける。
13021005

カワセミがペリットを吐く瞬間
13021006

元気ものの美男カワセミのアップ
13021007

| | コメント (0)

2013年2月 9日 (土)

カワセミ 餌捕りシーン

 今日の朝、外を見ると薄っすら雪化粧、雪にカワセミが撮れるかもと期待して、8時過ぎに家を出た。カワセミは既に魚を捕った後で休憩タイムだった。1時間ほどして動き出したが、昨日と状況は変わらずでまずまずの活躍、餌捕りの魚咥えものが撮れて良かった。
D4に328+1.7倍テレコンで、三脚を使用したが、連写が多い分撮影枚数が増え整理が大変。

川から撮影した比叡山
京都市内の雪は多かったと思うが、金閣寺などは人が溢れていただろう。
13020901

 

餌捕り

大きな魚、飛び込んでから浮き上がってくるまでの時間が長かった。
13020902

水面から頭を出す。
13020903

咥えていた魚は大きかったが、ドデカサイズまではいかずデカサイズ。
13020904

一旦、水面から飛び出し
13020905

再び着水
13020906

羽と尾で水面を叩いて(と思う)一気に飛び出す、いつもの光景
13020907

頭の下をがっちり咥えていた。尾の辺りなら落とす可能性があったが、今日は落とさず。
13020908

一旦、土手下の石に向かう。
13020909

休憩場所前に移動。
この餌捕りポイントでは、大きめ魚を捕ると休憩場所前に移動することが多い。
13020910

直ぐには飲み込めず、多少時間がかかる。
13020911

”落とせ!”と思ったが、落とさず飲み込みが始まる。
13020912

飲み込みだしたら、時間はさほどかからず。
13020913

のど元からお腹まで少し膨らむ。この後休憩に入ったが、休憩時間が長く暇を持て余す。
13020914

その後の餌捕りの魚は小さかった。
13020915

13020916

今日は三脚使用でカメラはD4、撮影成功の歩留まりは良かった。
13020917


13020918

今日も餌を捕る確率が低く、飛び込みの回数は多かったが、昨日と同じ場所での飛び込みで、昨日と同じような画像がばかり。
13020919

明日は撮影休み、明後日は雨や雪の心配が無ければ、気合を入れてゴーヨン担いで行くつもり。

 

撮影機材:D4+1.7倍テレコン、三脚使用  686枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年2月 8日 (金)

カワセミ 水面からの飛び出し一発狙い

 天気予報では曇りとのことで、植物園に早春の山野草の撮影に行く予定で、リュックにマクロレンズなども詰めていたが、外を見ると青空が見え日差しがあったので、急遽カワセミに予定変更した。昨日は良かったようで、今日はどうか気になったが、行ってみないと分からないので、取り合えず川に向かった。寒かったので出が悪ければ1時間ほどで帰るつもりだったが、そこそこ良かったので結局2時過ぎまで粘った。

今日はD800Eに80-400mmf5.6、連写での画像は諦め、水面からの飛び出し一発を狙う。日が差したり雲に隠れたりで、ISOとシャッター速度の変更で露出を頻繁に調整する忙しない撮影だったが満足。

13020801


13020802


13020803


13020804


13020805


13020806


13020807


13020808


13020809


13020810


13020811


13020812

 

ホバも4度ぐらいあったが、いずれもショートで連写を逃す。手持ちでのホバ撮影は、ロングでないとピントが合う前に終わることが多い。

13020813


13020814


13020815

ところで、ギックリ腰はほぼ完治したようで、500mmf4の持ち込みも考えているが、カワセミの移動距離を考えると躊躇する。来週には、湖北へ久しぶりにオオワシの状況を見に行こうと思っている。オオワシ撮影といえば、4月発売予定の800mmf5.6が気になる。良い写真が撮れるかも知れないが、これからの使用期間を考えると、元が取れず買おうという気にならない。
40代前半なら30年は使えるので、手を出していたかも知れない。3ナンバーの車の買い替えより安い。ミヤコドリ、クロツラヘラサギ、ブッポソウ・・・・、それにカワセミも離れたところから綺麗に撮れ、加茂川で威力を発揮するのは間違いないだろう(行ったことは無いが)。D4に856、最強の野鳥撮影機材、画質にこだわるカメラマンには必要では?     

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、手持ち撮影  437枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れで雪もチラツク
撮影経費:0円

| | コメント (4)

2013年2月 7日 (木)

野鳥飛びもの撮影の原点に戻る

 今日はカワセミ撮影休みで、確定申告書提出(還付申告というのか?)に東山税務署へ行った。入ると案内の人に待ち時間が1時間ぐらいと聞き”ありゃ”。”国税庁HPからのダウンロードで作成しているなら計算間違いは無いので提出だけで良いと思いますよ”とのことだったが、”2,3分からない事がある”と言うと、その人がその場で教えてくれ、特に問題無かったので提出して引き上げた。

時間があれば何か撮ろうとV1を持って行ったので、帰りに鴨川沿いを五条から三条まで歩き、ユリカモメなどを撮影した。

ユリカモメは、野鳥飛びもの撮影の原点、10年近く前に鴨川で撮影したのが始まりである。琵琶湖にもよく行った。
13020701

レンズは専用レンズの30-110mm、AF-Cの追従性もある。
13020702

ユリカモメではこのレンズでも十分だが、実質600mmになる専用レンズを出して欲しい。カワセミ撮影でも十分に使えるので手持ち撮影が楽になる。
13020703

ユリカモメは簡単に撮れるので、初心者の飛びもの撮影の練習には良い被写体、連写しまくるとそれなりに面白い。
13020704

川面に顔を突っ込み
13020705

パンの切れ端を咥える。
13020706

上流で誰かが与えていたようで、水面に浮かんで流れ、ユリカモメはそれを追って上流から下流に移動していた。
13020707

数十羽の群れ、今年は少ないような?
13020708

カラスがカワセミポーズを披露
13020709_2

昼頃に山科に戻ってきたので、駅近くで昼食を食べた後、散歩の人にカワセミの姿を良く見ると聞く、駅の北側疎水までと南側の国道までの川を探索したが、カワセミは姿見せず。鴨川では鳴き声を聞いたが、対岸で遠すぎて見つけられず。  

撮影機材:V1、30-110mmf5.6、手持ち撮影  307枚
移動:歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年2月 6日 (水)

完全休養日

 今日は完全休養日、朝からニコンのHPを見るとD4、CaptureNX2、ViewNX2のバージョンアップ情報が出ていたのでアップした。D4のバージョンアップは、AF-Cの動きもののピント追従性を改善したとなっていたが、私のように動体を追いきれていない者にとっては関係無い次元の話だろう。今でも十分満足しており、そもそも追従性が悪いのは腕のせいと思っている。
昼から確定申告の提出用紙を仕上げた。本を買って勉強したり、国税庁の申請説明を読んだりしたが、最後は国税庁のHPの確定申告書作成コーナーを利用し、手順に従いパソコンから入力した。自動計算してくれるので楽だったが、分からないことでつまづき、それなりに時間はかかった。提出方法はいくつかあるようだが、初めてで最後と思うので、プリントアウトして税務署に持参するつもり。還付があるので明日か明後日に行って済ませるつもり。

今日の掲載は、最近のカワセミの合間に撮影した画像です。

セグロセキレイ
川に流れるパンの破片(と思う)を突っつく。誰かがハトに餌をやっているのだろう。
13020601

ツグミ
ネズミモチの木に集っていた。
13020602_2

アオサギは橋の欄干に止まる。珍しく、車が通ろうが人が自転車で走ろうが飛ばなかった。
13020603

ネズミモチの実を食べるヒヨドリ
13020604

ムクドリ
舌を始めて撮影したが長い。
13020605

シロハラ
グランドでの撮影、寺ではよく見るが川では見かけることが少ない。
13020606

キセキレイ
13020607

ヌートリア親子が気持ち良さそうに寝ていた。人間社会と違い平和そのもの、真冬というのに寒くないのかな。
13020608

朝ゆっくりと寝ていたいが、なぜか朝早く6時までには目が覚める。寝るのが早すぎるのか・・・・、毎日7時間は寝ている。

| | コメント (2)

2013年2月 5日 (火)

カワセミ くたびれ損の半日 

 今日は朝になって撮影を休もうと思い、ニコンオンラインギャラリー登録の画像削減に、確定申告に関わる事で勤めていた会社に退職時の清算書の確認の電話など入れたが、明日の天気を考えると撮影に出ようと思い立ち、11時に自宅を出発した。
カワセミは、今日もチンタラとしており待ち時間も多く、動きが悪かった。ここしばらく動きの悪い日が多いが、少し前の大サービスは復活するのだろうか・・・・?

今日はD7000に80-400mf5.6、動きのあるところでまずまずの画像は、水浴びシーンのみ。13020501

水際は、ピンズレ
13020502

一旦飛び出し
13020503

再び着水して体を乗り出す、それともお尻から水面に着水したのかな。
13020504

石の上に向かってジャンプ(かな?)
13020505

石の上で体勢立て直し
13020506

餌捕り後、石に止まったところを橋の上から撮った。ノートリ画像、飛び込む前に目の前でホバを行ったが、LIMITをかけていたため近すぎてピント合わず。
13020507

それなりに大きな魚を2度捕ったが、疲れのためかカメラの振り遅れて水際捕れず。
13020508

止まりものを大きく撮ろうと思い近づいたが、近づきすぎて魚を咥え飛ばれた。飛んでいるところを撮れなかったのが残念。
13020509

今日も橋の下では動かず、餌捕りポイントに出たと思えば移動が多かった。土手から飛び出し水面直前で止めて飛び去る、いつものガッカリシーンもあった。
13020510

唯一撮れた魚を咥えての飛びものも、もう一つ
13020511

2枚目は、かなりピントがズレている。
13020512

2時に帰宅したが、今日もくたびれ損の撮影だった。

レンジャクは、朝の内小群が居たようだが、昼からは一羽がぽつんと木に止まっているのを見たのみだった。次の行先は、北の市内の某所か、ずっと南の某所か、それとも西か東か・・・・

撮影機材:D7000、80-400mmf5.6、手持ち撮影 215枚
移動:歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年2月 4日 (月)

レンジャクが飛来、3日間で飛び去った

 今日は撮影休み、2~3日前に撮影したレンジャクです。 

 1月の初め、少し南の地にレンジャクが現れ、カワセミ不調だったので様子を見に行った。1ヶ月近く居たように聞くが、1月半ばには地元にも現れた。初めて見た時は10羽程度、その後たまにしか見なかったが30羽程度に増えることもあった。いつの間にかネズミモチの木の実を食べつくし姿を見なくなっていたが、3日前に突然大群が押し寄せびっくりした。そこにもネズミモチの木があったので、その内小群ぐらいは来るだろうと思っていったが、押し寄せたのは大群で、その日の夕方には朝の1.5倍ぐらいには増えていた。翌日はかなり数が減り、翌々日には僅かになり木の実を食い尽くした大群はあっという間に飛んでいった。近くの住宅街の上を飛ぶのを見ているので、どこかに木の実を探してまだ居るかも知れない。
それにしても、糞を撒き散らし狭い場所に来ると迷惑な鳥、カワセミ撮影現場でもオチオチ歩いておれず、ましてや止まっている木の下近くでは、カワセミ狙いで三脚を置いて構えていられないからで、短期間で居なくなって良かった。
迷惑とはいえ渡りの珍しい鳥、いずれも短時間だが2日間で1000枚近く撮影した。D800Eに80-400mmf5.6での手持ち撮影。

空を飛ぶ大群の一部
13020401

学校グランドのネットの上に止まる群れ13020402

電線に止まる群れ、漢字では連雀と書くが雀がこれほどの群れになるところは見たことが無い。
13020403

木に止まる群れ。
この下は遊歩道で一面糞が散らばり、横を歩いていると落ちてくる音が聞こえる。
13020404

ネズミモチの木に飛ぶ群れのごく一部、狙って撮ることが出来ず適当に連写するしかなかった。
13020405

ネズミモチの木に群がる。
人が近くを通ると一斉に逃げ、通り過ぎると群れて飛んでくる忙しない鳥。
13020406

ヒレンジャク
一羽を狙って撮る事は不可、木に群がれば適当に連写し、後で画像を見て大トリミングするしかない。
13020407


13020408


13020409

時々川に下りて水を飲む。
ある程度は狙えたが、直ぐに飛び立つのでピントが合うのを十分確認する間もなく連写
13020410

ホバ
羽が透けて綺麗に思うが、これも後で画像を見ての切り取り
13020411


13020412
後ろから見れば綺麗な色を持つ鳥である。
13020413


13020414

キレンジャク
狙って撮ったわけではなく、群れが飛んでくるたびに同じ場所を狙っていると、確率高くキレンジャクが入っていた。
13020415

関西では飛来数が少なく、群れの中から探す人が多い。
13020416

尾の先と羽に黄色が見えるが、後はヒレンジャクとの違いが分からない。13020417


13020418


13020419

以前に二条城で見た時は多かったが、画像で確認出来たのは2羽並びだけ、何羽いたかは分からない。
13020420


13020421


13020422

| | コメント (0)

2013年2月 3日 (日)

カワセミ撮影は体力勝負

 今日は9時過ぎからの参戦、カワセミは上流に居た。下流で大サービス(?)して上流に飛んできたとのことで、上流でも大きな魚を捕ったと聞き、休憩に入るかと思ったが、その後も動き続けよった。しかし、活動場所がいつもと違い、水への飛び込みも鋭い角度でスピードが早く、タイミングがなかなか合わせられず撮影失敗の連続だった。また、土手際の見えない場所に飛び込み、撮影出来ないことも多かった。しばらく上流域に居たが、下流域に移動しチンタラした後、再び上流に戻りよった。カワセミが移動するたびに小走りで追いかけ、昼からは動きが悪くなり退屈な待ち時間が続き、非常に疲れた一日だった。
カワセミが移動すると急いで追いかけないと、追いつく寸前にホバを行ったり大きな魚を捕ったりで、良い場面を目の前にして撮り逃したことがこれまでに何度もある。特に大きな魚を捕ると1~2時間は動かなくなるので困ったもの。たまには、半日で良いので余裕の撮影をさせて欲しい。
明日はゆっくり休もう。

飛び出しから水際までの連写を狙ったが、土手際に飛び込まれ直ぐに見えなくなる。
13020301

お尻を上げて~
13020302

噴射、短かく期待はずれ
13020303

横移動、適当にシャッターを押す
13020305

ピントはそれなり
13020306

3~5枚ぐらいなら続く。今日のカメラはD4、レンズは328+1.7倍
13020307

ホバは後ろ向きしか撮れなかった。横向きも2度会ったが、気づくのが遅かったのとショートだったので撮れず。
13020309

飛び込むかと思ったが
13020310

移動したのみ
13020311

餌捕り、狙うのが遅れて水際撮れず
13020312

小さな魚を咥えていたが、なぜ小さな魚を狙って捕るのか不思議に思う。口を開けて飛び込み、たまたま嘴に挟まったのかな?
13020313

水際からゴミに止まるまでを連写
途中で一度ピントを合わせ直したが、そこそこ見れる程度に修正出来る画像が続いたと思う。没は4枚
13020314


13020315


13020316


13020317


13020318


13020319


13020320


13020321


13020322


13020323


13020324


13020325


13020326


13020327


13020328


13020329

餌の魚は、居るところにはウジャウジャ居る。数日間、餌捕り連発が続いた場所だが、今日も後ろの土手に止まったが、飛び込まなかった。何でやろう・・・・
13020330

 

撮影機材:D4、328+1.7倍テレコン、三脚使用 662枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年2月 2日 (土)

カワセミ 昨日よりアカン日

 昼から日差しが見えたので川に行った。カワセミは、少し歩いた所で見つけたが、餌捕りを一発後下流へ飛んで行った。運悪く川原に子供が下りていたため、餌捕りポイントには止らず橋の下に入り餌捕りの最悪のパターン。かなり立ってから上流に飛んだので追いかけたが、動きは冴えなかった。

今日の初見は昨日と同じ場所
13020201

しばらく立ってから水に飛び込んだが、タイミングが合わずでまともに撮影出来なかった。
13020202

下流に飛ぶ、今日は手持ち撮影でボケる(ピントを合わせられず)。
13020203

土手の上でペリットを吐いたので連写したが、コマ数の少ないD800Eではその場面が抜けてしまった。小さくて直ぐに吐き出したもよう。
13020204

橋の下の暗い場所での餌捕りはピントが合わず、飛行もピンズレ
13020205

小さい獲物を咥えて石に止る。
13020206

再び上流方向に飛んだので追いかけた。途中で餌捕りダイビングを行ったが間に合わず、その後のホバ。
13020207

露出補正の設定を-にするところダイヤルの回す方向を間違え+にしたためSSがかなり遅くなった。PCソフトで修正し、明るさは調整できたがピリッとしない。
13020208

思わぬ近場に飛び込み小魚を捕ったが、これまたタイミングを合わせられず。
13020209

この後、土手に止まり動かなくなり、風が吹き寒くなったこともあり引き上げた。

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、三脚使用
移動:歩き、天気:薄日が差す曇り空
撮影経費:0円

 

一昨日、たまに見られるという猛禽狙いで行った場所で撮影したレンジャクを少々。
鳥撮影は1羽を狙いたいが、この鳥は集団で動くため撮影画像がゴチャゴチャになる。止りものは、外れて止っているのを狙えばよいが、飛びものは連写しまくって後で選んで大トリミングするしか無し。いずれも大トリミングの画像

止りもの
この日は天気が良かったので空抜けは綺麗だった。
13020210

水を飲みに降りてきたところ
13020211

キレンジャク
水を飲みに降りたところを狙って撮る。
13020212

反対方向に飛びよった。
13020213

適当に撮った中にキレンジャクが入っていた。キレンジャクは数が少なく、狙って撮れる機会は少ない。
13020214

ヒレンジャクの飛びもの
13020215

単純な配色のためか、アンシャープマスク強で大トリミングしても見られる。
13020216


13020217


13020218


13020219

背中を向けて横を向いて欲しかった。
13020220

| | コメント (0)

2013年2月 1日 (金)

カワセミ アカン日

 今日は多少気合を入れ意欲十分で早めに家を出たが、なかなか姿が見られず朝早々に意欲をそがれガックリ。ようやく姿を見つけたが、サービスが悪くじっとしていたかと思ったら、後は転々と飛びよったので追いかけるの疲れ、12時過ぎには帰宅した。
明日の天気が予報では悪く、朝の撮影も消化不良だったので、2時半頃に再び手持ち撮影で出かけ、合流点近くで時間を潰しながら待った。姿見せずで4時前に諦めて自宅に向かうと畑前に登場、今にも飛び込みそうに思ったが、休憩場所に移動したので諦めて帰宅した。
今日の撮影、多少動きのあるところは撮れたが大半は止りもので、シャッターを押すだけ無駄だった。

動くのを待っている間、たまには綺麗な止りものをとISO100で撮影した。13020101

日差しはあったが、中国のスモッグが飛来しているのか遠くを見るとどんよりしていた。カワセミの撮影には影響は無いが、体には良くないだろう。13020102

ガオー
13020103

久しぶりに噴射を狙って撮った。
13020104

餌捕り、油断していて水際を撮り逃がす。
13020105

魚を食べ追え、上流に飛ぶ。
13020106

ピントはあまかったが、横とびは追従する(4枚目の画像)。
13020107

低い位置からの飛び込み。
13020108

D4でコマ数が多い。
13020109

コンクリの横に飛び込んだので、飛び込んだ瞬間はシャッターを押さなかった。
13020110

コンクリに戻る
13020111

再び、直ぐ横に飛び込む。
13020112

上流での餌捕り、一旦完全に水面から飛び出し
13020113

再び羽を広げて着水
13020114

そして、飛び上がる
13020115

水面近くを横に移動
13020116

三脚を使用したので、数少ない餌捕りをピンあまながら撮れたが、天気同様さえない日だった。

撮影機材:D4、328+1.7倍テレコン、三脚使用  296枚
移動:歩き  天気:晴れ一時曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »