« 完全休養日 | トップページ | カワセミ 水面からの飛び出し一発狙い »

2013年2月 7日 (木)

野鳥飛びもの撮影の原点に戻る

 今日はカワセミ撮影休みで、確定申告書提出(還付申告というのか?)に東山税務署へ行った。入ると案内の人に待ち時間が1時間ぐらいと聞き”ありゃ”。”国税庁HPからのダウンロードで作成しているなら計算間違いは無いので提出だけで良いと思いますよ”とのことだったが、”2,3分からない事がある”と言うと、その人がその場で教えてくれ、特に問題無かったので提出して引き上げた。

時間があれば何か撮ろうとV1を持って行ったので、帰りに鴨川沿いを五条から三条まで歩き、ユリカモメなどを撮影した。

ユリカモメは、野鳥飛びもの撮影の原点、10年近く前に鴨川で撮影したのが始まりである。琵琶湖にもよく行った。
13020701

レンズは専用レンズの30-110mm、AF-Cの追従性もある。
13020702

ユリカモメではこのレンズでも十分だが、実質600mmになる専用レンズを出して欲しい。カワセミ撮影でも十分に使えるので手持ち撮影が楽になる。
13020703

ユリカモメは簡単に撮れるので、初心者の飛びもの撮影の練習には良い被写体、連写しまくるとそれなりに面白い。
13020704

川面に顔を突っ込み
13020705

パンの切れ端を咥える。
13020706

上流で誰かが与えていたようで、水面に浮かんで流れ、ユリカモメはそれを追って上流から下流に移動していた。
13020707

数十羽の群れ、今年は少ないような?
13020708

カラスがカワセミポーズを披露
13020709_2

昼頃に山科に戻ってきたので、駅近くで昼食を食べた後、散歩の人にカワセミの姿を良く見ると聞く、駅の北側疎水までと南側の国道までの川を探索したが、カワセミは姿見せず。鴨川では鳴き声を聞いたが、対岸で遠すぎて見つけられず。  

撮影機材:V1、30-110mmf5.6、手持ち撮影  307枚
移動:歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

|

« 完全休養日 | トップページ | カワセミ 水面からの飛び出し一発狙い »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 完全休養日 | トップページ | カワセミ 水面からの飛び出し一発狙い »