« 野鳥飛びもの撮影の原点に戻る | トップページ | カワセミ 餌捕りシーン »

2013年2月 8日 (金)

カワセミ 水面からの飛び出し一発狙い

 天気予報では曇りとのことで、植物園に早春の山野草の撮影に行く予定で、リュックにマクロレンズなども詰めていたが、外を見ると青空が見え日差しがあったので、急遽カワセミに予定変更した。昨日は良かったようで、今日はどうか気になったが、行ってみないと分からないので、取り合えず川に向かった。寒かったので出が悪ければ1時間ほどで帰るつもりだったが、そこそこ良かったので結局2時過ぎまで粘った。

今日はD800Eに80-400mmf5.6、連写での画像は諦め、水面からの飛び出し一発を狙う。日が差したり雲に隠れたりで、ISOとシャッター速度の変更で露出を頻繁に調整する忙しない撮影だったが満足。

13020801


13020802


13020803


13020804


13020805


13020806


13020807


13020808


13020809


13020810


13020811


13020812

 

ホバも4度ぐらいあったが、いずれもショートで連写を逃す。手持ちでのホバ撮影は、ロングでないとピントが合う前に終わることが多い。

13020813


13020814


13020815

ところで、ギックリ腰はほぼ完治したようで、500mmf4の持ち込みも考えているが、カワセミの移動距離を考えると躊躇する。来週には、湖北へ久しぶりにオオワシの状況を見に行こうと思っている。オオワシ撮影といえば、4月発売予定の800mmf5.6が気になる。良い写真が撮れるかも知れないが、これからの使用期間を考えると、元が取れず買おうという気にならない。
40代前半なら30年は使えるので、手を出していたかも知れない。3ナンバーの車の買い替えより安い。ミヤコドリ、クロツラヘラサギ、ブッポソウ・・・・、それにカワセミも離れたところから綺麗に撮れ、加茂川で威力を発揮するのは間違いないだろう(行ったことは無いが)。D4に856、最強の野鳥撮影機材、画質にこだわるカメラマンには必要では?     

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、手持ち撮影  437枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れで雪もチラツク
撮影経費:0円

|

« 野鳥飛びもの撮影の原点に戻る | トップページ | カワセミ 餌捕りシーン »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

おはようございます(^^)
使用頻度を考えると、しょっちゅう使うもんでもなさそうなので、購入予定はございません(^^;;;;。猛禽類専門に撮影してるなら魅力的ですが、カワセミ撮影では今のごーよんで充分かと・・・・

投稿: JadziaDax | 2013年2月 9日 (土) 06時13分

残念、5月に感想が聞けると思っていたのに
後はカワセミ撮影の大御所かな?

投稿: 管理人 | 2013年2月 9日 (土) 17時30分

巨椋干拓田の野鳥のコバシチドリではなく、ムナグロの夏羽から冬羽移行中と思われます。
僕のブログ(トリトリjr野鳥録)も是非見てください。

投稿: トリトリ | 2013年2月13日 (水) 20時29分

トリトリさんへ

コメントを見落としていました。
確かに羽のもよう、特に尾っぽあたりが違いますね。ご指摘、ありがとうございました。

投稿: 管理人 | 2013年2月21日 (木) 17時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野鳥飛びもの撮影の原点に戻る | トップページ | カワセミ 餌捕りシーン »