« AF-S80-400mmf4.5-5.6G ED VR入手 | トップページ | 新型80-400mmズームの手持ち試し撮りⅡ »

2013年3月14日 (木)

鳥相手に新型80-400mmレンズの手持ち試し撮り。

 カワセミの飛びもので試し撮りと思い、気合を入れて川に出陣したがまったく姿見ず、仕方なく植物園に行った。着いた時に♀がスタンバイしていたが直ぐに飛び去り、それから2時に♂が現れるまで姿見ずで、仕方なく他の鳥や花を撮影し使い勝手をチェックした。
持った感触は、多少太くなったのが気になったが直ぐに慣れるだろう。フォーカスは、爆速では無いがかなり早くなり、迷うことが無く安定していた。旧レンズは、Limitに設定し置きピンで多少動かす場合はそれなりに速かったが、いきなりフォーカスにいった時は遅くて迷う事も多かったが、今度のレンズはそれが無い。Fullの場合のフォーカス速度は、相当速くなっている。写りは良くなっているが、格段の進歩かどうか分からない。違いを見分けられる目を持っていないためと思う。
肝心のカワセミの飛び込み撮影だが、2時に現れた♂が何度か飛び込んでくれたが、地元の老カワセミの優雅な動きに慣れきっているため、格段に速い動きにはついて行けず、手持ちは無理で三脚を使用する必要があると感じた。
尚、今日は天気予報で晴れマークが並んでいたが、残念ながら曇り空で撮影条件はあまり良くなかった。


13031401

♂、地元のカワセミが一番綺麗と思っていたが、最近美男ぶりが落ちてきており、このカワセミの方が綺麗。動きも素早く、まだ若いのだろう。
13031402


13031403


13031404


13031405

飛び込みで捉えたのは、岸近くのややかしい場所に飛び込んだ時のみ。
13031406


13031407


13031408


13031409


13031410

これは、岸から離れた場所に飛び込んだ後だが、飛び出しが早すぎて水際にカメラを向けた時には飛び出していた。地元のカワセミと全く違う。
13031411

 

その他の鳥

ルリビタキ♂
13031412

梅の花とルリビタキを撮りたく、かなり粘った。
13031413

花が咲いている中に止まって欲しかった。
13031414


13031415

背後の花にピントを合わせる??
13031416

ジョウビタキ♀
13031417

クロジ♀、いつも通りの近距離撮影
13031418

シジュウガラ
13031419

カワラヒワ、撮影条件が悪く苦労した。旧レンズでは、おそらくまともに撮れなかったであろう。
13031420

アゼビの花にメジロ
花のもっと多い場所にも止まったが、メジロがまともに入らなかった。
13031421

シロハラ
近づいて来る個体と直ぐに逃げる個体が居るようで数は多かった。
13031422


13031423

アオサギは近距離撮影、ノートリ
13031424

コサギが空を飛ぶ。この画像を見ると格段に進歩したレンズと思うが・・・
13031425

 

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  517枚
移動:地下鉄  天気:曇り時々晴れ間
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

|

« AF-S80-400mmf4.5-5.6G ED VR入手 | トップページ | 新型80-400mmズームの手持ち試し撮りⅡ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« AF-S80-400mmf4.5-5.6G ED VR入手 | トップページ | 新型80-400mmズームの手持ち試し撮りⅡ »