« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013年5月31日 (金)

チョウゲンボウ

 コアジサシの水際を高速連写しようと思い、D4を持って大阪に行った。遥か彼方のミサゴの餌捕りなどを撮りながら1時間少々待ったがコアジサシは姿を見せず、後から来られたカメラマンに状況を聞いたが最近姿を見せずとのことで抜けたようである。チョウゲンボウが居ると聞き、炎天下の中30分ほど歩き(暑かった)その場所に行ったが、幸いにも撮る事が出来て狙いの鳥では無かったが行った甲斐はあった。チョウゲンボウはカワセミ撮影時に上空を飛ぶ姿を撮っているのみ、狙って場所を探し撮りに行く気は無かったが今日は撮りまくって帰って来た。
”良し”としよう。

日が高く上がっていたので日差しの条件が悪く、ロケーションももう一つだったが比較的近くから撮れたのは良かった。

13053101


13053102


13053103


13053104


13053105


13053106


13053107


13053108


13053109


13053110


13053111


13053112


13053113


13053114

遠くのミサゴ、対岸で大トリミング可能なD800Eにゴーヨンなら上手く撮れたかも知れない。
13053115

魚掴んでの飛びものは更に遠かった。
13053116

おまけの画像はボラのジャンプ
いつ何処から飛び出すかは分らないので撮影は難しい。執念で撮影した1枚
13053117


撮影機材:D4、80-400mmf5.6、手持ち撮影  撮影枚数:528枚
移動:地下鉄、阪急、阪神、歩き  天気:晴れ(暑かった)
撮影経費:1,620円

| | コメント (0)

2013年5月30日 (木)

撮影休みで画像整理

 鬱陶しい空模様だったので、昨日に続いて朝からPCに保存していた画像の外付けHDへの移動作業を行なった。鳥関係は昨日までに終わっていたので、今日は風景に花の3月からのデータ整理。鳥はその日の内にかなりの数を削除するが、風景はパッと見ただけでは削除の判断が出来ないのでそのまま保存していた。3月からの分で、特に桜風景は露出変更して同じ構図で撮影を繰り返すことが多く、同じような画像が多く残っていた。良くもなく悪くもない画像で判断に迷ったが、最後はじっくり見ず同じ構図のものは機械的に削除し1/5に減らした。集中して続けると疲れるので、時々休みながらだが(TVの前にぼ~っと座る)、7時頃から開始して何とか11時頃には終了した。
昼から地元ウォーキングと思ったが、少し薄暗く湿気もあったので止めて家に居た。

 

先日海で撮影した画像を掲載します。

●アオサギVS鳶

アオサギが魚を捕ったが飲み込むのに苦労していた。表面にヌメリのあるヒイラギかな?130530101_2

10分ほどモタモタしていたが、近くを飛んでいた鳶が襲い掛かる
130530102

アオサギは防戦態勢
130530103

鳶はアタックせずに頭上近くを通りすぎる。
130530104

一旦着水しそのまま飛び去る
130530105

画像を拡大してみると、アオサギが落とした魚を掴んでいた。魚を奪い取るのが目的だったようだが、アオサギが咥えた魚を落とさなかったならどうなっていたのか見たかった。
130530106

 

●ミサゴの着水
昨日、写真を整理しているとミサゴの着水の画像があった。遠くておまけに背後からの撮影で残念だったが、証拠写真ぐらいにはなるかな。

急降下ではなかったが、降下しながら水面に近づく130530111

足を下に下ろし
130530112

水面間際で前に突き出し
130530113

水面に突っ込む
130530114

手持ち撮影で完全にピントがずれたが、魚は捕っていなかった。
130530115

| | コメント (0)

2013年5月29日 (水)

油断大敵

 朝から雨で写真の整理をしていたが、10時頃に外を見ると雨がやんでいて空も明るかったので少し外に出ることに。地元ウォーキングかと思ったが、もう直ぐ6月でアカショウビン撮影のシーズン、動物園の大明神に挨拶に行く事にした。
大明神は悠然と見やすい場所に居てくれたので、調整の撮影を開始する。暗い場所で前の金網を消すように撮影位置を考える必要があり、15枚ほど試し撮りをした。これから本番撮影と思った時に、オバサンとオッサンの小集団が現れ、後ろで”何を撮影しているのやろ”との声が聞こえたので、”アカショウビンですわ”と言うと、オバサンがアカショウビンを見て、”ワ~、綺麗、ワ~・・・・”でハシャギ前に出よったので驚いて奥に隠れてしまった。”しもた~”と思ったが時既に遅し、その後他の鳥を撮影して時間を潰し戻ったが、前に出てくる事はなかった。教えなければよかったと後悔したのは言うまでもない。カワセミ撮影現場でもよくあり、”騒いだら逃げる”と言っているが、動物園ということで油断していた。
今後の教訓として鳥撮影中におばさんが傍に来た時は、鳥撮影者でなければ無視することにしよう。愛想の悪いおっさんと思われても仕方なし、撮影チャンスを逃すよりは良い。

アカショウビン、右向いて
13053001

左むいて    
13053002

もう少し正面を向いて欲しかった。
奥に逃げ込まなければチャンスがあったかも知れないと思うと・・・・
13053003_2

動物園で始めて撮影したのは08年、同じ鳥のような気がするが?
13053004_2

羽をバタつかせて後ろに移動するシーンもあったが、とっさの事で撮影出来なかった。残念!

 

今年は天然ものが果たして撮れるだろうか、動物園の個体も元は天然もので、怪我で飛べなくなり自然に帰せないとか。自然の中で鳴き声を聞きながら撮れれば最高に良いが、止まりものの撮影だけでは昨年までの情熱が無くなっている。2羽並びと動きのあるところが撮りたい。

一昨年の戸隠での撮影
撮影距離は20mも無かったと思うが、相手から飛んできてくれ人が少ない(数人だった)と近くでも撮れるようである。近づきすぎると当然逃げる。
13053005_2

昨年の鳥取
13053006_2

尚、天然ものの撮影成功は、09年、11年、12年で、08年と10年は行ったが鳴き声を聞いたのみで撮れず。今のところは5年間で4勝5敗、始めて鳴き声を聞いた時は感動した。

 

●撮影した鳥の抜粋

クマタカの顔
全身は撮れなかったが、一度山に撮りに行くかな?
13052901

フクロウ
13052902

シロフクロウ♀
13052903_3

シロフクロウ♂
13052904

クロエリセイタカシギ
13052906

インドガン、世界で最も高度を飛ぶ鳥とか
13052907

ホオアカトキ
13052908

 

おまけのシセンレッサーパンダ
13052909

 

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、手持ち撮影  209枚
移動:地下鉄  天気:曇り
撮影経費:1.100円

| | コメント (0)

2013年5月28日 (火)

キアシシギ  撮影は休み

 今日は朝から空模様がもう一つで一日家に居た。昼から画像データの削減に外付けHDへの保存を行なったが、HDの残っている容量が足らず書き込み不可となり、仕方なくTV購入時に録画用で割安購入のHD1TBを使用する事にした。これで写真画像保存用の外付けHDは6台目(1.5TB、1TB:2台、500GB、300GB、125GB)となった。デジカメを始めた頃は画素数が少なくJPEGで撮っていたため、125GB1台に後に500GB追加で十分だったが、07年12月にRAWに変えてからデータ容量が増え、おまけに昨年4月から毎日に近い撮影になってから一気に保存枚数が増えた。最近、大容量品も安くなっているが、この先どこまで増やす必要があるのやら。
撮る枚数を減らし残す枚数も減らせば良いことだが、連写が多く同じような画像でも少し違えば残すかどうかじっくり見るのが面倒でつい残してしまう。
JPEG当時は気に入った画像を選び、DVDとのダブル保存をしていたが今はしていない。

今日の画像は、先日淀川で撮影したキアシシギ(多分?)です。
シギ類はカワセミ撮影の合間に、イソシギと年に1度川に現れるタシギを撮る程度、タマシギを一度撮りたいと思っている。
大トリミングで5倍程度の拡大画像
13052801


13052802


13052803


13052804

| | コメント (0)

2013年5月27日 (月)

イルカ

 今日は天気がもう一つでマクロレンズでクリオネ撮影と思い京都水族館に行った。ところが何とクリオネの水槽が無いでアリャ~、聞いたところ時期によって展示水槽を変えるとのことで表に出していないとのこと。次はいつごろ出すか聞いたが分らないとの回答、低水温域の生物はこの時期飼育が難しいのかな?
仕方なく前回来た時は見なかったイルカのパフォーマンスショウを見て帰った。

ショウ開始前にステージに上がりサービス満点のイルカ13052701

体を乗り出して水を飲む
13052702

顔のアップ画像、愛嬌たっぷりの表情13052703

ジャンプしたところを正面から撮る
13052704

これもジャンプしたところで、何となく怖い表情に見える。
13052705

演技指導の基本は餌の魚、頻繁に与えていた。
13052706

撮影はジャンプ狙い。
水からの飛び出し直後から撮りたかったが、どこから飛び出すか分らずで撮れず、飼育員さんが手を上げるとジャンプするのは分った。3人がそれぞれ3頭のイルカにつき、合図する人を見分けているように思ったがいかに?
13052707

かなり高くジャンプする
13052708

イルカは芸達者、観客を喜ばしてくれる。
13052709

画像の観客席はガラガラだが、正面は満席、平日というのに親子が多かったので少し驚いた。
13052710

追記)イルカは28-300mmf5.6使用

      
     

撮影機材:D800E、105mmf2.8マクロと28-300mmf5.6、手持ち撮影  320枚
移動:歩き、JR  天気:曇り
撮影経費:2,360円 

| | コメント (0)

2013年5月26日 (日)

湖北、余呉湖、朽木周遊

 カワセミは不調、何処に行くかということで湖北、余呉湖、朽木をドライブがてら周遊した。

湖北は特に狙いは無く晴天の中をブラブラ、じっと鳥を待っているよりはマシというところ。

ツバメが巣を造っていた。
13052601

ワイヤーに止まって休憩中
13052602

ヒバリが舗装道路に出てきた。かなりの数が居たようで田んぼは賑やか。
13052603

囀りながらホバ、高くて距離が遠い
13052604

カンムリカイツブリが抱卵していた。複数の巣があり以前から場所は知っていたが、抱卵中は初撮影
13052605

この巣には卵が4個
13052606

巣の回りにも何羽かいたが、♀と♂の区別は知らない。
13052607

直ぐ近くの田んぼの上をケリが飛ぶ
13052608

比較的近くを通過
13052609

田んぼの畦にも数羽止まっていたので道路を歩き近づく
13052610

かなり敏感のようで直ぐに逃げた。数年前に北嵯峨でかなり近距離で撮影したが、先日の草津に今日も人に敏感だった。
13052611

カワセミを探したが見つからず。
地元のベテランカメラマンさんにヤマセミ、アカショウビン、クマタカの撮影出来る場所をいろいろ教えてもらったが、ヤマセミにアカショウビンは知っている場所ばかり、クマタカに興味を持ち当ても無かったので行こうかと思ったが、撮影距離が遠いということで手持ち撮影だったので止めた。500mmにV1かなと思うが、稜線近くを飛ぶだけとのことでV1では無理かも知れない。

その後余呉湖にカワセミを探しに行った。昨年に姿を見ているので行ったが、休日でウォーキングの人がいつもより多かったので撮影せずに直ぐに移動した。

最後は朽木、ゲラ探しだったが鳴き声だけで姿見ず。昨年はこの時期にアカショウビンの鳴き声を聞いているが聞けず、他の鳥もキビタキは何箇所かで聞いたが、聞くことが少ない鳥の鳴き声は無かった。

サンショウクイ、木の天辺で超大トリミング
13052612

初撮影でこの鳥だけでも行った甲斐はあった (´・ω・`)ショボーン。
13052613

明日は何処に行くか? 猛禽ならクマタカよりイヌワシが先か・・・・

  

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、手持ち撮影  撮影枚数:232枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円(ガソリン代は日常経費扱い)

| | コメント (0)

2013年5月25日 (土)

カワセミ 絶不調が続く

 朝から5/12以来の2週間ぶりにカワセミの様子を見に行ったが、朝に一度飛ぶのを見てその後鳴き声を二度聞いたが。二度目に聞いた時はその場所に行ったが、餌捕りは終わった後で魚を咥えて持ち帰る姿を見たのみで撮影は出来ず。

今日の撮影

スズメがカワセミお立ち台に止まる。13052501

セグロセキレイも別のカワセミお立ち台に止まる。
13052502

キビタキがまだ居た
13052503

カワセミが不調となると明日からどうしよう?

 

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、手持ち撮影  撮影枚数:59枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:800円(駐車料金)

| | コメント (0)

2013年5月24日 (金)

ミサゴ 最後のもう一発勝負

 今日も天気予報では京都の気温が高くウンザリ、数度気温が低い日本海へミサゴ撮影に行った。経費がかかるが少し先の臨時収入(株の配当金)を当てにして行く事にした。朝、節約で京都を抜けるのに五条通りを走ったが、通勤の時間帯でノロノロ運転に多少イラつく。平日の朝に五条通を走るのは数年ぶり、10時前に撮影地に着いた。それから5時間弱、日陰が無い海岸でたっぷりと日光浴を行なった。風がさわやかでそれほど暑くは無かったが、念のため手ぬぐいで頬被りをし、その上から帽子を被った。
今日はミサゴの動きに合わせて移動しようと思い80-400mmの手持ち撮影、距離が遠いとかなりブレが出たが、近いと500mmの三脚使用とさほど変わらず一安心。

撮影ポイントに着くなりミサゴ登場で幸先は良かった。13052401

しかし、その後の午前中は出が悪く、餌捕りにせずに直ぐに遠くへ飛び見失うことが多かった。その間、鳶、アオサギ、イソヒヨドリ・・・・を撮影し時間つぶしを行なったので、撮影枚数は1000枚を越えた。珍しくカワセミが登場、海の上を飛ぶカワセミも初撮影。
12時半を過ぎてからは、しばらく付き合ってくれたので連写しまくり。ただし、餌捕りダイビングは遠すぎて話しにならず。

この時は比較的近かった。それでも超大トリミング。獲物はサヨリ
13052402

山に持って帰るかと思ったが
13052403

遠くのポールに止まり食べよった。証拠写真にしかならず
13052404

この時は走って追いかけたが間に合わず。遠かった。
13052405

海草かゴミか知らないが掴んで飛んで行った。巣の材料に使うのだろう。
13052406

そろそろ帰ろうと思った2時半前に現れ近くでホバ、足をぶらんとさせていたので飛び込むかと思い、最後の一発勝負にかけたが飛び込まずに飛んで行った。
13052407

何と車を止めていた場所の近くに飛び込みどこかに消えた。ノートリ画像
写真の車は信号待ちの車だが、この少し前に車に戻っていれば近くで撮れたかも知れない。
13052408

画像を確認すると魚を掴んでいなかったので。再び現れるだろうと思い、もう一発勝負をすることにした。

10分ぐらいで登場し、直ぐ近くでホバ
13052409

急降下
13052410

途中で降下を止め再びホバ、今度は足を下げていたので飛び込みを期待しファインダーを覗き続ける。
13052411

直ぐに急降下
13052412

今度は水面に一直線、この後ピントが定まらずシャッターが切れず(フォーカス優先に設定している)。
13052413

次に切れたのが水面、振り過ぎて手前の水面にピントが合う。
13052414

直ぐに頭が見えたがしばらく出てこずで、シャッターを押し直しピントを合わせることが出来た。
13052415

体が水面に浮く
13052416

勢いよくジャンプ
13052417

獲物の頭を片足で持っている
13052418

デカ~
13052419

両足で持って水から引っ張り上げる
13052420

獲物はボラだった
13052421

沖に向かって飛ぶ
13052422

直ぐに方向を変えてくれたので、撮影角度が良くなる
13052423

大物ゲットの初撮影、ピントバッチリで”万歳!”
13052424

それにしてもデカイ
13052425

直ぐに機材を仕舞って帰ったが、帰りは当然京都市内を迂回し高速を走った。

そろそろ本業のカワセミに戻らねば!
今日撮影したカワセミです。
13052426

 

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、手持ち撮影  撮影枚数:1052枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:4,150円(高速料金、ガソリン代は日常経費扱い)

| | コメント (0)

2013年5月23日 (木)

コアジサシの急降下から餌捕りダイビングの連写  

 昨日は、露出マニュアルで水面上で0~+0.3になるように(少し光っていたので)、f5.6、SS2500~3200、ISO500に設定して撮影した。空抜けから水面までの連続撮影では、露出をマニュアルで固定しないとまともな画像が得られない。カワセミ撮影でも条件によっては時々露出マニュアルで撮影している。
昨日は手持ち撮影だったが、カワセミのように何時飛び出すか分らず待つ場合は三脚が有った方が瞬間を捉えやすいが、コアジサシのように飛行から飛び込む場合は、手持ちの方が追いやすいように思う。頭上の真上に飛んできても追える。ピントを何度も合わせ直しながら飛行を追い、ホバから急降下で連写する。ある程度急降下のピントは合ったが、水際は振りすぎてピンずれが多発、まだまた腕を磨く必要あり。

それなりに追えた画像を掲載します。 

●飛込みまでは追えたが、振り過ぎで飛び出しは少し前の水面に合う
130522101


130522102


130522103


130522104

    
130522105_2

    

●これも飛び出しのピントは少し手前の水面
130522106


130522107


130522108


130522109

 

●飛び込んだ直後のピントが少し後ろに合う。
130522110


130522111


130522112


130522113


130522114


130522115


130522116


130522117

 

●急降下の途中でシャッターを押し続けるのを止め水面で押し直した。
130522118


130522119


130522120


130522121

 

●これも上に同じ
130522122


130522123


130522124


130522125


130522126

 

●急降下からの連写は止め、水際からを狙ったケース
130522201


130522202


130522203


130522204

 

★飛びながら魚を食べるの証拠写真
130522205


130522206


130522207

喉に詰まったのかな?
130522208

| | コメント (0)

地元ウォーキング  カモの親子

 少し車で遠出する予定だったが、腰の調子がもう一つで中止した。昨日の川岸のバランスを取りながらの石の上歩きの影響か?、渓流での石の上歩きに同じ。座ったままで居ると動き始めに少し腰が痛いだけなので歩くのには支障なし、10時頃に家を出て2時間ほど地元を歩いてきた。当然カワセミ探索を兼ねていたが、今日も姿を見ることは無かった。

マガモの親子が居た
13052301

カルガモとの違い、親は見れば分る。雛はよく似ており色が少し黒い事ぐらいしか違わないように思う。
13052302

ササゴイが足を滑らせてずっこける。
13052303

小魚を捕るがカワセミの手頃な餌サイズ、もう少し大きな魚を捕ればえになるのだが。
13052304

カワラヒワが水浴び
13052305

石に上って一息つく
13052306


撮影機材:D7000、80-400mmf5.6、手持ち撮影  287枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年5月22日 (水)

カワセミ不調のストレスをコアジサシで吹き飛ばせ!

ということで淀川に行ってきた。
朝は淀川、昼から大阪城公園と思い出かけたが、コアジサシの出が良かったのと狙いの急降下から水際の連続撮影が不調で、9時半から4時間、一日の撮影枚数としては最高の1680枚、大阪城公園には行く気力が無くなり止めた。
淀川は広いので近くで撮れるか心配だったが、撮影可能な距離におり直ぐ近くまで飛んでくることもあった。ただ、D800Eに400mmズーム(×1.2)の撮影では、大トリミングが必要な画像が多い。足場が悪く手持ち撮影で良かった。

全ての画像チャックが終わっておらず、今日は約1000枚から適当に選んだものを掲載します。

朝は出が悪く、どうなることかと思い150mほど歩いて探した。13052201

少し遠くて大トリミング、快晴でシャッター速度を速く出来たのでブレが少なく十分。
13052202

中州で給餌を見ることが出来た。
13052204

最初に陣取った場所に戻ってからは、数が増え徐々に近づいてくれた。
13052205

昼頃には10羽以上登場し、出は絶好調になった。ただ、餌捕り連発の後30分~1時間ぐらいの休憩が入る(何処かに飛び去る個体も居た)。
13052206

コアジサシ接近の極めつけはこの画像
顔をアップにするため大トリミングしているが、どんどん近づいてきて、この後直ぐ近くの上を通過、カメラで捉え切れず。
13052207

     

急降下からの餌捕りダイビングは、チェックした画像では急降下までは撮れているが水際は全てピンボケ、未チャックの画像に良いものがあることを期待しているが・・・。

途中でダイビングを止よったことも多かった。そのため急降下の画像は多い。
13052208


13052209


13052210

水面近くで水平に戻る。
13052211

 

この時も同じ
13052212


13052213


13052214


13052215

  

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、手持ち撮影  1680枚
移動:京都地下鉄、JR、阪神   天気:快晴
撮影経費:2,340円

| | コメント (2)

2013年5月21日 (火)

撮影休養日  昨日のアマサギ

 今日は、40数年前にたまに行った大阪の昔懐かしい場所近くへ行こうと思っていたが、釣りの疲れが多少残っていたので止めた。ほったらかしにしていた家事を仕上げ、釣り竿の水洗い、HPの釣り日記作成、TVを見るで夕方になり一日が終わる。

今日の画像は、昨日撮影したアマサギ飛びものの残り

130521201


130521202


130521203


130521204


130521205


大阪城公園にホトトギス、今日はアカショウビンまでが現れたとか。アカショウビンは別の場所での撮影を楽しみにするとして、ホトトギスは何度も鳴き声は聞いているが過去に撮影したことが無く姿も見たことが無い。明日行ってみるかな、サンコウチョウと同様で明日行っても居ないかな~?

カワセミも5/12から見ていなかった。

| | コメント (0)

岩魚

 2013初釣りで撮影したイワナです。

川の最上流部の冷水域に生息し虫や小魚を捕食する肉食性のサケ科の魚で、我々が行く川にはニッコウイワナとヤマトイワナがいる。漁協の管理地区で稚魚放流されているが、1年以上川で過ごせば天然ものと変わらないだろう。
引きが強く細い竿で釣るので20cmを越えれば釣りの醍醐味があり、仕掛けのハリスも細いので尺を越えると一気に引き抜けない。ルアーやフライでも釣れ、ルアーは試したことがあるが今は餌釣りオンリー。市販の一番大きなミミズ(大きいもので7cmぐらい)?)を使用しているが、餌が大きくても小魚がかかることもあり、かかった小魚に40cmを越す超大物が食いついたこともある。針が口にかからないので岸まで寄せたところで逃げ、針にかかった小魚のみが釣れた。
味が淡白過ぎて塩焼きは鮎に比べる落ちるが、骨酒は絶品である。

V1にレンズは30-110mmを使用し、左手に竿を持ち右手カメラの片手撮影。

13052100


13052101


13052102


13052103


13052104


13052105


13052106


13052107


13052108

| | コメント (0)

2013年5月20日 (月)

草津の田んぼで

 今日は疲れがまだ残っていたので、朝から撮影に出かけるのは止めた。車のガソリン補給と洗車で家を出たがカメラも持って行き、ガソリンスタンドを出た後湖岸を走り草津の田んぼでアマサギなどを撮影したが、ちょっと撮影のつもりが2時間弱で1000枚を超えてしまった。

●アマサギ
田んぼの上をケリが飛んでいたのでその場所に行ったが、アマサギも居たのでラッキーだった。
13052001

アイリングの赤いのがいたが、帰って調べると婚姻色とか
13052002

蛙を捕っていた
13052003

飛びものも数枚撮影出来た
13052004

トラクターの後ろを歩く写真をよく見るが、ここでも後ろを歩きかき回された地面から餌を捕っていた。
最初は4羽だったが、近くから飛んできて最後は8羽になっていた。
13052005

 

●ケリ
何羽か居たが鳴きながらよく飛んでいた。
13052006


13052007


13052008

巣が近くにあったのか、トビが近づく度追い払う。
13052009

それほど大きくないが、かなり気の強い鳥である。
13052010

 

●ヒバリ
一眼レフでの撮影は始めて
13052011

田んぼの中、探し難く止まりものは数枚
13052012

何羽かが何度も舞い上がったので、飛びものを狙い。
13052013

かなり高く舞い上がるので、狙いは舞い上がりの最初か下りてくるところ           
13052014

天気が良かったのでピントが合いやすかった。    
13052015

 

●オオヨシキリ
今日は撮りやすい場所に何度か出てくれた。
13052016


13052018


13052017

 

撮影機材:D7000、80-400mmf5.6、手持ち撮影  1057枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:200円(琵琶湖大橋通行料)

| | コメント (0)

渓流釣り2013 撮影色々Ⅱ 

 白峰村内散策での撮影、毎年同じ撮影している。

 

●寺社

林西寺
かつて天台宗の寺で、今は浄土真宗に帰依したという。白山まつりの2日目の朝には朝がゆ会が行なわれており、他のメンバーは参加しているが私は参加したことが無い。
130519311

雪国ならではの頑丈な雪下ろし用梯子。Dsc_9914

白山本地堂
林西寺の境内にあり、国指定重要文化財の銅造十一面観世音菩薩立像などが安置されている。拝観したことは無い。
13051931

八坂神社
秋の祭礼には奉納相撲が行われるようで土俵がある。

130519312


●国選定重要伝統的建造物群保存地区

山岸家
3階建ての土壁、江戸時代の建築とか
13051933

田舎の集落というより建物の雰囲気は町風
13051932_2

    

木彫りの雪だるま
2月に雪だるま祭りが行なわれるが一度撮影に行った。残念ながらその年は雪が少なかった。
13051934

右から栗、干し柿、?
13051935

   

●花

クロユリ
高山に咲く花が玄関先に咲いていた。
13051936

コマクサ
直径数mのロックガーデンに咲いていたが、山で見る花に比べ背丈が少し高いように思った。
13051937

牡丹
民宿前に咲いていたが、苗は島根県大根島産で女将さんが旅行で買ったとのこと。
13051938

| | コメント (0)

2013年5月19日 (日)

渓流釣り2013 撮影色々

 渓流釣りの後、昨日の昼頃から腰の調子がおかしくなった。川の急斜面の上り下りや、川で石に上ったり滑らないようバランスを取った時に、腰に負担がかかったようである。今日は撮影休み、所用で外出したものの静養になったと思う。ただ、40代後半から疲れは2日目も残る。明日はどうか?

 

今回の釣りで撮影した釣りの場面以外の画像です。

●白山
白峰に行く途中、国道から白山が快晴のもとクッキリと見えたので、釣りの後に撮影に行った。

釣りに入った川沿いの林道を峠まで走る。
13051901

我々が行った時に、これほど山並みがはっきりと見えるのは、たまにしか無い。
13051902

民宿に入る前、時間が少し早かったので白山を展望できる山に車を走らせた。
13051903

こちらの山の林道は川沿いと違い舗装されているが、残念ながら工事中で途中までしか入れなかった。
13051904

2日目の撮影、手取川本流沿いの県道からの撮影
13051905

 

●手取ダム

貯水量は多かった。
13051906

 

●市ノ瀬の大堰堤

  
13051907

上から落ちる水量が多い。2日目の釣りは、支流を歩くのがしんどかったので、この下に入った。
13051908

 

●森の中

若葉が日差しで綺麗だった。
13051909

太い木の枝が朽ちて折れていたが、何箇所かで見る。
13051910

コゴミが至る所に咲いていた。
13051911

川に下る途中で見つけた熊の糞、色が黒くなっているところを見ると古いのだろう。これまでにも何度か見ている。
13051912

 

●山の花抜粋

カタクリ、終盤だったが日当たりの悪い場所に数厘咲いていた。
13051913

キクザキイチゲ
13051914

ワサビ
13051915

イチリンソウ
13051916

フチゲオオバキスミレかな?
13051917

| | コメント (0)

2013年5月18日 (土)

渓流釣り2013 初釣り

 昨日、今日の2日間、石川県白山市白峰の手取川支流へ今シーズン初釣りに行った。今日は抜粋で、詳細は後日HPの渓流釣り日記に掲載。

尚、釣り以外の写真もかなり撮っているので、明日に整理してから掲載する。

渓流釣りを始めてから16年になるか、毎年白峰に行っている。13051801

この時期は、雪解け水で水量が多く水も冷たい。こけるのを避けるため、今回は川を横切らず。
13051802

藪漕ぎ
この時期は草の背が低いので歩きやすい。6月半ばになれば大変な場所もあり、熊の出没を警戒しながら歩かなければと思うが、実際は歩くのに精一杯。熊鈴を持っているが、いつも付けるのを忘れる。
13051805

今回もV1にレンズ30-110mmを持ち込み、釣れれば左手に竿、右手で片手撮影を行なう。超大物がかかれば取り込みに専念するつもりだったが機会は無かった。
13051803

自身の釣果は尺足らず4匹でノルマ達成、逃がしたのは2匹だったが、骨酒が飲めれば良いとの思いなので十分だった。
尚、尺からどのくらい足らなかったは想像に任せる。
13051804

民宿での骨酒、これに塩焼きが数尾、もちろん我々が釣ったイワナ、今回釣れたのはすべてイワナでヤマメは無し。
13051806

十分リフレッシュ出来た2日間だった。背後の山は白山
70才を過ぎてもやっている人がいるが、現在61才あと何年出来るだろうか(体力が持つか)?
13051807

愛車アウトランダー、今回もキビキビと走ってくれた。若い頃から林道ドライブも趣味の一つ。
購入から8年目になるが後3年は乗るつもり。
13051808

  

撮影機材:V1、30-110mmと10-30mm、手持ち撮影  434枚
移動:車、歩き  天気:両日共に晴れ
撮影経費:0円(釣りの経費扱い)

| | コメント (0)

2013年5月17日 (金)

今日、明日と渓流釣り

渓流釣り2013の釣果は如何に?

Dsc_2318

| | コメント (0)

2013年5月16日 (木)

ぶらっと勧修寺へ

 今日は明日からの渓流釣りに備え休養と思っていたが、朝の8時前からいつもの散歩コースを歩き10時半頃に帰ってきた。
一息ついてブログをチェックするとサンコウチョウが昨日の場所に出ているではないかえ! 散歩の目的は勧修寺の撮影だったためレンズは28-300mm、急いで80-400mmに変えてリュックに入れ行く準備をしたが、何となく肩がだるい。悩んだが結局明日の釣りを考えてサンコウチョウは諦めた。明日からの三日間は行けず、来週もし居れば行くが無理だろう。

9時前に勧修寺に到着、カキツバタにカワセミが止まっていないかと期待し、一番乗りで入ったが姿見ず。
13051601

カキツバタにキショウブは見頃
13051602

前回来た時には見なかった睡蓮も綺麗に花を咲かせていた。
初夏を感じたが、月日の立つのが早い。定年後の生活、時の流れがもう少し緩やかになるかと思っていたが以前と変わらず。
13051603

カキツバタ
箱館山の平池は数年前に何度か撮影に行ったが、もう少し後かな?
13051604

キショウブ
以前なら近江八幡に車で即行ったが、今は行く気にならず。
13051605

睡蓮に丸々太った緋鯉、餌のやりすぎでは13051606

羊草も数多く咲いていた
13051607

何と紫陽花も一厘
13051608

数百年の自然の造形美「伏した竜の形をした老梅の幹」、「天下無双」と書かれていたが、この梅過去に何度も撮影しているが今日始めて気付いた。
13051609

樹齢750年のハイビャクシンに、水戸黄門寄進の勧修寺型灯篭
13051610

カワセミが居れば粘ったが、30分で寺をで出た。
川でもカワセミは見なかったが、朝いつも川辺の階段に座っている爺さんに、時々姿を見ていると聞いた。”もう直ぐ雛連れて出てくるで~”と言っていたが、何処に出るかが問題で昨年は地元では見なかった。今年も期待していないが、冬に大活躍してくれるカワセミの動向が気になる。

 

撮影機材:D800E、28-300mmf5.6、手持ち撮影  131枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:400円

| | コメント (0)

2013年5月15日 (水)

大阪城公園ウォーキングⅥ  サンコウチョウ狙い、何てこったい!

 大阪城公園へサンコウチョウ狙いで行ったが、9時過ぎから2時半頃まで粘るも姿を見ることは無かった。飛騨の森に着いて知り合い大阪のカメラマンさんに出合い、早朝に鳴き声を録音した人が居ると聞き期待したのだが、結局アカンかった。
昨日の情報、昼過ぎに得ていれば直ぐに行って1400枚ぐらい連写し、今日は朝から余裕で写真を整理していたかも知れない・・・・残念

今日は待ち時間が暇で、早足で公園内をいつも以上に歩いたが鳥果無し。

カラス
13051501

ムクドリ
13051502

スズメ
13051504

コサメビタキ
いつもなら登場を喜ぶが、今日はどうでも良かった。
13051505

プロペラの旅客機、まだプロペラ機があるとは知らなかった。
13051506

         

●サンコウチョウの写真が無いと寂しいので、過去の画像を掲載

12年5月11日撮影
13051507

10年5月9日撮影
13051508

同上
13051509

今年は、もう撮影機会は無いかな?

 

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、手持ち撮影  65枚
移動:京都地下鉄、京阪、JR  天気:晴れ
撮影経費:1.410円(帰りは京阪京橋まで歩く)

| | コメント (0)

2013年5月14日 (火)

困ったものⅡ

 昨日の夜、今日は久しぶりにちょいと山歩きをと上醍醐か牛尾山行きを考えていたが、起きると体がだるく山を歩く気がせず、止めて近所ブラブラに予定変更した。8時頃に家を出ようと思ったが、暑くなりそうなのでこれも中止し一日家にいることにした。朝からHPの見直しを考えたが、良い構想が思い浮かばす途中で止めた。

最近、体力の衰えもあるが疲れが抜けない。鳥撮影のせいは間違い無く、手持ち撮影が中心でカメラとレンズ、リュック、それにペットボトル等で重量は4kg少々、大した重量では無いが、日にざっと5時間で毎日に近いと肩が凝る。特にリュックを担いで固まったままの体勢で歩いているのが問題のようである。カワセミ撮影現場では、60代前半の同年代でもっと重い機材を持ち歩きカワセミを追いかける、あるいは探して歩く人もいるが、”ようやる”としか言いようが無い。今だゴーヨンぐらいなら担いでカワセミを小走りで追えるが、三脚ごと担いで歩く時の肩の痛さだけはどうしようもなく、これも体力の衰えの一種なのだろう(肩の筋肉の衰え?)。小走りに移動すると息切に動悸が少々、しかし肩の痛ささえ無ければ、もっとゴーヨンを使うのだが・・・。
最近、お腹が少し出てきた。30代後半に一度体重が75kgを越えたが、40代前半で減量に成功し65kgまで体重を落とした。その後+3kg以内を保っていたが、ここしばらくで70kgぐらいに増えている。原因は夜の飲みすぎに撮影現場でのお菓子に微糖だが缶コーヒー、精進するつもり。

大阪城公園に、またサンコウチョウが来たようである。明日は久しぶりに葵祭りの撮影と思っていたのだが、サンコウチョウとなると悩む。明日行っても居るかどうか分らない、昨日に来てくれれば良かったのだか、どうするべ~。

昨日撮影したホシゴイ、遠かった。
13051401


13051402

| | コメント (0)

以前の記事の変更

 首記の件、記事一つ、タイトル変更と1部記載内容及びコメントを削除しました。コメントいただいた方申し訳ありません。

トップページ横の”最近のコメント”欄に表示されるため、過去の記事にも関わらずアクセス数が多く、冒頭内容に品が無かったための削除です。タイトルを撮影日記としていますので日々の出来事を記載していますが、結果として一般公開しているブログのマナー違反のように思いますので反省、要らぬ事は書かないようにとは思っていますが・・・・。
時々、誤字に文章間違い以外でも、後で変更することがありますので悪しからず。

| | コメント (0)

2013年5月13日 (月)

探鳥 大阪

 朝はサンコウチョウが居ないかと大阪城公園へ行き、昼からは昨年撮影したコアジサシが来ていないかとカワセミ撮影隊を代表して鶴見緑地に行ったが、共に姿を見ずでガッカリの一日だった。

今日の大阪城公園は、渡りの鳥の姿がなかなか見つからず寂しかった。
スズメの親子を見たので撮影したが、子の方が親より大きいのはどうして?13051301

小スズメが餌をねだり親を追いかける。それをカメラマン(私一人)が追いかける。スズメは人に慣れているのか、こちらを全く気にせず何度か餌を与えていた。
13051302

シジュウガラの水浴び
13051303

ホッコリの表情
13051304

連写で撮った画像でしか見られない瞬間の表情
13051305

目で見ているだけでは分らないだろう。これが写真撮影の面白さ。13051306

キビタキは2羽ほど見た。
13051307

早いとこ山に行って繁殖のパートナーを見つけないとあかんやろうとは、余計なお世話か。
13051308

マミジロ♀
13051309

初見と思うので撮りまくった。今日の撮影画像の半分以上はこの鳥
13051310

暗くてSSが上がらず、手持ちでは撮影困難だったので取り合えずシャッターを押し捲った。
13051311

上手く撮れた画像が1/4ぐらいあったので良かった。
13051312

撮影していた場所で同時に2羽見かけた。
13051313


13051314


13051316

   

鶴見緑地での撮影
2時間ほど待ったがコアジサシの姿見ず。居た人に聞いたが姿を見ていないとのこと。もしかしたら、常連さんでは無かったかも知れない?
13051317

 

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、手持ち撮影  462枚
移動:京都地下鉄、京阪、JR、大阪地下鉄  天気:快晴(暑かった)
撮影経費:1.870円(交通費)

| | コメント (0)

2013年5月12日 (日)

カラスの行水

 今日のカワセミは出が最悪くで大不調、出てきても水浴び以外の飛び込みは少なく、まともな撮影は出来なかった。カラスの行水みたいなもの、出てきた以上はもう少し真面目に餌捕りに励んで欲しい。

カワセミの止まりもの
13051201


13051202


13051203

    

本家カラスの行水、逆光で真っ黒目が入らず
13051204


13051205


13051206


13051207


13051208

 

こんなんも撮った。しばらく前に来たと聞くが、見にくい高い場所に止まっているとのことで撮影しなかった。今日もまともな撮影が出来ず、しばらくして下りてきてくれることを期待する。昨年は御苑で撮ったが、植物園で撮れなければ今年も御苑に行く。13051209

最後に珍しい黄色の藤を撮影した。
初撮影
13051210


撮影機材:D4、80-400mmf5.6、手持ち撮影  101枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:800円

| | コメント (0)

困ったもの

 仕事現役時代終盤からだが、暖かくなると目が覚めるのが早い。最近、特に早くなり5時前には目が覚めるが、早く寝るため寝不足ということは無い。もう少し遅く寝れば朝も遅くなるだろうと思い、12時過ぎまで起きていても目が覚める時間は変わらず、翌日は寝不足でしんどい。
早く起きてもすることが無いので、PCの前に座りゴジャゴジャと・・・・、そんなことで最近のブログ更新は朝も行なうことが多い。

今日はミサゴの水に飛び込む前の画像、後ろのサギにピントをとられた残念なシーン。D800Eと500mmf4が泣いているかな
小しトリミング
Dsc_4006

明日から軽いV1片手に地元のカワセミ探索に出よう・・・・8時以降出発の本番撮影前に疲れるか 

| | コメント (0)

2013年5月11日 (土)

釣り道具を押入れから出す

 渓流釣り2013は、5/17,18が初釣りの計画。以前は解禁日が近づけば心が踊り、川岸に多くの雪が残る3月末の解禁日に出動していたが、今は寒くて行く気がしない。ここ数年、5月後半が初釣りとなり行く回数も年3回ぐらいになっている。

今日は一日撮影休みで、釣り道具を押入れから出した。昨年、よく使っていた竿2本の内硬中硬の竿が折れたが、2本交換しなければならず修理費が高いので処分した。予備に持っていた中硬竿で代用するが40cmを越す大物が釣れれば取り込みに苦労するだろう?・・・数年前に一度釣っているが、もう釣れることはないかな。
準備は出来たので、後は行く日を待つのみ。

 

行く場所は毎年同じで石川県白山市の白峰、10数年通っているが新しい場所を今更開拓する気は無く、釣れれば良い。
13051101

今年は体力の衰えとともにウェダーを履いて川を歩けるのか心配。暑くなれば渓流靴に足にスパッツを撒くだけなので問題ないが、ウェダーで歩くと重い。
13051102

 

釣りの最中にも釣れた魚を撮影するが、去年はモタモタしている間に尺越えを逃がしている。今年は、まず取り込み撮影はそれから。
13051103

カメラはV1に30-110mmを使用する。片手での撮影となるので、この撮影を主目的に30-110mmを購入した。
13051104

狙いは超大物だが、25~30cmクラスが2匹釣れれば満足し(骨酒と塩焼きの各自のノルマ)、居る魚を根こそぎ釣る気は無く、後は渓流や川岸の花を撮影して楽しむ。

 

渓流釣り以外の目的で山の奥深く入ることが無いので、山に住む動物、鳥、昆虫なども撮影する。


茂みの中から突然目の前には現れて欲しくないが、距離が離れていれば歓迎する。
13051105

カモシカ
ここ数年姿を見ていないが、以前は毎年現れコンデジで撮影した。一眼レフでは撮ったことが無いので撮影機会を期待している。D7000と80-400mmも川には持ち込まないが持って行く。
13051106

 

林道の終点までは行くが、そこから数時間歩いて源流方面に行く根性は以前から無し。一度川に平行して走っている道から、山を越えて某川の源流方面(といっても下流と思う)に行った事はあるが、大した成果は無かった。
13051107

今年は何cmのイワナが釣れるだろうか? ヤマメは釣れても28cmどまりで尺を越えることはまず無く、狙いはイワナ。
13051108

| | コメント (0)

ミサゴⅣ 飛行

今日は朝から雨模様が悪く撮影休み、ミサゴの掲載最終は飛行。

比較的近い飛行の空抜けはそれなりに撮れたが、山が背後に入るとピントが背後に取られることが多かった。この日は飛行から水面への飛び込み・飛び出しまでを連写しようと思ったので、露出をマニュアルとし水面で-0.7程度になるように設定した。空抜けは+2.0ぐらいになったが、連写でも全て見られる程度に撮れたので露出設定は上手くいった。後は動く鳥をファインダーで追いかけ、ピントを合わせ続ける技術を身に着けねば・・・カワセミ撮影も同様でブレ画像が多い。
登場するとしばらくは連続で相手をしてくれるコアジサシで、ホバから飛び込みの撮影技術を上達させたいと思っている。

 

画像は、かなりトリミングしています。

山背景もミサゴが近ければピントが合う。
130511001


130511002

飛ぶ範囲が広いので逆光気味になることが多々あるが仕方なし。
130511003

ホバ後、急降下はしなかった。
朝の内は大きな雲があり背後となることが多かったのが残念。
130511004

魚を探すため水面を見て物色しながら飛ぶ。立っている場所の上に飛んでくると睨み付けられる。
130511005


130511006


130511007


130511008

近かったが、無意識で腹あたりにピントを合わせており、目の鮮明さがもうひとつ
130511009

空を飛ぶ鳥の撮影は、当たり前だが青空背景が良い。
130511010

唯一ピントが目にバッチリ、アンシャープマスク処理をしていない画像
130511011


130511012

魚を掴んでの飛行は遠かった
130511013

魚が大きければ絵になったのだが。
一度大きな魚を掴んで飛ぶのを見たが撮影できなかった。おにぎりを食べていた時で、空を飛んでいたのに気付かず、当然飛び込みも見逃した。一人で無ければ他の人が気付き撮影出来たかもしれない。遠かったが撮影出来ない距離では無かったのが残念。
カワセミ撮影でも一人の時は、居るのに飛び込むまで気付かないことがたまにある。
130511014

| | コメント (0)

2013年5月10日 (金)

ミサゴⅢ 急降下

 昼からミサゴの残りの画像を整理したが選定に苦労した。冬のオオワシ撮影も同様だったが、上手く取れたと思う画像もブレている。ファインダーを覗いてみる画像は相対的に大きく、錯覚でさほど遠くの被写体とは見えないが、実際は距離が遠く機材の微妙な揺れが影響しているように思う。選定に苦労した理由は、ブレた画像もアンシャープマスクで見られる画像に仕上がるからで、いちいちCaptureでチェックしながら取り合えず250枚までに絞った。

この日は風が強く餌捕り急降下後飛び込むのを止めることが多かったため、急降下の画像は多かったが、急降下はスピードが速いため良い画像は無かった。残した画像から適当に選んだものを掲載します。

130510101

 

          
130510102_2


130510103


130510104


130510105


130510106


130510107


130510108


130510109


130510110


130510111


130510112

| | コメント (0)

ミサゴⅡ  遠くでバシャ~ン 

 朝の8時半頃から2時間、カワセミチェックで地元の川を歩いたがまったく姿見ず。毎年、この時期はカワセミの出が悪いが、今年は悪すぎ先が思いやられる。下流では出が悪くなったが見られると聞くが、我が撮影地のカワセミは何処に消えたのか?
ついでにカルガモの雛が出ていないかチェックしたが、親は何組か居るが雛の姿見ず。カメラはリュックから出さずで帰宅した。

 

今日の画像は5/8撮影のミサゴ、離れた場所への飛び込みで大トリミング画像。

引き潮で岸近くが浅かったためか、遠くでの飛び込みが多かった。
足を伸ばして水面に一直線、魚を捕らえていれば飛び上がるのに少し時間がかかるが、捕れなければ直ぐに飛び出す。

足を伸ばしての着水寸前を捉えていたが、左後のサギにピントがとられた。0011

図体が大きいだけに水しぶきは強烈
0021

カワセミのように直ぐには飛び出せず時間がかかる。
0031

水面を羽で叩いているのかな・・・秒間の撮影コマ数が少ないD800Eでは確認出来ていない。
0041

この時は、飛び出してから体を横に向けた。
0051

こちらを見ているような?
0061

カメラを向けて立っていたから、方向を変えず横に飛んだのか・・・考えすぎ?
0071


0081

 

この時は見られる画像はこれ1枚
091

小さな魚を捕り干上がった所に止まり、片足で魚を押さえている。
止まりもの初撮影
1001

| | コメント (0)

2013年5月 9日 (木)

アカン日

 コアジサシが来ているか大阪に見に行こうと思っていたが、少し寝不足だったのでいつも通りカワセミに行った。まったくの不調で、朝に現れ一度池に飛び込んで直ぐに出て行った。昼過ぎにもう一度姿を見せたが、これまた愛想無く何もせずに出て行ってしまった。仕方が無いので花を撮影し、2時頃には山科に戻り、川を散策したがカワセミ反応全く無し。

カワセミの水からの飛び出し、手持ち撮影で水際はピンズレ。今日は園児がかなり多かったので三脚を止めたが、池の周りにはあまり来なかった。13051001_2

撮影する花もこの時期はあまり無し。
スズラン
13051002

キショウブが一厘咲いていた
Dsc_5222

芍薬3種
13051003


13051004


13051006

山科川での撮影
カワラヒワ
13051007

ササゴイ、今期初撮影
13051008

毎年同じ場所で見るが、同じ個体かな?
13051009

セキレイの幼鳥、セグロかハクか分らない(知らない)。
13051010

明日は曇り空の予報、植物園に行くかな。明日は出がマシかも知れない?・・・大阪城の方が良いか?
コアジサシは、来週の天気の良い日に行く。

 

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、手持ち撮影  137枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:800円

| | コメント (0)

2013年5月 8日 (水)

ミサゴ  目の前でバシャ~ン

 今日は行先を悩みに悩んだが、日本海へミサゴ撮影のリターンマッチに行った。交通費がかからなければ時間はたっぷりあるので何度でも行くが、高速代約5千円にガソリン代約4千円は痛い、成果が期待出来なければ行くのに躊躇する。
今回は一日粘るつもりで行ったが、前回に比べ出が良くあっさりと朝の内に目の前に飛び込んでくれた。目の前は一度だけ、後の数度は遠い場所ばかりで撮影にならず。今日は風が強くホバ後急降下、水面近くで止めが多かったが、撮影も風の影響でカメラとレンズが微妙に揺れたのか、空抜けの撮影成功間違い無しの画像も大半が微妙にブレ、撮影全般はボロボロだった。撮りたかった水際の連写、4枚ほどは手の施しようが無かったが、後はソフト修正で仕上がったので良しとする。
風が冷たく寒かったので、12時に撮影を終了し引き上げた。

尚、潮風の影響でカメラとレンズがベトつき途中でレインカバーをかけたが撮影の邪魔になり、海岸での三脚を立てての撮影は考えもの。完全にふき取るのは無理なのでそのままにしておくが、錆の原因にならなければ良いが仕方無し。

13050801


13050802


13050803


13050804


13050805


13050806


13050807


13050808


13050809


13050810


13050811


13050812


13050813


13050814


13050815


13050816


13050817


撮影機材:D800E、500mmf4、三脚使用  1,468枚
移動:車  天気:晴れ一時曇り後快晴
撮影経費:(高速代:約5千円、ガソリン代はまだ日常経費内)

注)撮影画像の2/3のは帰宅して即削除、残りも見られるのは50枚も無く、修正で見られる程度に仕上がるかと思い残している。じっくりと整理する。

| | コメント (0)

2013年5月 7日 (火)

オオヨシキリとキジをもう一度

 朝起きて大阪城に行こうかと思ったが、渡りのピークが過ぎたようで止めた。朽木いきものふれあいの里へ行き、後は久しぶりに小浜へと思い家を出たが、先日のオオヨシキリの撮影が不十分だったのを思い出し草津によった。

快晴でオオヨシキリは先日以上に賑やかに囀っていた。13050701

順光で日差しは良かったが風が強く、オオヨシキリが止まる枯れ葦が揺れるので撮影困難。
13050702

最初は手持ちで撮影したが、風でカメラとレンズに受ける圧力が強く、途中から三脚を使用した。
13050703

比較的距離は近かったが前には出てくれないので、風が吹くたび前の枯れ葦が被り撮影に苦労する。前回よりは見えるところに多く出てくれたので、止まりものの撮影に満足はしたものの、飛びものの撮影機会を逃したのが残念だった。
13050704

琵琶湖大橋を渡り途中越えに向かったが、曇り空となったので北に向かうのは中止、♀を撮れないかとキジの出没場所へ行った。前回撮影した場所にはいなかったが、鳴き声で居場所は直ぐに分った。クワ-ッ、クワ-ッ・・というようなかなり大きな声、これでは鳴けば撃たれるだろう。探したが♀は見当たらず、♂を3箇所で見た。

今日は比較的近くの木陰からの撮影。母衣打ちもしよったがSSが遅くブレブレ、羽が風を切る音の大きさに驚いた。
13050705

石積みの上の雑草の中から声が聞こえたので見ていると、直ぐ近くに顔を出しよった。6mのLimitを設定しているとピントが合わずFULLに変更して撮影。
キジの顔、トリミング画像
13050706

大トリミング画像、カメラはD800E
13050707

全て舗装された道からの手持ち撮影。
13050708

キジを撮影した後、1時頃自宅に戻った。地元でカワセミを探そうかと思ったが、風が肌寒かったので撮影終了。

明日は何処へ?
植物園は、この時期まだまだ課外授業で小学生が多そう、カワセミの出も地元よりマシだが(と思う 最近真剣に探していない)もう一つ。大阪城、京都水族館でクリオネ・マクロ撮影・・・・。

    

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、手持ち撮影(三脚も一時使用)  撮影枚数236枚
移動:車  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:200円(琵琶湖大橋通行料)

| | コメント (0)

2013年5月 6日 (月)

カワセミ  ”しもうた~”

 今日はカワセミに行った。GWの最終日だったからか、カメラマンはいつもより多かったが、カワセミの出は悪かった。

久しぶりにペアーの♂登場で2羽が並んだ。13050601

先に動き出したのは♀で、高い木に止まる。
13050602

餌捕りダイビング一発
13050603

飛び出しは後ろ向き
13050604

餌捕りは失敗していたが、撮影は成功
13050605


13050606


13050607

近くの木に止まり再び餌捕りダイビングかと思ったが、飛び込まずに場所移動
13050608

ここで、今日のタイトルとなる。モニターで見た画像が小さすぎるので確認すると250mmで撮影していた。今日はD800Eに80-400mmズーム、ズームレンズでたまにやるが、400mmに設定しなおして追いかける。

久しぶりに東屋横のモミジに止まる。近距離撮影
13050609

場所を移動して魚を捕り持ち帰り。

♂が出てきたので撮影したが、こちらは餌捕りが下手なのかもう一つ。しばらく姿を見なかったので、死んだか何処かに消えたかと思っていたが、頭や羽が擦れており巣穴へ出入りし子育てをやっているようである。川で餌を撮っているのかいな?
1.4倍テレコン使用
13050610

 

その後、両カワセミの出が悪く不調だったが、2時を過ぎて再び♀が登場
13050611

池の周りの一般の人が増えたこともあり、落ち着かず移動を繰り返す。
13050612

2度ほど飛び込みを撮影したが、1度目は撮影失敗のボケ画像、水からの飛び出しが速過ぎる。
13050613

2度目は手持ちで撮影し、水際は失敗したが飛び出し直後の1枚が撮れていた。
13050614

3時になり帰宅したが、もう一つ気合が入らない一日だった。

 

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、三脚使用(手持ちも行なう)  361枚
       今日の撮影の大半は、わけの分らぬ画像ばかりの鯉の産卵だった。
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:800円

| | コメント (0)

伊根の舟屋

丹後半島の伊根町、舟屋(船のガレージといったところか)が湾に沿って並ぶ景色は、重要伝統的建造物群保存地区選定地に指定されている。映画寅さんの撮影地になったこともあり、日本の原風景を感じさせる地である。4日の遊覧船から撮影です。

130506001


130506002


130506003

| | コメント (0)

2013年5月 5日 (日)

海は広いな大きいな・・・

 昨日の撮影は、この童謡の歌詞通りだった。
メインはD800Eにゴーヨンで三脚を使用、近くに来ればD4に80-400mmズームで対応と思っていたが、手持ちの機会は無かった。
SSをかなり早くしたが、上手く撮れたと思った画像も、PCで見るとブレ画像が多くビデオ雲台にする必要有りかな。今の三脚では取り付かず、三脚も買い替えが必要となる。
レンズも5年ほど前に長く使う事を考え大した違いは無いだろうと、少しでも軽い500mmを購入したが、600mmを購入しておけば良かったとオオワシ撮影時と同様に少し後悔している。
今のように、普段は軽量の80-400mmか328を使用し、月数回の使用で重いリュックを常時背負わずにカメラ、レンズ、三脚だけを持ち歩けば、肩が痛いのを我慢しさえすれば後数年は担いで小走りに移動することも出来る。
遠くのものを撮影する時には大して変わらないと思うのだが、遠かった魚掴んでの飛びものがもう少しマシに撮れていたかもとも思う。日々撮影しているものは、また撮れると思うが、たまにしか撮影に行かず、滅多に無いシャッターチャンスを逃したものは後悔が残る。

昨日のミサゴ飛行、ソフト修正で仕上げたものを掲載します。逆光気味で撮影条件が悪かったものが多い。
横6144Pixel→1200~1600にトリミング→900に変換

13050521


13050522


13050523


13050524


13050525


13050526


13050527


13050528


13050529


13050530

| | コメント (0)

トビ

人気の無い猛禽、人間の弁当を襲って食べる迷惑鳥。数年前に天橋立近くでソフトクリームを食べながら歩いていて、後ろから襲われ盗られたことがある。音も無く近寄ってきたので気付かず、盗られた瞬間持っていた手に衝撃力がかかり何が起こったのびっくりしたが、トビが飛んでいくのが見え分った。鋭い足のつめが手に触れていると怪我をしていたと思うが、全く触れずで大した芸を持つ鳥と感心してよいものか・・・・

D4、80-400mmf5.6での手持ち撮影

13050511


13050512


13050513


13050514


13050515

| | コメント (0)

ウミネコ

カモメと思い撮影していたが、図鑑で特徴を見るとウミネコのようである。嘴の先が赤く、周囲が黒い。体が茶色いのは幼鳥かな。
D4、80-400mmf5.6での手持ち撮影

13050501


13050502


13050503


13050504


13050505


13050506


13050507


13050508


13050509


13050510

| | コメント (0)

2013年5月 4日 (土)

日本海へ遠征

 丹後宮津へ派手な北近畿タンゴ鉄道を撮りに行ってきた。

13050401

 

てなことで行く訳が無く、カワセミ撮影仲間3人(J君、KUさん)とミサゴを撮りに行ったのだが不調だった。海は広くてミサゴの飛ぶ範囲が広すぎる。

近くも飛んでくれたので飛行はそれなりに撮れたが、風が強くブレ画像が多かった。飛行ならわざわざ日本海まで行かなくても、京都市内の池で撮れる。13050402_2

今日の狙いは大きな魚を捕り飛び出す瞬間、一度だけ飛び込み魚を捕りよったが、魚は小さく距離も遠すぎた。トリミングすれば証拠写真ぐらいにはなるが、ゴーヨンではまともに撮影出来る距離ではなかった。
ノートリ画像、600mm相当(500mm×1.2倍)
13050403_2

大きな魚も捕ったが撮影していた場所からは見えない水路、掴んで山に帰るところは撮れたが、これも遠すぎた。
ノートリ画像、600mm相当(500mm×1.2倍)
13050404

この地の事をよく知っているKUさんの話では、近くにも飛び込むようだが今日は海岸に並んだゴーヨン3台に恐れをなしたのか、機会無しでがっかり。

 

昼前に雨が振り出したので、先に来ていたKUさんは帰り、J君と撮影を中断し時間つぶしで伊根に行ったが、こちらは雨が降っておらず遊覧船に乗り舟屋見学。

観光客が船からカッパエビセンを投げるので、遊覧船をカモメが追いかけてくる。それなりに撮影は楽しめたが、直ぐに飽きる。
13050405_2

伊根の舟屋
重要伝統建造物群保存地区選定地、2度目の撮影だが一度雪の積もるシーズンに撮影に来たい。
13050406

その後ミサゴの撮影場所に再び行ったが、雨が強くなっていたので諦めて引き上げた。リベンジに行くかどうかは・・・・?、自由に三脚を使用できるが海は池と違い広すぎる。

 

撮影機材:D800E、500mmf4、三脚使用  343枚
       D4、80-400mmf5.6、手持ち撮影 279枚
移動:車  天気:晴れ後雨
撮影経費:日常経費内

| | コメント (0)

2013年5月 3日 (金)

カワセミ  出は悪く撮影もボロボロ

 カワセミに行ったがタイトル通りで、良い画像は撮れなかった。

朝直ぐに♀が現れた。雛にエサを運んでいるが回数が少ない。昨年のこの時期は♂と♀が現れ、頻繁にエサを運んでいたが、今年はどうなっているのか?
昨年は、3度で7羽の雛が誕生(登場)、最後の2羽の雛では途中で♂が消え去り、♀がボロボロになりながら必死に子を育て、我々カメラマンを感動させたが、この♀が昨年と同じ♀かどうか分らない。今のところこの地のカワセミの特長を見出せていない。
13050301

池の水が濁っているためか、移動が多く水面を狙うが餌捕りの回数が少ない。
13050302


13050303

高い木に止まり魚を探す。
13050304

この時は飛び込んで魚を捕ったが、近すぎて振り遅れピント合わず。
13050305

おまけに逆光で絵にならず。
13050306

魚の持ち帰りはピント合わず、おまけにSSが遅くて証拠写真にもならず。
13050307

暗い場所の止まりもの
13050308

これも同様、WBがおかしいような?
前に居る数人のカメラマンを気にせず、真剣に水面を見ている。三つある池でこの池は水が綺麗、魚が見えるように思うが中々飛び込まない。
このカワセミも、地元山科で数年生きてる爺さんカワセミ同様、餌捕り体勢に入ると度胸が据わっている。
13050309

今年のカワセミは、一向にペース上がらず。  

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、三脚使用  182枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:800円ン

| | コメント (0)

キジの写真を見て思うこと

 以前、HPのProfileに、”野鳥の写真を多く撮っているが、愛鳥家ではなく野鳥の写真好き”と書いていた時期があり、会社の野鳥好きから書かない方が良いと言われていた。その後見直しで削除した。焼き鳥と鶏のから揚げが好物、おまけにマガモ(アオクビ)を食べているので、愛鳥家とは言えないだろうとの思いである。
キジも食材で一度食べてみたいと思っていたが、一昨日キジを撮影し食べる気は無くなった。同じような鳥でヤマドリがいるがこれも料理の食材、人から”綺麗な鳥、撮りに行ったら”と言われているが、美味いと聞くので撮影に行っていない。もちろん、カワセミやコマドリなどは食べたいと思うことは無いが、鶏やアオクビと同じ鳥に変わりなし。
昨日、ブログのプロフィールに、愛鳥家では無く写真好きを復活させた。野鳥好きで望遠レンズを持っていない散歩の時も見ているが、カラスやハトが近くに来れば手段を選ばず追い払う。なぜなら油断していて、カラスには通勤途中に糞をかけられ(臭かった)、ハトにも川でかけられているからで、それさえ許容し鳥は一切食べない人こそ真の愛鳥家と思っている。

キジの超大トリミング画像、人と同じく生きている。Dsc_4284

 

5月10日から一週間は愛鳥週間、野鳥を中心にした自然保護の認識を高めるのが目的と思う。街中公園で撮れる鳥は街中で撮り、山奥の自然を荒らさないようにしているが、釣りでは未舗装の林道で山の奥深くに入っている。車で山に入るだけで排気ガスを撒き散らし、自然に害を与えているのは分っているが・・・・

| | コメント (0)

2013年5月 2日 (木)

地元ウォーキング  勧修寺(かじゅうじ)は・・・・

 昼前から多少天気が良くなったので地元ウォーキングに出た。昔からの散歩道、山科川を下って最終地の勧修寺へ、帰りは旧安祥寺川を歩いた。
カワセミは様子見程度、カキツバタが咲いていれば撮ろうと思ったので、V1に専用レンズ2本を持って行った。
カワセミは、川でも寺でも姿見ずで気配さえ感じなかった。

勧修寺は新緑が綺麗だった。
13050201

サギのコロニーがあった島の木は、サギの糞で枯れていたためか伐採され様変わりしていた。それでもアオサギが2ヶ所(3ヶ所?)に巣を作っていた。
13050202

カワセミ撮影絶好のポイント、お立ち台の木は枯れ果てていた。
13050203

カワセミ撮影隊のカメラ数台が並んだ池周遊の遊歩道、木がばっさりと切られてなくなっていた。前から丸見えで、よっぽど度胸のあるカワセミでないと前に止まらないであろう。
今となれば、あの頃数年間が懐かしい。
13050204


13050205

道路沿いの木も切られ、日当たりが良くなり明るくなっていた。
13050206

今年に入ってから来ているので状況は分っていたが、今日改めて見ると大胆な手入れであることを再認識した。9年前にカワセミを始めて撮影した地で、去年の春の終わりまで月に何度か来ていたが、カワセミはもう姿を見せないのかな~。
三脚持込可能で、一日居座っても苦情も言われず受け入れてくれた寺である。
これからも花撮影では来るので、カワセミの様子も探る。

 

カキツバタはポツポツ咲いていた。カキツバタからキショウブ、花菖蒲、紫陽花、睡蓮、蓮と、花風景が絵になるシーズンが次々とやってくる。
13050207


13050208


13050209


13050210


13050211


撮影機材:V1、10-30mmと30-110mm、手持ち撮影  78枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:400円

| | コメント (0)

昨日のカワセミ

 姿を見た時は、餌捕りお立ち台に止まっていたので期待したが、飛んだだけで飛び込まず。既に捕った後だったのかも知れない。大きな魚を捕った後は直ぐに休憩に入るが、中途半端な大きさなら再び餌捕りを行なうようなポーズを見せて休憩に入ることがある。
雛が誕生したようで♀は時々小さな魚を運んでいるが、♂は姿を見かけず何処に行ったのか? どこか別の場所で捕り、巣に運んでいるのかも知れないが気になる。

Dsc_4078

 

Dsc_4096_3

    

Dsc_4098_2

    

Dsc_4099_2


今日は寒い、野球(大リーグ)を見てから地元を少しウォーキングする予定。

| | コメント (0)

2013年5月 1日 (水)

キジにオオヨシキリ

 カワセミに行ったが、池の周りの木の伐採音とちびっ子集団の出現で11時に諦め、J君と場所を移動しキジとオオヨシキリを撮影した。
カワセミは9時過ぎに現れたが、餌捕りせずに出て行った。それから11時までは姿を見せずで、その後の出がどうだったのか分らない。

キジの居場所は、カワセミ撮影地の撮影仲間から大よその場所を聞いていたが、車で走っていて直ぐに分った。狭い道路で駐車場所が気になっていたが、100mほど北に道の駅が有り、車を止めて十分歩いていける場所だった。

キジの撮影は、伊吹山、釣りの帰り、湖北についで4度目だが、今回の撮影は芸を見れて面白かった。
13050101

    

13050102

   

13050103

    

13050104

    

13050105

    

13050106

   

13050107

   

13050108

   

13050109

   

13050110

   

13050111

   

13050112

   

13050113

   

13050114

我々が道路に立ち三脚を構えると少し遠ざかった。近くで農作業をする人が居たが、少し離れていたためか気にしていないように思えた。道路も横断しよった。
13050115

3羽居り飛ぶところも撮ったが、残念ながら手持ちで画面から少し外れたので大トリミング。
13050116

 

オオヨシキリは草津の湖岸近く、昨年偶然鳴き声で見つけ始めて撮影した。4月半ばに行った時は姿を見なかったが、今日はかなりの個体数が入っていたようである。
鳴き声は聞こえたが姿見せず、しばらく待っていると出てきたが、枯れ葦の中で風に揺れる、前の枯れ葦がかぶるで、なかなか手強かった。かなりの枚数を撮影したが、それなりに撮れたのは僅か。
13050117

   

13050118

   

13050119

    

13050120

    

撮影機材:D4、328+1.4倍テレコン、三脚使用  607枚
移動:車  天気:晴れ時々曇り一時小雨
撮影経費:1,200円(駐車料金、琵琶湖大橋往復)

| | コメント (0)

シロハラ

 先日、大阪城で撮影したシロハラ、囀りを聞きましたが、きれいな声で鳴きます。数が多いので場所によっては不幸な目に合う個体も居るようですが、コマドリやノゴマ・・・と同様の野鳥です。

130501

今日は、結局カワセミ定点撮影で、もうすぐ出発

| | コメント (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »