« キジの写真を見て思うこと | トップページ | 日本海へ遠征 »

2013年5月 3日 (金)

カワセミ  出は悪く撮影もボロボロ

 カワセミに行ったがタイトル通りで、良い画像は撮れなかった。

朝直ぐに♀が現れた。雛にエサを運んでいるが回数が少ない。昨年のこの時期は♂と♀が現れ、頻繁にエサを運んでいたが、今年はどうなっているのか?
昨年は、3度で7羽の雛が誕生(登場)、最後の2羽の雛では途中で♂が消え去り、♀がボロボロになりながら必死に子を育て、我々カメラマンを感動させたが、この♀が昨年と同じ♀かどうか分らない。今のところこの地のカワセミの特長を見出せていない。
13050301

池の水が濁っているためか、移動が多く水面を狙うが餌捕りの回数が少ない。
13050302


13050303

高い木に止まり魚を探す。
13050304

この時は飛び込んで魚を捕ったが、近すぎて振り遅れピント合わず。
13050305

おまけに逆光で絵にならず。
13050306

魚の持ち帰りはピント合わず、おまけにSSが遅くて証拠写真にもならず。
13050307

暗い場所の止まりもの
13050308

これも同様、WBがおかしいような?
前に居る数人のカメラマンを気にせず、真剣に水面を見ている。三つある池でこの池は水が綺麗、魚が見えるように思うが中々飛び込まない。
このカワセミも、地元山科で数年生きてる爺さんカワセミ同様、餌捕り体勢に入ると度胸が据わっている。
13050309

今年のカワセミは、一向にペース上がらず。  

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、三脚使用  182枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:800円ン

|

« キジの写真を見て思うこと | トップページ | 日本海へ遠征 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« キジの写真を見て思うこと | トップページ | 日本海へ遠征 »