« コアジサシの急降下から餌捕りダイビングの連写   | トップページ | カワセミ 絶不調が続く »

2013年5月24日 (金)

ミサゴ 最後のもう一発勝負

 今日も天気予報では京都の気温が高くウンザリ、数度気温が低い日本海へミサゴ撮影に行った。経費がかかるが少し先の臨時収入(株の配当金)を当てにして行く事にした。朝、節約で京都を抜けるのに五条通りを走ったが、通勤の時間帯でノロノロ運転に多少イラつく。平日の朝に五条通を走るのは数年ぶり、10時前に撮影地に着いた。それから5時間弱、日陰が無い海岸でたっぷりと日光浴を行なった。風がさわやかでそれほど暑くは無かったが、念のため手ぬぐいで頬被りをし、その上から帽子を被った。
今日はミサゴの動きに合わせて移動しようと思い80-400mmの手持ち撮影、距離が遠いとかなりブレが出たが、近いと500mmの三脚使用とさほど変わらず一安心。

撮影ポイントに着くなりミサゴ登場で幸先は良かった。13052401

しかし、その後の午前中は出が悪く、餌捕りにせずに直ぐに遠くへ飛び見失うことが多かった。その間、鳶、アオサギ、イソヒヨドリ・・・・を撮影し時間つぶしを行なったので、撮影枚数は1000枚を越えた。珍しくカワセミが登場、海の上を飛ぶカワセミも初撮影。
12時半を過ぎてからは、しばらく付き合ってくれたので連写しまくり。ただし、餌捕りダイビングは遠すぎて話しにならず。

この時は比較的近かった。それでも超大トリミング。獲物はサヨリ
13052402

山に持って帰るかと思ったが
13052403

遠くのポールに止まり食べよった。証拠写真にしかならず
13052404

この時は走って追いかけたが間に合わず。遠かった。
13052405

海草かゴミか知らないが掴んで飛んで行った。巣の材料に使うのだろう。
13052406

そろそろ帰ろうと思った2時半前に現れ近くでホバ、足をぶらんとさせていたので飛び込むかと思い、最後の一発勝負にかけたが飛び込まずに飛んで行った。
13052407

何と車を止めていた場所の近くに飛び込みどこかに消えた。ノートリ画像
写真の車は信号待ちの車だが、この少し前に車に戻っていれば近くで撮れたかも知れない。
13052408

画像を確認すると魚を掴んでいなかったので。再び現れるだろうと思い、もう一発勝負をすることにした。

10分ぐらいで登場し、直ぐ近くでホバ
13052409

急降下
13052410

途中で降下を止め再びホバ、今度は足を下げていたので飛び込みを期待しファインダーを覗き続ける。
13052411

直ぐに急降下
13052412

今度は水面に一直線、この後ピントが定まらずシャッターが切れず(フォーカス優先に設定している)。
13052413

次に切れたのが水面、振り過ぎて手前の水面にピントが合う。
13052414

直ぐに頭が見えたがしばらく出てこずで、シャッターを押し直しピントを合わせることが出来た。
13052415

体が水面に浮く
13052416

勢いよくジャンプ
13052417

獲物の頭を片足で持っている
13052418

デカ~
13052419

両足で持って水から引っ張り上げる
13052420

獲物はボラだった
13052421

沖に向かって飛ぶ
13052422

直ぐに方向を変えてくれたので、撮影角度が良くなる
13052423

大物ゲットの初撮影、ピントバッチリで”万歳!”
13052424

それにしてもデカイ
13052425

直ぐに機材を仕舞って帰ったが、帰りは当然京都市内を迂回し高速を走った。

そろそろ本業のカワセミに戻らねば!
今日撮影したカワセミです。
13052426

 

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、手持ち撮影  撮影枚数:1052枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:4,150円(高速料金、ガソリン代は日常経費扱い)

|

« コアジサシの急降下から餌捕りダイビングの連写   | トップページ | カワセミ 絶不調が続く »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コアジサシの急降下から餌捕りダイビングの連写   | トップページ | カワセミ 絶不調が続く »