« 地元ウォーキング  勧修寺(かじゅうじ)は・・・・ | トップページ | カワセミ  出は悪く撮影もボロボロ »

2013年5月 3日 (金)

キジの写真を見て思うこと

 以前、HPのProfileに、”野鳥の写真を多く撮っているが、愛鳥家ではなく野鳥の写真好き”と書いていた時期があり、会社の野鳥好きから書かない方が良いと言われていた。その後見直しで削除した。焼き鳥と鶏のから揚げが好物、おまけにマガモ(アオクビ)を食べているので、愛鳥家とは言えないだろうとの思いである。
キジも食材で一度食べてみたいと思っていたが、一昨日キジを撮影し食べる気は無くなった。同じような鳥でヤマドリがいるがこれも料理の食材、人から”綺麗な鳥、撮りに行ったら”と言われているが、美味いと聞くので撮影に行っていない。もちろん、カワセミやコマドリなどは食べたいと思うことは無いが、鶏やアオクビと同じ鳥に変わりなし。
昨日、ブログのプロフィールに、愛鳥家では無く写真好きを復活させた。野鳥好きで望遠レンズを持っていない散歩の時も見ているが、カラスやハトが近くに来れば手段を選ばず追い払う。なぜなら油断していて、カラスには通勤途中に糞をかけられ(臭かった)、ハトにも川でかけられているからで、それさえ許容し鳥は一切食べない人こそ真の愛鳥家と思っている。

キジの超大トリミング画像、人と同じく生きている。Dsc_4284

 

5月10日から一週間は愛鳥週間、野鳥を中心にした自然保護の認識を高めるのが目的と思う。街中公園で撮れる鳥は街中で撮り、山奥の自然を荒らさないようにしているが、釣りでは未舗装の林道で山の奥深くに入っている。車で山に入るだけで排気ガスを撒き散らし、自然に害を与えているのは分っているが・・・・

|

« 地元ウォーキング  勧修寺(かじゅうじ)は・・・・ | トップページ | カワセミ  出は悪く撮影もボロボロ »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 地元ウォーキング  勧修寺(かじゅうじ)は・・・・ | トップページ | カワセミ  出は悪く撮影もボロボロ »