« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

ベニシジミ

 今日は所用で撮影休み、2ヶ所のカワセミの出がどうだったか気になる。
最近、一時期悩まされた肩こりが無くなり肩の調子は良い。代わりに夜に目が覚めることが多く、少し蒸し暑く熟睡出来ず朝起きてしんどい。こんな時は昼寝をするのが良いのかな。

先日、D800Eに80-400mm、手持ちで撮影したベニシジミです。
ピクチャーコントロールは風景、スタンダードよりコントラストが強く色も鮮やかになるが、少しISOを大きくして撮影した時に、トリミングするとノイズが目立つように思う。

13063001

               

13063002

       
           
13063003

             

13063004

 

                                               
13063005_2

| | コメント (0)

2013年6月29日 (土)

キヌガサダケ

 この時期の朝に見られるキヌガサダケを撮りに植物園に行った。数は少なく2本しかなかったが、今年も撮れて良かった。サギソウが咲いていないか職員さんに聞いたが、今年はうまく生育しなかったとのことで残念。他に野原や山に咲く花が無いか探したが特に興味のわく花は無く、綺麗に咲き始めた蓮を撮影して1時間ぐらいで引き上げる。
池の周りではカワセミカメラマンの姿は見かけず、朝ということもありヒッソリしていた。

開園より10分ほど早く着いたので、カワセミが居ないか賀茂川沿いを少し散策したが、カワセミは見ずで見慣れないカモが1羽居た。家で画像をじっくり見るとマガモとカルガモのハイブリッドガモのように思う?
13062901

竹林に咲いていたというのか、姿を現していたキヌガサダケ、レース状の笠が開いている。
13062902

今日見たのは2本。この時期しばらく見られるが、昼には笠が溶けたように汚くなるので撮影は朝の内・・・・だったと思う。去年が初見・初撮影
13062903

ニッコウキスゲかと思ったが、エゾキスゲと書かれていた。
13062904

名前知らず
13062905

名前知らず
13062906

400mmでの望遠撮影、マクロレンズではない。
13062907

蓮池では、一厘綺麗に咲いていた。
13062908

鉢植えの蓮も数厘綺麗に咲いていたが、一番夏を感じる花である。
13062909

11時過ぎには自宅に戻ったが、昼からは休養。

  

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:59枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:1,250円(駐車料金、ガソリン代)

| | コメント (0)

2013年6月28日 (金)

昼寝の方がマシ

 今日も朝からカワセミ探索、2時間で二度現れたもののまともに撮れず。一度目は比較的近くに現れたのでカメラを向けたが、シャッターを押す間も無く飛び去った。二度目は前を横切り遠くに止まる。かすかに見えたので撮影したが証拠写真程度にしか撮れず。探しに行くと本流を横切る姿が見え対岸に止まったのでしばらく待ったが、アオサギがその場所に舞い降りどこかに消えた。
12時前に帰宅、昼食後にもう一度出ようかと思ったが、気力が湧かず1時間半ほど昼寝した。カワセミ探索に出るより昼寝の方がマシと思うこの頃である。

ゴーヨンを持って行こうかと思ったが、待ちでは撮れないかと思い今日も手持ち撮影、これでも大トリミング画像
13062801

水量の多い本流を横切る。
13062802

100m近い距離(もないかな?)の本流の対岸、400mmの手持ちではまともに撮れない。
13062803

水浴びしていたような?
13062804

ヤマセミ撮影時に現れたカワセミより遠くて話にならず、しかし撮影地までは家から近くて時間がかからない・・・・?

 

●コシアカツバメ(6/22の撮影)

この時が初見・初撮影、手持ち撮影
13062805

ツバメに比べ少し大きく、ずんぐりむっくりに思う
13062806_2

動きはツバメより少し遅いかな・・・気のせいか
13062807



13062808

 

●ツバメ(昨日の撮影)

時々、着水しスピードが落ちるので撮影の狙い目
13062809

飛行は、空抜けでないと殆どピントが合わない。
13062810

カワセミよりスピードが速く、変幻自在に飛びまくるので飛びものの練習相手に良い。
13062811

フォーカスがドンピシャの画像が無い。
ツバメを上手く撮れれば、カワセミ、ヤマセミなどは簡単に撮れるだろう。
13062812

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:69枚
移動:車  天気:曇り
撮影経費:600円(ガソリン代日常経費枠を越える)

| | コメント (0)

2013年6月27日 (木)

ササゴイ 伸びた首の長さにびっくり

 朝からカワセミ探索、9時過ぎから11時過ぎまで居たが、一度飛んできて直ぐ前に止まったものの何もせずに飛んで行った。その後は姿見せずで、中村錦之助の宮本武蔵をTVで見たかったので、12時半頃には自宅に戻った。
3時半頃に再び家を出て地元ウォーキング、カワセミ反応無しでササゴイにツバメ飛びものをかなり撮影して引き上げた。

朝のカワセミ、撮影枚数は10枚も無かった。距離は多少近かった。13062701

 

ササゴイ、よく見かけるのは蕎麦屋前橋の少し下流
13062702

風が吹いたのかな
13062703

ササゴイの首は何もしない時は短いが、魚を捕る時に伸びるのは知っていた。
13062704

カワセミのガオ~のポーズであろうか?
13062705

首を前に伸ばす
13062706

伸びて伸びて・・・で驚いた。このシーズンは普通に見かけるのであまり注目しないが、今日は立ち止まって様子を見ていた。
13062707

魚を狙う。
13062708

他のサギと違い夏鳥、毎年地元では2~3羽見る。
13062709

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、朝は三脚使用/昼からは手持ち  撮影枚数:242枚
移動:車/歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:700円(高速料金) 

| | コメント (0)

2013年6月26日 (水)

6/22のヤマセミ  D800E編Ⅳ(Last)

 雨で休養日、朝からTVでメージャーリーグを見たが、黒田とダルビッシュの投げ合いから最後はイチローのサヨナラホームランで終わり見ごたえがあった。後は面白い番組が無いので、昼食後はDVDで映画を見るつもり。BSの番組表を見ると、やたらに韓国ドラマが多いが、見て面白いのかな? 見たことが無い。
夜は久しぶりの宴会で夕方に家を出るが、飲みすぎには注意しよう。毎晩の飲酒は続いているが、飲むと直ぐに眠くなり飲める量はかなり減った。発泡酒たまにビール+ウイスキーの水割り、ウイスキーは以前ロックで飲んでいたが今では濃すぎる。

今日の画像はヤマセミの最終
1000枚以上撮影し500枚以下まで減らした。これといった画像が無くどの画像もどっこいで、削除選定に苦労するが最終200枚以下に減らすつもり。撮る機会が多い鳥なら、一気に100枚ぐらいまで削除するが、たまにしか撮れない鳥はどうしても残してしまう。残しても使い道が無いのは分っているが・・・・

糞を一発、シャッターを押すのが遅れた13062601_2

これぐらいの距離なら500mmf4なら綺麗に撮れると思うが、残念ながらこの場所では脚立を使うか頑丈な箱に乗らないと撮れない。
13062602_3


13062603_2

巣立ち間もない幼鳥のようである
13062604


13062605

サービスは良かったが魚咥えものは無し。魚咥えものは、別の個体が彼方で餌を捕ったところを撮影しているが、かろうじて魚を咥えていると分る程度のものしかなかった。13062606


13062607


13062608


13062609


13062610


13062612

カワセミとのツーショット、カワセミの色が出ていれば良かったのだが
13062613


13062614

| | コメント (0)

2013年6月25日 (火)

カワセミ探しで新天地へ

 今日は午前中だけの撮影と思い、車でぶらっとカワセミ探索で新天地に行った。9時過ぎに到着したがカメラマンが居ない、=”出が悪い”or”場所が違う”のどちらかだが、とにかくブラブラ川辺を歩いた。1時間ほどして飛んで来たが、遠くに止まり餌捕り一発で直ぐにどこかへ飛んで行った。その後11時まで粘り、二度現れて一度目は素通り、二度目は餌捕りを一発行なったが、これまた遠くてまともに撮れる距離ではなく、直ぐに何処かへ飛び去った。
調子の良い時期の地元ならシャッターを押す気にもならない距離、ここもあかんかと思ったが、姿を見れ数枚ながらシャッターを押すことが出来ただけでも良かったのかな。
D800Eに400mm(80-400mmのT端)×1.2倍での手持ち撮影、500mmf4+1.7か2倍テレコン(画像は汚くなるが)かV1なら何とか撮れるかも知れない。

カワセミは、横6144Pixel→約1000にトリミング→900に変換

飛んで来たので、前に止まってくれと思ったが、そのまま飛んで行った。
13062501

大トリミングで画像は悪いが、見れる大きさで飛ぶ姿を撮れたのは久しぶり                            
13062502

離れた場所の大きな石に止まったので、追いかけたが川中で十分な撮影が出来る距離まで近づけず。
13062503

気付かぬ間に魚を捕り、咥えて飛んで行った。遠くて肉眼では見え難かった。
13062504

三度目の登場も距離が離れていた。
13062505


13062506

直ぐに魚を捕り一旦止まったので、少しでも近づこうと歩いている最中に見失った。
13062507

コシアカツバメ、二度目の撮影。初見初撮影は、先日のヤマセミ撮影時
13062508

      
比較的近くを飛んだ時に適当にシャッターを押した。13062509


13062510

普通のツバメ 
13062511

コサギが遠くで魚を捕っていた
13062512_2

この時期のカワセミ、地元では例年姿を見ることが稀になるが、昨年は植物園でそれなりに撮れていた。ここ数日は知らないが、今年は行っても姿見られず、他のカメラマンに聞いても姿を見なくなったとの話。今日行った場所、カワセミが登場しても距離が遠く、日影があまり無く日が照れば熱そう、一日では判断出来ずどうするかいな。
毎日、今日のような状況なら行く価値無しか、それとも姿が見れて撮れるだけマシか。今日は日差しが弱かったので良かったが、夏の炎天下ではカワセミを川辺で待つのは無理。
結局、植物園のカワセミ復活を待つしか無いのかな。


撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、手持ち撮影  撮影枚数:74枚
移動:車  天気:曇り時々晴れ間有り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

6/22のヤマセミ  D800E編Ⅲ

 水面に飛び込む瞬間から飛び出すまでの水際の連写です。白と黒のモノクロのように見えますがカラー画像です。
やはりカワセミの方が綺麗ですね。


130625104


130625105


130625106


130625107


130625108


130625109


130625110


130625111

 


130625112


130625113


130625114


130625115


130625116

| | コメント (0)

2013年6月24日 (月)

6/22のヤマセミ  D800E編Ⅰ、Ⅱ

 今日は休養日と思い朝にブログの背景を夏バージョンに変更、その後は家に居たが晴れ間が見えたので、2時頃に地元ウォーキングに出た。何の成果も無いまま3時半頃に帰宅した。シャワーを浴びて夕食前にビール・・・いや発泡酒、ビールの方が美味い。最近は小缶しか飲まないが、たまに大汗をかいた風呂上りには2本目に手が出る。しかし、発泡酒は2本目が飲み切れない。ビールなら大汗をかいた後なら1リットルでも飲める。

6/22にD800Eで撮影した画像です。
曇り空での距離が遠いという撮影条件の悪さ以外に、ヤマセミは配色は白と黒で露出を明るくすると白い毛が白とびし撮影は難しい。これまで何度も撮影しているが、近距離撮影以外は首周りはいつも白とび、今回も同様だった。また、最近ピクチャーコントロールを風景にしているが、コントラストがきつくなり過ぎヤマセミ撮影にはあまり適していないようである。
尚、何度も川に飛び込み魚を撮っていたように思ったが、画像を確認すると失敗に枯葉を咥えているシーンが多かった。若が餌捕りの練習をしていたのかも知れない。

 

●Ⅰ:川への飛び込みの連写
ヤマセミの動きはスローで遠くからの撮影だったこともあり、飛び出しから戻ってくるまで殆ど追うことが出来た。カワセミと違いカメラの連写能力は秒5枚あれば十分だろう。

テレコン無しでの大トリミング画像 横6144Pixel→約1370にトリミング→900に変換
枚数が多すぎるので間引きしている
13062401


13062402


13062403

勢いよく水に突っ込み
13062404

水中で直ぐに180度方向転換
13062405

カワセミ同様、一度水面から体を突き出して直ぐに水面に倒れこみ、尾か羽で水面を押して(多分?)反動で飛び出すことが多いが、この時には一気に飛び出した。
13062406


13062407

水面上を飛び
13062408

少し飛んでから上昇体制に入る。グリーン背景は綺麗
13062409

更に上昇
13062410

最後は、コンクリの土手に沿うように上昇する
13062411

手摺の丸いパイプに上手く止まれるものと感心、表面がざらついているのかな。
13062412

          
  

●Ⅱ:1.4倍テレコン使用の大トリミング画像
80-400mmに1.4倍テレコンを付けるとf8での撮影になるが、もともと遠距離で解像の悪い画像なら、D800E(D4も同様)ではテレコンを使用してもさほど画像の鮮明さは変わらないように思う。
300mmf2.8、500mmf4にテレコンを付けると画像は悪くなる。特に500mmは、はっきりと分るが、80-400mmの画像はもともと際立って鮮明でないということだろう。

横6144Pixel→約1600にトリミング→900に変換
(トリミングは最大でも2000ぐらいまでに留めるのが綺麗に仕上がると思っているが、被写体は出来るだけ大きくしたい。)
13062413


13062414

木の葉で餌捕りの練習、カワセミの雛でも巣立ち直ぐはよく見かける。
13062415

水面を注意深く観察
13062416


13062417

着地体制に入ったところ         
13062418

よっこいしょ
13062419


13062420


13062421


13062422

腹打ちに近い状態での飛び込み、バシャ~
13062423

潜らず水面上で方向転換
13062424

少し体を持ち上げ
13062425

再び水面へ
13062426

一気に飛び上がる
13062427

水面上を飛び、見えないところで急上昇
13062428

| | コメント (0)

2013年6月23日 (日)

ハヤブサ  遠くておまけに気象条件が悪く撮影ボロボロ

 J君と大阪2ヶ所巡りをした。気合を入れてコアジサシに行ったが、9時半頃から12時過ぎまで姿見せずで、仕方なくハヤブサの居る園地に行った。2羽を見たが遠すぎてD4では歯が立たず止まりものはV1を使用したが、後姿でおまけに雨が降っていたため撮影はボロボロだった。3時頃に帰り支度をした時に再び登場、雨が上がり飛びもの狙いとなったためD4で再び撮影したが、証拠写真ぐらいしか撮れず。

D4とゴーヨンによる飛び物
13062301

多分、若と思う
13062302


13062303

断崖絶壁の上の方に止まった。
13062304

後から帰って来た親(多分)が若を追い払う。
13062305

また、どこかに飛んで行った。その後、4時まで待ったが諦めて帰る。
13062306

V1にゴーヨンで撮影した後姿、前を向いてくれれば良かったのだが・・・
少し前に親が獲物を持って帰り茂みに隠れたが、この個体は若か親の方を見て盛んに鳴いていた。
13062307

今年は、雛が巣立ちもう遅いようである。場所は分ったので来年の楽しみとする。晴れた日にゴーヨン+1.4倍テレコン、DXの新しいカメラが発売されていれば良いのだが。D4では遠くて苦しい。
ハヤブサ狙いの撮影は始めて、これまでは山本山近くで空高く飛ぶのを撮影したことがあるのみ。

 

撮影機材:D4/V1、500mmf4、三脚使用  撮影枚数:161枚/41枚
移動:車  天気:曇り後雨
撮影経費:割り勘で2000円少々

| | コメント (0)

2013年6月22日 (土)

一年半ぶりのヤマちゃん  V1編

 久しぶりにヤマセミを撮りたくなり、カワセミ撮影隊のJ君とちょいと遠出した。
ヤマセミならD4にゴーヨンだが、始めて行く場所で状況が全く分らず、腰の不調もあったのでレンズは80-400mmにした。カメラは、スローな動きのヤマセミに高速連写は要らず、少しでも大きくトリミングが出来るD800Eとし、補助カメラとしてV1を持って行った。機材選定は場所的に正解だった。ダムの上から下に向けての撮影で、胸元より少し低いコンクリ壁があり、その上に10数センチの隙間はあったが直径10cmぐらいのパイプが設置されており、身長170センチの私ではパイプの上から三脚使用の撮影は無理だった。三脚使用時は隙間、手持ちではかろうじて上から撮影したが、大口径レンズの手持ちは重くて無理、三脚使用では隙間が狭過ぎた。
ヤマセミの出は良かったが(常連さんの話では、今日はかなり良いとのこと)、距離が遠すぎた。1000枚以上撮影し画像のチェックは十分出来ていないが、ざっと見たところではそれなりに撮れており、トリミングに耐えられるが画像もかなりある。詳細は後日として、今日はV1で撮影したものを掲載します。

V1に400mm、1080mmでの撮影となる。この地は、このくらいの望遠が欲しいが、V1では少し物足りない。
横3800Pixel→約1500にトリミング→900に変換

13062201

2羽並び
13062202

AF-C対応で飛びもののフォーカス追従性は良くなった。5連写
13062203


13062204


13062205

一瞬止まり、直ぐに飛び出す。
13062206


13062207

緑背景だが止まる場所は手摺かコンクリ、止まりものを撮影出来る場所に木はなかった。
13062208

このヤマセミ時々、羽を広げて這い蹲るようである。
13062209

羽を乾かしているのかいな??
13062210

カワセミは、ヤマセミ以上に大活躍だったが、遠すぎて話にならず。
ノートリ画像
13062211

尚、ミサゴも一度登場したが、遠すぎて話にならず。ダイビングは見ていない。


撮影機材:D800Eに80-400mmf5.6(+1.4倍テレコン)/V1に40-800mmf5.6  撮影枚数:1164枚/238枚
移動:車  天気:曇り一時晴れ間
撮影経費:3400円(高速料金)、ガソリン代はまだ日常経費内

| | コメント (2)

2013年6月21日 (金)

紫陽花  勧修寺

 雨が小降りの9時過ぎに家を出て山科川に向かった。まずは川を下って勧修寺まで歩き、紫陽花を撮影してから、地下鉄で祇園白川、法金剛院に行こうと思っていたが、気温は低かったものの歩くと蒸し暑く汗ばみ、勧修寺のみで引き上げた。

電線にツバメが止まっていた。川で飛びものを狙ったが、高倍率ズームではフォーカスが遅く歯が立たず。
13062101

ここ数日の雨で山科川上流部の水量は回復、しばらくは大丈夫だろう。
13062102

勧修寺の紫陽花、ここで撮るようになったのは3年ほど前からかな。京都の紫陽花の名所と言えば三室戸寺、藤森神社、南の岩船寺、他何箇所かに行ったことがあるが、勧修寺も人が少なく風情があって良い。種類が少なく、花そのものを撮るにはもう一つ。
13062103

撮影ポイントはいつも同じの観光カメラマンだが、それで良い。趣味の写真撮影は、自己満足以外に何も無い。
13062104

ここの花は、土が酸性なのか青色ばかり。13062105

紫陽花の名所とされる地に比べれば、花の数は少ない。13062106

カメラマンが少ないので撮りやすい。13062107

ガクアジサイが大半で、丸いホンアジサイは少ない。13062108

雨で万能の高倍率ズームのみを持って行った。少し暗かったのでISO800で撮影したが、画像はもう一つかな。
13062109

花菖蒲の花は数厘しか咲いておらず終わりに近い、代わり半夏生が満開だった。
13062110


半夏生の花
13062111

氷室池は奥まで蓮と睡蓮がぎっしり、島東側の過ってのカワセミダイビングポイントも、奥まで蓮が葉をつけていた。去年より更に多くなっている。
13062112

蓮の蕾がいくつか見られた。ここの蓮の開花は他の場所より少し遅いが、今年は早いのか?
13062113

今日は、川はもちろん寺でもカワセミ反応無し。

 

撮影機材:D800E、28-300mmf5.6、手持ち撮影  撮影枚数:106枚
移動:歩き  天気:小雨
撮影経費:400円

| | コメント (0)

この馬鹿たれが!

 この言葉、KBS京都で再放送している”素浪人 花山大吉”で主人公の大吉が、オッチョコチョイの焼津の半次に連発する台詞である。

昨日、リサイクル何とかという会社と不用品の話(査定他)を聞きにくるという約束をしていた。こちらから連絡したのではなく、数日前相手から電話帳を見てと思うが、”新らたなリサイクルショップの開店を計画しおり、品物を探しています”というような連絡があった。引き取れないものもあるが(多分使い古し)、何でも物を見るとの事で、殆ど使用していないカメラの大型ショルダーバック2個、買って一度も使用していない石鯛竿とリール(10万円弱で10数年前に購入)、その他諸々日常品(ほとんど新品)を掃除して引っ張り出した。3時~5時の間と約束し3時前に事務所の女性から時間確認の電話が入ったので待っていた。ところが5時までに来ず、それから20分程過ぎてから出回りの社員から”先のお客様との話が長引き遅れています。行けるのは6時から6時半頃になります”との連絡有り。”夕食時や、もう来んでええ”と断った。事前に時間確認の連絡を入れておきながら、遅れたのは都合で仕方ないとしても、2時間連絡無しで待たせ最終約束時間の20分後の連絡、それも行けるのは夕食時やて、花山大吉の台詞が頭に浮かんだのは言うまでも無い。
引っ張り出した物、今のところ置いておいても問題無しで元の場所に片付ける。花山大吉の台詞は、不要物買取による整理で少し腰の具合を悪くしたアッシのことかいな?
それよりリサイクル屋では引き取らないと思う不用品(かなり使用した海釣り道具、他)がある。粗大ゴミで出さなければならない。

今日は、紫陽花撮影で出るつもりで雨の状況を様子見、小雨なら出るつもりで用意した。

V1でSS:1/3の手持ち撮影
Dsc_0507

| | コメント (0)

2013年6月20日 (木)

ヤマセミを撮りたくなった

 1年半ヤマセミを撮っていない。かってヤマセミ撮影に夢中になった時期があり、何度も天ケ瀬に行き良いところも撮ったが、工事が始まり行く事が無くなった。今年の初めに姿を見たとの情報を聞き行ったのが最後。撮影地のカワセミは不調、鳥取のアカショウビンもどうなっているのか分らない。一度ヤマセミを探しに行くかな?

最後に撮ったヤマセミ。この時は撮影条件が悪く、撮ったのも数枚だった。12年1月22日Dsc_8604


Dsc_8853

| | コメント (0)

三日連続の撮影休み

 今日も朝から雨、小雨で紫陽花撮影ぐらいなら出れたが、わざわざ雨の中を出るまでのことは無いと思い止めた。

朝から海釣り道具一式処分の準備を1時間ほど行なう。30代後半から50才ぐらいまでは海釣りを行ない道具もかなり揃えた。投げのキス釣りに始まり、最後は波止の太刀魚、イカで終わったが、10年以上行っておらず行く事はもう無いだろう。買取店に持って行けば買い取ってくれる物もあるが、面倒なので機会を見て廃却するつもり。もったいないのが、15年ほど前に購入し一度も使わなかった石鯛竿に太鼓リール、これは廃却ではなく買い取りに出すつもり。
その後はTVの前に座るが、最近見るのは時代劇の再放送にどの局も同じ内容の報道番組。時代劇はBSも含めると結構放映されており、この三日間は夜も含めて色々見た。昨日の夜にKBS京都が放映した長谷川一夫の黄門様、市川雷蔵の助さんに勝新太郎の角さんの「水戸黄門」は、内容がこれまで見てきたものと全く違いすぎ驚いた。今日の夜は近衛十四郎の「花山大吉」があるが、「月影兵庫」を再放送して欲しかった。花山大吉は突然終了した月影兵庫の続編だが、ネットで調べてみると月影兵庫の娯楽色が濃くなり、原作者からクレームが付き代わったようだ。当時(中学生だったと思うが)最終回の終わり方に続いての花山大吉の登場が何か奇妙だった記憶が残っている。

それにしても家に三日間も居ると、探せば何かやることはあるが退屈である。趣味の写真撮影が無ければ、昼からビールとなっていたのかな?・・・・多分、もう少し会社勤めをしていたかも。
この三日間、昼間はお茶、コーヒー、野菜ジュース以外は飲んでいない。

今日の画像は、在庫よりオオバン

Dsc_0625


Dsc_0627


Dsc_0628

| | コメント (0)

2013年6月19日 (水)

休養日  在庫よりカラスの幼鳥(雛)

 雨の予報で一日休養日、朝から雨と思っていたが山科では昼の1時過ぎにようやく雨となった。完全休養日でTVでも見ようと思ったが、見たい番組もなく朝からDVD・ビデオ・CD収納ラック及びオーディオ周りの要らぬもの廃却と清掃を行なった。TVの周辺は掃除が行き届いているが、周辺のあまり見えない奥部分はほったらかしで、今では不要なビデオにカセットテープ、MD、他が一杯、特にオーディオは、ここ数年電源も入れておらず(音楽・歌を聞くのは車の中のみ)、裏は誇りまみれだった。腰を屈めての作業で重い物も無理な体勢で動かしたので腰がだるくなり、一応片付いたこともあり11時過ぎに終了。テープを捨てようと思ったが、また見る時に聞く時もあると思い再び仕舞いこんだ。

ということで今日の画像は、先日撮影したカラスの幼鳥

給餌
Dsc_5661

親と同じ色をしており体も大きいので、親との見分けがつかない。
Dsc_5662

カラスの歩き方は面白い
Dsc_5667


Dsc_5668

この表情を見ると雛かなと思える。
Dsc_5670

ヨイショで石の上から移動する。
Dsc_5671

カラスの白目は不気味。春に撮影したカワガラスも白目を見せることがあったか。
Dsc_5672

 

山科では、多少強めの雨が降らないと上流の干上がりに歯止めがかからない。

| | コメント (0)

2013年6月18日 (火)

休養日  6/12(水)に撮影した花菖蒲

 今日は完全休養日と朝に決めたが、家に居ると何やら家事でゴジャゴジャと一日が過ぎ、休養日になったのかどうか? 明日、明後日も天気が悪いようで撮影休みの予定だが、雨の予報の明日ぐらいはゆっくりと休もう。

今日の画像は、先日植物園で撮影した満開の花菖蒲、D4に80-400mmによる。

13061801


13061802


13061803


13061804


13061805


13061806

| | コメント (0)

2013年6月17日 (月)

しんどい、夏バテ

 いつも通り5時に起きた。行きたい所があったので、ルートをネットで調べたがしんどくて7時前に再び寝る。うつらうつらしか出来ず8時過ぎに再び起きた。寝苦しい夜で睡眠不足のため体がだるく遠出は止め、TVを見ながらのんびりと過ごした。3時過ぎに夜のビール(今日は発泡酒では無い)を美味しく飲むため、汗かきでウォーキングに出た。いつも通り山科川を下ったが、今日は支流には向かわず百均で折り返し同じ道を往復した。百均で珍しくカワセミを見たが、直ぐに橋の下に隠れた。出てくるのを待つ気がしなかったので、撮影できずに引き上げた。

V1に28-300mmを持って歩いたが、フォーカスが遅すぎ鳥(ツバメ、ムクドリ、スズメ)の動きものは撮れず。

ねむの木の花にアゲハチョウが止まる。13061701

ビワの実をスズメが突っつく
13061702

ムクドリ、ホバを撮ろうと思ったが撮れず。
13061703

モンシロチョウ、これも飛びものを撮ろうと思ったが撮れず。
13061704

カルガモの雛、かなり大きくなっていたが1羽しか姿見ず。今年、山科川で見たのは始めてで、もともと何羽居たのかは知らない。
13061705

ツバメ、しばらくツバメの飛びものを追うかな?
13061706

撮影機材:V1、28-300mmf5.6、手持ち撮影  撮影枚数:164枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年6月16日 (日)

所用で撮影休み  6/10(月)に撮影した白スズメ

 今日は撮影休み、6/10撮影の白スズメを掲載します。既にHPの写真アルバム(ニコン・オンラインギャラリー )には掲載済み。

コアジサシを撮影している最中に、近くでパンくずを撒く人が居たので(公園なら何処にでも居る)、スズメ、ハト、カラスの集団が近くに現れた。コアジサシが近くの水面に急降下した時に飛び立ったら邪魔やな~と目を向けると、スズメの集団に白っぽい鳥が1羽居た。篭脱けのジュウシマツかインコかと思い気にかけず撮影していたが、コアジサシがいなくなってからもまだ居たので、撮影して確認するとスズメで少し驚いた。白化個体は、セキレイで見たことはあるがスズメでは始めて、何枚か撮ると飛び去った。しばらくして、今度は休憩していた場所の直ぐ前に飛んで来たので、暇だったこともあり一人で撮りまくった。何かを探している人が数人居たが、後から来られた人の話でこの鳥を探していると分った。スズメとはいえ、珍しい白化を片手間に目の前で撮れてラッキーだった。

近すぎてピントが合わず、フォーカスのLimitを外す。13061601


13061602


13061603

 
  
移動したので少し後を追った。
13061604

人に慣れているスズメとはいえ、直ぐ横を人が通ると逃げる。平日で人が少なくてよかった。
13061605


13061606

嘴が茶色で幼鳥と思うが、面構えを見ると成鳥のようにも思う。いかに?
13061607

集団の中で行動しているが、時々1羽になることもある。普通のスズメと習性は何ら変わらない、当たり前か。
13061608

この日の撮影は、D800Eに328+1.4倍テレコンで三脚を使用したが、何故かシャキッとした画像が撮れず、かなりアンシャープマスクで処理している。白い鳥はピントが合い難いのか、それとも画素数が多いからか?
13061609

 

突然変異の白スズメは、日本では古来より瑞鳥(めでたいことの起こる前兆とされる鳥)とされているそうだが、見ることができ撮影したので何か良い事があるのかな、今のところは何も無し。

| | コメント (0)

2013年6月15日 (土)

コアジサシ  雨で昼に撮影終了・・出が良かったので残念!

 コアジサシに行った。着いてしばらくして登場、途中待ち時間も合ったが、出と動きは良く餌捕りダイビングを何回も繰り返してくれた。雨が振り出し少し強くなった昼過ぎに、食堂で昼食にオムライスを食べて引き上げた。
D4に80-400mmで三脚使用、V1もAF-Cチェックに持って行ったが、途中で引き上げたためV1の出番は無かった。水際撮影だが何度も飛び込んでくれたものの、400mmでは距離が遠く飛び出しも後姿が多かったのでもう一つ。雨さえ降らず、もう少し撮影が出来ていれば、良い所を撮れたかも知れないと思うと少し残念だった。

今日の画像は、いずれも大トリミング

●飛行中に魚を落とす
   
13061501

直ぐに反応して咥えにいく
13061502

ナイスキャッチ
13061503

 

●今日は撮影機会が少なかった前への飛び出し

急降下の途中でシャッターを押すのを止め水面からの飛び出しを狙った。
13061506


13061507

飛び出した後も連写でしばらく追う
13061508

途中の何枚かを抜いているが、三脚使用の方が手持ちよりピントは続く。
13061509

水切り、カワセミでも時々見かける。
13061510

 

●急降下からの連写

ホバは無く急に体を捻る。この瞬間を見落とさなければ、コアジサシの急降下は追える。
13061511


13061512


13061513


13061514

水面までの距離があるのが残念。水面直前も何回か狙ったが、ピンボケで全滅だった。
13061515

ほぼ垂直の着水時は、完全に水に潜る。
13061516

1枚置いての飛び出しは反対側
13061517

こちらに飛び出して欲しかった。
13061518

  

●比較的近くへの飛び込み

雨が降りだしてから手持ち撮影に変えた。
13061519

空が暗くなり撮影条件が悪くなっていた。
13061520

水面に落ちる雨で後ろにピントが取られる。
13061521

何枚か後の画像
13061522

 

●最後の飛び込み連写

13061523


13061524


13061525


13061527

アンシャープマスクかけまくり
13061528


13061529

 

●コアジサシは飛びながら魚を飛べるが、糞もする時があるの証拠写真。
13061530       

コアジサシは何度も餌捕りダイビングを行ない、餌捕りが下手なようにみえるが、かなりの高確率で魚を捕らえており、カワセミより上手いように思う。飛びながら魚を何度も食べどこかに姿を消すが、30分もしないうちに現れる。別固体が順次現れるのか大食漢なのか・・・・?

   
今日は対岸近くを2羽のカワセミが鳴きながら飛び回っていた。久しぶりの証拠写真、カワセミは撮影ホームでと思っているので早く戻ってきて欲しい。
13061531


撮影機材:D4、80-400mmf5.6、三脚使用&手持ち  撮影枚数:990枚
移動:車  天気:曇り後雨
撮影経費:3,500円(高速、駐車料金)

| | コメント (0)

2013年6月14日 (金)

暑ぢぃ~で撮影休み  6/8(土)に撮影したコアジサシ飛びもの

 暑く寝苦しい夜で睡眠不足、今日も朝から暑かったので撮影休み。朝にMLBを見ていたが、途中プリンターのインクを一つ買い足しに出て、汗を掻いて家に戻る。昼食後1時過ぎから昼寝で一眠り、早夏バテで先が思いやられる。昼間のアルコールは無し。

今日の画像は先日撮影したコアジサシの飛びもの、6/8にD4と80-400mmで手持ち、6/10にはD800Eと300mmf2.8+1.4倍テレコンで三脚を使用したが、天気の違いによるのか飛びものは、手持ちにも関わらず6/8撮影分の方がシャキッとしていた。白い鳥は日が差していないとシャキッとしないのかな、6/10に撮影した他の白い鳥も同様だった。

画像は6/8撮影分です。

Dsc_5932


Dsc_6028


Dsc_6400


Dsc_6402


Dsc_6456


Dsc_6527

近くに飛び込んでくれたが、はみ出したのでトリミング   
Dsc_6956

明日は気合を入れてD4に500mmf4で行くつもりだったが、天気がもう一つで軽量機材の方が良さそうかな? V1のAF-Cも試したい。

| | コメント (0)

2013年6月13日 (木)

”暑ぢぃ~”、6月半ばというのに真夏の暑さではないかえ!

 35℃以上の猛暑日になったのかどうか知らないが暑かった。カワセミが現れなければ平素はすることの無い寂しい人生を送る(?)定年退職者、今日は地元ウォーキングと思っていたが、朝から暑かったのでちょいとV1に80-400mmズームで飛びもの撮影チェックと思い草津の田んぼに車で行った。狙いは空高く舞うヒバリのホバ、ところがV1では歯が立たたずピントが合わなかった。1000mmの飛びもの手持ち撮影なんて、手の震えが影響して(レンズが重い)所詮無理、600mmが限度か。
田んぼは日影が無く倒れそうになり、1時間ぐらいブラブラして引き上げた。よせばよいのに帰ってから地元ウォーキング約1時間半、リュックのサイドポケットに入れたお茶は熱くなり靴も地面の熱で熱くなって、帰りの最後15分はフラフラ、家にたどり着いてからのシャワーに冷たいビールだけを考え、惰性で歩いて何とか帰った。
クーラーの効いた涼しい部屋で昼からシャワー上がりに冷たいビールを飲む、まさに極楽でそのまま昼寝すれば良かったのだが、TVで中村錦之助の宮本武蔵が放映されていたのでソファーに座り、見始めるとウイスキーに手が出てしまう。3時頃には・・・・

飛びものの撮影機会はあまり無く撮れたのはこれ1枚、トビもあまり飛んでいなかった。
13061301

ヒバリ
13061302

カメラを上に向けなければ、1000mmでも狙いに止まる。
13061303

   

今の山科川、上流は干上がっている。こんな光景を見るのは始めて、今年の夏は大丈夫かいな?
13061304

地下を流れているようで、少し下流は水が流れていたが水量は少ない。
13061305

いつも通り勧修寺近くの橋で引き返し、支流沿いを歩いて戻る。ハトも暑かったのか橋桁の日影に集まっていた。
13061307


撮影機材:V1、80-400mmf5.6、手持ち撮影  撮影枚数:64枚
移動:車、歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

V1 1500mm手持ち撮影のチェック

只今すっきりとして家を出るための待ち時間、V1に80-400mmズーム+1.4倍テレコン装着、望遠端で手持ち撮影を試した。

1485mm、ISO200、f8、SS1/640、露出補正+1、ノートリDsc_0269


結果:トリミングすると×だが証拠写真にはなる。

今日は、地元ウォーキングのつもりだったが朝から暑くて止める。
どうしよう?

| | コメント (0)

2013年6月12日 (水)

ササユリ

 ニコンのHPにV1とFT1のバージョンアップ情報が掲載されていたので、朝にバージョンアップを行なった。変更点は一眼用AF-Sレンズ使用時にAF-Cが使用できるようになったことで、フォーカスの動体追従は鳥の動きもの撮影に欠かせない機能である。
作業後にササユリ撮影で植物園に行った。D4に80-400mmがメインで、それにV1+FT1もチェックで持って行ったが、鳥の動きもの撮影の機会が無くチェックは出来なかった。

ササユリの花は、1厘しか咲いておらず期待はずれだったが、綺麗な花だったので良しとする。
カワセミは今日も姿を見せず、常連のカメラマンも少なくさびしい状況、適当に周っていくつかの花を撮影し、昼食にひやしうどんを食べて2時間程度で引き上げた。

毎年、一度は撮りたい花
13061201

始めて撮影したのは、10年ほど前の白峰・風嵐谷。6月に白峰へ釣りに行けば林道沿いで撮れるが今年は行く予定無し。
13061202

この大きさの花の撮影は、マクロレンズより300~400mmぐらいの望遠レンズが好み。望遠レンズなら鳥も撮れるので、最近、花撮影でもマクロを使うことは殆ど無い。
13061203


13061204

外国産のユリ科の花かな?
13061205

初見で初撮影
13061206

普通に見られるユリ、斜め下から撮りたかったが、低い場所に植えられ背丈も低かった。
13061207

    

V1でも撮影した。
13061208

700mm相当でSS1/15の手持ち撮影、ミラーショックが無くブレが少ないのがミラーレスの良さ。
13061209

1080mmでSS1/60、普通の一眼では1/60では無理だろう。400mmならSS1/50で撮ったことはあるが、撮れた程度の出来だった。
13061210

カワセミお立ち台に止まるムクドリ幼鳥を東屋から撮る。1080mmでの撮影、ノートリ
13061211


撮影機材:D4/V1、80-400mmf5.6、手持ち撮影  撮影枚数:103枚/150枚
移動:車  天気:曇り
撮影経費:800円(駐車料金)

| | コメント (0)

2013年6月11日 (火)

カンムリカイツブリⅢ  卵が無い

 複数羽の雛が誕生していないかと期待して行ったが、見やすい場所2箇所の卵8個が無くなっていた。人の仕業(イタズラか何か)と思ったが、ボートを使わないと行けない場所で行く奴は居ないだろう。天敵にやられたか流されたのか・・・。

雛が一羽孵り、4個の卵が残されていた巣
土曜日来られたという方の話では、卵があったとのこと。孵化あるいは天敵にやられたなら卵のかけらが残っていそうなもの。飲み込むか咥えて持って行く・・・大きかったのでカラスでは無理に思うが? 
13061101

水につかり親が修復していた巣
半分水没していたが、卵は流されたのかな?
13061102

いくつか見え難い場所の巣では抱卵していたので、まだ複数羽の雛が親の背中に乗る姿を見る期待は出来るがどうなることやら。
カンムリカイツブリは、国際自然保護連盟からレッドリストの軽度懸念の指定を受けており、滋賀県でも希少種とされているそうだが、カモのように簡単に雛は生まれて育たないのかな。

行くごとに、この場所の親鳥の数も減っているように思う。
13061103

残りは琵琶湖に出たのか?
13061104

仕方なくイワツバメの飛行を撮影
13061105

イワツバメは初と思う
13061106

   

カワセミが見られないかと思い余呉湖に行ったが姿見られず。ホオジロが木の天辺で鳴いていた。
13061107

サンダーバード::北米原住民に雷雨を起こすと信じられた伝説の巨鳥とか
13061108


撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、手持ち撮影  撮影枚数:68枚
移動:車  天気:曇り一時晴れ間
撮影経費:0円(ガソリン代は日常経費内)

| | コメント (0)

2013年6月10日 (月)

コアジサシ 水際狙い

 今日もコアジサシ、D800Eと300mmf2.8+1.4倍テレコンに三脚使用だったので車で行ったが、高速出口を見落とし森之宮まで走り余分な時間と費用を使ってしまった。
着いて直ぐには2羽のコアジサシが飛んでいたが、その後は不調で1羽が短時間も含め3度登場したのみで、前回のような4羽登場の乱舞にダイビング連発は無かった。昼から青空が見えたが午前中は曇り空で撮影条件がもう一つ、おまけに風が強かったためか中々急降下せず、しても横風にあおられ途中で止める事が多かった。

唯一捉えた水際
130610101

前に飛び出したのでピントがあまい(ボケかな)
130610102

アンシャープマスクかけまくり
130610103

 

今日は急降下せずソフトに着水することも何度かあった
130610104

ファインダーでは分らなかったが体が沈んでいた
130610105

直ぐに飛び出す、スピードが速すぎる
130610106

    

急降下からも狙った
130610107

日が照り条件は良かった
130610108

水際は残念ながら後ろ姿
130610109

魚を咥えていたが、横に飛び出していてくれれば・・・・
130610110

 

めげずにまた行こう
130610111


撮影機材:D800E、300mmf2.8+1.4倍テレコン  撮影枚数:576枚
移動:車  天気:曇り後晴れ
撮影経費:高速料金4,900円(1,400円が余分な高速料金)

| | コメント (0)

ホバリング

 先日、久しぶりに長時間ホバを見て撮影したが、カワセミでは無くヒバリだったのが残念。
D800Eに80-400mmによる手持ち撮影

13061001


13061002


13061003


13061004


13061005


13061006

| | コメント (0)

2013年6月 9日 (日)

カワセミ不調のストレスをコアジサシで吹き飛ばせ!Ⅱ  本編

 昨日のコアジサシ撮影、狙いは水際の連写で空を飛ぶ間は追いやすい手持ちで撮影した。淀川での撮影では対岸が遠く後ろが抜けていたため、ホバから降下までそこそこピントが続いたが、今回は後ろが近かったためか降下を始めると直ぐに後ろにピントが取られた。水際は、カワセミとは違い前に飛び出す一本調子だが、カワセミのように飛び込んでからの間が無くスピードも速かった。途中から水際に絞ったが残念ながら撮影はもう一つ、撮影を水際に絞るなら三脚を使用した方が良かったかもしれない。

この地のコアジサシは、森から飛んできて何度も魚を捕らえ飛びながら食べ、満足すれば帰るで、止まる事が無く止まりものは撮れない。
また、池の隅々まで飛ぶので、撮影場所から見れば広角過ぎて、数羽が出てくると何処に飛び込むか分らず追うのが困難、人が立っていようが関係なく近くに飛び込むので、近くのみを注意深く見ていれば良かったかも知れない。しかし、目移りして近くだけを注視するのは無理かも・・・・、カワセミ撮影の練習にもなるので、もういちど挑戦する。三脚使用で、レンズは500mmf4より振り易い300mmf2.8+1.4倍テレコンかな?

●シャッターを押すのが遅れる、ピントが合わないで大半の画像が水から飛び出してから。
13060901


13060902

 


13060903


13060904


13060905


13060906

     


13060907


13060908


13060909

 


13060910


13060911

 

●この少し前にピントが合い連写したかったのだが・・・・
13060912


13060913


13060914

 

●岸の直ぐ近く、人が前に居たが平気で飛ぶ込む
13060915


13060916


13060917

 


13060918


13060919

 


13060920


13060921

 

●遠かったのが残念
13060922


13060923

 


13060924

 

13060925


13060926

| | コメント (0)

2013年6月 8日 (土)

カワセミ不調のストレスをコアジサシで吹き飛ばせ!Ⅱ  序章

 鶴見緑地へコアジサシの探索に行った。前回は姿見ずでどうかなと思っていたが、着いて1時間ほどしてからの10時半頃に1羽が姿を見せ、その後は30分に1度だったが12時を過ぎてからは4羽が出まくり、1時頃には別の場所に行っていたカワセミ撮影隊2名が合流し、多少の待ち時間も合ったが残業1時間の4時まで撮りまくった。

今日は取り合えず3枚、残りは明日整理して掲載する。撮り疲れた・・・・

13060801


13060802


13060803

撮影機材:D4、80-400mmf5.6、手持ち撮影  撮影枚数:1,358枚
移動:京都地下鉄、京阪、大阪地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:1,750円

| | コメント (0)

2013年6月 7日 (金)

カンムリカイツブリⅡ

 昼から散髪に行こうと思い、午前中だけカンムリカイツブリの撮影でひとっ走り。狙いは昨日見た雛のアップでD800Eに500mmf4+1.4倍テレコンを使用した。それでも距離があり雛は小さく大トリミングが必要、おまけにピンボケにピンズレが多かった。ウインバリーのヘッドをいつもよりは少し強めに締めたが、リモートケーブルを使用した方が良かったかもしれない。また、テレコンを使用したので少し絞った(f8)が、絞らずSSを速くするべきだったかな?
尚、雛は増えているかと思ったが、まだ1羽だけだった。

縞模様の雛、まだ歩けず這う。
13060702

直ぐに親♀(多分)の背中に入り、給餌の時には背中から出てくる。
13060703

親が餌を持ってきたので外に出ようとする。
13060704

滑りながら下りるが、顔から落ち仰向けになることもある。
13060705

行ってしばらくすると食事タイムが始まり、親♂(多分)が頻繁に細長い魚を捕って与えていた。
13060706


13060707

食べ終えると直ぐに背中に入り、外敵から身を隠す。
13060708

抱卵の交代で親が巣から出て雛が残されるが
13060709

雛も後を追って滑りながら水面に向かう。
13060710

水面に到着
13060711

水に入るといきなり泳いだので驚く。
13060712

距離は僅かだが泳いで移動。
13060713

直ぐに親♀の背中に入る。昨日と今日、見たところでは背中に入る親は決まっているように思うが?
13060714

背中から顔を出すが、親に守られ安心しきった表情に見える。
13060715

 

他の巣では、卵が水に浸かり2羽の親が懸命に巣の修復をしていた。風が多少強く壊れたのかな
13060716

水温が孵化にどう影響するのか? 無事に雛がかえれば良いが・・・・
13060717

日影が全く無い炎天下、今日は気温が低く風も吹いていたためマシだったが、気温が高く無風の日なら暑さで倒れるだろう。日影の無い場所での長時間許容温度25℃、鳥撮影も楽じゃない。

追加:今日のノートリ画像
13060718


撮影機材:D800E、500mmf4+1.4倍テレコン、三脚使用  撮影枚数:305枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円(ガソリン代は月満タン2回までは日常経費)

| | コメント (0)

2013年6月 6日 (木)

カンムリカイツブリ

 コアジサシを探しに大阪へ行く予定だったが、朝から曇り空で白い鳥の空抜けはまともに撮れないだろうと予定を変更し、カンムリカイツブリの様子を見に行った。
雛が一羽だけ孵っていたが、ベビーラッシュは来週あたりかもしれない。よく見える場所で天敵に襲われないのか、雨が降って川が増水すれば流されるのではと思えるような場所に巣を造っているが、毎年何羽が無事に育っているのだろうか・・・?

親の背中の羽の中に小さいのが一羽隠れていた。顔を出したところを最初に見ていなければ別の個体を撮影していただろう。
12060602

カイツブリでは親の背中に数羽乗っているところを鴨川で撮影したことがあるが、カンムリカイツブリは始めて。
12060603

大きなアクビを一発
12060604

孵ったのは一羽だけ、親はまだ卵を4個ほど温めていた。
12060605

親から餌をもらう。正確には水上に居る♂親(多分)からの給餌失敗で、♀親が落とした餌を咥えて与えているところ。
12060606

80-400mmに1.4倍テレコン装着で手持ち撮影し大トリミングしている。雛中心で綺麗に撮るならゴーヨン+テレコン、三脚を使用する必要があるかな。
12060607

頻繁に給餌を行なっていた。餌は細長い小魚に海老のように見えたが・・・
12060608

誕生したばかりの雛と思うが、食欲は旺盛。
12060609

親の背中に乗っても給餌を受けていたが
12060610

受取難いようで下りる。
12060611

まだしっかりと立てないようで転げ落ちる。
12060612

水面近くで踏みとどまり
12060613

親のところまで這って上り、直ぐに背中に入った。
12060614

近くでは別のペアーが求愛行動・・・もどき?
12060615


12060616


12060617

今日は日差しが弱く多少涼しくて良かった。先日のような快晴ならカンカン照りでたまらなかっただろう。

<追加画像>
テレコン無しのノートリ、雛が親の背中から落ちたところ
12060618

   

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6(+1.4倍テレコン)、手持ち撮影  撮影枚数:421枚
天気:うす曇  移動:車
撮影経費:0円(ガソリン代は日常経費内)

| | コメント (0)

2013年6月 5日 (水)

花菖蒲

 季節の花、花菖蒲の撮影で勧修寺と植物園に行ったがちょうど見頃だった。。ついでにカワセミ探索を、行きの山科川に帰りの加茂川を加えて行なったが、勧修寺で姿を見たのみで、他所ではまったく見なかった。勧修寺のカワセミは、こちらの姿を見ると直ぐに逃げる臆病なヤツで一向に状況は変わっていなかった。

●勧修寺

13060501


13060502


13060503


13060504


13060505

 

●植物園

13060506


13060507


13060508


13060509


13060510


13060511


13060512

 

●帰りの加茂川ではトビとカラスがバトル

13060513

 

撮影機材:D800Eに80-400mm/V1に10-30mm、手持ち撮影  148枚/29枚
移動:歩き、地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:1,000円


   

| | コメント (0)

2013年6月 4日 (火)

鳥取遠征のお土産で撮影休み

 昨日の遠征で要らぬお土産を二つ持ち帰った。一つは国庫金納付の請求書で、今日の朝に郵便局で支払った。もう一つは軽度の腰痛、これで今日は撮影休み。
最近、少し腰の調子が悪かったが、ゴーヨンの無理な体勢での手持ち撮影で更に痛めたようである。腰の中心部に耐えられない痛みが走るギックリ腰では無く、中心部の横が体の動きによって少し痛むだけで歩くのに支障は無いが大事をとった。
肩、左肘、腰は老朽化しているが、ゴーヨン使用時に三脚ごと担ぐのが面倒な時は、時々三脚から外して手持ち撮影を行うことがある。今回は三度ほど行なったが、巣箱のシジュウガラを撮影する時に巣箱前の木の葉が邪魔になり、無理な中腰でカメラとレンズを突き出し撮影したのが堪えたようである。

問題のシジュウガラの撮影、位置を変えて10数枚撮影したのみだが
13060401

オオコノハの手持ち撮影
短時間ならゴーヨンでも三脚使用と変わらず撮影は出来る腕の力は残っているが、若い頃に痛めた腰は慢性化しており、無理な体勢を取ると直ぐにおかしくなる。
13060402

さすがに飛ぶ鳥をゴーヨンで追うのは無理、1kgほど軽いサンニッパなら今でも何とかなる。
無理は止めよう、急な腰痛で落として壊したら・・・・・

| | コメント (0)

2013年6月 3日 (月)

鳥取遠征 踏んだり蹴ったりの一日

 ダメ元でアカショウビン狙いで八東に行ってきた。9時から4時まで粘ったが、昼前に近くを鳴きながら飛び、その後はしばらく遠くで鳴いていたが、撮影はおろか姿見られずで最悪の撮影日となった。早朝には姿を見せたそうで、今年は今のところ泊まりで行って早朝に撮るしかないようである。監視員さんに聞いたところ、9時を過ぎて姿を見せる事もあるようだが、”その日によってどうなるか、鳥に聞かないと分らない”と、ごもっともな話(?)だった。
おまけに帰りの高速で、こちらからは用も無いのにパトカーのおまわりさんに呼び止められ、18,000円の納付金を支払う羽目に。”少しまけれないか”と聞いたが、”それは出来ません”と二人のおまわりさんに、真面目な顔で声を合わせきっぱりと断られた。何しに行ったのか、踏んだり蹴ったりの一日になってしもうた。

 

オオコノハズクが巣箱から顔を覗かせていた。

起きているのやら寝ているのやらと思ったが13060301

こちらが動くと顔も動く、明らかに見張っている。
13060302

これで目が開いているのかな・・・拡大してじっくり見ると完全に閉じていた
13060303

横顔、よく分からない顔である。
13060304

カラスが近くに来ると少し顔を突き出し
13060305

直ぐに顔を引っ込める。この後は巣箱に顔を隠す。
13060306

手持ちで行ってアカショウビンの鳴き声を追いかければ良かったかも知れない。


撮影機材:D800E、500mmf4、三脚使用  104枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:約12,000円

| | コメント (0)

2013年6月 2日 (日)

クラゲ

今日は撮影休み
先日D800Eと105mmマクロで撮影したクラゲ。撮影技術アップのため、たまに色々な被写体に挑戦しています。

13060201


13060202


13060203


13060204


13060205

| | コメント (0)

2013年6月 1日 (土)

カワセミ 復活の日は・・・・・

 今日は朝からカワセミの様子見に行ったが姿無く、昨日も一度高い場所を飛んだのみと聞き、1時間半で諦めて移動した。昨年もこの時期は悪かったが、姿は見れて枚数は少ないにしても撮れていた。いつかは復活すると思っているが、先がかなり心配になってきた。
移動先は奥嵯峨、大覚寺の有料駐車場に車を止め、過去にカワセミを撮影したことがある大沢池と広沢池をチェックしたが反応無し、田園をウォーキングして引き上げた。

久しぶりのゴイサギ
13060102


13060103

ヒバリ
13060104

アマサギ、2羽居たが遠かった
13060105

ケリ、飛翔が綺麗な鳥と思う。
13060106


13060107


13060108


13060109

モズ♂
13060110

今日から6月、明日は所用で撮影休みだが、月曜日から何処に行けば良いのやら?

 

撮影機材:D800E、80-400mmf5.6、手持ち撮影  137枚
移動:車、歩き  天気:晴れ後曇り
撮影経費:1,500円(駐車料金2ヶ所、大沢池周辺入園協力金)

| | コメント (2)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »