« カワセミ不調のストレスをコアジサシで吹き飛ばせ!Ⅱ  序章 | トップページ | ホバリング »

2013年6月 9日 (日)

カワセミ不調のストレスをコアジサシで吹き飛ばせ!Ⅱ  本編

 昨日のコアジサシ撮影、狙いは水際の連写で空を飛ぶ間は追いやすい手持ちで撮影した。淀川での撮影では対岸が遠く後ろが抜けていたため、ホバから降下までそこそこピントが続いたが、今回は後ろが近かったためか降下を始めると直ぐに後ろにピントが取られた。水際は、カワセミとは違い前に飛び出す一本調子だが、カワセミのように飛び込んでからの間が無くスピードも速かった。途中から水際に絞ったが残念ながら撮影はもう一つ、撮影を水際に絞るなら三脚を使用した方が良かったかもしれない。

この地のコアジサシは、森から飛んできて何度も魚を捕らえ飛びながら食べ、満足すれば帰るで、止まる事が無く止まりものは撮れない。
また、池の隅々まで飛ぶので、撮影場所から見れば広角過ぎて、数羽が出てくると何処に飛び込むか分らず追うのが困難、人が立っていようが関係なく近くに飛び込むので、近くのみを注意深く見ていれば良かったかも知れない。しかし、目移りして近くだけを注視するのは無理かも・・・・、カワセミ撮影の練習にもなるので、もういちど挑戦する。三脚使用で、レンズは500mmf4より振り易い300mmf2.8+1.4倍テレコンかな?

●シャッターを押すのが遅れる、ピントが合わないで大半の画像が水から飛び出してから。
13060901


13060902

 


13060903


13060904


13060905


13060906

     


13060907


13060908


13060909

 


13060910


13060911

 

●この少し前にピントが合い連写したかったのだが・・・・
13060912


13060913


13060914

 

●岸の直ぐ近く、人が前に居たが平気で飛ぶ込む
13060915


13060916


13060917

 


13060918


13060919

 


13060920


13060921

 

●遠かったのが残念
13060922


13060923

 


13060924

 

13060925


13060926

|

« カワセミ不調のストレスをコアジサシで吹き飛ばせ!Ⅱ  序章 | トップページ | ホバリング »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ不調のストレスをコアジサシで吹き飛ばせ!Ⅱ  序章 | トップページ | ホバリング »