« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »

2013年7月

2013年7月31日 (水)

カワセミ探索  少しだけ遊んでくれたが・・・・

 久しぶりにカワセミ探索に行ったが、少しだけ遊んでくれた。曇り空に少しモヤッとした雰囲気、カワセミまでの距離が遠いで満足出切る画像無しだったが、最近の状況を考えると撮れただけで良しとするか~!

久しぶりの魚咥えての飛びもの。水面向かった後途中で見逃し水際は撮れず。13073101

D800Eに328、最初は1.4倍テレコンで撮影したが、遠すぎたので直ぐに2倍テレコンに変えた。それでも遠く、画像はかなりのトリミングで拡大している。
13073102

水からの飛び出し、久しぶりの撮影でシャッターを押すのがワンテンポ遅れた。13073103

止まって直ぐに水切り、止まる瞬間を狙ったがピント合わず。
13073104

飛び出しを狙ったが遅れる13073105_2

久しぶりのホバは滅茶苦茶遠かった。AFでピントが合わず(背景にとられる)マニュアルでアシストしたが、ピントが直ぐ外れ連写出来ず。13073106

いずれの画像もマニュアルでピントを合わせ直しての撮影、ロングホバだったので何枚かは撮れた。完全MFの方が良かったかも知れない。
13073107


13073108

水面に向かったが近くに飛び込まず、かなり飛んでから飛び込む。このカワセミの行動パターンがまだ掴めていない。
13073109

対岸の茂みの中は暗かった。
13073110

直ぐ前に飛び込んで大きな魚を捕る。この時も振りすぎて水際を逃す。
13073111

魚を咥えてかなり飛びよった。
13073112


13073113

石の上に止まったが、尾っぽ近くを咥えていたので落とす事を期待した・・・もう一度飛び込みの撮影チャンスが出来る。13073114

残念ながら咥えなおし成功
13073115

持ち帰り
13073116

小雨が振り出したが、レインカバーをかけて少し粘る。
13073117

再び出てきたが、転々と移動し飛び込み2度の後、飛び去ったので帰宅した。
13073118

今日は曇り空で暑さはマシだったが、日が照ればチュウヒの撮影地同様かなり暑くなる。日影の多い植物園のカワセミ復帰を望む。

 

撮影機材:D800E、328+2倍テレコン(+1.4倍)、三脚使用  撮影枚数:260枚
移動:車  天気:曇り一時薄日後小雨
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年7月30日 (火)

チュウヒⅤ  今日の餌渡しは1時間に1度

 カワセミに行こうかと思ったが、川が増水していると予測してチュウヒに行った。土曜日は子が2羽現れ、餌渡しを30分に1度見せてくれたが、今日は取りに来た子が1羽で1時間に1度のペースだった。前々回と同様だったが、上空をあまり旋回せず直ぐに餌渡しが行なわれたので、シャッターチャンスは少なかった。子が成長しスムーズに渡せるようになったのだろう。
今日はゴーヨンを持って行きたかったが、膝の調子が一向に良くならず328にした。

●328+2倍テレコンでの撮影  f7.1、VR:OFF

親が餌を持ってくると、子が直ぐに飛び出す。13073001

子が体を起こすと親は餌を離す・・・反対か
13073002

餌が落下すると、子は足を突き出し捕獲体勢13073003

ナイスキャッチ、かろうじてキャッチか?
13073004

親は旋回して再び狩りへ、子は隠れ場所へ戻る
13073005

画像をモニターで確認するとパッとしないように思ったので、以後はテレコンを1.4倍に変えた。しかし、家で確認すると、遠すぎる被写体では2倍の方が良かったように思う。同じ条件の同時撮影ではないのでどちらが良いかよく分らない。

 

●328+1.4倍テレコン  f5.6、VR:OFF

2度目の餌渡しもあっさりしていた
13073011

子が近づいてくると、親は直ぐに離した。
13073012

カルガモの雛? 自然界は弱肉強食
13073013

ナイスキャッチ
13073014


13073015

子は餌を受け取ると、必ず口を開けて雄叫びを上げる(? 単に鳴いているのか)ようである
13073016

この時、上から親に向かって1羽の鳥が急降下、現地ではトビが紛れ込んできてややこしいと思ったが
13073017

帰ってから画像を確認するとチュウヒだった。もう1羽の子かもしれないが、登場したのはこのときのみ。遠くから現れたように思うが、親離れしたのかな。13073018

親を少し追いかけたが、何処かに飛び去った。
13073019

 

●三度目の餌渡しは、f5にVR:ONで撮影した。

どれも写りが悪い中、これが一番悪かったように思う。距離も一番遠かった。13073021

アンシャープマスクを強めで処理
13073022

しかし、空中で器用に受け取れるものである。
13073023


13073024

餌を無事キャッチして、子が高笑い?
13073025


ゴーヨン担いで行くかな? カメラはD4よりトリミングで拡大できるD800Eが良い。連写コマ数も猛禽相手ではかろうじてOK。ゴーヨンでも距離が遠い、856でも今日の距離は無理かな。
今日のような曇り空なら良いが、朝から晴れなら暑さが堪らん・・・・暑さ対策をしていても倒れそう。

<追伸>
先日、D4と80-400mmズーム手持ちで撮影した飛びものだが、近ければ満足の画像が手持ちでも十分撮れる。この鳥での狙いは単なる飛びものでは無く餌渡しだが、何とか綺麗に撮れないものか、少し意地になりそう。

ノートリ画像
このぐらいの距離(1.5倍ぐらいでも良い)で餌渡しをして欲しいが、鳥まかせで無理やろな。
13073031

トリミング画像  
13073032

 

撮影機材:D800E、328+2倍&1.4倍テレコン、三脚使用  撮影枚数:254枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:200円(通行料)

| | コメント (0)

2013年7月29日 (月)

メジロ

 朝から雨で撮影休み

PCの前に座り、先日InternetExplorerのVerが9から10に変わり(自動更新にしている)、HP日程表の罫線表示他が少し変わったので元に戻そうかと調べたが、面倒くさくなり実用上問題無いのでVer10のままにすることにした。
続いてPC・HDの写真画像を整理(数を減らす)し外付けHDにコピーした。6月、7月の撮影分で、撮影した日に半分以上削除しているが、それでも100Gbぐらいは残っていたので、更に1/3ぐらいに減らした。この間の撮影は、カワセミ以外でコアジサシ、ハヤブサ、カンムリカイツブリ雛、ヤマセミ、ブッポウソウ、アカショウビン・・・・と、それなりに色々撮っていた。カンムリカイツブリ雛、ヒバリ飛びもの、コシアカツバメ、タンチョウ、チュウヒ、セッカ(証拠写真)などの初撮影もあり成果はあったが、カワセミが全くダメだったため不調だったという印象が強い。実際は色々撮れて、この時期としては例年より良かったのかも知れない。

風景画像の整理が残っているが、野鳥に比べれば少ないので夏の終わりぐらいにまとめて整理する。今日は、雨が続くようで撮影に出れないが、明日は出れるのかな・・・・?

今日の画像は、先日久しぶりに撮影したメジロです。
13072901


13072902


13072903


13072904

ノートリ画像
もう少し撮りたかったが、人が歩いてきたので飛んで行った。
13072905

| | コメント (0)

2013年7月28日 (日)

チュウヒⅣ 餌渡し

今日は撮影休みで昨日の画像です。

親鳥が餌を運んでくると葦原から3羽が現れた。子が3羽いたのか、1羽は親♀だったのかよく分からないが、子の数が多く前回の撮影時より餌渡しの回数は多かった。待ち時間は蒸し暑くてたまらず、一人なら粘らず一度か二度撮れば帰ったであろう。

●一羽が直ぐに親を追いかけた時の餌渡し

獲物はネズミ、少し離れた上空から落とす
13072801

すぐさま片足でナイスキャッチ
13072802

両足でしっかりと掴み直す
13072803

雄たけびを上げ(?)、しばらく旋回して隠れる。
13072804

     

●2羽の餌捕り合戦

当然早い者勝ちで、親が餌渡し体勢に入った時に近くに居たものが有利13072811

後ろの子も必死に追いかける13072812

所詮、追い越せず
13072813

今度は体を横に傾けてのキャッチ、後ろの子も足を伸ばそうとしている。
13072814

     

●この時も2羽の競争

下の子の体勢が悪い13072821

方向を変えている時に差を開けられる。同じ子が連続で餌を受けているのか、それとも交互かは分らず。
13072822

今度の獲物は鳥、スズメかムクドリか?
13072823

直ぐにキャッチ
13072824

子は直進、親は左に進路を変える
13072825

遅れを取った子が追いかけるが時既に遅し。子同士の餌の奪い合いは見なかったので、直ぐに諦め次の機会を待ったのだろう。
13072826

     

●餌渡しの失敗もあった

子が近づき過ぎ
13072831

背面飛行で受け取ろうとしたが、タイミングがズレる。この距離では難しいだろう。
13072832

獲物掴めずで、子が慌てているのが表情から分る
13072833

親も子も追いかる体勢を取ろうとするが、落ちる速度の方が速かった。
13072834

 

親が餌渡しの後飛んでいく方向を見ていると前回と違った。全て同じ方向だったが帰りにその場所が分った。一度狩りの瞬間を狙いに行くかな、行っても毎回同じ場所とは限らないか・・・日陰が無いと暑い。

餌渡しの場所が遠すぎる・・・500mm+1.4倍テレコンの756で、遠くの飛びものが綺麗に撮れるかな?

| | コメント (2)

2013年7月27日 (土)

植物園後チュウヒ

 レンゲショウマを一眼レフで撮りたく植物園に行った。マクロと思ったがいつも通りの望遠ズーム、場所が暗くローアングルからの手持ち撮影に多少手こずったが、こんなものかで後はカワセミ待ちとなる。
カワセミは一度姿を見せたので期待したが、その後一時間以上姿見せずで、最近のカワセミの出は悪いと分っているので、諦めて場所を移動することにした。J君も来ていたのでセイタカシギ、タマシギ探しで大阪へとの話もあったが、正確な場所が分らないで結局場所が分っているチュウヒのご機嫌伺いに行った。幸い曇り空の時間が多く撮影条件は悪かったが、暑さが許容範囲で出もそれなり良かったので、3時半まで粘った。ただ、残念ながら400mmズームの手持ち撮影では、近づいてくれず距離が遠い猛禽飛びものにはちょっと無理があった。

植物園で最初に撮影したのは、アオハダトンボ♂13072701

温室前の外国産睡蓮
13072702

蓮池のハス
今年はハスが多く、カワセミの飛び込みがあったとしても、撮影の邪魔になりそう。
13072703

今日の狙いのレンゲショウマ
13072704

一昨日より花の数は増えていたが、どの花もうつむいているので手持ちでファインダーを覗いての撮影は困難、三脚にアングルファインダーを使用したいところ。
13072705


13072707

セグロセキレイ
13072708

久しぶりに見たカワセミは若♀かな。少しは遊んで欲しかったが直ぐに消えた。
13072709

 

場所を変えてのチュウヒの餌渡し、大トリミング画像
13072710

餌はネズミか?
13072711

ナイスキャッチで餌渡し成功13072712

    

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:312枚
移動:車  天気:曇り一時晴れに小雨
撮影経費:800円(駐車料金)

| | コメント (0)

2013年7月26日 (金)

地元ウォーキング

 ウォーキング標準機材の一眼と80-400mmズームを持って、地元の川から寺を3時間かけて歩いた。暑くてかなり汗を掻いたが、帰ってシャワーを浴び我慢出来ずに発泡酒に手が出てしまいウイスキーも少々、昼食後に1時間半の昼寝で減量の決心は暑さに負け何処かに行ってしまった。

川のカワセミはもう期待しておらず、腰と右足の調子チェックのため少し早足で歩き寺に到着。今年はハスが多いのは前回来た時に分っていたが、前回以上に増えていた。13072601

かなり奥まで水面をハスが覆う。
13072603

以前のカワセミ餌捕りお立ち台近くは、水面が残っていた。
13072602

見頃の八重の小振りのハス
蕾が多かったが咲き終わりも多く、見頃の期間は長いが咲き揃ったところを風景としては撮りにくい。どこのハスの名所も同じかも知れないが、場所選びが難しい。
13072604

シオカラトンボが花に止まる。
数年前にはギンヤンマが飛び回っていたように思うが、トンボの数は少なかった。時期的にもう少し後だったのかな?
13072605

ハチも花に寄って来る。
13072606

クマゼミの数が多く煩かった。
13072607

名残のアジサイが一厘
13072608

鉢植えのハス
13072609

カワセミの姿は見ずで、1時間ぐらいで寺を出た。

川沿いにはサルスベリが咲いていた。
13072610

久しぶりにメジロを撮影する
13072611

アゲハチョウ
花に止まるところを撮影したかったが、機会無しで飛んで行った。
13072612

帰りは支流沿いを歩いた。
出合から入った直ぐの所で、チュウサギが魚を狙って水面を見つめる。堰を越えるためジャンプするところを狙っている。頻繁に餌捕りをするなら狙うが、インターバルが長い。
13072613

川には小魚が多く居るのに、カワセミは姿を見せない。我が撮影地(川の一部)に限って言えば、カワセミは絶滅危惧種になったのかな?
13072614

名前分らずのトンボ、草に止まる所を待ったが止まらず。
13072615

コスモスがポツポツと咲いていた。
13072616

寺で一度座ったが蟻が歩いていたので直ぐに立つ。後は歩きっぱなしで、帰りはさすがに早足では歩けず。支流上流から家に向かう住宅街の道では、日陰が無く暑くてたまらず汗が額から何度も落ちた。
腰に右足は大丈夫だったので、明日は車を少し運転してみる。右足でのアクセルとブレーキ操作がどうかの確認、問題なければ来週に山へ行きたい。乗鞍か立山に日帰りで行きたいところだが伊吹山で我慢かな、伊吹山のお花畑も良い。イヌワシは待つ根気無し。

 

環境省の鳥類レッドリスト(2012)をネットで見つけ、最近撮影した鳥で名前が挙がっているのを見ると、絶滅危惧ⅠBとⅡで、チュウヒ、ブッポウソウ、コアジサシ、ハヤブサなどがあったが、アカショウビン、ヤマセミの名前は無かった。ついでに京都府の2012年ものを見るとアカショウビンにヤマセミの名前があった。生息数の増減を見ていると思うが、ヤマセミもアカショウビン同様京都では撮れなくなるのかな。

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:134枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:400円(拝観料)

| | コメント (0)

2013年7月25日 (木)

なんじゃ~!・・・・ 夕方追記

 朝、久しぶりに体重計に乗ったが、”なんじゃ~、72kgもあるではないかえ”と驚く。毎年夏になると汗の量より水分の取りすぎ(だけかな?)で体重が増え、最近お腹が少し出てきたので体重が増えているのは分っていたが予想以上だった。冬場に比べ5kgのオーバーで、D4にゴーヨンを担いで生活しているようなもの。最近、昼前には家に帰ることが多く、昼食をしっかり食べていることと昼からの家の中でのゴロゴロで、食べる量に比べ運動不足のもよう。夜は野菜中心で油ものはあまり食べていないが、アルーコールは欠かさず飲み、ご飯か麺類も食べている。数ヶ月で5kgも増えれば腰に足がおかしくなるのも当然、減量に取り組もうと決心し、今日の朝は食パン1枚(いつもは2枚)に牛乳のみ、昼はソーメンだけでスタートした。           

腰と膝の調子は多少悪かったが撮影に出た。地元ウォーキングかと思ったが、30分以上の歩きで家から離れると、調子が悪くなった時に帰るのが大変、地下鉄を利用し植物園に行く事にした。V1に専用レンズと思ったが、何年も続けて年に一度撮影している御苑のアオバヅクを撮ろうと思い、FT1に28-300mmを持って行く。一眼に80-400mmを持って行きたかったが、持ち歩くのに重いため今日は自重した。

今年のアオバヅクは、植物園での証拠写真に次いで2度目。昨年と同じ木の同じ場所近くに止まっていたが、あいにく逆光でV1の撮影ではなかなかフォーカスせず、撮影に苦労した上画像ももう一つ。D800Eと80-400mmでもう一度綺麗な撮影をとも思うが、動きが少なく面白味の無い鳥でどうするかは?
13072501

近衛池のカワセミは、過去に何度か撮影したものの、暗くて綺麗な写真が撮れたことが無いので様子も見なかった。

 

植物園では2時間ほど色々撮影したが、カワセミは反応無し。所詮2時間では無理とは思うが期待してしまう。

最初の撮影は、真夏の花ヒマワリ
13072502

綺麗に咲きそろっていた。
13072503

桔梗
13072504

ユリ
13072506

カノコユリ
13072507

レンゲショウマの花が2厘ほど
13072508

マユタテアカネかな?
13072509

知り合いのカメラマンさんが、大変珍しい蜂とかで撮影しておられたので、こちらも撮影したがV1に28-300mmではフォーカスがもう一つで上手く撮れず、専用レンズなら撮れていたのかも知れない。
13072510

この蜂だけで100枚以上撮影した
13072511

ササゴイ幼鳥、それともゴイサギ幼鳥?
13072512

スズメ
13072513

ハマボウ
13072514

アサガオ、もうしばらくすれば早朝アサガオ展が始まるのかな。
13072515

 

<夕方追記>

3時過ぎに再び家を出て1時間半の地元ウォーキング、本流から支流をまわっったが何の成果もなし、たっぷりと汗だけは掻いた。風呂に入って汗を流し体重計に乗ると70kgを切っていたが、今日の夜で再び増えると思う。この増える量を減らしていかなければならないのだが・・・・・

カワラヒワが河原のコンクリに居た
13072521

セキレイの幼鳥
13072522

キバナコスモス
13072523



撮影機材:V1、FT1+28-300mmf3.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:354枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:600円

夕方
撮影機材:V1、30-110mm  撮影枚数:31枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年7月24日 (水)

琵琶湖烏丸半島のレンコンの花

 朝、腰に右膝の状況は昨日より良くなっていた。早朝散歩を予定していたが、雨で時間を遅らせる。暇で写真を撮っているのでは無く、楽しんで撮影に出かけており日々の無収入の仕事みたいなもの、数日家に居ると落ち着かない。雨が上り10時頃にカメラを持たず腰、肩、膝痛の塗り薬買いついでに自宅周辺を1時間ほど散歩したが、階段を降りる時に右足を先に出し、左足を差し出し体重が右足にかかった瞬間に膝がカクッとなる以外は、無理をしなければ腰も膝も大丈夫だった。昼食後に1時間ほど昼寝、朝の結果により2時半頃から4時頃までカメラを持たずに山科川ウォーキングで百均まで歩いた。腰の調子は歩くほどに良くなったが、右足が時間が立つにつれ調子が悪く(ふくらはぎ辺り張り?)なったので、歩くスピードを落とし何とか家にたどり着いた。尚、カワセミは、まったく反応無し。
明日は、思い切って電車利用で撮影に出るか、地元ウォーキングの様子見か、右足の調子が悪いので車はやめた方が良いだろう。 

先日、撮影したレンコン(漢字は蓮根)の花です。今日あたりは満開かな
13072401

         
13072402

        
13072403_2

      
13072404_2

 

ただいま夕方の4時37分、シャワー浴びて”麦とホップ”を飲んで気持ち良し。”黒ラベル”を飲みたい、飲むのを2日に1回にすれば飲めるが・・・・出来ません!

| | コメント (0)

2013年7月23日 (火)

鰻を食べて腰痛悪化

今日も撮影休み
昨日は土用の丑の日で、昼食に鰻を食べた。暑くて昼前にクーラーを入れたが、涼しい部屋で油の乗った鰻となれば、当然発泡酒(ビールで無いのが残念)に手が出る。発泡酒だけで止めれば良かったのだが、ウイスキーロックにも手が出た。昼間のアルコールはよくまわり、少し酔っ払った後昼過ぎから約1時間半の昼寝、3時前には起き少し頭がボーっとした状態で、ソファーにどっかりと座りTVの時代劇を見た。見終わった後、ソファーから立とうとした時に腰に激痛が走り動けず。数分間気力で踏ん張りゆっくり立ち上がったが、歩こうとした時に右足の膝がカクッ、カクッとして少し足に痺れもを感じた。腰の痛さと右足の違和感を我慢しながらゆっくりと歩き、場所を移動して机の前の木製の椅子に座ったが痛みが続く。10分ほど背筋を伸ばし、ゆっくりと腰を動かしていると痛みはかなり治まったが、歩く時の足の状況は変わらず。風呂に入りたかったが、風呂場でこけたら大変なので我慢して、夕食を食べ7時には布団に入った。今日の朝6時まで、いつも通りクーラーのタイマーが切れる度に目が覚め起きたが、一度寝ると大分良くなっていて、夜中に起きるのには支障が無かった。今日の朝は、腰の痛みはさほど無いが、腰から下のバランスが少しくずれているような感覚、歩くのに支障は無くなっているが用心して外出はやめる。明日、さらに調子が良くなっていれば、V1片手の自宅周辺散歩からリハビリスタートかな?
鰻を食べていなければ、今日は撮影に出ていただろう。アルコールに手が出ていなければかな?

6/20に撮影した清大寺・越前大仏です。
越前大仏は白峰に行く時に近くを車で走っていたこともあり、以前から知っていたが、貰った参拝のしおりによると、大実業家が昭和62年に建立した新しいものだった。いろいろと有るようで、歴史遺産では無いにしても見事なスケールだった。

門前、朝の9時過ぎ、人はおらずヒッソリしていた。13072301

大門
13072302

大門の仁王像、大仏殿に向かって左側
13072303

大門の仁王像、大仏殿に向かって右側
13072304

大仏殿、東大寺を上回る大きさとか13072305

大仏座像、使用した銅の量が220tonとかで、昭和の作とはいえ一見の価値はある。
13072306


13072307


13072308


13072309

五重塔、高さ75mで日本一の高さという。中にエレベータがあり5階まで上れるのは・・・・
各階に石仏や金仏が安置されているそうだが、時間の都合で(ちょっと寄っただけ)見学しなかった。
13072310


13072311

五重塔の上から大仏殿を撮影する。
13072312

 

この後九頭竜ダムに向かったが、直ぐ近くに平泉寺というのがあったが素通りした。霊峰白山の越前側登拝口に開かれた白山信仰の拠点寺院とかで、こちらは1300年近く前に、泰澄によって開かれた寺とか。行く機会があまり無いので行っておけば良かったと、帰ってからネットで調べて後悔。

| | コメント (0)

2013年7月22日 (月)

夏の白川郷

 今日は朝から蒸し暑い、腰の具合は昨日より良くなっているが、カワセミ不調が続き特に撮影したいと思うものは無く、地元ウォーキングもクソ暑いだけということで撮影休み。

7/20に撮影した夏の白川郷です。
山里で涼しいかと思ったが、日影は涼しかったものの、日なたは歩くと汗が噴出すようなことは無かったが暑かった。ユネスコの世界遺産登録地だけあっって、夏でもそれなりの観光客が訪れていた。花を絡めた観光写真を撮るのが目的、何度も行っているので1時間半ぐらいの撮影で満足し、村を見渡せる展望台や村はずれには行かず、有料の合掌造り民家園にも入らなかった。
春に秋は人が多く、このシーズンがもっともゆっくりと観光を楽しめるかも知れない。しかし、いつも写真撮影が目的なので、ゆっくりしたことは無い。冬の雪の中の夜間ライトアップを一度撮影したいと思っている。

撮影はD800Eに28-300mmレンズで、ピクチャーコントロール:風景、絞り優先でf8を基本に11まで、露出補正:0~+0.7(主に+0.7)、ISO:200→途中から250での撮影。PLを持って行こうと思いながら、忘れたのが少し残念。

13072201


13072202


13072203


13072204


13072205


13072206


13072207


13072208


13072209


13072210


13072211


13072212


13072213


13072214


13072215


13072216


13072217


13072218

| | コメント (0)

2013年7月21日 (日)

北陸周遊&白峰白山まつり(前夜祭のみ)

 昨日と今日、今期2度目の白峰での渓流釣り。残念ながら数日前に左膝を痛め、少し庇って歩いてため腰の調子もおかしいということで、釣りには参加せずこの両日行なわれる白山まつりの見物に行った。白峰へのルートの都合上、行きは滋賀の仲間2名を途中まで送る必要があったので早朝に出発、北陸道の杉津PAでバトンタッチ後も福井北まで高速を走り、勝山、九頭竜湖、白川郷、白山スーパー林道を経由して夕方に白峰に入った。当然カメラは持って行ったので色々と撮影した。

●勝山の越前大仏
始めて訪れたが、大仏は奈良の東大寺大仏を少し上回る大きさで立派なもの。寺の名は清大寺、東大寺とは関係なく京都の妙心寺派とのこと。
(大門、大仏殿、五重塔など撮影しており、写真を整理して後日掲載します)13072001

    

●勝山城博物館
戦国時代に柴田勝家一族の勝安によって城が建てられたそうであるが、これは城跡近くに立てられた天守閣風建築物の博物館。天守閣の高さは57.8mあり日本一の高さで、姫路城を模しているとかで、そう知るとよく似ている。清大寺五重塔5Fからの撮影で城と思った。
13072002

 

●九頭竜ダム
ロックフィルダムで高さは128mあるそうである。10数年前に渓流釣りで周辺に入ったことがあるが、ダム湖は紅葉も綺麗、探せばヤマセミが居るかも知れない。
13072003

 

●白川郷
何度も訪れているが、夏は2度目だったと思う。日陰はひんやりして涼しかったが、日の当たる場所は暑かった。京都よりかなりマシ。観光客は春や秋のシーズンに比べ少なかったが、外国人には人気があるようで比率が高かったように思う。
(かなりの枚数を撮影したので、整理して後日掲載します)
13072004

 

●白山スーパー林道
一番高い場所辺りからの白山を撮影、頂が見えて良かったが逆光気味が残念。風が吹くと涼しいというより少し肌寒かったが、スーパー林道を走っている間は車のエアコンを切り窓を開けた。イヌワシでも飛んでいないかと思い注意深く見ていたが姿無し。
13072005

望遠での撮影
13072006

スーパー林道には滝が多い。中でも有名なのが”ふくべの滝”、28mmで縦に撮影したが、下の小滝まで全体は入らない。
13072007

中宮温泉ビジターセンター
石川県側に下りて中宮温泉に鳥探索に行こうかと思ったが、時間がなかったのでビジターセンターで一休み。
13072008

4時前に白峰の民宿つるのに疲れて到着、釣り仲間は既に到着しており居酒屋で一杯、合流してビールを飲んだが、すきっ腹でおかず無しで飲むと酔いがよくまわる。昼食は白川郷でコロッケを買って食べたのみだった。

ほろ酔いで白山まつりの撮影に出る。

●白峰白山まつり
まつりの会場、今年は舞台が無かった。挨拶で話があったが、財政難とかで予算が少なかったとか。
13072009

実行委員会会長の挨拶で、まつりが始まる。区長さんとかで、さすがに挨拶が上手い。
13072010

鏡開き
13072011

餅つき
草もちが振舞われていた。今年はビールを飲み、夕食前だったので貰わなかった。
13072014

最初は子供の金管パレード、会場を出て村の中をひとまわり
13072015

子どもみこしを囲んでの子どもかんこ踊り、ぎこちない踊りが可愛い。
13072016

泰澄大行列
センターの人が泰澄大師役、白山まつりは1300年前泰澄大師が白山を開山されたことに起源するまつりとかで、行列としてはメインかな
13072017

松明を持って歩く人の足の動かし方はしきたり、それともご愛嬌?
13072018

7時半頃から始まったかんこ踊りと踊り流し
期待していた踊りだが、会場でもらったちらし演目と違い踊り流しのみだった。ちらしには、いくつかの踊りが書かれており演者も衣装を着ていたが、場所の都合(今年は舞台無し)で急遽変更になったのかな? 過去に何度か見ており今年も期待して行ったのだが。
13072019


13072020


13072021

終盤の踊り、この後民宿に引き上げた。昨年は雨が水を差したが、今年は天気が良かっただけに・・・。数年前は最後に打ち上げ花火も上がった。世の中の景気が、山里のまつりにも影響しているのか。
13072022


13072023

雪だるまを模した街灯、これまで気が付かなかった。一度行ったが2月には雪だるままつりが行なわれている。
13072024

 

●夕食に出たイワナの骨酒と塩焼き
全て仲間が釣ったもので最長寸は32cm、私が川に入っていればもう数cm大きくなっていただろう・・・???
13072025


13072026

2日目の今日は、朝から腰の調子が悪く、先に一人9時過ぎ白峰を後にした。腰が少しおかしかったところに、長距離ドライブがこたえたのかな。

 

撮影機材:D800E、28-300mmf3.5-5.6、手持ち撮影 撮影枚数:404枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円(釣りで予算を確保していた)

| | コメント (0)

2013年7月19日 (金)

撮影休み 昨日のチュウヒ残り画像

 今日は撮影に出る予定だったが、寝不足且つ朝再び腰に痛みが走ったため、明日、明後日の北陸行きに備え休養日にした。

アカショウビンの情報によると17日に雛が巣立ったとのこと。情報を見たのが昨日の朝で、片道200kmを越す撮影地、”ほなら、行こか”と云う気にならなかった。前日に見ていればひとっ走りしていたかも知れない。巣立ち後数日で山奥に移動し姿を見れなくなると聞くが、もう一度綺麗な止まりものと出来れば雛も撮りたかった。行けるのは来週の月曜日以降、残念ながら来年に持ち越しとなるだろうか・・・。
それにしても多くの人が集まるにも関わらず、アカショウビンが自然の中で撮れる場所、施設を管理している職員さんに感謝しなければならいが、入園料の500円は管理費用に使われているとすれば特にどうこう思わない。撮影場所の管理がなされていると鳥は逃げないということか、それともここの鳥が特別で人慣れしているのか? カワセミでも人を見ると直ぐに逃げる個体と、何人かがカメラを構えていても平気で直ぐ前に止まる個体も居る。鳥の事は鳥に聞かないと分らないが、人が邪魔なら何処かに姿を消すだろう。その一線ギリギリに管理されている場所なのかも知れないと解釈して、これからも行くつもり。

昨日撮影したチュウヒの残り画像、今年の冬のオオワシほどでは無いが、比較的近い場所を通過してくれた。

元画像約4800Pixel→ 約1400~1700Pixelにトリミング → 900Pixelにリサイズ
Dsc_9092


Dsc_9099


Dsc_9105


Dsc_9110


Dsc_9111


Dsc_9115


Dsc_9118


Dsc_9120


Dsc_9121


Dsc_9123

| | コメント (0)

2013年7月18日 (木)

チュウヒⅢ  餌渡し

 朝の天気予報では午前中の天気がもう一つ、ならばそれほど暑くはないだろうと3度目のチュウヒ撮影に行った。狙いは先日まともに撮れなかった親から雛への餌渡し、高速連写で瞬間をもれなく撮るためカメラはD4とした。レンズは500mmf4を持って行きたかったが、膝と腰の具合が完全ではないので自重して軽量の80-400mmとし、念ため1.4倍テレコンも持って行った。
11時までの撮影で途中場所を離れ他の撮影も行なったが、約1時間毎に3度の餌渡しが見られ、1度だけ遠かったがそこそこの撮影が出来て満足かな。
尚、途中で一度親が餌を掴んで現れ、そのまま隠れている雛に持って行ったような?

 

雛が飛んだので注意深く空を見ていると、親が獲物を掴んで現れた。13071801

雛が直ぐに後を追いかける
13071802

何度か旋回して餌渡しの体制に入る
13071803

雛が近づき、親が餌(スズメかヒバリか・・・)を落とす。
13071804

雛が受け取る体勢で近づくが
      
13071805

落とすのが少し早過ぎたようである
13071806

雛は背面飛行で追いかける
13071807

餌を追いかけ急降下
13071808

もうちょい
13071809

地上から15mぐらいのところ(追記:もっとあったか?)でやっと掴む。雛は、旋回して葦原に隠れた。
13071810

親は再び獲物探し。立っていた場所後方の離れた田んぼが主な狩り場のようであるが、反対方向に消える事もある。
13071811

どんどんこちらに近づき、途中で方向を変える。
13071812

冬のオオワシ撮影を思い出した。
13071813

近くを飛んでくれる時は400mmレンズでも十分だが(トリミングは必要)、餌渡しの場面は遠くて不十分、600mmぐらい欲しい。500mm+1.4倍テレコンかなとも思うが、近くで渡しよると長すぎて親と雛の両方が入らない可能性も考えられ、どちらが良いのやら。
13071814

途中から晴れ間が出たが、やはり暑かった。

 

撮影機材:D4、80-400mmf4.5-5.6、三脚使用  撮影枚数:421枚
移動:車  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年7月17日 (水)

またやってしもた!

 ここしばらくの夜は蒸し暑く、寝れなかったりく寝れたりの日が交互に続いている。今日はよく寝れ、6時に起きたが快調だった。ところが、コンセントを壁のタップから抜こうとして痛めている右膝を庇いながらしゃがみ、立とうとした時に腰に痛みが走る。幸いにも腰のセンターでは無く少し右側、動けば少し痛い程度、普通の状態では無いが歩けるので3日間撮影していない事もあり撮影に出た。
特に狙いは無くD7000に80-400mm+1.4倍テレコンでのAFの確認と思い、蓮の花撮影で琵琶湖に行った。AFは問題なくフォーカススピードもさほど遅くならない、数枚連写してモニターを確認するとデモモードの表示が出るではないかえ、確認すると何とメディアが入ってなかった。メディア忘れは確か3度目、仕方無しでトビやサギの飛びものも撮影し、モニターを確認して引き上げた。
D7000に80-400mm、1.4倍テレコンを着けることがあるかな? D800EやD4ではたまに使っている。

今日の画像は先日撮影したホオジロ
13071701

  

撮影機材:d7000、80-400mmf4.5-5.6+1.4倍、三脚使用 撮影枚数:デモモードで20枚程度
移動:車  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年7月16日 (火)

右膝痛で今日も撮影休み

 今日は早朝から祇園祭の山鉾を撮影し植物園に行く予定だったが、右膝の調子が良くなく天気ももう一つだったので中止して撮影休みにした。普通に歩けるが、座っていて立つ時や階段を上る時に少し痛むが、右足をかばいながら歩くと腰の調子も悪くなりそう。

掲載する写真で在庫にこれといったものが無い、昨日の写真を2回に分ければ良かったかな。
雛の顔がかすかに分る画像が1枚合ったので、修正し使おうと思ったが1枚だけなので昨日の書き込みに追加したものの、何かが写っている程度だったので直ぐに削除した。最近撮影したホオジロや鵜の写真を引っ張り出したがもうひとつ、結局アカショウビンの止まりものを大修正し貼り付けることにした。
いずれの画像もピクチャーコントロールを風景に変換、露出を+1~+2ぐらい修正、かなりのノイズリダクション処理もしている。

ISO2000、f5.6、SS1/640 1.4倍テレコン使用 前を向いたが何故かピント合わず
13071601

ISO1600、f4、SS1/2000 飛びもの狙い設定で撮影
13071602

ISO2500、f4、SS1/640 止まりもの狙いだったが、SSをもっと遅くしISOを下げた方が良かった
13071603

同上
13071604

ISO1600、f4、SS1/320 止まりもの狙いの設定
13071605

ISO4000、f4、SS1/640、少し遠かったのでSSを多少速くした。
13071606

上のトリミングのみを合わせた無修正画像
13071607

上のノートリ無修正画像
13071608

| | コメント (0)

2013年7月15日 (月)

撮影休み  ブッポウソウにアカショウビンの拡大画像等

 昨日の夜、右足の膝を何かにぶつけたようで歩くと少し痛い。強くぶつけた記憶は無く、少し酔っていたので椅子にでも軽く当たったのだろう。天気がもう一つだった事もあり、今日は撮影休みとし、ブッポウソウ止まりものとアカショウビン飛びもので、どこまでトリミングしても見られるかソフト修正を行なった。
トリミングしすぎない方が見た目が良いと聞くが、鳥の画像は大きくしたいと思っているので、画が多少崩れてもいつもかなりトリミングしている。
尚、トリミングの表現は大か小か? 画像を大きくするのに範囲で言えば小、鳥を大きくするという気持ちの上では大トリミング。

●ブッポウソウ止まりもの:D800Eに500mmf4、撮影範囲×1.2(換算600mm)
 元画像横約6100Pixel → 1200~1400Pixelにトリミング → 900Pixelにリサイズ13071501


13071502

13071503


13071504


13071505

 ノートリ画像
Dsc_4030


    

●アカショウビン飛びもの:D4、500mmf4
元画像横約4900Pixel → 約1350Pixelにトリミング → 900Pixelにリサイズ130715061350


13071507

当たり前だがピントが巣穴から動かなかったため、ピントがあまい。
13071508

朱色の嘴に赤褐色の羽が、緑の森の中では際立つ
13071509

自然の中でのアカショウビンの撮影は5年目になるが、これまでで最高の飛びもの。
13071510

ノートリ画像
Dsc_8707

 

★目一杯のトリミング  元画像横約4900Pixel → 約930Pixelにトリミング・そのまま

・ISO1600の止まりもの SS1/1600
Dsc_8704

・ISO2500の飛びもの SS1/1250  流石に、こりゃかなわん!
Dsc_8724

 

★高感度撮影

・ISO4000で撮影 元画像約4900Pixel → 約1700にトリミング → 900にリサイズ
            ノイズリダクションにアンシャープマスクで処理130715111700p

・1SO6400で撮影 ノートリ → 900にリサイズ
        ノイズリダクション処理、アンシャープマスクは使わず
        トリミングしなければ個人的には問題無し。
        今度撮る機会があれば、このような構図で感度を下げて撮りたい。13071512

 注)鳥撮影でD4は、通常ISO2000に押さえ状況によっては4000まで使用しているが、6400は稀、夜景撮影では常用範囲。
   D800Eは野鳥撮影で2000、稀に~4000、風景では5000を限度としている。

| | コメント (0)

2013年7月14日 (日)

気合を入れてアカショウビンⅡ

 今日は撮影休みで、昨日撮影したアカショウビンの続編です。

昨年は、秒のコマ数が少ないD800Eを使用したため、1回の給餌での飛びもの撮影枚数が少なく後悔したが、今回は飛びものに的を絞りD4を使用して満足の結果を得ることが出来た。撮影方法は昨年と同じ、フォーカスポイントを右端に設定し巣穴あたりにピントを合わせておく、アカショウビンが巣穴に到着する前からリモートスイッチでシャッターを押し始め、完全に飛び去るまで押し続けた。そのためアカショウビンが写っていない画像に、巣穴に嘴を突っ込んでいる同じような無駄な画像が多かったが仕方無し。
また、天気が不安定で森の中は暗かったり多少明るくなったり、露出設定の変更を頻繁に行なった。露出マニュアル、f4固定でSSが1/1250以上、-1~-1.3アンダーになるようISOを変更した。ISOは1000~4000の範囲で、2000以上でトリミングするとかなりのザラツキがでたが、いつも通りCaptureによりノイズリダクションとアンシャープマスクで調整した。
SS1/800も一度試したが、トリミングで拡大するとブレが目立つ。ピントが合っていなかったのかな?

●飛びものの一番良かった連続画像
 ISO1000
130714011000_2


13071402_2


13071403


13071404


13071405


13071406


13071407


13071408

 

●飛びもの
 カワセミより飛ぶスピードが早く、飛んでるところをファインダーで追うのは自分の技術では無理。
 
 ISO1600
130714091600


13071410

   
        

●帰る間際の3時半頃に、止まりものを撮影したが暗すぎた。あまりトリミング出来ず。
 ISO4000   
130714114000

 

13071412

 ISO6400
130714136400

 

●連写中の瞬時のとまりもの
 ISO1600
130714141600

 ISO2000
130714152000

 

今度行くとしたら木の葉の緑を入れた止まりもの主体の撮影をしたい。カメラはD800E、ピクチャーコントロールは風景(今回はスタンダード)で、自然の中での絵になる画像を撮る。アップ画像は京都市動物園で撮れる。

参考:2008年7月に動物園で撮影した画像、日差しの条件にもよるが撮り方を工夫すれば前の金網は消せる。
13071416

| | コメント (0)

2013年7月13日 (土)

気合を入れてアカショウビン

 今日はJ君と自身は今期2度目のアカショウビン撮影に行った。当然、飛びもの狙いで気合を入れてD4にゴーヨンで挑んだが、道中の高速で予想以上の渋滞に巻き込まれ1時間半のロス、半ば諦めて11時半に現地に着いたが、思っていたよりアカショウビンが活躍してくれ前回の鳴き声だけのリベンジを果たした。ただ、天気不安定で森の中は暗く、狙いは飛びものでシャッター速度を優先に考え(設定は露出マニュアルだが)ISOは1000~4000、現地でのモニター確認ではOKと思ったが、PCモニターで拡大してみるとザラツキが目立った。ソフト修正での補正を時間をかけて行なう必要有りで、今日は撮影初めの数枚を適当に掲載します。

まずは証拠写真で止まりものと思ったが、陣取った場所が悪くもう一つ。13071301

飛びものは2箇所で撮影したが、最初の場所での撮影
13071302

給餌
13071303

餌を雛に与えると直ぐに次の餌を取りに行く。撮影中は気付かなかった雛の嘴が見える。
13071304

巣穴に置きピン(AF-Cではあるが)で連写の不精撮影、飛び出す方向がまずく飛行はピンズレ。
13071305

ピントの追従がもう一つだったので場所を変えた。今日はこれまで、さほどのドライブ距離ではなかったが、夜の蒸し暑さによる寝不足で行ったので疲れた。

 

撮影機材:D4、500mmf4、三脚使用  撮影枚数:271枚
移動:車  天気:曇り一時小雨
撮影経費:10,700円

| | コメント (2)

2013年7月12日 (金)

カワセミ探索  ホトトギスが鳴いていた

 カワセミ探索に行ったが、距離は遠かったものの久しぶりに撮らせてくれた。約2時間の撮影(追記:シャッターを押したのは15分程度と数分2回)、朝からホトトギスが鳴き続けていたので最後に見に行ったが、対岸の山の中でどうしようもなく、11時頃に引き上げた。
距離が遠くてまとに撮れず姿を見れただけでもマシと思っていたが、帰ってから大トリミングに画像修正で見れる画像が何枚かあったので行って良かったかな・・・。

この地では比較的近い止まりもの13071201

”ガオ~” も久しぶり
13071202

餌捕りは滅茶苦茶遠かった。飛び込む前に水面上でホバをしよったがシャッター押せず。
13071203

手前に向かって飛ぶ
13071204

少しは近くに止まったが、それでも遠い。
13071205

唯一撮れた水際だがピンズレ。今日はD7000に400mmズーム、この地では856が欲しいが地元のカワセミ撮影では長すぎて邪魔
13071206

ツバメがニアミス
13071207

止まり木に止まって羽を震わす
13071208

2度ほど見たが、何だったのか?
13071209

石の上からの飛び出し
13071210

餌捕りの着水は諦め、飛び出しを狙っていた。
13071211

遠すぎる
13071212

こちらも飛び出しを狙う
13071213

多少近かった
13071214


13071215


撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、三脚使用  撮影枚数:223枚
移動:車  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年7月11日 (木)

撮影休み タンチョウの雛は可愛かった

 今日もいつも通り5時過ぎに起きた。8時出発でカワセミ探索を予定し、それまでの時間にブログTOPページの写真張替えを行なった。カワセミの近距離撮影画像を探していたがなかなか見つからず、取り合えずカワセミ蓮止まり、コマクサ、アカショウビンを掲載していたが、ようやく見つかったので張替えた。しばらくは変更しないつもり。その後TVを見ていたが、曇り空で蒸し暑く外に出る気を無くし休養日に変更。
ここ数日、朝に出かけ帰って来ると暑くて直ぐにエアコンを入れているが、家の中に朝から居ていつまでエアコン無しで過ごせるか、景品でもらった小型扇風機で我慢していたが、12時には我慢の限界を越え、エアコンのスイッチを入れ昼食後に1時間の昼寝。特にすることの無い暑い日は昼寝に限る。

画像は先日撮影した国の天然記念物タンチョウ、名前はタンチョウヅルと思っていたが、タンチョウが正式名称、始めて開けた場所で撮影でき岡山遠征のサプライズとなる。

雛を一羽見たが、小さく親の大きさとの違いに驚く。何ヶ月で親と同じぐらいの大きさになるのだろうか?
13071101

500mmレンズの撮影では体全体が入らず、かなり離れて撮影した。13071102_2

アオサギが飛んでくると、威嚇(と思う)の鳴き声を発していた。
13071103_2

雛は近づかないとまともな大きさに撮れない、親は離れないとはみ出すで撮影に厄介な親子、ズームレンズが良いだろう。
13071104_2

大トリミング画像
13071105_2

これも大トリミング
13071106_2

雛への給餌、餌はワームかな? 何か分らないが虫と思う
13071107_2

| | コメント (0)

2013年7月10日 (水)

チュウヒⅡ 2日続けての炎天下は9時までが限度だった

 今日も行く所が無く、日影の無い炎天下覚悟でチュウヒ撮影に行った。車の渋滞を避けるため、昨日より30分早く家を出たが同じ、もう30分早く出ないと渋滞を避けることが出来ないのかもしれない。カメラマンと鳥見の方が二人来られており、話をしながら待っていた間は良かったが、二人が帰られ一人待つ身になると暑さが堪らず、9時前には引き上げた。昨日は吹く風が少し涼しいように感じたが、今日は風が吹いても ”暑、あつ、アツ~” としか感じず2時間持たなかった。

帰ってからATMに行ったが、道でお婆さんが歩けなくなり通行人3人が看護していた。直ぐに救急車がやってきたが、熱中症で倒れたのだろう。シャワーを浴びて昼食時に発泡酒2本を飲み、1時から2時間ほどクーラーを効かせた部屋で昼寝した。信州辺りか立山の涼しい山に逃げたいが、本格的な夏は始まったばかりで我慢、我慢の毎日かな。

今日は雛が顔を見せた。昨日、親が餌を掴んで鳴きながら何度も上空を旋回していたが、巣立ちを促していたのかも知れない。
13071001

何度か茂みの中で羽ばたいた後、一気に飛び出したが、今日が初飛行かどうかは知らない。
13071002

親に比べ色が濃く、飛び方も少しぎこちなかった。
13071003

比較的近くを飛んでくれたがシャキッとせず、アンシャープマスクを効かせている。
13071004

ジンバル雲台、少し動きを固くして使った方が良いのかな? 遠くて動きの遅い猛禽なら追従出来る?
13071005


13071006

親登場、残念ながら今日は遠すぎた。
13071007


13071008


13071009


13071010

雛、二度目の飛行は近く(と言ってもトリミングで3倍に拡大)、この距離なら満足の撮影が出来る。
13071011

さすがに猛禽、出てきた時は幼顔に見えたが、近いと顔は精悍。
13071012

餌渡しが行なわれたが、遠すぎて証拠写真にしかならず。
13071013

シャッターを押すタイミングが遅れ、餌落下の瞬間は目では見たものの撮れず。
13071014

 

<熱中症対策>
日傘は必需品(3段折の雨傘流用)、それ以外に
・お茶は凍らせて保温ケースに入れる。半日ぐらいは持つ
・ネッククーラー ジェルを凍らせて布に入れ首に巻くが1時間半ぐらいしか持たない。
・マジクール  水を浸して首に撒く(布の中の高分子ポリマーが水を吸い膨れる)。数時間は持つ、効果が無くなれば再び水を浸す。
・保冷剤 念のためリュックのサイドバックに入れている。
・うめ塩飴
直ぐに移動出来る手持ち撮影時は、凍ったお茶、マジクール、うめ塩飴、(傘)
13071015


撮影機材:D800E、500mmf4、三脚使用  撮影枚数:232枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年7月 9日 (火)

チュウヒ  炎天下の撮影は、2時間が限度だった

 京都では昨日に梅雨が開けたとか、夜寝苦しくタイマーをセットし、クーラーを入れて寝たが切れるたびに目が覚め、寝てから2度セットし直しで結局5時までクーラーを効かせていた。
今日は朝からチュウヒ撮影、凍らせたお茶、ジェル(ドイツ語ならゲルか)状の凍らして首などに巻くグッズ、うめ塩飴に傘と熱中症対策万全で行った。朝8時過ぎに日影の全く無い撮影地着、最初は吹く風も涼しかったが、9時を過ぎると風も少し温かくなり、10時過ぎに我慢の限界となり引き上げた。鳥撮影に熱中し熱中症になればシャレにならぬ。
尚、首に巻くグッヅは1時間しか持たなかった。凍った保冷剤を小型クーラーボックス(釣り用に持っている)に数個入れて持って行き、タオルに包んで首に巻き取り替えるのが良いかも知れないが、車から少し歩く必要がある。

チュウヒの撮影は始めて、始めての撮影は手持ちということで、D800Eに400mmズームで途中1.4倍テレコンも付けたが歯が立たず。近くを飛んでくれた回数が少なく、大半が失敗のブレ画像でゴーヨン担いでリターンマッチに行く。856が欲しい距離、1.4倍テレコンを付ければ756になるが、オオワシの経験から、遠い距離の飛びものは、テレコンは無しでトリミングする方が良いだろう。

トリミングしすぎたかな13070901


13070902


13070903


13070904


13070905


13070906


13070907


13070908


撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:280枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (2)

2013年7月 8日 (月)

植物園へ、年間パスポートと都コンブを買いに行った

 朝から植物園に行った。7/1より無料入園年齢が70才以上に変更され、まずわ年間パスポートを1,000円で購入、蓮などを撮影した後熱中症対策に売店へ塩飴を買いに行ったが、無かったので代わりに都コンブを105円で購入した。後はカワセミ待ち、10時過ぎに飛んできて奥で水浴びをしていたが、しばらくして鳴き声が聞こえ西に飛んで行ったようである。朝の内は涼しい風が吹いていたが、11時を過ぎると暖かい風に代わったので、12時前に引き上げた。家近くの駐車場に着き車から下りると、”暑、あつ、アツ~”で今日は猛暑日、この夏は日々をどうして過ごせばよいのやら? 昨年は、植物園でカワセミを撮影していたが、今年は・・・・・

蓮池の蓮
13070801


13070802

紫陽花園池の蓮
13070803


13070804

名前は知らないがユリの一種と思う。
13070805

キヌガサダケが一つ、もう終盤かな
13070806

角度を変えての撮影
13070807

東屋から奥に止まったカワセミを撮ったが、証拠写真にもならず。
13070808


撮影機材:D800E、80-400f4.5-5.6、手持ち撮影 撮影枚数:65枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:1,800円(駐車料金、年間パスポート)

| | コメント (0)

2013年7月 7日 (日)

ブッポウソウ2013  短時間撮りまくり

 今日は植物園に行くつもりだったが2日続けての寝不足に、昨日撮影準備中に不注意で生じた左手人差し指の突き指により、左手で重い機材を持ちにくいということがあり休養日に予定を変更した。

今日の掲載は昨日のブッポウソウ
天気予報では曇りでも予想最高気温が高く蒸し暑いだろうと、暑さ対策グッズを二つ持って行ったが、風が吹き山の中は涼しく不要だった。道路からの撮影で距離があるとはいえブッポウソウからこちらが丸見え、昨年に続き2度目の撮影でブッポウソウの習性は知らず、動きを見て嫌がるようなら木の陰に隠れるつもりだったが、二人だけだったからであろうか途中から釣りで言えば入れ食い状態、連続で餌を巣箱に運んでくれたので、短時間で撮りまくりさっさとその場を後にした。ただ、曇り空で距離が遠かったため、ピントが背後に取られ合い難く且つ解像ももう一つだったが、日差しが無く目がはっきりと入ったので良かったのかも知れない。
車に戻ってから、ブッポウソウのけたたましい鳴声が聞こえたので見ると、別の固体が近くに来たようで2羽対1羽の追いかけ合いが行われていた。よそ者の1羽が飛び去った後、2羽は巣箱の近くで動かず見張っていたので、飛びもの撮影のタイミングは良かったようである。

昨年は、レンズに328+1.7倍テレコンを使用したが、何度も行ける場所では無いので上手く撮れなくても諦めがつくゴーヨン(+1.4倍テレコン)を使用した。

画像は大トリミング、アンシャープマスクはいつも通り強め
13070701


13070702


13070703


13070704

              
13070705


13070706


13070707


13070708


13070709


13070710


13070711


13070712


13070713


13070714


13070715


13070716


13070717


13070718


13070719


13070720


13070721


13070722


13070723

| | コメント (0)

2013年7月 6日 (土)

岡山へひとっ走り  ブッポウソウにタンチョウ親子

 J君と岡山へブッポウソウ狙いでひとっ走り、現地でタンチョウ親子を撮影出来る場所を聞き帰りに寄って撮影した。
かなりの枚数を撮影したのでチェック不十分、詳細は明日チェック後掲載する。

ブッポウソウ
13070601

昨年撮影した場所より条件が良かったので、今年はバッチリと思ったが結果を見ると手強かったようである?十分チェックしていないが・・・
13070602

タンチョウの親子
まさか岡山で撮れるとは思わなかった。教えていただいた岡山のカメラマンさん、ありがとうございました。
13070603

   

撮影機材:D800E、500mmf4(+1.4倍テレコン) 撮影枚数:942枚
移動:車  天気:曇りで晴れ間見える
撮影経費:12,450円

| | コメント (4)

2013年7月 5日 (金)

暑い!

 朝起きると蒸し暑かった。9時頃には湿度が多少下がり風も吹いてマシになったが、それでも暑く撮影休みと決め、TVを見たりPCの前に座ってBlogの構成を変えたりで時間を潰した。Blogの構成は真剣に考えだすと考えるほどドツボにはまり、しょうもない事で変更の連続、適当に決めるのが良いと思うがつい拘ってしまう。
昼から汗をかくため2時間弱地元の川をウォーキング、カワセミは居ないと思いながらも川辺を見ながら歩いた。3時頃に自宅に戻りシャワーを浴びて発泡酒、極楽のひと時だがカワセミを思い存分撮影した時の満足感が無い。
明日はゴーヨン担いでちょいと遠出、曇り空での撮影を期待していたが炎天下での撮影となるのだろうか・・・、たまらんわ!

今日の画像は昨日撮影した睡蓮に蓮(注:今日の記事より、クリック画像は別ウインドウで開きます)
スイレン池の睡蓮
13070501_4

                       
13070502_2

                               
13070503_2

ロータス館アトリウムの睡蓮
13070504_2

                        
13070505_2

                            
13070506_2

                
13070507_2

蓮はポツポツ
13070508_2

                          
13070509_3

                          
13070510_2

                     
13070511_2

琵琶湖のハス群生地はまだまだ
13070512_2

アサマイチモンジチョウかな
13070513_2

カマキリか?
13070514_2

| | コメント (0)

2013年7月 4日 (木)

ツバメの給餌

 サギソウが咲いていないかと草津水生植物園に行った。数年前に撮影した記憶があるが見当たらず、職員さんに聞いても咲いていたかなと首を傾げるだけだった。仕方なく睡蓮に咲き始めの蓮を撮影した後、ツバメの巣があり親が雛に給餌していたので、短時間に撮りまくり雨が降りだしたので昼前には引き上げた。
今日は朝から蒸し暑く、昼からはクーラーの効いた部屋で、宮本武蔵5部作ラストの巌流島の決斗を見た。若い頃に吉川栄治の小説を読んでおり、かなり前にTVで三船敏郎、高橋英樹主演の映画も見たが、中村錦之助が一番のはまり役と思う。高倉健の佐々木小次郎も良かった。

写真はツバメの給餌、大トリミング画像でザラツキが少し目立つ
餌は虫、バッタ、トンボなどを与えていた。13070401


13070402

雛は、毛が十分生えておらず、まだまだ小さいが食欲旺盛、大きな口を開けて餌をねだる。
13070403

雛は4羽、順番に与えていたように思うが、巣の中で入れ替わるのでよく分らない。奥に居る雛への給餌は撮っていない。
13070404

かなり口の奥までねじ込む
13070405

餌をもらって一安心、親の口の中に舌が見える。
13070406

口は、かなり大きく開く。
13070407


13070408


13070409


13070410


13070411

糞は巣の外に出す。本能かしつけか・・・、本能やろな~? カワセミの糞よりねばっけがある。餌が水分の多い魚と虫の違いかな。
13070412


撮影機材:D4、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:323枚
移動:車  天気:曇り後雨
撮影経費:300円

| | コメント (0)

2013年7月 3日 (水)

撮影休み  ツバメ

 今日は撮影に出れない空模様では無かったが、鬱陶しくて家に居ることにした。朝から前述の記事にも書いているようブログのデザインを変更し、昼からはTVで”ナバロンの要塞”を見た。1961年の作品で映画館では見ていないが、TVで見たこと有るような無いような、続編の”ナバロンの嵐”は間違いなくTVで見ている。出演していたアンソニー・クインが良い、晩年に出演した”老人と海”が印象に残っている。
今日は蒸し暑くクーラーを入れたが、3時過ぎには発泡酒の栓を開けてしまう。普段はおかず無しでは飲まないが、今日は我慢出来ずに飲んでしまった。飲んでしまうと次はウイスキーに手が出て水割りでほろ酔い、毎日家に居ると体を壊すであろう。

画像は昨日撮影したツバメです。

13070301

イワツバメ
13070302


13070303

コシアカツバメ
13070304

| | コメント (0)

ブログのデザインを変更

 朝からブログの背景を変更した。定型テンプレートに気に入ったものが無く作成したが、設定できる範囲が決まっており取り合えず見切りで変更した。一番悩んだのが背景色に文字の色だが、黒に白字が一番見やすく写真も綺麗に見える。採用している人も多いようである。
写真をもう少し大きくしたかったが出来なかった。写真クリックで900pixelの拡大画像が開くが、この背景も黒にしたいが無理なのか?
仕上がって公開してから見直し、リンク文字の色を再変更した。最初は薄いオレンジ、次は薄いブルー、写真の色に合わないで結局薄いグリーンにしたが、写真を定期的に変えるので合わせて色も変える。

| | コメント (0)

2013年7月 2日 (火)

水浴び

 朝から少し気合を入れ、ゴーヨンを担いでカワセミの探索に行った。9時前に到着したが目の前の木に止まっているのを発見、直ぐに撮影準備を始めたがカワセミは下流に飛びまともに撮影出来なかった。また、戻ってくるだろうと期待したが、10時半になっても現れず期待は失望に変わり11時に諦めて、ここも”あかんわ”でトボトボ引き上げた。
2時間とはいえ一人で待っていると退屈、ツバメ、ヒヨドリ、サギ・・・を撮影し気を紛らわせたが、もうひとつ気合が入らず。

下流に飛び途中で一度止まったので撮影した。今日のカワセミはこのシーン3枚のみ、トリミングで約3倍に拡大してもこの大きさ13070201

撮るものがなかったので、ヒヨドリの水浴びを撮影
13070202


13070203

ゴーヨン、テレコン無しでの撮影だがピンズレとは情けない。
13070204


13070205


13070206


13070207

  

撮影機材:D800E、500mmf4、三脚使用  撮影枚数:146枚
移動:車   天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年7月 1日 (月)

カワセミ 久しぶりにホバを撮影したが・・・・

 朝から2時間少々カワセミの探索に行った。撮影ポイントに着くなりカワセミは居たが、撮影距離が遠く機材を出している間に飛び去った。ツバメを撮影して時間を潰していたら、しばらくして再び登場、ホバに餌捕りダイビングを披露してくれたが、これまた遠く400mmズームでは被写体が小さくピント抜けの連発、途中で1.4倍テレコンも付けたがもう一つだった。三度目に現れた時、比較的近くでホバを行なってくれたが、逆光で画像はピリッとせず。その後30分ぐらい姿を見なかったので、暑くなったこともあり引き上げた。
近くに来てくれれば撮れるが、枚数を稼ごうと思えばゴーヨン+1.4倍テレコンでないと難しいかな。また、日影が無く日差しが強いと11時過ぎまでが限度だが、朝は逆光気味で綺麗に撮れないように思う。夏は日影の多い公園でないと定時の3時まで粘れない。

ツバメの水際で時間を潰す。
13070101

逆光で顔が影になるが、対岸に行くと岸の草が邪魔しよる(と思う 行ってない)。
13070102

遠くに現れたカワセミ、目一杯のトリミング
13070103

小さくてピントが抜ける。
13070104

二度目のホバは何とか撮れた。
13070105

何ヶ月振りの撮影かな?
13070106

”いったれいったれ”と思ったが直ぐに止めよった。
13070107

ピクチャーコントロールを風景にしたが失敗、晴天時の逆光気味はスタンダードが良い。
13070108

比較的近い場所でのホバ、トリミングで約4倍に拡大している。テレコン1.4倍使用
13070109

ソフトでピクチャーコントロールをスタンダードに変換した。
13070110

日は高く上がっていたので逆光はマシになっていた。
13070111


13070112

ホバの最中に糞をたれよったが、腹に力を入れすぎや!
13070113

久しぶりに何とか撮れて良かったが、昨年の今頃と雲泥の差とはこれ如何に・・・
13070114

  

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6(+1.4倍テレコン)、三脚使用  撮影枚数:268枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円(7月になりガソリン代リセット)

| | コメント (0)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年8月 »