« なんじゃ~!・・・・ 夕方追記 | トップページ | 植物園後チュウヒ »

2013年7月26日 (金)

地元ウォーキング

 ウォーキング標準機材の一眼と80-400mmズームを持って、地元の川から寺を3時間かけて歩いた。暑くてかなり汗を掻いたが、帰ってシャワーを浴び我慢出来ずに発泡酒に手が出てしまいウイスキーも少々、昼食後に1時間半の昼寝で減量の決心は暑さに負け何処かに行ってしまった。

川のカワセミはもう期待しておらず、腰と右足の調子チェックのため少し早足で歩き寺に到着。今年はハスが多いのは前回来た時に分っていたが、前回以上に増えていた。13072601

かなり奥まで水面をハスが覆う。
13072603

以前のカワセミ餌捕りお立ち台近くは、水面が残っていた。
13072602

見頃の八重の小振りのハス
蕾が多かったが咲き終わりも多く、見頃の期間は長いが咲き揃ったところを風景としては撮りにくい。どこのハスの名所も同じかも知れないが、場所選びが難しい。
13072604

シオカラトンボが花に止まる。
数年前にはギンヤンマが飛び回っていたように思うが、トンボの数は少なかった。時期的にもう少し後だったのかな?
13072605

ハチも花に寄って来る。
13072606

クマゼミの数が多く煩かった。
13072607

名残のアジサイが一厘
13072608

鉢植えのハス
13072609

カワセミの姿は見ずで、1時間ぐらいで寺を出た。

川沿いにはサルスベリが咲いていた。
13072610

久しぶりにメジロを撮影する
13072611

アゲハチョウ
花に止まるところを撮影したかったが、機会無しで飛んで行った。
13072612

帰りは支流沿いを歩いた。
出合から入った直ぐの所で、チュウサギが魚を狙って水面を見つめる。堰を越えるためジャンプするところを狙っている。頻繁に餌捕りをするなら狙うが、インターバルが長い。
13072613

川には小魚が多く居るのに、カワセミは姿を見せない。我が撮影地(川の一部)に限って言えば、カワセミは絶滅危惧種になったのかな?
13072614

名前分らずのトンボ、草に止まる所を待ったが止まらず。
13072615

コスモスがポツポツと咲いていた。
13072616

寺で一度座ったが蟻が歩いていたので直ぐに立つ。後は歩きっぱなしで、帰りはさすがに早足では歩けず。支流上流から家に向かう住宅街の道では、日陰が無く暑くてたまらず汗が額から何度も落ちた。
腰に右足は大丈夫だったので、明日は車を少し運転してみる。右足でのアクセルとブレーキ操作がどうかの確認、問題なければ来週に山へ行きたい。乗鞍か立山に日帰りで行きたいところだが伊吹山で我慢かな、伊吹山のお花畑も良い。イヌワシは待つ根気無し。

 

環境省の鳥類レッドリスト(2012)をネットで見つけ、最近撮影した鳥で名前が挙がっているのを見ると、絶滅危惧ⅠBとⅡで、チュウヒ、ブッポウソウ、コアジサシ、ハヤブサなどがあったが、アカショウビン、ヤマセミの名前は無かった。ついでに京都府の2012年ものを見るとアカショウビンにヤマセミの名前があった。生息数の増減を見ていると思うが、ヤマセミもアカショウビン同様京都では撮れなくなるのかな。

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:134枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:400円(拝観料)

|

« なんじゃ~!・・・・ 夕方追記 | トップページ | 植物園後チュウヒ »

散歩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« なんじゃ~!・・・・ 夕方追記 | トップページ | 植物園後チュウヒ »