« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

9/29のミサゴⅠ 漁

 撮影休みで朝から昨日の画像を整理し、取り合えず650枚近くに減らした。後は暇な時に200枚ぐらいまで減らすつもり。カメラとレンズを潮風にさらしたので清掃しようと思ったが、グリップのラバーがべたつくぐらいで(汗によるものか、いつもと変わらない)、前々回ほど影響が無いように思ったので止めた。海辺の撮影、これが無ければ良いのだが、風向きによっては影響を受けるので行くのを躊躇する。昨日はレインカバーをかけていたが、風でめくれ邪魔になったものの最後までかけていた。

急降下から飛び込んで魚を捕らえ水面から飛び立つまでが狙いだったが、急降下の途中で背景にピントが取られそのまま合わなくなるため、飛ぶ込む瞬間がまったく撮れなかった。飛び込むと水際にピントを合わせ直すので、飛び立ちは撮れたが遠い場所が大半で、トリミングで見られる限度を越えるものが多かった。比較的近い場所に一度飛び込んでくれ、飛び込みは諦め水際からに狙いを変えたので撮れた画像がある。
近いとはいえトリミングで約4倍に拡大、D800Eの撮影範囲を×1.2とし500mmf4での撮影、600mm相当の2400万画素の画像でトリミングに耐えていると思う。

足をたらしてのホバ、飛び込むと思い水面に狙いを変えた。13093001


13093002


13093003


13093004


13093005

飛び込んでから飛び出すまで時間があり、大物を捕らえた予感がした。
13093006


13093007


13093008

やはり獲物は大きかった。
13093009


13093010

掴み方が不十分
13093011


13093012

両足でガッチリ掴んだように見えるが・・・
13093013


13093014


13093015


13093016


13093017

舞い上がる途中で方向を変える際に落としよった。
この画像でシャッターを押すのを止めたが、連写していれば魚が落ちる瞬間を撮れていただろう。
13093018

遠くでの餌捕り、ノートリ画像
上の画像以外はこんなんばっかりで、意気消沈していた。
13093022

トリミングで約5倍に拡大してもこの大きさ。
D4では撮影範囲を×1.2で使用すると、5倍も拡大出来ないのでD800Eで正解だった。これからも猛禽撮影は主にD800Eを使用する。秒コマ連写5枚(×1.2)で猛禽なら十分だろう。
13093023

| | コメント (0)

2013年9月29日 (日)

ミサゴ 悪戦苦闘で2214枚

 J君とミサゴ撮影に行った。行きの道中、朝の内に良い場面が撮れれば昼からハヤブサに行こうと話をしていたが、今回は予想以上に手強くて朝の8時過ぎから2時半までの撮影で過去最高の2214枚撮影した。ざっと確認したところ7割以上はピンボケ、被写体が遠すぎ500mmf4では歩留まりが悪く、あらためて猛禽撮影での856の必要性を感じた(買わない・・・買う余裕が無い)。
朝は全くの不調でこの地のミサゴの最近の状況を知るKuさんに携帯で連絡し確認しての撮影だったが、聞いた通り11時頃からペースが上がり1時を過ぎれば出は絶好調だったが遠過ぎ、撮影場所を考える必要があるように思った(適当な場所があるかな?)。飛びものはたまに近くに来るので撮れたが、飛込みが遠かった。
画像はじっくりとは見ておらず、明日整理を行なう。

11時頃までの撮影は、遠くておまけに逆光に近い場所でしか撮れず壊滅に近かった。マシな画像を数枚
13092901


13092902


13092903


13092904


13092905

11時半頃からは順光で調子が良くなり、ピントの合う画像が撮れだした。
13092906


13092907

尚、始めて64GBのCFを使い切り予備も使用、電池はフル充電だったが電池切れの前の2000枚ぐらいで交換した。昼からは、とにかく朝の鬱憤を晴らすべく撮りまくった。

   

撮影機材:D800E、500mmf4、三脚使用  撮影枚数:2214枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:約3000円(ガソリン代含む 割勘)

| | コメント (2)

2013年9月28日 (土)

渓流釣り 2013年ラスト

 26日(木)、27日(金)の2日間、石川県白山市白峰の手取川支流へ渓流釣りに行った。釣りに入れる期間は9月30日までで、今年の最後の釣りだったが釣果はもう一つ。メンバー5人全員の出動とならず4人での釣行、7時前に京都出て白峰に着いたのは11時頃、普通の釣り師は夜中に走り夜明け頃から釣り始めるものだが、我々は日が高く上ってからの開始が多い。骨酒用が数尾釣れれば後は大物一発狙いと山で楽しく遊ぶの集団、それはそれで楽しい。
今回は足に不安ありで(衰え+日頃の歩きすぎ)あまり歩かなかったが、それでも川の斜面の藪を下る時に右足で踏ん張れず尻もちを付くわ、川の大きな石の上から下りる時にこれまた踏ん張れずオットットがあり、年々の足の衰えを感じた。

●26日(木) 曇り空で釣れる予感がしのだが・・・・

車1台だったので同じ川行き、二手に分かれて入った。1309262701

入ったのは過去にイワナ38cmと44cmを釣った2箇所。一箇所は以後も尺越えを何度か上げている。
1309262702


1309262703

最初の場所でヤマメ25cmを上げるが、後はさっぱり小さなアタリが数度合ったのみで針にかからず。
1309262704

昼食後に入った場所でヤマメ26cmを上げる。
1309262705

100mほど釣り歩き、15cmぐらいのイワナが6匹上がったが、多分今年の放流稚魚で全てリリース、2~3年先に釣れて欲しい。
1309262706

3時半に待ち合わせていたので、3時15分頃に初日の釣りは終了。ヤマメの骨酒は味がもう一つなので他のメンバーがイワナを釣っていることを期待しながら、斜面を上って車に戻った。

岩に咲いていたダイモンジソウ、終盤だったような?
1309262707

ツリフネソウ、これもピークは過ぎていたような
1309262708

何か知らないが木の実
1309262709

これも名を知らない赤い実、山の中は秋が深まり始めていた。
1309262710

本日の4人の釣果
ヤマメ以外は20cm足らずのイワナで写真以外にも2尾釣れており、何とか骨酒にありつけた。
1309262711

民宿でのヤマメの塩焼き
1309262712

小さなイワナの骨酒
1309262713

いつもと酒が違ったのか小さなイワナが良かったのか分らないが、いつもの骨酒より美味かった。エキスがたっぷり出ている。
1309262714

 

●27日(金) 本流の大堰堤下に大物が潜んでいないかと思い市ノ瀬の本流堰堤下に行った。


1309262715

ススキが綺麗
1309262716

過去に大物が釣れたという話も聞くが、やはり釣れそうで釣れない場所だった。入りやすいので人が先に入り釣っているのかも知れない。
1309262717

20cm強のイワナが釣れた。
1309262718

流れの緩やかな所へ持って行き、取り込む前に写真を撮る。尺越えなら写真を撮る前に取り込むが、このサイズでは・・・・
1309262719

綺麗な岩魚、岸に上げ何枚か撮影している間に針がはずれ川に消えた。
1309262720

近くの支流に行ったが、釣り人が一人入っていたので竿を出さず引き上げる。

ここでも歩きながら花を撮影
アケボノソウ
1309262721

トリカブト、伊吹山のものに比べ色が薄い。
1309262722

名前知らず
1309262723

同上
1309262724

花かな、それとも花びらが落ちた後か?
1309262725

名前知らず。
依然に山の花を夢中で撮っていた頃には調べた記憶がある。
1309262726

同上
1309262727

アサギマダラが居た。
1309262728

11時頃に納竿とした。

快晴だったので白峰を去る前に白山を撮影する。市ノ瀬から白峰に向かう県道から
1309262729

白山が眺望出来る西山に車を走らせ、林道の峠からの撮影
1309262730

少し下の広場より、ススキをからませる。
1309262731

 

帰る途中の勝山の裏道で蕎麦畑を撮影して引き上げた。
1309262732

 

2013年の渓流釣りはこれで終了、3度行ったが一度は右膝不調で川に入らなかった。今年も尺越えは無し、数年釣っていないが来年は・・・・?

| | コメント (0)

朝の散歩

 朝6時に起きた。右足の太ももの筋肉痛は、日頃の痛さに釣りの疲労が加わり立つとかなり痛かった。昨日の帰りに買ったフェイタス5.0(10cm×14cm)を2枚、朝食後に張り替えソファーに座っていたが、これしきの筋肉痛に負けてはならぬと少し散歩に出ることにした。散歩に出るなら川、川ならついでにカワセミ探索ということで8時過ぎに家を出て、地下鉄3駅分を歩き11時頃に帰って来た。歩き出しは少し痛くし、ばらく歩くと痛みは和らいだが、帰ってきてしばらくすると元に戻ったような。結局、いつものカワセミ探索と変わらず。

カワセミは、かなり上流で警戒心の強い若を見たのみで、最近の撮影ポイント2ヶ所では姿見ず。特に上流側のポイントは、かなり悪くなったようだが、日替わりで変わるので行ってみないと分らない。
13092804

最近、この場所辺りに姿を見せる。
13092805


13092806

隠れ(休憩)場所も冬のカワセミに同じで縄張りを引き継いだのかもしれない。度胸にサービス満点だったカワセミの復活を願っているのだが、望み薄でこのカワセミに期待するしかないのか。
13092807

 

コスモス
13092801


13092802


13092803


撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、三脚使用  撮影枚数:62枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年9月27日 (金)

白山麓の白峰で遊ぶ

 一泊で白山市白峰で、自然の中至福の時を過ごしてきた。夜の6時頃に怪我をすることも無く帰り、今回も山の神に川の神に感謝、疲れたので詳細は明日に写真を整理して掲載します。

13092701


13092702


13092703


撮影機材及び撮影枚数:V1に10-30mm及び30-110mmで277枚、D7000に80-400mmで8枚
天気:初日は曇り、2日目は快晴  移動:車
撮影経費:0円(12,700円全て渓流釣り経費)

| | コメント (0)

2013年9月26日 (木)

9/26、27の2日間は渓流釣り

目標はイワナ、○○cm越え、もう直ぐ石川県の白峰へ出発

Dsc_9722

| | コメント (0)

2013年9月25日 (水)

夕方の部を強行

 朝のピンボケ連写に後悔が残り、釣りの準備が前回行かなかった時のまま残っていた事もあり、夕方再び参戦した。しかし3時前から待ったが出てきたのは4時を過ぎてから、メダカサイズを捕ったが直ぐに休憩に入り5時まで動かずで諦める。最後は・・・・
最近、愛鳥家(真もモドキも含め)の云うマナーとやらから外れる行動が多い。野鳥撮影を始めた頃の原点に戻って、?もっと悪くなるか。今のカワセミの習性をもっと把握して、ストレスを与えないことには努めよう。先の冬のカワセミとは違う。

130925101


130925102

休憩中のカワセミ
”メダカサイズで長い休憩に入るな”と言ったら?、”オメーに言われる筋合いはないわい”と無視された。
130925103


撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、三脚使用  撮影枚数;34枚
移動:地下鉄  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:420円

| | コメント (0)

こんな日に限って

 明日、明後日と渓流釣りに行く予定なので、今日のカワセミ撮影は様子見のつもりでD7000に400mmズームの手持ちで行った。こんな日に限って良いシーンがあり、D4にゴーヨンとは思わないが、328+テレコンでカメラはD4かD800Eに三脚を持って行けば良かったと後悔した。立っている場所側での撮影でPC画面で見る程度なら、新型400mmズームでも328はおろかゴーヨンでも大した違いは無いと思っている(私見)が、対岸側なら価格差ほどでは無いがやはり違いがでる。せめて三脚だけでも・・・・・と考えても遅い。

10時前に引き上げ、昼食時にノンアルコールビールを飲んだが、はまりそうな予感がする。発泡酒と値段は変わらず、夜は少し酔いたいので発泡酒だが、酔いがさめた後を考えると昼はノンアルコールが良い。

短時間だったが良いシーンが二つ、その内の一つだが手持ちでは遠いと追えず、ピンズレにボケボケで十分なトリミングが出来ず。
13092501


13092502


13092503


13092504


13092505

飛び込んだ後水中を横に移動(泳ぐ)
13092506

少し離れた場所から飛び出す。時々見るシーンだがピントバッチリで撮りたかった。
13092507

飛び出し後の飛行は、画面の隅にかろうじて入っていた。トリミングサイズを変える。
13092508


13092509


13092510


昼から釣りの準備だが、時間が有れば夕方にもう一度行くかも?

 

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、三脚使用  撮影枚数:57枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年9月24日 (火)

朝は姿見ず、昼からはボチボチ

 今日も早朝出勤、上流の状況を見るため歩いて今の撮影地に行った。姿見ずで着いたが、何と撮影地でも10時まで姿見ずで、所用のため一旦引き上げた。
用事を済ませ早めの昼食、散髪をして1時半頃に現場復帰した。直ぐにカワセミが現れ餌捕り後の休憩もあったが、ボチボチと4時過ぎまで遊んでくれた。最後にハヤブサが下流から登場し驚いたが、4時半頃に引き上げた。

今日の画像は、いづれもかなりトリミングしています。

朝に撮影したのは、イソシギ2枚に帰り際に撮影したこのスッポンのみ。
スッポンはかなり警戒心が強いようで、離れていたにも関わらず直ぐに水の中に消えた。13092402

昼からの復帰後直ぐにカワセミが上流から飛んで来て、挨拶代わりの餌捕り一発で大きな魚捕った。これで水門の中でしばらく休憩。
13092403

対岸に行って待っていると、下流からもう1羽が飛んできて水門の中に入った。鳴声が聞こえた後静かになったので、撮影者が一人だったこともあり河原に下りて様子を見に行った。
2羽とも居たが直ぐに飛び出し、目の前に止まったので慌てた。
13092404

2羽とも若だったが、この地で縄張り争いをしているもよう。
13092405

追いかけ合いで上流に飛び去ったが、しばらくして1羽が前の対岸に戻ってきた。

何度か餌捕りの後、再び水門の中で休憩
13092406


13092407

かなり待ってから出てきた。日が雲に隠れて日影になる
13092408

直ぐに日が差す。この繰り返しで露出設定変更に忙しかった。
13092409

餌捕りダイブ
近くて追えず端にかろうじて捉えていたので、トリミングでカワセミを中心に持っていった。
13092410

捕った魚が小さすぎ、これまでで一番小さい。トリミングを上の画像に合わせた。
13092411

ボケでトリミングサイズを変えた。
13092412

綺麗な止まりもの、日差しにより背後の水の色が変わる。
13092413


13092414

餌捕り、またしても魚を小さい(極小サイズ)
13092415


13092416

この後、もう一羽が現れ再び上流に追いかけあいで飛んで行った。直後に下流から2羽のカワセミが飛んで来たのアレ~と思ったが、その後に大きな鳥が追いかけてきた。上流に飛んで急上昇、ハヤブサと分り驚いた。この場所で見るのは初めて、カワセミを追いかけていたのかな~・・・?

ハヤブサの飛ぶスピードは速く、空抜けの飛びものは撮れるが川の直ぐ上を獲物を追いかけて飛ぶ姿は撮れない。
追うのを諦めて返ってくるところを、何枚か修正で見られる程度に撮れていた。
13092417

若鳥、狩りが下手で鳩に馬鹿にされていると聞くが、この場所まで飛んでくるとは驚いた。カワセミは無事だったように思う。
13092418

ハヤブサの登場でカワセミは警戒して動きが悪くなるだろうと思い引き上げた。
今日も昨日に続き狙いのシーン撮れず、撮っている人も居るので運が悪い。昨日、もう少し粘れば良かったのかな。

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、三脚使用  撮影枚数:324枚
移動:歩き、地下鉄  天気:晴れ後一時曇り
撮影経費:600円

| | コメント (0)

2013年9月23日 (月)

早朝の部と夕方の部のみで昼間はさっぱり

 思うところあり昨日の朝の8時より禁煙を開始したが、昨日の昼過ぎより顔の神経がおかしいような気がしていた(顔を触った後に肌に触った感触が残る)。今日の朝も禁煙を続け、カワセミ撮影に出かけたが、顔の感触の違和感は残ったまま。早朝の部が終わりカワセミの出が悪くなってイライラしだし、撮影仲間からタバコを1本貰って吸うと違和感が無くなった。何か神経系の病気発症かと思っていたが、タバコの禁断症状だったのか?・・・良く分らなかったが取り合えず1箱買って、これまでよりかなりのスローペースで吸った。夜に再び禁煙を開始したが、症状が再び出るかどうか様子見を行なう。禁断症状だったなら、克服すれば良いだけで徐々に本数を減らすが、関係無ければ病院に行く必要ありか。

今日のカワセミ撮影は短時間集中で、かなり暇な時間を持て余した。以前のように朝行って、昼前に一度帰ってから夕方に出直した方が良いようである。そろそろ姿を消した後に、従来からの撮影地である上流探索も必要な時期になってきた。川も落ち着いたようで増水後の環境変化の状況を確認したいが、どう変わってもカワセミは順応してたくましく生きるのであろう。
暇を持て余すと碌でもない事を考えるが、人の集まる街中の撮影はワイワイガヤガヤと楽しい。

朝の部は7時過ぎに到着すると、既にスタンバイだった。13092301


13092302

カワセミは口を開けて飛び込むの証拠写真、下の嘴のみ水面には初撮影と思う。
13092303

バシャ~ン、カメラのみが捕らえる一瞬
13092304

魚無しでの飛び出し
13092305


13092306


13092307

糞噴射
糞噴射撮影の師匠も居るが、評価は如何に?13092308


13092309

対岸側は遠くて撮りにくい。13092310


13092311

途中の画像は背後にとられ、ピンボケが数枚
13092312

石の手前なら良かったが
13092313


13092314


13092315

カワセミは芸達者、まさに千両役者
13092316

夕方の部は、この場所ばかりだった
13092317

落ち込みの途中を狙いよる
13092318

魚を捕っているから不思議に思う。
13092319


13092320

 

タカが飛んでいたが、遠すぎた。
13092321

アマガエルが自転車のサドルで休憩していた。
13092322

彼岸花に止まるアゲハチョウ
13092323

  

撮影機材:D4、300mmf2.8+2倍テレコン
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:420円+α

| | コメント (0)

2013年9月22日 (日)

肩パット

今日は所用で撮影休み

カメラと大口径レンズ(328にゴーヨン)を三脚に装着し担いで歩く時の肩保護のため、肩パットを用意した。昨日、パット付き膝サポーターを購入し、夜にウイスキーを飲みながら細工した。不要部分を切り取った後端を裏側に折り曲げ縫い付け、切口から布くずが出るので接着剤で固めた。接着剤は冷蔵庫に眠っていたアロンアルファ、それしかなかった。

カワセミ撮影現場で使用している人から教えてもらって作ったが、効果の程は・・・・


13092200_2


13092201

安全ピンでベストにつける。
13092202

| | コメント (2)

2013年9月21日 (土)

気合入らずで撮影不調の日

 今日は暑かったこともあるが何故か気合が入らず、餌捕りに飛びもの撮影が大不調だった。特に連写が全くダメで断片的な画像しか無し。次回(明後日の予定)は気合を入れていこう。今日のカメラマンは休日組も集まり、いつもの倍以上で延べ人数では20人を超えていたように思うが、その割にはカワセミのサービスは悪かった。

13092101


13092102


13092103


13092104


13092105


13092106


13092107


13092108


13092109

遠くの山の上ではタカとカラスがバトル、カラスがタカを追い回していた。
13092110

カラスはしつこく、4羽ぐらいが加わる事もあった。
13092111

カラスを餌にすることもあるのでタカの方が強いと思うのだが、何故追いかけられるのか不思議?
13092112

昼過ぎに帰り車を動かしたが、エンジンをかけるといきなり”販売店に連絡して下さい”の表示がでたので、そのまま三菱に行った。AFCとやら(トランクションコントロールかな)の故障で、砂利道などを走りスリップした時に駆動バランスを制御するシステムの部品の故障とかで通常に走る場合は問題無いとのこと。装着していない車もあるので、部品が入るまではそのまま乗る。しばらく走った後家に帰り、肩に使用するパット(膝用のものを流用)を買いに行った。三脚を担いだ時の肩の痛みがマシになるかな・・・なれば置いておいても勿体無いので腰の調子が良い時はゴーヨンの登場を多くするつもり。

  

撮影機材:D4、300mmf2.8+2倍テレコン、三脚使用  撮影枚数:487枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:810円(買い物に行く予定で、帰りに一日乗車券購入)

| | コメント (0)

2013年9月20日 (金)

朝夕はカワセミ、昼は琵琶湖湖岸に山

 今日も一日楽しく撮影を楽しんだ。朝のカワセミの出は遅かったが、何とか餌捕りが撮れたので、狙いの鳥を求めて湖西へ行ったが小さな林の中、蚊に喰われて(予定に無かったので半袖)”こりゃかなわん”で開けた山の上へ。少し涼んだ後鳥の出が悪かったので別の場所へ移動したが、国道の通行止めでカワセミに戻った。今日は助手席に座っていたので楽だった。運転ありがとうございました。

朝のカワセミ
餌捕り12連写、ファインダーを覗いて追いかける技能が不足で何枚かピントが外れる。
13092001


13092002


13092003


13092004


13092005


13092006


13092007


13092008


13092009


13092010


13092011


13092012

朝の止まりもの、順光で撮影すると綺麗
13092013

 

湖岸の林の中のエゾビタキ、根気良く探せば狙いの鳥も居たかも知れない。
13092014

      

山の上で撮影した猛禽、猛禽の知識が乏しくサシバかと思ったが図鑑で調べたらハチクマのようである。初見・初撮影
頭上近くを飛んだので三脚から外して手持ち撮影、モードMで設定がまずく(変えるのを忘れていた)SS1/400で白とびにブレありでソフト修正したが不満足。
13092015

カメラを三脚に取り付け設定を直してからは、はるか上空しか撮れなかった。
13092016

 

夕方のカワセミ
感度を上げたが、今日はD4で十分。
13092017

妙なところで餌捕り
13092018

落ち込みに突っ込む
13092019

遡上するところを狙ったのかも知れないが、その瞬間の画像は無い。
13092020


13092021


13092022

時間が遅くなると西側は日影になるが、天気の良い日は何とか撮れる。
13092023


13092024

 

撮影機材:D4、300mmf2.8+2倍テレコン、三脚使用  撮影枚数:378枚
移動:地下鉄、車  天気:快晴
撮影経費:900円

| | コメント (0)

中秋の名月翌朝の月

9月20日の早朝5時16分の月です。

D4に328+2.0倍テレコン装着、ISO100、f8、SS1/160、露出-2.0段補正、ピクチャーコントロール:風景
普段は月の端にピントを合わせるが、今日はセンターに合わせた。
Dsc_1824_2

| | コメント (0)

2013年9月19日 (木)

8時40分から夕方5時10分まで

 今日は頑張った、良くやった、しかし成果はもう一つ。昼前には帰るつもりでカワセミに出たが、不調で最初に姿を見たのは11時過ぎ。少し動いた後見えるところで休憩に入ったので、HottoMottoの特選弁当500円を奮発して踏ん張った。期待空しく午後も姿を見せたのは一度だけ、3時頃に釣り人が川に入ったので”こりゃかなわん”でハヤブサに移動した。こちらも姿はずっと見られたが芸無し、5時10分に諦めて帰宅の途についたが、さすがに疲れてタクシーで帰った。明日、大阪城に行くつもりだったが、タクシー代で交通費が消え、明日も地元のカワセミに行く。キビタキ、オオルリでは大阪まで行くにはならず、後日行くことを考える。

現れたのは嘴の根元だけが赤い個体、”♂か♀かどっちや、はっきりせい!”13091901

最初の餌捕りは、水際撮影を完全に逃す。D800Eに80-400mm+1.4倍テレコン、D7000使用時には気にならなかったが、ファインダーがやけに暗いように思った。
13091902

何度目かの餌捕り
13091903


13091904

立っていた岸側に飛んで来たが、日の当たり具合でグリーンに光る。今日のピクチャーコントロールは風景。
13091905


13091906

何を思ったか給餌咥え、”まだ子はおらんやろう”と思ったが。
13091907

案の定、咥えなおした。尾から魚はの見込めない。
13091908

昼からの登場では、濁った水面の上を飛び回り訳の分からぬ体勢でホバ
13091909

魚が見えなかったのだろう
13091910

姿を消してから暇を持て余す。ササゴイが遡上のためジャンプする魚を捕らえていた。
13091911_2

   

移動後の今日のハヤブサ、ずっと居たが大した動き無し。今日は一人だったが、猛禽撮影は、ほとんどが退屈な時間、オオワシ撮影で十二分に経験しているが、”ハヤブサよお前もか”の心境。
13091912
   

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6+1.4倍テレコン、三脚使用  撮影枚数:428枚
移動:歩き、地下鉄、タクシー  天気:快晴
撮影経費:1,490円

| | コメント (0)

中秋の名月2013(前日かな?)

 夜中の3時過ぎに目が開き冷蔵庫からお茶を取り出し一杯、ついでに西の空を見ると綺麗なお月さんが見える。D800Eに80-400mm+1.4倍テレコン、三脚使用で撮影した。

今日9月19日は中秋の名月で満月、中秋の名月の日は満月とは限らず次は21年とのこと。3時半頃で9月19日にはなっているが、今日の夜がその日にあたるのかな?

Dsc_3524

| | コメント (0)

2013年9月18日 (水)

よたよたと

 今日も40分ほど歩いてカワセミ撮影に行った。以前なら30分くらいで歩いた道程も、最近は太股に脹脛が痛くて早足で歩けず。最近、現場での待ち時間が手持ちの時の方がしんどい。手持ちの場合、小型軽量のショルダータイプのバックにカメラとレンズを入れるため、パイプ椅子を持って行かずカメラとレンズを首にぶら下げたまま立っていることが多いからである。今日は三脚を持っていくことにしたので、カメラはD4、レンズは軽量にするため80-400mm+1.4倍テレコンをフルに使う事にした。D4、D800Eでは、このレンズに1.4倍テレコン装着はまったく問題無い。
今日も出はそれほど良くなかったが、出た時の動きはかなり良く餌捕りダイブ連発、快晴ということもあり満足の撮影を行うことが出来て12時に引き上げた。満足したため夕方の撮影は無し。

13091801


13091802


13091803


13091804


13091805


13091806

13091807


13091808


13091809


13091810


13091811


13091812


13091813


13091814


13091815


13091816


13091817


13091818


13091819


13091820


13091821


13091822

地下鉄の運転休止区間の再開予定が明日の正午とのこと、再開すれば移動が楽になる。今年の冬もかなり歩いたが、自宅から今の場所の1/3~2/3の距離、今後どうなるのやら?

      
撮影機材:D4、80-400mmf4.5-5.6+1.4倍テレコン、三脚使用  撮影枚数:416枚
移動:歩き  天気:快晴
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年9月17日 (火)

目眩

 地下鉄の区間運休で大阪城公園行きを止め、地元の川ブラブラの後ハヤブサに行った。
地元ではカワセミ探索を兼ねD7000と80-400mm+1.4倍テレコンの手持ち撮影チェックを行なった。川の水量は減ったものの今日も濁流、カワセミ撮影は無理かと思い花に蝶相手の近距離超望遠(400mm×1.4倍×1.5倍)を試した。出合に流れ込む支流の濁りがマシだったので久しぶりに支流を歩いたが、カワセミはミ見つからずで今のカワセミ撮影ポイントに着いたが、常連のカメラマン数人がカメラを向けているではないかえ、何とカワセミが居り餌を捕りよった。今日は途中で家に帰らずハヤブサ撮影に行ったが、ハヤブサは居たものの動きが悪く、撮影仲間から椅子を借りて座り身体を屈めて座り、顎を突き出し口を開けて上を見ていると、青い青い海は見えなかったが目眩がした。3時半頃帰ろうと思ったが、対岸に移動し石のベンチに15分ほど座り休憩してから帰った。帰ってから風呂に入り、肩、足にアンメルシンを塗ったが、疲労が過労になっている。アリナミンAを飲んで明日も撮影に出る。
一度でいいから、涼しい林の中でゆったりした椅子に腰掛け、ワイングラス片手にカメラのシャッターを押したい。場所は、昔に一度車で走ったことがある軽井沢が良い。

蝶と花の撮影
ヒメジャノメ
13091701

アカタテハ
13091702

アオスジアゲハ、何故か撮る機会が少ない。
13091703

アゲハチョウ、定番撮影
13091704

ツマグロヒョウモン
13091705

カワセミノートリ画像、80-400mm+1.4倍テレコン止まりものは問題無し。
13091706

飛びものは、ピントが遅れ手持ちは難しい。13091707

遠くの暗い場所の止まりものは、SSが早くならず手持ちは困難。近ければ多少なら暗くても、ピントが合うのに時間がかかるが問題無い。
13091708

 

ハヤブサ、飛びもの狙いでテレコンを外した。
餌の鳩が突然動き出したとか、その場に居た者しか分らない笑い話もあったが、良い場面が無く日影での撮影に終わる。
13091709


13091710


13091715


13091716


13091717


13091718


13091719      

 

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6(+1.4倍テレコン)、手持ち撮影  撮影枚数:344枚
移動:歩き、車(便乗)、地下鉄  天気:快晴
撮影経費:210円

| | コメント (0)

D7000に80-400mm+1.4倍テレコン(昨日の画像)

 今日も5時に起きた。パソコンの前に座り京都市交通局のHPを見ると、地下鉄の運休区間が変わっていない。小野まで歩いて大阪城へ・・・大阪城でたっぷり歩く必要があり朝に歩くのはしんどい。車・・・大阪市内は走り慣れていない(40万キロぐらい走っているので問題無いが、都会を走るのは好まない)。ということで、地元ブラブラに変更するか思案中。

昨日の1.4倍テレコン使用のチェック画像、焦点距離は色々変えています。

Dsc_7299


Dsc_7307


Dsc_7320


Dsc_7330


Dsc_7331


Dsc_7345


Dsc_7348


Dsc_7353

 

テレコン無しだがカワセミを1枚、濁流の日も川を見つめるカワセミが居るとは驚いた。
Dsc_7641

 

昨日、歩いていて靴底に違和感を感じ調べたが、何と底が剥がれかけているではないか、それも左右両方。接着剤で貼り付けれ格好はつくが、歩いている最中に完全に剥がれると後歩くのが大変なので(渓流靴で経験有り)廃却する。履かなくても耐用年数があるということか。

| | コメント (0)

2013年9月16日 (月)

ハヤブサ

 D7000と80-400mm+1.4倍テレコンの手持ち撮影を試したく、昼から天気が良くなったので出かけた。狙いはハヤブサの止まりもの、今日は運よく近かったので、途中からテレコンを外し飛びものに狙いを変えた。順光の良い条件で、始めてハヤブサをまともに撮影出来、行って良かった。後ろが狭く上を見上げての撮影、手持ちが良いがいつも近くに止まってくれるとは限らないのが難点。
尚、かなりの枚数を撮影したが、大半はカラスやサギに鉄塔などで十分使い物になることを確認した。出かける前に1.7倍をつけて試し撮りをしたが、これもAFでフォーカスした。ただし、画像はもう一つ

●1.4倍テレコン装着
親、♂か♀かは、見分け方を知らない130916101

若が近くに飛んで来た。
130916102

大きな鳴き声で親に餌をねだっていたが、親は無視
130916103

    

●飛びもの狙いでテレコンを外す
親の飛翔、どこかに飛んだ
130916104

若の飛翔、若もどこかに飛んで行った
130916105


130916106


130916107

しばらく待っていると親が帰って来たので、飛び出しを狙う。
130916108


130916109


130916110


130916111


130916112

川は濁流、カワセミは明日もダメと思うので大阪城に行こうと考えているが、地下鉄が御陵駅の冠水で小野から烏丸御池間が運転ストップ、復旧の目処がつかないとのことだった。明日は復旧しているだろうか・・・・


撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:344枚
移動:歩き、地下鉄  天気:晴れ(3時以降の撮影)

| | コメント (0)

いつも通り朝5時に起きた・・・10時に追記、その後更に追記

 いつも通り朝の5時には目が覚める。最初にすることはTVをつけてソファーの前に座り、報道番組を見る。いつもならしばらくボーっとしているが、台風が気になり多少真剣に見た。外も風が強く吹いていたが、京都は台風の進路から外れておりそれほどでは無いように思ったが、風の音を聞いたのは久しぶりのように思う。KBS京都を見ると嵐山・渡月橋のライブ映像が流れていたがいつもと違う、山科川のライブ映像をPCで見たが繋がらない。川の水位情報を見ると5:30で何と+2.72m、6:30で+2.09mに下がったが、それにしても凄い増水量で、夕方の天気予報は晴れとなっているがカワセミはダメだろう。晴れになればウォーキングに出るつもりだが、いつもより南まで歩いてみるか。

川が増水する日は、寺に居るかと思い探しに行った事もあるが、あまり関係無いようである。
Dsc_1176

 

<追記>

9時過ぎに貸しガレージに止めている車を見に行ったついでに、山科川の状況をを見に行った。
水位測定点は下流に有りいくつかの支流が合流しているため、上流より水量が多いと思うが、上流もかなり増水していた。

新幹線から一番目の橋より
13091601

中学校横の橋より上流を見る
13091602

下流を見ると護岸下の川岸地面は完全に水没。13091603

普段の穏やかな流れ
13091604


上流がそれほど山の中に続いていないと思うので、雨が止めば水量は直ぐに減るだろう。また、この濁流でカワセミ撮影地のゴミは流されるが、上流のゴミが流れてきて同じことか。
TVを見ていると数万人に避難指示や勧告が出ている地域もあるようだが、大勢が雨の中何処に避難するのやろうと思いながらTVを見ていた。避難と言うのは簡単だが・・・・  

10時半頃から再びTVを見ると京都市内でも嵐山や伏見で水の被害が出てエライことになっているのを見て驚いた。山科の住んでる場所は川や山から離れており、地面も南に向かって若干下りになっているので水害に土砂崩れの心配は無いが・・・・

| | コメント (0)

2013年9月15日 (日)

たわいもない記事

●昨日、細長いヘリコプターが飛ぶのを見た。
自衛隊のアパッチかな。自衛隊のヘリを最近良く見るが、この手の機種は始めて。何処から何処へ飛んでいるのやら、北は多分今津と思うが。
130915101

 

●ノンアルコールビールテイスト飲料を、今日の昼食時に始めて飲んだ。
買うにあたりサントリーとアサヒが目に付いたが、理由無しにサントリーにした。味は悪くないが飲む必要があるのかどうか、酔わなければ飲む意味が無いような。
130915102

 

●最近、撮影で履いている靴
先日、犬の糞を踏み捨てたウォーキングシューズの代わりに、下駄箱で眠っていた20年以上前に買ったスニーカーを履いている。一昨年に特価で買ったものもあるが、こちらの方が足の疲れが少なかった。足に合わないのか、長時間歩いていると左足の小指あたりが圧迫され痛くなる。それで履き潰さなかったのかも知れないが、今度は履き潰す。
それにしても犬の糞をほったらかしにした飼い主・・・・、犬の糞を踏まなかったら後2ヶ月は底が磨り減ったまま履いたのだが。
130915103


130915104

 

●撮影の疲れケアのための薬
夏前まで肩凝りが酷かったのでアリナミンEXを飲んでいたが、最近肩こりがマシになりAに買えた。足の太腿に脹脛の筋肉が傷むので、風呂上りに時々アンメルシンを塗っている。特に痛みが酷い時は、フェイタスを貼る。冬は両肩にかなりの頻度で貼っていた。
130915105

 

●携帯用のパイプ椅子
鳥撮影で待ちがある時は椅子が必要。海釣りの時に使っていた椅子が大、小二つ残っていたが歩きでの持ち運びが不便なので、3本パイプの軽量簡易椅子を数百円で購入し使用している。たためばリュックの三脚取り付け部に付けられるので便利、高さは2種あるが、低いと座った時にしんどいので高いのを買った。130915106

 

●三脚に機材(カメラと500mmf4)を積み、担いで歩くと肩が痛い。
カワセミ撮影で500mmf4をあまり使用しない理由は、腰痛の不安と担いで歩くと重たくて疲れることもあるが、肩が痛くなる方が理由としては大きい。たまに他の鳥狙いで担いで歩く事もあるが、5分も歩くと肩が痛くて辛抱出来ない。最近、レンズが328でも痛さを感じるが、かろうじて我慢出来る。
肩に座布団を付けて歩く人やスポーツ用の膝パットを改良して使用している人が居る。膝パットは良いアイデアと思うので、購入して試そうと思っている。500mmf4で目を見張るような画像が撮れるかは置いといて、80万円以上したレンズなので使わな勿体無い。

| | コメント (0)

お手軽手持ち撮影と気合入れての撮影での画像比較

 今日は朝から雨、雨の止み間が有ればウォーキングに出ようかと思っているが、川の水位が38cmぐらいあるので完全撮影休みにするつもり。6時頃に起きボーっとした後、朝食を食べTVを見ていたが撮り貯めた写真の整理を始めた。9/12の山での鳥撮影、D7000に80-400mmの手持ち撮影とD4に500mmf4の三脚使用で、同じ場所近くでのオオルリ若の撮影があったので参考掲載する。比較撮影をしようと思ったのではなく、手持ちで探していてオオルリが現れたので、急いで車からD4、500mm、三脚を取り出してセットした。

 

●ノートリ、無修正画像・・・前に木があり、近づけなかった。立った場所は少し違う。

D4、500mmf4(撮影範囲×1.2倍で600mm相当)、三脚使用、VR:ON、f:4.5、SS:1/1250、ISO:640
13091501

D7000、80-400mmf4.5-5.6(T端のつもりが表示は390mm)、VR:ON、f:5.6、SS:1/1250、ISO:640
13091502

 

●ブログ用に修正

D4、500mmF4 4096Pixel→1116→1000にリサイズ13091503

D7000、80-400mm  4928Pixel→1212にトリミング→1000にリサイズ
13091504


そこそこの距離の止まりもの狙いなら、色のにじみのようなものがD7000、80-400mmの方が多いがPCモニターで見る限り大して変わらない。多少フォーカスを迷う(カメラ、レンズのせい?)こともあるが、これからも止まりもの手持ちは、この組合せを使用するのが軽量で良いようである。止まりものを綺麗に撮りたい場合はD800Eを使用するが、普通に撮れる範囲では目を見張るようなといった格段の差は出ない。時にはMFにしたりリモートスイッチを使う事もあるが、普段は細心の注意を払って撮影する事は無く、いつも鳥を見つければ適当に連写する。普段目にしない鳥を見て心が躍り、且つ撮影を楽しみ画像を見て自己満足出来れば良い。風景等も同じで所詮趣味の世界、ぐだらぬ事に気を払っても仕方なし・・・・とはいえ少しでも綺麗に撮りたい。

| | コメント (0)

2013年9月14日 (土)

D4に328+2倍テレコンの再チェック

 地元の川でのカワセミ撮影は、換算600mmぐらいで撮影したい。手前の岸に止まれば450~500mmでも十分、対岸なら600mmでも不足だが手前側狙い。D800E、D7000で撮影することが多いが、D800Eの場合は328+1.4倍テレコン使用か80-400mmで撮影範囲を×1.2としているので2400万画素で約500mm相当、1600万画素にトリミングすると600mm相当なる。またD7000の場合はDXカメラのため、画素数1600万画素で600mmになる。D800Eは秒間コマ数が少なく、D7000は秒間コマ数に連続撮影枚数も少ない。D4の登場となるが、500mmf4は長くて重いということがあり、手前側でのカワセミ動の撮影で失敗が多い。328+テレコンということになるが、1.7倍では個人的には十分撮れることは確認しているが、2倍テレコンではどうか何度か使用した記憶はあるが再確認することにした。
尚、D800EにD7000では、328に1.4倍テレコンは申し分無いが、1.7倍テレコンでは画像があまくなるような気がする。D1桁機とは少し違いが出るような?

今日の画像はピクチャーコントロールを風景にした。

ノートリ画像
対岸下の川岸
13091400

対岸の岸近くの飛びもの
130914001

 

トリミング画像:約4900Pixel→1600にトリミング→900にリサイズ
13091401


13091402


13091403


13091404


13091405


13091406


13091407


13091408

1.4倍テレコン使用時に比べれば少し画質は落ちるように思うが、1.7倍テレコンとは変わらないような・・・・。もう少し様子を見て、良ければこの組合せを使う機会を増やす。尚、今日もカワセミの出が悪かった。朝は下流に行ったが一度飛ぶ姿を見ただけで1時間で諦めて上流に行ったが、撮影はワンチャンスだった。

     
3時過ぎに再びカワセミ撮影地に行き、イソシギを撮影しながら調整していた時に、”ハヤブサが居るで”との連絡が入り急いで地下鉄に乗り移動した。何とか間に合ったが、D4に328+2倍テレコンでは遠すぎた。V1にゴーヨンの領域(まともに撮れないかな? クマタカよりはマシ)、おまけに夕方の曇り空では証拠写真しか撮れなかった。
画像は4900Pixel→約1200にトリミング→900にリサイズ
13091411

しばらくすると動き出した。
13091412

想像はついたがオイドを上げての糞、オオワシのようは豪快さは無くチョロだった。
13091413

少し移動して飛び出した。
13091414


13091415

見えない場所に隠れた。
13091416

その後しばらく待っていたら何処かへ飛んだので、機材を片付けたが戻ってきた。再び機材を取り出したが、また飛んだので諦めて引き上げた。
遠かったが居るのが確認でき撮れたのは成果、通えば天気の良い日にいいところが撮れるかも知れないが、カワセミ優先かな。

撮影機材:D4、300mmf2.8+2倍テレコン、三脚使用  撮影枚数:朝180枚、夕方221枚
移動:地下鉄、歩き  天気:朝は晴れ、夕方は曇り
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

| | コメント (0)

2013年9月13日 (金)

人生、ゆっくりといきますか~

 今日の朝はカワセミで姿を一度見たのみでシャッターを押す機会も無し、昼から街中のハヤブサ撮影に行ったが、これまた姿を見ることは無かった。西側から狙っていたが南側に止まっていたとのこと。週一休みで撮影に出ているとこんな日もある。
カワセミは昨日も1度前を通り過ぎただけとのことで2日続けて悪い、3日は無いであろうと前向きに解釈して、明日も朝からカワセミじゃ~。

13091301

    

13091302


撮影機材:D4、300mmf2.8+朝1.7倍テレコン/昼から2.0倍テレコン、三脚使用 撮影枚数:86枚
移動:地下鉄、歩き  天気:晴れ
撮影経費:810円(地下鉄)

| | コメント (0)

2013年9月12日 (木)

山での探鳥不調でクマタカに行ったが・・・・

 今日は地元の撮影仲間5人で探鳥に行ったが、まったくの不調だった。薄くガスがかかったような条件の悪さもあったが鳥の出が悪かった。

山での撮影
山の撮影地について直ぐに飛ぶ鳥を見つけ、カケスと思って撮ったが帰ってから見ると鳩だった。

オオルリ若
13091201


13091202


13091203

エゾビタキ、何故かモノクロ撮影のような色になる。
13091204

こちらは普通の色
13091205

狙いのアオゲラは瞬間出たが、いいところは撮れなかった。
13091206


13091207


13091208

 

山が不調だったのでクマタカに行ったが、こちらはもっと悪かった。近い低い位置を幼鳥が飛んだと思い込み撮り捲ったが、帰って画像を確認するとトビだった。
取れたのは山の上を旋回する姿のみだったが、距離が遠く曇り空ではまともに撮れず。証拠写真ぐらいにはなったかな?
13091209


13091210

いつかリベンジに行くしか無いだろうが、500mmf4+1.4倍テレコンで撮れるチャンスがあるのかいな。晴れの日ならもう少しマシに撮れるとは思うが・・・・

ヤマドリにカワセミを見たが撮るチャンスが無かった。


13091211

撮影機材:D4、500mmf4+1.4倍テレコン、三脚使用  359枚
       D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  43枚
移動:車  天気:曇り
撮影経費:0円(ガソリン代は日常経費内)

| | コメント (0)

2013年9月11日 (水)

スッポン

 今日、カワセミを撮影していたらスッポンがいると話題になった。”捕まえたら何ぼで売れる”、”意外にすばしっこいので捕まえるのは無理や”、”長いタモ網ならどうや”・・・・
川でカメをよく見るが大半が北米原産のミドリガメとやら、スッポンを見るのは始めてで記念に撮影した。植物園の池にも居ると聞くが、見たことが無い。

130911101


130911102


130911103

| | コメント (0)

不調

 今日は8時半に撮影地に到着、昨日同様朝のサービスを期待したが、まったくの不調で一昨日同様カワセミ撮影無しかと思ったが、10時過ぎにやっと登場してくれた。しかしサービスが悪いまま飛び去り、再び待ち時間が続いた。しばらくして現れたが直ぐに消え、アカンかと思いながらも12時半頃までまったが疲れたので引き上げた。良い日と悪い日は交互で、明日は良い日かも知れないが、地元のカワセミ撮影仲間数人で他の鳥をもとめ気合を入れて探鳥に行く。
気合を入れるのでD4に500mmf4を持っていくが、現地で気合が入らない場合(歩きが多い)も考えて、D7000に80-400mmも持って行くつもり。

13091104


13091105


13091106


13091107


13091108


13091109


13091110


13091111

撮影機材:D800E、300mmf2.8+1.4倍テレコン、三脚使用  撮影枚数:298枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:420円

| | コメント (0)

2013年9月10日 (火)

カワセミ後ツツドリ

 今日は、カワセミ撮影後にJ君とツツドリ撮影に行った。昨日撮れなかったカワセミだが、今日は2羽がらみと餌捕りが撮れた後に姿を消したので、10時過ぎには移動してツツドリに行った。ツツドリは出が悪く待ち時間が長かったが、遠くに止まるところを何とか撮れ、撮れて良かった良かったで引き上げた。

●カワセミ
撮影地に着いて直ぐは姿を見ずで10分ほど歩いて下流に行ったが、餌を捕り休憩に入ったとのことで再び上流に向かった。途中で散歩のオバサンから2羽が少し上流に止まっていると聞き、急ぎ足で行くと親と若が居た。
ホッとして撮影を始めると若が牽制で親の方に飛ぶ
13091001

急接近したが、残念ながらバトル無しで通り過ぎる
13091002

しばらくして若がもう一度飛ぶ
13091003

親は余裕で見ているだけ
13091004

その後、多分若が親を追いかけたのだと思うが、上流に飛び離れた石の上で牽制合戦。

しばらくして親は上流に飛び去り、雛は少し下流の対岸近くの鉄柱に止まる。
13091005

餌捕りダイブ、予測と違う場所に飛び込まれ水際は撮れず、魚を咥えて飛ぶところは撮れた。
13091006


13091007

こちらに向かって飛んで来た。
13091008

どんどん近づき
13091009

土手に横たわっている木の枝に止まる。
13091010

魚はそれほど大きくなかったので、もう一度飛び込むと期待した。
13091011

少し下流で再び餌捕り、水際から撮影に成功したが、こういう時に限って魚を咥えていない。
13091012


13091013


13091014

この後、今度は若2羽が並び直ぐに追いかけあいで下流に飛び去り、しばらく戻ってこなかったのでツツドリ撮影に行った。

●ツツドリ
過去に4度大阪城公園で撮影しており、1度は堀の対岸で遠かったが3度は比較的近くで鳩を撮るような感覚で撮れていた。ところが今日の撮影地のツツドリは、非常に敏感で直ぐに逃げ動きも素早かった。本来はこういう鳥なのかも知れない。出が悪い中何枚か撮れたが、328+1.4倍テレコンでは遠すぎ500mm+1.4倍を持っていけば良かった。
13091015


13091016


13091017


13091018

帰る時に道沿いで撮影したが暗すぎた。露出設定失敗(マニュアルで撮影)でPCソフトで修正。
13091019


撮影機材:D800E、300mmf28+1.4倍テレコン、三脚使用  撮影枚数:297枚
移動:地下鉄、車  天気:カワセミは晴れ、ツツドリは曇り
撮影経費:420円(地下鉄往復)、ガソリン代は日常経費内

| | コメント (0)

2013年9月 9日 (月)

カワセミ撮影最悪の一日、おまけに犬の糞を踏む

 今日は8時前から3時半まで粘ったが、カワセミは一度目の前を糞を噴射しながら飛んだのみで、1枚もシャッター押せず。朝の内は期待して待ったが、昼からはカワセミ撮影仲間の座談会に終始した。明日は遠出する予定だったが、止めてカワセミリターンマッチに行く。果たしてリベンジ出来るかな?

尚、犬の糞をグシャッと踏み飼い主に怒り心頭、”愛犬を散歩させるなら糞の始末ぐらいせい、この馬鹿たれが~! オメーは愛犬家では無い、犬を飼う資格などあるかい!”
川の水で底を洗ったが靴底が磨り減りクッションの出ているウォーキングシューズ、帰ってからけったくそ悪いので廃却した。底が磨り減っていなければ廃却しなかったのだが。

      
今日の飛びもの撮影
アオサギ
13090901

ササゴイ
13090902


13090903

ツバメ
13090904

飛行機雲の無いジェット旅客機13090905

飛行機雲を従えて飛ぶ旅客機、ジェット機の飛行機雲の有り無しは何で?
13090906

プロペラ機かな
13090907

今日は多くの飛行機が上空を飛んでいるのに気がついた。自衛隊のヘリコプターが飛ぶのもよく見かける。もうすぐミサゴが今津に飛ぶ計画があるが、山科の上空を飛ぶのかな?

撮影機材:D800E、328+1.4倍テレコン、三脚使用  撮影枚数:143枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:420円

| | コメント (0)

2013年9月 8日 (日)

電池の劣化

 カメラの電池EN-EL15の1個が著しく劣化し劣化度4となっている。1眼ではまだ使用できるが、V1では劣化が激しく使用できないというような表示が出る。カメラ3台用に5個持っており、1個のみ以前から劣化度が上がっているのは知っていたが、D7000購入時の古いもので自然劣化と思っていた。調べると昨年D800Eを購入した時に後から追加購入した一番新しい電池のようでアレ~。”使い込めば劣化します”とのことだと思うが、それほど使用しておらずD4のメディア収納部蓋のベコベコ、D800Eの早期の塗装ハゲに続き運が悪い。後でクレームを付けても製造の基準以内と取り合う気が全く無い・・・D800Eでのメーカーとの話し合い(電話)は、しょっぱなの間の取り方からクレーマー対応マニュアル通りと頭に血が上りながらも話していて直ぐに分かった。
塗装の早期のハゲや電池の急速な劣化などは、商品を受け取る時に確認のしようがなく困ったもの。
D800Eは、10月には清掃を兼ねて底板交換を有償で出すつもり。数ヶ月でまた剥げるかどうか・・・・塗装が貧弱として大事に使う方が良いのか。

ロッド番号2012・・・・・の2012が製造年かと思っての書き込み。他は2010・・・2個と2011・・・2個だが、今だ劣化度0。気付くまで各電池を満遍なく使用したが、劣化度が4になってからこの電池は緊急用として普段は使用していない。
尚、回収対象品はEとFで対象外、セルは日本製、他は中国?

Dscn9903

| | コメント (0)

撮影休み  昨日のササゴイ

 今日は所用で休み、天気が悪くちょうど良かった。最近、膝の調子はかなり良くなったが、歩き疲れで足の筋肉に身が入り足取りが重い。
昨日の撮影も朝は328を用意していたが、天気の様子見後の出発は80-400mmズーム手持ちにした。328+1.4倍テレコンの方が価格差ほどは無いにしても明らかに写りは良く、以前は手持ちで川を歩いた時期も合ったが、今の体力では長時間の手持ち持ち歩きは出来ず。三脚使用で定点撮影なら良いが、撮影地近くのでの担いでのウロウロもしんどくなってきている。自転車と思うこともあるが30年以上乗っておらず、扱けて機材を壊したら、ましてや怪我でもしたらと思うと購入する気にはならず。
毎日、何かストレッチ・・・若い頃に使用したブルワーカーを探すかな。捨てていないので、どこかにあるはず。2020年のオリンピックが東京に決まったが、その頃のカワセミ撮影は高倍率コンデジがメインかも知れない。

昨日、D7000に80-400mm手持ちで撮影したササゴイです。
最近、D800Eの使用頻度が多く80、000ショットを越えたので、手持ちは極力D7000をすることにした。尚、D7000も80、000ショットを超えているが、D4は80、000ショット手前。

13090801


13090802


13090803


13090804


13090805


13090806

| | コメント (0)

2013年9月 7日 (土)

10時45分頃に家を出た

 朝の様子見から雨はしばらく大丈夫と判断し、手持ち撮影に変えて家を出た。歩きで撮影地向かったが、途中ササゴイを少し撮影したため11時半に到着、この天気の中常連さんばかりだが10数人居たのには驚いた。皆朝から来たようである。昼過ぎには半数近くに減ったが、良かったのは1時を過ぎてからで、正に”残り者に福が来た”だった。
定時の3時、この場所では夕方の部が始まる時刻だったが、空が暗くなったこともあり手持ち撮影での曇り空の条件下での撮影としては十分満足したので引き上げた。

現地に到着すると対岸に居た。13090701

しばらくして上流に飛んだので追いかけた。
13090702

土手近くに飛び込まれ、水際見えず。
13090703

     

今日の一番の成果は狭い支流での餌捕り、これまで入るのは知っていたが餌捕りをするとは知らなかった。これからのチェックポイントに加える。
13090704


13090705


13090706

ただ、近くでの餌捕りは見えない場所に飛ぶことが多かったのが難点。
13090707

こちらは離れた場所での餌捕り
13090708

ゴミの近くに飛び込みよった
13090709

ゴミが被る。川にゴミを平気で捨てる輩、住んでる家の中を見てみたい・・・・綺麗に片付けていたりして
13090710

日差しがあればもう少し鮮明に撮れると思う。日陰にならない場所だろう。
13090711

止まりものも近くで撮れた。
13090712

 

若2羽が同じ木に止まり、威嚇しあっている時に親♀登場
13090713

若2羽が共通のライバルということで、そろって威嚇する。
13090714

親♀はさり気無く横を飛んで、背後の木に止まる。
13090715

親♀が少し離れると、再び若同士が威嚇
13090716

左の若、羽を広げ力みすぎたのか直後に糞を噴射していた。
13090717

若2羽共この後どこかに飛び去った。

 

しばらくして再び若1羽が木に止まったが、今度は親♀が近くに止まる。
13090718

直ぐに仕掛けたのは若
13090719

親は無駄な争いを避け余裕で飛んだ。
13090720


13090721

もう少し日が立ち同じ場所に現れると、本格的なバトルが始まるのかも知れないが、今のところは追いかけ合いは見かけるが、噛み付き合う激しい闘争は見ていない。
親子でなければ、争うかも知れない。
13090722

 

 

最後に若が登場し、ホバに餌捕りでそこそこサービスしてくれた。
13090723

ホバは3度
最初は草背景で少し長かったが、2枚しかピントが合わなかった。
13090724


13090725

2度目は、近くて全てにピントが合ったが、アッチャ向きでは話にならず。
13090726

3度目は、水面背景でピントが合ったのは1枚のみ。
13090727

今日も水際撮れず。昨日の歩き疲れがかなり残っていたが、粘って良かったと思える1日だった。
13090728


13090729


13090730

 

最後の1枚は、訳有りのコサギの画像、綺麗に撮れています。
13090731


撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:703枚
移動:行きは歩き、帰り地下鉄  天気:曇りで短時間の雨有り
撮影経費:210円

| | コメント (3)

撮影に出るか様子見

 7時半に見たYAHOO天気予報のピンポイント情報では12時まで弱雨の傘マーク、撮影に出るか様子見。

昨日撮影したカワセミの親♂、飛び去る時は上流に行く。もしかしたら・・・・・

Dsc_6462

ブログトップページのカワセミに比べ嘴が短いかな?
Dsc_6465

 

8時頃に家を出たが雨が降り出し少し強くなったので引き返す。9時10分現在、雨は小降りになったがしばらく続きそう、川の水位は18cmだが少し増えるかも知れない。このまま雨が上がれば、手持ち撮影で探索に出る。

昨日撮影した鳥
メジロ・・・・尾が短いが幼鳥か?
Dsc_6159

エナガ
Dsc_6169

コゲラ
Dsc_6440

| | コメント (0)

2013年9月 6日 (金)

秋の渡り 大阪城公園Ⅰ

 秋の渡りのシーズン到来ということで大阪城公園に行った。JRの大阪城公園駅からいつものコースを歩いたが、最初はカメラマンに合わずでこういう時は絶好の鳥が出てどこかに人が集まっているのかと期待したが、鳥が少なくカメラマンも少なかっただけだった。渡りの鳥ではオオルリ♂若、コルリ♂若、センダイムシクイ、コサメビタキを撮影したのみ、蚊に喰われまくり痒さがたまらなかった撮影日だった。
蚊の攻撃は、カワセミ撮影現場の方がマシ。

●オオルリ♂若・・・配水池横での撮影
 少し暗くISO1000でSS1/200
13090601


13090602

 何度か飛ぶ姿を見たので、ISO1600に変更しSS1/400
13090603


13090604

 今日は、D7000に80-400mmの手持ち撮影だったが、D4にすれば良かったと後悔した。晴れの予報だったので、もう少し明るいと思っていた。
13090605

 

●コルリ♂若・・・本丸庭園での撮影
 ISO1000でSS1/40、まともに撮れていないと思ったがそれなりに撮れていた。新型400mmズームのVRは強力。途中でISO2000に上げSSを少し速くしたが、画像はISO1000の方が綺麗だった。13090606


13090607


13090608


13090609


13090610

 

●センダイムシクイと思う・・・何箇所かで見かけた
13090611


13090612


13090613


13090614

 

●コサメビタキ・・・神社裏
13090615


13090616

 

1時頃に撮影終了、満足感がもう一つだったので帰りにカワセミの様子を見に行き、姿を見たのは一度で止まりものと飛びものを何枚か撮影した。今日は非常に出が悪い日だったそうで、大阪城公園に行ったのは正解だった。

 

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:370枚
移動:地下鉄、京阪、JR、歩き  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:1.740円

| | コメント (0)

2013年9月 5日 (木)

水際狙い

 
 カワセミ水際撮影の決め手は、動体視力と反射神経と思っているが、反射神経は年々衰えシャッターを押すタイミングが遅れて、今日も水から飛び出してから撮れているケースが多かった。
今日はそれほど暑くなく、8時前から久しぶりに昼前まで粘った。

13090501

好条件で水際が撮れなかったのは少しショック
13090502

土手の上の木からの飛び込み、横(橋)からの撮影だったが遠くて見ずらかった。
13090503

一瞬見失い、水際はシャッターを押せなかった。
13090504

飛び込む位置が予想と違ったため遅れを取る。
13090505

飛び出した後バランスを崩したようで、もう一度着水した。
13090506

間が抜け着水シーン撮れず
13090507

ちょうど良い高さからの飛び込みで水際を捉えたが遠かった。家に帰っての画像確認で大きな魚を咥えていたので驚いた。魚が大きく、動きが遅かったのかも知れない。
13090508


13090509


13090510

木に持って行ったが、魚を食べたのか落としたのかは分らなかった。
13090511

 

2時半頃に再び出かけた。今度は上流区域のカワセミ探索を兼ねて、歩きで朝の撮影ポイントに向かった。
今日もグランド前にカワセミが居た。
13090521

朝に見かけるカワセミかどうか分らない。落ち着きが無く動きが早く飛ぶスピードもツバメ並み。
13090522

餌捕りを3度行なったが、通りすがりの撮影では歯が立たなかった。ピントは水面に合っている。
13090523

朝の撮影場所では、カワセミは姿を消した後で、1時間ほど居たが姿を見ることは無かった。
明日は、今のところ久しぶりに大阪城公園に行き、帰りに夕方のカワセミの様子を見に行くつもり。朝起きて大阪まで行くのがしんどければ、カワセミに予定変更するかも知れない。


撮影機材:D800E、328+1.4倍テレコン、三脚使用  撮影枚数:441枚
移動:地下鉄  天気:曇り一時日差し有り
撮影経費:420円

夕方
撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:54枚
移動:歩き  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年9月 4日 (水)

10時前に雨が降り出し、また明日

 今日は7時過ぎに家を出て、歩きでカワセミを探しながら撮影地行った。今日の出は昨日と変わらなかったが、動きが悪く良い画像無し。11時頃まで粘り、帰りもカワセミを探しながら歩いて帰ろうと思っていたが、10時前には雨が降り出しやみそうに無かったので、地下鉄で引き上げた。

朝7時半頃の空は、青空も見えた。
13090401

下流に向かって歩いていると、川岸の草むらでカワセミの鳴き声が聞こえたが見つからず。その後直ぐにハイタカらしき猛禽が、低空を東から西に飛んだので、川岸と空の両方を見ながら歩き、結局どちらも姿を見ることは無かった。

撮影地に到着後、しばらくして雛が登場
13090402

川中の石に止まる。この時間は日が差していたので期待したのだが。
13090403

対岸に飛び
13090404


13090405

期待空しくサービス無しで、後方土手を越えて消えた。
13090406

ほんの少し下流には若が居た。何度か飛び込んでいたが遠かったので撮らなかったが、雛が消えたので撮影した。
13090407

飛び込んだが、この若は深く潜りよる。
13090408

ピントが合わせやすく、手持ちで遠くの撮影だったが飛び出しが撮れた。
13090409


13090410

動きが悪かったので元の場所に戻ると、親♂が定番場所に居たが動かず。
13090411

かなりしてから雛が飛んで来たが、親が居たので止まる場所を探してウロウロ飛ぶ、途中でホバをしよった。曇り空で暗くなりISO2000での撮影
13090412

せっかくのホバも背後の木の近く、距離が遠くて手持ちだったこともあり直ぐにピントが外れる。
13090413

親から数m下流に止まる。
13090414


13090415

こちらは親より動きが早く餌捕りを行なったが、設定確認でファインダーから目を離した瞬間でシャッターを押せず。
13090416

雛にしてはそれなりの魚を撮っていた。水際でシャッターを押せなかったことに悔いが残る。いつもの集中力不足
13090417

しばらく止まっていたので、次のサービスを期待し対岸に回ったが、何もせず下流に飛び去った。
13090418

この後に雨が降り出しジエンド。
明日も雨か~、撮影に出れるだろうか。天気が良ければ大阪城を考えていたが、今の天気の状況なら当分は地元でカワセミ。

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6  撮影枚数:251枚
移動:行きは歩き、帰り地下鉄  天気:曇で晴れ間もあったが後雨
撮影経費:210円

| | コメント (0)

2013年9月 3日 (火)

雛が奮闘してくれた

 川の増水が気になったがカワセミに行った。撮影ポイントは、それほど増水しておらず水も綺麗だったので一安心、ところがしばらくカワセミが出てこず。最初に親を見たが、ショートホバの後上流に飛び去った。それからしばらく待って雛が登場、今日の雛は、消える事も何度かあり退屈な待ち時間もあったが、出てきた時のサービスは良く、三日ぶりということもあり撮りまくって満足の撮影が出来た。ただ、大きな魚咥えものが無かったのが残念だが、無事に成長すれば機会も増えるだろう。

13090303


13090304


13090305


13090306


13090307


13090308


13090309


13090310


13090311


13090312


13090313


13090314


13090315


13090316


13090317

ホバも披露
13090318

残念ながら途中でアッチャ向く
13090319


13090320

少し移動して
13090321

2段ホバは、完全に反対を向いた
13090322

途中で別の若も現れた。数日前に上流で見た個体かな?
13090323

この場所、カワセミまでの距離は遠かったが、背景が真っ黒になり綺麗だった。トリミングでの超拡大画像
13090324


13090325


13090326


13090327


13090328


13090329


13090330


13090331


撮影機材:D800E、300mmf2.8+1.4倍テレコン、三脚使用  撮影枚数:549枚
移動:地下鉄  天気:曇一時薄日
撮影経費:420円

| | コメント (0)

2013年9月 2日 (月)

双眼鏡

 野鳥撮影現場で双眼鏡で鳥を探す人をよく見かける。かなり以前に10倍の双眼鏡を買い使用したことがあるが今は使っていない。首にぶら下げて撮影していると撮影機材に当って邪魔になり、また双眼鏡で見るよりカメラのファインダーを覗いた方が、鳥を見つけても直ぐにシャッターを押せるので、機会を逃す事が無いからである。
朝、雨で撮影に出れなかったので、片づけをしていたら双眼鏡が出てきた。置いておいても勿体無いので、車で行く三脚使用の待ちの撮影時に使うかと思うが600g近い重さ、V1に専用レンズを持って行った方が風景が撮れるので有用かな・・・・。事前情報無しで鳥の所在が分らず探す場合は、必ず手持ち撮影で行くので不要。

Dsc_1495

昼からも雨の様子を見ながらネットで川の水位をチェックしていたが、2時には完全に諦めた。
明日の朝は撮影に出れるかな?、川の水位が気になる。6時15分現在、+33cm

| | コメント (0)

今日も撮影休みかな(朝の書き込み)

 朝5時に目が覚めたがもう一眠りで起きたのは7時前で良く寝た。9時頃、外は小雨だったが明るかったので撮影に出れるかと思い、川の水位情報を見ると+42cmで朝出るのは諦めた。+20cmぐらいまでが良いところ。

カワセミの雛が3羽登場したが、何羽成長するのか気になる。ネットで生存率を調べると、英国の・・・・・Jamesの著書「KINGFISHERS」に、巣立ったヒナが縄張りを確保するまでに80%は死亡すると書いてあるそうだが(日本語版があれば購入したかったが無いとか)、それで考えると1羽が生き残れるかどうかとなる。英国と日本の環境の違い、縄張りとなるフィールドの広さ、餌の豊富さに天敵の多さによって当然生存率は変わるので、少しでも多く成長して欲しい。地元の川は小魚が多く、森と違い天敵となる野生生物も少ないので、カワセミとっては棲みやすい場所かも知れない。地元に限らず街中の川何箇所かで姿を見ているのは棲みやすいからかな。

今日の画像は一昨日撮影した親♂

この場所がお気に入りのようだが、正面からしか撮れず。
この木(外来種?)は一度川沿いの草刈り時に切り倒されたが、直ぐに生えてきて下の枝が多くなり撮影し難くなった。年数度の業者による川沿いの土手の草刈が進んできたが、早いとこカワセミ撮影ポイントの草を刈って欲しい。この木、今年はどうすのかな?
13090201

カワセミの羽の色は♂の方が綺麗場合が多い。羽が生え変われれば、綺麗なカワセミだろう。冬は何処に居たのか、上流のカワセミが下ってきた場所だが・・・・13090202

逆光での撮影
13090203

ピント合わず
13090204

横からの撮影は遠くてピント合わず
13090207_2
      

13090208

この鳥もゴリが好きなようで
13090206



13090205

ただいま10時45分、再び川の水位情報を見ると+65cmなり

| | コメント (0)

2013年9月 1日 (日)

撮影休み  昨日のカワセミ雛

今日は所用で撮影休み

昨日撮影したカワセミの雛、このところ2,3羽の若・雛が出てくるようでどのカワセミか分らないが、撮影したカワセミは度胸がある。川中の止まり木に止まっている時、土手の上だが前に立っても逃げない撮影者から見れば先の希望の星、♂のようである。親も♀はこちらの姿を見ると直ぐに逃げるが♂は逃げない。最近、上で見るカワセミ若(♂か♀か分らない)は、直ぐに逃げるので気になる。この♂が上流に行ってくれれば、これから冬場にかけての上流での撮影は安泰なのだが。今の場所は歩くには少し遠く、以前はなんとも無かったが最近しんどい。また、出が悪くなって一旦帰り、昼から出直しと云うわけにはいかない。

少し大きめの魚を捕れるようになっている13090101

餌捕りを捉えたが
13090102


13090103


13090104


13090105

咥えて出てきたのは魚ではなく小石
13090106

気付いて直ぐに捨てる
13090107


13090108

飛び出したが
13090109

タイミングが合わなかったのか途中で引き返す
13090110_2


13090111

この時期、雛は胸の色は黒いが羽が綺麗ので、ボロボロの親より被写体としては良い。
13090112

冬には胸も綺麗になっているだろう
13090113


13090114

| | コメント (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »