« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

行きはよいよい帰りはしんどい

 朝9時前に自宅出発で、カワセミ探索で川を歩く。約1時間の歩き、その間カワセミの気配すら感じず下のポイントに着いた。数人の常連さんが居たので、輪に入ってしばらく待つ。カワセミは出てきたものの愛想が悪く、2度の飛び込みで撮影はワンチャンスしか無かった。餌を捕った後上流に飛び、そこで再び餌を捕り魚を咥えて戻ってきたものの、休憩場所に隠れたので諦めてハヤブサを見に行った。ハヤブサは2羽とも居たが中々動かず、最後に少し動いてくれたが、1時間少々の立ちんぼで疲れ帰りは地下鉄に乗った。
歩くより待ちの立ちんぼの方が疲れる。

カワセミ撮影一発勝負

13103101


13103102


13103103


13103104


13103105

   

ハヤブサは窓の止まりものはそれなりに撮れたが、高い煙突での撮影は遠すぎたのと逆光でまともに撮れず。13103106

トリミングで約3.6倍に拡大したが、手持ち撮影の拡大は3倍ぐらいが限度
13103107


13103108

雛が親の所に飛んで来たが、親は煩わしかったのか一旦飛び再び戻ってきた。
13103109


13103110


13103111


13103112

雛は餌をねだっていたが親は反応せずで、痺れを切らし餌を獲りに南に飛んだ・・・・と思う。
13103113


13103114


13103115


13103116

南の方で飛んでいた鳥にアタックしたか、カラスにアタックされたのか遠すぎて分らなかったが、何らかの絡みがあった。親は煙突の上からその方向を見ていた。

 

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:248枚
移動:行きは歩き、帰りは地下鉄   天気:晴れ時々曇り
撮影経費:250円

| | コメント (0)

2年前の11月後半

 今年の冬までのカワセミ撮影ホームグランドの下流域(今の下のポイントよりかなり上流)で、壮絶バトルを2周連続見た。蕎麦屋のカワセミ対当時新進気鋭で気合の入った出合の若だったが、蕎麦屋のカワセミに軍配が上がり、その後も縄張りを維持し続けた。最近、この地で見かけるカワセミは、臆病な奴で撮影にならない。
今日は、早朝から下のポイントに出勤する予定だったが、昨日さっぱりだったようで止めた。もうすぐ出発、川を歩きで探索するつもり。

2年前の2度目のバトル。カメラの設定を間違いSS1/200では、カワセミの動きが止まらなかった。1度目の壮絶バトルはHPのトップページに掲載した。
今のところ2羽登場しても牽制のみだが、もうしばらくすると噛み付き合いが見られるかな?

Dsc_5704


Dsc_5714

| | コメント (0)

2013年10月30日 (水)

サカツラガン

 今日の出発は9時半となった。D7000に80-400mmの手持ちで家を出たが、カワセミはダメだろうと思い車で琵琶湖に行った。草津の道の駅に車を止め、ノスリでも居ないかと探したが姿見ず、帰ろうかと思ったがドライブがてら湖北まで足を伸ばす。東側の湖岸一般道を通って湖北へ行くのは何年ぶりか、いつもは湖西周りか名神で行く。

草津での撮影

珍しくオオバンが高い場所を飛んでいた。
13103001

水面近くを場所移動で飛ぶのは何度も見ているが、複数羽が高い場所を旋回していたが何かあったのかな。
13103002

ジョウビタキ♂を今期初撮影
13103003

綺麗な色の♂だった
13103004

車の陰から近距離撮影
13103005

 

湖北での撮影

先ずはオオヒシクイの飛びもの、立っていた場所の直ぐ上を飛ぶ。
13103006

この時間日差しはまだあったが、残念ながら背景は雲
13103007

2羽が何度か旋回したが、2羽が接近したところを同時撮影。背景は対岸の山
13103008


13103009


13103010

1羽の単独飛行もあったので撮影したが、帰ってからPCで見るとマガンだった。13103011

マガンはオオヒシクイに比べ飛来数が少ないのでラッキーだった。
13103012_2

湖北での狙いはサカツラガンだったが最初は分らず。先に来られていた人にファインダーを覗かせてもらい分ったが顔を羽に埋めていた。動くのを待っての撮影。
13103013

数年前に飛来した時も撮影しているので二度目
13103014

600mmでは少し遠い。次回はD800Eにゴーヨン+1.4倍テレコン?、止まりものならV1でテレコン無しが良いかも。
13103015


13103016


13103017

今日もミサゴを見たが、最近ミサゴに縁がある。13103018

少し遠すぎた。
13103019

湖北での撮影中ゴーヨンを持ってくれば良かったと思ったが、最後に雨が振り出したので手持ちが正解だった。


D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:243枚
移動:車  天気:晴れ後曇り
撮影経費:約3,000円(ガソリン代)

| | コメント (0)

ミサゴの顔Ⅱ

 昨日の夜は飲み会、9時半には帰って来たが久しぶりに11時頃まで起きていた。今日の朝、5時半頃にワンギリ電話で目が覚める。久しぶりだが以前から時々かかってくる。決まって明け方、誰が何のためかやっているのか知らないが、世の中ろくでも無い野郎が居るもんだ。毎日かかってくるなら、寝る時にコール音を消音に設定するが、極たまにしかかかってこない。
今日は天気予報では晴れだが、朝8時半現在どんよりとした曇り空、酒が残っているのか頭が冴えないので様子見。もうしばらくすれば家を出るつもりだが、車を先週の月曜から動かしていない。川をぶらっと歩いた後、車で琵琶湖に行ってみるかな。

ミサゴの顔Ⅱ、D4に328+2倍テレコンで手持ち撮影

13103000

| | コメント (2)

2013年10月29日 (火)

カワセミ不調、ハヤブサ姿見せず

 朝から曇り空で暗かったが、昨日は快晴で出が悪かったので、今日は良いだろうと思いカワセミに行った。天気と睨めっこで少し出発時間を遅らせたが、残念ながら昨日同様の不調、9時半まで粘ったが諦めてハヤブサへ、こちらも姿見ずで昼から所用があったので、11時前に精神的にも疲れ果てヨタヨタと引き上げた。
今の下の撮影地も含め地元の川での撮影は昔から歩きが基本、最近歩くのがしんどく地下鉄を利用しピンポイントでの撮影が多くなったが、地元でもそろそろ車利用の年代になってきたかな。車ならゴーヨンを持って行けるが駐車場が問題か。

今日の撮影は暗くてISO3200、姿が見ずらくいつもより集中してカワセミを見ていたが、数度の貴重な餌捕りの瞬間をシャッターを押すのが遅れ撮れなかった。体力同様、動体視力も衰えてきたのかな?

13102901


13102902


13102903


13102904


13102905


13102906


13102907


13102908


撮影機材:D800E、300mmf2.8+2倍テレコン、三脚使用
移動:地下鉄  天気:曇り
撮影経費:600円

| | コメント (0)

ミサゴの顔

 今日も4時半に目が覚めたが、寝たのが9時過ぎなので当然、年寄り予備軍の一日は朝の5時から始まる。頭がスッキリしたところで用を足して朝食、6時50分の地下鉄に乗ってカワセミ撮影地へ。

昨日撮影したミサゴの拡大画像です。トリミングで約3倍に拡大していますが、D4に328+2倍テレコンの手持ちは重く、VRを効かせているとはいえ手振れでトリミングによる拡大はこれくらいが限度です。Dsc_4385

| | コメント (0)

2013年10月28日 (月)

今日も一日乗車券を買って・・・・ミサゴが飛んだ

 朝起きて今日はD4に328+2倍テレコンでカワセミと思い7時前に早朝出勤した。快晴だったので夕方はハヤブサに行こうと思い、一日乗車券を購入しカワセミの下のポイントに7時過ぎに到着した。残念ながら早朝に大きな魚を捕ったとのことで間に合わず。しばらくして出てきたが、少し上流の対岸岸辺からのせこい飛込み、連発したがまともに撮れず。カワセミは下流に飛び去った。

仕方なく待っていると下流から大きな鳥が優雅に飛んで来た。アオサギと思ったが少し違う、カメラを向けファインダーを覗くとミサゴだった。
地元の川で見るのは2度目
     
13102801

川面を見ながら横を通過、三脚使用では向けれない角度になったので、急いで手持ちに変えた。
13102802

足を下げて旋回しだしたので、”こんな浅い川で魚を捕るのかいな”と思いながらも期待した。そこそこの大きさの鯉やナマズは居る。
13102803

残念ながら期待空しく、2度ほど旋回して上流に飛び去った。
13102804

近すぎて画面からはみ出す位置も飛んだので驚いた。
13102805


13102806


13102807


13102808

 

ミサゴを見ていたのかどうか分らないが、飛び去ると直ぐにカワセミが出てきた。
13102809

朝の内影になっていた場所も、日が差し撮影に良い条件となっていたが動きが悪かった。
13102810

唯一撮れた水際から飛び出しに飛行の連写は、対岸からの飛び込みで遠くてもう一つだった。
13102811


13102812

一度飛び出し
13102813

再び着水、水際の時間が長かったので大きな魚を捕っているかと思ったが咥えていなかった。
13102814


13102815


13102816


13102817

結局、カワセミの良い画像は撮れず、11時に朝の部終了で昼食のため引き上げた。

昼2時過ぎに再び家を出てハヤブサポイントに行ったが、1時間半待つも姿見せず。ハヤブサは止めれば良かったと思いながら疲れてトボトボ引き上げた。行ってみないと撮れるかどうか分らないので行くしかないだろう。

 

カワセミ飛びものの残り
今日のカワセミは出が悪く、撮影も不調だった。昨日は良かったらしいが、これも運としか言いようが無い。
        
13102820


13102821


13102822


13102823


13102824


撮影機材:D4、300mmf2.8+2倍テレコン、三脚使用  撮影枚数:219枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:600円

| | コメント (0)

2013年10月27日 (日)

所用で撮影休み

撮影休みで過去の画像

●このモズは?
最近、HPを整理中で撮影した野鳥も見直している。誤字、脱字以外にも間違っている箇所がいくつもあったが、見直して順次訂正するつもり。
過去の画像で抜けているものが無いか探していたら、1枚のモズの写真が出てきた。普通のモズより白く写っている。光の反射によるものか別の種類のものか、図鑑と見比べたが分らない。横か後ろからの画像があれば良かったのだが無し。

11年6月、戸隠へアカショウビンを撮りに行った時の撮影
Dsc_1544

       
         

●ウミネコかカモメか
並べば大きさで違いは分るが、単独なら分らない。目つきが怖いのがウミネコか?

画像はどちらか分らないが、どちらでも良し
Dsc_0229


Dsc_0406


Dsc_9586


Dsc_9687

| | コメント (0)

2013年10月26日 (土)

今日も高感度撮影

 今日は川の増水を考慮して、朝は植物園のカワセミ状況チェックにそろそろ飛来していると思われる宝ヶ池のオシドリチェック、昼から地元に戻ってカワセミを撮影する予定で家を出た。カワセミは、着いてしばらくして姿を見せたものの後は飛びまくり。何かおかしいと思ったら、もう一羽登場で縄張り争いと分ったが、2羽が並んで威嚇合戦が延々と続いた。宝ヶ池のオシドリは11羽(?)飛来していた。
カワセミが動くのを待っている時に、羽が茶色の鳥が地面すれすれを飛び直ぐ近くの木の茂みに止まったが、一瞬こちらを向いた時(2秒程度)に目の上の白い筋と真っ赤な喉が見え”あやつ”やと思い急いでカメラを向けたが暗い事もありピントが合わず、撮れた写真も真黒で写っていなかった。”あやつ”が気になり宝ヶ池の後、地元カワセミは止め植物園に再び戻ったが、素早く地面すれすれを飛ぶ後姿を三度見たのみ、定時の3時で引き上げたがカワセミの威嚇合戦は続いていた。
”あやつ”:証拠写真も撮れなかったので名前を掲載しないが、大阪城公園で五度ほど(二度は喉が真っ赤)撮っているので、間違いなく”●●●♂”と思う。京都で見るのは始めて、直ぐに抜けるだろう。

今日も暗くて高感度撮影

先ずはカワセミ♀、羽の色が綺麗だった
13102601_7

威嚇のポーズ
13102602_2

もう1羽は♂、どちらの縄張りか最近の状況が分らず。
13102603

カイツブリが居たが、植物園では始めてと思う。13102604

エナガ
13102605

ヨシガモが飛来していた。冬鳥のシーズンが始まっている。
13102606

宝ヶ池のオシドリ
♀が1羽に♂が10羽(確認したのは)、これから増えるだろうが、一度撮れば良い。
13102607


13102608


13102609


13102610

植物園に戻ってからアトリの大群を見た。
13102611

これまで見た中では最大の大群、100羽を越していたかも?
13102612_2


13102613


撮影機材:D7000、80-40mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:300枚
移動:地下鉄  天気:曇り少しだけ晴れ間
撮影経費:600円

| | コメント (0)

2013年10月25日 (金)

もしかして

 昨日の夕方、カワセミ画像の取り込みで何があったのか分らないが、ニコンViewNXで見ようとしても異常でソフトが立ち上がらない。いろいろとやったがダメで、最後はソフトを完全にアンインストーリし、ニコンHPから再度ソフトをインストールして立ち上がるようになった。そのため時間が無く適当に画像を見てBlogを作成した。夕食後じっくりと画像をチェックしていて、撮影したカワセミがしばらく前にこの地で撮影していた個体と違うような気がした。綺麗な色、長い嘴、栄養の行き届いた丸い体、目の周辺・・・・、少し前にも一度撮影した記憶があるが、もしかして蕎麦屋のロートルカワセミかな? 先の冬、活動範囲の中心はもっと上流だったが、今の上の撮影地まで来る事もあった。活動範囲が広く、一気に飛ぶ距離が長く追うのに疲れたが、飛び込むスピードが遅く深く潜り度胸もあり、撮影しやすいカワセミだったが如何に・・・・。

川の雑草刈りが一気に進みカワセミが見やすくなった。もう少し早く刈って欲しかったが、自然界に生息する虫がいなくなるのを待っていたのか、それとも単に早く刈ればもう一度刈る必要があり経費がかかるからか、年に数度行なわれているので後者のように思う。

今日も5時に起きたが雨で撮影休み、昨日の画像の残りです13102501


13102502


13102503


13102504


13102505


13102506


13102507


13102508


13102509


13102510

| | コメント (0)

2013年10月24日 (木)

真夜中に間違い電話が・・・・寝不足ながらカワセミ撮影  追記有り

 夜中の1時半に電話のコール音、飛び起きては多少オーバーだが受話器を取ると、いきなり年配の声で”・・・ちゃんか~”、”(アホ~)間違っとるで~”と言うと”すみません”で切りよった。起きている時間ならともかく、真夜中に電話するなら番号を間違えないようにせんかい。その後1時間ほど目が冴えて眠れず、その後もウツラウツラで6時頃に起きたが、おかげで寝不足になったではないかえ。
間違い電話は時々かかってくるが、一番立ちが悪いのは受話器を取ると無言、こちらが喋ると何も言わずに切る輩、男か女か知らないが多分バカ者、”もしもし”のこちらの声を聞いて間違いと気付き切るのだろうが失礼極まりない。常識のある社会人で無いのは間違いない。最近は電話を受けても相手が喋るまでこちらも黙ったまま、何も喋らなければ数秒で先に切る事にしている。失礼なバカ者以外に、いたずらや勧誘目的で適当に電話して名前を聞き出し、その後しつこく電話してくることがあると聞くので、こちらからは絶対に名乗らない。

起きた後直ぐに二度寝出来る誰かがうらやましい。どんよりした曇り空だったので朝からTVを見たりHPの修正で時間を過ごしたが、明日は本格的な雨、土曜の川は濁って増水が予想され、日曜は所用で撮影休みとなれば今日撮影に出るしかない。早めの昼食後12時過ぎに家を出た。久しぶりのカワセミ散歩コース、出合でカワセミを見るも直ぐに逃げる奴、対岸に立っただけで飛んで行った。

最近の上のポイント近くで2羽目を発見、こちらは食事後の休憩のようでお腹が膨れているように見えた。
13102401

対岸に座って待っていると、20分ぐらいで一度水に飛び込み直ぐに上流に飛んだ。
13102402

カメラで見ていると直ぐ上流の土手の上の木の茂みに入ったのが見えたので、移動して動くのを待った。以前はこの場所に来ると見える場所に止まってくれたが、今は中にもぐりこむことが多い。以前の個体と違うのかも知れない。

ここでも15分ほど待たされたが、飛び込んだ後川中の土管に止まってくれた。どの個体か分らないが、しばらく見ぬ間に羽や胸の毛が綺麗になっていたので驚く。
13102403

数回水浴びをしてくれたので、久しぶりに連写しまくる。
薄暗くSS1/1600を確保するためISO2000、それでも少し暗めの撮影となったが、後でソフトで明るく修正した。そのため画像はザラザラ、D7000を使用したがトリミングする場合、ISO2000は限界を越えている。
13102404


13102405


13102406


13102407


13102408


13102409


13102410


13102411


13102412


13102413


13102414


13102415


13102416

土手の上の木からの餌捕りダイビングも数度(魚を咥えていたのは1度)あったが撮れず。
13102417

2時過ぎに更に暗くなったので諦めて帰宅したが、久しぶりに水際が撮れ満足だった。

追記:夕食後に写真をじっくりとチェックしていて思った。このカワセミは、もしかして・・・・、明日に続く

 

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:166枚
移動:歩き  天気:曇り時々小雨
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2013年10月23日 (水)

雨で撮影休み

 今日の朝、撮影に出れるかと思ったが、午前中に雨が振り出す天気予報だったので撮影に出ず。朝からPCの写真データを整理、かなり削除して外付けHDに全てコピーしPCのデータを削除した。日頃、こまめに整理すれば良いのだが面倒、まとめての整理は時間がかかり疲れる。

 

今日の画像はトビとイヌワシ

どちらも地味な色だが、大きさ以外に顔の精悍さが大分違う。13102300


13102301

イヌワシは、先日かなりの枚数を撮ったが、空が曇り空でもう一つだった。からっと晴れた日に、もう一度撮りたいと思っている。湖北なら湖西周りで何度も通うが、伊吹山では高速料金とドライブウエイ料金3000円が問題、高速を利用しなければ時間がかかる。行って撮れるかどうか分らないが、行ってみないと分らない・・・・

| | コメント (0)

2013年10月22日 (火)

久しぶりにカワセミが撮れた

 朝、地元周辺か湖北どちらに行くか考えたが、しばらく撮っていないカワセミ優先でカワセミの下のポイントに行った。カワセミは姿を見せたものの直ぐに消えた。ならばハヤブサへと思い歩き始めたが、今日も一日乗車券を購入していたので地下鉄に乗る。高い場所に幼鳥が止まっていてが絵にならず飛ぶのを待っていたが、立っているのがしんどくなりハトの集まる場所でベンチに腰掛て待つことにした。それから2時間程待ったが動かずで、カワセミに戻っても”あかんやろ”で引き上げた。一日乗車券の元を取ったので今日は夕方の部無し、体がだるくしんどかった。

久しぶりに撮ったカワセミ13102201

距離の遠い猛禽は機材がものをいうと思うが、カワセミは撮影機材はそこそこの物でも十分、動体視力に瞬間を逃さない根気と速い動きを追いかける撮影技術が必要と思っている。機材に動体視力は問題無いが、根気が足らず追いかける技術もまだ不足している。
13102202

珍しく土手の上の木に止まったが直ぐに消えた。
13102203

しばらく待っていると再び登場
13102204

飛び込まずに上流へ飛んだ。
13102205

後を追いかけたが、見えにくい場所に止まっていた。13102206

この後、再び姿を消したので諦めた。

今日、ハヤブサが狩りに来るのを待っていた場所。ハトに餌を与えている人(カメラマンではない)がおり、餌を撒くと一斉に飛んで来る。
13102207

ハトに餌をやる行為は・・・・・で置いといて、ここにハヤブサが突っ込んでこないかと期待した。狩りが下手な幼鳥でも、突っ込みさえすれば獲れるのではと思うのだが。
13102208

途中で川に下りて水を飲む。ここに突っ込んでくれた方が撮りやすいかな?
13102209

     
ハヤブサのまともな画像が無いので、昨日の画像の残りを数枚。
13102210


13102211


13102212

  

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:127枚
移動:地下鉄  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:600円

| | コメント (0)

2013年10月21日 (月)

一日乗車券を買って

 10/8以来カワセミを撮影しておらず、朝からカワセミの顔を見に行った。一日乗車券を買いカワセミの下流ポイントへ、後は宝ヶ池、植物園・・・・と巡るつもりだったが、カワセミの姿無しで、少し下流にも出没する場所があると聞き行った。めったにカワセミ探しで行く場所ではなく、よく分らなかったので仕方なくハヤブサ撮影に行った。
ハヤブサは居たが遠く(高く)まともに撮れない、しばらく粘った後鳩の群れが居る場所で、狩りに来るのを期待して待つ。飛んで来たが上空素通り高くてハトも飛ばず、北に飛び去った。帰りを待っていると、獲物を掴んで帰って来たので通過時に撮影したが、曇り空の空抜けでは綺麗な色が出ず。
11時に諦め場所を変えようかと思ったが、行ってもモデル(綺麗な鳥)が居るかどうか分らないので、昼からもう一度ハヤブサに来る事にして昼食のため帰宅した。

2時過ぎに再び自宅を出発、飛びものが撮れたが真上で目が入らず画像はもう一つ。手持ちだったので何とか撮れたが、三脚を使用していれば立っていた位置では撮れなかっただろう。

●朝の撮影
親が獲ってきたが獲物はカケスだろう、川の上流ではなく山に行ったのかな? 幼鳥の朝食兼昼食かな、直ぐに幼鳥に与えたもよう。13102101


13102102


13102103


13102104

 

●昼からの撮影
親が飛んで幼鳥が飛ぶ。一緒にどこかへ飛んで行ったが、狩りの練習をさせたのか?

気が付けば頭上を飛んでいた親
13102111

止まっていた幼鳥が飛び出して追いかけた。
13102112


13102113


13102114


13102115_2

明日こそカワセミの姿を見て撮りたいがと思ったが、湖北にサカツラガン+オオタカが・・・、どうするべえ?


撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:288枚
移動:地下鉄、歩き  天気:朝は曇り、昼から晴れ
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

| | コメント (0)

2013年10月20日 (日)

ミサゴ 5度目の遠征Ⅱ

今日は雨で撮影休み
D5300が発表されたが、連続撮影枚数が20枚以上のDX機は出ないのかな、連写は秒6コマぐらいあれば十分なのだが。FX機に比べ被写体が1.5倍になる分、遠くの鳥撮影でピントの抜けが減らないだろうか? D4やD800Eで×1.5倍を使用しても、撮影後にトリミングしているに同じ。

昨日の撮影
 ミサゴの遠征も5度目。飛ぶ姿のみならシャッターチャンスは少ないが京都市内で十分撮影可能、魚を掴んでの飛び出しもこれまでに何度か撮れているので狙いは一つ、足を前に突き出しての着水寸前だった。急降下の水面直前の撮影は難しく、狙っての撮影では無かったが、適当にシャッターを押した中にマシに撮れているものがあり、ミサゴ撮影に区切りがついた。
高速利用の遠征は、撮影経費が高くつく。これから一人で行くなら、まだ十分に撮れていないクマタカにイヌワシ(?)かな。オオワシだけは11月後半に飛来すれば、湖西周りで極力経費を抑え何度も通う。

●ホバからの飛びもの

13102001


13102002


13102003


13102004


13102005

ホバからの急降下体勢
13102006


13102007

水面近くで止めることが多かった。
13102008

ホバを後ろから撮影
13102009

 

●魚を掴まえての飛びもの
 遠くでの飛び込みに、風向きの都合で後ろ向きが多かった。 遠いと被写体が小さく、連写の途中で完全ピンボケになるケースが多い。

13102010


13102011


13102012


13102013

| | コメント (0)

2013年10月19日 (土)

ミサゴ 5度目の遠征

 先日のクマタカ撮影メンバー3人でミサゴを撮影に行った。天気予報を見て9時前山科出発とし高速で進路を間違ったこともあり、予定より30分度遅れて到着、撮影は昼前からとなった。カメラはD800E、レンズは天気が気になり取り扱い易いサンニッパにテレコ1.4倍と2倍を使用したが、現地は晴れでゴーヨンでも良かった。ミサゴの出に動きは、前回に比べれば悪かったがまずまず、近くも飛んでくれ良かったが、飛込みが遠くてサンニッパ+1.4倍テレコンでは多少苦しかった。2倍テレコンの画像はまだじっくりと見ていない。
狙っていた足を突き出しての着水寸前ポーズが撮れていたので掲載する。
詳細は明日

適当にシャッターを押していたら偶然撮れていた。ただし、遠くてトリミングで4.8倍に拡大している
13101901

着水の画像、バシャ-ンの飛込みでは無かった。この画像を含め3枚はボケボケ
13101902

4枚目は見られる画像で魚を掴んでいた。
13101903

      
13101904_2

       
13101905

       
     
旋回してこちらに飛んで来たが、ピンボケ
13101906

       
      
  
再び方向を変え飛び去った。
13101907

        
       
     
      
トリミングで3.8倍に拡大した飛びもの。トリミングはこれぐらいに抑えたいのだが・・・・
13101908

  

撮影機材:D800E、300mmf2.8+1.4倍及び2倍テレコン、三脚使用
撮影枚数:1113枚
移動:車  天気:晴れ後曇り(現地)
撮影経費:3000円(どんぶりで割り勘)

| | コメント (0)

2013年10月18日 (金)

10/17、18の撮影 湖北に今津・・・追記10/24

 今津の川北ハウスで渓遊会5名による芋煮会を行った。今津の平和堂に2時集合だったので、朝にコハクチョウ狙いで湖北へ。コハクチョウにオオヒシクイを撮った後、動きそうも無かったのでミサゴポイント(? たまたま漁を見た場所にすぎない)に移動。ミサゴは登場したが日差しの条件が悪く撮影はもう一つ、直ぐに姿を消したが強い風の中をハヤブサが飛び、キツネが姿を見せたのは嬉しい誤算だった。昼からは今津に移動し、夜は宴会で盛り上がった。
今日の朝、メンバーのスカイラインSUVと愛車の最低地上高を見比べていて、車の底のカバーの外れかけに気付く。一人先に帰宅、途中で系列のディーラーを見つけ修理してもらい、山科に帰ってから購入店へ直行し他の部分も再点検。運転には差し支え無いが、走行中に外れて後続車が事故でも起こせば大変、明日は遠征を予定している。
6ヶ月点検後直ぐなのに・・・・カバーを取り付けるプラスチック製のピン7個が全て外れていたのだが何で?、ディーラーが低姿勢だったのは言うまでも無い。

湖北のコハクチョウ
この日は、D800Eに80-400mm+1.4倍テレコン、三脚を使用しての撮影
131011801

風が強かったためか、盛んに羽ばたいていた。飛ぶかと思ったが飛ばず。
131011802


131011803


131011804


131011805

オオヒシクイも数羽居た。
131011806

十分撮影してからミサゴポイントに移動、直ぐにご登場
131011807

何度もホバをしたが、風が強かったためか飛び込まなかった。反対から飛んできてくれれば、撮影条件が良かったのだが。
131011808

ミサゴが飛び去った後北の方を見ていると、強い風の中猛スピードで鳥が飛ぶ。撮影して画像を確認するとハヤブサだった。琵琶湖湖岸で見るのは始めて。
131011809

幼鳥とは分るが、♂か♀か分らない・・・・違いを知らない。
131011810

しばらく低空を旋回して南に消えた。
131011811

ミサゴにハヤブサ、どちらでも良いのでもう一度現れてくれないかと待ったが、姿見せずで諦めて車を止めた場所へ向かっていると、いきなりハヤブサが飛び出した。岸辺に止まっていたようで、カモの上を飛ぶとカモが慌てていた。
10/24追記:ハイタカかな?
131011812

犬登場かと思ったが、よく見るとキツネ足を止めしばらくこちらを見ていた。
131011813

湖岸のコンクリを下る。
131011814

再びこちらを見て少し近づいて来たが
131011815

直ぐに道路の反対側に向かい小さな林に姿を消した。
初見初撮影でかなりの枚数を撮ったが、逆光気味でピンボケが多かった。鳥に比べ体が大きいので、テレコンを外せば良かったと後悔、余裕は十分あった。
131011816

キツネの撮影を最後に今津へ

 

箱館山麓の川北ハウス、行くのは1年半振りかな、庭の芝生は雑草だらけ。以前は仲間が集まってよく宴会を行なったが、今は年一度行くかどうか。撮影はV1
131011817

庭でまず乾杯
1310118171

部屋で2度目の乾杯
1310118172

芋煮(里芋)、男の料理。数年前の初回は牛肉だったが今回は鶏肉。他に鮒寿司、牛肉の網焼き・・・たらふく食ったが、酒量は数年前に比べかなり減る。平均年令は60半ばを過ぎたが、集まれば皆元気で昔話に花が咲く。
詳細は後日、HPの行事記録に掲載する。
131011818

 

翌日の朝に周辺を散策したが、鳥の種類は少なかった。箱館山麓の森の中、アオゲラにアカゲラを期待したが今回は姿見ず。

ヤマガラ
131011819

カケスの証拠写真、何羽かが鳴きながら飛び回っていた。
131011820

ヒヨドリの集団が飛ぶ。北から渡ってきたのかな
131011821

他にヒタキの声が聞こえ(姿見ず)、大きさからハイタカと思われる猛禽が飛んでいたが遠すぎた。

撮影機材:D800Eに初日は80-400mm+1.4倍テレコンで三脚使用、2日目はテレコン無しで手持ち撮影、宴会はV1に10-30mm
撮影枚数:D800E 452枚、V1 111枚
移動:車  天気:初日晴れ、2日目曇り時々晴れ
撮影経費:0円(費用は全て行事費用)  

| | コメント (0)

2013年10月17日 (木)

昨日のハヤブサ・・・・風に吹かれて

 昨日のハヤブサの高い煙突からの飛び出し、風に吹かれてオットットでホバリングをしよった.。

勢いよく(?)飛び上がったが 
13101604_2

強い風にバランスを崩し、煙突上の突起物につかまる
13101605_2

再び飛び上がって
13101606_2

体勢を立て直すため、しばらくホバ
13101607_2

ゆっくりと上昇し
       
13101608_2

前を見て
13101609_2

再び下を見て何とか落ち着き、この後一気に飛び去る。数秒の出来事でした。13101610_3


今日は今津で一泊、金属製の超大型ミサゴが撮れるかと思っていたが帰ったのかな。

| | コメント (0)

2013年10月16日 (水)

クマタカ・リマッチⅢ  ・・・夕方に今日のハヤブサ追記

 昨日、Gパンを買ったが股下をこれまでより1cm短くしてもらった。昨年買ったものが少し長かったためである。以前、通勤に履いていたズボンは試着で合わせてもらっていたが、遊びで履くズボンは長さを指定して裾上げをしてもらっていた。最近、撮影で履いているズボンも少し長く感じるが、年とともに1cmとはいわないが足が短くなったかな・・・・?

一昨日撮影したクマタカの続編です。木に止まるところから、しばらくしての飛び出しを撮影しています。

13101601


13101602


13101603


13101604


13101605


13101606


13101607


13101608


13101609


13101610


13101611


13101612


13101613


13101614

撮影現場にハチゴロで撮影しておられたカメラマンが2名(キヤノン、ニコン)、私も・・・・なんてのは夢の話、6年前なら真剣に考えたかも知れないが、カワセミ中心に年々衰える体力を考えると元を取れない。ゴーヨンでさえ遠くの猛禽相手ぐらいしか持ち出していない。猛禽でも近ければ80-400mmで十分撮れる、購入する資金は無いが、ハチゴロの世界を見てみたいと鳥撮影者なら誰でも思うだろう。


昨日の夜は眠たくて、BSの水戸黄門再放送を見てから8時に寝た。夜中に一度目が開いたが、そのまま直ぐに眠り起きたのは5時過ぎ。することんも無いのでHPを少しいじくり更新したが、ネットの画面に反映されるのが遅い。先日、10日ほどかかったページもあったが、抜本的に作り変える必要があるのかな?

 

●夕方追記
 12時半頃に撮影に出かけた。カワセミの状況を見ながらハヤブサ撮影地まで、1時間半歩いたがカワセミは全く見ず。ハヤブサは親が鉄塔に止まっていたが、しばらくして飛んだ。少しぶらぶらして戻ってくると若を発見、飛び出し狙いで待ったがなかなか飛ばず。かなり時間が立ってから見えない所から親が飛び出し、若が後を追うように飛んだが親に気を取られ肝心の若の飛び出しを撮り損ねる。餌を獲って戻ってこないかと少し様子を見ていたが寒かったの諦めて帰宅した。今日は手持ち撮影だったが、風が強く背後から押されて撮影しにくかった。止まりものを数枚掲載、飛びものは明日。

鉄塔止まりは初撮影
131016101

糞、今日のは長かった。
131016102

若は帰ってきてから南壁に止まっていたが、尾が見え無ければ見逃していた。400mmの手持ちでは遠すぎた。
131016103

若も長い糞、コンクリの色で見えにくい。少し露出を暗くしたが分りにくい。
131016104

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影(訂正)  撮影枚数:190枚
移動:行き歩き、帰り地下鉄  天気:曇り後晴れ(風が強く寒かった)
撮影経費:250円

| | コメント (2)

2013年10月15日 (火)

クマタカ・リマッチⅡ 飛びもの

 再戦で雪辱を果たしたクマタカ、撮影地に着いてカメラをセットして直ぐに飛んでくれラッキーだった。
比較的低い場所を飛んだとはいえ、通常の鳥撮影に比べれば遠く、快晴だったが日差しが斜め後ろから、飛ぶ場所によっては横からになり、鳥がテカリ背後にピントが取られたりで、シャッターを押した時には撮れたと思った画像もピンボケが多かった。また、ピントがそれなりに合ったと思う画像もモヤっとした画像が多かったが、500mmでの猛禽撮影はこんなもので良しとする。快晴過ぎるのも撮影条件としてはもう一つかな。
次回(計画は無いが)、ISO800以下で撮影出来るような晴れの条件なら、D7000を使用してみよう。1600万画素でD800Eの1.5倍と変わらないが、ピント合わせ時の被写体が大きくなるので、歩留まりが良くなることを期待。

まずは飛びものを掲載します。
トリミングでフルサイズ(FX)に対し4.5~5.5倍に拡大しています。

13101501


13101502


13101503


13101504


13101505


13101506


13101507


13101508


13101509


13101510


13101511


13101512

| | コメント (0)

2013年10月14日 (月)

クマタカ・リマッチ  ピンボケ連発なれどリベンジなる

 一昨日と同じメンバーでクマタカのリマッチに行った。朝に見たTV番組の星占いで、私の星座のおひつじ座は運勢が良く、そのためかそれとも三度目の正直か(この地は2度目)知らないが、比較的低い位置を飛んでくれ、ピンボケ連発で少し不満足な面もあったがリベンジを果たした。
昼からは気分を良くしてイヌワシに行ったが、ガスの中で一度姿を見たのみで撮影したものの証拠写真にもならず、天気が悪く寒さで震えた。帰りの高速、渋滞で1時間半ほど余分に時間がかかった。
詳細は写真を整理してから掲載します。

Dsc_8688


Dsc_8806

<夕食後に追記>
 ざっと画像を確認し完全なピンボケにソフト修正でも見られる程度に仕上がらないブレ画像を削除したが、172枚しか残らなかった。残した画像も湯気が立っているような微妙にブレれている画像が多く、近いといっても距離が遠い山の中の猛禽撮影の難しさを思い知る。

    

撮影機材:D800E、500mmf4(止まりものは一部1.4倍テレコン使用)
撮影枚数:448枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:3000円(割り勘の一人あたり費用)

| | コメント (2)

2013年10月13日 (日)

所用で撮影休み 猛禽は飛び出しがカッコ良い

 今日は朝から快晴、絶好のカワセミ撮影日和だが所用で撮影休み、最近出が悪く残念な思いはそれほど感じず。

昨日のクマタカ撮影では、現地の常連さんに初対面ながら他の撮影地の情報も含め色々と教えて頂き感謝です。クマタカ止まりもの、滅茶苦茶遠く756(500mm+1.4倍テレコン)でも、まともに撮れなかった。
いつも以上に大トリミング
13101301

相対的な大きさで言えば、オオワシ以上の遠さだったかな
13101302

テレコン無し
13101303

 

猛禽撮影、まずわ止まりものに飛びもの、撮れれば飛び出しに撮影可能なら狩りとなる。
飛び出しはスローで近ければ撮りやすく絵にもなる。過去に撮影した猛禽の飛び出しを少々。横への飛び出しより、前から斜め前ぐらいの飛び出しが好み。

過去画像の抜粋
オオワシ(待望の正面への飛び出し)  2012年撮影
13101304

チョウゲンボウ(この角度が一番良い)   2013年撮影
13101305

ノスリ(手持ちで瞬間遅れた)   2012年撮影
13101306

ハヤブサ(狙いすぎでシャッターが遅れた)   2013年撮影
13101307

オオタカ若(猛禽にしては滑稽な姿)   2010年撮影
13101308

| | コメント (0)

2013年10月12日 (土)

クマタカ 姿を見れただけマシ

 J君に奈良のIさんも加わり、クマタカ撮影に行った。前回とは違う場所だったが、遠くて(高くて)今回も惨敗、出たのは幼鳥で常連さんの話では珍しい場所に止まり、餌を親に貰った後か動きもいつもより悪いとのこと。今の時期は出が悪くなっているが良い時も有るそうで、何回か通わないとまともに撮れない場所かな。
2時間待ってようやく姿を見せたが、背を向けて止まったまま動かずで、遠すぎたこともありまともな撮影は出来なかった。1時間ほどしてからカラスに追われて飛んだが、飛びものの撮影チャンスはたった1分、飛ぶ姿を見れただけでも良かったと思わなしゃ~ないか、リマッチに行かなければ・・・・?

13101201


13101202


13101203


13101204


13101205


13101206

こんな画像は、山では撮れないだろうな。京都市内某所での撮影
13101207


13101208


撮影機材:D800E、500mmf4(+1.4倍テレコン)、撮影枚数:204枚
移動:車  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:?(高速料金メモるのを忘れた、ガソリン代は日常経費内)

| | コメント (2)

2013年10月11日 (金)

撮影休み 在庫よりササゴイ

 10月も半ばに入ったというのに今日も暑かった。明日からは涼しくなるようで今日は撮影に出ず。進行中の減量、そろそろ本格的に進めて腹をへこまさないと、ゴム無しのズボンを履くと苦しくなる。
HPの更新でフォトギャラリーの野鳥から猛禽を独立させたが、最近猛禽撮影に多少熱を上げ始めた。図体は大きいが距離が遠いだけに難しく、目にピントを合わせるのが困難で上手く撮れたと思う画像も、トリミングすると何となく微妙にブレている。撮影機材は十分と思うので、色々試し腕を上げるしかない。
HPの転送後の更新遅れがひどい。9/28に更新した渓流釣りのページが、やっと更新された。現在はブログ中心でHPに重点を置いていないので、あまり調べるのに時間をかける気は無いが何でやろ?

今日の画像は、先日撮影したササゴイが大きなどんこを捕り飲み込むまでです。体の表面にぬめりがあるのか、かなり苦労していた。ササゴイも涼しくなれば帰るのだろう。ブログにはあまり掲載しなかったが、この夏カワセミ待ちの時間つなぎにかなりの枚数を撮影した。

13101101


13101102


13101103


13101104


13101105


13101106

| | コメント (0)

2013年10月10日 (木)

イタチ

 カワセミの出が悪く撮影に多少疲れが出始め、今日は気分転換で湖北に行った。狙いは野鳥センターのHPに2羽飛来していると書かれているオオヒシクイ、昨日は西池に居たようなことが書かれていたので行先に迷ったが、まずわ湖北ということで野鳥センター前に行った。探したが見つけられずで西池へ、こちらは鳥の姿が殆どなく静かなもの、15分ぐらいで諦め野鳥センター前に帰ろうかと思ったが、蕎麦が食べたくなり道の駅伊吹の里横の蕎麦屋に向かう。少し早かったので、付近を野鳥探索の周遊ドライブしてから行った。天麩羅ソバを注文したが値段は何と1,150円、昼食にしては豪勢過ぎた。味は通好み、40年前に京都からの帰りに毎日といってよいほど食べていた十三駅構内の阪急ソバの天ソが懐かしい。うどんは薄味が良いが、蕎麦は少し濃い目の味が好み、横の蕎麦畑の花は終わっていた。腹を満たしてから湖北に戻り、2時まで付近を散策し引き上げた。

湖岸をウロウロしていると、可愛い奴が顔を出した。13101000

イタチ、湖北では2度目で通算5度目の撮影、リスを一度撮りたい。
13101001

今日は、D800Eに80-400mmズーム、主に1.4倍テレコンを装着しての手持ち撮影を試した。イタチの画像もテレコンを装着、f10に固定した。露出はマニュアル、最低でSS1/800になるようISOを手動で変えた。

近い被写体の撮影は全く問題ない。
13101002

数が多いため野鳥カメラマンにまったく人気の無いトビ、イヌワシより数が少なければ必死に追いかけると思うが
13101003

飛びものも近ければまずまず
13101004

こちらはテレコン無し、大体同じ大きさで捉えていたのでこちらの方が近かった・・・その分画質が良い
13101005

遠くの止まりものはまずまず。トリミングによりかなり拡大している13101006

遠くの飛びものは、ちょいと苦しいかな
13101007

今日の湖北での撮影成果は、ミサゴの漁だった。
13101008

1.4倍テレコンを付けて手持ちでこの程度に撮れるなら、500mmf4にテレコンを付ければかなり満足出来る画像が撮れる距離と思う・・・悪ければ80万円強が泣くで~
13101009

琵琶湖でのミサゴは飛びものは何度か撮っているが、漁の撮影は始めてで場所が確認出来て良かった。
13101010


13101011

短時間に数度飛び込んだが、ちょうど餌捕り時間だったのかも知れない。複数羽居たような・・・
13101012


13101013

琵琶湖で撮れれば、海での塩害による機材のダメージを考えなくて良い。場所まで所用時間は、高速を利用せずで同程度で経費が安くつく。
13101014


13101015

飛び出しは残念ながら向こう向き
13101016

最後の撮影は遠かったが、センター前で獲ったのかな? センターのHPに書かれていたが、気が付いた時は頭上近くを飛び沖に向かって飛んでいった。
13101017

最後にオオヒシクイを見つけ、証拠写真だが今日の目標は達成し良かった良かった。13101018

モズも今期初撮影、鳴き声だけは川で何度も聞いている。この画像はテレコン無し
13101019

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6で主に1.4倍テレコンを付ける、手持ち撮影
撮影枚数:336枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円(ガソリン代は日常経費内)

| | コメント (0)

三日月

昨日の夜8時頃の撮影
D7000に80-400mmでの手持ち、かなりトリミング、ISO1000で画像は悪い。
モードA、f5.6、SS1/320、露出補正-1.7、ピクチャーコントロール:風景、WB:オート

Dsc_8781

| | コメント (0)

2013年10月 9日 (水)

撮影休み  カケスが飛ぶ

 昨日、ニコンのHPを見るとD610の発表が掲載されていた。D600が発売されてからそれほど期間がたっていないと思うが、何のための発売かD600に何か問題があるのかと疑ってしまう。D400(?D300の後継機)はどうなっているのか?

今日は撮影休みで画像は10/6の撮影分です。
最初の場所で多くのツバメが舞っていたが、羽の長いのが居たので撮影した。動きが速く終えなかったこともあるが露出設定失敗で画像は真黒、ソフト修正したが鮮明では無い。
何というツバメかな?
13100901

ツバメの中をカケスが飛んだので撮影したが、動きの速いツバメを追いかけていた時なので撮影は容易だった。
13100902


13100903


13100904


13100905


13100906

 

イヌワシ待ちの間に遠くを飛んだ猛禽、遠すぎて超大トリミングでも対応しきれず。
13100907

撮影時は、もしかしたらクマタカかと思ったがハチクマかな?
13100908

 

イヌワシの追加画像を1枚
Dsc_7818

 

山の斜面に咲いていたトリカブト、500mmでの手持ち撮影。最近左肘の調子が良く、短時間なら手持ち撮影可能。
13100909

 

夕方、2時間ほど川を歩いたが成果なし。

| | コメント (0)

2013年10月 8日 (火)

カワセミ  出も悪かったが撮影の腕も悪かった

 今日は7時前の出発、D4に328+2倍テレコンを担いで行ったが、重くて足の膝に負担がかかる。この冬は、328ごときの重さなど何ともなかったが(多少?)、夏以降は担いで長時間歩くのつらいと感じるようになっている。これまで決心しながら何度も挫折している減量に取り組む必要ありやなと思いながら地下鉄で撮影地に向かった。カワセミ撮影では、328がメインと考えているので、5kgぐらい減量すれば十分である。減量すれば腹回りも細くなり、履けなくなったズボンが履ける。仕事現役時の替えズボン(アウトドア用ではないが)が数本洗濯したまま残っており、あまり傷んでいないので捨てるのが勿体無い。これを撮影で履き潰せば、今のズボンも長持ちするだろう。てなことを考えながら、7時20分頃に撮影地に着いた。

今日のカワセミは出が悪く、曇り空で撮影条件が悪かったこともあるがもう一つだった。帰りは上流の様子を見るため、1時間ほどかけゆっくり歩いて帰った。朝だけだが重い機材を担いでの歩きで、またしても足に疲れがたまる。会社現役時代の終盤はデスクワークだったこともあり、体力的には今より楽だった。精神的な疲れは今は殆ど感じず絶好調なのだが・・・・

カワセミが身構えたので、別のカワセミ登場がと思ったがムクドリ。13100801

カワセミの飛びものはピリッとせず、こういう条件の時は1.4倍テレコンを使用した方が良い。
13100802

対岸に止まられると1.4倍では無理があるので2倍にしたが、今日は対岸の撮影は無かった。1.4倍にD800Eの方が良かったかな?
13100803

餌捕りは、岸辺からの飛び込み
13100804


13100805

多少ピントがズレたが、何とか収まっていた。餌捕りに水浴びは数度あったが、三脚の高さ調整や少しの場所の移動中に、止まり木に邪魔されたりでまともに撮れず。
13100806


13100807


13100808


13100809


13100810


13100811

 

●昨日の縄張り争い
昨日は撮影中、2羽のカワセミの牽制合戦が続き、餌捕りが見られなかった。撮影に加わってからは対岸や見えにくい場所が多く、撮影枚数の割りに2羽がらみの良いところを撮れずに終わった。
131008101


131008102


131008103


131008104


131008105


131008106


131008107


撮影機材:D4、300mmf2.8+2倍テレコン、三脚使用  撮影枚数:179枚
移動:行きは地下鉄、帰りは歩き  天気:曇り
撮影経費:250円

| | コメント (0)

2013年10月 7日 (月)

イヌワシⅡ ビギナーズラック

 今日は朝からカワセミ探索、D7000に80-400mm手持ち撮影で下のポイントまで歩いたが、2羽の縄張り争いに遭遇しこう着状態で直ぐに帰るつもりが長引き、8時半頃出発で帰って来たのが12時過ぎとなった。天気は晴れ一時曇り、撮影枚数は445枚で探索が通常の撮影になった。尚、歩きで撮影経費は0円
今日は蕎麦屋前の止まり木に居たカワセミ1枚を掲載します。ノートリ
”止まってまっせ~”
13100600

       

●昨日撮影したイヌワシの詳細

NIKONN ONLINE GALLERYにアルバムを作成しています。
http://gallery.nikon-image.com/157839783/ ←クリック

 昨日のイヌワシ撮影、撮影時間は30分程度だったが木に止まることが2度あったため間が取れ、色々と試すことが出来た。レンズは500mmf4だったが絞りをf4とf5.6、テレコン1.4倍でf8、他設定を多少変えたが、遠いとテレコン無しのf5.6が一番良く、冬のオオワシ撮影にいかす。近ければ大差なく撮れるように思うが、快晴の好条件なら結果が違ったかも知れない。VR・ONとOFFは、飛びものではあまり変わらなかったが、止まりものでは差があったように思うが微々たるもの。

2ヶ所で撮影したが、最初の場所は背後の逆光の中で数枚シャッターを押せたのみで画像も真黒、車で通りかかった方(J君いわく先日三島江で合った方では?)に少し下で近くを飛ぶのが見えたと聞き移動した。車で上がる時に数人のカメラマンがレンズを構えているのを見ていたが、今回はこの場所が良かった。やはり、知らない場所では人の集まるところが良いようである。
まともに撮れた初画像は遠かった。
13100601

木に止まるところを狙ったが、遠すぎてピント合わず。
13100602


13100603

止まると思ったが
13100604

狙いが定まらなかったのか、止まらずに飛び出す
13100605

少し旋回して再び止まる体勢に入る
13100606

二回目は止まった
13100607

イヌワシが止まると、驚いたのかカケスが周囲を飛び回る。イヌワシは2羽登場でもう一羽も近くに止まる。
13100608

しばらくして1羽が飛び出し旋回
13100609

近くの上を飛び、驚くとともに喜んで連写しまくる。
13100610

立っていた場所より下も飛び、この時はピントが合いやすかった。
13100611

ゆっくり旋回し上昇するので撮影しやすかった。
13100612


13100614


13100615


13100616

イヌワシは、これまでトビの大型版とあまり興味が湧かなかったが、近くで見ると大迫力で圧倒される。
13100617

晴天下の青空背景で撮りたいと思ったが、常連さんの話では青天の日は風が強い日で無いとあまり飛ばないとのこと。
13100618


13100619

紅葉背景の画像は撮りたいと思うが、ピントを背景に取られるなか・・・今回は取られることが多かったが晴れた日なら・・・
13100620

ドライブウエイの直ぐ上の木に止まったので驚く。歩行禁止の場所、人が居れば止まらないだろう。
13100621

紅葉シーズン・・・・過去に紅葉撮影で行っているが土日は車が多く上で渋滞していたような。平日は高速料金の割引が無い。オオワシやミサゴのように狩りに漁などの芸が撮れれば何度も行くが、ドライブウエイの通行料3000円ということもあり、飛行だけでは一度撮れれば良いかな???  

顔の表情、トリミングで5~6倍に拡大
131006101


131006102


131006103


131006104

| | コメント (0)

2013年10月 6日 (日)

イヌワシ 証拠写真だけでものつもりが・・・・

 J君とイヌワシ撮影に行った。見るのは2度目だが撮影は始めて、撮影チャンスは1度の数十分だったが、かなり接近してくれ”今日だけでもうええわ???”と思う大サービスだった。常連さんの話では年に数度とのことで、2度と撮れる機会は無いだろう。天気が悪く撮影条件がもう一つだったのが残念だが、初撮影でまともな画像は撮れないだろうと思っていたので、十分満足出切る画像が撮れ非常にラッキーだった。今度行くとしたら紅葉の時期に行きたい。
今日は特に良かったと思う2枚を適当に処理し掲載、後は画像を十分チェックしてから掲載します。

Dsc_7806

曇り空で少し暗かったのが残念だが、贅沢は言えないサービスだった。Dsc_7810

  

撮影機材:D800E、500mmf4(+1.4倍テレコン)  撮影枚数:611枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円(ドライブウエイはJ君、高速・ガソリン代は日常経費)

| | コメント (2)

2013年10月 5日 (土)

撮影休みで休養日

 今日は朝から雨の天気予報、ずっと雨が降らず撮影に出れそうな曇り空だったが、予定変更で明日撮影に出れることになったこともあり一日家で休養。

毎日夜寝るのが早いので、5時に目が覚める。朝食後の7時半頃、何かすることは無いかいなと考え、撮影で履くズボン2本の長さを短くすることにした。夏場用で共にアウトドア用品店で買ったズボンだが、洗濯の度に伸びて長くなる。以前に一度短くしたが今年の夏も延び続け、裾を巻くり上げ履いていた。30年ほど前の水に浸けてアイロンをかけるだけで接着する裾上げテープがあったので、自分でやってみた。何とかなったが、来年にはまた長くなるだろう。生地を考え引っ張っても伸びないものを買う必要があると知った。
13100500

 

先日、ベスト(チョッキ)を購入した。ベストの必要性はポケットの多さとシャツがズボンから出た時の隠し用、山歩き、写真撮影、釣りで着ている。夏、春・秋、釣り用に各2着持っているが、夏は必需品で昨年から酷使している。シャツは毎日着替えるが、ベストは匂いを嗅ぎながら汗臭くなければ1週間ほど着ていた。もう1着と思っていたが、アウトドア用品店で買うと高く、スーパーもそれなりの値段なので躊躇していた。ホームセンターなら安いと聞き行ったが、あまりの安さで2着買った。

●山歩き用にアウトドア用品店で買ったもの・・・高い品も頻繁に洗濯すれば破れるのが早い。今後は、ホームセンターか作業着屋で極安品を買い、破れれば買い換える。
夏用
10年近くになり年数度の夏の撮影旅行で着るだけだったが、ここ2年の酷使で破れ始めている。まだまだ着るつもり。
13100511

一昨年、野鳥撮影用に買い足した物、胸ポケットが無いのが不満(最近不便に思うようになった)
13100512

    

春・秋用
10年以上前に買ったが、サイズが小さく少し厚手のシャツを着ると窮屈で動きにくい。歩きには問題無いが、動きの多い手持ちの野鳥撮影時に多少感じる。
13100513

撮影用に5年ほど前に追加で購入した物、少しゆったりしている。
13100514
   
     

●今回ホームセンターで購入したもの
メッシュタイプ、特価で何と300円で、色違いが有ればもう2着ほど買っていたが無かった。   
13100515

安かったのでもう一着、メッシュではないため特価サービスは無く800円弱だがそれでも安い。
13100516

 

●釣り用
胸周りがゆったりで長さが短い。胸までのウエダーの上から着るので、短い必要がある。撮影で着ようと思ったが、後ろのベルト辺りが出るので、シャツが出た時のカバーとはならず止めた。前のチャックは壊れ他も傷んでいるが、年3回程度の釣行なのでそのまま着ている。
13100517

4月、5月用だが、最近その時期には行かないので仕舞ったまま。
13100518

 

暇に任せてブログのアクセス解析を調べると、10/1~3の間の訪問者数が350人前後で普段の200人前後に比べやけに多かった。数日前にも書いたが利用者のブラウザ設定状況の言語を見ると、Englishが普段の6倍ぐらいに増えていた。一般公開している以上、多くの人に見て頂くのは大歓迎だが、いつもと状況が違うと”何かあるのか”と疑念を抱く。昨日からいつもの状況に収まっているが何だったのか?

| | コメント (0)

2013年10月 4日 (金)

朝の6時40分から夕方4時まで3箇所で踏ん張ったが不調

 明日の天気予報は曇り後雨、明後日は所用(夜になって来週に変更となったが)で共に撮影休み。ということで定時の枠を越えて踏ん張ったが、どこもカワセミの出が悪く大不調だった。少し前のように良くなってもらわないと困るのだが、カワセミ任せでどうにもならず。
今日の撮影は、D4に328+1.7倍テレコンだったが、対岸では被写体が小さくピントが合いにくい、おまけに天気がもう一つということもあり少し無理があったような・・・連日の撮影疲れで集中力が足らなかったのかな?

上のポイントが不調でここ数日再び通うようになった下のポイント、今日は×だった。13100401


13100402

ガオ~
13100403


13100404

手前に飛ばれ、ピント追従せず
13100405


13100406

奇妙な仕草、キツツキ類のように木を突っつく
13100407

嘴の調子が悪かったのか・・・・
13100408


13100409


13100410

餌捕りでファインダーで捉えたのは対岸土手の下、500mmでは遠すぎてピントを合わせるのが困難だった。
13100411


13100412

9時前に上のポイントに移動したが、もっと不調だった。2羽が縄張り争いで木の茂みから出てこず。
13100413

仕方なく寺の様子を見に行ったが、姿をを見ずで1時間で川に戻った。

夕方になって姿を見せたが、直ぐに支流に消えた。
13100414

サプライズを期待して4時まで待ったが、チョウゲンボウが彼方を飛び遠くの鉄塔に止まったのみ。

 

撮影機材:D4、300mmf2.8+1.7倍テレコン、三脚使用  撮影枚数:402枚
移動:地下鉄、歩き  天気:曇り
撮影経費:830円(地下鉄、拝観料)

| | コメント (0)

2013年10月 3日 (木)

早朝出勤も雨に降られ2時間でジ・エンド・・・夕方再び

 三日連続で6時10分出発の早朝出勤、天気予報では曇り後晴れだったが8時半頃に雨が降り出し、それなりの枚数を撮っていたので帰宅した。今日は、明るければ少し絞っての撮影を試みたかったが、暗くて出来なかったのが残念だった。
絞りは2段ほど絞った方が綺麗に撮れると聞いていたが、ずっとSSを速くするために開放で撮影していた。昨日のオオタカ撮影、開放では全く見られる画像が撮れなかったのでf4.8をf8まで絞っったが、それなりに見られるように撮れた。被写体が遠い、テレコンを使用しているなど色々あると思うが、近いカワセミ撮影ではどうなのかを試してみたかった。テレコン無しではこれからも開放で撮るつもりだが、テレコンを使う時にどうなのかの検証で、500mmにテレコンを付け遠くの被写体を撮る時につなげたい。今日の撮影は暗くて初めはISO1250、途中で雲行きが怪しくなり更に暗くなったので2000まで上げた。

家に帰ってTVを見ていたが、昼から晴れとなったので2時前に再び家を出て、今度は上のポイントに行った。カワセミの出は悪かったが、今日もサプライズがあり行って良かった。

●朝の撮影
6時40分頃の撮影
13100300

朝一番挨拶代わりの餌捕りは後ろ向き
13100301

その後も何度か飛び込んだが魚無し
13100302


13100303

完全なピンボケ(修正のしよう無し)
13100304


13100305


13100306


13100307


13100308

魚咥えものは水際を外す
13100309

2羽登場、今だ縄張りが確定していないのかな?
13100310

もう少し近づいて欲しかったが
13100311

少し暗くなってからの対岸からの飛び込み
13100312_2


13100313

対岸からの飛び込みで魚を捕ったが落としよった。直ぐに捕りに行くかと思ったが見ていたのみ。
13100314

唯一撮れた魚咥えものの水際
13100315

対岸からの飛込みだったが、横に飛び出し
13100316

身体をひねって戻る。
13100317

 

●夕方の撮影
2時過ぎに着いたがカワセミは居らず、数人で井戸端会議。1時間ほどしてオオタカが鳩の群れに突っ込んだ。13100320

捕る気があったのかどうか、1周して山に消えた。
13100321

胸が縦縞で若鳥、昨日下で見たオオタカとは違う。
13100322

カワセミは4時過ぎに少し上流に現れた。
13100323

帰り道だったので行ってしばらく撮影したが、暗くなってきた事もあり諦めて帰った。
13100324



朝   撮影機材:D800E、300mmf2.8+1.7倍テレコン、三脚使用  撮影枚数:334枚
夕方 撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影      撮影枚数:118枚
移動:朝は地下鉄、夕方は歩き  天気:朝は曇り後小雨、夕方は晴れ
撮影経費:500円

| | コメント (0)

2013年10月 2日 (水)

朝も早よからカワセミに行ったが・・・

 今日も6時10分出発でカワセミに行った。下のポイント、昨日は誰も居なかったが今日は常連さんが一人、いつもは数人だが最近カワセミの出が益々悪くなっているかも知れない。上は数日全く駄目と聞いており、下は早朝は撮れるようである。カワセミは、しばらくして出てきたが動きが悪く、この地の問題である蚊に喰われて集中力を乱し、数度の飛び込みは撮影失敗の連続だった。オオタカが現れ団地のTVアンテナの上だったが、久しぶりに止まりものが撮れたのがせめてもの慰めだった。残念ながら遠すぎて解像せず証拠写真。
8時半頃に諦めて場所を移動、曇り空だったので逆光は大丈夫だろうと、ハヤブサを見に行った。高い煙突の上に居りまともに撮れずだったが少し粘る。居たのは2羽だったが、見える場所に居た1羽が飛んだので諦めて、カワセミの上のポイントに行く事にして駅に向かう。上流からバイクでやってきた常連さんから”今日もアカンで~”と聞き、ならば別の場所へと駅に向かう。地下鉄の一日フリーチケットを購入したので、地下鉄沿線なら何処にでも行ける。少し歩いた所でこの地の情報を色々聞かせてもらっている人に出会い少し立ち話、これが功を奏した。再び歩き出した時に急に鳩が一斉に上空を舞いだした。何事かと見るとハヤブサが群れに突っ込むのが見えたので、急いでリュックから機材を取り出し飛びものを撮影した。D800Eに328+1.7倍、三脚にセットする間が無く手持ち撮影だったが何とか撮れた。もう一度飛ばないかと1時間ほど待ったが姿見られず、満足して他の場所へは行かず帰宅した。

●ハヤブサ飛びもの
328の手持ち撮影、数年前は時々手持ちでカワセミを探し撮影していたので、今でも短時間なら苦にならない。ハヤブサの飛ぶスピードは速く、低空を飛んだ時は手持ちの方が良いかも知れない。

オオタカが鳩の群れに突っ込むのは一度撮影しているが、ハヤブサは始めて。13100201

鳩も慣れているようで、ハヤブサが突っ込んできても簡単に逃げよる。
13100202

   
13100203


13100204

一度高く上り急降下で群れ突っ込むように見えたが、急降下の速度は速く撮影できなかった。
13100205

アップで見ると獰猛の顔ではなく、可愛い表情である。
13100206


13100207


13100208

何度か追いかけて、最後は諦めて休憩場所に帰った。見に行ったが直ぐにヘタり休憩、高速で飛ぶ狩りも重労働のようである

 

●オオタカ
カラスに追われ飛んでいた。
13100209

カラスのしつこさが苦手なのだろう。
13100210

遠くのTVアンテナに止まってからもカラスが嫌がらせを行なう。
13100211


13100212

オオタカの雄姿、ハヤブサと違い風格がある。雛の止まりものは近くで撮ったことがあるが、成鳥の止まりものを一度近くで撮りたい。撮れる場所が無いだろうか?
13100213

 

●今日のカワセミ
早朝のカワセミは暗くてあまり解像しないが、早朝しか撮れ無ければ早朝に行くしかない。出が良くなったと思ったが直ぐに悪くなった。今年はどうなっているのやら?
13100214


13100215


13100216


13100217


13100218

    
撮影機材:D800E、300mmf2.8+1.7倍テレコン、三脚使用に手持ち  撮影枚数:562枚
移動:地下鉄、歩き  天気:曇り一時晴れ間
撮影経費:600円

 

<追記>
今日の朝、HPの撮影地と野鳥撮影のマナー(参考)を消した。撮影地は最近色々な場所にも行くようになったため書いておれない、野鳥撮影のマナー(参考)は一部考えにそぐわないところがあるため。
HPの渓流釣りのトップページが更新しているにも関わらず変わらない・・・・何でかな?
ブログの閲覧者が昨日より急に増えた、アクセス解析のデータを見るとブラウザの言語設定でEnglishが数倍に増えている。これまた何でかな?

| | コメント (0)

2013年10月 1日 (火)

早朝はカワセミ、昼は家で休んで夕方にハヤブサ

 早朝出勤でカワセミに行ったが、早朝の部が終わった後不調だったので一旦家に帰り、夕方にハヤブサで再び撮影に出た。

●早朝のカワセミ
 6時10分頃に家を出て6時45分頃に下のポイントへ着いたが、何とカメラマンが一人も居ない、おまけに対岸に釣りが入っている。駄目かなと思いながら探していると少し下流で発見、急いで行ったが間に合わず餌捕り一発で対岸の土手を越えて姿を消す。諦めて上流に向かったが、途中でカワセミが下流に飛ぶのを見つけ追いかけて戻る。この後しばらく遊んでくれた。

下流に飛んだカワセミは止まり木に止まっていたが、土手の奥に隠れたカワセミも出てきた。
131001101


131001102

2羽の威嚇のし合い、この後追いかけ合いでしばらく撮影出来ず見ていた。131001103

1羽が再び隠れると、もう1羽が動き出した。
131001104

何度も飛び込んだが・・・
131001105


131001106


131001107

餌捕りではなく、練習のようだった。
131001108

水際の撮影は失敗が多かった。後でフォーカスがFullになっていたのに気付いたが遅かった。
131001109

しばらく見えない場所で休憩、その場所からいきなり飛び込んで魚を捕りよった。
131001110

給餌咥えで上流に飛んで行ったが、このカワセミ餌捕り練習中の若・・・・・、どこかで咥えなおして食べたのかな?
131001111

この後上のポイントに移動したが、さっぱりで引き上げた。

 

●夕方のハヤブサ
家でしばらく休憩、2時頃に再び出てカワセミポイントの状況をチェック、姿を見たが上流に飛び去ったので、しばらく待った後ハヤブサに行った。着くのが30秒遅くハヤブサが飛びたった。その後1時間少々待ち証拠写真だけは撮影したが、行った価値が無かったような。
しばらくして奥から飛んできて、煙突の上に止まったのは若
131001112

その後、親が飛んで北が西の空に消えた。131001113

若も飛び高く舞い上がり見失ったので、5時前に引き上げた。
131001114

今日も良いところ無し、明日は如何に

撮影機材:朝D4、300mmf2.8+2倍テレコン、夕方D800E、300f2.8+1.7倍テレコン
       三脚使用
撮影枚数:朝392枚、夕方65枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

| | コメント (0)

9/29のミサゴⅡ 色々

これまでのミサゴ撮影は、飛びものに飛び込んでから魚を捕らえて飛び出すところが主だったが、この日は色々な場面が撮影出来,た。画像はトリミングで4~5倍に拡大しています。

●急降下
急降下は多かったが、飛び込まなかったり水面をソフトに触るような仕草が多かった。今年生まれた若が登場し漁の練習をしていたのかな?13100101

山背景の急降下、この時は山にピントを取られなかったが殆どは没になる。
13100102


13100103


13100104


13100105

 

●水面へ着水寸前
魚を狙ったのでは無いようで、ゆっくりしたソフトな降り方だったため撮れた。
13100106

浅瀬で休むシーンが何度か見られ、水浴びも行っていた。
13100107

水面の上を飛び
13100108

胸から着水(せずか)
13100109

足は後ろ、魚を捕る姿勢では無いと思うが・・・
13100110

そのまま飛び立ったが、何をしようとしたのか?13100111

●沖の杭に止まる
止まる間際は初撮影
13100112


13100113


13100114


13100115

こちらは海に沈む木の枝に止まるシーン
13100116


13100117


13100118


13100119

 

●休憩中のミサゴの上を別のミサゴが飛ぶ
足を突き出して休憩中のミサゴに向かう。一方は羽を広げ応戦体勢だが
13100120

やはり飛んでいる方が有利、蹴り一発の前に頭を沈める。
13100121

 

●他の鳥を脅かす
中州の向こうに飛び込み飛び出した後は休んでいた鳥の群れに割り込んだ。急に前に来られたカモメがびっくりしてずっこける。魚を捕る猛禽のためか、近くに来ても他の鳥は騒がない。
13100122

 

●ミサゴに対抗するカモメ
13100123


13100126

| | コメント (0)

« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »