« ミサゴ 5度目の遠征 | トップページ | 一日乗車券を買って »

2013年10月20日 (日)

ミサゴ 5度目の遠征Ⅱ

今日は雨で撮影休み
D5300が発表されたが、連続撮影枚数が20枚以上のDX機は出ないのかな、連写は秒6コマぐらいあれば十分なのだが。FX機に比べ被写体が1.5倍になる分、遠くの鳥撮影でピントの抜けが減らないだろうか? D4やD800Eで×1.5倍を使用しても、撮影後にトリミングしているに同じ。

昨日の撮影
 ミサゴの遠征も5度目。飛ぶ姿のみならシャッターチャンスは少ないが京都市内で十分撮影可能、魚を掴んでの飛び出しもこれまでに何度か撮れているので狙いは一つ、足を前に突き出しての着水寸前だった。急降下の水面直前の撮影は難しく、狙っての撮影では無かったが、適当にシャッターを押した中にマシに撮れているものがあり、ミサゴ撮影に区切りがついた。
高速利用の遠征は、撮影経費が高くつく。これから一人で行くなら、まだ十分に撮れていないクマタカにイヌワシ(?)かな。オオワシだけは11月後半に飛来すれば、湖西周りで極力経費を抑え何度も通う。

●ホバからの飛びもの

13102001


13102002


13102003


13102004


13102005

ホバからの急降下体勢
13102006


13102007

水面近くで止めることが多かった。
13102008

ホバを後ろから撮影
13102009

 

●魚を掴まえての飛びもの
 遠くでの飛び込みに、風向きの都合で後ろ向きが多かった。 遠いと被写体が小さく、連写の途中で完全ピンボケになるケースが多い。

13102010


13102011


13102012


13102013

|

« ミサゴ 5度目の遠征 | トップページ | 一日乗車券を買って »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミサゴ 5度目の遠征 | トップページ | 一日乗車券を買って »