« 北陸遠征 狙いの鳥姿見せず | トップページ | イスカ »

2013年11月 6日 (水)

滋賀へひとっ走り  猛禽行脚

 クマタカとイヌワシ、どちらも一日仕事のターゲットとして十分な猛禽だが、一日で済まそうとJ君と滋賀の北東部へ行った。”あまかった~”、クマタカは姿を見せたものの動きが悪くて一発勝負、イヌワシは平日というのに入る余地無しの混雑(前回の撮影ポイント)で、上のポイントに行ったが寒さがたまらず直ぐに引き上げた。12月半ばでも十分な厚着だったが、山のこの時期の曇り空の寒さをなめていた。後はオオタカのポイントに湖北を巡り、定時の3時に撮影終了で引き上げた。
尚、朝に一面青空になった時間帯があり期待したが、シャッターを押した時間帯は殆どどんよりした曇り空で暗く、撮影画像はパットせず。日頃の行いが・・・・

初めに撮影した猛禽はハイタカだったが、高すぎおまけにどんよりした曇り空の空抜けではまともに撮れません。
13110601

クマタカの撮影地に着いた時カメラマンは誰も居らずで、もうクマタカは終わったのかと思ったが、行った以上少し状況を見ていた。
9時頃に若が現れホッとする。
13110602

餌をねだっていたのか、引っ切り無しに鳴いていた。この時は快晴だったが、曇ったり晴れ間が出たりの繰り返しで、露出設定を頻繁に変えた。露出設定は飛びもの狙いだったのでマニュアル。
13110603

しばらくして親(多分)が登場したが、数羽のカラスが現れ鬱陶しいのか谷間に消えた。
13110604

10時半頃に若が飛nだが、飛び出しの瞬間を見逃す。下を飛んでくれと願ったが、愛想無く上空を旋回して尾根の向こうに直ぐ消えた。
13110605


13110606


13110607


13110608


13110609


13110610

その後、伊吹山に行った。山頂下の斜面にカモシカと鹿が三頭ほど居たが、カモシカは伊吹山で見るのは始めてで驚いた。直ぐにイヌワシは諦めオオタカポイント経由で湖北に行った。

期待していなかったチュウヒ登場
湖北ではオオワシ撮影で山本山麓に向かって歩いている時に、飛ぶのを見ている。沖には、よく居るようである。13110611
これも撮影条件が悪かった。
13110612_2




13110613

多分姿を見るだろうと思っていた、最近縁のあるミサゴ。遠くを旋回しているだけでは話にならず。
13110614

暇な時に付き合ってくれるトビ
500mmで撮影するのは意外に難しい。400mmズームなら、どおってこと無いのだが。
13110615

サカツラガン、今期二度目の撮影
13110616

伊吹山で撮影したカモシカ。
白峰では何度か撮影しているので珍しく無いが、伊吹山では初見初撮影。最初は熊と思ったが、カメラをセットして覗きカモシカと分った。
13110617

撮影機材:D800EとD7000、500mmf4、三脚使用  撮影枚数:D800E 327枚、D7000 278枚
移動:車  天気:晴れ後曇りで時々日が差す
撮影経費:どんぶり割り勘で5.050円

|

« 北陸遠征 狙いの鳥姿見せず | トップページ | イスカ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

今週末は、日曜日は雨、かろうじて土曜日は晴れ曇りですが、土曜日、クマタカの再挑戦に行きませんか?

投稿: 奈良 | 2013年11月 6日 (水) 21時12分

最近の出とサービスはどうか(カメラマンが居なかったのが気になる)、出ないと撮るものが無い、寒い・・・明日J君とひとっ走りで会いますので相談します。

投稿: 管理人 | 2013年11月 7日 (木) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 北陸遠征 狙いの鳥姿見せず | トップページ | イスカ »