« オオワシ2013-14Ⅵ 夕暮れの一発勝負 | トップページ | 紅葉とオオワシ »

2013年12月 1日 (日)

オオワシ2013-14Ⅵ続編  止まりもの

今日は撮影休みで昨日の画像続編

朝は雨上がりの曇り空、オオワシは見やすい低い場所に止まっていた。少し離れた場所から撮影、残っている紅葉を強調するためピクチャーコントロールを風景に変換し彩度をアップしています。
13120100

止まりもの、近かったので目がくっきり入る。
13120101

山の中の木の止まりもの撮影は、影が気にならないので明るいうす曇の条件が良い。飛び出しや飛びものは晴れた日が良い(好み)。
13120102

オオワシの顔は嘴がデカ過ぎてもう一つ、精悍さにも欠ける。イヌワシの方が眼が鋭く、精悍に思う。
13120103

日差しが有ると影が出来、日差しの有る場所が光ることもある。
13120104


13120105

木の枝などの周囲の影がオオワシに入る。横からの日差しで時間が立つにつれ斜め後ろに変わったが、快晴となった昼からの画像は、後ろが明るくピントが不安定になり、ピンボケが多かった。快晴の日は太陽を背にしないと失敗が多い。
13120106

夕方になると目で見る以上に画像が赤く染まる。WBの設定変更で変えられるが、頻繁に変える訳にはいかず、オートで撮影し後で気に入る色になるよう調整するしかない。
13120107

周囲に紅葉が入る場所を探したが、尾まで入る場所が近くには無かったのが残念。後ろが川で下がれず。
13120108

オオワシのアクビ
13120109

体を屈めたので飛び出すかと思ったが、気合を入れての糞噴射だった。
13120110

エンジェルポーズ、数分後に飛び出すかと思ったが何も無かった。昨年頃からこのポーズ後に飛び出すのを見ていたが、認識を変え無ければ・・・・
13120111

オオワシも痒くなるのか、何度も頭を搔いていた。
13120112

カラス登場で動きがあった。
近づいてきたカラスに対し羽を広げて威嚇
13120113

しばらく睨みつけ
13120114

再び羽を広げたので、カラスがびっくりして逃げる
13120115

雄たけびを上げているのか? 鳴声が聞こえたが、ガオ~では無かった。
13120116

カラスは、すばしっこくしつこい、反対側に周る。
13120117

オオワシが怒り狂う
13120118


13120119


13120120

何度か羽を広げたが、結局塒入りまで飛ばなかった。我々が湖北に着く前の早朝に飛んだようだが、暗くて撮影条件の悪い時間帯から行く気はしない。
13120121

|

« オオワシ2013-14Ⅵ 夕暮れの一発勝負 | トップページ | 紅葉とオオワシ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオワシ2013-14Ⅵ 夕暮れの一発勝負 | トップページ | 紅葉とオオワシ »