« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月31日 (金)

カワセミ  デカサイズを捕るも落としよった

 朝の8時半頃に自宅出発で3時間撮影する。今日もまた転々と移動しよったが、とことん後を追いかけたので、ずっと目の前に居たが歩き疲れた。餌捕りは少なく、今日も岸辺の草の前に飛び込むことが多く、水際撮影の機会は少なかった。一度だけデカサイズを捕ったが、大きすぎたのか直ぐに落としよった。

今日も土手止まりで、後ろに通行人が立ち止まることがあったが、逃げたり逃げなかったり。逃げなかったのは先日と同じ場所、他の場所は後ろに人が居るのに気付くと直ぐに逃げよった。その場所固有の何かあるのかな・・・・?
河原の草に止まって居る時は、今日のカワセミは逃げない。

デカサイズを落とした場面
急に飛び込まれ、大半の画像がピンズレ。この場面を綺麗に捕れていたら満足だったのだが・・・・残念
14013101

14013102

14013103

14013104

14013105

14013106

14013107

魚は命拾い、カワセミは、少し奥まった場所に止まりしばらく動かなかった。いじけていたのかな
14013108_2

綺麗な止まりものが撮れた
晴れたり曇ったりの天気、日が差すと止まりものは綺麗
14013109

14013110

14013111

14013112

14013113

飛びものを少々
14013114

14013115

14013116

14013117

ホバは2度あったが、風向きが悪く後ろ向き
14013118

ニコンオンラインギャラリーに投稿している2013年のカワセミ画像を整理しアルバムを1編にしたが、整理で画像を見ていると1年前はホバに水際をかなり撮影しており、咥えている魚も大きい。今年はカワセミの働きがかなり悪く、これから調子が上がってくれれば良いのだが、今の調子なら重い機材で三脚使用という気にならない。活動場所は徐々に上流へシフトしているが、餌が見つからないと一気に下流へ飛び、反対も有りで追うのに疲れる。また、今のところ餌が捕れなくて同じ場所で飛び込み連発というのも無い。

 

撮影機材:D4、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:579枚
移動:歩き  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年1月30日 (木)

撮影休み

今日は朝から雨で撮影休み

昨日の湖北での撮影、天気が良かったので遠くのオオワシを少しでも大きく撮りたいこともあり1.4倍テレコンを装着して撮影した。f5.6の400mmズームに1.4倍テレコンを装着すると開放でf8、少し絞ったのでSS1/1600を確保するのにISO1000となった。撮影距離30mぐらいまではまったく問題ないが、100mを越すとかなり苦しい画像となりアンシャープを少し強くした。三脚を使用すると多少シャープに撮れるが、VR付き軽量レンズで天気が良く明るい日に三脚など使用しておれない。
テレコンを使用しないとシャープに撮れるがトリミングでの拡大がかなり必要で画像がくずれる。遠い被写体、どちらが良いのやら?

30m以内、これぐらいならテレコン有り無しで大して変わらない
カンムリカイツブリが少し大きめの魚を捕る
14013001

オオバン
14013002
     

かなり高いノスリ、テレコン無しではこの大きさまで拡大できない。
14013003

ピントが合い難かった。40mぐらいの距離か?
オカヨシガモ♂の飛行
14013004

モズ♂、影が入ったのが残念
14013005

オオワシを2枚
テレコン無しでも撮れる距離だったが、テレコンを外す余裕無し。14013006

最後の高い場所に止まる瞬間14013007

昨日のオオワシは高い場所にしか止まらなかった。餌捕り前は高い場所から見晴らし、餌を持って帰ってくると重いので比較的低い場所に止まると考えている(普通に考えての想像)。
これまでのオオワシ撮影を数えてみたら6年で45回になる。退職後の昨シーズンが12回、今シーズンも昨日までで12回となる。止まりもの、飛び出し、獲物掴んでの飛行は、まあ満足出切る撮影をしている。後は漁の瞬間のみが撮影課題。今年は、条件が良ければ画像は悪くなるが十分手持ちで撮影出来ると判ったので、気軽に行きやすくなった。

| | コメント (0)

2014年1月29日 (水)

オオワシ2013-14ⅩⅡ  カワセミを近距離で撮れて良かった???

 朝に天気予報を見ると滋賀北は終日晴れマーク、ならばオオワシと急遽カワセミの予定を変更し湖北に行った。腰の調子は絶好調でゴーヨンかと思ったが、今回も漁狙いでどうせろくな画像は撮れないだろうと移動が容易なD800Eに80-400mmの手持ち撮影とした。今回は画質を犠牲にしてでも大きく撮ろうと1.4倍テレコンを使用したが良かったのかは?
9時過ぎに臨時駐車場に到着、急いで山本山麓に行きオオワシの止まっている場所を確認すると正面より左側、ならば北と想定し南風の微風が気になったが北の湖岸に急いで行った。スキーのジャンプと同じで向かい風の方が鳥は風に乗りやすい、カワセミも風に向かってホバをする。獲物を捕った後の帰りは、向かい風になるので大した違いは無いだろうとのエエ加減な考えである。またしてもデタラメな予測は外れ、10時頃に沼の上から琵琶湖に飛び出して行くのが見えた。こっちに進路を変えろと思ったが、センター正面方向に向かいよる。旋回してこちらに来ないかと、10分ほど待ったが諦めて山の麓に戻った。オオワシは帰っておらず、しばらくしてから餌を持たず戻り左側の斜面の枯れ木に止まったので、再び飛ぶだろうと湖岸に行った。2度の合計で4時間弱待ったがオオワシは飛んで来ずでがっかりの1日となった。
再び麓に戻りオオワシの飛び出しを狙ったが、ほんの一瞬の差で撮れず。待ちの時間に後ろの用水路にやってきたカワセミを近い距離で撮れたので良しとしよう。オオワシとカワセミの両方が撮れた~~

10時半頃に帰って来たオオワシ、何故か少し手前の田んぼの上を何度も旋回しよった。始めて見たが、何かを狙っていたのか?
14012901

14012902

14012903

14012904

14012905

14012906

14012907

14012908

14012909

立っていた場所の真上を飛んだが、三脚を使用していたら撮れない角度
14012910

見やすい枯れ木に止まったが湖岸からも見えた。途中で姿が見えなくなったが移動していた。琵琶湖に飛んだようには思わなかったので待ち続けた。
14012911

遥か上空を飛ぶミサゴ
14012912

ノスリが3羽飛んでいた。2羽が接近したので同時撮影
14012913

2時前に諦めて麓に戻る
14012914

糞を2度しよったが芸無し
14012915_2

2時40分頃に飛び出したが、飛び出しは手持ちでは間に合わず。飛び出し狙いは三脚でカメラを向け置きピンをしていないと追いつかない。
14012916

何回か旋回して更に高い木に止まったので引き上げた。
14012917

14012918

14012919

 

オオワシの飛び出しを待っている間にカワセミを撮影したがかなり近い距離
14012920

飛び込みを狙ったが、このカワセミの飛び込みは角度がシャープで速く、片手間では撮れそうに無く直ぐに諦めた。14012921

若い♂かな
14012922

オオワシの北帰まで1ヶ月、漁を狙ってから3年立ち今期は是非撮りたかったが、諦めてゴーヨンで綺麗な画像を狙った方が良いのかな・・・・

<追伸>
 野鳥センターのHPを見ると10時頃に飛んだ時にブラックバスを捕まえ食べたとか・・・食べてから帰って来たとは知らなんだ。

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6+1.4倍テレコン、手持ち撮影  撮影枚数:662枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:3,300円(ガソリンは日常経費内)

| | コメント (0)

2014年1月28日 (火)

カワセミ  畑前で始まり、畑前で終わった

 湖北へ行こうかと思ったが、オオワシの漁は撮れないかとカワセミにした。8時過ぎの出発、畑前の土手にカワセミを見つけ、今日は期待出来るかと思ったのも束の間、直ぐに上流へ飛んで行った。その内戻ってくるだろうと思い下流に向かったところ♀が居たが、今度は下流に飛び去り見失った。仕方なくカワセミの姿見ずで歩き続け、下流の撮影地に到着。♀と♂が居たが動きはもう一つ、しばらく撮影していたがこちらの動きも止まったので再び上流に向かう。カワセミの姿を見なければそのまま帰るつもりだったが、♂登場でしばらく撮影したものの芸の披露がもう一つのまま段々上流に移動し再び畑前へ。ここで一発何かするかと思ったら、何もせず橋の高さで上流方面へ飛び去り見失う・・・どこへ飛んだのか不明。
11時半に引き上げた。
ここ2.3日のカワセミは、大きな魚を捕らず虫か小さな魚ばかり捕りよる。深い場所か岸辺の草の下に潜んでいる魚が多いようでなかなか飛び込まず、しょぼい飛込みが多く撮影はもうひとつ。水温が少し上がるまでこの状態が続くのかも知れないが、日によって水温が微妙に違うのかな?

畑前のカワセミ
14012801

2度飛び込んだが、いずれも土手の直ぐ下で見えず。対岸に飛んだ後、一気に上流に飛び去った。直ぐ上の橋まで行く上流を見たが見つからず。
14012802

下流の撮影ポイントでは♀がスタンバイ、しかしなかなか飛び込まず。
14012803

じらした後、飛込み捕った魚は小さく絵にならず。
14012804

14012805

ホバも披露してくれたが、アッチャ向きでは話にならず。
14012806

14012807

飛び込まず引き返す
14012808

魚無しの飛び出し後の飛行
14012809

14012810

竹に足を大きく広げて止まるが内股、この方がバランスを取れるのか
14012811

少しマシな魚を捕りよった。今日は昨日のバトル撮影の教訓を元に1.4倍テレコンを使用したが、フォーカスが遅れ水際のシャッターを切れなかった。レリーズモードはフォーカス優先に設定している。
14012812

カワセミの止まる鉄柱にカモが止まった。
14012813

カモが近づいてきたのでカワセミが逃げる。
14012814

再び上流へ
14012815

飛び込まずに下流に飛んだので追いかけたが、何もせず再び上流に飛ぶ。
14012816

数日前のサービスはどこかに行ったようで、転々とするが飛び込みは少なかった。

途中で迷ったのかフワッとした飛び込み。
14012817_2

14012818

14012819

14012820

14012821

嘴から突っ込まず足から着水
14012822

体も一旦着水させ
14012823

そのまま飛び出しよった。
14012824

何のための飛び込み? 
魚を捕るつもりで飛び出し途中で止めたようだが、カワセミも考えながら行動しているようだ。
14012825

深い場所への飛び込み、飛び込んだ場所から少し離れて頭を出す。
14012826

かなり潜ったようだが魚まで届かなかったのかな
14012827

14012828

途中で風が吹き出し、少し肌寒くなったので粘るのはやめた。14012829

最後に撮影した畑前のカワセミ
1年前はここでも大きな魚を捕ったのだが、大水でこの辺りの川の様子は変わっている。今も大きな魚が居るのかな?
14012830_2

不思議
今日の撮影でカワセミが対岸に居た時、後ろを通っていた自転車のオバサンがカワセミを見つけよった。カワセミの直ぐ後ろに止まったので、”飛ばせ~、こちらに飛んでくる”と期待した。オバサンが顔突き出し携帯で写真を撮りだしよったので、直ぐ飛び出すと期待が更に高まったが、カワセミはまったく後ろを見ず飛ばなかった。いつもなら直ぐ後ろで顔を突き出せば逃げるのに、今日に限ってどうしたのかな?

撮影機材:D4、80-400mmf4.5-5.6+1.4倍テレコン、手持ち撮影  撮影枚数:501枚
移動:歩き  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年1月27日 (月)

カワセミ 壮絶ロングバトル

 今日もカワセミは移動を繰り返し、とことん歩かされた。餌捕りにホバの芸はさっぱりだったが、昼頃に♀と下の♂の5分以上の噛み合いバトルが見られ良しとしよう。
毎年、2、3度はバトルを見ているが、今日のバトルはがっぷり四つ、水入りが入ってもおかしくない長さで驚く。いつも♂に追われている♀だが、軍配は♀に上がったよう。場所は対岸、D4、80-400mmだったので望遠が足らなかったのが残念。何が起こるか分からないバトル、ファインダー内のカワセミが小さくピントが合っているかどうかの確認をする間も惜しみ撮りまくったが、何とか撮れていてホッとする。

昼頃にカワセミ2羽を見た時は、既に両者威嚇合戦に入っていた。
14012701

軍配が返されたのは20分ほどしてから、後はご覧の通り。
14012703

14012704

14012705

14012706

14012707

14012708

14012709

14012710

14012711

14012712

14012713

14012714

14012715

14012716

14012717

14012718

14012719

14012720

14012721

14012722

14012723

14012724

14012725

14012726

14012727

14012728

14012729

14012730

14012731

14012732

14012733

14012734

14012735

14012736

14012737

14012738

14012739

♀に軍配が上がったか・・・・
14012740

14012741

14012742

♂も逆襲を試みるが・・・
14012743

結局、♀に軍配があがる。♂が根負けしたようである。
14012744

何故か♂が残り、メスは上流へ飛び去った。今日は8時過ぎに自宅を出て2時過ぎの帰宅で、いつも以上に疲れた。

  

撮影機材:D4、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:1,001枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (2)

2014年1月26日 (日)

撮影休み

 恒例の所用で撮影休み、天気ももう一つだったので丁度良かった。

最近、腰は絶好調で肘に肩もマアマアだが、膝(?膝の上下の部分)がもう一つ、衰えもあると思うが歩き過ぎに立ち過ぎに原因の重きがあるように思う。たまにはゆっくり家でボケッとしようかと思う時もあるが、もともとアウトドア派で家に居ても何かしてないと落ち着かない。

キセキレイ
14012601

ハクセキレイ
セキレイの飛びものを綺麗に撮るのは、カワセミよりかなり難しい。
14012602_2

イソヒヨドリ♀
カワセミ撮影地で♀はよく見かけているが、最近♂は見かけないようになった。14012603

モズ
14012604_2

ノスリ
山本山での撮影だが遠すぎた14012605

エナガ
珍しくカワセミ撮影地に現れた。14012606

| | コメント (0)

2014年1月25日 (土)

カワセミ 今日も歩かされた

 9時過ぎから約3時間の撮影、今日も下へ上へと転々と移動し、時には一気に飛びよったので急ぎ足で歩かされた。カワセミは、範囲は広いがやはり♂2羽と♀1羽がおり、2羽の♂は蕎麦屋の少し下が境界になっているようだ。境界よりかなり上まで移動する♂と下から出合で支流に入る♂、ともに色は綺麗。♀は境界前後を行ったり来たり、かなり上流までは行くようだが下流の何処まで行くかは分からない。今日も♀が♂に追われ2羽が飛びまくるのを4度見たが、まだ縄張り争いの最中のようである。
1年前の冬、他のカワセミの姿も見たが長老カワセミが飛びまくっていた。一時期、カワセミの数が減ったと嘆いていたが、冬になり上流域で見られるようになり下流域も上流域以上に安泰、以前の姿に戻ったのかな。

今日の撮影も♀から
土手の下の枯れ草から直ぐ下に飛び込みよるので見えず。一人だったので背後の柵から体を乗り出して撮影したが、このメスは相当度胸があるようで逃げなかった。
14012501

頻繁に飛び込み、小さい虫のようなものを捕っていたが絵にならず。
14012503

14012504

14012505

14012506

14012507

14012508

14012509

久しぶりに撮影した直ぐに逃げる♂
2羽が少し離れた場所に同時に現れたので違う個体と分かったが、よく似ているので見分けがつかない。
14012510

14012511

期待の上流域の♂
今日は動きが悪かったが、2度大きな魚を捕り良いところを見せてくれた。もっと上流に来てくれ・・・家からますます近くなり歩くのが楽になる。
14012513

14012514

14012515

14012516

14012517

14012518

14012519

14012520

14012521

♂が休憩に入ったので再び、下に行き♀を撮影
14012522

14012523

最後は動き出した♂を撮影し引き上げた。
14012524

14012525

14012526

今日も歩かされたものの撮れて満足だった。当地は昨年同様移動が多いので、当分は軽量機材の手持ちで撮影する。 その内集中的に餌捕りダイビングをする場所が出てくれば、三脚使用で328+1.4倍を持っていくが、今のところは可能性は低いような? 家から歩いていくので、ゴーヨンは使用しないつもり。

尚、今日はD7000を使用したが、D4、D800Eに比べればフォーカス速度が遅く、撮れたと思った水際が撮れていなかった。

 

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:583枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年1月24日 (金)

オオワシ2013-14ⅩⅠ 1時間残業したが定時で帰れば良かった

 天気予報では近畿一園快晴、朝になって迷わずオオワシに決めた。狙いは湖岸での漁撮影、出発が遅れ湖北に着いたのは9時過ぎ、臨時駐車場に車を止めオオワシチェックで山本山麓に行ったが、山の中央部分のかなり高い場所に止まっていた。今日は片山トンネル近くの湖岸で待とうと思っていたが、止まっていた場所から考えるとセンター方面から漁港方面に飛ぶかもと思い、麓から飛び出しを狙うことにした。今日は機動性を考えD800Eに80-400mmの手持ち、さすがに”足らんな~”と思ったがトリミングで何とかなるだろうと飛び立つの待つ。10時過ぎには飛び立つと思っていたが、飛び出したのは11時を過ぎてからで、餌を持たず山に沿って帰ってきて少し左の松の中に入りよった。今度は北に飛ぶと予想し、湖岸へ急ぎ山の麓の神社前辺りの湖岸で待ったが、2時間立っても飛んで来ず。正面に飛んで餌捕りをしたのかと諦め再び山本山麓に戻った。飛ばなかったと聞いたので、予定変更し餌を持って帰ってくるところを狙うことにした。約20分後の2時頃に松の中から飛び出し予想通り北に向かったが、餌を持たず戻り見やすい場所に止まった。直ぐに餌捕りと期待して待ったが、結局1時間残業の4時まで待ったが飛ばずで諦めて引き上げた。定時の3時に帰れば良かったと駐車場までの足取りは重かった。

今日の画像はトリミングでフルサイズの6倍に拡大しています。止まる場所、飛行ともに高くて遠かった。

朝の飛び出し
今日はたまたま瞬間を逃さなかったが、飛び出し狙いは三脚が必要と思う。
14012401

飛び出し直後は木の枝が邪魔した
14012402

14012403

14012404

14012405

14012406

14012407

14012408

14012409

14012410

14012411

14012412

飛び出しは沼方面だったが、山に沿って帰って来た。帰ってくるまで時間がかかったが、かなり旋回していたのかも知れない。14012413

14012414

この後、松の後ろに隠れ姿見えず
14012415

 

二度目の飛び出しは山に沿って飛ぶ 、湖岸に居れば近距離で飛んでくるところを下から撮れたかも知れないと思うと悔いが残る。14012416

14012417

14012418

14012419

14012420

14012421

14012422

オオワシの飛ぶ姿は綺麗だが、止まる時の後姿はいつも無様、横から見ればマシ
14012423_2

この場所の止まる姿を4時まで見続けていた。猛禽撮影は90%以上、退屈な時間が続く。前に止まっているのが分かっているので、八東のアカショウビンよりマシかな。
14012424_2

    

朝の止まりものノートリ画像、カメラの設定でフルサイズから1.2倍の拡大画像。このサイズからソフトでトリミングし5倍に拡大、しかも手持ち撮影、どの画像も無理があったかな。
14012425

オオワシも後1ヶ月、次回はいつ行けるやろ・・・天気次第

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:546枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:高速料金2,800円(ガソリン代は日常経費内)

| | コメント (0)

2014年1月23日 (木)

今日はカワセミ♀

 午前中約3時間の撮影で主に♀を撮影した。♀を狙って撮ろうと思ったわけではなく、最初に現れたのが♀、あとは成り行きで♀中心の撮影となっただけのこと。下流か支流のカワセミも登場し、追いかけっこを何度か見たが、登場したのは3羽か4羽か、もしかしたら5羽か?・・・・よく分からなかった。♀は1羽と思っていたが、色の薄いのと濃いのと2羽登場していた。光の当たり方で色が違って見えると思って撮影したが、帰って画像を確認すると明らかに違う個体だった。
天気が曇り空で撮影画像はパッとしないのが残念。

♂のお立ち台から♀が餌捕り
14012301

なかなか浮き上がらず。飛び込んでから3枚目の画像
14012302

大物ゲット
14012303

14012304

14012305

14012306

途中までは横飛び、ここで進路を上に変える
14012307

14012308

上に一気に飛んだが
14012309

途中で下から♂が出てきて追いかけ、2羽ともUターンして下へ飛び去った。♂は何処かで♀の餌捕りを見ていたのかな?
14012310

仕方なく下へ行くと♀が休んでいた
14012311

しばらくして大きな魚を捕った。餌捕りの間隔が短く驚いたが、先に捕った魚は途中で落としたようである。まさか飛び込むと思わなかったので、水際は撮れず途中の飛行はピンボケ。
14012312

捕ったのは良かったが、なかなか飲み込めず場所を転々と移動しよった。
14012313

14012314

14012315

14012316

落とせと思いながら見ていたが飲み込む。
14012317

休憩に入ったのでウロウロ歩く。
♂が動き出したので追いかける。転々とした後見えない場所(この場所から飛び込みよる)に隠れたので、しばらく待ったがなかなか飛び込まず。今日の♂の動きは下流のカワセミ同様パッとせず、歯切れが良かったのは一昨日だけかいな?

再び下に行くと蕎麦屋近くに♀が居た。色が少し濃く日差しの関係と思ったが、帰ってから画像を見ると違う個体。下嘴の赤い部分が少ないが、♀やろか・・・・?
14012318

飛び込みを撮ったが魚無し。前の枝が邪魔
14012320

14012321

飛び出してからホバもしよったが、ミニホバで撮れた画像は1枚だけ
14012322

枝から下を見る。他のカワセミが居たのかも知れない。
14012323_2

このあとの餌捕りで大きな魚を捕りよったが、飛び出し後スピードを落とし軌道を変えたようで、見逃して水際は撮れなかった。
14012324

14012325

この中途半端な♀(?)、魚を飲み込むのに苦労していた。放棄してもう一度餌捕りをしないか期待して待っていたが、残念ながら10分以上経ってから飲み込みよった。
14012326

14012327

 

♂の画像を3枚
14012328

14012329

14012330

注)下:しも、上:かみ

撮影機材:D4、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:533枚
移動:歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年1月22日 (水)

カワセミ 2度も魚を落とすとは・・・撮影チャンスが増え嬉しいやないか

 今日は、朝と昼からの2度撮影に出た。歩いて行ける地元ならではだが、朝にカワセミを追って小走りで移動しまくり寒かったにも関わらず汗が出たため、さすがに昼からの撮影はしんどかった。

●朝は9時半頃から約1時間半の撮影

川に着いてしばらく歩くとカワセミが中州に止まり休憩中。しばらく待つとガオーの後、挨拶代わりの飛び込み一発。
水浴びかと思ったが、小さな虫のようなものを捕っていた。
14012201

14012202

14012203

14012204

もう一度飛び込んだ後、直ぐに下流に飛びよった。その後は、下へ上への移動しまくりで小走りで追いかけた。移動して直ぐに大きな魚を捕って休憩というパターンをこれまで何度も経験している。餌捕りの水際狙いは、追いかけなければ仕方なし。止まりものに飛び出しだけで満足なら、気長に待てば戻ってくるだろう。

移動しまくった後、土手の木に止まったので餌捕りを期待する。
14012205

深い場所だったので飛び込んでから出てくるまで多少時間がかかり、ピントをそれなりに合わせることが出来た。
14012206

今日はD4に80-400mmの手持ち撮影、魚が大きかったこともあり顔を見せてから連写が続く。D4はコマ数が多いので水際撮影には良いが、400mmでは川の向こう岸の撮影は苦しい。近くに飛び込んでくれて良かった。
14012208

14012209

14012210

14012211

14012212

残念ながら飛び出してからは反対方向、かなりの距離を飛びよった。
14012213

14012214

14012215

石の上に止まったので直ぐに走って行ったが魚を咥えていなかった。大きな魚、直ぐに飲み込む事は出来ないと不思議に思ったが、帰ってから画像を確認すると途中で落としていた。
14012216

その後再び転々と移動し5秒ぐらいのホバも披露してくれたが、後ろの草が近すぎピントを取られ撮影失敗。
14012217

14012218

11時頃に上流に飛び去ったので追いかけたが発見出来ずで引き上げる。

  
● 昼からは、1時過ぎから2時間弱の撮影

転々と移動するのは変わらなかったが、風が強く魚が見えにくかったのかなかなか飛び込まず。

大物狙いの一発勝負を撮影したが、朝同様途中で落としよった。飛び込んだ場所の近くに止まれば落とす事も無いとおもうのだが
14012219

14012220

14012221

14012222

14012223

14012224

14012225

14012226

14012227

14012228

14012229

14012230

14012231

14012233

14012234

目を離した隙に飛び去り見失ったので引き上げた。

     
撮影機材:D4、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:朝232枚、昼から279枚
移動:歩き  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年1月21日 (火)

撮影休み

 上流のカワセミの様子を見に行く予定だったが、13日からの8連戦が堪えたのか体がだるく撮影休みにした。買い物と車のバッテリー上がり防止の運転で1時間ほど外に出たが、後は家でTVを見たりHPのメンテを行なっていた。
明日は、カワセミに出るつもり。

昨日撮影したジョウビタキ♀、逆光だったのが残念
今シーズン、♂は何度か撮影しているが♀は始めて。冬の小鳥狙いの撮影には行っていないが、ルリビタキだけは一度行こうと思っている。

140121

| | コメント (0)

2014年1月20日 (月)

気になる存在Ⅱ  一年前の感覚を思い出す

 朝から天気が良かったので予定変更で9時過ぎに撮影に出た。上流の撮影本拠地のカワセミチェック、川での探索1時間で帰るつもりだったが、本気の撮影になり家に帰ったのは12時過ぎ、一年前の感覚を思い出し満足だった。

蕎麦屋近くの対岸の川岸に落ちた枝に居たが、水浴び一発で上流へ飛ぶ。引き返したが見つからず、さらに上流へ向かい歩いていると後ろで鳴声が聞こえた。対岸を散歩していた人が指を刺し教えてくれたが、こちらの岸の草に隠れていた。対岸に回り30分ほど待っているとこちらの土手に飛んで来た。
餌捕り戦闘モードで直ぐに細くなる。
14012001

このカワセミは勝負が早かった。
14012002

直ぐに飛び込む
14012003

14012004

魚を咥えて飛び出した。今日は日差しの関係で目が入りにくかったのが残念。
14012005

14012006

近くの土手の木に入り込む。
枝でまともに撮影できなかったが、給餌咥えでアレ~と思ったのも束の間、直ぐに咥えなおし食べよった。
14012007

この場所、以前もカワセミが隠れた場所だが、わかりにくく隠れ場所と知ってよく見ないと見つけられない。厄介な場所に隠れよる。
このカワセミ、下の嘴が欠けているのか・・・欠けて短いのか?
14012008

1時間待ってようやく動き対岸に止まる。
14012009_2

飛び込むのを待ち構えていると、自転車で通りかかったオバサンがカワセミの直ぐ後ろに急に止まり顔を突き出し逃がす。”ア~ア、逃がしよった”と聞こえるようにわざと大きな声で叫び、対岸へ走って追いかけた。
動くのを1時間も待っていたのに、通りがかりのおばさんがカメラを向けている先を見て、後ろに止まって顔を突き出して逃がす・・・よくある事だがたまりまへん。私の後ろを通ったのは気付いたが、まさかカワセミの真後ろに止まるとは思わなかった。

到着する前に飛び込まれてはと気がせいたが、何とか間に合った。
14012010

間に合ったものの、飛び込み撮影は失敗14012011

14012012

再び土手に上がり餌捕り、水際はピンボケだったが魚を咥えて飛ぶところはかろうじて撮れた。
14012013

14012014

川中の石の上で食べた後、蕎麦屋まで途中転々としながら飛んで行ったので追いかけた。
14012015

しかし、直ぐに上流に引き返したので再び急ぎ足で引き返す。息が切れながらの小走りで何とか間に合う。
14012016

直ぐに飛び込み大きな魚を捕った。
14012017

14012018

14012019

14012020

14012021

移動して食べた後、下流に飛び去ったので撮影終了で引き上げた。

このカワセミは下流の2羽と違い、餌捕りモードに入ると勝負が早い。大きな魚を捕るので休憩の回数も多いようであるが、休憩かどうかは分かりやすい。今日は良かったがたまたまでなければ良いのだが・・・・

本拠地のカワセミ、個体は一年前と違っても(??)よく移動するのは同じで、追いかけるのに疲れる。

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:317枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

気になる存在

 気になる上流のカワセミ、このところ♂を2ケ所で見ている。1羽はこちらの姿を見ると直ぐに逃げる奴でよく見かけているが、まともに撮れないのでそれほど気にかけていない。もう一羽は2度見ただけだが、斜め後ろの直ぐ傍に立っても逃げず、獲物探しに夢中だったからかも知れないが更に近づいてくるなど1年前のカワセミ同様大胆だった。この2羽同一個体でモードが違っただけかも知れないが、直ぐに逃げるカワセミの写真はまともに撮れていないので分からない。
もし、逃げなかったカワセミが1年前のカワセミなら芸達者で良いところを撮らしてくれるのだが、数年の付き合いがありカワセミ平均寿命2年をかなり越えている。昨年の春頃から姿を見る事が無くなり、代わりに直ぐに逃げるカワセミを見るようになり、寿命を全うしたと思っていた。ただ、その1年前も春から夏にかけて姿を消していたので・・・・

この冬、今の撮影地から帰る時に畑前で撮影した画像
1月
011401

12月
021312

1年前の画像・・・くちばしが少し長いかな?
上のカワセミは、このカワセミの子供かも知れない。
031303

041302

今日は休養日のつもりだったが、晴れているので上流のカワセミ探索に出る。

| | コメント (0)

2014年1月19日 (日)

雪の中のカワセミが撮りたくて

 朝起きると薄っすらと雪景色、7時頃には雪が強くなり積雪も多少増えた。雪の中のカワセミが撮りたく、雪が止んだ7時40分頃に家を出る。上流の方が多少雪が多くカワセミも綺麗と思い歩いて今の撮影地に行ったが、残念ながら上流のカワセミの姿は見ずで下流の雪も溶け始めていた。
カワセミは、橋と橋の間がほとんどだったが下へ上へと移動しまくり、おまけに土手の木に止まる事が多く木の枝が邪魔になり対岸に行ったり戻ったりで、いつも以上に運動させられ疲れた。魚を何度か捕ったが撮影はすべて失敗、いつも通り集中力不足。

家から直ぐの川の状況
上流のカワセミを期待したのだが、朝は何処にいるのやら・・・・140119801

狙いは、雪の中の止まりものに雪背景のホバだったが、雪の量が少なく止まりものはもう一つ、雪背景のホバは無し。

雪がらみの止まりもの
140119803

140119804

140119805

140119806

140119807

140119808

140119809

下へ上へとよく飛びよった。
140119810

140119811_2

何度か2羽止まりを見たが、以前のように♂が逃げたり噛み合いのバトルは見られなくなっている。
140119812

140119813

140119814

土手の止りものを撮っていたら、偶然飛び出しラッキー
140119815

水からの飛び出しで撮れたのは魚無しばかり。
140119816

140119817

上空を気にして見上げていたが何も飛んでいなかった。何を見ていたのかな?
140119818_2

立っていた場所の直ぐ下の止まり木に止まったが、こちらの存在に気付きり直ぐに逃げた。夏頃の親は平気だったが、このカワセミは嫌がるようで気をつける必要あり。
140119819

昼から撮影した飛び出しも魚無し
140119820

カワセミの色は日差しで変わり複雑。グリーン系にブルーが共存
140119821

2時頃まで粘ったが寒さを我慢出来なくなり引き上げた。

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:682枚
移動:行きは歩き、帰り地下鉄  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:210円

| | コメント (0)

2014年1月18日 (土)

カワセミ  今日は良かったとしよう

 今日のカワセミ、早朝に食いだめをしたのかと思うぐらい動きはさっぱりだった。しかし、昼前に♀が鉄柱の上から餌捕りダイブを6連発してくれ、それなりに撮れたので良かったとしよう。

手持ち撮影だったこともあり、上流の状況チェックのため撮影地まで歩く。一年前の餌捕り連続ダイブ10連発以上のポイントに♂が居た。カメラを取り出し向けたが、直ぐに飛び去り間に合わず。
14011801

少し下流に居るかと思ったが姿見ずで撮影地に着く。

撮影地のカワセミは2羽とも休憩中、しばらく待っていると動き出したが、移動を繰り返し時々飛び込むも動きは悪く、”もうちょっと真面目に仕事せんかい”と言いたくなる。今日も不調で終わるのかと思ったら、♀が少しだけ良いところを見せてくれ何とか水際が撮れた。

1回目、餌捕り失敗 少しピントがずれる
14011802

14011803

2回目も餌捕り失敗 カメラを構えていた場所が良く横からの撮影
14011804

14011805

3回目も失敗  飛び出し角度は2度目に同じ
14011806

14011807

4回目も魚無し  体を捻りながら飛び出した。このように毎回違うポーズで飛び出して欲しいのだが
14011808

14011809

14011810

14011811

戻りはすべて鉄柱方向で下の方に止まってから上のお立ち台に移動しよる。
14011813

5回目も羽を広げての飛び出しで省略、6回目でやっと魚を捕った。
14011814

14011815

14011816

14011817

14011818

今日一番ピントが合った水際は水浴び、遠かったのが残念。
14011819

満足して上流を再び探索しながら帰ろうかと思ったが、カワセミは良しとしてハヤブサに行った。1時間ほど待ったが姿見せずで寒いだけだった。

夜に雪が降るのかな。降れば明日久しぶりに雪の中のカワセミが撮れるのだが。

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:412枚
移動:歩き、地下鉄  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:250円

| | コメント (0)

2014年1月17日 (金)

カワセミ  やっぱり上流がええわ!

 今日も気合を入れてカワセミへ、出は昨日と変わらずだったが、撮影がさっぱりで水際は全滅だった。カワセミ撮影でゴーヨンは使いこなせないのかなと思いながら11時で撮影を打ち切った。
一旦自宅に戻り、昼からV1に80-400mmの手持ちで久しぶりに上流を探索した。カワセミの姿を見かけ成果あり、じっくり粘らなかったので止まりものしか撮れなかったが、綺麗なカワセミが撮れた。カワセミ撮影の初期からずっと上流で撮影していたが、”やはり上流がええ、自分に合っている”と再認識した。ただし、カワセミの出が良くなったらの話で、今のところ安定して出ているのかどうか調査不足だが、探索を再開する気になった。

 

●朝の撮影
D4に500mmf4では、カワセミの動きについていけない。328+1.4倍テレコンか80-400mm手持ちの方が自分には馴染んでいるが、人の少ない平日の朝は使用して使いこなすつもり。

14011701_2

14011702_2

14011703

14011704

14011705

14011706

14011708

うまく撮れたと思ったがピンボケ
14011709_2

14011710

14011711

多少、2羽がらみもあった。
14011712

14011713

2羽同時の飛び出しを偶然撮ったが、ピントは背後に合っていた。
14011714

14011715

今日は、D4とゴーヨンが上手く使えと怒っていただろう。
14011716

 

●昼からの撮影
V1に80-400mmの手持ち撮影、V1ではピクチャーコントロールのスタンダードが好みでなくビビットにしている。色が少し派手

カワセミの鳴声が聞こえたので注意深く探すと魚を咥えていた。
14011721

久しぶりに見るドデカサイズの魚、咥えて下流に飛んで行った。
14011722

少し歩くと♂が休憩していたが、魚を捕った個体かどうか分からない。昨年の秋以降時々姿を見かけた直ぐに逃げる♂。
14011723

今日は1000mmだったので大きく撮れたが、やはり直ぐに逃げた。
14011724

今の撮影地まで歩くと♂が休憩中だった。しばらくして動き出したがいつも通り移動の繰り返し、嫌になって餌捕りを待たず引き上げた。
14011725

途中、♀が休憩していたので真後ろまで近づいたが逃げず。先日、最上流で30分ほど相手をしてくれた個体だろう。
14011726

昼からの探索の成果はコヤツ。畑前で見かけたが一年前の蕎麦屋のカワセミ同様に逃げず。真後ろに立つと近いので逃げるが、斜め後ろに立ているとこちらに近づくこともあり、習性は全く同じで体も大きい、コヤツは・・・・・?
14011727

 
しばらく様子を見ていた。飛び込む素振りは何度も見せたが、風が少し強く獲物が定まらなかったのか、移動しながら最後に一気に下流に飛び去った。
14011728

撮影機材:D4、500mmf4、三脚使用 撮影枚数:465枚
       V1、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影 撮影枚数:121枚
移動:地下鉄、歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:420円

 

| | コメント (0)

2014年1月16日 (木)

気合を入れてカワセミ  動きが益々悪くなったような? 

 D4にゴーヨンでカワセミに行った。今日はテレコン無しで撮影したが、この地では距離が遠くD4なら600mmが欲しい。D800Eならトリミングで十分対応できるが、コマ数不足を感じる時があり、画像は多少落ちるがテレコンを使用した方が良かったかな。
最近餌捕りが上手くなり、大きな魚を捕って直ぐに休憩に入るため動きが悪くなった。気合は入っていたが、疲れのためか集中力不足で良いところは撮れなかった。
また、餌捕り場を少し上流にシフトさせたようで、上へ下へと歩かされ疲れた。

8時半頃に到着したが、大きな魚を捕り休憩に入って直ぐだった。
休憩場所から顔を突き出し、何かを追うように空を見よった。14011601_4

見るとハイタカが飛んでいたが高くて遠かった。
14011602_3

しばらく待っているとペリットを吐いて動き出した。14011603_2

14011604_2

こちらの岸に飛んで来た。常に、こちら側で魚を捕ってくれれば近くて良いのだが14011605_2

近い距離での餌捕り、飛び出しは後ろ向き
14011606_2

14011607_2

14011608_2

14011609_2

ゴミの目立つ場所に止まることが多い
14011610_2

ゴミの無い場所に止まれば対岸で遠い。
14011611_2

対岸から飛び込むと帰りは後姿が多い
14011612_2

14011613_2

これも飛び出しは後姿、少し飛んでから曲がる
14011614_2

尾っぽを咥えていたので落とすかと思ったのだが
   
14011615_2

14011616_2

14011617_2

猛禽が飛んでいるのが見え、ハイタカと思って撮影したがハヤブサの親だった。若がこの地まで来たのは見ているが親は始めて。
14011618_3

今日は朝の内うす曇で、途中から日差しが出た。日差しが出ると陰が入るので止まりもの撮影はもう一つ
14011619

水浴び撮影は、コマ数の多い方が良い。ピントはあまいが連写で撮れて良かった。今日の撮影、少し低調だった。14011620

14011621

14011622

14011623


14011624

14011625

14011626

14011627

14011628

 

<備考>
 リンクの追加:カワセミ撮影仲間sirobeeさんの”気まぐれ翡翠日記

撮影機材:D4、500mmf4、三脚使用  撮影枚数:585枚
移動:地下鉄  天気:曇り後晴れ
撮影経費:420円

| | コメント (0)

2014年1月15日 (水)

散髪後ハヤブサに行ったが

 朝から散髪に行き帰った後、11過ぎからハヤブサに行った。2時間ほどハトが集まる場所で待ったが、ハヤブサは姿見せず。その後休憩場所に行き、煙突上の止まりものと飛行を多少撮ったが、いずれも証拠写真程度で3時20分頃に引き上げた。カワセミも姿見せずで、今日の撮影は大半がハトだった。休養日にして家に居た方がよかったが、行ってみないと分からない。

Dsc_1005


Dsc_1008


Dsc_1015


Dsc_1016


撮影機材:D4、80-400mmf4.5-5.6(+1.4倍テレコン)、手持ち撮影  撮影枚数:253枚
移動:地下鉄  天気:晴れ後曇り
撮影経費:500円

| | コメント (0)

三重で撮影した水鳥

今日は朝散髪で昼からは未定、1/13の遠征で撮影した水鳥。

●コクガン
この日狙いのターゲットで初見初撮影。特徴の下調べを十分せずに行ったため現地では見つけられず。帰ってから適当に撮った鳥の群れを拡大し中に居たのが分かった。体が小さく、色もカモとよく似た色で見逃していた。14011301

許容限度までトリミングした画像
14011302

 

●ツクシガモ
初見初撮影、カモの中では大きい部類で色が白く目立った。
14011303


14011304


14011305


14011306

 

●ホオジロガモ
♂は綺麗な色彩だが、日差しが強いと白い部分が白飛びする。
14011307

♀も綺麗、初見初撮影
14011308

ペア、なかなか並んでくれなかった。
14011309

 

●ウミアイサ♀
初見初撮、横から撮りたかったが遠くて直ぐに見失い機会無し。♂は見つけられず。
14011310

 

●ミヤコドリ
波打ち際の撮影は初14011311

トリミングでかなり拡大した画像、天気が良くシャキッとした画像が撮れた。
14011312


14011313


14011314

 

●カモが飛ぶ
左から右に風が吹いていた。風に向かって飛ぶ姿はスピードが遅く撮れたが、風向きに沿って飛ぶ姿は、追い風で飛ぶスピードが速くてピント合わず。

ホシハジロ♂ 大群が居た。
14011315

ヒドリガモペア
14011316

スズガモペア
14011317

オナガガモ♂
14011318

ホシハジロ♀
14011319

ハマシギの大群か? この種の鳥の知識は全く無い。
14011320

| | コメント (0)

2014年1月14日 (火)

散髪屋休業日で予定を変更し撮影に出た

 朝から散髪屋に行ったが、昨日、今日と休業日だった。快晴だったので今日の予定を明日にまわし、早めの昼食を食べて撮影に出た。昼からの撮影となるのでハヤブサに行ったが、見えない場所に止まり、撮影出来る場所(ハトの群れが居る場所では狩の時しか期待できないが)に姿を見せることは無かった。ハヤブサ事情、昨年後半からの撮影で自分では年間を通じての状況は分からないが、最近変わりつつあるのは分かっており、人から”しばらく、アカンで~”と聞くとガックリとくる。朝から夕方まで粘るつもりは無いが、朝のカワセミ撮影でそれなりに撮影出来たら、様子見は続けるつもり。狙いは、ハトへのアタックしかなく、他はどうでも良い。
今日は待っていた場所にカワセミが現れたので、時間つぶしに撮影した。カワセミカメラマンとしては、時間潰しにカワセミ撮影とは何と贅沢なと思うが、D4に400mmでは遠すぎた。

14011401


14011402


14011403


14011404


14011405


14011406


14011407


14011408


14011409


14011410


14011411


14011412


撮影機材:D4、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影   撮影枚数:165枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:500円

| | コメント (0)

2014年1月13日 (月)

三重遠征

 J君と3度目の三重遠征、今回の狙いはコクガンと久々のミサゴの漁だったが、コクガンは姿見ず。見ていたのかも知れないが、どんな鳥か分らずで探しようが無かった。ミサゴは、3度姿を見せたが飛び込まず。
大きな川の河口2箇所を2往復したが、どちらも風が冷たく寒さが身にこたえた一日だった。
いろいろ撮影したが詳細は明日、今日は疲れたので触りのみ。

●A地点:D800Eに500mmf4で三脚使用

ホオジロガモ
一昨年だったかの湖北に続いて2度目の撮影。ペアの撮影は始めて
14011301

ミヤコドリ
天気が良く白とび気味。この手の鳥は天気が良いと、露出設定により白とび黒つぶれがあり撮影し難い。
14011302

         
   

●B地点:2度で延べ40分ほど同上機材を持ち続けて完全手持ち撮影。腕は疲れたが腰は全く異常なしでホッとする。無理は止めた方が良い。

ツクシガモ
初見初撮影、水面に向かっての撮影はしんどく、画像ももう一つ。
14011303

ミサゴ
近くを飛んだが腰を少し仰け反って上を向いての撮影。撮影成功の確率は低いが、上手く撮れた画像は三脚使用と大した違いは無いだろう。ただし、距離が遠いとブレてまともに撮れない。
14011304


撮影機材:D800E、500mmf4、三脚使用に手持ち  撮影枚数:599枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:どんぶり割り勘3,000円

| | コメント (0)

2014年1月12日 (日)

今日は撮影休み  ハヤブサのハト急襲(1/10撮影)

1/10のハヤブサの画像、D800Eに80-400mmf4.5-5.6テレ端での手持ち撮影

ハヤブサがハトの少し上を舞う。舞うといってもスピードは速く遠くへも飛ぶ。数度ハトを追いかけ比較的低いところに下りてきた。ハトはパニック状態で飛び回る。14011201

旋回して
14011202

上昇を始める
14011203

羽ばたいて、どんどん上昇
14011204

かなり上昇して
14011205

獲物の群れを物色し急降下体勢に入る
14011206

体を捻り
14011207

降下開始
14011208

一気に加速
14011209

どんどん速くなって
14011210

羽をすぼめ体を細くして反回転(? 足が見えない)してトップスピード。
14011211

ハトの群れに突っ込む手前で獲物を定めたようで、体を少し仰け反り方向調整。
14011212

ハトにアタックと思う。
残念ながら完全なピンボケ、急降下でかなり近かくなり追うことが出来ず、適当にシャッターを押した。左ハヤブサ、右ハトだろう。これがピンアマでも撮れていたならば・・・・
14011213

ハトを捕ることが出来ず、しばらく旋回して再び上昇し飛び去った。
14011214

 

急降下体勢に入った時のノートリ画像
14011215

急降中のノートリ画像
14011216

少し近すぎてスピードについていけなかったのと、ハトの群れに飛び込むと訳が分らなくなり見失った。次回は少し離れた場所を選ぶ。80-400mmでの手持ちは同じとするが、カメラはAF性能が良く秒のコマ数が多いD4にする必要がありそう。
しかし、もう一度狩りの機会に遭遇することがあるかな?

| | コメント (0)

2014年1月11日 (土)

カワセミ  帰った直後にホバ34連写

 今日のカワセミ、気合を入れてD4にゴーヨン+1.4倍テレコンで行ったが、昨日同様サービスが不十分で満足出来るものでは無かった。休日で人は多かったが、昼頃には数人に減り、更に一人が帰った直後にロングホバで34連写した。連写後に川横の道を見ると駅に向かう姿が見えた。”ホバするで”と言ったのだが・・・・・。撮影地では、誰かが帰るとカワセミが芸をすると言われているが本当だった? 残念ながら少し逆光気味の撮影で画像はもう一つだったが、カワセミの出は手持ちの昨日と同様、”ゴーヨン担いで行くとカワセミの出が悪い”のジンクスが払拭されたので、腰の調子の良いときは宝の持ち腐れとならないよう大いにゴーヨンで行く。動きの速いカワセミでは、D800Eに328+1.4倍テレコンがベストなのだが。

ホバの抜き取り
14011101


14011102


14011103


14011104

 

    
14011105

 

          
14011106


14011107

この後急降下したが見失った。途中でホバの撮影を止めて待機していれば追えたと思う。        
14011108

   
フルサイズ1600万画素の500mmでは少し遠いので1.4倍テレコンを付けたが、慣れの問題で追いきれず水際の撮影失敗が多かった。
14011109

テレコン無しで小さい画像で我慢するか、トリミング出来るD800Eを使うか、それとも慣れるか。いずれにしてもカワセミオンリーで帰る時しかゴーヨンは使わないつもり。
14011110


14011111


14011112


14011113


14011114


14011115


14011116


撮影機材:D4、500mmf4+1.4倍テレコン、三脚使用  撮影枚数:489枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:420円

| | コメント (0)

オオワシ飛行の手持ち撮影トリミング

1/7のオオワシ手持ち撮影を目一杯トリミングした。

Dsc_9343

元画像
Dsc_93430


今日は、気合を入れて(D4に500mmf4+1.4倍)カワセミに行く。D800Eに80-400mmの手持ちの方が良かったりして・・・

| | コメント (0)

2014年1月10日 (金)

カワセミ サービス不十分

 朝から快晴、気持ちの良い青空が広がっていたが寒かった。カワセミは、昨日サービスが良かったようだが、今日はもう一つだった。ただ、ホバを2回披露してくれ撮影に成功したので良しとしよう。11時過ぎに何度目かの休憩に入ったので、諦めてハヤブサに行った。

最近、この地でのホバはピントが合わないことが多かったが、今日は一発でピントがあった。
14011001


14011002


14011003


14011004

獲物が見つからなかったのか向きを変え
14011005


14011006

降下
14011007

斜めに降下したので見失った。
14011008

二度目のホバも一発でピントがあったが、快晴で条件が良かったのだろう。14011009


14011010


14011011

    
14011012


14011013

急降下、真下近くに飛び込んでくれたので追うことが出来た。
14011014

大きな魚を捕って飛び出したが、建物の影で暗く画像はもう一つ14011015

最近、大きな魚を捕るようになってきたと思う。  
14011016

橋脚からの餌捕り、ここも日影で暗い。
14011017


14011018

2羽の絡みも一度見られた。♂の居る場所に♀が飛び交代、ここでは時々見られるシーン。
14011019

ノスリがカラスの群れに追われていた。カワセミ撮影地でノスリを見たのは始めてと思う。
14011020

 

今日のハヤブサ、12時前から3時半まで粘ったが登場したのは1度だけ。待望の親鳥がハトに突っ込むところを近くで見れたが、上手く撮れたと思った急降下はブレがあり、適当にシャッターを押したハトへの突込みはピントが合っていなかった。
空振りで帰りよったので、また来るかと期待して待っていたが来なかった。別の場所で捕ったのかも知れない。1日に数回見られれば良いが、1度も見られないこともあり、見られる可能性が低いので待つのに疲れる。
今日は1枚だけ後は後日掲載する。中央のピンボケがハヤブサ。
14011021


撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:625枚
移動:地下鉄、歩き  天気:晴れ
撮影経費:460円

| | コメント (0)

ブレブレ

 タイトルのブレブレは、撮影機材・レンズの選定に関してである。撮影距離の遠いオオワシなどの猛禽は、所持しているレンズで最高の画像が得られのは500mmf4、これでも足らないので600mm、800mmが必要と思っていた。しかし、今シーズン80-400mmでオオワシを手持ち撮影するようになって、違うかなと思うようになった。80-400mmでもPCで見る程度なら十分満足出来るほどに撮れており、むしろシャキッとした画像が確率では多く得られている。同時に撮影したことは無く、撮影条件が違うので比較は難しいが、今期の3回のオオワシ手持ち撮影(実質撮りまくりは2回)で、考えさせられるところがある。もちろん500mmf4でピントの合った画像は解像感が違い、トリミングも含め拡大画像が得られるが、少しブレた画像が多いのは何でか? 手持ちはガッチリと掴んで撮影するが、三脚使用は三脚に頼って適当に片手中心で撮影しているからかもしれない。
どのレンズを使えば良いのかとテレコン使用に関して迷い、その時によって考えが変わる。考えが定まらず軽量機材の手持ちか、重量機材の三脚使用かの考えが最近ブレにブレている。

1/7にD800E、80-400mmで手持ち撮影したオオワシ飛行の残り画像です。トリミングで3600万画素フルサイズから約5.6倍に拡大、2L版のプリントなら十分に思う。

14011001


14011002


14011003


14011004


14011005


14011006


14011007


14011008


14011009


14011010


14011011


14011012


14011013


14011014


14011015


14011016


14011017


14011018

14011019


14011020


14011021

| | コメント (0)

2014年1月 9日 (木)

予定変更の変更

 今日はカワセミに行くつもりだったが、朝起きると体がけだるく熱っぽい、予定変更でカワセミは止め風邪薬を飲んだ。二度寝するつもりだったが、しばらくすると体調が普段どおりに戻り、外を見ると日が差していた。TVで水戸黄門再放送を見てから予定を再び変更し、撮影に出ることにした。11時過ぎに家を出たが、カワセミの朝のサービスは終わっただろうと思いハヤブサに直行した。家を出ると曇り空に変わり、3時頃まで居たが晴れることは無く小雨がぱらつき、かなり厚着で行ったのにも関わらず寒かった。最初はハトの群れの居る場所で待っていたが、どこかでハトを捕ってきたようだったので、ハヤブサの休憩場所に行った。その後の出はさっぱりで親が顔見せで二度飛んだだけ、曇り空で距離も遠く撮影もさっぱりだった。最近、ハヤブサの出は悪くなっていると聞いたのが気になるが、是非、ハトにアタックするところを撮りたい。

14010901


14010902


14010903


14010904


14010905


14010906


14010907

 

近くの駐車場で車から火が出て何台かの消防車が駆けつけていたが、どういう状況だったのかな。もし、エンジンを始動しただけでエンジンルームの何処かショートして火が出たのなら、何処のメーカーのどの車種か気になる。自分の車はかってリコール隠しで問題になったメーカの車、当時そのメーカーの車のエンジンルームが燃えているのを、自宅近くと四条通で2度見ているのを思い出した。発覚後に投入された車なので、問題無いと思ってはいるが・・・・。


撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:72枚
移動:地下鉄、歩き  天気:曇り
撮影経費:500円

| | コメント (0)

2014年1月 8日 (水)

湖北の野鳥

今日は雨で撮影休み

朝から撮り貯めたPCに保存している画像を整理し、外付けHDに移動させた。昨日のオオワシ漁の画像を整理していると、帰りはかなり低く飛び道路横の湖岸にキヤノンの大砲(白いレンズ)がセットされているのが写っていた。何故かカメラマンは横に居なかったが、餌捕り現場も対岸の漁港より近いと思われ、帰りはかなり近距離で撮れる場所のようである。馬鹿の二つ覚えで湖岸で待つ時は、野鳥センター前か漁港と決めているが、一考の価値がある場所と思う。ただ、漁港方面に飛べば逆光となるのかな?
D7100並みの仕様で、RAWの連写可能枚数30枚ぐらいのAPS-C機が出ないかな。2400万画素で1.5倍ならもう少し大きく出来るだろう。

5日と7日に撮影したオオワシ以外の画像です。

●1月5日の撮影  D800Eに500mmf4の手持ち撮影

タゲリ
14010801

ゴーヨンの手持ち撮影はさすがに重い、空抜けの飛びものの方がピントが合いやすかった。
14010802


14010803

ミヤマガラス 多分初撮影、コクマルガラスを探したが分らなかった
瞬膜を閉じた白い目のカラスは不気味
14010804


14010805

 

●1月7日の撮影 D800E、80-400mmの手持ち撮影

漁港に行く途中にヒシクイを撮影する。この画像のみ1.4倍テレコンを使用した。
14010806

ミサゴが飛んだが遠かった
14010807

冬羽のハマシギ
14010808

どの画像も近距離撮影
14010809

座っていると直ぐ横に来る事もあったが、カメラを向けるとやはり逃げた。
14010810

ハクセキレイ
14010811

カワセミ、この地のカワセミは直ぐに逃げ撮影は難しい
14010812

カモメが飛んだ
14010813

ユリカモメ、1羽だけ近くに寄って来た。
14010814

トビの急降下は、ハヤブサ並みに迫力があったが、逆光でしかも建物の影では上手く撮れず。
14010815

3時25分頃に撮影したオオワシ止まりもの、ホワイトバランスオートで少し赤味がかる。
14010816

| | コメント (0)

2014年1月 7日 (火)

オオワシ2013-14Ⅹ  漁の撮影は4000mmのレンズが欲しかった

 オオワシに行った。天気は快晴、今日こそ漁の撮影と9時半過ぎに漁港に到着、オオワシの居場所は見えていたので、10時過ぎに飛ぶだろうと期待していつもの道路に近い場所で待つ。先端の方に3人のカメラマンが居た。10時15分ぐらいに飛んだが、山に沿ってどんどん飛びよる。期待通り魚を捕りよったが遠すぎる。今日は400mmズームの手持ちだったが、まともに撮れる距離ではなく4000mmぐらいのレンズが欲しかった。魚を持って帰る途中で水しぶきが見え、落としたように思った。移動しようとしたカメラマンの携帯に連絡が入ったようで、落としたと聞き直ぐに飛ぶだろうと再び待った。残念ながら期待空しく、3時まで動かずで諦めて山の麓に行った。
今日は何故か頻繁に琵琶湖に・・・・。昨日飲みすぎたわけでは無い

山に沿って沖に飛ぶオオワシ、この時点でまともに撮れないと諦め気味でシャッターを押す。
画像はフルサイズからトリミングで7.5倍に拡大
14010701

一旦空抜けになる
14010702

再び山バック
14010703

旋回したのでこちらに飛んで来いと願ったが
14010704

足を下ろしながら降下体勢に入りよった
14010705

狙った獲物に向かって更に降下
14010706

水平飛行で水面ギリギリを飛び
14010707

獲物キャッチ(・・・と思う)
14010708

獲物をすくい上げる
14010709

掴みなおす
14010710

なかなか上手く掴めない・・・かなり大きな魚
14010711

やっと持ち帰り体勢に入ったところで、カモメ(ユリカモメ?)が背後から迫る
14010712

山に向かって方向転換、カモメも追いかける
14010713

山ではカラス、琵琶湖ではカモメ、とことん追いかけられる鳥である。
14010714

カラスに負けずカモメもしつこい。
14010715

ようやく水平飛行になり山に一直線
14010716

途中で魚宙ぶらりん、この直後に落としたと思う。この画像の後は2秒後で落とした瞬間は撮れていなかった。
14010717

ノートリ画像、センターがオオワシ
14010718

ミサゴの漁の方が豪快で迫力があるように思う。もっと近ければ迫力があったと思うが、昨年撮ったトビの漁と変わらずもう一つ。近くで撮れるかは運しだい、通わないと撮れないのかな。

 

山の麓では止まりものを撮った後、帰ろうと歩いている途中で振り向くと、いきなり飛び出しよった。しかも漁港方向、”ありゃ~、後30分居れば良かった”と思ったのは言うまでもない。しかし、何も掴まずに帰って来たのでホッとして駐車場に向かった。4時過ぎに帰路につく。行きは湖西周り、帰りは残業で早く帰るため高速利用。

14010719


14010720

空バックは順光で綺麗だった。
140107201

これが最短距離
14010721


14010722


14010723


14010724


撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:517枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:日常経費内

| | コメント (0)

2014年1月 6日 (月)

続・撮影6周年記念日のオオワシ その②

昨日の寒さが体に堪えたのか、今日は朝から風邪気味でしんどく休養日にした。

 

オオワシの続きその②で、昨日の最後の餌捕りに飛ぶまでの画像です。

飛び出したオオワシ、そのまま琵琶湖に行って餌捕りかと思ったら、強い風が邪魔だったのか上空を旋回し、直ぐに山の斜面に引き返した。14010631


14010632


14010633


14010634


14010635

止まった場所は少し高い斜面の木で距離は遠くなったが、体全体がよく見え飛び出し撮影に絶好と期待した。
14010636

しかし、カラスが直ぐにやってきてオオワシが怒る。
14010637

再び羽を広げて威嚇するも、カラスはしつこかった。
14010638


14010639

オオワシは、とうとう飛び出し体勢に入った。
14010640

飛び出す体勢が十分で無かったとは思うが何と無様な飛び出しや、猛禽なら格好良く飛び出せ!
14010641

この時のカラスは、しつこく付きまといよった。”撮影の邪魔や”14010642

逃げずに捕まえて見せしめに食べれば、カラスも近寄らないと思うのだが・・・
14010643

カラスの動きが速くて捕まえられないのか? 獲物は水に浮かぶ水鳥に水の中の魚、オオタカやハヤブサのように飛ぶ鳥は捕れないのかな。
14010644

しつようにカラスが追いかける。
14010645


14010646

オオワシと同じポーズで飛ぶ
14010647

嫌気が差したオオワシは木の茂みに逃げ込む。
14010648


14010649

しばらくして、琵琶湖に向かって飛んだが、飛び出しは見えなかった。気付いた時は空抜けだった。
14010650

AF追従エリア9点での撮影、空抜けは51点の方が良いように思うが、違いがもう一つ結果に出ない。バックに木の茂みがあるような場合は少ない方が良いように思う。AF-Sは、完璧にレンズを振ってAFポイントを鳥に追従させる腕が無いので使用していない。
14010651


今回は再び飛び出しを狙ったので、楽な三脚使用での撮影でレンズもゴーヨンにした。次回から湖岸で待とうと思うが、飛びものに水際だけなら描写は落ちるが被写体を追いやすい軽いズームレンズの手持ちにしようと思う。待つ間はリュックに置くが必然的に手で持つ時間が長くなるので、長時間の撮影では軽量レンズでも手持ちは首が疲れるのが難点。

| | コメント (0)

続・撮影6周年記念日のオオワシ その①

 体は大きいが距離の遠い猛禽撮影は難しい。鳥撮影で上手く撮れたかどうかの判断は目がくっきりと入っているかどうかだが、昨日の画像も大半は目がボケていた。もちろん体もビビッており、ピントが正確に合っていないということなる。比較的明るかったので感度400~640でSS1/1600が確保出来たので撮影条件は良かった。一昨日のカワセミ撮影からAF追従エリア9点にし(ピントが周囲に取られることが多く51→21→と少なくしてきた)、VRはカワセミ撮影失敗から久しぶりにONにした。ウインバリーの雲台も完全フリーは止め、少し締めて動きを固くした。しかし、設定をどうしようがレンズがオオワシにきっちり追従していないと結果はアカン、結局腕が悪いという事に落ち着く。撮影を振り返ってみると、殆ど右手で操作し左手は三脚に乗せているだけ、手持ち撮影のように左手でガッチリレンズを持つ、あるいは両手でカメラをがっちり持って振ればどうなるのか・・・やってみよう。

昨日の画像の残り、その①です。

麓に到着した時は姿見えず。先に来られていた人に松の木の中で姿は見えないと聞き出てくるのを待っていたが、30分ほどで登場し見えやすい場所に止まってくれた。14010601


14010602


14010603


14010604


14010605

出来るだけ大きく撮れるよう、前に場所を移動した。
14010606

シャッターを押すタイミングが遅れたこともあるが、前に移動したのが裏目にでて飛び出して直ぐ松に隠れる。14010607

直ぐに姿を現しフォーカスしようとしたが、なかなか合わず。よく分らないがVR・ONのせいか?
14010608

琵琶湖の漁港の北に飛び周回、それほど沖には出なかったようで麓からでも十分見えた。
14010609

獲物が見つからなかったのかどうか知らないが、周回だけで直ぐに帰って来た。
14010610


14010611

撮影には絶好の比較的低い斜面の木に止まってくれた。
14010612

直ぐにカラスがちょっかいを出しに来る。
14010613

オオワシは羽を広げて威嚇し追い払う
14010614


14010615


14010616

その後、しばらく止まったていたが再び飛んだ。
14010617


14010618

タカ類のように格好良く一気に飛び出せと思うがこれも愛嬌か
14010619


14010620


14010621


14010622


14010623


14010624


14010625


14010626


14010627

再び琵琶湖へ一直線と思ったのだが・・・・
14010628

その②に続く

| | コメント (0)

2014年1月 5日 (日)

オオワシ2013-14Ⅸ 初撮影から丸6周年の記念遠征で ”ワオ~”

 オオワシ初撮影から明日で6年、記念の遠征に行った。J君と一緒だったので山本山麓で待つ。9時過ぎには到着したが姿は木の枝に隠れて見えず、鳴き声だけが聞こえていた。9時40分頃に姿を見せ、10時過ぎに初回の餌捕り飛行を披露してくれたが、獲物無しで帰って来た。その後カラスに追われ場所を移動、11時17分に二度目の餌捕りに飛び、大きなオオバン(大きく見え何かいなと思った)を捕らえて帰って来た。
今日は、6年の撮影では最高のパフォーマンスを見せてくれ、満足して昼過ぎに山本山を後にした。その後、漁港へミコアイサを見に行ったが姿無しで、田んぼへタゲリを探しに行ったが手持ちで何とか撮れ、ミヤマガラスを撮影して2時頃に帰路に着いた。
今日は色々と撮影出来たものの、相変わらずピンボケが多かった。それでも笑いが止まらない一日だった。

まずは、オオバンを捕って帰ってからの画像を掲載します。

漁港方面に飛び出したが、野鳥センター方面から帰って来たのでもろ逆光、撮影場所の選択を間違ったかと思ったが連写しまくり。
14010503

塒方面に消えたので今日は終わりかと思ったが、センター横から麓に続く道に居た人が続々と移動し撮影しだしたので、見えるのかと急いで移動した。
14010504

ゴーヨン担いでの走りはしんどかったがオオワシの姿発見。”ワオ~”、何と道路の直ぐ上の木に止まっていたのでびっくり仰天。
少し離れた場所からのノートリ画像
14010505

再び急いで走り至近距離で撮影したが、これまでで最短距離での撮影だった。
これがノートリ・・・ノートリ画像でっせ~!
14010506

直ぐに飛び出したが、近すぎてレンズを振れなかった。
出来るだけ鳥が中央に来るよう多少トリミングしている
14010507

その後山の斜面の木に止まりオオバンを食べ始めたが、直ぐに顔を上げたので飛ぶと思いファインダーを覗き続けた。
14010508

直ぐに身をかがめ
14010509

飛び出した
14010510

ここまではピントが合っていたと思う。
14010511

十分追いかけることが出来ずピントがあまくなったり完全にボケたりで、右手だけで撮影していた事もあるが何時までたっても下手は下手。
14010512

再びピントが良くなったが、いつもの下手な鉄砲も数打ちゃ当たるでは・・・
14010513

空抜けもピントが少しあまかった。今日はAF9点にしたからかな? レンズで追従出来ていれば問題無いのだが
14010514


14010515


14010516

麓からの撮影はこれで満足、次回からは湖岸で待つつもりだが、麓の方が撮影は面白い。どうしたものか?

 

撮影機材:D800E、500mmf4、三脚使用  撮影枚数:586枚
移動:車  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:どんぶり割り勘3.000円(今日は十分に元を取った)

| | コメント (4)

オオワシ初撮影から丸6年

今日はオオワシに行くが、初撮影が08年1月6日で6周年記念というところ。D300と328+2倍テレコンで撮影したが、今日はD800Eに500mmf4でどんな画像が撮れるだろうか?

初撮影で撮れた時の感動は今は無い。

初撮影画像
ノートリ ISO400、f5.6、SS1/1600、露出補正-1.7、マルチパターン測光
今は飛びもの狙いで、露出マニュアル(山バック:約-1.7、空背景:約+2~3)、スポット測光で撮影している。

14010500

| | コメント (0)

2014年1月 4日 (土)

気合を入れてカワセミ

 久しぶりに気合を入れてゴーヨンでカワセミに行った。カワセミの出は昨日と変わらず、天気は曇り空で撮影条件は悪かったが、それ以上に結果が悪く首を傾げる撮影となった。
枯れ草背景は、飛びもののみならず止まりものも、大半がバックに綺麗にピントが撮られ、水際は振り回しが遅れほとんど撮影出来なかった。おまけにVRをOFFにしていたにも関わらず、AFが328+1.4倍テレコンより遅く感じたのは、これ如何に? 固定が不十分(雲台フリーに近い)でシャッターを押す時に少しフレたのかも知れない。カワセミ撮影ではゴーヨンをあまり使わないので、たんに慣れだけの事と思う。上手く撮れた画像は綺麗なので、ゴーヨンを持ち出す機会を増やすかな。腰に肩の調子は今のところ問題なく、両膝の調子が悪いがこれは長時間立っているのが原因のようである。400mmズームの手持ちの時が一番膝に負担がかかっている。腰、膝、肩以外は、まったく問題無い。3ヶ所の調子が良ければリュックに入れてなら、1時間ぐらいなら担いで歩けるだろうとは言いすぎかな。三脚に乗せて担ぐと肩が痛くて長時間歩けないのは以前からだが、湖北の野鳥センターから山本山麓ぐらいなら今でも歩いている。

尚、ゴーヨンでカワセミ撮影に行くとカワセミの出が悪いのジンクスがあったが、これはD3を使用していた時の勧修寺での話で、D4では植物園で多少継承してかも知れない。今日はD800E、場所も違うので関係無し。

 

14010401


14010402


14010403


14010404


14010405


14010406


14010407


14010408


14010409


14010410_2


14010411


14010412


14010413


14010414


14010415


14010416


14010417


14010418


14010419


撮影機材:D800E、500mmf4、三脚使用  撮影枚数:420枚
移動:地下鉄  天気:曇り
撮影経費:420円

| | コメント (0)

ハヤブサの急降下

 ハヤブサが急降下でハトにアタックする瞬間を撮りたいと思い、昨日は昼からハトの集まる場所の近くで待ったがチャンス無し。掲載画像は先日の親の急降下を彼方から撮影したもの、肉眼では判別出来ない遠い距離で何とか急降下の場面だけは証拠写真程度に撮れたが、近ければ速過ぎて撮れなかったかも知れない。一日2度程度あるか無いかで場所も定まらない。他の場所で捕られると、その日は待ちぼうけに終わる。
三脚使用では動きについていけず無理と思うので、400mmズームか328+1.4倍テレコンの手持ち撮影で挑む。

ハヤブサが飛んでくるとハトの群れは一斉に飛び、パニック状態で群れが分断される。ハヤブサは一旦上空に上がり獲物を探す。140104001

定まると体勢をひるがえす。
140104002

急降下
140104003

トップスピードに入ると近くから撮影出来るかどうか運次第(たまたま撮れたを期待)。高い場所に止まっていて急降下するのは何度か見ているが、飛ぶ獲物を襲う時のスピードは無茶苦茶速い。
140104004

途中で方向転換
140104005

最後は諦めたようである。何度かアタックして飛び回る時は捕れず、捕れる時は一発勝負の様である?
140104006

何度かアタックすると疲れて休憩場所に飛ぶようだが、これも何処に飛ぶか分らないので失敗した後も待っている場所で期待できるかどうか分らない。
140104007

アタックの瞬間遭遇及びピントが合う確率は・・・・毎日朝から夕方まで粘っても皆無かな・・・止めた方が良さそう。

| | コメント (0)

2014年1月 3日 (金)

カワセミ  スイッチ入らず

 今日のカワセミはスイッチ入らずで、こちらももう一つ気合が入らず撮影は不調(良いシーン無し)だった。昼からハヤブサに行ったが、こちらももう一つで年明け2日の撮影で早疲れた。
尚、今日も328を持って行ったが、テレコンは1.4倍にした。

今日のカワセミ、姿だけは長い時間見せてくれたが動きがパッとせず。
明日は良いだろう
14010301


14010302


14010303


14010304


14010305


14010306


14010307


14010308


14010309


14010310


14010311


14010312


14010313


14010314


14010315

チョウゲンが飛んだ
14010316


14010317

 

ハヤブサ、狙いはハトへのアタック
ハトの休憩場所近くに、大たわけの幼鳥が居た。
14010318

しばらくして飛び出したが、直ぐにカラスが追いかける。
ハヤブサ飛びものは手持ち撮影
14010319

今日は、カラスに”もっと行け~”と思った。
14010320


14010321


14010322

カラスの攻撃を逃れ、どこかに飛んで行った。もっと練習をしてハトを捕れ、数が多すぎるハトを・・・練習相手もハトや、相手を間違うな!
14010323

ハヤブサ親が登場しハトに突入するのを待ったが、そのシーンは見られずお預けとなった。

この地で始めてカワセミの餌捕りを撮ったが、相方を失ったカワセミかな?
何故か目が悲しげ
14010324


14010325


撮影機材:D800E、328+1.4倍テレコン、三脚使用  撮影枚数:647枚
移動:地下鉄、歩き  天気:晴れ
撮影経費:660円

| | コメント (0)

2014年1月 2日 (木)

カワセミ 2014年初撮影

 この正月は2日間ゆっくりしようと思ったが、予定変更で朝からカワセミに行った。朝の内はさっぱりで天気ももうひとつ、撮影に出なければ良かったかなと思ったが、11時前頃にカワセミのスイッチが入り、ホバ連発に大きな魚も捕り満足した2014年初撮影日だった。
昼からの撮影中、横の車道に車が止まり人が下りる音が聞こえた。”何を撮っているんですか”と聞かれ顔を見るとおまわりさん、鳥の名前を言って再びファインダーを覗いたが見失った。”あ~見失ったがな~”と言うと、笑いながら”すみませんと”と言ってパトカーに乗り走り去った。職務質問?・・・多分暇で興味から聞いたのだろう。一人なら怪しいオッサンと思われたかも知れない。

14010200


14010201


14010202


14010203


14010204


14010205


14010206


14010207


14010209


14010210


14010211


14010212


14010213


14010214


14010215


14010216


14010217


14010218


14010219


14010220


14010221


14010222


14010223


14010224


14010225

今日もホバでピントを外すことが多かった。420mmでは被写体が小さいからか、明日は画像は少し悪くなるが1.7倍か2倍テレコンを使用するかな・・・・2倍ならD4を持ち出す。


撮影機材:D800E、328+1.4倍テレコン、三脚使用  撮影枚数:767枚
移動:地下鉄、歩き  天気:曇り時々晴れ間
撮影経費:670円

| | コメント (0)

2014年1月 1日 (水)

正月

 今年の正月は2日間ゆっくりするつもりだったが、明日から撮影に出る。一年の計は元旦にありというが、元旦の今日さっそく予定を変更した。

140102

| | コメント (0)

2014年 元旦

140101

| | コメント (2)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »