« 続・撮影6周年記念日のオオワシ その① | トップページ | オオワシ2013-14Ⅹ  漁の撮影は4000mmのレンズが欲しかった »

2014年1月 6日 (月)

続・撮影6周年記念日のオオワシ その②

昨日の寒さが体に堪えたのか、今日は朝から風邪気味でしんどく休養日にした。

 

オオワシの続きその②で、昨日の最後の餌捕りに飛ぶまでの画像です。

飛び出したオオワシ、そのまま琵琶湖に行って餌捕りかと思ったら、強い風が邪魔だったのか上空を旋回し、直ぐに山の斜面に引き返した。14010631


14010632


14010633


14010634


14010635

止まった場所は少し高い斜面の木で距離は遠くなったが、体全体がよく見え飛び出し撮影に絶好と期待した。
14010636

しかし、カラスが直ぐにやってきてオオワシが怒る。
14010637

再び羽を広げて威嚇するも、カラスはしつこかった。
14010638


14010639

オオワシは、とうとう飛び出し体勢に入った。
14010640

飛び出す体勢が十分で無かったとは思うが何と無様な飛び出しや、猛禽なら格好良く飛び出せ!
14010641

この時のカラスは、しつこく付きまといよった。”撮影の邪魔や”14010642

逃げずに捕まえて見せしめに食べれば、カラスも近寄らないと思うのだが・・・
14010643

カラスの動きが速くて捕まえられないのか? 獲物は水に浮かぶ水鳥に水の中の魚、オオタカやハヤブサのように飛ぶ鳥は捕れないのかな。
14010644

しつようにカラスが追いかける。
14010645


14010646

オオワシと同じポーズで飛ぶ
14010647

嫌気が差したオオワシは木の茂みに逃げ込む。
14010648


14010649

しばらくして、琵琶湖に向かって飛んだが、飛び出しは見えなかった。気付いた時は空抜けだった。
14010650

AF追従エリア9点での撮影、空抜けは51点の方が良いように思うが、違いがもう一つ結果に出ない。バックに木の茂みがあるような場合は少ない方が良いように思う。AF-Sは、完璧にレンズを振ってAFポイントを鳥に追従させる腕が無いので使用していない。
14010651


今回は再び飛び出しを狙ったので、楽な三脚使用での撮影でレンズもゴーヨンにした。次回から湖岸で待とうと思うが、飛びものに水際だけなら描写は落ちるが被写体を追いやすい軽いズームレンズの手持ちにしようと思う。待つ間はリュックに置くが必然的に手で持つ時間が長くなるので、長時間の撮影では軽量レンズでも手持ちは首が疲れるのが難点。

|

« 続・撮影6周年記念日のオオワシ その① | トップページ | オオワシ2013-14Ⅹ  漁の撮影は4000mmのレンズが欲しかった »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 続・撮影6周年記念日のオオワシ その① | トップページ | オオワシ2013-14Ⅹ  漁の撮影は4000mmのレンズが欲しかった »