« ミサゴが飛んでくれて・・・・ | トップページ | カワセミに出るつもりだが空模様様子見 »

2014年2月27日 (木)

撮影休み  DXフォーマットの新機種はまだかいな

 今日は雨、撮影休みで休養日
郵便受けを見ると税務署から国税還付金振込通知書が入っていた。予備で購入した電池EN-EL15と相殺。

 ニコンのD4S、AF性能が良くなったようだが、この機能を搭載し連続撮影枚数を30枚ぐらいにしたDXフォーマット機を早く出して欲しい。価格が15~20万円ぐらいなら、昨年の宿泊撮影旅行をすべて止め確保しているので、80-400mmレンズ同様発表後数時間で予約する。もちろん優先性能は、AFでは無く連続撮影枚数。
ニコンのD4S発売発表の中に、”撮影画面内に突然入ってくる被写体を正確に掴むAF初動と、被写体が高速で接近し、フレームいっぱいの構図になっても追従し続ける正確性を高めています。” と有りどの程度のものか分からないが、私の鳥撮影の用途で性能アップすればエエな~と思うのは、カワセミ、コアジサシ、ハヤブサとミサゴのダイビングぐらいだろう。オオワシ、イヌワシ、クマタカ等の大型猛禽は、ターゲットを正確に捉えカメラを追従させることの方が先決である。”フレーム一杯の構図になっても”は近距離かな。遠い距離ではどうなのだろう、そちらが問題なのだが。
多少フォーカスポイントが外れても、動きもの優先でピントを合わせてくれる機能があれば言うことない無いが、出来るわけないやろな~。

カワセミは、捉えたと思っていたのに画像をPC画面で拡大して見ると、ピント抜けでは無くボケ画像というのがよくある。フォーカス優先にしているのでフォーカスしなければシャッターは切れないはず(?)、シャッターボタンを押してから実際に切れるまでの微妙なタイムラグが原因と思っているが、”AF初動”で改善されるのかな。また、カワセミを水際で捉えても手前に飛んでくると、直ぐにピンボケ画像になる。これも改善されているなら撮影成功の歩留まりが上がる。ゴミ箱行き画像が減るとこれも困るが・・・・
      

●カワセミ撮影の現状 D7000に80-400mmでの手持ち撮影

少しトリミングしてからサイズ変更し容量も減らしている。他は無修正

水から飛び出しての1枚目はピントOK
Dsc_7098

2枚目はアンシャープマスクで処理可能範囲だがボケ、3枚目はどうしようもないボケで即削除
Dsc_7099

これがフレームアウトまでピント追従?・・・・動きを追う腕が無かったら所詮無理やろう。

 

●大型猛禽では不要とする根拠

動きが遅いので、シャッターを押しっぱなしにせず追いながらシャッターを何回か押し直せば、こちらに飛んできてもそこそこ撮れる。
趣味で楽しむ写真撮影、プロが撮るような画像を機材頼りで撮れるわけが無い。

何度か押し直しながらそれなりに撮れた例
ノートリ、画像サイズと容量変更以外は無修正。修正無しなののでイヌワシは露出アンダー気味。少しアンダー気味でSSを少しでも速くして撮り、後でソフトで修正することが多い。

・オオワシ  D800Eに80-400mmでの手持ち撮影
木の枝から突然飛び出し、気づくのに遅れ急いでシャッターを押した
Dsc_1246

Dsc_1247

Dsc_1248

Dsc_1249

Dsc_1250

Dsc_1251

Dsc_1252

Dsc_1253

Dsc_1254

Dsc_1255

Dsc_1256

Dsc_1257

この後はフレームアウト

       
    

・イヌワシ  D800Eに500mmf4で三脚使用
Dsc_7985

Dsc_7987_2

Dsc_7988_2

Dsc_7990_2

Dsc_7991

Dsc_7992

Dsc_7994

EN-EL15の新しい電池をD7000で2度使用したが、今のところAFのトラブルは起こっていない。D4Sの電池、EN-EL18aとなり新しくなっている。a無しでも使えるのだろうが、新しいカメラが出ると電池も変えよることが多い。単に新規に予備電池を購入させるためなのかいな。ならば気にいらん。

|

« ミサゴが飛んでくれて・・・・ | トップページ | カワセミに出るつもりだが空模様様子見 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミサゴが飛んでくれて・・・・ | トップページ | カワセミに出るつもりだが空模様様子見 »