« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月

2014年2月28日 (金)

今シーズン(2013-14年)のオオワシ撮影を振り返る

 朝と昼からの2回カワセミ撮影に出た。朝はここしばらくでは最悪、昼からは一度だけマシな水からの飛び出しが撮れたがもうひとつだった。今日の画像は、明日ににして今シーズンのオオワシを振り返る。

撮影機材:D4、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:273枚
移動:歩き  天気:朝は曇り、昼からは晴れ
撮影経費0円

 *********************************

 湖北のオオワシ撮影、秋の終わりから冬の楽しみだが今シーズンも終了した。6年目で狙いを山の紅葉背景の飛びものと漁に重点を置いた。紅葉背景は、山の紅葉そのものがもう一つということもあったが、ピントが背景に取られ上手く撮れず。少しでも近づけば良かったのかもしれないが、近づくと紅葉背景の場面が少なくなるので仕方無し、腕を上げるしかない。漁撮影のため何度か湖岸で待ったが、撮影出来たのは一度だけ、待っていた場所の対岸近くで魚を捕りよったため遠すぎて絵にならず。
今シーズンの撮影で、オオワシが遠いと500mmf4の三脚使用も400mmズーム手持ちもどちらもダメ、近ければどちらもOK、500mmは中途半端な距離で効力有りということが分かり、途中から移動しやすい400mmズーム手持ちを多用した。湖北に行ったのは15回だが、その内8回は400mmズームの手持ち撮影。湖岸で待ったのは、センター前2度、漁港2度、トンネル近くの湖岸が2度だった。

(5時前に野鳥センターの鳥情報を見るとオオワシは北帰したもよう。)

 

●11月20日  D800E、500mf4、三脚使用

初日はまず飛び出し狙いで山本山麓で待ったが、くだらぬ事にほんの一瞬気を取られ飛び出す瞬間は撮れず。飛び出してから気づき飛行は何とか撮れた。
しばらく待っていたが帰ってこずでセンター前に行くと沖の看板付きポールに止まっていた。飛び出して餌を探していたようだが、沖に飛んで見失ったので引き上げた。

0113112001

0213112002

0313112003

 

●11月23日  D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影

オオワシ飛来前はゴーヨン三脚使用と400mmズーム手持ちの2台体制で撮影に行こうと思っていたが、いざ撮影に出るとなると重さが問題、定点撮影しか出来ないことからどちらかに絞ることにした。距離が遠い猛禽相手の手持ち撮影は、ミサゴとハヤブサでは撮れていたので大丈夫と自信を持ってオオワシ相手に初挑戦した。遠いと解像度が悪く目がくっきりと出なかったが、ゴーヨンも大して変わらずで価格ほどの差は無かった。画質は多少悪くなるが、以後機動性重視で手持ち撮影を多用し、山の麓と湖岸の歩きでの行き来がかなり楽になった。

0413112301

0513112302

0613112303

0713112304

 

●11月26日  D800E、500mmf4、三脚使用

紅葉背景と思い朝は麓で飛び出しを撮ったが、なかなか帰ってこなかったのでセンター前の湖岸に行った。センター前の看板付きポールに止まっていたので湖岸で待ち続け期待通り飛んでくれたが、漁(or狩り)はせずの再びポールに止まる。ならば直ぐ上空を飛んでくれないかと期待したが、しばらくしてかなり上空を飛び山に帰ったので引き上げた。

0813112601

0913112602

1013112603

 

●11月28日  D800E、500mmf4、三脚使用

紅葉背景飛びものを狙い麓で待つが、紅葉にピントが取られオオワシ飛びものはピンボケ連発でがっかりだった。山背景では後ろが近いとほとんど後ろにピントが持って行かれる。腕を磨いてMFとも思うが、普段AFで撮影しているとMF撮影は失敗した時のことを考えると踏ん切りがつかない。AFなら10枚連写すれば2枚ぐらいは合うが、綺麗に写って欲しい場面で合わないことが多い。

1113112801

1213112802

1213112803

1313112804

1413112805

1513112806

 

●11月29日  D4、500mmf4(+1.4倍テレコン)、三脚使用

紅葉背景狙い、”D4ならどうだ”とD4を持って行ったが、トリミングがそれほど出来ない。この日のオオワシは遠く、D800Eより結果は悪かった。
駐車場から麓に向かって歩いている時にセンター方向へ飛んでいったので、しばらく立ち止まって帰って来るのを待っていた。飛んで来なかったのでセンター前の湖岸に行き沖を飛ぶところを撮影したが、 山に戻ったので急いで麓へ歩き、飛び出しに紅葉背景飛びものを撮影した。

1613112901

1713112902

1813112903

1713112904

1913112904

2013112905

 

●11月30日  D800E、500mmf4、三脚使用

紅葉背景の最後と思い行ったが、4時半頃の塒入りまでまで飛ばず。塒入りは山の前での旋回無しの一直線、くたびれて引き上げた。

2113113001

2213113002

2313113003

2413113004

 

●12月5日  D800E、80-400mmf4.5-5.6+1.4倍テレコン、手持ち撮影

朝、センター前で待つも飛んで来ず。北に飛んで餌を捕ったとのことで、麓に行き止り物を数枚撮影、もう一度飛ぶかと思い昼から漁港で待ったが飛ばずでトボトボ引き上げた。
今期最悪の撮影日だった。

ノートリ画像
2513120501

 

●12月9日  D800E、80-400mmf4.5-5.6(+1.4倍テレコン)、手持ち撮影

朝の9時過ぎから2時間少々漁港で待った。2時間ほどして北の山近くを山本山に向かって飛んでいるのが見えたが、行きを完全に見逃していた。仕方なく麓に行くと小さな魚を食べていた。証拠写真を撮影して帰ろうかと思ったが、食べる時間が早くもう一度飛ぶのを期待し待っていると30分ほどで飛んでくれた。再び魚を掴んで戻ってきたが、今度は獲物が大きくかなり低い場所を戻ってきたので十分撮影出来た。最初は1.4倍テレコンを入れていたが、止まった場所が低く近かったのでテレコンを外して撮影した。近い頭上を飛んでくれたこともあり、400mmズーム手持ちで正解だった。真上の一番近い距離を飛んだ時は、でファインダーから羽がはみ出した。

2613120901

2713120902

飛びものでは今期一番ピントがあった1枚。この前後の画像は申し分なかった。2813120903

2913120904

 

●1月4日  D800E、500mmf4、三脚使用

この日は麓で飛び出しと餌を掴んで帰ってくるところを狙った。相変わらず飛び出しはピント・バッチリ が無しだったが、びっくりするような低い場所に止まり、動きの良い時間帯も有り連写しまくりで今期では一番良かった。

3014010401

3014010402

3114010403

3214010404 3314010405

3414010406

3514010407

 

●1月7日 D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影

漁港で再び漁を狙った。漁の瞬間を撮ることが出来たが、あまりにも遠すぎ証拠写真にとどまる。500mmf4にテレコンをつけても、まともに撮れる距離ではなかった。
途中で魚を落としたので再び飛ぶと思い、飛び出し狙いに変えて麓に行った。再び飛び出し琵琶湖へ飛んだので様子を見ていたが、何も掴まず直ぐに戻ってきた。飛び出しは見逃したが、飛行と戻ってきて止まるところは撮れたので良しとして引き上げた。

3614010701

3714010702

3814010703

 

●1月24日  D800E、80-400mmf4、手持ち撮影

朝に麓で飛び出しを撮ったが、獲物無しで戻ってきたので再び飛ぶと思い2時間少々湖岸で待つ。飛んでこずで再び麓に戻ると、20分ほどで待っていた湖岸方向に飛ぶも獲物無しで直ぐに戻ってきた。その後もしばらく待ったが飛ばず。 

PCダウン時に画像消失

 

●1月29日  D800E、80-400mmf4、手持ち撮影

朝から湖岸で待つ。10時頃に琵琶湖上の遠くに飛ぶ姿が見えたので麓に行った。30分ほどで戻ってきたが、獲物を持っていなかったので再び湖岸へ。後で知ったが獲物を捕り琵琶湖のどこかに止まって食べたとのことで、無駄な時間待ち続けていた。麓で飛びものだけは撮影できたがガッカリ。

PCダウンで画像消失

 

●2月19日  D800E、80-400mmf4、手持ち撮影

朝、駐車場から山の麓に向かって歩いている時に、オオワシが頭上低い場所を後ろから通り過ぎ塒付近に消えた。麓で待つもなかなか現れず、漁港へ行きミコアイサなどを撮影し時間を潰す。昼頃に再び麓に行ったが、2時頃登場で4時まで待ったものの飛ばずで諦めて帰った。

3914021901

3914021902_2

 

●2月20日  D800E、80-400mmf4、手持ち撮影

前日のリベンジを果たすべく連荘で行った。午前中は動きがもうひとつだったが、風が強く餌が捕れなかったため昼からは何度も飛んだ。昼から近くで撮るため場所を移動し、手持ちながら撮りまくり満足の撮影日となった。

4014022001

4114022002

4214022003

4314022004

 

●2月24日  D4、500mmf4(+1.4倍テレコン)、三脚使用

今シーズンラストは、快晴で絶好のオオワシ撮影日和だった。昼前と1時過ぎに飛び、2度目は魚を持って帰ってきたので、魚を掴んでの飛びものが撮れた。ただ、距離が遠くもう一つの画像が大半だったが、ソフト修正でOKの画像もあり満足してシーズンを終了させた。

いずれもノートリ画像
4414022401

4514022402

 

最後に今シーズンの良かった画像を2枚、共に手持ち撮影

湖北での距離の遠いオオワシ撮影、何千枚の画像の中の2枚。
もっと綺麗に撮るなら北海道に行くしかない。昨年、冬に北海道に行こうと撮影仲間と話していたが、いざ冬になると氷点下の世界に恐れをなした。
距離の遠い猛禽撮影は、カワセミとは違う難しさがある。来年は、他の猛禽でもっと腕を磨いて挑戦する。トビ相手に練習するのが一番手っ取り早いかな。

52

51140220

 

今シーズンの写真アルバム

 (   )内ををクリックすればニコンオンラインギャラリーに投稿したアルバムが見れます。

  ①オオワシ2013-14  (・オオワシ2013-14

  ②紅葉とオオワシ      (・紅葉とオオワシ

  ③オオワシ2013-14Ⅱ(・オオワシ2013-14Ⅱ

  ④オオワシ2013-14Ⅲ(・オオワシ2013-14Ⅲ

  ⑤オオワシ2013-14Ⅳ(・オオワシ2013-14Ⅳ

| | コメント (0)

カワセミに出るつもりだが空模様様子見

 今日の朝は天気がもうひとつで薄暗い。青空も見えているので明るくなれば家を出る。

最近、カワセミは小さな虫を捕ることが多く絵にならない画像が多い。ならば餌付けで??・・・カワセミの餌付けなど出来るかいと思っている。せいぜい、頭に浮かぶのはダンゴか何か川に投げ込んで魚を集めることぐらい。しかし、これまでの経験から魚の集まる場所に飛び込むとは限らないのが不思議。季節によっては魚が湧き出たようにうじゃうじゃ集まる場所があり、その直ぐ上の土手にカワセミが止まる。当然、その場所に飛び込むと狙っていると、別の場所に飛び込んだり、何もせずに飛び去ることが多い。もちろん何度も飛び込むこともあるが、連発場所は限られている。数年前、カワセミの餌付けの話を聞き、出来るのかネットで調べたことがあり、昨年は他の鳥狙いで行った場所でカワセミの餌付けをしている人から話を聞いたが、いろいろやっているようだ。餌付けをやっているより、カワセミの動きに合わせて移動し撮影する方が確実、たまたまはあるだろうが、本当に餌付けなど出来るのだろうか。やっているのは、撮影+αの遊びが好きな人かも知れない。
(カワセミの魚捕獲不調の折、餌付け自体の議論は別にして、餌付けが出来るのかを疑問に思い記載しています。)

虫を咥えるカワセミ
虫は川底に居るが ”その内また嘴の先が欠けるで~”。毎年石ころの多い川では何度か見かけ、上の♂は1ヶ月ほど前は欠けていたが、これまた止まりもののアップが絵にならない。川岸の浅いところには飛び込まず、真ん中の深い場所に飛び込め。

14022801

14022802

14022803

14022804

| | コメント (0)

2014年2月27日 (木)

撮影休み  DXフォーマットの新機種はまだかいな

 今日は雨、撮影休みで休養日
郵便受けを見ると税務署から国税還付金振込通知書が入っていた。予備で購入した電池EN-EL15と相殺。

 ニコンのD4S、AF性能が良くなったようだが、この機能を搭載し連続撮影枚数を30枚ぐらいにしたDXフォーマット機を早く出して欲しい。価格が15~20万円ぐらいなら、昨年の宿泊撮影旅行をすべて止め確保しているので、80-400mmレンズ同様発表後数時間で予約する。もちろん優先性能は、AFでは無く連続撮影枚数。
ニコンのD4S発売発表の中に、”撮影画面内に突然入ってくる被写体を正確に掴むAF初動と、被写体が高速で接近し、フレームいっぱいの構図になっても追従し続ける正確性を高めています。” と有りどの程度のものか分からないが、私の鳥撮影の用途で性能アップすればエエな~と思うのは、カワセミ、コアジサシ、ハヤブサとミサゴのダイビングぐらいだろう。オオワシ、イヌワシ、クマタカ等の大型猛禽は、ターゲットを正確に捉えカメラを追従させることの方が先決である。”フレーム一杯の構図になっても”は近距離かな。遠い距離ではどうなのだろう、そちらが問題なのだが。
多少フォーカスポイントが外れても、動きもの優先でピントを合わせてくれる機能があれば言うことない無いが、出来るわけないやろな~。

カワセミは、捉えたと思っていたのに画像をPC画面で拡大して見ると、ピント抜けでは無くボケ画像というのがよくある。フォーカス優先にしているのでフォーカスしなければシャッターは切れないはず(?)、シャッターボタンを押してから実際に切れるまでの微妙なタイムラグが原因と思っているが、”AF初動”で改善されるのかな。また、カワセミを水際で捉えても手前に飛んでくると、直ぐにピンボケ画像になる。これも改善されているなら撮影成功の歩留まりが上がる。ゴミ箱行き画像が減るとこれも困るが・・・・
      

●カワセミ撮影の現状 D7000に80-400mmでの手持ち撮影

少しトリミングしてからサイズ変更し容量も減らしている。他は無修正

水から飛び出しての1枚目はピントOK
Dsc_7098

2枚目はアンシャープマスクで処理可能範囲だがボケ、3枚目はどうしようもないボケで即削除
Dsc_7099

これがフレームアウトまでピント追従?・・・・動きを追う腕が無かったら所詮無理やろう。

 

●大型猛禽では不要とする根拠

動きが遅いので、シャッターを押しっぱなしにせず追いながらシャッターを何回か押し直せば、こちらに飛んできてもそこそこ撮れる。
趣味で楽しむ写真撮影、プロが撮るような画像を機材頼りで撮れるわけが無い。

何度か押し直しながらそれなりに撮れた例
ノートリ、画像サイズと容量変更以外は無修正。修正無しなののでイヌワシは露出アンダー気味。少しアンダー気味でSSを少しでも速くして撮り、後でソフトで修正することが多い。

・オオワシ  D800Eに80-400mmでの手持ち撮影
木の枝から突然飛び出し、気づくのに遅れ急いでシャッターを押した
Dsc_1246

Dsc_1247

Dsc_1248

Dsc_1249

Dsc_1250

Dsc_1251

Dsc_1252

Dsc_1253

Dsc_1254

Dsc_1255

Dsc_1256

Dsc_1257

この後はフレームアウト

       
    

・イヌワシ  D800Eに500mmf4で三脚使用
Dsc_7985

Dsc_7987_2

Dsc_7988_2

Dsc_7990_2

Dsc_7991

Dsc_7992

Dsc_7994

EN-EL15の新しい電池をD7000で2度使用したが、今のところAFのトラブルは起こっていない。D4Sの電池、EN-EL18aとなり新しくなっている。a無しでも使えるのだろうが、新しいカメラが出ると電池も変えよることが多い。単に新規に予備電池を購入させるためなのかいな。ならば気にいらん。

| | コメント (0)

2014年2月26日 (水)

ミサゴが飛んでくれて・・・・

 昨日、飛ぶ虫を口を開けて追う鳥の画像が偶然撮れていた。今日はカワセミを止め、そやつの青空バック飛びもの狙いでD4に400mmズームで行ったが、まともに撮れる機会が無くガッカリ、昼から空模様が悪くなったので引き上げた。代わりにミサゴが飛んでくれ良かった・・・・エエことあるかい、カワセミ狙いの方が良かった。
そやつの画像は、昨日の撮影分も含め後日ブログネタ切れ時に掲載する。

ミサゴ 高くて逆光気味、おまけにPM2.5の影響かパッとせず
14022601

14022602

14022603

カワセミ 一応撮ることは撮った。
14022604

14022605

14022606

14022607

14022608

 

おまけで先日撮影したイソヒヨ♀のノートリ画像、出会いがしら偶然の撮影14022609

 

撮影機材:D4、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:357枚
移動:歩き  天気:晴れ後曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

晴れだが空がモヤっとしていて様子見

 朝から晴れで撮影に出るつもりだが、空が中国のPM2.5の影響でどんよりしている。カワセミ撮影には影響無いが少し様子見。

昨日、D4Sが発表された。買い換える気は無いので(今は次から次えと買い換えられない)詳しくは見ていないが、目に付いたのはISOが25600常用ぐらい。AF性能が改善されたようだが、鳥飛びもの追従能力不足を完全にカバーしてくれるとは思えない。ISO25600常用は暗い場所での撮影で魅力だが、普段はISO1600まででの撮影、それ以上での使用は年に2度程度の暗い森でのアカショウビン撮影ぐらい。鳥追従の腕を上げるのが先決、定年退職前にD3からD4に買い換えたが、撮れている画像は良くなったかな~? 
CaptureNX-Dのベータ版が公開された。昨日の夜に早速ダウンロードして使ってみたが、トリミングがもうひとつ分からず使いづらい。画像修正は違和感無く使用出来たが、じっくりと使ってみる。無料とか、もっと前に出してくれんかい、CaptureNX2がもったいないではないかえ。

画像は先日撮影したタゲリです

Dsc_4839

Dsc_4870

Dsc_5028

Dsc_5040

Dsc_5046

| | コメント (0)

2014年2月25日 (火)

カワセミ  小さな虫ばっかり捕りよって・・・・

 今日もカワセミは、しょぼい飛び込み連発で小さな虫ばっかり捕りよったので、他にカワセミは居ないかと、ただひたすら歩いて1時間少々かかる場所(カワセミを撮ったことは無いが居ると聞いている)まで、ブラブラと行ったがカワセミの姿見ず。更に歩く気はせず休憩がてら時間を潰して引き上げた。

上の♂
14022501

動きは良かったが、小さな虫ばかりでは絵にならず。
14022502

14022503

14022504

14022505

14022506

14022507

14022508

14022509

 

色の薄い♀
14022510

これも動きは良かったが捕るのは虫ばかり、おまけに川岸の枯れ草から直ぐ下に飛び込むので草を被ることが多かった。
14022511

14022512

14022513

 

今の撮影下流域の♂、こやつは動きが悪い。
14022514

 

更に下の♂、何もせず直ぐに上流に飛んで行きよった。
14022515

 

引き上げる途中に居た♂
14022516

 

上流域に上の♂が居たが嘴の周りが魚の鱗で汚れていた。ウロウロせずに狙いを絞って待った方が良かったかな?
14022517

撮影している時に魚を捕ってくれと、やれやれで引き上げた。
14022518

 

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:548枚
移動:歩き   天気:曇り時々薄日
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年2月24日 (月)

オオワシ2013-14ⅩⅤ  シーズンのラスト撮影はD4にゴーヨンで

 オオワシの今シーズンラスト撮影に行ってきた。機材はD4に500mmf4、所有機材の中では最高品だがラストを飾ろうと思ったわけではない。D800Eを先日オーバーホールに出したため、D4とD7000しかなかった。予備でD7000に80-400mmを装着し持って行ったが、立ち・・・で機材をセットした場所から離れる時に飛ばれると困るからである。今日は北帰も考え6時40分頃の出発で、経費節約のため高速に乗らず湖西周りで9時過ぎに臨時駐車場に着いた。
11時50分頃に飛び獲物を持たずに30分ぐらいで帰ってきた。再び飛ぶと思い待っていると、1時15分頃に飛び直ぐに魚を掴んで帰ってきたので、ラストに魚を掴んでの飛びものが撮れ、1時30分頃に今シーズンのオオワシ撮影を終了させた。ただ、撮影はブレ画像連発でボロボロ、先日のD800Eに80-400mmでの手持ちの方がマシだったのが残念、VRをOFFにしたからかもしれない。三脚使用とは云え、ウィンバリーのヘッドをフリーにしての撮影、VRをNORMALでONの方が良かったかも知れない。何枚かはソフト補正で見れたので、まずは”めでたし、めでたし”の今シーズンラストだった。

朝は高い場所に止まっていたので1.4倍テレコンを使用した。
エンジェルポーズ
14022401_2

糞噴射、朝jは退屈だった。
14022402

飛び出し
一瞬よそ見した瞬間だったが、動きに気づいて慌ててシャッターを押す。
14022403

14022404

枝被り、帰ってPCで拡大して見るまで気づかなかった。
14022405

14022406

14022407

D4は秒コマ数が多いためかなり省略、オオワシ撮影は秒5コマあれば良い。
14022408

14022410

14022411

なかなか帰ってこずで琵琶湖の沖に止まっているのかと思った。手持ちなら湖岸へ行っただろう。
14022412

14022413

14022414

少し低い松の木に入った。
14022415

 

次の飛び出しは、近くの女性の”飛んだ”という声で気づきカメラを向けたが少し遅かった。今日は平日というのに人が多く、誰かが気づいてくれるだろうと油断していた。
テレコンを外す
14022416

北に飛んだので戻りも北からだろうと思い、山沿いの道路に移動した。
14022417

14022418

14022419

漁港方面上空を旋回していたので元の場所に戻るかどうか迷う。
ノートリ画像
14022420

迷っている間にセンター方向から帰ってきたので諸逆光14022421_2

山の前で旋回してくれたので、まともに撮れるようになる。獲物はバスかコイか?
14022422

14022423

14022424

14022425

14022426

14022427

14022428

旋回後塒方向に消えたので駐車場へ、振り返るとオオワシの姿が肉眼でも見えたが、今シーズンは十分満足したので名残を惜しまずさっさ引き上げる。

”さらばオオワシ、11月にはまた来ておくれ”・・・・来シーズンこそ漁の瞬間をまともに撮る・・・・撮りたい。大浦の方が可能性が高いと聞くが、山本山に来てくれる間は山本山のオオワシに拘る。

撮影機材:D4、500mmf4(+1.4倍テレコン)、三脚使用  455枚
       D7000、80-400mmf4.5+5.6、手持ち撮影   78枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円(ガソリン代のみで日常経費)

| | コメント (0)

2014年2月23日 (日)

カワセミ  良かったのか悪かったのか・・・

 今日のカワセミの餌捕りは、小さい虫が大半だった。そのため飛び込みが多くシャッターチャンスは多かったが、絵になる大物咥えての飛び出しは撮れず。撮影を楽しむと云う面ではシャッターチャンスの多い方が良いが、後の楽しみは大物一発の方が良い。どちらが良いのやら・・・・

まずは挨拶代わりの飛び込み14022301

獲物無し
14022302

大きなペリットを吐いて、さあ行くかなと思ったが14022303

土手から飛び出し川面に一直線14022304

と思ったら途中でホバ、上からの撮影となり水面バックで良かった。14022305

14022306

14022307

頻繁に移動し何度も飛び込んだが、追うのにかなり疲れた。14022308

何か知らないが咥えている。14022310

こんなんも咥えて水から出てきた。14022311

14022312

今日は深く潜ることが多かったので、カメラを向けるのが遅れても何とか撮ることが出来た。
14022313

14022314

14022315

14022316

14022317

立っていた場所の直ぐ前に飛び込み、こちらに向かって飛び出しよった。14022318

横への飛び出し、これで魚を咥えていたら言う事ないのだが14022319

14022320

枯れ木に止まる寸前、立っていた場所が悪く、もう少し横からが良かった。14022321

川岸の枯れ草から枯れ草へ頻繁に移動、魚が見えないのか少なくなっているのか?14022322

12時過ぎに帰ったが唯一の魚咥えもの、逆光気味が残念14022323

14022324

まあ、良かったかな・・・としよう14022325

明日の湖北の天気予報は晴れ、5時過ぎに野鳥センターの鳥情報を見るとオオワシは北帰していないもよう。明日、ラストで湖北へ行くかな? 昨年の北帰は、2/28だが9:42に飛び撮影したがあっけなかった。もし明日、北帰の日に当たれば朝から行ってもワンチャンス有るか無いかで費用がもったいない。北北西の風で風速3m/s、どうやろう・・・・
朝に決めるが行くとしたらD4にゴーヨン、D800Eのオーバーホールは少し早すぎた。

ガソリンが残り少なくなっていたので、夕方給油には行った。
       
    

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影   撮影枚数:376枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年2月22日 (土)

カワセミ  ドデカサイズ一発

 9時頃の出発でカワセミへ、川に着いて少し歩いた所で休憩中の♂を見たが、動きそうに無かったので数枚撮影して更に下へ歩く。中域のポイントで別のカワセミを待っていると、しばらくして休憩が終わったのか上の♂が飛んで来た。いつもの縄張り見回りかと思っていたら、2度ほど飛び込み上に戻ったので追いかけた。休憩していた辺りでの2度目の飛び込みでドデカサイズを捕りよった。

飛び込むのが見えてからカメラを向けたが、かなり潜ったので何とか間に合う。14022201

ファインダーを覗いていて”デカ~”で驚く。ファインダーで見て瞬時に分かるデカさ、昨日の魚より大きかったであろう。
14022202

大きい魚を捕った時は動きが遅くなるので、カメラで追うのは容易。14022203

14022204

14022205

14022206

14022207

14022208

近くの石の上に止まったが、魚がピンピン動く。
14022209

落とせと思ったら本当に落としよったが、カメラは向けていなかった。手持ち撮影のつらいところ。
14022210

”捕りに行け~”と思ったら本当に行きよったが、腕がだるかったのでこれまたカメラを下ろした瞬間、飛び込むところは撮れず。
14022211

少し下に飛ぶ
14022212

中州の石に止まり、魚を石に叩きつけ飲み込み易くし始める。
14022213

14022214

なかなか飲み込めなかったので、”放棄してもう一度餌捕りをせい”と思ったが、カワセミは諦めず。
14022215

何度か場所を変え最後は休憩場所に入って飲み込んだが、捕ってから20分ぐらい経過していた。
14022216

1時間以上動かないだろうと下へ行く。
♀も下の♂も姿を見ずで支流に行ったが、少し先で飛び込んで小さな魚を捕る姿が見えたが間に合わず。下の♂、もう一度土手に飛び上がり餌捕り体勢、飛び込みそうに思ったが何もせず本流に飛んでいったので追いかけた。しかし、見つけることは出来ず本流で待つことに。

しばらくして姿発見、ホバしよったが間に合わず。小さな虫を捕り珍しく落とす。
14022217

少し大きな魚も捕ったが、飛び込み場所の予測が外れ水際は撮れず。14022218

♀が登場して追いかけ合い、再び近くに現れたのは♀で入れ替わった。

♀は何度も飛び込んだが、直ぐ前の岸近くばっかりで草が被ることが多く、獲物も虫ばかりで絵にならず。
14022219

しかし、飛び込み連発で動きのあるところは撮れた。
14022220

14022221

14022222

14022223

14022224

14022225

14022226

12時過ぎに対岸に移動し動きが止まったので、引き上げることにして上に向かう。♂が動き出し飛び込まずに転々と移動したので着いて行ったが、♀が下流から飛んできて追いかけ合いとなり、見失ったので帰宅した。

久しぶりにデカサイズを咥えた水際が撮れ今日は良かった。

 

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:621枚
移動:歩き   天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年2月21日 (金)

続・オオワシ2013-14ⅩⅣと今日のカワセミ

●昨日のオオワシ画像の続編

現地到着(10時前)後、11時過ぎまで松の木に隠れほとんど見えずで退屈したが、以後は良かった。撮影画像は、400mmズームも奮闘したと思うが500mmf4に比べれば解像面では落ちる。500mmより1kgほど軽い300mmf2.8と1.4倍テレコンでも良かったかも知れない。

山背景の撮影
麓沿いの道路横から撮ったのでボケはかなり出たが、完全ピント抜けは何時もより少なかった。ボケは風に押されのVRの効き以上に手ぶれしたためと思う。

14022101

14022102

14022103

14022104

14022105

14022110

14022111

14022112

14022113

14022114

14022115

14022116

14022117

14022118

14022119

 

トビとの空中戦もどき
トビがしつこく後を追ったのでオオワシが怒った14022120

急接近、秒コマ数の多いD4ならもう少し接近した場面が撮れていたかも知れない。14022121

トビは小回りが利き逃げるのが上手い。14022122

しつこく追いかけるトビを頭上に見つけ14022123

オオワシが急上昇
14022124

背後に回り・・・・完全なボケ画像
14022125

キックか足の爪で引っかきか? 頭上からいかんと後ろからでは無理や!・・・・ボケ画像
14022126

 

   
   

●今日のカワセミ

 朝から写真の整理、途中で予約していたバッテリーEN-EL15が入荷したとの連絡があったので取りに行った。EN-EL15は予備を2個持っていたが(V1の撮れる枚数が少ないため)、一番新しい物は1年少々で充電出来なくなり、今回劣化度4ながら使用し続けていた電池の使用を止めるための追加購入、時々生じるAF不具合の原因が電池の劣化と思ったためである。ついでにD800Eをオーバーホールに出した。使用上は問題ないが、以前からファインダースクリーンが汚れておりブロワーでも取れず気になっていた。ファインダー周りの清掃だけでも良かったのだが、購入後2年近く立ち一番使用しているのでオーバーホールにした。忌まわしい購入後直ぐに塗装が剥げた底板とグリップラバーの交換も頼んだ。ラバーは接着が取れ浮いてきており表面が少し粘つく。他のカメラも気象条件によって多少粘つくが、D800Eほどでは無い。このカメラ、写りは良いが筐体の巡り会わせが悪かったようである。2~3週間はかかるとのことで、もし猛禽相手でゴーヨンを持ち出すことがあればD4を使用する。
昼頃に写真の整理が終わり、ちょいとカワセミ探索に出たが、カワセミの姿を見ると本気モードになり2時間ほど撮影した。

まず上流で見たのは、デカサイズの魚を食べるのに苦労する♂
140221101

かなり魚を意思に叩き付けたようで石の上に鱗が散乱、”諦めろ”と思ったが根性で飲み込み始め
140221102

140221103

とうとう飲みよった。140221104

2時間は動かないだろうと下流に向かうが、カワセミに出会わず下流ポイントに到着。少し遊んでくれたがいつものパターン

♀が橋脚から飛び込む140221105

護岸コンクリの肩から飛び込んだが、よりによって撮影しづらい場所

140221106

正面に飛び込めば良いものを、わざわざかなり横に飛び込みよった。140221107

餌を捕ったので休憩かと思い上流に戻り帰ることにした。

最上流で♀が居た。下流に移動したので追いかけたが少し遊んでくれた。 140221108

そこそこの水際が撮れた140221109

140221110

魚無しが残念
140221111

一気に下流に飛んでいったが、途中で♂登場して追いかけ2羽ともどこかに飛び去ったので川を離れた。
劣化度0の電池を使用したが、376枚の撮影でAFトラブル無し。

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:376枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年2月20日 (木)

オオワシ2013-14ⅩⅣ  撮りまくって1,172枚

 昨日のリベンジで今日もオオワシに行った。昨日より少しマシだったものの風が強く寒さを我慢しての撮影だったが、風の影響で琵琶湖が少し荒れていたのか獲物が捕れず何度も飛び出しよった。期待の獲物掴んでは無かったが、飛びものを撮りまくり飛び出しも2度撮れて昨日の鬱憤を十分に晴らせた。今日も画像が悪いのは承知の400mmズームでの手持ち撮影、距離が400mmでは遠くおまけに風に押されて体が揺れブレまくり。そのためいつもより多くシャッターを押したのだが、中にはそこそこの画像もあり正解だった。

今日は飛びもので一番近かった画像を数枚、残りは明日画像を整理してから掲載、いずれの画像もトリミングで3.7倍(フルサイズから4.44倍)拡大しています。

14022001

14022002

14022003

14022004

14022005

14022006

オオワシは来週辺りには北帰、もう一度500mmf4で撮影に行くかな?
漁の綺麗な画像撮影は来期にまわし、今期は一応満足はしているが ・・・・

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:1,172枚
移動:車、歩き  天気:晴れ
撮影経費:2800円(高速料金  ガソリン代は日常経費内)

| | コメント (0)

2014年2月19日 (水)

オオワシ2013-14ⅩⅢ  綺麗なミコアイサが撮れて良かった???

 山本山オオワシの北帰間近、昨年は立ち会ったがあっけなかった。北帰前にもう一度撮りまくりと思って湖北へ行ったが、そうは問屋が卸さずでしょんぼり引き上げた。

9時過ぎに湖北に到着、臨時駐車場に車を止め麓に向かったが、歩き始めて直ぐに低空を左斜め後ろから頭上を通り過ぎる鳥が目に入った。トビと思い気にもかけず山からオオワシが向かってこないかと前を注意深く見ながら歩いていたが、通り過ぎた鳥の尾に白いものが見え”オオワシかえ!”で慌ててカメラを向けたが、時既に遅しで距離は遠くなっていた。今日は手持ちでカメラを肩からぶら下げていたが、かなり低空を飛んでいたので振り返って通り過ぎる前に撮影していたら、目ん玉バッチリの良い画像が撮れていただろう。
塒付近に消えたが再び飛ぶのを期待して10時半まで待ったものの出てこず。昼過ぎまでは飛ばないだろうと思い、センター前から漁港に向かった。途中の田んぼでタゲリ、センター前でコハクチョウ、漁港ではミコアイサを撮影し、12時前に麓に戻りオオワシの登場を待つ。2時まで待ったが出てこず諦めて帰ろうと駐車場に向かったが、途中で振り返るとオオワシが高い場所に止まり、飛び出しそうな体勢で北を向いているではないかえ。”飛ぶな!”と念じながら麓に戻ったが、念力が通じたのか4時まで飛ばず、やれやれで諦めて帰宅した。

オオワシ、通り過ぎる前に気づいていれば・・・・・14021901

臨時駐車場から50mほど歩いた所からの撮影、連写したが走って少しでも近づいてから撮った方が良かったかな?14021902_2

14021903

塒辺り(よく知らない)のオオワシ、今日は風が強く避難していたもよう14021904

2時過ぎに出てきて北をじっと見つめる。やる気満々と思ったのだが14021905

北を向いていたので飛び出し狙いで場所を変えたが、結局再び塒に入るまで飛ばなかった。
14021906

顔の白いチュウヒが飛んだ
14021907

ノスリも飛んだ
14021908

ハイタカ、駐車場に戻る途中で前を横切った。14021909

トビは頻繁に飛んでいた。この距離でオオワシが飛んでくれれば言うこと無し。14021910

センター前のコハクチョウ14021911

田んぼのケリ
14021912

タゲリ、かなり敏感なのか近くで撮れず14021913

ミコアイサが飛びよったが、綺麗に撮れて良かった良かった?14021914

北帰まで後僅か、明日連荘でラストと行くかな・・・?

尚、今日は劣化度0の電池を使用したがAFトラブルは全く無し。

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:673枚
移動:車、歩き  天気:晴れ
撮影経費:2,800円(ガソリン代は日常経費内)

| | コメント (0)

2014年2月18日 (火)

撮影休み

 カワセミに行く予定だったが、3時に目がさめ1時間ほどスキージャンプ団体を見たためその後眠れず、しんどくて撮影休みにした。10時前に車のガソリンを入れに出て、しばらく走り昼頃に帰ってきた。その後は家に居て休養日とした。

明日は朝から湖北に行くか~、そのための給油だったが・・・行くなら手持ち撮影かな

この1週間で撮影したカワセミの水際、いづれも初掲載

14021801

14021802

14021803

14021804

14021806

14021807

14021808

14021809

14021810

14021811

| | コメント (0)

2014年2月17日 (月)

一日乗車券を買って

 朝から確定申告を提出してきた。収入は申告不要の範囲だが、国税庁のHPから申告書用紙をダウンロードし数値を入れると、タバコ10箱分ぐらいの還付ありの結果となり、申告しないと戻ってこないと聞くので提出した。東山税務署まで地下鉄と京阪で行くが、料金がもったいないので地下鉄は一日乗車券にして、提出後に地下鉄利用で撮影に出ることにした。10時半に一旦戻り何処に行くか考えたが、やはり鳥撮影ということでD7000に400mmズームを持って3箇所を巡った。特にこれといった鳥には出会えず、大した成果は無し。

まずはバン、離れた場所に居たが直ぐに逃げた
14021701

久しぶりのシジュウガラ
14021702

ジョウビタキ♀、今期まともな撮影は初かも知れない
14021703

ジョウビタキ♂、色が濃い固体だった
14021704

ツグミ
14021705

カイツブリ
14021706

カワセミ、本拠地以外での撮影
14021707

本拠地のカワセミ
14021708

14021709

14021710

14021711

14021712

14021713

最後にモズ♂を撮影して引き上げた
14021714

今日は劣化度0の電池を使用したが、昨日のようにフォーカスしないという現象は生じなかった。まさかと思うが先日D800Eに328+1.4倍テレコンでオオタカを撮影した時、何度かフォーカスしないという現象も劣化した電池を使用していたからかな? 旧400mmズームでは度々生じていたが、この時はカメラとレンズを少し動かすと復旧したが、昨日は一度電源OFFにしないと復旧しなかった。もう少し様子を見るが、劣化度4の電池はV1では劣化で使用できないとの表示が出るので、キタムラで1個取り寄せを頼んだ。還付金とポイントで何とか0になる。

 

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数325枚
移動:地下鉄、歩き  天気:晴れ後曇り
撮影経費:600円

| | コメント (0)

2014年2月16日 (日)

カワセミ  今日も本拠地の上流から下流まで歩く

 真夜中に一度起き2時間ほどオリンピックのスキージャンプ・ラージヒルを見て再び眠りについたが、6時過ぎには目が覚める。もう一眠りと思ったが、眠れずで起きた。明るくなって外を見ると曇り空で道も雨で濡れていたが、天気予報を信じ8時過ぎに家を出る。カワセミ撮影本拠地の上流から下流まで歩いたが、寝不足でしんどく11時過ぎには帰宅した。
天気が良かったらD800Eに328テレコン無しで下流へ直行と考えていたが、朝の空模様がもうひとつだったので、今日もD7000と80-400mmの手持ち撮影。

カワセミは上流には居らず、中流域で♂が出迎えてくれた。
14021601

しばらく動かないかと思っていたら、直ぐに橋脚に上り餌捕り一発
14021602

14021603

14021604

14021605

14021606

獲物無し
14021607

直ぐに橋脚に上り、二発目で小さな虫を捕りよった。14021608

14021609

こちらの岸に止まり水浴び後羽繕い、到着する前に餌を捕っていたのかと思ったが少し様子見。
14021610

再度、橋脚に上り三発目
14021611

14021612

今度も小さな虫のようなものを咥えていた。
14021613

少し移動して飛び込んでから、いつも通り徐々に下流へ移動
14021614

14021615

14021616

川横の溜まりでも餌捕り。これまた虫のようなものを捕ったが、魚が見えないのか、この場所にあまり居ないのか?
14021617

その後蕎麦屋横まで徐々に移動、途中で休憩中の♀を見たが無視して♂を追った。
14021618

対岸の止まり木に行ったので、こちらも移動し餌捕りを期待した。期待通り直ぐに飛び出しロングホバ、しかし飛び込まずに上流へ帰ったので諦めて下流へ向かう。
14021619

直ぐに別の♂を見つけたが、2度ほどホバをしたものの飛び込まず。何処かへ飛び去ったので再び下流へ歩く。
14021620

下流ではホバばっかりで飛び込みは少なかったよう。到着してからのカワセミの動きは悪かった。しばらく居たが♀が離れた場所で大きな魚を捕り、♂も大した魚を捕っていないのに休憩場所に隠れたところで引き上げた。

下流では、水から飛び出した後水面近くでホバをする、たまにしか見れないシーンが撮れた。
14021622

14021623

14021624

14021625

今日は時々フォーカス動作しなかったことがあり、少し気になる。カメラとレンズの接触部分の不具合と思っているが、今日の電池は劣化度4の物を使用したので、もしかしたらこれが原因・・・・昨日は劣化度0(2/17訂正)の電池だったが一度も起こらなかった。

久しぶりにイソヒヨ♂を撮影した。♀は最近行けば必ず見ている。
14021627

 

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影   撮影枚数:381枚
移動:歩き  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年2月15日 (土)

カワセミ  ホバ祭りⅡ D7000では連続撮影コマ数が足らなかった

 今日は天気が悪く撮影休みと思っていたが、外を見ると雨はパラついている程度だったので撮影に出た。雨が降り出せば直ぐに帰れるようにと、D7000に80-400mmの手持ち、三段の折りたたみ傘をポケットに入れ8時過ぎに家を出る。歩きで上流から中流程度までと思っていたが、カワセミは♂、♀共に居たものの、数度の餌捕りの後休憩に入ったので諦めて下流へ。下流には常連さんが二人、休日というのにカメラマンは少ない。しばらく待って♂が二度ホバしたものの動きはさっぱり、帰ろうと思い上流に引き返したが、今日の撮影本番はこの後の中流での30分だった。
♂と♀がホバ、特に♀は3段のロングホバを連発。雨が降り出し途中から傘をさしての撮影となり、ピントを合わせられないことも度々あったが、ホバ回数が多かったので撮影は十分出来た。水が少し濁り、おまけに雨が川面に落ちる。カワセミにすれば魚が見難くてホバを連発したのだろうが、もっと撮影条件の良い日にやってほしい。天気の良い日は魚も見やすいので無理やろな。尚、飛び込みは少なく、水際はあまり撮れず。
D7000では連写10枚ぐらいでシャッターが切れなくなり撮影しづらい。バッファ容量大の次期機種はいつ出る・・・・D400、D7200、何でも良い。秒コマ数は6枚あれば良いが、連続撮影枚数は20枚以上、出来れば30枚ぐらいは欲しい。

下流♂のホバ
14021501

14021502

14021503
    

14021504

 

中流域での撮影
14021505

14021506

14021507
            
      
     

14021508

14021509

14021510

14021511

14021512

14021513
     

14021515

14021516
    

14021517

14021518

14021519
    

14021520

14021521

14021522
    

14021523

14021524
    

14021525

14021526
    

14021527

14021528

14021529

14021530

 

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影(2/17訂正)  撮影枚数:501枚
移動:歩き  天気:曇り後小雨
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年2月14日 (金)

カワセミ 今日も1時間ほど撮影に出た

 昨日は8時に寝た。夜中にフィギアースケートの男子SPを見たかったのだが、目が覚めたのが3時過ぎで最終組だけはLIVEで見れた。ウィンタースポーツにあまり興味が無く、冬のオリンピックはスキーのジャンプとフィギアースケートぐらいしか見ないが、今回はスロープスタイル(スノーボード、スキー共に)を始めて見たが面白かった。ジャンプのラージヒルとフィギアー男子のフリーに女子が残っているので楽しみにしている。

今日は朝からベタ雪、朝にタバコを買いに出たが道はベタベタでよく滑り慎重に歩いた。サラッとした雪なら対策を十分行い、撮影に出ようかと思っていたが朝は様子見。2時頃に雪が止み小雨が僅かにパラツク程度になったので撮影に出た。カワセミは姿を見せたものの水が濁っていたので移動を繰り返すだけ、最後は中学校のネットフェンス上部の高さまで飛び上がり何処かに消えた。雪背景のカワセミを期待していたが、それほど積もっておらず期待外れ。

川の状況
140214101

登場したのは♀、色の綺麗な♂は姿見ず
140214102

140214103

140214104

140214105

140214106

140214107

140214108

140214109

140214110

スズメが土手に止まるが雪はかなり溶けていた。ベタ雪で積もりながら溶けあまり積もらなかったのかな
140214111

数は少なくなったが、相変わらず鵜の姿を見る。カワセミを撮影し始めた頃はあまり見なかったような気がする。
140214112

 

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:110枚
移動:歩き  天気:小雨ポツポツ(傘無しでOKだった)
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年2月13日 (木)

カワセミ  久しぶりにテレコン無しの328

 今日は3時半頃に目が覚める。1時間ほど布団の中に居たが、4時半には起きてゴソゴソと動き出す。年を取ると早寝早起きになるというが、当たり前の事で昨日寝たのが9時前、最近の夜のTV番組は面白くないのでPCの前に座る。夕食に発泡酒、その後ウイスキーを少々、その状態でPCの画面を見て操作するとしんどくなり、それで早くに布団に入り寝てしまう。当然、朝は早く起きPCの前で7時頃まで写真の整理にHPのデータ整理をする。年とは関係無く、単に生活のパターンがシフトしただけで習慣になっている。平均すれば7時間ぐらいは寝ているが、寝ないと立ちっぱなしで時には小走りのカワセミ追っかけを毎日出来ないだろう。

朝から天気が悪く、今日の撮影はD800Eにテレコン無しの328にした。少し暗く条件が悪かったにも関わらずAF速度は落ちなかったが、当然川の対岸にいるカワセミは小さくてピントを外すことが多く、且つモードをフォーカス優先にしているにも関わらずピンボケがかなりあった。画像はシャープに撮れると思ったが、途中で小雨も降り条件が悪かったためか期待ほどではなかった。天気の良い日に、また試してみる。狙いはSS1/2000以上での撮影。

今日のカワセミは、昨日と打って変わって動きが悪かった。昨日が良かっただけか・・・・
14021301

14021302

14021303

14021304

14021305

14021306

14021307

14021308

14021309

14021310

14021311

14021312

14021313

14021314

14021315

14021316

14021317

14021318

14021319

14021320

14021321

14021322

 

撮影機材:D800E、300mmf2.8、三脚使用  撮影枚数:464枚
移動:地下鉄  天気:曇り一時小雨
撮影経費:420円

| | コメント (0)

2014年2月12日 (水)

カワセミ  久しぶりのホバ祭り

 カワセミかオオワシかと迷ったが、昨日の野鳥センターの鳥情報に賤ヶ岳を越えたところで消失とあったので、単に見失ったのか山の向こうに消えたのか分からなかったが、オオワシを止めてカワセミに決めた。行ってみないと今日の状況は分からないが、国道を走って3,000円以上、高速を使えば6,000円以上の撮影経費がかかり、前日の夕方までは山本山に居るとの情報が無ければ走れない。
今日はカワセミに行って正解、風は弱かったが♂がホバを連発し、それ行けやれ行けのホバ祭りだった。残念ながら今日もピントが合わない、途中で外れるが多かったが、回数が多かっただけに十分撮れ大満足で昼頃に引き上げた。D4にせずD800Eを持って行ったがこれまた正解、D4なら撮影枚数が1,000枚を越え後が大変だったろう。
大きな魚咥えての水際は無かったが、水際も何枚か撮れた。

今日の掲載は、ホバの抜粋
14021201

14021202

14021203

14021204

14021205

14021206

14021207

14021208

14021209

14021210

14021211

14021212

14021213

14021214

14021215

14021216

14021217

14021218

今日の極めつけのホバは近距離、30枚程度連写したが途中からカワセミが下を向いたので目に光が入らなくなったのが残念
14021219

14021220

14021221

14021222

ホバ後の飛び込み寸前
ホバ後飛び込んだり岸に戻ったりがあったが、飛び込んだ時の画像、1枚だけ追えていた。
14021223

ホバはしなかったが、飛び出して引き返すところ ♀
14021224

撮影機材:D800E、300mmf2.8+1.4倍テレコン、三脚使用  撮影枚数:620枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:420円

| | コメント (0)

2014年2月11日 (火)

カワセミ ホバ

 今日は風が強く寒かったが、カワセミも川面に波が立って魚が見難かったようでホバを何度も見た。残念ながら場所が悪く、後ろ向きに遠くでのホバが多かった。撮れたホバも対岸に近く背景がもうひとつだったが、最近ホバがあまり撮れていないので撮れただけでも良かったとしよう。

●ロングホバ
久しぶりに途中で一度シャッターを押すのを止めた。
14021101

14021102

14021103

14021104

14021105

14021106

14021107

 

●この角度ぐらいが一番良いが、背景がコンクリブロックではもうひとつ。川の真ん中よりこちら側でやってくれれば背景がもう少しボケるのだが。
14021108

14021109

14021110

14021111

14021112

14021113

14021114

 

●斜め後ろからの撮影
せめて真横から撮りたいが、今のところホバポイントが不定。
14021115

14021116

14021117

14021118

2月初めのデジカメinfoに、?マーク付ながらニコンの次の新製品発表は2/11かと書かれていたので 興味を持っていたが何も無かった。数日前のCOOLPIXの発表のことだったのかな?

明日は湖北へ行くかな? 行くとしたら漁の撮影は諦め、ゴーヨンで綺麗な飛び出し狙いか・・・・朝起きて考えよう。

 

撮影機材:D4、300mmf2.8+1.7倍テレコン、三脚使用  撮影枚数:659枚
移動:地下鉄  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:420円

| | コメント (0)

早春の花

 昨日、久しぶりに植物園で花を撮影した。以前は花撮影にも熱を入れ、マクロレンズを購入し使っていたが、今は鳥撮影のついでに望遠レンズで撮影している。400mmズーム、背後のボケはもうひとつだが花撮影でも役に立つ。

D800Eに80-400mmの400mmでの撮影

ザゼンソウ、今年もオオワシが2月末近くまで居れば、撮影の帰りに今津によるつもり。単独撮影では多分行かない。
Dsc_3369_2

梅、今年は開花が遅いのか?Dsc_3372

セツブンソウ、数年前伊吹山麓に撮影に行ったが、今年は花と鳥両方狙いで3月に行ってみるかな?
Dsc_3461

福寿草、11頃まで花は開かない。デジカメ撮影を始めた頃は山野草撮影に興味があり吉野までドライブがてら行こうと思ったことがあるが結局行かなかった。
Dsc_3573_2

| | コメント (0)

2014年2月10日 (月)

探鳥 今期初のルリビタキにトラさん・・・・

 久しぶりに探鳥に行った。狙いは、年に一度は撮りたいルリビタキ♂、2箇所を巡り鳥は少なかったものの、ルリビタキが姿を見せ久しぶりにトラツグミも撮影出来てめでたしだった。今年の冬は、何処も鳥が少ない。

ルリビタキ♂
今年の鳥は、なかなか撮影しやすい所に出てこず、出ても直ぐに逃げるので手強かった。14021001

14021002

14021003

14021004

ジョウビタキ♂
こやつも基本的には逃げよったが、フレンドリーな時もありルリビタキよりは撮りやすかった。
14021005_2

14021006

アオジ
フレンドリーで近づいても逃げなかった。今日は10羽ぐらいの群れで居た。
14021007

14021008

ヤマガラ
今日の個体は、直ぐに逃げ2枚しか撮れず。
14021009

エナガ
小さな柿の実を突っつく、。少数の群れで直ぐに飛んで行ったのであまり撮れず。
14021011

カワセミも撮れた。
今日は、カワセミに行ってから探鳥に行くつもりだったが、天気がもうひとつだったのでカワセミを省略、行った先で撮れて良かった。
14021012

シロハラ、今期初見・初撮影(と思う)
14021013

14021014

ツグミ
今期2度目の撮影。去年は地元でよく見たが、今期は見る機会が少ない。地元にも居るのは居る。
14021015

トラツグミ
かなり以前の御苑と2年ほど前の大阪城以来、今回が一番綺麗に撮れたと思う。直ぐに逃げるので撮りにくかったが少し粘った。
14021016

14021017

14021018

14021019

最後にオシドリを撮影して引き上げた。♂の数が減ったような?
14021020

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:287枚
移動:地下鉄  天気:曇り一時霙
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

| | コメント (0)

2014年2月 9日 (日)

三日連続の撮影休み

所用で撮影休み
確定申告を税務署のHPからダウンロードして記入したが、僅かだが税金が還ってくる見込み。収入は提出不要の範囲だが、還ってくるなら提出せな損。
三日連続の撮影休みで左足の休養になったと思うが、歩くと多少痛みが出る。明日は撮影に出るつもりだが、出来る限り軽量機材にする必要があるかも。一番軽いのはV1に28-300mmだが、水際はまぐれでしか撮れない。過去に撮ったことはある。

画像はこの一週間で撮った在庫より
コガモ、この冬は飛来数が多いように思う。
14020901

カルガモのバトル、最近時々見かける。♀をめぐってのライバル争いか?
14020902

ヒドリガモ♂、毎年1羽地元に飛来するようだが見たのは初めて
14020903

ヒドリガモ♀は過去に一度見ているが、共に琵琶湖に行けば群れで見られるので珍しくは無い。
14020904_2

イソヒヨドリ♀、居ついているようだが♂を見かけない。どこかにいるはず
14020905

モズ♂、この冬地元では初撮影
14020906

モズ♀は川を歩けば見かける
14020907

ムクドリ、去年頃より数が少なくなったような?
14020908

ウグイス
昔から冬に川沿いの木の中で鳴き声(地鳴き)だけは聞いているが、滅多に姿を見ることは無い。木から木へ飛ぶ姿はたまに見ている。
14020909_2

| | コメント (0)

2014年2月 8日 (土)

この冬のカワセミ撮影は余裕が無いⅡ

 湿った雪で今日も撮影休み、左足の踵の痛みが残っているのでちょうど良かった。朝にソチオリンピックの開会式をボーッと見ていたが、白鳥の湖で踊っていたほとんど回りっぱなしのバレリーナには驚いた。

今日の画像は、昨年、一昨年のこの時期のカワセミで、V1に300mmf2.8、500mmf4で撮影したもの。
この頃のV1は、AF-Sしか無く水際は一発勝負だった。また、V1のフォーカスは早いがシャッターが切れるまでにタイムラグ有り、ファインダーを見てシャッターを半押しから押し直しても、ほとんどカワセミが画面に入らず失敗の連続、そこでカワセミが水面から出てくる前に、勘でシャッターを押すようにしたところ、1,2枚だが撮れるようになった。当時は、カワセミが惜しみなく芸を披露してくれたのでV1もたまに使用したが、今期は撮影チャンスが少なく一眼で数少ないチャンスを逃さないよう撮るのが精一杯。

14020801

14020802

14020803

14020804

14020805

14020806

14020807

14020808

14020809

14020810

14020811

14020812

明日も所用で三日連続の撮影休みとなる。

| | コメント (0)

2014年2月 7日 (金)

この冬のカワセミ撮影は余裕が無い

 左足の踵が痛く休養日。
一昨日、コンクリートの道に段差があり、気づかず着地時に左足の踵で強く踏んだ。それが原因か歩き過ぎ立ち過ぎによるものか分からないが、昨日から歩き始めに痛み(しばらく歩くと痛みは和らぐ)、今日は大事を取って撮影休養日にした。
朝から礼服を”洋服の●山”へ買いに行く。冬用と夏用を2着持っているが、30代で一度買い換えた冬用はズボンのウエストが無理しないと閉まらず、夏用は全体が細くウエストは何年か前に広げたので大丈夫だが、正座すると尻が裂けそうになっている。これから何回着ることがあるか分からないが、思い切って買い換えることにした。オールシーズン用で価格は約4万円、下取りがあると2万円引きとなるので冬用を下取りに出した。購入した礼服は、ウエストが±6cm調整出来るようになっているが、昔からそうなっていれば買い換えることは無かったのだが・・・。それにしても下取り2万円とは、元価格の4万円は何じゃ。

最近のカワセミ撮影は、良い場面が無く追いかけるのに精一杯、昨年に一昨年は良い場面が何度も撮れ、多少遊びで撮影を楽しむことが出来た。
今日の画像は、2年前に遊びのスローシャッターで撮影したカワセミのホバ。ヘリコプターの羽を消すのにスローシャッタで撮影したところ、思い通りの撮影が出来たのでカワセミホバで試してみた。

V1に500mmf4、ISO100、f8.0、SS1/100
140207101

140207102

140207103

140207104

140207105

140207106

この頃は、ホバ30連写、50連写というのもあったが、今は数少ないホバで大半がピント合わずで情けない。

| | コメント (0)

2014年2月 6日 (木)

カワセミ  単発の飛び込みでは手持ち撮影は苦しい

 最近のカワセミの餌捕り、低い場所からのショボイ飛込みに焦らされての単発が多い。手持ち撮影では、カメラを構え続けると腕が震えてくるので、飛び出してから水面に向けるが遅れを取ってばかりで、このところまともな撮影が出来ていない。1年前は連発が多かったので手持ちで十分対応できたが、どうやら今年はしょぼい飛込みを除けば連発の可能性が低く、三脚使用の必要があるかなと思い始めた。一脚という手もあるが以前に使用して上手くいかずに今は止めている。もう一度試してみるかな?

今日は最上流から下流までで、♂4羽に♀2羽(勢ぞろい)を見て、その内♂2羽に♀2羽を撮影したが、どのカワセミも動きはさっぱりで水際をまともに撮影できなかった。

14020601

14020602

14020603

14020604

14020605

14020606

14020607

14020608

14020609

14020610_2

14020611_2

14020612

14020613

14020614

14020615

14020616

14020617

久しぶりにウグイスが姿を見せたが場所が悪かった。14020618

 

撮影機材:D4、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:345枚
移動:歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年2月 5日 (水)

首を動かして腰が痛くなる

 今朝、PCの前に座り首を横に軽く振ると、コキッというような音がした。しばらく画面を見て操作していたが、朝食のため立ち上がって歩くと腰に少し痛みが走る。首から腰、体の中心線の神経に何かあったのか? 今日はD4に80-400mmを持って出ようと思っていたが、用心して軽いD7000にした。腰の調子がこの冬は絶好調だったので、一度328と三脚で撮影に出ようと思っていが、しばらく様子を見た方が良さそう。9時半頃の出発、一時雪がちらつき寒かったので早めに帰宅した。
水際の撮影チャンスは何度かあったが、カメラの選定変更(時々曇り空になり暗くなる)にモニター確認中等で逃すことが多かった。

一番撮影しやすい場所にカワセミを発見、急ぎ足で歩くも3度ほど飛び込むのが見え終わったかと思ったが、餌は捕っておらず飛び込みスタンバイ状態で間に合った。14020501

一度目の餌捕り、獲物は小さかった14020502

14020503

昨年の鬼神のごとくの連発は見られなかったが、何度か飛び込んだ。14020504

狙いが定まらないようで、場所を何度か移動14020505

14020506

二度目の餌捕り
この場所は深いので潜るため水際にピントを合わせやすいが、泳いで離れた場所から飛び出すこともあり慌てることもある。14020507

二度目の魚は大きかった。14020508

三度目の魚は更に大きく、ピントも合う。今日一番の画像
14020509_2

14020510

1時間は動かないだろうと下流に向かう。

 

途中で、直ぐに逃げる♂を見つける。昨日は良かったようだが、今日は直ぐに飛び去り橋の中に隠れた。
14020511

 

下流のポイントは動きが悪かった。雪が降り出したと思ったら少し吹雪き、風も強くなり体が押され、手持ちでは狙いをつけての固定が難しくなる。

♂と♀の入れ替わりが見られる。
♂の止まっているところに♀が飛んできて追い出して入れ替える。撮影中は♂を狙ってるつもりが♀に変わっていたので”あれ~”と思っていたが、帰ってから画像確認で入れ替わりが分かった。
14020512

14020513

14020514

この後、近くに♂、♀が止まり、最初に♂が飛び込み大きな魚を捕る。続いて♀が飛び込んで2匹咥え、共に水際の撮影を逃した。
14020515

14020516

14020517

14020518

 

上の♂が動き出す頃と思い引き返すと、転々と移動しながら餌捕りを繰り返していた。対岸でのショボイ飛込みで最初は撮影したが背景が悪いので途中で止める。
14020519

14020520

しばらくして絶好の撮影ポイントに止まったので期待したが、少し下に別のカワセミ(多分♀と思う)が登場し追いかけて飛び去ってしまった。
14020521

撮影不十分だったが、寒かったこともあり引き上げた。

 

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:345枚
移動:歩き  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年2月 4日 (火)

カワセミ 動き過ぎや!

 今日もカメラ片手にカワセミ・パパラッチをやってきた。餌がなかなか捕れず普段以上に転々と動きよったので、こちらも追うのに普段以上に疲れた。風が多少強く、川縁の枯れ草から直ぐ下の見えない場所に飛び込むことが多く、ホバは後姿に遠くが大半で撮影はさっぱりだった。土手から川中央への飛び込みは追いかけている最中か、目を離している隙かで撮れず。
朝の内は曇り空で撮影条件が悪かった。昼からは晴れたので、昼から撮影に出た方が良かったかな。

14020401

14020402

14020403

14020404

14020405

14020406

14020407

14020408

14020409

14020410

14020411

14020412

14020413

14020414

14020415

14020416

14020417

14020418

14020419

14020420

14020421

14020422

下流にも行ったが、今日は餌捕りが少なかったようである。14020423

14020424

久しぶりにチョウゲンボウが飛んだ。
14020425

 

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:511枚
移動:歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年2月 3日 (月)

カワセミ  どうしたんや!

 PCトラブルで消失した画像、カワセミではロングバトルに大きな魚咥えものなど、調子が上がらない中では良い画像があったので残念。オオワシも晴天化での飛び出しと飛行の画像消失、手持ち撮影の画像でそれほどショックは無いが、また撮影に行かねばならない。

今日も朝からカワセミ、上流と下流の両撮影地で撮影したが共にもうひとつ。特に上流のカワセミは、飛込みが少なく飛び込んでも魚無しが多く、”どうしたんや”と言いたくなる散々な状況だった。

下流のカワセミ
着いた時は餌捕りダイビングスタンバイ、挨拶代わりに飛び込んでくれたが魚無し。
14020301

撮影条件としては好みの土手から、対岸だったのが残念
14020302

ピンボケ、D7000の手持ち撮影、少しは使わないとと思い使っているが、水際撮影ではD800Eの方が撮影成功の確率が高い。
14020303

魚咥えもの、後ろに帰るので体を水面から出すと後姿になる。
14020304

14020305

三度目も後姿で魚無し
14020306

今日も2羽止まりが見られたが、下流の2羽は仲が良い。
14020307

サギが近寄り同時に飛び出したが、シャッターを押すのが遅れた。
14020308

橋脚に♂が止まったので期待したが、なかなか飛び込まずで諦めて上流に戻る。
14020309

行く時に姿を見なかった♂が居た。またしても転々と移動
14020310

14020311

14020312

14020313

ガオ~
14020314

14020315

今日も一気に下に飛び、止まり木に止まるが大したことをせず上へ。以前のカワセミの餌捕りポイントだが、今のカワセミは何しにここに来るのか・・・・縄張りの徘徊だけのような気がしてきた。
14020316

少し上に移動して飛び込む。画面の端にかろうじて入っていたので大トリミング
14020317

飛び出してからの飛行も同サイズにトリミング
14020318

絶好の餌捕りポイント、期待したが飛び込まず。
14020319

上の木の枝に移動し飛び出してホバ、残念ながら後姿
14020320

飛び込むかと思ったが、飛び込まずさらに上に移動
14020321

またしても餌捕りお立ち台に立ったが何もせず上へ
14020322

転々とした後一気に上流に飛び去り、見失ったので帰宅した。上流はここ数日不調が続く、下流で粘った方が良いかな?

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:412枚
移動:歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年2月 2日 (日)

撮影休み  パソコンの再セットアップに追われた一日

 昨日の夜、パソコンがダウンし立ち上がらなくなった。システムOSがクラッシュしたようで、理由ははっきり分からないが、夕食前にシャッタダウンの動作中に電源を切った可能性が強い。夕昼食後に立ち上げようとした時に分かったが、仕方なく再セットアップの操作に入る。パソコンの操作で処置可能で、HDのデータをバックアップして再セットアップの処理をしようとしたが、画面の説明を順を追ってよく見ず操作したのか、うまく立ち上がらず。何度やっても立ち上がらないので、HD初期化でセットアップすることにして何とか立ち上がった。当然、データはすべて消去された。
昨日の内にPCを立ち上げ、今日朝からインターネット接続(光回線でセットアップの仕方を忘れていたので時間がかかった)やソフトのインストールを行ったが、いろいろ探しながらの作業で夕方の7時頃までかかった。幸いにも先日1/20までの写真データは外付けHDに移していたので、10日分のデータ紛失ですんだ。問題は写真以外、HPのデータはniftyのサーバーから転送し(2時間ほどかかった)、他の保存データは少し古いが予備に置いているPCに2年前のものが残っていたので見直す。更新を続けているものは2年分が抜けるが仕方無しで、新たに一から作り直す必要が無いのでマシ。メールで保存していたものは、10月以前のものが無くなった。必要な時に見るものがあったので残念だが、どうにかなるだろう。・・・・まずは良かった
これからは、小まめにデーターのバックアップを取ろう。

Dsc_3122

| | コメント (0)

2014年2月 1日 (土)

カワセミ 不調

 朝、最近の場所でカワセミ見つからず下流のポイントまで歩く。♂と♀が居たが、腹具合がおかしくなり帰ろうと思い歩き出すと急を要するようになったのでコンビニへ、多少スッキリして上流へ向かう。♂2羽が居て遊んでくれるかと思ったら、1羽は下へ一気に飛び去り、もう一羽は上へ上へと移動し最後は撮影地の最上流へ行きよった。このカワセミが最上流へ行ったのは始めて見た。小さな餌を何度か捕り休憩に入ったので、10時半だったが引き上げた。12時半頃再び家を出てハヤブサに行ったが、遠くを飛ぶのを見ただけで諦めてカワセミへ。今度は♀が登場、コヤツは動きは良かったが芸の披露がもう一つで、朝昼共に撮影は不調だった。
それ以上に不調だったのが体調、腹具合以外にも朝にクシャミ連発、頭が少しボーっとして目がショボショボ、花粉症の始まりのようである。先日の湖北で山の麓を歩いている時、杉から花粉が湯気のように上がるのを見ているがシーズン到来か。軽度だが花粉症を感じるようになったのは数年前、それまでは何とも無かった。

●朝のカワセミ

下流の♂
14020101

下流の♀
14020102

上流下の直ぐ逃げる♂
14020103

14020104

14020105

最近、追いかけている♂、蕎麦屋近くで下を見ていたが、縄張りを見張っていたようである。
14020106_2

上流に移動してから餌捕りポイントの橋脚に止まる。
14020107

餌捕りダイビング1発、捕れずに上流へ移動。最後は一気に飛び去った。
14020108_2

撮影地の最上流に居た。
14020109

何度か飛び込んだが草の影でまともに撮影出来ず。撮った魚も小物ばかりで休憩に入ったので一旦引き上げた。
14020110

  
●昼からの♀
上に移動して♂より動きは良かったが、餌捕り失敗か捕っても小魚で絵にならず。
この♀も餌捕りポイントは、♂とほとんど同じ
14020111

14020112

14020113

14020114

14020115

14020116

14020117

14020118

14020119

最後は上流から戻ってきた♂に追われ、2羽とも下に飛んで行ったので追わずに引き上げた。

       

午前  撮影機材:D4、80-400mmf4.5-5.6(+1.4倍)  撮影枚数:264枚
午後  撮影機材D7000、80-400mmf4.5-5.6  撮影枚数:201枚
移動:歩き、地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:460円 
   

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »