« オオワシ2013-14ⅩⅣ  撮りまくって1,172枚 | トップページ | カワセミ  ドデカサイズ一発 »

2014年2月21日 (金)

続・オオワシ2013-14ⅩⅣと今日のカワセミ

●昨日のオオワシ画像の続編

現地到着(10時前)後、11時過ぎまで松の木に隠れほとんど見えずで退屈したが、以後は良かった。撮影画像は、400mmズームも奮闘したと思うが500mmf4に比べれば解像面では落ちる。500mmより1kgほど軽い300mmf2.8と1.4倍テレコンでも良かったかも知れない。

山背景の撮影
麓沿いの道路横から撮ったのでボケはかなり出たが、完全ピント抜けは何時もより少なかった。ボケは風に押されのVRの効き以上に手ぶれしたためと思う。

14022101

14022102

14022103

14022104

14022105

14022110

14022111

14022112

14022113

14022114

14022115

14022116

14022117

14022118

14022119

 

トビとの空中戦もどき
トビがしつこく後を追ったのでオオワシが怒った14022120

急接近、秒コマ数の多いD4ならもう少し接近した場面が撮れていたかも知れない。14022121

トビは小回りが利き逃げるのが上手い。14022122

しつこく追いかけるトビを頭上に見つけ14022123

オオワシが急上昇
14022124

背後に回り・・・・完全なボケ画像
14022125

キックか足の爪で引っかきか? 頭上からいかんと後ろからでは無理や!・・・・ボケ画像
14022126

 

   
   

●今日のカワセミ

 朝から写真の整理、途中で予約していたバッテリーEN-EL15が入荷したとの連絡があったので取りに行った。EN-EL15は予備を2個持っていたが(V1の撮れる枚数が少ないため)、一番新しい物は1年少々で充電出来なくなり、今回劣化度4ながら使用し続けていた電池の使用を止めるための追加購入、時々生じるAF不具合の原因が電池の劣化と思ったためである。ついでにD800Eをオーバーホールに出した。使用上は問題ないが、以前からファインダースクリーンが汚れておりブロワーでも取れず気になっていた。ファインダー周りの清掃だけでも良かったのだが、購入後2年近く立ち一番使用しているのでオーバーホールにした。忌まわしい購入後直ぐに塗装が剥げた底板とグリップラバーの交換も頼んだ。ラバーは接着が取れ浮いてきており表面が少し粘つく。他のカメラも気象条件によって多少粘つくが、D800Eほどでは無い。このカメラ、写りは良いが筐体の巡り会わせが悪かったようである。2~3週間はかかるとのことで、もし猛禽相手でゴーヨンを持ち出すことがあればD4を使用する。
昼頃に写真の整理が終わり、ちょいとカワセミ探索に出たが、カワセミの姿を見ると本気モードになり2時間ほど撮影した。

まず上流で見たのは、デカサイズの魚を食べるのに苦労する♂
140221101

かなり魚を意思に叩き付けたようで石の上に鱗が散乱、”諦めろ”と思ったが根性で飲み込み始め
140221102

140221103

とうとう飲みよった。140221104

2時間は動かないだろうと下流に向かうが、カワセミに出会わず下流ポイントに到着。少し遊んでくれたがいつものパターン

♀が橋脚から飛び込む140221105

護岸コンクリの肩から飛び込んだが、よりによって撮影しづらい場所

140221106

正面に飛び込めば良いものを、わざわざかなり横に飛び込みよった。140221107

餌を捕ったので休憩かと思い上流に戻り帰ることにした。

最上流で♀が居た。下流に移動したので追いかけたが少し遊んでくれた。 140221108

そこそこの水際が撮れた140221109

140221110

魚無しが残念
140221111

一気に下流に飛んでいったが、途中で♂登場して追いかけ2羽ともどこかに飛び去ったので川を離れた。
劣化度0の電池を使用したが、376枚の撮影でAFトラブル無し。

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:376枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円

|

« オオワシ2013-14ⅩⅣ  撮りまくって1,172枚 | トップページ | カワセミ  ドデカサイズ一発 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« オオワシ2013-14ⅩⅣ  撮りまくって1,172枚 | トップページ | カワセミ  ドデカサイズ一発 »