« 撮影休み  DXフォーマットの新機種はまだかいな | トップページ | 今シーズン(2013-14年)のオオワシ撮影を振り返る »

2014年2月28日 (金)

カワセミに出るつもりだが空模様様子見

 今日の朝は天気がもうひとつで薄暗い。青空も見えているので明るくなれば家を出る。

最近、カワセミは小さな虫を捕ることが多く絵にならない画像が多い。ならば餌付けで??・・・カワセミの餌付けなど出来るかいと思っている。せいぜい、頭に浮かぶのはダンゴか何か川に投げ込んで魚を集めることぐらい。しかし、これまでの経験から魚の集まる場所に飛び込むとは限らないのが不思議。季節によっては魚が湧き出たようにうじゃうじゃ集まる場所があり、その直ぐ上の土手にカワセミが止まる。当然、その場所に飛び込むと狙っていると、別の場所に飛び込んだり、何もせずに飛び去ることが多い。もちろん何度も飛び込むこともあるが、連発場所は限られている。数年前、カワセミの餌付けの話を聞き、出来るのかネットで調べたことがあり、昨年は他の鳥狙いで行った場所でカワセミの餌付けをしている人から話を聞いたが、いろいろやっているようだ。餌付けをやっているより、カワセミの動きに合わせて移動し撮影する方が確実、たまたまはあるだろうが、本当に餌付けなど出来るのだろうか。やっているのは、撮影+αの遊びが好きな人かも知れない。
(カワセミの魚捕獲不調の折、餌付け自体の議論は別にして、餌付けが出来るのかを疑問に思い記載しています。)

虫を咥えるカワセミ
虫は川底に居るが ”その内また嘴の先が欠けるで~”。毎年石ころの多い川では何度か見かけ、上の♂は1ヶ月ほど前は欠けていたが、これまた止まりもののアップが絵にならない。川岸の浅いところには飛び込まず、真ん中の深い場所に飛び込め。

14022801

14022802

14022803

14022804

|

« 撮影休み  DXフォーマットの新機種はまだかいな | トップページ | 今シーズン(2013-14年)のオオワシ撮影を振り返る »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 撮影休み  DXフォーマットの新機種はまだかいな | トップページ | 今シーズン(2013-14年)のオオワシ撮影を振り返る »