« カワセミ  単発の飛び込みでは手持ち撮影は苦しい | トップページ | この冬のカワセミ撮影は余裕が無いⅡ »

2014年2月 7日 (金)

この冬のカワセミ撮影は余裕が無い

 左足の踵が痛く休養日。
一昨日、コンクリートの道に段差があり、気づかず着地時に左足の踵で強く踏んだ。それが原因か歩き過ぎ立ち過ぎによるものか分からないが、昨日から歩き始めに痛み(しばらく歩くと痛みは和らぐ)、今日は大事を取って撮影休養日にした。
朝から礼服を”洋服の●山”へ買いに行く。冬用と夏用を2着持っているが、30代で一度買い換えた冬用はズボンのウエストが無理しないと閉まらず、夏用は全体が細くウエストは何年か前に広げたので大丈夫だが、正座すると尻が裂けそうになっている。これから何回着ることがあるか分からないが、思い切って買い換えることにした。オールシーズン用で価格は約4万円、下取りがあると2万円引きとなるので冬用を下取りに出した。購入した礼服は、ウエストが±6cm調整出来るようになっているが、昔からそうなっていれば買い換えることは無かったのだが・・・。それにしても下取り2万円とは、元価格の4万円は何じゃ。

最近のカワセミ撮影は、良い場面が無く追いかけるのに精一杯、昨年に一昨年は良い場面が何度も撮れ、多少遊びで撮影を楽しむことが出来た。
今日の画像は、2年前に遊びのスローシャッターで撮影したカワセミのホバ。ヘリコプターの羽を消すのにスローシャッタで撮影したところ、思い通りの撮影が出来たのでカワセミホバで試してみた。

V1に500mmf4、ISO100、f8.0、SS1/100
140207101

140207102

140207103

140207104

140207105

140207106

この頃は、ホバ30連写、50連写というのもあったが、今は数少ないホバで大半がピント合わずで情けない。

|

« カワセミ  単発の飛び込みでは手持ち撮影は苦しい | トップページ | この冬のカワセミ撮影は余裕が無いⅡ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ  単発の飛び込みでは手持ち撮影は苦しい | トップページ | この冬のカワセミ撮影は余裕が無いⅡ »