« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月31日 (月)

桜2014Ⅱ 祇園白川、東山、醍醐寺

 朝から桜撮影で名所を巡ってきた。カメラはD4、レンズは24-70mmf2.8と70-200mm」f2.8を持って行ったが、代えるのが面倒で200mmズームは使用せず。C-PLを持って行こうと思ったが、薄型が見つからずで使用出来ず。フィルムでは効果があったが、デジカメではソフト修正できるので、あまり効果は無いかな。
桜の開花状況は、枝垂れはほぼ満開、ソメイヨシノは1日か2日ほど早かったかなというところだが、十分撮影は出来た。人は多かったがピーク時に比べればかなり少なく、アジア系の外国人が多かった。人が増えるのはこれからで、京都市内を歩くのが嫌になる。

●祇園白川

14033101

14033102

14033103

14033104

14033105

 

●知恩院・友禅苑

14033106

14033107

●知恩院

14033108

14033109

●知恩院・方丈庭園

14033110

14033111

 

●丸山公園
昼間見ると貧相でライトアップが良い

14033112

14033113

 

●八坂の塔

14033114

 

●三年坂下のどこかの庭

14033115

 

●三年坂階段の中ほど

140331161

140331162

 

●岡崎疎水

14033117

 

●蹴上インクライン

14033118

14033119

 

●南禅寺

14033120

14033121

14033122

 

●醍醐寺・霊宝館
今年は去年は入れなかった所が入れるようになり一周回れるので、これまで撮れなかった桜が近くで撮れて良かった。

14033123

14033124

14033125

14033126

14033127

 

●醍醐寺・三宝院

14033128

14033129

14033130

14033131

 

●醍醐寺

14033132

14033133

 

撮影機材:D4、24-70mmf2.8  撮影枚数:465枚
移動:地下鉄、歩き   天気:晴れ
撮影経費:2,600円(地下鉄一日乗車券、拝観料)

| | コメント (0)

2014年3月30日 (日)

撮影休みⅡ  828に手持ち856、エエな~

 V3、328に装着すれば828となり専用70-300mmを装着すれば手持ちで856撮影可能となる。
ミサゴ相手にV1ながら1080mmで撮影した感触から、V3でレスポンスが良くなっていれば専用レンズ使用なら手持ち856で使えるかなの感触を得た。
三脚使用なら専用レンズではなく、300mmf2.8と500mmf4となるが過去のV1の画像を調べると、撮れた画像は満足出来るものだった。何故これまであまり使用しなかったかだが、飛びもの狙いの遅いレスポンスによる歩留まりの悪さ、小ささ故の取り扱いの悪さ、電池の寿命(充電フルでの撮影枚数の少なさ)などであるが、特にいきなり飛ぶ鳥を追ってもピントが合わなかったことが一番大きな理由である。V3でどこまで改善されているか、こればかりは自分で使用しないと分からない。高感度がどの程度まで使用できるかも気になるが(V1はMAX800としているが1600は欲しい)、いつ出るか分からない次期APS-Cを止めてV3と専用70-300mmにする方がいろいろ撮影が楽しめるように思う。確保している予算より5万円ほどオーバーするが、昨年同様信州行きを止めるor70-200mmf2.8を下取り(後で後悔するかな?)・・・・もう少し悩もう。

過去のV1での撮影、いずれも三脚使用でノートリ画像

810mm(300mmf2.8・・・828)

300111225

 

1350mm(500mmf4)

5001112241

5001112242

SS1/100
500120102

 

1350mmでの動きもの撮影
ホバは問題なし
5001201141_2

SS1/250、ホバでスローシャッターを試す(一眼でも撮影可能)
5001201142

700120211

 

デジスコ領域2700mmの止まりもの(500mmf4+2倍TC)
明るければf8でも撮れた SS1/200
1000120114

 

オオワシの遠い止まりもの

1890mm(500mmf4+1.4倍TC)

7001112291

オオワシとしては近い距離
7001112292

| | コメント (0)

撮影休み

 今日は撮影休み

昨日撮影した桜にメジロ、暖かくなり桜も一気に咲き出した。

14033001

14033002

14033003

14033004

14033005

| | コメント (0)

2014年3月29日 (土)

カワセミ ♂2羽が2時間近く威嚇合戦をする

 ♂2羽が急接近でバトルを期待したが、2時間近くの威嚇合戦のみで両者が上と下に別れ飛び去りがっかりだった。対岸から撮影した人の話では、一瞬の噛み合いが見られたそうで、よそ見していた間だったのかまったく気づかず、後で聞いて余計にがっかりした。12時半に疲れて引き上げる。

8時半頃に川に到着、下流に歩いていると2羽が上流に向かって飛び去ったので追いかけた。

直ぐに撮影地最上流域に♀が戻ってきたが、かなり上流まで飛んでいったもよう
14032901

直ぐに下流へ飛び途中で右に向きを変え、土手を飛び越えて飛び去ったような・・・・真っ直ぐ飛べば支流に行き着く。以前は飛んでいくカワセミも居たが思い違いかな?

この後、蕎麦屋近くに♂が居たが、最上流から上に飛んでいたカワセミは何者?
今日も手持ちだったが、この後は定点撮影となったので、328+1.4倍テレコンの三脚使用の方が良かった。

餌咥えものはこれ一枚、小さいゴリでは絵にならず
14032902

止まり木で水切り
14032903

少し下に移動したところに、中域下の♂登場。姿を見て移動したのかも知れない。
威嚇
14032904

直ぐ横を通過したのでバランスを崩す
14032905

14032906

飛んで来た♂は少し上に止まる
14032907

14032908

しばらくして近づく
14032909

戦闘開始のゴングを期待したが、多少の動きはあったものの2時間ぐらいこう着状態が続いた。途中で一瞬の噛み合いがあったようだが、どの時点か全く分からなかった。

14032910

14032911

14032912

14032913

14032914

14032915

14032916

14032917

14032918

 

どちらか1羽が残って餌捕りをして欲しかったが両者共飛びさった。引き分けでは仕方ないのかな?

14032919

14032920

14032921

 

今日、予想通りD4sが1台増えた。色とAFが改善されているそうだが、鳥撮影に色はどうでも良いがAFが更に改善されたのは魅力、多分もう1台増えると思っているが・・・・

14032922

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:591枚
移動:歩き  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

花子

大石神社のファベラス・ミニホース花子、恥かしがりのようでカメラを向けるとこちらを向いてくれなかった。

Dsc_2868

今日は朝から曇り空、カワセミに行くが出はどうかな

| | コメント (0)

2014年3月28日 (金)

V1と80-400mm手持ちでミサゴ相手に遠い猛禽飛びもの撮影

 遠い飛びもの手持ち撮影はアカン、一眼レフで撮れる範囲は一眼で撮った方が良い。レスポンスの悪さもあるが、それより1080mmの斜め上を向いての撮影、VRの効果なんて関係無し(あるとは思うが)で、被写体がファインダー内でゆれる。腕力がありガッチリ押さえると撮れると思うが、60代前半の爺さん予備軍では無理で三脚が要る。近い距離や水平方向なら何とかなるだろう。近い距離の小鳥止まりもの撮影は問題無く取れるが多少歩留まりは悪い。
過去に328に2倍テレコンを付け、APS-Cカメラで900mmの手持ち撮影をしたことはあるが、V1は小さくてカメラをガッチリと掴めず、左手にかかる力が大きくバランスが悪い。過去に試した70-200mf2.8+1.4倍テレコンで756mmの方がf4で撮影出来るので良いように思うが、V1では画素数が足らずトリミングがあまり出来ず使う意味が無い。専用の70-300mmでも、V1なら遠い猛禽相手では無理やろうな・・・?

今日の画像は、記載の無いものはすべてトリミングで2倍に拡大。

ミサゴの飛びもの

14032802

14032803

まあ、撮れたと思うのは2枚だけ
14032804

14032805

山背景でも撮れる事は撮れた
14032806

木に止まるところ、咄嗟にレンズを振ったがレスポンスが悪かった
14032807

14032808

D7000との比較
V1
14032809

D7000、大よそ同じぐらいのサイズにトリミング
14032810

太陽を背にしての撮影、多少トリミングで大きく出来たが、たまたまか?
14032811

近くの飛びもの
アオサギ
14032812

近距離撮影、ノートリ
14032813

ごく普通の鳥撮撮影は、好条件ということもあるが良かった。
ムクドリ
14032814

オオジュリン
14032815

カイツブリ
14032816

セグロセキレイ
14032817

ケリ
14032818

ホオジロ
14032819

旅客機、直線的に飛ぶ被写体は追いやすい
14032820

 

撮影機材:V1/D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  488枚/28枚
移動:車、歩き  天気:晴れ
撮影経費:500円(駐車料金、ガソリン代は日常経費内)

| | コメント (0)

2014年3月27日 (木)

桜2014Ⅰ山科と隋心院の梅

 昼過ぎに家を出たが、どんよりした曇り空だったので散歩がてらの桜撮影で大石神社と岩屋寺、そして最後の梅撮影で隋心院に行った。カメラはV1、レンズは専用の10-30mmと30-110mmの軽量機材とした。2014年の桜撮影スタート。

大石神社
14032701

大石桜は見頃前、後2~3日かな
14032702

14032703

14032704

宝物殿での撮影、無料で撮影禁止とは書かれてなかったので撮影したが、SS1秒での手持ち撮影。ミラーレスはこのSSでも手持ち撮影できるのが良いところ。
14032705

岩屋寺
まあ見頃かなというところ
14032706

こちらはまだ早い
14032707

寺前広場の枝垂れは満開。この桜は毎年早い。
14032708

隋心院の梅
14032709

終盤
30日にはねず踊りが行われるが、かろうじて持つのかな。数年前に一度撮影に行ったが個人的には良かったと思う。
14032710

14032712

14032713

梅にメジロ、一度梅にウグイスを撮りたいのだが見たことが無い。
14032714

カワセミも撮影する。止まっているところにピントを合わせシャッターを押したが、撮れていたのは左端近く。一眼なら間違いなく草が被らる前に撮れていた。
14032715

今日のカワセミ、近づくと直ぐに逃げたがいつもと様子が違った
14032716

 

撮影機材:V1、10-30mm、30-110mm、手持ち撮影  撮影枚数:194枚
移動:歩き  天気:晴れ後曇り
撮影経費:400円(入園料)

| | コメント (0)

9時を過ぎても天気良くならず、多少ウズウズしてきた

 V1に80-400mm手持ちの再チェックは明日に延期し、昼から晴れれば近場に出かけることにする。

最近、カワセミ撮影に疲れが出ている。撮影に飽きることは無いが、追いかけるのがしんどい。池ならどこかに飛び去れば諦めるが、川なら追いかければ撮影出来る。待っていればその内に帰ってくるが、飛んだ先で餌捕りの絶好の場面がある場合が多く、芸の無い他の鳥とは違う。
以前はゴーヨンを担いで下流へ上流へ、再び下流へと小走りで追いかけたこともあるが、もう無理で80-400mmの手持ちでも半日の撮影でしんどい。4月に発売されるニコン1の70-300mm専用レンズが頭に浮かぶが、サブカメラ用としては高い、10万円を超えV3と一緒となるとざっと25万円、V1を使用しレンズだけでも・・・・・。OVFでないのは我慢したとしても、シャッターを押した後のタイムラグが問題のV1で、何処まで撮影出来るかということになる。連写秒5枚は遅いがバッファフルの連写枚数は十分、写りは一眼とコンデジの中間だが鳥撮影ではこれも十分。カメラはいずれ買い換えるとしても、レンズは体力が無くなるであろう10年以上先でも使える。山歩きのサブや散歩用にも良い。
また、考えがレンズだけでもとブレ始め、購入の悩みが出てきた。V1を持っている身近の誰か買わんかな? 数年前なら悩んだ時は買うで、V3もレンズも予約していただろう。

V1と専用レンズ30-110mmでの鳥飛びもの撮影
歩留まりは悪いが、並べて見比べない限り写りは一眼と大した違いは無い・・・てなことは無いかな。

Dsc_7917

Dsc_7923

Dsc_8137

 

V1と80-400mmの空抜け飛びもの撮影チェックは、このレンズで撮れれば専用70-300mmなら間違い無く撮れるとの思いから。

| | コメント (0)

撮影には出るが天気の様子見

 今日はV1に80-400mm手持ちで鳥の空抜けを撮影しようと思っている。今のところすっきりした天気では無く、9時頃に家を出る予定。
カメラのピクチャーコントロールは、鳥の場合スタンダードを基本にしているが、天気の悪い日や森の中では風景にすることが多い。少し色が濃くなり露出を明るく設定しないと暗い画像が多くなり失敗することもあるが、もともと風景撮影から始めているので色は風景の方が好み。RAWで撮影しているので後で変更できるが、カメラで設定した場合とソフト修正は少し違うのかなと思うこともあり、少しザラツキが目立つように思うことがあるが気のせいかも知れない。もともと、D2XMODEⅢというのがお気に入りだったが、今のカメラでは設定出来ない。

●森の中での撮影、スタンダードと後で風景に変換したものとの比較
D4と500mmf4、ISO1000、f4、SS1/1600、ピントをAFーCで少し右上の木に設定し、飛んできたらリーモートケーブルで連写する不精撮影、狙いは飛び出しでたまたま飛んでくるところも撮れたが目元のピン甘画像。

スタンダード(元画像)
Dsc_8691s

風景
Dsc_8691l

 

●天気の良い日で日差しのある被写体では、あまり変わらないように思う。
D800E、500mmf4、ISO640、f5、SS1/1250、風景で撮影しスタンダードに変換

スタンダード
Dsc_8688s

風景(元画像)
Dsc_8688l

 

●時々小雨がパラツク天気の悪い日
D800E、500mmf4、ISO640、f4、SS1/1000、下の電線が入らないようピン甘画像を無茶苦茶拡大している。

スタンダード
Dsc_3963s

風景
Dsc_3963l 

 

尚、V1はスタンダードの色がパッとせずで、鳥も風景もすべてビビットで撮影している。

| | コメント (0)

2014年3月26日 (水)

撮影休み  暇つぶしに思うことⅡ・・・ヤマセミ撮影、他

 今日の暇つぶしの2度目の書き込みは、かってカワセミ以上に撮りたくなった時期がある”ヤマセミの撮影記録”と”今年にもう一度撮っておきたい鳥”。

<ヤマセミ撮影記録>

見る機会が少なく色が色だけに撮れてもそれほど綺麗に思わず、カワセミの方が絵になる画像も撮れるので一時的な熱で終わってしまった。今年もチャンスがあれば撮りたいと思う気持ちは残っている。
ヤマセミ探しは、07年の冬に鳥見歴数十年の釣り仲間から居場所を聞いて行った高尾が最初で、2~3度行ったものの見られず、カワセミにカケスぐらいしか撮れなかった。その後宇治で見られると聞き、家から車で20分弱ということもあり、何度か通いようやく撮影することが出来た。その後何度も行ったが、撮影距離が遠いことと白と黒の被写体、白とびが目立ち綺麗に撮れず。翌年の初夏に雛が登場し、6月の終わりと7月の始めに近い距離で撮れたが、この場所では通ってもこれ以上の撮影は無理と思い、通う回数は極端に減る。その後、ダム下流の橋の工事が始まると聞き、撮り収めと思い11年の年末と12年の初めに数度行った。
工事が始まってからも時々見られると聞き、一度だけ行ったが姿を見ることは無かった。今は、工事の状況を知らず周囲に行く人もいないので、状況はまったく分からない。工事が始まる前に、もう少し通えば良かったかなと思うが、見れる確率が低くく当時は休日しか撮影に行けなかったので、絵になるカワセミを優先にした。
昨年、カワセミ不調の時期に気分転換で別の場所に遠征し撮影出来たが、場所的にもう一つ絵にならなかった。

●07年7月28日 初撮影はデジスコ
当時所有していた一眼機材では撮影無理と思いデジスコで初撮影。400万画素のデジカメだったが証拠写真は撮れた。スコープに一眼を付けMFでも撮影したが、デジカメの方が綺麗に撮れた。

デジスコ
0707281de

0707282de

 

●07年8月16日  
300mmf2.8を入手し2倍テレコンを付けて撮影したが、早朝の日陰でSSが早くならず無理があった。

D2X、300mmf2.8+2倍TC、SS1/60
070816d2x328260j_2

 

●07年8月26日
この当時、朝の8時過ぎに支流から出てきて対岸の木に止まり、下流へ飛んで行くところを何度か見たので、その場所で待ちデジスコで再挑戦。カメラは1000万画素にアップさせていた。

デジスコ
070826de

 

●07年9月9日 飛びもの初撮影
何度か通い止まりものを何度も撮影するが飛びもが撮れた。当時は大きく撮れれば喜んでいた時期で、TCは2倍を使うことが多かった。

D2X、300mmf2.8+2倍TC、SS1/500
070909d2x3282500j

 

●08年5月28日
4月に500mmf4を入手しカメラもD300、ヤマセミ熱が上がり飛び物狙いで月に3~4度ぐらい通うようになる。最初は大きく撮るため1.4倍TCを多用した。

D300、500mmf4+1.4倍TC、SS1/1000
080525d300500141000j

 

●08年6月28日 初めての近距離撮影
雛を始めて見た日、500mmで十分な近い所を飛んでくれることもあったので、飛びもの狙いでテレコンを外すことが多くなった。

D300、500mmf4、SS1/8000806281d300500800r


こちらの岸の直ぐ下に止まったので、三脚から外しゴーヨンの手持ちで始めての近距離撮影だったが露出設定失敗。撮った画像を確認しながら撮る余裕は無かった。

D300、500mmf4、SS1/800 ノートリ0806282d300500640r

離れた止まりものは1.4倍テレコンを装着

1.4倍TC、SS1/400
080628d30050014400r

 

●08年7月5日 
翌週の撮影も思う存分に撮れ、これ以上の撮影は無理と思い、この日でヤマセミ撮影の熱意が薄れた。カワセミに比べシャッターチャンスが少なく待ち時間が長い、現れても距離が遠く綺麗に撮れないのも熱意が薄れた要因のひとつ。

D300、500mmf4、SS1/16000807051d3005001600r

魚無しの水浴びは、”もうええ”と思うほど撮っているが、魚咥えものの撮影機会は少なかった。

SS1/800
0807052d300500800r

SS1/800
0807053d300500800r

 

●09年7月26日
1年後、雛登場の時期と思い何度か行ったが、雛の登場は前年に比べ少し後だった。以前と同様で姿を見る確率は低く、3度行けば1度姿を現す程度だったと思うが、近いので朝行ってダメならカワセミ、夕方にもう一度行くということも何度か有り、レンズは300mmf2.8を持って行った。

D300、300mmf2.8+2倍TC、SS1/640 090726d3003282640r

 

●09年8月15日 
雛への給餌を始めて撮影したが遠かった。

D300、300mmf4+1.4倍TC、SS1/640090815d30050014640r

 

● 09年8月23日
給餌を近くで撮れないかと思い翌週も行ったが同じ場所でまともに撮れず。

D300、300mmf4+1.4倍TC、SS1/500090823d30050014500r

 

●10年7月26日
翌年も雛登場を期待し何度か行ったが現れなかった

D300、300mmf1.4+1.4倍TC、SS1/640 100726d30030014640r

 

●10年12月18日
D7000購入で画素数増の分トリミング出来るだろうと、移動しやすい軽量400mmズームで、三脚を使用して撮影した。また、ISOも大きくしSSも出来る限り早くするよう設定した。

D7000、旧80-400mmf4.5-5.6、1/1600 1012181d7000804001600r

SS1/1000
1012182d7000804001000r

 

●10年12月23日
旧400mmズーム、写りはそこそこだがフォーカス速度が不安定で歩留まりが悪く300mmf2.8で再度撮影に行った。魚咥えての飛び出し。

D7000、300mmf4+1.4倍TC、SS1/12501012231d7000328141250r

SS1/1600
1012232d7000328141600r

 

●10年12月29日
朝は不調で昼から良くなり、夕方に親と若の追いかけっこが見れた終日粘った日。直ぐに家に帰れたので、終日粘ることはほとんど無かったと思う。

D7000、300mmf2.8+1.4倍TC、SS1/16001012291d700032814j

    
    
     

●11年1月9日 手持ち初挑戦
少し暗かったので画像はもう一つで歩留まりも悪かったが、カワセミに比べ動きが遅いので手持ちでもそれなりに撮れた。

D7000、旧80-400mmf4.5-5.6、SS1/1250、手持ち撮影1101091d7000804001250r

 

●11年8月20日 水際とりまくりの日
久しぶりに撮りたくなり、少し気合を入れて500mmf4で撮影したが、この日は出がよく思い存分撮れた。

D7000、500mmf4、SS1/1600 1108201d70005001600r

 

●11年12月30日 V1手持ちで挑戦
遊び半分の気持ちでV1手持ち初挑戦、多少無理があったものの何枚かそこそこ撮れたが、望遠が足らず。旧80-400mmはV1に装着できず。

V1、70-200mmf2.8+1.4倍TC、SS1/640、手持ち撮影1112301v17020014640r

 

●12年1月22日 宇治での最後の撮影
工事が始まると聞き、最後の撮影で気合を入れてD3と500mmf4で行ったが出が悪かった。

D3、500mmf4、SS1/640 1201221d350014640r

 

●13年6月22日
昨年の夏にヤマセミが撮りたくなり、情報だけは得ていた場所に遠征した。500mmにするか迷ったが、初めての場所ということもあり400mmズームにしたが場所的に正解、狭い空間からレンズを出しての撮影で、500mmならかなりの制約がありシャッターを押す機会が少なかっただろう。D800EとV1を持って行ったが、動きの遅いヤマセミ、V1でも三脚使用なら十分撮れた。しかし、飛びものはD800Eをメインで使用した。

V1、80-400mmf4.5-5.6、SS1/1000、三脚使用1306221v1804001000r

1306222v1804001000r

 

工事はいつ終わるのか、終わっても以前のように現れるのか、もし再び撮れるようになれば時間はたっぷりあり場所も家から近いので、D4と500mmf4、D800Eと400mmズーム手持ちの2台態勢で通うだろう。

 

<今年もう一度撮っておきたい鳥>

★雷鳥
02年6月の乗鞍が初撮影で近距離、これ以降乗鞍では姿見ず。立山では何度か撮っているが♀が多く、おまけに距離が遠く高倍率ズームでの撮影で画像はもう一つ。乗鞍での撮影画像は無くしてしまい、下の画像はプリントからスキャナーで読み込んだもの。もう一度野鳥撮影機材で撮っておきたい。白い冬羽は撮っていない。

140326020609

★ホシガラズ
07年と10年に乗鞍で、12年には立山で撮影しているが、いずれも山風景撮影のついでで高倍率ズームでの撮影。野鳥撮影機材でキッチリ撮りたい。
掲載画像は、12年立山でのD800Eと28-300mmによる撮影、遊歩道近くを10羽程度が飛び回っていた。
140326121004

1403261210041

昨年は、費用節約で山には行かなかったが、今年はD800Eと400mmズームを持って 行きたいと思うのだが・・・・
行くなら2泊3日?、初日は立山で魚津で一泊、2日目は早朝出発で昼には戸隠へ、松本で泊り翌日は早朝に上高地、10時で引上げ乗鞍へかな。2回に分けるなら、立山は雪の時期に日帰り、6月に1泊2日で、初日戸隠2日目上高地・乗鞍。

山歩きのお供にV3に専用70-300mm、エエナ~

| | コメント (0)

撮影休み  暇つぶしに思うことⅠ・・・クマタカ撮影

 雨の日はすることが無い。目が覚めるとよほどの体調不良で無い限り再び寝れず、いつも通り朝早く起きる。TVを見ても面白くなく、時々家の用事もするが狭い部屋にこもりPCと睨めっこ。ニュースにその他色々情報も見ているが、撮影した写真の整理が一番多い。整理といっても不要な画像を削除し、外付けHDに移動させるだけ。外付けHDは、初期の250GBに始まり、1.5TBまで5台になっている。

時々、過去の画像も見るが、昨日に今年の撮影目標にしているクマタカを見た。昨年初撮影だが、撮影の甘さもあるが距離が遠いため空気のよどみの影響か拡大するとくっきりすっきりの画像が無い。今年の目標は、目がくっきり入ったクマタカを撮ることである。昨日、V3のサンプル画像を取り込み3倍に拡大してみたが、流石にプロが撮影した画像で個人的には申し分ない。明日か明後日の天気の良い日に、V1と80-400mmズームでミサゴの飛びもの手持ち撮影に挑戦するつもり。撮れればV3なら500mmf4で三脚使用で撮影成功の確率が高くなることが分かる。これまでV1では距離の遠い鳥の飛びもはダメと思い、真剣に撮っていない。

昨年のクマタカ画像、ワシに比べ体に対する目の大きさ比率が小さいのか目が写らない。

D800E(×1.2)、500mmf4  ノートリ画像
14032601

目一杯の拡大
14032602

14032603

14032604

| | コメント (0)

2014年3月25日 (火)

車で走ったがシャッター押さず(撮影は休み)

 今月は車に一度も給油しておらず、残り僅かになっていたのでガソリンスタンドに行った。近くで入れようと思ったが、高かったので大津まで走る。走りついでということで、昨年5月にキジを撮影した場所に行き、30分ほど散策したが姿見ずで引き上げた。時期的に早いのか、昨年はたまたまで今年は居ないのか情報は無い。昨年は2度行ったが、♂が3羽居て2度とも撮影出来た。

昨年撮影したキジ
D4、300mmf2.8+1.4倍TC、三脚使用
14032500

D800E、80-400mf4.5-5.6、手持ち撮影14032501

画像に大差は無い。体が大きくそれほど撮影距離が遠くないので、80-400mmの手持ち撮影で十分。
歩いて鳥を探す時は手持ちが楽で、鳥の様子を伺いながら近づきやすいので撮影は有利。カワセミを始め多くの鳥撮影は ”長いレンズで遠くから撮るのも良いが、機動性重視で場所移動も含め鳥が近づいた瞬間に素早く撮る方が良い” と思うのは私一人であろうか。

      

最近、オオワシなどの猛禽も400mmズームで手持ち撮影することが多くなり、カワセミ動も300mm+1.4倍TCで十分、500mmf4の出番が益々少なくなってきた。ここ一番の遠征では必要なので、使わないともったいないと思いながら置いている。
これまで500mmで足らないと思ったのはオオワシとクマタカ、1.4倍TC使用は止まりものには良いが、動き物はTC無しでトリミングする方が綺麗に撮れる。オオワシは近くを飛ぶこともあり十分な時もあるが(400mmズームでさえ)、クマタカは昨年4回行ったすべてが遠くてトリミングによる拡大では限界の撮影で、綺麗に撮るには856しかないと思った。
しかしV3が登場、V3なら1350mmで画像が少し悪くても・・・・・、しかし、撮れるかどうか分からないものに12万円+α(メディアに1000枚撮ることを考え予備電池2個)は高すぎる。

昨年のD800Eに500mmf4でのクマタカ
AF-C(21点)での撮影で、飛び立つ瞬間にピントがバックに捕られた。被写体が小さくピントがもともとバックにあったのかも知れない、856+TCで1000mmなら被写体が2倍になるのでピントが合い易いと思っている。
ノートリ画像
14032502_2

トリミング画像
14032503_3

| | コメント (0)

撮影に出るかどうか様子見

 天気予報を見ると今日は曇りだが、外を見ると7時半現在でうす曇ながら日差しもある。明日は雨で撮影休み決定だが、休養日にするかと思っていた今日をどうするか思案中。出るとすれば歩くのに疲れ気味で車で少し走るのが良い。・・・キジの様子見?

昨日のミサゴの飛びもの、600枚ぐらい撮ったがその内400枚ぐらいは遠くて初めから撮れないだろう思いながらシャッターを押したが、撮れているだろうと思った画像もビビリがあり(ピント不十分)結果はもう一つだった。手持ちということもあるが、日差しに対する撮影場所選定と空が少し霞んでいたことに原因があるのだろう。

マシに撮れたとびもの

ノートリ画像
Dsc_9314

フルサイズからだが、トリミングで5.6倍に拡大。
D800Eなら手持ち撮影でもこれくらいの拡大をするが、V1なら2倍ぐらいで済む。ミサゴの飛びものは飛ぶスピードが距離との関係で遅く見え十分追える。今更考えても仕方ないが、昨日は飛ぶ時間が長かく撮影に余裕があったので、持って行って試せば良かった。Dsc_93141

| | コメント (0)

2014年3月24日 (月)

ミサゴ  近くに飛び込んでくれんかい!

 今日は快晴、こんな日はカワセミに行っても、昨日同様毛がテカッて画像がもう一つのためミサゴに行った。狙いは、足を突き出して着水する寸前、1時間半ほど飛び回り最初に三度飛び込んだが、場所が対岸近くで証拠写真は撮れたが話にならず。ミサゴは、カワセミ、オオワシに続き撮影枚数が多く、これまでに1万枚を軽く越えているが、行った以上今日も無駄な飛びものを撮りまくった。飛んでる最中に昼飯を食べる余裕があった。
尚、春霞かPMの影響か知らないが、今日も少し霞んでいたのが残念だった。

今日も撮影は、レンジャクで始まった。
14032401

キジの声が聞こえたので、いつもと違う道を歩いて行くとケリが居たので撮る。
散歩の人がキジの居場所を押してくれたが、別の歩いてきた人に驚き飛び去った。かなり近かったがカメラを向ける時間無しで残念。14032402

少し待っているとミサゴが飛んで来たが、奥の木に止まる。
トリミングで限界超えの拡大
14032403

ノートリ画像
D800Eに80-400mmの手持ち撮影、500mmf4で三脚使用なら多少マシに撮れるかも知れないが、この地は管理者の許可が無いと三脚を使用できないとのこと。500mmで三脚使用なら、確実に撮れる場所に遠征するのでどうでも良い。
14032404

場所を変えて止まりものを撮影、拡大は上に同じ。
糞をするところの撮影は始めて、オオワシ同様長い糞をしよる。
14032405

なかなか動かなかったのでオオジュリンを撮影する。前回撮った時は、適当にセッカと書いていたが撮影仲間が教えてくれた。
14032406

12時前に別のミサゴが飛んで来たので再び場所移動。
しばらくしてハイタカが姿を見せるが諸逆光、ミサゴよりハイタカの方がこれまで撮影枚数は遥かに少なく興味はあるが芸を見る機会が少ないので、次いでの撮影に留めている。
140324061

ハイタカとミサゴが接近したが何も無し
14032407

しばらくしてミサゴが飛び込んだが対岸近くでガッカリ、トリミングによる画像の拡大は最初のミサゴに同じ。

何か掴んで飛び出そうとしたが
14032409

14032410

飛び立てずに直ぐ着水
14032411

14032412

2回目の飛び出しも失敗
14032413

14032414

3回目にやっと飛び出した。
今の時期にミサゴが掴んで飛び出せないほどの魚が居るとは思えないが、何を掴んだのかな?
14032415

14032416

2度目の餌捕りで急降下を捕らえたが少し早かった。水面ギリギリを撮りたかった。背景が悪すぎ絵にはならなかったが
14032417

三度目の飛び込みは、少し近くて画像はマシ・・・・とはいえ証拠写真の域を出ず。
14032418

14032419

14032420

最後に飛び物
今日は風があり水面に波があったためか、何度もホバを繰り返したが結局どこかに飛び去った。
14032421

14032422

14032424

14032425

14032426

14032427

今日は、ケリを最後に撮影終了
14032428

 

<追記>
ミサゴ撮影、費用節約で近場の撮影としているが撮れる画像がもう一つ。やはり遠征しないと撮れないのかな。海は潮風で機材がべとべとになるのがかなわない、どこか川か池で綺麗に撮れる場所は無いだろうか、費用のかからない近場なら言うことないが。

昨年、今日と同じ機材で手持ちで撮影した画像
14032430

14032431

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:876枚
移動:車、歩き  天気:晴れ
撮影経費:500円(駐車料金)

| | コメント (0)

2014年3月23日 (日)

カワセミ 事情が変わったのか思い違いだったのか・・・・

 カワセミ撮影地の上流から中流域には、♂2羽と♀1羽が居る。♂2羽は共に綺麗な色をしているが、これまで上の♂は脇が少し白く、下の♂は色が少し濃いと見分けていた。今日は中流域で♂と♀が現れ、共に最上流まで移動し姿を見失った。最近、♀は下の♂に近づくものの♂は逃げるのを何度も見ているので、相手を再び上の♂に変えたのかと思ったが、帰ってから画像を見ると、♂はこれまで下の♂と思っていた奴だった。脇腹の白い♂は下に居たので間違いなく、これまでの認識が間違っていたのか、それとも考えに難いが縄張りを交換したのか(?)、ようわからん。

今日の撮影はレンジャクに始まりレンジャクで終わった。

川に着くまでにレンジャクの小群を見た。昨日現れた群れと思うが、住宅街を飛び回っていた。
14032301_2

川に着いて直ぐに茂みの中でウグイスを発見、囀りの練習をしながら木に出てきたが枝被りと逆光でまともに撮れず。
14032302_2

中流域に登場した♂
14032303

対岸には♀が居た。
14032304

♀は餌捕りお立ち台に上ったが、何もせず♂と共に上流へ移動。以前はこの場所に来るのを何度も見ているが、最近は直ぐ近くには来るものの、この場所では見ていなかった。
14032305

♂が畑前で餌捕り、対岸で大トリミングによる拡大画像
14032306

小さな何かを咥えていた
14032307

更に上流に移動したので対岸に行った。
14032308

飛びこんだがタイミングを合わせられず撮影失敗、直ぐ前だったので残念
14032309

14032310

14032311

14032312

この後、最上流へ飛び去ったので追いかけたが見つけられず、諦めて下流に向かう。

中流域の下(下流域の上)に♂が居たが、少し移動して直ぐに飛び込む、コヤツを上の♂と思っていたのだが・・・・
14032313

14032314

残念ながら逆光
14032315

14032316

下流域の♂が大きな魚を捕ったが、30秒ほどの遅れで瞬間を撮れず。
14032317

仕方なく更に最下流のポイントまで行き、しばらく待ったがカワセミは休憩中で出てこず。諦めてレンジャクポイントに行った。狙いは別の鳥だったが登場せず、レンジャクを撮って昼過ぎに引き上げた。
14032318

14032319

14032320

おまけの画像
14032321

今日は久しぶりに328+1.4倍テレコンにしようかと思ったが、かなり歩いたので軽量機材の手持ち撮影で正解だった。

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:336枚
移動:行きは歩き、帰り地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:250円

| | コメント (0)

2014年3月22日 (土)

カワセミ 出に動きは悪く、芸披露も少なかった

 今日は、雲が多く肌寒かったので午前だけの撮影にしたが、カワセミの出に動きは悪く、捕った魚が大きめだったこともあり芸は少なかった。
今日はレンジャクの姿を見たが、餌になる木の実が今年は落ちてしまっているのか、直ぐに飛び去りよった。木の実を探し、近場を徘徊しているかも知れない。南から飛んで来たのか別部隊かは不明だが、状況調査の尖兵隊であろう。

カワセミ
休憩が長く、休憩後に餌を捕っても食べてから直ぐに上流に飛び去り、しばらく帰ってこずで待ち時間が長かった。一度上流に探しに行ったが見つからず。このカワセミも一度だけだが、橋の下に隠れるところを見ており、今日も隠れたのかも知れない。
13042201

13042202

13042203

13042204

13042205

13042206

13042207

13042208

13042209

13042210

レンジャク
最初は20羽程度が姿を見せ比較的低い木に止まったが、しばらくして姿を消した。次に見たのは上流から飛んで来るところで、30羽程度になっていたが通過して下流の林の方に飛んでいった。止まった群れの中にキは居なかった。
13042211

13042212

13042213

イカル
毎年、カワセミ撮影地で一度は見ているが今シーズンは始めて。
13042214

13042215

13042216

ヒヨドリ
13042217

モズ♂
姿を見れるのも、もうしばらくか
13042218

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:282枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年3月21日 (金)

カワセミ  雨が降らなければ・・・・アカンかったかな

 

 天気予報はもう一つで撮影に出るかどうか迷ったが、9時頃に青空が広がったのでカワセミに行った。雨は大丈夫だろうと思い傘を持って行かなかったが、さあこれからという時に雨が降り出し、10時過ぎに撮影を中止し近くで少し雨宿り、しばらく止みそうに無かったので雨に濡れながらトボトボ引き上げた。帰りは一駅だけ地下鉄に乗り、無駄な出費が出た。
昼頃に再び青空が広がったので再び出れるかと期待したが、直ぐに雨が降り一旦諦めたが、しばらくして再び晴れ間が見えたので2時前に家を出た。中流域にカワセミは居たが、何回か場所を移動した後芸の披露もなく一気に下流に飛び去った。追いかけて行くと、いつも♀が居る場所に居たが、撮影し難い場所だったので更に下流の様子を見に行き、姿見ずで諦めて引き上げた。

朝、下流に向かって歩いていると、下流から飛んできたので後戻りで追いかけた。14032101

土手に止まったので近くから撮れたが、羽が薄くなり汚れているようにも見え、何処かで巣穴を掘っているような様子だった。
14032102

この♂の相手は、どの♀か分からない。知らない♀が最上流に居るのかも?
上流へ上流へと移動し、最後は一気に最上流方面に飛び去ったので追うのを諦めた。
14032103

下流に向かうと中流域の♀が居た。
14032104

ほんの数分間、遊んでくれたが対岸で遠すぎ。画像はトリミングでかなり拡大している。14032105

14032106

14032107

14032108

14032109

背後の林の中に消えたが、支流まで飛んで行ったのかも知れない。

再び上流へ引き返しウロウロしていると、♂が飛んできて目の前に止まった。芸を期待したがポツポツと降りだした雨が強くなり、心残りだったが雨の中引き上げることにして駅に向かった。

コヤツは、上の♂か中流域の♂か、この画像だけでは分からない。
14032110

 

昼からの撮影

朝に♀を見かけた場所に♂が居た。
14032111

この♂も多少毛が薄くなっている箇所があるように思うが、穴掘りをしているのかな?
14032112

直ぐに対岸に飛び、 隅っこに飛び込んで草を咥えて上がってきただけで他の芸の披露は無く、この後一気に下流に飛び去った。
14032113

 

下流から自転車でカワセミを探しに来た長老が ”黒いカワセミが飛んでるで~” と笑っていたが、何羽かのツバメが飛ぶのを見た。春やな~と思う。
14032114_2

これはイワツバメ、その内コシアカも来るだろう。この冬に一度だけだが越冬ツバメを見たことがある。
14032115

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:264枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ一時雨
撮影経費:210円

| | コメント (0)

2014年3月20日 (木)

ヒレンジャク

今日は雨で撮影休み、昨日撮影したヒレンジャク

関西ではキレンジャクが珍しく人気はあるが、ヒレンジャクの赤の方が綺麗に思う。撮りたかったのは見返りの後姿だったが、枝被りが多く良い画像無し。前からは抜けた所で撮れたが、腹からの画像は色に特徴が無くもう一つ。
群れで居ること多く一羽だけの撮影の機会は少ない。数羽写っている中からのトリミングでかなり拡大している。

14032001

14032002

14032003

14032004

14032005

14032006

14032007

14032008

14032009

14032010

14032011

14032012

14032013

14032014

14032015

14032016

14032017

14032018

14032019

14032020

| | コメント (0)

2014年3月19日 (水)

キレンジャク・・・3/20に画像3枚追加

 取り寄せを頼んだレンズカバー、納期は短く直ぐに入ったので取り付けた。これで手の汚れを気にしなくて済むだろう。
そもそもカメラD800Eを首にぶら下げて使用していたら、数ヶ月で底板端が服に擦れて塗装が激しく剥げ、初期不良でメーカーに送り返したが、”使い込んでますね”と取り合わなかった。仕方なく底が服に擦れないようレンズを手で持って使用していたら、今度はズームリングのゴムが劣化して手が汚れるようになり、米国製カバーを購入したというお粗末な話。他メーカーのストラップを購入し三脚座のネジに取り付け袈裟懸けにしてカメラの底が上向きになるようにし、且つレンズにカバーを装着、2年近く立ったので底板を不本意ながら有償で交換、写りは十分満足しているので、これで何とかD800Eは手にする喜びを感じながら撮影出来るだろう???
D4はメディア挿入部ガタの初期不良(品質基準内やて~)が有るので処分するまで、手にする喜びを感じることは無い。使用期間の短いプロの商売道具なら写りが良ければ良いのだろうが素人は違う。

カバーはゴムリング部だけで良かったのだが、三脚座をはめ込む部分と座そのものの、ズーム時に伸びる筒以外は装着した。
14031901

 

今日は9時過ぎの出発、まずカワセミに行ったが1時間で一度姿を見ただけ、諦めてレンジャクに行った。 午前中は対岸に居たので撮影はさっぱりだったが、昼からはこちらに側に飛んで来たので、枝かぶりで苦労しながらもそれなりに撮れた。途中から他の鳥が飛んでこないかと、南の方を頻繁に見ていたが残念ながら登場せず。残業しても良かったが、満足して定時の3時に引き上げた。

取り合えずキレンジャクを掲載
ヒレンジャクは画像を整理してから・・・撮りすぎて整理が大変

14031902

14031903

14031904

14031905

14031906

14031907

14031908

14031909

14031910

14031911

14031912

14031913

14031914

14031915

14031916

Dsc_7157

Dsc_7302

Dsc_7303

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:940枚
移動:地下鉄、歩き  天気:快晴
撮影経費:500円

| | コメント (0)

2014年3月18日 (火)

撮影休み

 天気が悪く撮影休み
朝の7時頃だったか外を見ると明るかった。撮影に出れるかと思い準備したが、しばらくして雨が降り出したので予定通り撮影休みとした。

         
    

もうしばらくすると桜のシーズン、夜桜の撮影に行こうと思っているが、D4のISO12800の写り具合を、今日持ってでるつもりだった機材を撮影しチェックした。12800で撮影したのは、購入当初に東山花灯路で夜景撮影して以来と思うが、普通に撮るのは問題無いだろう。

レンズは24-70mmf2.8、f7.1、上SS1/320に下1/200、露出補正-0.7での撮影。

底板を有償交換してもらったD800Eの底
140318001

歩く時にカメラの底が服に擦れ、塗装が剥げて服が汚れるのを避けるため、最近はストラップ(BLACKRAPID RS7-1BB 吊り下げ重量3kg以下)を三脚座に取り付け、カメラの底が上に向くようにして使用している。
140318002

 

ついでカメラの連続撮影可能枚数を調べてみた。連写してシャッター音が変わるところまでの感覚的チェック。
・D7000(RAW14bit ロスレス圧縮):10枚に対し10枚
・D800E(RAW14bit ロスレス圧縮):18枚に対し23枚
・D4  (RAW14bit 非圧縮)    :53枚に対し63枚
D7000のメディアは書き込み速度があまり速くないSDHC、V1も試したがはRAWで42枚で驚く。
しばらくD7000で、カワセミを撮影していたが多少イラついた。鳥の動きもの撮影では、秒コマ数は多ければ多い方が良いのは当然だが、6枚ぐらいあれば一応の撮影は出来る。連写時間は、4~5秒ぐらい無いとカワセミホバからの飛び込みなど絶好のシーンを撮り逃がすことがある。

 

一昨日のレンジャク
昨日、再び群れが増えたそうである。
14031801

14031802

14031803

14031804

14031805

14031806

14031807

14031808

14031809

14031810

| | コメント (0)

2014年3月17日 (月)

ミサゴ 絶不調で行くだけ無駄だった・・・行ってみないと分からない

 ミサゴに行ったが、高い飛びものと遠くに止まるところを撮ったのみで大不調だった。やはり日本海や三重などミサゴの数の多い海に行かないと、良いところは撮れないのかも知れない。小鳥を撮影しながら時間を潰し1時前に引き上げた。

ミサゴ
これで一番近いところ、トリミングで3倍に拡大している。今日は飛び込む瞬間狙いでD4と80-400mmの手持ちだったが、400mmでは遠すぎてまともに撮れなかった。
14031701

14031702

3.6倍に拡大した止まりもの、2000mmぐらいのレンズが欲しい距離。
14031703

多分ハイタカと思うが、気づくのが遅すぎた。
14031704

ウグイス 今日も手ごわかった。
14031706

ホオジロ
14031707

ツグミ
14031708

今日一番多く撮影した鳥
セッカとかいう鳥だろうか、この手の鳥の名前はまったく知らない。足にリングを付けたのが居たが、どこかで生態調査でもしているのかな?
14031709

14031710

14031711

14031712

14031713

 

D800Eが戻ってきたので取りに行った。今回、オーバーホールで出したが、オーバーホールは5年保障が聞かないとのこと。こちらの意向は、底板、グリップラバーの交換とファインダー清掃に出したついでに、有償で総点検し正常であることを確認して欲しかっただけだが、依頼の仕方が悪くオーバーホールということで何点か多分劣化している部品と思うが交換されていた。明らかに故障しているなら無償と主張できるが、正常に使っていたので故障していなかったのだろう。D一桁機3台、FX機2台、DX機3台に500mmf4を始めレンズ10本以上購入している上得意、今回支払ったかどうかは・・・・? ほとんど5年間保障に入ったが、これまで使用したのはD300で一度だけ。
80-400mmのズームリングのゴムが著しく劣化し、1時間ほど手で持って撮影していると手が黒く汚れる。D800Eの底板塗装禿げのため(服についたらたまらない)、移動時も手で掴んで持っていたからと推定、送り返して交換してもらおうかと思ったが、J君にネットでレンズカバーを調べて貰い購入することにした。冬場は冷たくてカメラ用の手袋をはめていたが、これからは手に入るまで夏に釣りで使用している薄手の手袋をはめる。

14031714_2

撮影機材:D4、80-400mmf4.5-5.6、三脚使用  撮影枚数:303枚
移動:車  天気:晴れ(PM2.5の影響でぼんやり)
撮影経費:500円(駐車料金)

| | コメント (0)

2014年3月16日 (日)

カワセミ不調で今日もレンジャクへ

 日曜日というのに(年中日曜日なので関係ないが)朝早く目が覚め、することも無いので価格comのD4Sクチコミに目を通していると、メモリーカード挿入部蓋のガタつきの書き込みが目に入った。押すとカタカタ音がするということだが、私のD4と同じ症状でリニューアル機でも改善されていないようである。
撮影性能には支障は無いが、掴んだ時の感触に今までに無い違和感あり、防塵・防水に影響は無いのかも気になって1度使用してからだが、直ぐに販売店からニコンに送り返して貰った。”品質基準内で可能な範囲調整しました”とかの回答書付きで返ってきたが、多少マシになったかな程度でほとんど変わっていなかった。掴んだ時に親指の付け根辺りが当たる箇所、気にしなければ気にならないが、気にするととても気になる。今では、D一桁機とはいえこんな程度かと割り切って使用しているが、当初は手にする喜びなんて全く感じず、反対に手に持つたびにムカムカしていた。
D2X、D3に続く3台目の一桁機だったがハズレ、どこのメーカーも大して違いは無いのかも知れないが、メーカーの名前を信じ込まず買う時に販売店で外装をチェックし、問題があれば受け取らないの教訓としている。

朝からカワセミに行ったが、動きはあったものの大きな魚を捕って飛び去ったので諦めてレンジャクに行った。今日はカワセミ不調でカメラマンが多く3時まで和気藹々と過ごしたが、それなりに撮れて良かった。

カワセミ
今日は少し上流での撮影だったが、カワセミは朝から登場していた。何度か飛び込んだが中途半端な休憩タイムか多く動きはもう一つだった。
14031601

14031602

14031603

14031604

14031605

14031606

レンジャク
これこそレンジャクだが、昨年に比べれば飛来数が一桁少ない。
14031607

キレンジャクを見つけたので今日も狙った。
14031608

比較的見やすいところにも止まってくれた。
14031609

飛びものが撮れた。
14031610

歩いていて偶然直ぐ上の木に止まり実を食べだしたので、近距離で撮影できた。
14031611

14031612

14031613

水飲みシーン、これもキレンジャクを撮りたかったが1羽しか居ないので見つけられず。
14031614

14031615

14031616

14031617

ツグミ
14031618

レンジャクと思ってカメラを向けたらマミチャジナイ、一緒に行動していたようでは無かった。
14031619

今日はコヤツがハトを狙って飛んで来たが、D7000の手持ちでは動きが速くフォーカスしにくくハトに突っ込むところは撮れなかった。 オーバーホールに出しているD800Eは、明日戻ってくる。
14031620

数日前行った時、到着する前に出会いがしらレンジャクを捕らえたそうである。1時間早く行っていれば撮影出来たかも知れない。
14031621

 

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:734枚
移動:歩き後地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:460円

| | コメント (0)

2014年3月15日 (土)

V1と80-400mmで

 今日は、V1と80-400mmでカワセミを撮影に行った。このレンズにV1を装着するのは2度目だが、今回は主に三脚を使用した。
カワセミの出はさっぱりで姿を見たものの良いところは撮れなかった。やはり3月半ばになると出は悪くなるようである。久しぶりに寺にも入ったが姿を見ず、拝観受付のおばさんの話では見たという話は時々聞くようである。仕方なくレンジャクに行ったが、今日は途中で40~50羽に増えキも1羽居た。
久しぶりのV1は、EVFのファインダーとシャッターを押してからのレスポンスが遅く、一眼レフに使い慣れていると使い勝手が悪いのを改めて実感した。V3はシャッターのタイムラグは改善されたとしても、ファインダーのレスポンスは一眼レフほど速くはないだろう。今日もファインダー横のセンサーに黒いテープを張り、常時ファインダーが働くようにしていた。飛びものをすばやく追うには光学式ファインダーで無いと無理かも知れない。止まりものならV1でも十分で、価格を考えるとV3は見送りかなと熱は急激に冷めた。人の評価を聞いてからの方が良いだろう。

●V1での撮影

カワセミはスタンバイしていると思ったが居らず、最初に撮影したのはモズ
14031501

カワセミ登場
14031502

直ぐに居なくなったので探しに行ったが、途中にハトが居たので撮る。ノートリ画像、一眼ではトリミングしないとここまで大きく撮れない。
14031503

久しぶりに寺に入る。
アオサギが優雅に飛んでいたので撮影した。1080mmの手持ち撮影
14031504

メジロ、これも手持ち撮影
14031505

14031506

再び川に戻るとカワセミ2羽がバトル寸前だったが、威嚇しあっただけで1羽が飛び去った。
14031507

水浴び
V1での撮影が久しぶりだったのでもうひとつ。何度か連続で飛び込んでくれ、感覚が戻れば撮れると思うが、今日は3度ほど飛び込んだだけだった。
14031508

14031509

カワセミが支流に入ったので諦めてレンジャクへ

ヒレンジャクの水飲み、今日は粘ったので何度か撮れた。
14031510

ネズミモチの実を食べる。
14031511

人が通ると高い木に逃げる。
14031512

木の枝が邪魔になりなかなか撮れないが、じっくり探すと抜けているところもある。1080mm、さすがに大きく撮れる。
14031513

14031514

キレンジャクが1羽
14031515

珍しいので、かなり撮影した
14031516

14031517

14031518

14031519

チョウゲンボウが現れたが、レンジャクは逃げてしばらく帰ってこなかった。
14031520

 

動きのあるところに狙いを変え、D7000を使用した。すべて手持ち撮影だが、V1の後の一眼レフは気持ちよく撮影できた。

14031521

14031522

14031523

14031524

14031525

14031526

 

撮影機材:V1/D7000、80-400mmf4.5-5.6、三脚使用と一部手持ち
撮影枚数:490枚/391枚
移動:地下鉄  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:1,070円

| | コメント (0)

植物園の梅

 昨日、鳥撮影の合間にD4に80-400mmで撮影した梅、七分咲きぐらいかな

140315101

140315102

140315103

140315104

| | コメント (0)

V3、考えれば考えるほど気になるⅡ

 昨日、過去にV1で撮ったカワセミ画像を拾い出した。歩留まりが悪く削除が多かったため残っている画像は少なかったが、PCで見る分にはそれなりと思う。水際撮影は、一眼でも大半はそこそこなので大して違いは無いが、上手く撮れたと思う画像は当然一眼の方が良い。歩留まりは1/3程度、カメラが小さいのでレンズが大きければ大きいほど使い勝手は悪い。

   

画像はいずれもノートリ無修正    

●28-300mmf3.5-5.6の手持ち撮影
かなりフォーカスの遅いレンズで、風景撮影がメインで鳥撮影には散歩のついでにしか使っていないが、V1購入時にはカワセミ相手にかなり試しの撮影を行った。
    
 
14031500128300

 

●70-200mmf2.8+1.4倍テレコン 手持ち/三脚使用?
1403150027020014

 

●300mmf2.8 三脚使用 140315003300

 

●500mmf4
カワセミ撮影では近くから撮ることが多いので使い勝手が悪かった。 140315004500

今日はカワセミ相手に三脚使用で80-400mmで撮影するが、手持ちでトビか何かで空抜け飛びもに再挑戦してみよう。V1で何枚かでもそれなりに撮れれば、V3では間違いなく撮れるだろう。その時は・・・・・

| | コメント (0)

2014年3月14日 (金)

けだるい撮影日だった

 気温が上がったり下がったりの影響か何か分からないが、今日は朝から体調がパッとせずで撮影も同様だった。V3が気になり朝から過去に撮影したV1の画像を見直していたので、出発は9時半頃となり、最初に植物園に行った。狙いはルリビタキ♂の梅の木止まりに、今期撮影していないルリビタキ♀だったが共に姿見ず。他の鳥も姿は少なく、カワセミも見なかった。帰って夜に東山花灯路に行こうかと思ったが、寒いので夜の撮影は止めることにしてヒレンジャクの様子を見に行った。まだ、20羽程度居たが、高い木に止まり動きはもう一つだった。

シロハラ
14031401

14031402

フレンドリーなジョウビタキ14031403

14031404

14031405

目の前に下りてきたので、少し後ろに下がり更にフォーカス距離をFullに変える。
14031406

普段はあまり撮影しないシジュウガラも撮影
14031407

 

ヒレンジャク
もう抜けたかと思っていたが まだ居た。今年は数が増えずキは混じっていない。昨年は別の場所にも群れが現れキを撮影した。
14031408

良いところに1羽が止まってくれた。飛びものも狙ったが良い画像無し。
14031409

14031410

14031411

 

移動中V3の事がいろいろと頭に浮かぶ。
最悪、遠くの猛禽の飛びものは諦め、止まりもの専用と考えればサブカメラとして使い道は十分あるが、サブカメラとしては価格が高すぎる。電池とメディアが現有のものと互換性が無いのもアカンが、FT1を付けて現有レンズを使用すればレンズの選択肢が広がる。
  500mmf4     ・・・・ 1350mmf4    猛禽止まりもの
    300mmf2.8    ・・・・  810mmf2.8  距離が遠い場合のカワセミ
  400mmf5.6ズーム・・・ 1080mmf5.6  野鳥止まりもの全般の手持ち撮影
  200mmf2.8ズーム・・・  540mmf2.8  天気の悪い日のカワセミ
  300mmf5.6ズーム・・・  810mmf5.6  軽量機材でぶらっと出る時

いつ発売されるか分からない次期DX機とどちらを選ぶかになるが、もし遠い猛禽の飛びものがそれなりに撮れれば次期DX機は不要となる。カワセミは使いかってと歩留まりが悪いので最近使用していないが、ホバに水際は三脚を使用すればV1でも撮影できる。手持ちはちょいと難しい。
尚、風景、花は一眼カメラ(D4、D800E)以上に綺麗に撮れるとは考えられない。ちょっとした風景撮影ならV1で十分。

 

撮影機材:D4、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:188枚
移動:地下鉄  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:600円
  

| | コメント (0)

V3、考えれば考えるほど気になる

 昨日発表されたV3の価格は、キタムラネットショップで121,500円(プレミアムキッド)、それに電池フル充電での撮影可能枚数を300枚と仮定すれば予備電池2個、microSDHCカードを足すと14万円ぐらいになる。300mmf2.8に付ければ810mmf2.8相当、14万円で約160万円のハチゴロウ+FX一眼デジ並みの撮影が出来れば価値があると思うが、メーカーもそんな物を低価格(といっても高いが)で出さんやろう。
V3だけなら一番欲しいと思うのはオオワシなどの距離の遠い猛禽、遠い飛び物のAFはどうだろう。V1に500mmのオオワシ撮影では、一眼デジでのトリミングで対応できる距離なら大きく撮れ画像も個人的には満足だった。飛びものでは使いものにならなかったが、V3はどうなのかな・・・・良くなったとして使いこなせるか?
500mmに付ければ1350mmf4で1800万画素、トリミングもかなり出来るが・・・・

過去にオオワシ相手にD800EとV1で撮影した画像、レンズは共に500mmf4使用

●適当に修正(PC:D800Eは風景、V1はビビット)後、同サイズ程度にトリミング
 D800E
140314001

 V1
140314002

 

●ノートリ無修正
 D800E
140314003

 V1
140314004

 

●V1 かなり近くのノートリ無修正画像

140314005

 

止まりものなら暗い森でのアカショウビン撮影に良いかも知れない。
328に装着で810mmf2.8、かなり高感度に対応するようになりミラーレスでシャッターショックも無い。
09年6月に戸隠で始めて撮影した時はD90に旧80-400mmの手持ち撮影でSS1/160だった。ミラーレスのカメラとVRの効果が良くなった現行レンズなら、慎重に撮れば1080mmの手持ちで大きく撮れる。

140314006

次期DXを止めて?????

| | コメント (0)

2014年3月13日 (木)

撮影休み

雨で撮影休み

昨日のカワセミの続きです。距離が遠く三脚を使用したにもかかわらず良い画像無し。

予想していた場所より遠くに飛び込まれ水際を撮り逃がす。14031301

逆光での撮影、水際を捉えたが解像せず。14031302

14031303

14031304

14031305

14031306

水浴び、順光で良かったが距離が遠すぎた。14031307

14031308

14031309

14031310

餌捕りお立ち台に上がる。この場所から飛び込んでくれると間があるので水際を撮りやすい。川岸の枯れ草や止まり木からの飛び込みはタイミングが合わず苦手。
14031311

飛び込んだ場所が予想していた場所と違い撮影失敗。14031312

14031313

三脚の高さを調整している間に飛び込まれ、慌てて向けたものの水際飛び出しはピンズレ。
14031314

14031315

14031316

撮影地はゴミだらけの場所が多くある。ゴミだらけの街中の川での撮影は水際に水面バックの飛びもの主体、止まりものも含めれば管理された公園か名所の池が良いが、交通費や拝観料などの撮影経費が必要で、今では毎日行けない。
14031317

 

V3と1専用の70-300mmが発表された。
ざっとしか見ていないが、V3は撮影タイムラグがレンズ交換式デジタルカメラで世界最短、連写20コマ/秒、高感度12800など記載内容を見ると魅力がある。撮影タイムラグ世界最短は、デジタルカメラと書かれているので一眼は含まれていないと思うがどのくらいなのか? フォーカスを1枚目固定でRAWで60コマ/秒可能ということは、シャッターを押し直せば60枚ぐらいの連写可能なバッファを持っているのか? 一眼レフより綺麗に撮れるとは思わないが、このカメラがあればDX機は要らないようにも思う。500mmf4か300mmf.28にFT1を介して装着し、いきなり鳥の飛びものに向けてもピントが合えば凄いカメラと思うが・・・・・。

価格は、レンズ不要だがプレミアムセットで121,500円也(キタムラネットショップ)、サブ用としては高すぎる。身近の誰かが買うのを待ち使い勝手を聞いてから考えるのが良いかな・・・。
70-300mmレンズ112,800円は、V1の使い勝手が悪いためV3が無ければ思いとどまる。

<追記>
”ニコンデジタル一眼レフカメラの優れた操作性を継承しつつ、動体捕捉性能でそれを凌駕する”とニコンのHPに書かれていたが、D4Sを越えたのかいな・・・・ちょっとびっくりで腰が抜けるではないかえ!

| | コメント (0)

2014年3月12日 (水)

カワセミ  ゴミの前で空中戦

 今日のカワセミは最初から下流へ、腰の調子が良くなり328を持っていこうかと思ったが、もう少し様子を見ることにして、D4に80-400mm+1.4倍テレコンで三脚を使用した。下流でD4はテレコンが無いと距離的に苦しい。

カワセミの動きはもう一つだったが、下流の♂と少し上の♀の空中戦が見られた。残念ながら距離が一番遠い場所でピントズレ、おまけにゴミの前だったので絵にならず。D4ならゴーヨンに1.4倍テレコンが必要だった。
下流の♂と♀が近くにいた所に直ぐ上の♀が縄張りを越境し進入、♂が直ぐに近寄り上の♀が仕掛けて空中戦となったのだが最後は追い払われた。その間、近くに居た下流の♀は高みの見物で動かず。

14031200

14031201

14031202

14031203

14031204

14031205

14031206

14031207

14031208

14031209

14031210

14031211

14031212

14031213

14031214

14031215

14031216

14031217

14031218

14031219

14031220

14031221

♀が上流に飛んだので♂が追いかける。14031222

 

撮影機材:D4、80-400mmf4.5-5.6+1.4倍テレコン、三脚使用  撮影枚数:481枚
移動:行きは地下鉄、帰りは歩き  天気:晴れ
撮影経費:210円

| | コメント (0)

2014年3月11日 (火)

久しぶりのミサゴ狙い

 お散歩程度に車を走らせミサゴを撮りに行った。10時前から2時半まで居たが、5度の登場で時間は短く池の上を旋回したのみ、鯉がまだ小さいのか(?)飛び込まず。ミサゴの飛翔は、”もうエエ” と思いながら、行った以上は写さなければとかなりの枚数を撮影した。D7000に80-400mmの手持ち撮影、少し遠いとほとんどビビリ、歩留まりはかなり悪かった。D4では望遠不足、トリミング頼みのD800Eが帰って来るのを待つしかない。

ミサゴ
狙いは足を突き出して水面に飛び込む瞬間だったが撮影機会なし
14031101

14031102

14031103

14031104

14031105

14031106

14031107

ケリ
14031108

14031109

14031110

14031111

14031112

ウグイス 何処でも手ごわい14031113

14031114

ホオアカ・・・かな?
14031115

ヒバリ
14031116

モズ
14031117

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:699枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:500円(駐車料金)

| | コメント (0)

2014年3月10日 (月)

撮影休み  火災警報器をつける

 朝から晴れていたが寒くて疲れも残っていたので撮影休みにした。火災警報器の取付けを忘れていたので、西友で買い天井近くの壁に取り付けた。

することも無いのでCapture NX-Dのベータ版を再度使ってみた。画像拡大、トリミング、画像サイズの変更等が良く分からず途中で止めたが(2度目)、以前に一度使用したSILKYPIX(無償のお試し版)に似ているような。使い慣れたソフトCaptureNX2(4→NX→と買い替えている)が良いが、メンテ中止になるようなのでそれまでにNX-Dを使いこなさないと、新しいカメラを購入した時にRAW画像を扱えなくなる。恩恵は無いがNX2を無償にして、Viewと共に継続してくれた方が良かった。
昨年購入した80-400mmのズームリングのゴムが劣化し、今年に入って毎回手が黒く汚れる。保障期間内なのでクレームで送り返したろかと思うが、D800Eの底板の短期間での剥げ同様 ”良く使い込んでますね” と淡々と電話でほざきよるかと思うと腹が立つだけで躊躇する。まあ、それよりこのレンズを送り返すと日頃の鳥撮影に支障が出ることの方が問題で、防護カバーを探した方が良いだろう。格好悪いがサランラップを巻くかな? ゴムなので当然経年劣化するが、1年も立たないのに劣化するような素材を使うな! ”ニコンのばか”・・・イワンやったか

3,470円で購入した煙感知式の警報機
タバコの煙を吹きかけたが鳴らずで安心?・・・いざという時にホンマに警報が鳴るの? テストボタンを押すと正常ですとの声がして、4秒以上押すと激しくアラームが鳴ったが大丈夫かいな。
14031001

 

今日の野鳥は、先日カワセミの帰りに直ぐ前に現れたエナガ

14031002

14031003

14031004

14031005

| | コメント (0)

2014年3月 9日 (日)

カワセミ  ”ああ、しんど”の撮影日

 8時前に川到着、今日も下流での撮影がメインとなり、11時半まで粘ったが立っているのに疲れた。上流域で上の♂を見つけ期待したが、芸無しで上流へ移動したので追いかけたものの、最上流に飛び去ったので諦めた下流へ行った。下流では♀相手の撮影となったが、いつも通りダラダラと移動を繰り返し、たまに飛び込んだが待ち時間が長かったのでタイミングが合わず。途中で♂が現れ、直ぐ上に居た♂と♀(ゴミが背景になるので今日は無視した)も下流に飛んできて、一瞬だが一箇所で4羽が見られたがどのカワセミもサービスが悪く、もう一つの撮影日だった。

上のカワセミ、いつも通り移動範囲は広いが、最近芸の連発が無い。14030901

ムクドリが飛んできて身構える。
14030902

ペリットを吐いたので”やるか~”と期待したが、何もせず最上流へ一直線。
14030903

14030905

下流の待ち時間が長い♀
14030906

飛び込むかと思ったら風に吹かれて場所を移動したのみ。
14030907

14030908

14030909

14030910

上の♀を追い払う(多分?)
14030911

14030912

14030913

14030914

餌捕り場面でシャッターを押したのは3度、いずれもピント不十分
14030915

14030916

対岸での水浴び
14030918

14030919

14030920

 

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:261枚
移動:歩き  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年3月 8日 (土)

カワセミ  謎の♀(?)

 朝からカワセミに行った。腰の調子がもう一つで腰痛ベルトを巻いて出たが、歩きに立っての撮影では何とも無かったが、帰ってから座ってしばらくして立つと、腰に痛みが走り直ぐには腰を伸ばせない。直るには、まだしばらくかかりそう。

上のカワセミ事情が少し変わったような・・・・?

最初に現れたのは上の♂で蕎麦屋近くにご登場、ペリットを吐き少し上流に移動した後、いつもの上流の餌捕りポイントまで一気に飛ぶ。14030801_2

14030802

14030803

橋脚から餌捕り一発、獲物は小さな虫14030804

14030805

直ぐに少し下流へ移動し再び餌捕り、今度は魚だったが飛び込んだ場所が悪く水際は見えず。
14030806

その後また少し下流に移動し今度は大きな魚を捕ったが、これまた水際見えず。

1時間は動かないだろうと下流のポイントに行くと♀が居たが今日も動きは悪かった。その後少し上に出合いの♂と上の♀が登場し、下流での撮影がメインとなったが、あまり良い画像は撮れず。

14030807

14030808

14030809

14030810

14030811

14030812

11時頃に帰ることにしたが、少し上で出合いの♂と上の♂が近くに止まったので動きを期待して少し留まった。この♀は上の♂とペアになると思った上でよく見かける色の薄い♀。
14030813

少し前に上流の階段近くでロングバトルを行った2羽だが事情が少し変わっていた。
まったくバトルをする気配はなく、♀が♂に擦り寄る。14030814

♂は嫌がって逃げよった。14030815

14030816

♂は直ぐに近くの橋の下に隠れたようで、♀も後を追ったが姿を見失った。

かなり上流の畑近くにカワセミが居り、上の♂と思い近づいたが♀だった。下流に居た♀と思ったが、最近のカワセミにしては一気に飛ぶ距離が遠すぎ胸の色も少し濃い。この♀は何者?、下流に居た♀もここまで来るが・・・分からん14030817

 

予想通りD4Sを見た。D3Sに比べてだがフォーカス追従性が相当良くなったそうである。もう1台(もしかしたら2台)見られるかな?14030818

 

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:373枚
移動:歩き、天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年3月 7日 (金)

朝は北野天満宮の梅、昼から山科疎水で探鳥

 昨日に発症した経度の腰痛、座っていると立ったと時に腰が痛くなるので、腰痛ベルトを巻いて撮影に出た。北野天満宮の梅撮影と思いD4に24-70mmをショルダーバッグに入れたが、重かったので大事を取りV1と専用レンズにした。梅は満開、空に雲があり白とびしたが、条件的にはこんなものかいなと満足、次いではあっても梅狙いの撮影終了で次は桜。今年は拝観料の要る場所は避けたいと思うが行くやろな。
11時前には戻り撮った写真の整理をしていたが、やはり座っていると腰の調子がおかしかったので、昼から再び撮影に出た。カワセミに行こうかとも思ったが、しばらく行っていない山科疎水へ何かいないかと行ってみた。昼からの機材はD7000に80-400mm。

 

●朝の北野天満宮
梅はちょうど満開、8時40分頃の着で人は少なかったが、途中から高校生の団体も来て人が多くなったのでさっさと引き上げた。14030701

14030702

14030703

14030704

14030705

14030706

14030707

14030708

14030709

14030710

14030711

14030712

14030713

梅苑の梅も見ごろだったが、開園が10時だったので入らず。14030714

14030715

 

●山科川疎水での探鳥
昨年4月の桜撮影以来だが、鳥は少なく狙いの鳥は姿見ず。今年は疎水まで下りてこないのかな?

イカル
14030720

シロハラ、顔の先の色が少し違うようにも思うが14030721

マミチャジナイ、久しぶりに見たが大阪城以来かな
14030722

シメ
14030723

他にはエナガを見たのみ、撮影できず

 

今日、デジカメinnfoにD800後継機の噂が掲載されていたが、D4に続きD800も年内遅くには早過去の製品になる可能性があるのかいな? リニューアル期間が短いのは、メーカーの売上げ継続の作戦かな?
発表当初はスペックだけですごいと思い購入しても、2年ほどしてリニューアルされると腕を上達させることを置き去りにし、メーカーの宣伝文句とスペックに期待し買い替える。これまで何度も繰り返したが、特殊な条件を除けばハイレベルな現状機と大して変わらないと思うので、どちらも購入する気は全く無く余裕も無いが、V3と300mmズームは気になる。今日のように腰を痛めた時、リハビリ散歩を兼ねた鳥撮影で持って出るのにちょうど良い。
D4Sが発売されたが、カワセミ撮影現場でも直ぐに見られると思っている・・・・

  
撮影機材:朝はV1に10-30mmf3.5-5.6、昼からD7000に80-400mmf4.5-5.6
撮影枚数:朝64枚、昼から124枚
移動:地下鉄、歩き  天気:朝晴れ、昼から曇り一時晴れ雪がチラつく
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

| | コメント (0)

2014年3月 6日 (木)

城南宮神苑の枝垂れ梅

 久しぶりの花風景撮影で城南宮に行った。目にピントさえ合えば後はどうにでもなる鳥撮影と違い、風景の撮影は何にポイントを置けば良いかもう一つ分からず、また今日は曇り時々晴れで刻々と日差しが変わり撮影は難しかった。以前にD700と24-70mmf2.8(28-300mmだったかも知れない)でコンデジ並みの画像を撮り驚いたことがあったが、今日はD4に24-70mmと80-400mmでの撮影、コンデジで撮影し修正した画像よりは上手く撮れているとは思うが如何に。山風景や夕暮・夜景等の特殊な条件の撮影を除けば、コンデジでもソフトで修正すれば、歩留まりはかなり悪く慎重に撮る必要はあるが、ブログに掲載するレベル(サイズ、容量)なら一眼レフ並みの画像を撮れる・・・・反対に一眼でもコンデジ並みの画像しか撮れない腕ということか?

梅の開花状況は七分咲きといったところで綺麗だったが、まだ地面に花びらが散っておらず、撮影条件としてもうひとつ4~5日後の方が良かった。神苑の開門直後に入り約1時間の撮影で帰った。

14030601

14030602

14030603

14030604

14030605

14030606

14030607

14030608

14030609

14030610

14030611

朝のおやつ城南宮参堂で買った椿餅、2個で500円也。葉っぱは食べられず、餅の上下を手で掴むためのもの。
14030612

地下鉄で行こうかと思ったが、城南宮のHPを調べると無料駐車場があったので始めて車で行った。カーナビで一般道優先で設定すると、勧修寺横から深草に抜ける道を示したので走ったが、帰りに自宅を目的地に設定すると行きの道と違い、京都市内に入る道を示しよったが何でや? 
来る時に通った道の痕跡が画面に残っていたのでそのルートで帰ったが、途中までしつこく設定したルートに誘導しよった。

昼から探鳥で山科疎水に行こうと思ていたが、家を出る寸前のトイレで右足を伸ばし体を捻って便器前に立とうとした時に腰に痛みが走った。腰の中心部ではなく少し右側なので直ぐに直ると思うが、明日は撮影に出れるだろうか。左足から入れば良かったかなと思うが、ドアの開く向きから右足になってしまう。

 

撮影機材:D4、24-70mmf2.8、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:184枚
移動:車  天気:曇り時々晴れ間で雪もちらつく
撮影経費:0円 

| | コメント (0)

2014年3月 5日 (水)

撮影休み

 今日は雨で撮影休み

デジカメinnfoを見ると、ニコン1用の70-300mm準備中の予想が?付きながら書かれていた。少し前にはV3の記事も出ていたが、もし発売されるなら共に欲しいと思う機材だが、少し考えるところもある。フォーカス後のシャッターが切れるまでのタイムラグと高感度。V1をカワセミ水際撮影で使用した時、捉えたと思った画像もほとんどカワセミがはみ出していたので見切りでシャッターを押していた。また、感度はノイズを我慢したとしても、トリミングする野鳥画像ではISO800でも苦しかった。V1のISO800画像がV3では1600相当ぐらいになっていれば良いのだが。V1にFT1+一眼レンズを付けての撮影は、最初は面白く何回か使ったが重量バランスが悪く最近は使っていない。地元での80-400mmのカワセミ手持ち撮影、D7000でも首にぶら下げて数時間撮影していると重く感じる。軽量のニコン1専用超望遠レンズが出れば嬉しいのだが、もちろん一眼システム並みの性能や写りは期待しておらず、多少しんどい時(撮影に出ないのが一番だが)、昼からの二度目のちょっと出る様子見撮影、500mmf4で三脚使用時や最近はほとんど行かないが風景撮影の補助望遠システムとしての用途が考えられる。オオワシ撮影で止まりものに飛び出しはV3と500mmf4、飛びものはV3と専用70-300mで810mmの撮影も面白いかも知れない。いきなり飛びものにカメラを向けるのは、所有しているV1とFT1+一眼レンズではAFが追いつかず使用していないが、新しい専用システムならどうかな?
費用が問題、次期上級DX機は予算を確保しているがニコン1は考えていなかった。昨年の80-400mmのリニューアル機購入で完全に出番が無くなった70-200mmf2.8とD7000を下取りに出して後は少し無理する、あるいは次期DX機を見送り費用を回す・・・・少し考えてみよう。

今日の画像は在庫より

●カワセミ
14030501

14030502

14030503

14030504

14030505

 

●小さな虫を咥えて飛ぶヒレンジャク

Dsc_7814

 

●平城宮 資料館を見学したかったが休館日だった

大極殿
14030506

朱雀門
14030507

| | コメント (0)

2014年3月 4日 (火)

カワセミ  撮りそこねた魚は大きかった

 朝は快晴、アリスイの木止まりものを撮影に行こうかと思ったが、撮れるかどうか分からない、昨日と同じなら行くだけ無駄と思いカワセミに行った。今日は直ぐにカワセミを見つけ、大きな魚を捕りよったが、飛び込む前に少し移動したので土手の影で撮れず。

8時過ぎに家を出る。川に着いて直ぐに露出チェックを兼ねてスイセンを1枚
14030401

数分歩いて土手の肩にカワセミ発見、直ぐに下に飛び枯れ草に止まった。一度飛び込んだが枯れ草で見えず。
14030402

仕方なく対岸に回ったが、一旦橋脚に止まり飛び込まずに、再び飛び少し下の石の上に止まる。
14030403

日差しの方向が悪かったので移動したが、直ぐに飛び魚を咥えて下に飛んだ。飛び込んだ場所は土手で見えなかった。移動しなければ日差しは悪かったが撮れていただろう。14030404

木の茂みに隠れたので、背後から見ると大きな魚を咥えていた。14030405

止まった場所が分からなかったので近づいたが、直ぐに前の日陰の石に移動しよった。
14030406

更に前に移動しよったので日差しが良くなった。多少苦労していたが食べ終わり休憩に入ったので、1時間は動かないと思い下流に向かう。
14030407

カワセミの姿は見られず下流の撮影ポイントに着いたが、今日のこの地のカワセミは時々飛び込むものの、魚を捕らえられず移動を繰り返しよった。
14030408

餌捕りお立ち台に止まり期待したが・・・・
14030409

飛び込み水際は押さえたが魚無し。今日の水際で撮れたのは、この1枚のみで情けない。
14030410

飛び出し後の飛行は、背後からの撮影で絵にならず。
14030411

下流ポイントの紅梅、逆光での撮影を試みたがカワセミ撮影設定ではもう一つ。
14030412

餌を捕ったのかどうか分からなかったが休憩に入ったので、諦めてモズ♀を撮影し上流にに戻った。
14030413

上の♂と♀が近くに居たので、何か起こるかと期待したが何も起こらず。
14030414

♂は飛んだが妙な所で見失い、♀は魚を捕ったが瞬間を見逃す。
14030415

♀も水浴び後動きが止まり休憩に入ったと思い、11時頃に一旦引き上げた。

朝、最後に撮ったのはカワラヒワ
14030416

 

昼食後、明日は雨の予報で撮影に出れないと思い、1時半に再び川に向かう。直ぐにカワセミを見つけたが下に移動。
14030417

しきりに上空を気にしていたが何か猛禽が飛んでいたのかな?
この後直ぐに木の茂みに入り休憩、餌捕りをしたのかな?
ブラブラと他のカワセミを探したが姿見ず。
14030418

3時過ぎに諦めて自宅に向かったが、途中の小さな公園では白梅が満開だった。
14030419

梅のシーズン到来、昨年は梅と桜までは風景撮影に行った。今年はどうするかな、人の多い名所を巡るのが億劫になっている。

 

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:朝338枚、昼から47枚
移動:歩き  天気:朝快晴、昼からうす曇
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年3月 3日 (月)

アリスイ狙いでひとっ走り

 カワセミ撮影を休んでアリスイの撮影に行ってきた。他にヒクイナ、クイナを撮影したが、いずれも草被りの中で撮れたつもりの画像も周囲にピントが取られ、ピンボケ画像が多かった。今日は、D7000に80-400mmの手持ち、ゴーヨンまでは要らないと思うが、328+1.4倍テレコンで三脚使用なら、もう少しピントの合った画像が多かったかもしれない。天気予報では昼から晴れマークになっていたように思ったが、着いた時は晴れでだんだん曇り空になり、風も冷たく寒くかったので昼過ぎには引き上げた。木に止まり長い舌を出したところを撮らなアカンと聞くが、もう一度行くかな。
尚、カメラマンは平日というのに多く、撮影仲間から出没する場所にマークを入れた地図を事前にメールで送ってもらったが、直ぐに分かり不要だった。

アリスイ
初撮影、一度撮りたいと思い近場の出没するという場所に何度か行ったが姿見ず。ヨタカほどではないが、爬虫類を連想させる。
14030301

運良く朝に一度だけ近くで撮れたが、後は遠くて600mm(400mm×1.5倍)では歯が立たず。
14030302

14030303

14030304

14030305

ヒクイナ
初撮影、思っていたより小さく、直ぐ近くまで来たが隠れる時の逃げ足は速かった。
14030306

14030307

14030308

14030309

14030310

クイナ
4度目ぐらいの撮影と思うが、なかなかいい場所に出てきてくれなかった。14030311

14030312

14030313

14030314

ヒバリ
直ぐ近くに下りてきたので撮影した。
14030315

囀りながらのホバ、にぎやかな鳥である。14030316

14030317

モズ
梅の木止まり、もう少し花が開いていれば絵になったのだが14030318

ミサゴ
多分池の上と思うがホバをしていた。急降下は見ず14030319

 

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:855枚
天気:晴れ後時々曇り
撮影経費:0円(ガソリン代は日常経費内)

| | コメント (0)

2014年3月 2日 (日)

撮影休み  ヒレンジャク

今日は撮影休み

先日撮影したヒレンジャクです。
ぶらっと行って飛びもの主体で220枚ほど撮影したが、家に帰ってからPCで画像確認したところ、飛んでいる鳥の周りに黒い点が見え、センサーのゴミ付着かと思い拡大すると虫だった。1枚、虫に向かって口を開けて飛ぶ姿が写っていたので面白いかもと思い、翌日再挑戦したが良いところは撮れず。撮影は今年初で過去宇治に始まり6度目、昨年は3箇所で撮影している。

鳥撮影の基本は止まりもの、背後から顔だけ横向いたところを撮りたかったが機会無し。
14030201

止まりもの撮影は、枝被りが多く距離も遠いので飛びものを狙う。

口を開けて飛ぶ姿が1枚
14030202

大トリミングで拡大すると
14030203

飛びものは動きが複雑でカワセミより難しく、飛んでいるところを適当に狙ってシャッターを押した。
14030204

14030205

14030206

14030207

水飲みシーン
14030208

14030209

14030210

14030211

14030212

| | コメント (0)

2014年3月 1日 (土)

カワセミ ショートバトル

 先日、D800Eをオーバーホールと塗装が剥げた底板に浮き上がってきたグリップのラバー交換をキタムラに出した。オーバーホールはファインダー周囲の清掃だけでも良かったのだが、どうせしばらく使えないのなら全体の総チェックをしてもらおうと思ったのである。昨日、昼からカワセミ撮影に出ようとした時に、修理受付(多分、キタムラとニコンの中間業者?)から予想費用(見積り)の連絡があった。技術料に部品交換が上限になれば(シャッター機構に絞りユニット・・・)、4万数千円かかりますとのこと。”高~”と思ったが、ある程度は予想していたので、”それでOK”ですといって電話を切り川に向かった。途中で5年間保障に入っているのを思い出し、不具合が見つかった内部部品の費用は保障範囲内ではないかと思い、川から戻りキタムラに行った。キタムラから電話してもらい、費用を分けて出してもらうことになり、話はまとまったが幾らかかるのやら。D800Eは野鳥手持ち撮影のメイン機種、購入後1年10ヶ月でショット数は12万回ぐらい、D4とD7000を併用しているのでよく使っている方かな。

ということで、今日のカワセミ撮影もD4と80-400mmズーム、川岸でのショートバトルを高速連写で撮れ、秒コマ数の多さが活き良かった。
いつも通り川を下流に向かって歩いたが、いつもカワセミを見る場所には居らず。今日はアカン日かと思っていたら、下流に猛スピードで飛ぶ姿を見て追いかけた。蕎麦屋横でカワセミを待っていた撮影仲間に下流に飛んで行ったと聞き、出合いの♂かいなと思ったが、まだ上流近くまで来ているのかと少し驚いた。仕方なく引き返したが、途中で♂と♀が近くに止まっているのを鳴き声で気づく。威嚇とまではいかないが、それに近い鳴き方だった。

上の♂と活動範囲の広い♀は、今は追いかけ合いをしているが、昨日も近くに止まるところを見ており、近々ペアになると予想している。雛が誕生すれば上流のカワセミは安泰。
先日、5分間に及ぶロングバトルを行ったのは、この♀と出合いの♂である。
14030101

♀が少し上流に飛んだ。14030102

♂も上流に飛び、再び暗い橋の影に並んで止まったが、直ぐに2羽とも下流に飛び去った。

急いで下流に行くと2羽が近くに止まっていた。14030103

距離が遠かったので対岸に行って気づいたが♂2羽、♀は出合いの♂に変わっていた。鳴き方も激しくバトル間違い無しと期待して待ったが中々始まらない。14030104

一度突っかけたが、良く似た♂同士では見分けがつかない。14030105

14030106

近づいたり離れたりの小康状態が続く。14030107

こうなると手持ち撮影は、構え続けられないので苦しい。14030108

何度かカメラを構え直した時にバトルが始まった。14030109

14030110

14030111

14030112

14030113

しかし、勝負は一瞬で終わり、上の♂に軍配が上がる。14030114

先日の♂と♀のロングバトルは、力が均衡していたようである。14030115

14030116

上の♂の縄張りはこの辺りまでで、止まり木に止まって下流に飛んだ♂を見張る。下流に飛んだ♂は、一度水に飛び込んで対岸に飛ぶところまでは確認したが、その後は分からず。
14030117

トイレに行き戻ると皆が上流に向かって歩き出していたので、私も状況分からずのまま上流に向かった。

再び上の♂を見つけ後を追ったが、小さな虫を捕りながら上へ上へと移動を繰り返す。この間対岸からの撮影で、遠くてまともな画像は無し。カワセミ側の岸に渡ったのは過っての撮影ホームに着いてからだった。しかし、良いところ無しで天気ももうひとつだったので、時間は早かったが引き上げた。14030118

今年も今日から3月だが、昨年はこの頃から出が悪くなり半ばには姿を見るのが稀になり、撮影場所を植物園に変えた。植物園も出が悪く、一般の人も多くカワセミに近づきすぎて飛ばす飛ばし屋に悩まされると聞くが、地元で撮れなくなれば行くしかない。地元より背景が綺麗ので良いのだが交通費が要るのも問題、今年はどうなるのやら?

今年の冬の地元上流でのカワセミ撮影は、姿をなかなか見ないと話している間に、いつの間にか頻繁に姿を見れるようになった。しかし、去年のような”それ行け、やれ行け、とことん行け””のような場面は無く、あの蕎麦屋の大将は、偉大なカワセミだったように思う。気合の入った出合いの若が今の出合いの♂か?、それとも縄張りを変えて上の♂に?・・・、蕎麦屋の大将は生きていた?、豪快な餌捕りが無いのでこれは無いと思うが・・・・よう分からん。カワセミは成鳥になると見分けがつかなくなる。

 

撮影機材:D4、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:352枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »