« 撮影には出るが天気の様子見 | トップページ | 桜2014Ⅰ山科と隋心院の梅 »

2014年3月27日 (木)

9時を過ぎても天気良くならず、多少ウズウズしてきた

 V1に80-400mm手持ちの再チェックは明日に延期し、昼から晴れれば近場に出かけることにする。

最近、カワセミ撮影に疲れが出ている。撮影に飽きることは無いが、追いかけるのがしんどい。池ならどこかに飛び去れば諦めるが、川なら追いかければ撮影出来る。待っていればその内に帰ってくるが、飛んだ先で餌捕りの絶好の場面がある場合が多く、芸の無い他の鳥とは違う。
以前はゴーヨンを担いで下流へ上流へ、再び下流へと小走りで追いかけたこともあるが、もう無理で80-400mmの手持ちでも半日の撮影でしんどい。4月に発売されるニコン1の70-300mm専用レンズが頭に浮かぶが、サブカメラ用としては高い、10万円を超えV3と一緒となるとざっと25万円、V1を使用しレンズだけでも・・・・・。OVFでないのは我慢したとしても、シャッターを押した後のタイムラグが問題のV1で、何処まで撮影出来るかということになる。連写秒5枚は遅いがバッファフルの連写枚数は十分、写りは一眼とコンデジの中間だが鳥撮影ではこれも十分。カメラはいずれ買い換えるとしても、レンズは体力が無くなるであろう10年以上先でも使える。山歩きのサブや散歩用にも良い。
また、考えがレンズだけでもとブレ始め、購入の悩みが出てきた。V1を持っている身近の誰か買わんかな? 数年前なら悩んだ時は買うで、V3もレンズも予約していただろう。

V1と専用レンズ30-110mmでの鳥飛びもの撮影
歩留まりは悪いが、並べて見比べない限り写りは一眼と大した違いは無い・・・てなことは無いかな。

Dsc_7917

Dsc_7923

Dsc_8137

 

V1と80-400mmの空抜け飛びもの撮影チェックは、このレンズで撮れれば専用70-300mmなら間違い無く撮れるとの思いから。

|

« 撮影には出るが天気の様子見 | トップページ | 桜2014Ⅰ山科と隋心院の梅 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 撮影には出るが天気の様子見 | トップページ | 桜2014Ⅰ山科と隋心院の梅 »