« 撮影に出るかどうか様子見 | トップページ | 撮影休み  暇つぶしに思うことⅠ・・・クマタカ撮影 »

2014年3月25日 (火)

車で走ったがシャッター押さず(撮影は休み)

 今月は車に一度も給油しておらず、残り僅かになっていたのでガソリンスタンドに行った。近くで入れようと思ったが、高かったので大津まで走る。走りついでということで、昨年5月にキジを撮影した場所に行き、30分ほど散策したが姿見ずで引き上げた。時期的に早いのか、昨年はたまたまで今年は居ないのか情報は無い。昨年は2度行ったが、♂が3羽居て2度とも撮影出来た。

昨年撮影したキジ
D4、300mmf2.8+1.4倍TC、三脚使用
14032500

D800E、80-400mf4.5-5.6、手持ち撮影14032501

画像に大差は無い。体が大きくそれほど撮影距離が遠くないので、80-400mmの手持ち撮影で十分。
歩いて鳥を探す時は手持ちが楽で、鳥の様子を伺いながら近づきやすいので撮影は有利。カワセミを始め多くの鳥撮影は ”長いレンズで遠くから撮るのも良いが、機動性重視で場所移動も含め鳥が近づいた瞬間に素早く撮る方が良い” と思うのは私一人であろうか。

      

最近、オオワシなどの猛禽も400mmズームで手持ち撮影することが多くなり、カワセミ動も300mm+1.4倍TCで十分、500mmf4の出番が益々少なくなってきた。ここ一番の遠征では必要なので、使わないともったいないと思いながら置いている。
これまで500mmで足らないと思ったのはオオワシとクマタカ、1.4倍TC使用は止まりものには良いが、動き物はTC無しでトリミングする方が綺麗に撮れる。オオワシは近くを飛ぶこともあり十分な時もあるが(400mmズームでさえ)、クマタカは昨年4回行ったすべてが遠くてトリミングによる拡大では限界の撮影で、綺麗に撮るには856しかないと思った。
しかしV3が登場、V3なら1350mmで画像が少し悪くても・・・・・、しかし、撮れるかどうか分からないものに12万円+α(メディアに1000枚撮ることを考え予備電池2個)は高すぎる。

昨年のD800Eに500mmf4でのクマタカ
AF-C(21点)での撮影で、飛び立つ瞬間にピントがバックに捕られた。被写体が小さくピントがもともとバックにあったのかも知れない、856+TCで1000mmなら被写体が2倍になるのでピントが合い易いと思っている。
ノートリ画像
14032502_2

トリミング画像
14032503_3

|

« 撮影に出るかどうか様子見 | トップページ | 撮影休み  暇つぶしに思うことⅠ・・・クマタカ撮影 »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 撮影に出るかどうか様子見 | トップページ | 撮影休み  暇つぶしに思うことⅠ・・・クマタカ撮影 »