« V3、考えれば考えるほど気になる | トップページ | V3、考えれば考えるほど気になるⅡ »

2014年3月14日 (金)

けだるい撮影日だった

 気温が上がったり下がったりの影響か何か分からないが、今日は朝から体調がパッとせずで撮影も同様だった。V3が気になり朝から過去に撮影したV1の画像を見直していたので、出発は9時半頃となり、最初に植物園に行った。狙いはルリビタキ♂の梅の木止まりに、今期撮影していないルリビタキ♀だったが共に姿見ず。他の鳥も姿は少なく、カワセミも見なかった。帰って夜に東山花灯路に行こうかと思ったが、寒いので夜の撮影は止めることにしてヒレンジャクの様子を見に行った。まだ、20羽程度居たが、高い木に止まり動きはもう一つだった。

シロハラ
14031401

14031402

フレンドリーなジョウビタキ14031403

14031404

14031405

目の前に下りてきたので、少し後ろに下がり更にフォーカス距離をFullに変える。
14031406

普段はあまり撮影しないシジュウガラも撮影
14031407

 

ヒレンジャク
もう抜けたかと思っていたが まだ居た。今年は数が増えずキは混じっていない。昨年は別の場所にも群れが現れキを撮影した。
14031408

良いところに1羽が止まってくれた。飛びものも狙ったが良い画像無し。
14031409

14031410

14031411

 

移動中V3の事がいろいろと頭に浮かぶ。
最悪、遠くの猛禽の飛びものは諦め、止まりもの専用と考えればサブカメラとして使い道は十分あるが、サブカメラとしては価格が高すぎる。電池とメディアが現有のものと互換性が無いのもアカンが、FT1を付けて現有レンズを使用すればレンズの選択肢が広がる。
  500mmf4     ・・・・ 1350mmf4    猛禽止まりもの
    300mmf2.8    ・・・・  810mmf2.8  距離が遠い場合のカワセミ
  400mmf5.6ズーム・・・ 1080mmf5.6  野鳥止まりもの全般の手持ち撮影
  200mmf2.8ズーム・・・  540mmf2.8  天気の悪い日のカワセミ
  300mmf5.6ズーム・・・  810mmf5.6  軽量機材でぶらっと出る時

いつ発売されるか分からない次期DX機とどちらを選ぶかになるが、もし遠い猛禽の飛びものがそれなりに撮れれば次期DX機は不要となる。カワセミは使いかってと歩留まりが悪いので最近使用していないが、ホバに水際は三脚を使用すればV1でも撮影できる。手持ちはちょいと難しい。
尚、風景、花は一眼カメラ(D4、D800E)以上に綺麗に撮れるとは考えられない。ちょっとした風景撮影ならV1で十分。

 

撮影機材:D4、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:188枚
移動:地下鉄  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:600円
  

|

« V3、考えれば考えるほど気になる | トップページ | V3、考えれば考えるほど気になるⅡ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« V3、考えれば考えるほど気になる | トップページ | V3、考えれば考えるほど気になるⅡ »