« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

ツツジ  長岡天満宮に祇園白川

 昼から所用で朝だけの撮影、カワセミと思ったが雨で増水しているかもしれず止めた。ならば長岡天満宮のキリシマツツジと思い立ち8時過ぎに出発、見頃だったが2、3日早い方が良かったかもしれない。撮影後、乙訓寺の牡丹と思い歩き始めたが、日が差すと蒸し暑く歩く気がせず、シャトルバスも出ているそうだが、止めて引き上げることに。帰りに祇園白川に寄り、12時過ぎに自宅に戻った。初めて行った時は真っ赤なツツジに感動したが、確か3度目になると思うが今は感動することも無く淡々と撮影した。洛北の曼殊院の庭にも咲いているが、時間が有れば行きたかった。

●長岡天満宮のキリシマツツジ

八条ケ池中堤
14043001

14043002

14043003

14043004

錦水亭
14043005

14043006

14043007

立入禁止とは書かれていたが撮影禁止とかかれていなかったので門の外から撮影。たけのこ料理、お値段はいかほど?
14043008

14043009

八条ケ池外苑土手のツツジ
14043010

 

●祇園白川
通勤途中の早朝に撮影のため寄り道したが、今は年2,3度いくぐらいかな
14043011

14043012

14043013

以前からアオサギが居たが、今日は調理場を覗いていた。
14043014

14043015

14043016

14043017

 

撮影機材:V3、10-30mmに30-110mm、手持ち撮影   撮影枚数:153枚
移動:地下鉄、阪急、歩き  天気:曇り一時晴れ間
撮影経費:990円

| | コメント (0)

V3キャッシュバックに応募

 昨日、作成したが時間がかかった。

①レシートか領収書必要
事前に応募要領を読まずで、レシートを購入直後家に帰ってから捨ててしまった。ヨドバシに連絡し領収書を発行してもらい取りに行った。レシート発行済みで再発行になるらしい。

②領収書(orレシート)、保証書のコピー必要
コンビニに行きコピーすれば良かったのだが、スキャナーで読み取った。スキャナーは、かなり以前に昔の写真を電子データににするため購入したもので、今はごくたまにしか使わないので取り出しに難い場所に収納している。

③バーコード必要
カッターナイフで箱に貼り付けてあるバーコードを切り取ったが、箱が厚く綺麗に切り取れず。

③封筒の作成
HPからダウンロード、印刷して作成。糊を探したこともあり面倒だった。

④応募用紙への書き込み
老眼がいっそう進んでおり記入欄の文字が小さく読みずらい(大したことは書いていないが確認した)。書いた文字が踊っていたので、再度ダウンロードして書き直す。

何やかんやで1時間ほどかかった。後は切手を貼って投函すれば終わりだか、1万円(-600円地下鉄、-140円切手)は嬉しいや無いか・・・その分購入価格に上乗せか?

<追記>昼から近くの郵便局に持って行ったが切手代は120円だった。

Dsc_3813

Dsc_3814

| | コメント (0)

2014年4月29日 (火)

雨で撮影休みⅡ・・・V3にマクロレンズを付ける

 V3にマクロレンズを付け40年ほど前に買った牛置物の傷で、ISOを変えた時の傷のボケ具合でノイズ除去を調べてみた。レンズはマクロ105mmf2.8G、280mmの撮影で三脚を使用した。リモートスイッチを探したが見当たらなかったので指でシャッターを押した。

Dsc_3811

絞り優先でf4固定、ピクチャーコントロールはSD、高感度ノイズ除去ON

●ノートリ画像

ISO160、SS1/4  
140429101iso160

ISO200、SS1/5
140429102iso200

ISO400、SS1/10
ここまでは横顔のキズがそれほど変わらず。
140429103iso400

ISO800、SS1/25
キズが少し薄くなる
140429104iso800

ISO1600、SS1/50
キズがボケだしさらに薄くなる
140429105iso1600

ISO3200、SS1/100
小さなキズは不鮮明になりベタ画像(ソフトというのか)となるが、ノートリなら見られる。
140429106iso3200

ISO6400、SS1/200
小さいキズは消え画像はよりベタ(ソフト)になるが、見られんことは無い・・・?
140429107iso6400

ISO12800、SS1/400
こりゃかなわん
140429108iso12800

 

●トリミングで3倍に拡大

ISO160 
拡大すると280mmの撮影、三脚使用とはいえSS1/4ではブレてるな。
140429301iso160

ISO1600
140429302iso1600

ISO3200
140429303iso3200

ISO6400
140429304iso6400

ISO12800
140429305iso12800

| | コメント (0)

雨で撮影休みⅠ・・・V3の撮影枚数、早や7000枚を越える

今日は雨で撮影休み

4/17に購入したV3のこれまでの撮影枚数は、画像Noで確認すると7000枚を超えていた。高速連写の10、20に設定して撮影することが多かったからだが、昨日から連写に設定している。鳥撮影でレンズは80-400mmf4.5-5.6に始まり300mmf2.8、70-200mmf2.8、70-200mmf2.8+1.4倍TC、1用30-110mmを試しが、結果は70-200mmf2.8が良かった。1用30-110mmも良いが、鳥では望遠不足。70-200mmを常用と考えたが、専用の70-300mmを購入すれば焦点距離が被る。80-400mmで使いこなせるようにした方が良いだろうと考え直す。距離が多少遠くても、手持ちで如何に手ブレを押さえるかが課題、写りはISO400までなら十分満足、800になるとカワセミでは?だったが大概の鳥では満足できる。

●80-400mmf4.5-5.6(1080mm)
いずれもノートリ、距離が遠いと締まらない画像になるがアンシャープマスク強め処理で引き締まる。V1も同様だった。
14042901400

14042902

14042903

 

●70-200mmf2.8(540mm)
飛びもの狙いも十分
14042904200

14042905

14042906

 

●70-200mmf2.8+1.4倍テレコン(756mm)1404290720014

 

●300mmf2.8(810mm)
三脚使用で今回はVRをOFFにした。結果に大差が無いので普段はONにすることが多い。
条件は悪かったが、結果もそれほど良くなく意外に思った。何故かは?だが、たまたまだろう。止まりものは、AF-CよりAF-Sの方が良いかな。
14042908328

14042909

 

●1用、30-110mm
距離も近かったが専用レンズだけあって結果は良い。70-300mmは期待できる・・・かな 14042910110

14042911110

| | コメント (0)

2014年4月28日 (月)

カワセミの姿は2度見たが撮影チャンス無し

 今日は9時からヤンキース田中の放映があったので、朝早くの撮影と思い7時前に家を出た。蕎麦屋とコンビニ前の2箇所で待ったが蕎麦屋前では姿見ず、コンビニ前では一瞬姿を見たがシャッターを押す間もなく隠れよった。歩きの最中に飛ぶ姿を見たのでカメラを向け2枚撮ったがピンボケ、今日もV3だったが一眼レフならいつも撮っている場面、ファインダーが見難くピント合わせ不十分のまま適当にシャッターを押した。移動してから蕎麦屋前に姿を見せしばらく居てどこかに飛んでいったそうだが、再び現れるのを待つ気が起こらず9時半に引き上げた。

14042801

14042802

14042803

14042804

14042805

14042806

 

撮影機材:V3、70-200mmf2.8+1.4倍TC  撮影枚数:138枚
移動:歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年4月27日 (日)

撮影休みⅢ・・・V1に70-200mmf2.8+1.4倍TC有無

 ニコン1の良さの基本は大きく撮れること。V3で80-400mmがダメなら、70-200mmで少しでも望遠を伸ばすためテレコン(TC)の使用となる。TC無しで540mmなら一眼レフで撮れる。事前評価のため、過去にV1で撮影した画像を調べると2年前にカワセミ相手に撮影していた。TC使用の画像で残っていたのは1枚のみ、他はすべて無しの画像。記憶に無いが、×で削除したのだろう。
TCは1.4、1.7、2.0(TCⅢ)を所有しており、過去はf2.8のレンズとゴーヨンに使用していたが、今の常用は328に1.4倍、D4で328使用時に1.7倍、2倍を使用するぐらい。1.7倍、2倍を使用すると写りは落ちるが、D4では距離が不十分で使用している。328+1.4倍TCは、写りと機動性のバランスを考えてカワセミ撮影のベストレンズと思っている。ゴーヨンは写りは良いが、振りにくく水際の撮影失敗が多い。

V3と200mmズーム+1.4倍TCも試してみる必要があり、V3の可能性チェックまだまだ試すことは多い。

ピクチャーコントロール:ビビット  ISO800  トリミングで2倍に拡大

1.4倍TC
Dsc_5741

TC無し
Dsc_6015
    

一眼レフではf2.8のレンズに1.4倍TCを使用しても、それほど写りは悪くなるように思わないが、V1は記憶に残っていないが×だったようである。元々画像処理でベタ画像のV3ならどうだろう?

| | コメント (4)

撮影休みⅡ・・・V1に80-400mm、三脚使用

 V3と80-400mmのカワセミ画像、三脚使用で改善できないかと思っているが、過去にV1と同レンズでカワセミを三脚使用で撮っていた。同時に手持ちでは撮影していないので、三脚有無の比較は出来ないが、カワセミ画像ではV1の画像の方がV3より一眼レフに近く良いではないか。ブレの影響かノイズ処理の違い・・・・ノイズ処理の違いだろう。
V3も三脚を使用して確認してみよう。

電源ON時の立ち上がりはV1の方が早い(と思う どっこい?)が、他のレスポンスは断然V3が早く連写能力にAFがまったく違うので、V1をカワセミでは使うことは無いが残しておこう。

ISO800  ピクチャーコントロールは風景
140427010

140427011

ISO1600
何回か1600でも使用しアカンと思っていたが、三脚使用なら十分撮れていたのか・・・・記憶に無かった1枚。アンシャープマスク処理無し。
140427012

| | コメント (0)

撮影休みⅠ・・・・蜂

今日は所用で撮影休み

先日、V3と70-200mmf2.8で撮影した蜂です
140427001

140427002

| | コメント (0)

2014年4月26日 (土)

焦りすぎや

 今日こそ大阪城へと昨日の夜、D800Eと80-400mmをリュックに入れたが、朝になって乗車客の多い電車に乗って行くのが億劫になり、予定変更で車でちょいと走り琵琶湖湖岸に行った。琵琶湖ならトビの高い飛びものでV3に70-200mmf2.8をチェックということで機材を入れ替えた。
最初に、ボウズにならないようオオヨシキリを撮影、十分撮ったところで空を見ながらウロウロと歩く。田んぼの上空でトビが数羽舞うのを見つけ、カメラを向けていると1羽飛び方の違う猛禽がやってきた。V字型の飛行でチュウヒと分かったが、トビとミニバトルの後田んぼに降りよった。チュウヒの止まりものを撮ったことが無いので、少し遠かったが急いで田んぼに向かう。田んぼの横に小屋があったので、そこまでたどり着けば小屋の影から近い距離で撮れると小走りで急いだが、後7~80mのところで飛び立ちよった。100mぐらいの所から一度カメラで見たら、こちらを向いていたが遠いから大丈夫だろうと思ったのだが、焦りすぎでゆっくり歩けば良かったのかも知れない。

オオヨシキリ
ギョギョギョ・・・・・・、とにかく騒々しく鳴く鳥である。
14042601

14042602

14042603

14042604

14042605

コヨシキリかな? この手の鳥は見分け方を知らない。
14042606

14042607

トビがチュウヒに襲いかかるが、簡単に振り払いバトルは一瞬で終わる。
14042608

14042609

14042610

14042611

チュウヒは田んぼから飛んで琵琶湖に向かった。絶好の写りチェックのチャンス
ノートリ
14042612

3倍に拡大
14042613

一眼レフに比べ甘い画像と思うが良しとしよう。
14042614

ケリ
14042615

チュウサギかダイサギか
天気の良い日は、一眼レフでも白は撮りにくいがそれ以上に白とびする。
14042616

ホオジロは居ついているのかな
14042617

 

今日も昨日ほどでは無いがブレた。70-200mmと80-400mmは、重量こそ同じぐらいだが外形寸法は80-400mmの方が太く、70-200の方が持ちやすくガッチリと掴める。これも手ブレに影響しているように思う。使った経験から、80-400mmで一番重量バランスが良いのはD4である。一眼レフではカメラを強く持つので重量が分散されるが、V3はほとんどレンズで支えカメラはアシスト程度に掴んでいるような感じ。専用の70-300mmでかなり軽くなりバランスが良くなれば、ブレも少なくなると期待しているのだが、どうなるやら使ってみないと分からない。
14042620

 

<追記>
連写の撮影枚数をRAWでチェックした。
連写:61枚、高速連写:10,20.30.60ともに40枚、詳しくは調べていないが数秒立てば撮影の開始はできるもよう。もちろん完全に書き込みが終わらないと、元の連続撮影枚数は確保できない。

 

撮影機材:V3、70-200mmf2.8、手持ち撮影  撮影枚数:406枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:0円(ガソリン代は日常経費内)

| | コメント (0)

2014年4月25日 (金)

湖北へ

 ここしばらく車を走らせてなかったので、予定変更で湖北に行った。ついでに鳶相手にV3と80-400mmでの1080mm手持ち飛びもの撮影に挑戦、かなりの枚数を撮ったが1080mmはすべてボケ画像、600mm相当ぐらいでも撮影したがこちらはOKだった。止まりものでキジ、ツバメ、セキレイ・・・・を撮影したが、こちらも15mぐらいの距離ならOKだが20mを越えると大半の画像がボケた。自分の腕では手持ちは600mmがいいとこで1000mmとなると三脚が必要、600mmで高速連写不要ならV3を使わなくても一眼レフで撮る方が確実。1000mm手持ちでのオオワシは無理であることが分かった。後は6月発売予定の1専用軽量レンズでの810mmの手持ちに期待するしかない。

キジ親子が現れラッキーだった。距離は30mぐらい1000枚近くの連写でかなりの枚数が撮れたと思ったが、ピントOKの画像は数枚、強めのアンシャープマスクで誤魔化せる画像も100枚程度しかなかった。

キジ♂
今期他の場所に2度行ったが姿見れず。今期初撮影14042501

14042502

14042503

14042504

14042505

子供が2羽登場で初撮影、♀はまだ撮ったことがない。14042506

14042507

14042508

14042509

14042510_2

カンムリカイツブリ
14042511

セキレイ
近距離からの撮影でノートリ、この距離なら白とびはなく十分解像する。
14042512

スズメ
やはりカワセミと違い毛は太い・・・・と思う
14042513

トビ 仲良しカップル
14042514

14042515

 

撮影機材:V3、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:1743枚(32GBフル)
移動:車  天気:晴れ
撮影経費0円(ガソリン代は日常経費内)

| | コメント (4)

たわいもない話  カワセミの毛は細い

 先日の撮影で感度を少し上げるとカワセミの毛がベタになり、スズメやカルガモなどはマシだった。撮影距離、鳥の大きさ、手振れ等いろいろ要因はあると思っていたが、昨日の撮影画像を見て思ったのが、カワセミの毛が他の鳥よりも細くノイズ処理で潰れてしまったのではないかということ。毛の細さを見るとしたらデジスコ、過去にデジスコで撮影した画像を調べたがやはり細い。

昨日の画像、ISO200でも毛がはっきりと見えない。ピンボケでは無いと思うが・・・14042501

過去のデジスコの画像
デジスコは、使い勝手の悪さからあまり使用せずで、特長をいかした撮影を出来るまで腕は上達しなかったが手の細いのは十分に分かる。
尚、デジスコは3年ほど使ったが望遠レンズ充実で5年前に止め、一昨年すべてを処分した。
14042502

14042504

14042505

カルガモ、色の関係で分かりにくいが太い。14042506

ルリビタキとジョウビタキは、明らかに太く毛がはっきりと見える。スズメの画像は、デジスコ画像に無かったが同様なのであろう?
14042507

14042508

| | コメント (0)

2014年4月24日 (木)

カワセミ 40連写に驚いた

 今日は大阪城に行こうかと思っていたが、用事が増え昼から4件まとめて片付けるため、午前中だけの撮影とし地元のカワセミに行った。
昨日のポイントに行ったが同じパターン、♂が魚を咥えて飛んでくるのを♀は待っていたが、飛んで来ずで痺れを切らし巣に帰った後しばらくして♂が魚を咥えて飛んで来た。当然♀おらずで、止まりもせずUターンしよった。仕方なく最下流に行ったがさっぱり、帰ろうと歩き出したら少し上の対岸に止まっていた。3度ほど飛び込んだが、撮れたのは一度だけ。それが何と20コマ/Sの40連写で、バックのコンクリの護岸にピントが合ったのも何枚かあると思うが、すべてそこそこ見られるので驚いた。ただ、背後の撮影となったのが残念だった。

連写は2枚目から

14042401

14042402

14042403

14042404

14042405

14042406

14042407

14042408

14042409

14042410

14042411

14042412

14042413

14042414

14042415

14042416

14042417

14042418

14042419

14042420

14042421

14042422

14042423

14042424

14042425

14042426

14042427

14042428

14042429

14042430

14042431

14042432

14042433

14042434

14042435

14042436

14042437

14042438

14042439

14042440

14042441

明日もカワセミに行こう。

<追記>
V3のカワセミの感度を上げた時の塗りつぶしたようなベタ画像、今日の初っ端の撮影画像(掲載の画像ではない)にヒントがあったように思う。鍵は、5年前に3年で飛びものでは使いものにならんで止めたデジスコ画像にあるように思うので、これから過去の画像を調べる。

 

撮影機材:V3、70-200mmf2.8、三脚使用 撮影枚数:750枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:600円(所用があったので一日乗車券購入)

| | コメント (1)

今日も大阪城は止めてカワセミへ

 昨日の夜、V3のキャッシュバックの処理をと思い、ニコンのHPを見るとレシートか領収書がいることが分かった。レシートは直ぐに捨てたので無い、8時過ぎだったのでヨドバシに電話し再発行できないか聞いたところ、”レシートは出来ないが領収書ならポイントカードの履歴を確認して発行可能”とのことで行くことにした。その他郵便局へ行く用事が生じ、修理に出している車の引き取りもあるので、撮影は午前中だけにして大阪城は止め、地元のカワセミに行くことにした。今日は高速連写の機会があるだろうか、最近カワセミの出は悪かったり良かったり(冬とは比べものにならないが)の繰り返しで、傾向としては益々悪くなっている。

昨日の画像
ISO200での撮影、これがISO1600なら言うことなしで、もし次期APS-Cが発売されたらメディア挿入部蓋がベコベコする初期不良のD4を下取りに出し猛禽用に購入できるのだが。
Dsc_3310

| | コメント (0)

2014年4月23日 (水)

カワセミ不調でコシアカツバメ

 天気は快晴、カワセミ水際高速連写狙いで昨日より40分早く家を出たが、姿は見せたものの不調で、コシアカツバメを連写して帰ってきた。今日もカメラはV3、レンズは70-200mmf2.8、三脚持参で念のため1.4倍テレコンも持っていったが使用せず。
ISO200で撮影したがピンボケは置いといて画像は十分満足、200mmの使用で540mmは何時もの感覚通り。地元でのカワセミ飛びもの狙いは、当面この組合せにしよう。300mm使用の828での飛びもの狙いは、琵琶湖にでも行って鳶で練習しよう。

コシアカツバメは去年初撮影、地元では下流で姿を見るが数は少ない。
14042301

14042302

ツバメの飛ぶスピードは速く、カワセミの感覚では追えず手強い。三脚を使用したが、慣れている手持ちの方が良かったかも知れない。手持ちは機材を持ち続けなければならず、待ちの撮影では三脚使用の方が楽。
14042303

14042304

14042305

14042306

14042307

14042308

14042309

狙いは着水前からの連写だったが、捉えた着水はピンボケばかりで、また挑戦しよう。14042310

14042311

14042312

14042313

14042314

ツバメの飛び出し。
ISO200、SS1/1250で手持ち撮影したが、近かったのでISO400としSSを早くした方が良かったかな。飛行画像が少し流れているように見える。単にピンボケかも?
14042315

14042316

14042317

 

今日のカワセミは、撮影ポイントに着くと同時に♀が現れた。まさにドンピシャでラッキーと思ったが後がダメだった。しばらくして♂が登場したので、魚を捕り給餌するものと思っていたが、何もせず下流へ飛び去った。ならば下流で魚を捕り持って帰ってくると期待したのだが。
14042318

かなり待っても♂が魚を持って帰ってこないので、痺れを切らしたかメスは少し移動、戦闘態勢と思ったのだが何もせず下流へ飛び去った。
14042319

14042320

戻ってくると思い待った、なかなか帰ってこず。かなり立ってから給餌咥えで♂が登場したが、♀がいないので直ぐに下流へ飛び去りよった。14042321

仕方なく下流へ行き待っているとカワセミが登場したが、どのカワセミか分からない。土手の柳に止まった後どこかに消えた。後はカワセミの姿見ず。14042322

11時頃に諦め、歩いて約1時間の道のりをカワセミを探しながら帰ったが、姿見ずでやれやれの半日だった。昼からもう一度川へは止め、散髪に行き一日が終了。
明日は、大阪城に行くかな? 淀川(場所は知らない)にオガワコマドリとやらが出ているそうだがあまり興味は無く、まずわ普通のコマドリを撮りたい。 

<今日のおまけ画像>

14042323

14042324

 

撮影機材:V3、70-200mmf2.8、三脚使用  撮影枚数:605枚
移動:行きは地下鉄、帰りは歩き  天気:晴れ
撮影経費:210円

| | コメント (0)

ツバメにムクドリ

 一昨日の地元の川沿い、小雨ショボつく中ツバメとムクドリ相手にV3と1用30-110mmの300mmで、AF-Cターゲット追尾とオートを試してみた。300mmでは無理だろうと思っていたが、画像は条件から”こんなものかな”、AFは”ええんじゃないか”といったところ。

いずれの画像もトリミングで拡大

●AF-Cターゲット追尾

140423101

140423102

140423103

140423104

140423105

140423106

●AF-Cオート ・・・・一眼レフでは使ったことがないと思う
フォーカスエリアが何点か現れ、めまぐるしく変わるので適当にシャッターを押すしかないが、空抜けの飛ぶ鳥を追うには良いのかな。

140423107

140423108

140423109

140423110

140423111

140423112

 

大阪城の夏鳥渡りが大盛況のもよう。コマドリ、クロツグミ・・・・、撮りたいと思う気持ちを振り切って今日もカワセミへ。コマドリもカワセミの高速連写20コマ/Sの魅力ほどでは無い。今日はカワセミの動きが良くチャンスが多くあれば、もっとコマ数を増やすか ?

| | コメント (0)

2014年4月22日 (火)

カワセミ 800mmでの水際狙いはやはり無理かな~

 カワセミ相手に朝は三脚使用で828、昼からは手持ち856の撮影を行った。8がついてもV3に300mmf2.8と28-300mmf3.5-5.6を装着しての話だが、カワセミの出に動きが悪いこともあったが、水際撮れずで結果はもう一つ。300mmf2.8は以前にV1でそれなりに撮れたが、この時期のカワセミは動きが活発で、頻繁に餌捕りダイビングにホバをしてくれ撮りやすかった。今のカワセミは最近動きが単発、今日は特にひどかった。また、天気が悪く画像ももう一つ、特に昼からは手持ちで手振れ画像連発。高倍率ズームは、風景用に購入し鳥撮でも緊急時に一眼で450mmなら何とか撮っているが、810mmになると望遠端はもう一つなのか。V1でも使用したが購入直後に時々使っただけ、V3ならと多少期待したが駄目だった。

●朝の撮影

14042201

14042202

14042203

14042205

14042206

14042207

14042208

14042209

14042210

14042211

14042212

●昼からの撮影

14042221

14042222

14042223

14042224

14042225

14042226

14042227

14042228

14042229

明日、大阪城に行くつもりだったが828に再挑戦するかな。カワセミ撮影6月で丸10年、始めて撮れた水面からの飛び出しから着木までの全画像、実際には木からの飛び出しから水面までの画像もピンボケながら3枚あったが、328でもう一度撮りたい。

 

撮影機材:V3、300mmf2.8/28-300mmf3.5-5.6 撮影枚数:268枚/127枚
移動:地下鉄、歩き  天気:曇り
撮影経費:210円

| | コメント (0)

2014年4月21日 (月)

勧修寺へ

 ボタンザクラが見頃だろうと、昼からぶらっと勧修寺(かじゅうじ)に行った。家を出たら小雨が降っていたが強行、V3のキッドレンズの写りも試したかった。寺に行く途中の橋から鉄柱を見るとカワセミが止まっていたが、望遠は30-110mmしか持っていなかったので、”何でこんな時に”と思いながら素通り。ボタンザクラは満開だったが観光客は誰も居らず、貸切での撮影。カワセミが池の上を飛び回っていたが、直ぐに逃げる落ち着かない奴で、追いかけても近くからは撮れないと思いあまり追わなかった。一度だけ岸の竹の柵に止まったので、木の茂みに隠れて近づいたが、顔を出した瞬間カメラを向ける間もなく飛び去った。
帰りはカワセミ探索がてら歩いたが橋の中に隠れるのを見たのみ。30-110mmレンズでスズメやツバメ相手に、AF-Cのオートエリアやターゲット追尾を試したが、300mmではモデルが小さすぎて性能はわからず。

勧修寺は数年前のカワセミ撮影本拠地、近づいても逃げない大胆な奴が居て杜若やハスの花どまりの良いところを撮らしてくれたが、カワセミの代が変わりここ3年はさっぱりで拝観料がいり年に数回しか行かなくなった。休みになれば開門と同時に入り、飛んで来るのを待ったあの頃が懐かしい。

14042101

14042102

14042103

14042104

14042105

14042106

14042107

帰りの川沿いでの撮影
14042108

撮影機材:V3、10-30mmキッドレンズ、1用30-110mm 撮影枚数:373枚
移動:行きは地下鉄、帰りは歩き  天気:小雨後曇り
撮影経費:610円

| | コメント (3)

V3 4日間使用しての一人よがりの評価ラスト

 17日に購入したV3、直ぐに電池を充電し400mmズームの1080mm手持ち撮影でフィールドでの実写を試す。最初の印象は、ノイズが多少見えてもしゃっきり画像が好みなので、ISO800の画像が ”アカン”、価格対比でガッカリした。もちろんノートリではなく、通常の1600~2000pixlにトリミングし拡大後の感想である。V1ではISO400常用、800まで可とし時には1600まで使用していたので、スペックを見て1600までは常用で使えると期待していた。その後、200mmズームの540mmでの撮影に変え、所有している一眼レフでは不可能な連写が撮れレスポンスも十分良くなっており、このカメラの真価は高速連写撮影に有りで大満足に変わった。
画像の色は、V1のSDは地味で気に入らずビビットを使用していたが、V3は派手気味でSDの方が良いように思う。取り扱いは一眼レフに慣れているので、今のところ扱いにくいが慣れれば何とかなるだろう。ノイズが多く、ISO160でも3倍に拡大して24インチのモニターで見ると目立つが、900pixlぐらいにリサイズにすると分からない。小さい高画素センサー、画像処理でノイズ除去、ISO800で2倍程度の拡大まではOK、3倍に拡大すると少しベタ画像が気になる。拡大しない、あるいはベタ画像を気にしなければISO3200まではOKと思う、6400は鳥撮影では確認していない。
400mmズームで1080mmの手持ち撮影は、3倍に拡大するとブレの影響で少し締まらない画像になる。当然アンシャープマスクで処理するが、ISO160でもノイズが出る。三脚を使用した方が良いように思うが、手持ち用カメラなので1用の70-300mmレンズ購入を再検討するかな。
電池が少し貧弱、ボディーがもう少し大きくても良かったので、容量の大きい電池にして撮影枚数を増やして欲しかった。外付けバッテリーでも良い。
microSDは抜き差しで壊れないかとの不安有り、且つ小さく外で抜くと紛失しないか心配。

<今後の鳥撮影での使い方>
・トリミングで3倍に拡大前提ならISO400が限度、V1同様2倍を前提にするとISO800(1600も)でもOK。トリミングしない鳥の小さな画像なら、3200でもOKと判断する。
・レスポンスは一眼レフもどき、AFもそこそこの追従でなら一眼レフ以上になったと思うので(??? 、画像処理のベタ画像で誤魔化されているかも知れず、確実に追う腕があれば一眼にはかなわないだろう)、カワセミ水際の高速連写を狙う時はV3を使用する。
・カワセミ撮影メインの魚を咥えた水面からの飛び出し一発勝負は、綺麗な画像を狙うのでこれまで通りD800EかD4を使用する。
・大阪城、他などでの止まりもの撮影は、日陰、逆光、他色々な条件があり画質的にD800Eと80-400mmには歯が立たないと思うので、V3だけで行くことは無いだろう。
・100m以上の遠い猛禽撮影では、センサーが小さく解像しないと思うので所詮サブカメラとなるが、飛び出しの高速連写には興味がある。ただ、連写可能撮影枚数が少なく、動きのゆっくりした猛禽では、同じような画像連発で終わってしまうだろう。10コマ/Sなら4秒ぐらい撮れるかも知れないがD4でも撮れる。

新しいカメラが出ると今の機材で不満あるいは達成出来ない何かがあると欲しくなる。細かい話をすればいろいろあるものの、V3での一番大きな期待はお手軽機材での鳥動きものAF追従高速連写だった。その面では期待以上だがお手軽という面で1用の70-300mmレンズが必要で、やはりレンズも買おう。良かった良かったで、V3の一人よがりの評価を締める。
自分の期待に即しているかどうかは、自分で撮り画像を見ないと分からない。メーカーの公開するデータなど良いところしか掲載しないと思うし、プロの撮ったサンプル画像など腕が違い過ぎることもあり、必要以上に意識しないことにしている。

 

掲載画像は、上からノートリ/2倍拡大/3倍拡大の画像比較、いずれも少しアンシャープマスクで処理している。

●ISO400
1404211011

1404211022

1404211033

●ISO160
1404211041

1404211052

1404211063

| | コメント (0)

2014年4月20日 (日)

V3 カワセミ相手に高感度撮影

 朝からV3の高感度ISO1600、3200をチェックするためカワセミに行った。出は良く動きは良すぎて病院前の直ぐ下流で上へ下への移動繰り返し、とことん疲れ2時間で引き上げた。高感度の画像、1600から3200にするとベタが少し目立つ程度でそれほど変わらず。ISOを大きくすると当然悪くはなるが、ウイスキーボトルでの高感度チェック同様ドッコイの印象で、ノイズ処理をうまくやっているのだろう。鳥撮影で6400は使うことが無いので試さなかった。当たり前だが、遠いカワセミを3倍程度に拡大するとベタが目立ち、近い場合は一眼とコンデジの中間カメラなら”こんなものかな”といったところ。カモなどの大きな鳥で近い場合は、アンシャープマスクを処理するとISO3200でもOKのように思う。

昨日感じたファインダーの遅れは、気のせいだったのか今日は感じなかった。OVFに比べ多少見にくいが、慣れれば問題なさそう。シャッターを押して実際に撮れるまでのタイムラグも、今日は意識しながら撮影したが、不慣れによるシャッターを押すタイミング遅れのように思う。
ファインダーと背面モニターとの切り替えを止め常時見られるようにする件、ファインダー横のボタンを押しアイセンサーOFFにすると出来たが撮影可能枚数が減った。今日もフル充電の電池を使用したが、560枚程度しか撮影出来ず。
ピクチャーコントロールをスタンダードにしたが、好みによるがV1より良くなりビビットにする必要無い。

 

●3倍に拡大後リサイズ以外は修正無しの画像

ISO1600
比較的近い中州、ごく普通に撮影する距離。前回は1080mmで今回は540mm、手ブレの影響が少ないのか、今回の画像の方が多少良い。
14042010116003_2

ISO3200
14042010232003_2

ISO3200
対岸の土手の肩、一眼でも手持ちなら真剣に撮らない距離
14042010332003_2

ISO3200
対岸の木、今日は木によくく止まった。
14042010432003

 

●近い距離で撮影した画像のチェック  ISO3200、3倍に拡大

元画像
14042010532003

ノイズリダクションを外す14042010632003

元画像にアンシャープマスク処理(通常に使う状態)
14042010732003

●アンシャープマスク処理をした画像

ISO3200、2倍に拡大、色の関係かスズメは綺麗に撮れるようである。
14042010832002

ISO3200、2倍に拡大
14042010932002

ISO3200、2倍に拡大
14042011032002

14042011132002

14042011232002

ISO1600、3倍に拡大14042011316003

14042011416003

14042011516003

ISO1600、ノートリ
カワセミもノートリでこの大きさに撮れれば・・・・14042011616001

 

撮影機材:V3、70-200mmf2.8、手持ち撮影  撮影枚数:574枚
移動:行き地下鉄、帰りは歩き
撮影経費:260円

| | コメント (0)

V3 昨日の撮影画像あれこれ

 モニターの切り替わりの件、アイセンサーのセンサー部と思っていた所に黒いテープを貼ったが変わらず。昨日は変わったと思ったが間違いだったようである。EVFの横のスイッチを押すとアイセンサーオフとなりEVFで見れるようになるのが分かったが、カメラの電源OFFでリセットされON/OFFする度に押さなければならないようである。

昨日は、高感度ノイズ低減OFFで撮影したが、ベースのノイズリダクションはISO400から働いているように思う。高感度ノイズ低減は、一眼レフではISO1600ぐらいだったと思うが(?)、このカメラはどのくらいからかかるのかマニュアルで調べようと思ったが面倒なので止めた。
昨日の撮影、晴天だったので飛びものはISO400を中心に200、160でも撮影した。ピクチャーコントロールをビビットにしたが少しテカり過ぎで、スタンダードの方が良かったかもしれない。

掲載画像は、トリミングで3倍に拡大後900pixlにリサイズ。

●ISO160
CaptureNX2でカメラ設定のノイズリダクション(NR)を見ると、”高速”の適用量0、シャープネス5だったが、3倍に拡大しリサイズ前に24インチのモニターで見ると、気にするほどでは無いがノイズが出ている。

14042001iso160

条件が良かったが、ホバも一発でフォーカスした。後ろ向きなので当然かも知れないが14042002iso160

14042003iso160

14042004iso160

14042005iso160

14042006iso160

 

●ISO200
NRは”高速”で適用量1、シャープネス5
ピンボケ画像、ISO200はこの1枚だけ

14042007iso20015

 

●ISO400
NRは”高画質2013”で適用量に数値が入っているのでノイズ処理されていると思う。

晴れた日の撮影、少し距離が離れると白とびはどうしようも無い。過去にヤマセミ画像で何とかならないかソフト修正を試みたが、結局無理で近くから撮るしかなかった。このカメラの白とびは少しきついように思う。この画像もハイライト100に変更している。14042008iso400

14042009iso400

14042010iso400

   
●ISO400の画像でノイズリダクションを確認してみた。
元画像 NR”高画質2013”140420114002013

NR”高速” 適用量0、シャープネス5に変更
あまりノイズを気にしない方だが、他に画像が無い場合以外は”これはちょっとな~”というレベル。
14042012400

天気が悪い時にISO3200で撮影し800と比較してみよう。 昨日は、明るかったのでISOを大きくしても実態が分かりにくいと思い試さなかった。3200で撮影するのは、暗い森でのアカショウビン飛びものぐらいしか無いと思うが、調べておかないと本番で使えない。
アカショウビンの木からの飛び出し撮影、30コマ/Sで一発勝負・・・・ええな~
レンズはゴーヨンより328が良いかな、D4も持っていくとすればやはりゴーヨンか。今年は飛来しても行くかどうか?と思っていたが、このカメラがあれば昨年、一昨年とは違った画像が撮れそうで意欲が湧く。

| | コメント (0)

2014年4月19日 (土)

V3 カワセミ水際の高速連写は◎・・・たまたまかな?

 朝からカワセミに行った。V3の本領確認でカワセミ相手の高速連写、天気は快晴で絶好の条件、レンズは70-200mmf2.8を持って行ったが、手持ち撮影は私の腕ではこのレンズがベストのようである。80-400mmの1080mm手持ちは、VRが有るとはいえブレで画像がボケる。2時間少々粘ったがカワセミの出は悪く数度のチャンスしか無かったが、何とかチャンスをものにした。連写20コマ/S、AF-Cシングルの設定だったが、結果は驚くべきもので三脚使用のD4より良かった。カワセミ以外にツバメ、カモ、鵜・・・飛ぶものを見れば何でも連写したが、空抜けに水面バックなら一眼レフほど確実では無いが捉えることが出来た。曇り空なら結果は違うと思うが、晴天下では十分満足。
973枚撮影したがメモリーの使用量は約13GB、電池の低下は20%(使用量か残りかは不明)だった。高速連写も考えもので32GBメモリー・フルまで撮れば2000枚を越え後の整理が大変。

操作上の問題点
①アイセンサーによる画面の切り替えによるロス時間・・・センサー部にカバーを貼り付けて行ったが途中で取れた。
②背面の絞り変更のダイヤル・・・Mでの撮影、手のひら親指下があたり頻繁にfが変わる。
③電源のON/OFF・・・ON時の起動時間が長く、OFFするとカワセミを見てONしても間に合わない。予備電池を持って行ってるが交換時にグリップ外す必要があり、コネクタの挿入部があり慎重に扱う必要がある。
④はっきりとは分からなかったが、シャッターを押してから撮れるまでのタイムラグが、V1ほどではないがあるような?・・・・慣れでシャッターを押すタイミングが遅れたのかも知れない。
⑤EVF、やはりOVFに比べると追従が遅い。V1よりはかなり良くなっている。
特に②が問題、V1でも静止画、動画等の切り替えダイヤルが有り、知らぬ間に変わったことが何度もあるが同様である。

画質最優先のカメラマンには不向きだが、そこそこ撮れれば良いと思う者には十分である。ISO800以上の画像が・・・・、ウイスキーボトルの高感度撮影確認ではISO6400まであまり変わらなかった。鳥撮影でも1600以上同様なら3200ぐらいまで咄嗟の時には動きもので使えるかも知れない。天気の悪い日に試してみよう。

一連の連写画像
1枚目はボケで3枚目にピントが合い途中で外れたが最後に再び合った。

14041901

14041902

14041903

14041905

14041906

14041907

14041908

14041909

14041910

14041911

 

14041912

14041913

14041914

14041915

14041916

14041917

14041918

14041919

14041920

14041921

14041922

14041923

14041924

14041925

14041926

3回飛込みがありすべて追えたのは1回だけ、毎回撮れれば言うこと無い。購入後直ぐの試し撮りで画像を見て一度は ”こりゃあかん” でガッカリしたが、連写のAFを考えると専用70-300mm(小型856)が再び目の前に現れた。

<追記>
3時頃クルマを走らそうと思い、駐車場でドアを開けようとリモートスイッチを押したが開かない。電池切れと思い電池を交換したが同じ。ならばキーでと思い差し込んでまわしたが開錠せず。近くのディーラに行き状況を説明し来てもらったが、どううしようも無しでディーラーがJAFを呼び車を引っ張り出しディーラーまで運んで貰うよう取り計らってくれた。ところが駐車場が狭く、他のクルマが止まっていて引っ張り出せずお手上げ。結局、どうしたか知らないがディーラーのサービスエンジニアが来て、裏技でドアを開くようにして引き取ってくれた。この件で思い切って車を買い替えることにした。そろそろタイヤ交換(サイズが大きく12万円もかかる)の必要があり、見た目はまだまだ乗れるように見えるが、乗っていてガタがきているのが分かっており、秋には買い換えるつもりだった。釣りに行った時に山奥でトラブルが発生したらどうしようも無いからだが、75歳までクルマに乗ろうと思っているので中途半端な買い替えになる。費用は確保しているものの出費節約で軽かと思っていたが、まだしばらく釣りに行き、もうしばらくゆったりと高速を走りたいので、今回も地面から20cm以上のクリアランスのあるSUVを考えている。予算と合わなければ考え直すが、カメラなんてクルマ比べれば安いもので、10万、20万円は車では値引交渉の範囲。
    

撮影機材:V3、70-200mmf2.8、手持ち撮影  撮影枚数:973枚
移動:地下鉄、天気:晴れ
撮影経費:470円

| | コメント (2)

ノイズリダクションあれこれ

V3でノイズリダクション ”高画質2013”とやらの処理画像を始めて見た。NX2のカメラ設定のノイズリダクション(NR)で選択できるのは知っていたが、これまで使ったことは無かった。D800Eまでのカメラでは高速の表示が出て処理されていたと思うが、V3では高画質2013が出る。少し気になって、過去にISO6400で撮影した画像でチェックしてみた。結果、高速も高画質2013もPC画面で見る限りは、設定を調整すれば大して違いが無いように思うがいかに?

 

画像は、D4と500mmf4でISO6400、f4、SS1/640、鳥撮影では6400を使用することは無く、ISO6400のチェック用に撮影した画像です。

NR OFF(適用量を0に設定)Dsc_8844101

元画像
”高速” 適用量16、シャープネス5Dsc_8844102

元画像を少し修正
”高速” 適用量25、シャープネス5Dsc_8844103

”高画質2013”で処理
 輝度 適用量60、シャープネス50  カラー 適用量60、シャープネス50Dsc_8844104

| | コメント (0)

V3 ノイズリダクション

 V3のノイズリダクション(NR)の処理を考えると、このカメラはjpeg派と動画重視のユーザー向けかと思ってしまう。マニュアルを隅々まで読んではいないので、設定に見落としがあるかも知れないが、画像処理技術には素人ながら何となくそう思う。
ISO800で撮影した画像のNRを調べてみた。

元画像
  ノイズリダクションの設定を見ると”高画素2013”
  輝度 適用量50、シャープネス47  カラー 適用量50、シャープネス47
  (どうでもよいが何のことか、NRがどう働いているのか分からないが)
Dsc_0115

高画質に設定変更すると胸の毛並みは出るがノイズもかなり出る
 適用量0 シャープネス5Dsc_01151

たまにNRを変更する時のMAXぐらいの値
 適用量25、シャープネス5 +アンシャープマスク 適用量10、半径5Dsc_01152

元画像にそのままアンシャープマスク処理した方が手っ取り早く良さそう。

手持ちでもISOを下げSSが遅くても動きものを撮れる腕を磨かなあかんようである。
カワセミの通常手持ちでは、絞りM設定で、f開放、SS1/1600を目処にISOの設定を変更しているが、SS1/640ぐらいでも撮れるようにする必要ありかな。三脚使用時は極たまに設定することがある。止まりものでは、80-400mmでss1/60で手持ち撮影したこともあるが歩留まりは悪かった。

ついでに昨日撮影した画像
ISO400での撮影、トリミングで3倍に拡大。FXでの撮影なら約8倍の拡大相当なので、V3は個人的に申し分無いのだが、ISO800にするとベタ画像に・・・・・

Dsc_0429

Dsc_0451

Dsc_0633

 

使い始めて2日で判断するのは難しいが、晴れの日は問題く、日陰でもミラーレスの利点を活かしてSSを遅くすれば撮影できると思う。V1でのトリミングによる画像拡大は2倍がええとこ。V3は3倍OKでこれだけでも価値ありと考え、一眼と並行して鳥探索カメラとして使えると判断するかな。遠征でのサブカメラとしては、一眼をメインで撮るので問題なし。
ISO800の画像が意外、スペックを見て1600、3200も鳥撮影で期待していただけにガッカリで歯切れは悪い。

| | コメント (0)

2014年4月18日 (金)

V3 70-200mmf2.8に装着し540mmで飛びもの撮影

 昼から540mmで飛びものを狙ったが、天気がもう一つでメインのカワセミは一度顔を見せただけ。他の鳥で確認したが、やはり実際のフィールでは一眼レフにかなわない。EVFの動きに多少難があり、アイセンサーで画面が切り替わるのも問題、出る前にV1で使用していたスコッチテープを黒マジックで塗りつぶしたものを貼ったが、色が薄かったのか効果が無かった。電源の消耗を考え電源スイッチのON/OFFを繰り返したが、ON時の立ち上がりが遅く電源はONしっぱなしの方が良い。そのために予備電池を2個購入しているので、次は入れっぱなしでどのくらい持つか確認する。FT1を付けるとAF-Cはシングルしか使用出来ない、連写ではこれが一番問題だが腕でカバーするしかないだろう。
歩留まりは悪かったが、撮れた画像のフォーカスは初回としては良かったと思う。慣れでどこまで追えるかだが、一眼以上に気合を入れて撮るしかない。

●ISO400

スズメ
140418101

ハト、青空なら綺麗に撮れたかな
140418102

カルガモの水浴び
140418103

140418104

 

●ISO1600
セグロセキレイ
140418105

アオサギ
140418106

ツバメ
140418107

140418108

セグロセキレイ
白い毛が見えない塗りつぶし画像、セキレイならこれで良いかも知れないが、カワセミではもう一つ。もっとカワセミで確認したいが、出が悪ければ仕方無し。
140418109

140418110

140418111

140418112

 

<追記>
明日は天気が良さそうで朝からカワセミとするが、まずはV1並みの画像を撮ることを目標に連写のチェックをしたい。2年前の1月にV1と70-200mmf2.8(三脚使用だったと思う)で撮った画像、このレベルの画像が撮れないとV3への投資の意味が無い。手持ちでは無理かな~? 明日は頑張ろう。

ISO400、f2.8、ss1/800
140418121

 

撮影機材:V3、70-200mmf2.8、手持ち撮影  撮影枚数:533枚
移動:歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

V3 天気様子見で高感度を再チェック

 天気様子見中、昼からは出れるだろう。
V3の高感度を160~12800まで”高感度ノイズ低減:する”でチェックした。部屋の中蛍光灯の灯りの下だが、結果はかなり良好と思う。D4やD800EでしかAFが合わない暗い場所にピントを合わせてみたが、流石に無理だった。
トリミングしない風景などならISO6400まで使用可能と思うが、暗い夜景はどうかな?

14041800

 

ISO160
14041802200

ISO200
14041803400

ISO400
14041804800

ISO800
140418051600

ISO1600
140418063200

ISO3200
140418076400

ISO6400
140418086400nr

ISO6400(NR)
1404180912800

ISO12800
1404180912800_2

ISO12800(NR)
1404181012800nr

| | コメント (0)

V3 気を取り直して画像処理、ISO1600も良しとしよう

 昨日のV3の撮影結果、トリミングで拡大するとISO400:○、800:△-×、1600:×との結果だった。鳥の毛が塗りつぶれたようになっていたからだが、もともとノイズがあってもシャープな画像が良いと思っているので、好みとして”ちょっとな~”というところ。夜に発泡酒の缶で高感度のノイズを確認したが、ISO3200までは十分それ以上は確認していないが、V1よりかなりノイズ処理で改善されているようで風景撮影には十分である。しかし、鳥撮影専用に購入したカメラ、最低でもISO1600で撮りたい。止まりものならSSを遅くして撮影できるが、飛びものはSSを確保する必要があるので暗い時は大きくする必要がある。
今日も早朝に起き朝から昨日のカワセミ画像を再確認、V1での撮影ではピクチャーコントロールをスタンダードがもう一つでビビットにしていたのを思い出した。早速ビビットに変更し、ついでにアンシャープマスクもかけてみた。一眼とコンデジの中間カメラ、良しとしようということで評価を変更。
ISO400:◎、800:○、1600も○じゃ~・・・・カワセミ撮影隊のD4、D4s組はどう思うかな?

めでたしめでたし

 

画像はいずれもトリミングで2倍に拡大、D800Eなら5.4倍の拡大に相当かな

ISO800
140418004

ISO1600
140418005

ISO400
140418001

140418003

 

しばらく、地元の撮影では意識して高感度でも撮影する。昨日は400mmズームでの撮影、一度チャンスのあったカワセミ飛びものは1080mmの手持ちでは追えなかった。レンズは200mmズームで540mm、撮れるようになれば1.4倍TCを付けて756mm、最後に1080mmとした方が良さそう。手持ち飛びもの撮影は600mmが限度と思うが、やるだけはやってみよう。

朝から雨だが、雨が上がれば撮影に出よう。

| | コメント (0)

2014年4月17日 (木)

V3  夜に高感度のチェック・・・エエではないか、何で?

 夜に一杯飲みながらISOを160~3200まで変えて写り具合をチェックしたがエエでは無いか。昼から撮影した画像は何だったのか? 
レンズをキッドレンズの10-30mmに変え、MをA、測光を1点からマルチに変えただけ、明日再チェックせねばならない。

尚、高感度ノイズ低減、ONとOFFでISO160から3200まで撮影したが共にISO400からノイズリダクション高画質2013が適用されており同じだった。この機能はもっと高感度の領域で働くのだろうか?

ISO160
140417101nroff160

ISO400
140417102nroff400

ISO800
140417103nroff800

ISO1600
140417104nroff1600

ISO3200
140417105nroff3200

ISO3200の画像をトリミングで3倍に拡大140417106nroff32003

| | コメント (0)

V3試し撮り・・・・80-400mmに装着して手持ち撮影

結論は、鳥撮影ではアカンでガッカリ、期待が大きかっただけにショックは大きい。
鳥をファインダーで捕らえてから写るまでのレスポンスは満足だったが、トリミングした時の高感度の画像が悪すぎる。高感度ノイズ低減ONで撮影したが、ISO800の画像をトリミングで2倍に拡大すると、いかにもノイズ除去したベタな画像になる。ISO1600ではコンデジかえと思う画像ではないか。トリミングしなければ見られるが、鳥撮影ではトリミングでの拡大はつきもの、V1より悪いとは・・・・ISOの限度400では天気の良い日しか飛びものは撮れない。
300mmf2.8に装着しての828は残ったが、専用70-300mm装着での小型版856は消えた。手持ちなら、70-200mmf2.8に装着し540mmで高速連写を楽しむのみかな。三脚使用なら低感度でSSを遅くしても使えるので、500mmf4に装着し低感度で猛禽止まりもの撮影には使えるだろうと思わないとやってられない。価格がせめて半額ならガッカリしないのだが。

ISO400、ノートリ
14041701

ISO400、ノートリ
14041702

ISO400、ノートリ、飛びもの撮影の機会は少なく、一眼でも難しいツバメは無理だった。
14041703

ISO800、ノートリ(ノートリなら十分・・?,1000mmの手持ちは難しい )
140417041

ISO800、トリミングで拡大(アンシャープマスクで処理するとノイズがかなり増えたので何もしていない)
140417042

同上
14041704800

ISO1600、ノートリ
140417061600

ISO1600、トリミングで拡大 コンデジ画像かえ
14041707

同上
14041708

ISO400、トリミングで拡大
14041709400

ISO400
14041710

ISO400、トリミングで拡大
14041711400

今夜は酒量が増えそう。

<補足>
NX2でカメラ設定を調べるとノイズリダクションが高画質2013になっていた。他のカメラでは高速となるが、このカメラはノイズ低減ONでかなりのノイズリダクションがかかるようになっているのだろうか? ノイズ低減OFFで撮影し後でソフトでノイズリダクションをかければどうなるか調べてみよう。

 

撮影機材:V3、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:318枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (7)

V3購入

ヨドバシでV3を購入した。いつもはキタムラで購入しているが、多分取り寄せになると思いヨドバシにした。本体を先に支払い、他のものでポイントを使えばどっこい。
展示品があったので少し触ったが、AFは ”速や~!” 、”D4より速いかも知れない”は大げさかも知れないが、かなりのもので驚いた。もっとも鳥撮影の現場でどうかだが、動き物に対してはD4やD800E並みは期待していない。

購入品は、本体以外に電池2本、microSDHC32GB(sanDiskのExtremPro)、液晶保護フィルム
140417011

箱から中身を取り出す
USBカメラのカメラ側コネクタが変わっていたが気にいらん。SDHCは抜き差しすると構造的に壊れやすい。 高速タイプを一つ壊しているので最近画像取り込みはUSBケーブルを使用している。D7000、V1、V3とそれぞれコネクタが違うので3本出しておかなければならない。
140417012

ファインダーとグリップを付けたがV1よりは持ちやすくて良い。microSDHCは小さすぎて、一度差し込んだら抜き差しはしない方が良いだろう。
140417013

ただいま充電中だが、充電器本体にコンセントプラグがついており、ケーブルが無いのも気にいらん。
140717014

充電が完了すれば、1時間ほど設定等を確認して撮影に出るつもり。レンズは200mmズームf2.8か400mmズームか・・・・

| | コメント (0)

V3への期待

 今日はV3の発売日、朝からヨドバシへ行くつもりで現物があればその場で購入、無ければ山科に帰ってからキタムラに取り寄せを頼むと決心した。6月には70-300mmも購入するつもり。
お手軽探鳥兼風景撮影や鳥撮遠征時のサブカメラで、10万円を越える本体+10万円を越えるレンズとなると、いろいろと考え時間がかかった。ほとんど鳥撮影に使用するが、渓流釣りでの用途を忘れていた。釣った魚が水面に浮いてくるところの撮影である。
最初に高倍率のコンデジを持ち込んだが、AFが合わず使いものにならず。次いでD7000に28-300mmを持ち込むも、左手に釣竿、右手の片手撮影では重くて撮影が困難でまともに撮れず。V1購入後釣りをメインに30-110mmも購入し持ち込んだが、シャッターを押してから実際に撮れるまでのレスポンスが遅く、素早く動く魚はみ出しの連続で撮影に気を取られ、せっかく掛かった尺越えを逃がしたことも一度ある。V3なら確実に撮れるだろう。

D7000と28-300mm
片手撮影では重くて魚の動きが早いとまともにピントを合わせる事が出来ない。
20cm少々の岩魚
140417001i640ss320

 

V1+30-110mm
堰堤下のたまりでモタモタしている間に、コンクリブロック間の急な流れに落ち必死に撮影した。20cm少々の岩魚だったので何とか持ちこたえ撮影後に引き上げたが、尺越えなら一気に水に消え、引き上げようとするとハリスが切れる。140417002

140417003

140417004

140417005

140417006

 

撮影現場
流れの速い岩場などでは、危ないのでほとんどカメラは出さない。
140417007

| | コメント (0)

2014年4月16日 (水)

V1に70-200mmf2.8VRⅡ(540mmf2.8)

 久しぶりにV1に70-200mmf2.8を装着しカワセミ探索に出た。V1でカワセミの水際手持ち撮影を再確認したかったのだが、上流域の撮影地では飛ぶ姿を2度見ただけで、最下流の撮影地では見えない場所に飛び込まれ撮影は出来なかった。V2に300mmf4で撮影しているカメラマンが居て少し触らせて貰ったが、AF初動はV1より早かったのでV3では更に改善され良くなっていることだろう。シャッターを押してから実際に撮れるまでのタイムラグは?

ツバメとムクドリの動きものでチェック
14041601

14041602

14041603

14041604

14041605

14041606

14041607

14041608

FT1使用ではAF-Cに設定しても、AFポイントは中央1点となるのでこんなものか。14041609

カワセミはどこも不調の時期、最下流の撮影地は待てば姿を見られるだけ上流よりマシ。
14041610

14041611

14041612

トンボ
14041613

ベニシジミ
14041614

 

手持ち撮影機材
D800Eに80-400mmとV1に70-200mm、重量はかなり軽くなる。14041615

 

<追伸>
今日の画像は、先日別の場所で80-400mmズームで手持ち撮影した時より悪かったように思う。540mmということで被写体が小さくピントが外れたのか、トリミングの拡大が大きかったからか、f2.8で撮影したためか(f4ぐらいに絞った方が良かったかな)、とにかく予想外だった。反対に80-400mmで300mmぐらいで撮影した方が良いのかな?

 

撮影機材:V1、70-200mmf2.8、手持ち撮影  撮影枚数:278枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

アオバトのアクビ

 一昨日、アオバトがアクビをする瞬間を連写したが、見れる範囲で大トリミングをしてみた。口が大きく開き舌も大きいのに驚いた。

D800Eに80-400mmズームの手持ち撮影
f5.6、ss1/640、ISO400だったが、トリミングしすぎるとアンシャープマスク処理によるノイズが目立つ。

Dsc_3529

Dsc_3530

Dsc_3531

Dsc_3532

Dsc_3533

Dsc_3535

 

撮影範囲1.2で撮影したノートリ元画像

Dsc_35330

 

D4では上の画像ほどトリミングで拡大出来ない。V3ではどこまで大きな画像(見られる)が得られるか? 大阪城で一度V1に70-200mf2.8(+1.4倍TC)を使用したことがあるが、暗い場所や逆光気味の場所ではピントが合いにくく、歩留まりが悪くてもう一つだった。V3では良くなっているのだろうか。
明日発売予定日だがどうするか思案中。1用レンズ70-300mmの発売予定が6月なので、使った人の評価を聞いてからと思っていたが、最後は自分で使わないと分からない。写りは一眼より落ちるのは当然と思うが、70-300mmと組み合わせての軽量お手軽野鳥撮影機材は魅力。V1で再検証しレスポンスが良くなっていれば飛びものでも使いこなせると自信を持ったが、APS-C次期機の噂が・・・・

| | コメント (0)

2014年4月15日 (火)

久しぶりにカワセミ探索に出るが姿見ず

 4月も半ばになりカワセミの出が悪くなる時期到来、4/9以来のカワセミ探索に出た。この冬、カワセミの出は悪いと言いながらもそれなりに撮れていた。ここ数年では不調であまりいい所も撮れなかったが、大物狙いで餌捕りダイビング連発のカワセミが居なくなった(?多分)ためと思っている。これからカワセミの姿を見る機会は益々少なくなるが、今日は全く姿を見なかった。散歩のおばさんに ”朝に上流へ飛んでいくのを見た” と聞いたが、今日家を出たのは9時過ぎで、もう少し早く出る必要があるのだろう。

撮影地中域の今の状況
遅咲きの八重桜は何ヶ所かで見られるが、ソメイヨシノは完全に終わり
14041501

ハクセキレイ
14041503

14041504

14041505

14041506

14041507

セグロセキレイ
14041508

14041509

スズメ
14041510

14041511

チョウゲンボウ
14041512

14041513

メジロ
14041514

ツバメ
14041515

今日のような日は、軽量機材があれば良いのだが・・・・。

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:191枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年4月14日 (月)

春の渡りは大阪城Ⅱ  出の良かった日の次の日はアカンのか?

 昨日、撮影仲間から大阪城にコマドリ4羽登場の情報をもらい今日行ったが、コマドリの姿は見ず他の鳥の出も悪くさっぱりで、12時半にトボトボ引き上げた。それ以後の状況はどうだったのかな?
渡りの鳥は定着している鳥と違い、日替わりで状況が変わるので行く日の選定が難しく、期待して行くしかない。

高い木のとまりものは、快晴でバックが明る過ぎたため綺麗に撮れなかったが、キビタキを今期初撮影出来たので良しとしよう。

オオルリ
飛びものも狙ったが上手く撮れず
14041401

14041402

14041403

14041404

14041405

14041406

アオバト
今日も居た間は高い木に止まったまま、下りるのを待っておれなかった。
あくび一発
14041407

14041408

14041409

キビタキ♂
14041410

14041411

14041412

仲良しカップルのスズメ
14041413

シロハラ
14041414

アオジ
14041415

 

満開のボタンザクラ
14041416

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:227枚
移動:地下鉄、京阪、JR  天気:晴れ
撮影経費:1,590円

| | コメント (0)

2014年4月13日 (日)

撮影休み・・・暇潰しのチェック

 今日の朝は、昨日に比べ鼻水ズルズルがマシになり、クシャミにセキは出ず。風邪の症状は良くなったが、大事を取って薬を飲み休養で家に居た。いつもよりTVを長く見たがする事も無いので、使用頻度の少ないシグマの50mmf1.4の絞りを変えての写りをチェックした。風景撮影は、ほとんどズームレンズを使用しているが、新緑のシーズンに一度単焦点でブラブラ歩いてみようかと思っている。
風景撮影では、PかAでf7.1か8に設定しているが、暗い時にfをどこまで下げられるかのチェックで、f1.4、2.0、2.8、4.0を試した。
何を目的に撮るかによるが普通の景色撮影では、24~70mmf2.8同様f4ぐらいが限度かな。

カメラはD800E、ISO400、WBオート、PCスタンダード、三脚とリモートケーブルを使用、撮影距離はAF可能な最短に近い距離(適当)

f1.4、SS1/60
F14ss60

f2.0、SS1/30
F20ss30

f2.8、SS1/15
F28ss15

f4.0、SS1/8・・・これ以上fを大きくするとSSが遅くなるので止めた
F40ss8

 

Dsc_3528

| | コメント (2)

2014年4月12日 (土)

風邪で撮影に出ず・・・所有撮影機材あれこれ

 一昨日、大阪城からの帰りの京阪で鼻水がズルズル、花粉症が酷くなったのかと思っていた。昨日の朝も調子は悪かったが撮影に出た。夜にクシャミ連発、風邪かなと思い薬を飲んで寝た。、平熱で寒気はしないが、今日の朝には咳が出だしたので風邪だろう。朝と昼の気温差に体が付いて行かないのかも知れない。5時半に起きたが朝食後に二度寝、ウツラウツラで1時間で再び起きた。撮影自粛で家に居ることにしてTVを見ていたが、退屈で出しっぱなしにしていた撮影機材を片付け、ついでに最近の機材組み合わせを撮影してブログのネタにまとめてみた。

 

●D4に500mmf4・・・・”気合を入れてカワセミ”の機材
重くて定点での待ちの撮影となる。2年前までは担いでカワセミを追いかけれたが、今は体力的にカワセミの動きについていけず、腰痛の不安もあるので出番は少ない。近くから撮ることが多く、大きいレンズは扱いにくいこともある。
三脚はGITZOのGT3530、雲台はウインバリー。最近、大口径超望遠レンズではザハトラーの雲台を使う人が多い。
14041201

●D800Eに500mmf4・・・・遠征用の機材
カワセミ以外では10コマ/秒の連写の必要無し。D800Eは、画素数が多くトリミングで画像を大きく出来るのでD4より良い。撮影範囲1.2×で使用している。AF追従はD4より悪いように思っているが、コマ数の違いでD4の方がピントの合った画像が多いだけかも知れない。500mmでの飛びもの狙いは、基本的にテレコンを使用しない。
遠い猛禽の飛びも撮影時にウインバリーでは振り過ぎるので、ザハトラーが欲しいが買い換える余裕がなく価値があるかどうかも?
14041202

●D4に300mmf2.8+1.7倍テレコン・・・・カワセミの高速連写で使用する
三脚を含めるとこの機材もそこそこ重量があるので、定点撮影となり使用機会は少ない。1.4倍テレコン使用時の画像は十分だが、1.7倍テレコンは少し落ちる。どうせ落ちるなら少しでも大きくと思い、天気の良い日は2倍テレコンを使用する。
三脚は500mm使用時同様GITZOのGT3530、雲台はウインバリー
14041203

●D800Eに300mmf2.8+1.4・・・・野鳥を綺麗に撮りたい時に使用する
カワセミ動の撮影は、この組み合わせが一番自分に合っている。それほど重くは無いので、担いでカワセミを追いかけることも出来るが毎日ではしんどい。
三脚はGITZOのGT2531、雲台はINDURO・DM12とBENRO・GHAの組合せ
14041204

●D800Eに80-400mmf4.5-5.6・・・・野鳥手持ち撮影メイン機材
三脚で綺麗に撮るより手持ちで気軽に撮る方が性に合っており、野鳥撮影も始めた頃から手持ち撮影が大半だった。カワセミを少しでも綺麗に撮りたくなり300mmf2.8、遠くのオオワシを綺麗に撮りたくなり500mmf4と大口径レンズを買い足した。遠くの猛禽を除き野鳥撮影の大半は、このレンズで可能。旧レンズは動きもの撮影で色々問題があったが、リニューアル後のレンズで歩留まりが良くなった。
鳥撮影は600mmが欲しい、D800Eはトリミングで対応出来る。
14041205

●D7000に80-400mmf4.5-5.6・・・・D800E購入前の手持ち撮影メイン機材
連続撮影枚数10枚程度というのが動きもの撮影では不足、高感度もD800Eに比べ落ちるので使う回数は減ったが現役。少しでも軽い機材で撮影したい時に使っている。
収納バックも小さい物にするので、レンズの三脚座は外している。
14041206

●D4に24-70mmf2.8・・・・風景撮影のメイン機材
もともとD800Eを風景撮影のメインにするつもりで購入したが、RAWでの撮影は画像容量が大き過ぎて後が大変、D4が風景撮影のメインとなった。この組合せ、バランスは良いが大きくて重いのが難点。また、風景でも望遠を使用することが多く望遠側が少し足らない。望遠レンズを持って行き現場での交換はよくやっていたが、ゴミの問題があり最近は極力避けるようにしているので、28-300mmを持って出ることも多い。
14041207

● D800Eに28-300mmf3.5-5.6・・・・ぶらっと名所を歩く時はこの組合せ
地元の散歩は鳥も撮るのでD7000を使用する。広角から望遠まで10倍少々の高倍率は重宝、写りも良いが画像の歪みが気になることが多い。ソフトで簡単に処理出来る。
14041208

●D800Eに105mmf2.8マクロ・・・・花撮影
以前は時々使ったが、最近花だけで撮影に出ることが少なく、80-400mmで花を撮影することが多い。 望遠の方が近づけない場合でも撮影出来るので便利。
14041209

●V1に10-30mmf4.5-5.6、30-110mmf3.5-5.6、10mmf2.8、FT1
キッドレンズ10mmf.28は不要だった。V1に10-30mmは、遊びや鳥撮影時のサブで風景を撮影している。30-110mmは、渓流釣りで釣った魚をその場で撮影するのに持ち込んでいる。
FT1+望遠は、購入した当初に鳥撮影で使用したが、V1のレスポンスが悪くて歩留まりが悪いので最近は使用していない。
14041210_2

●P6000
たまに服のポケットに入れて持ち歩いている。RAWで撮影出来るのが良いところで、写りもそこそこ満足している。
14041211

●機材の収納ケース
電源入れっぱなしが気になるので防湿庫は使用せず。長期間使わない時はジュラルミンケースに保管し、防湿剤入れて半年に一度交換しているが今のところ問題は無い。普段は、防湿財を多めに入れた書棚に収納している。
14041212

●最近使っていないレンズ
・70-200mmf2.8:現行80-400mm購入で出番が無くなった。検討中のV3を購入すれば、カワセミ手持ち高速連写に使用出来るかなと思っている。
・16-35mmf4:庭園や山風景に使用、当分出番は無いが、また使用するつもり。
・50mmf1.4(シグマ):単焦点レンズは写りは良い。夜景撮影などに1本ぐらい合っても良いだろうと購入したものの、自分の用途では使い勝手が悪く出番無し。

| | コメント (0)

2014年4月11日 (金)

2日連続で鳥運悪し

 今日は仁和寺で今年最後の名所の桜と思っていたが、昨日知り合いのカメラマンから4日連続でキジを撮ったと聞き、予定変更でその地に行ったが姿見ず。この地で何度も撮っている知り合い2人と会ったが、今日はおかしいと言っていた。誰かが捕まえて鍋にでもしたのかな・・・・。
鳥撮影に興味が無ければ雉は食材、食べたことが無いので美味しいかどうか知らない。雉は日本の国鳥、法律で決まっているわけでは無いそうだが、国鳥と言われる鳥を料理屋で出して食べて良いのかいな・・・・国鳥とは何ぞや?

彼方をミサゴが飛んでいた
14041101

撮るものが無いのでツバメを撮る
14041102

 

掲載画像が無いので三重で撮影した鳥でも
ホシハジロ♂
14041103

スズガモ♀
14041104

ヒドリガモ♂
14041105

セグロカモメかな?
14041106

群れで飛ぶハマシギ
14041107

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:53枚
移動:地下鉄、阪急  天気:晴れ
撮影経費:960円

| | コメント (0)

2014年4月10日 (木)

春の渡りは大阪城Ⅰ 何てこったい!

 コマドリが大阪城公園に入ったとの情報を得て早速行った。10時頃に到着、昨日現れたという場所に向かう途中、オオルリが居たのでしばらく撮影、その後神社裏でしばらく探鳥してから向かった。直ぐに知り合いのカメラマンに会い、”コマドリが猫に食われた”と聞き、またかでガッカリ。数年前にも一度あったがその時は前日、今日は10分ほど前でガッカリ度が違う。直行して近くを探していれば(昨日とは違う場所に現れた、同じ個体かは?)撮れていただろう。野良猫も生きるために必死なので仕方無いが、今日は生きた鳥を食べてご機嫌だっただろう。明日にせんかい!
地元ではカワセミ、レンジャクがハヤブサに獲られ、ハヤブサがカケスを掴んで飛ぶところを撮影、堺の都市公園ではヤマシギがオオタカに空中で獲られる瞬間も見ている。山でもいろいろな鳥が猛禽や肉食獣に獲られていると思うと、野鳥の生存も危険が一杯で大変。

今日撮影した鳥
オオルリ
14041001

14041002

14041003

14041004

14041005

ムシクイ
14041006

14041007

久しぶりのアオバト
14041008

14041009

シジュウガラ
14041010

ツグミ
14041011

スズメ
14041012

アオジ
14041013

14041014

ルリビタキ♀ 
この冬は一度も撮れずでやっと撮れた
14041015

シロハラ
14041016

コマドリは次の機会を待つ。今日は、手始めにオオルリが撮れて良しとしよう。

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:384枚
移動:地下鉄、京阪、JR  天気:晴れ
撮影経費:1,590円

| | コメント (0)

悩む・・・V3で856に828

 V3の発売は4月17日、ニコン1専用70-300mmは6月予定とか。お手軽野鳥撮影機材として欲しいが、次期APS-C機の噂もあり悩む。価格がお手軽で無く、気合を入れてどちらかに決断しないと購入出来ない。発売されればヨドバシへ見に行く。
今の機材で気合を入れても撮れないのが遠い猛禽(オオワシ、クマタカなど)、500mmにテレコンを付けると近い鳥を大きく撮るには良いが、遠い鳥なら解像せずテレコン無しでトリミングの方がマシという結果で、結局テレコンは諦めて無しで撮影している。テレコン無しならAPS-C機でD7000を所持しているが、連写可能枚数が10枚程度で飛びもの連写では直ぐにバッファフルで肝心な時に撮影出来ないことがあり、次期機でj改善されることを期待し待っていた。しかし、猛禽の撮影機会は少なく、ならばお手軽機材で撮影の幅を広げ楽しむかとも思う。
V3+FT1+328で828は魅力がある。328は所持レンズの中だ一番AFが速く、これでカワセミ動を撮れれば、撮影地の対岸からの飛び込みも十分で、10枚/秒に設定すればD4並みの連写が出来る。20枚/秒は必要無し。また、70-200mmf2.8(これもAFが早い)につけて、540mmf2.8でのカワセミ手持ち撮影にも興味がある。いづれもV3のレスポンスが1眼レフに劣らないとしての話だがどうやろう。
500mmに付け1350mmで遠いオオワシ飛びものを、そこそこの解像で撮れれば大笑いだが、流石にセンサーが小さく無理だろう。

V1の828で撮影した画像、ISO400、AF-S(AF-Cに対応する前)
ホバは撮れたが、水際はカメラのレスポンスが遅く無理があった。レスポンスが速くなれば追えると思っており、画素数アップでトリミングによる拡大も少し大きく出来ることを期待している。V1での拡大は2倍が良いとこで、3倍はノイズが目立ち過ぎ少し苦しいように思う。

ノートリ無修正画像

01

02

03

04

05

06

07

 

トリミングで2倍に拡大した画像
08

AF-Sなら動きがあるとこの程度、今ならV1もAF-Cに対応しているので少し良くなると思う。
09

| | コメント (0)

2014年4月 9日 (水)

カワセミ  久しぶりにかっての撮影ホームグラウンドで

 地元のカワセミがダメなら植物園でカタクリにマムシグサでもと思い、8時過ぎに家を出た。蕎麦屋まで歩くも姿見ずで諦めて引き返したが、最上流のかってのホームグランドに2羽登場し1時間半ほど粘った。しばらくして1羽を見失い、もう1羽が下流に飛んだので追いかけ、再び蕎麦屋まで行った。何もせず、またしても上流に飛んだが途中で見失い、12時前だったこともあり撮影終了で引き上げた。
追いかける時は急ぎ足、V3に専用70-300mmの軽量機材があれば・・・・

今日の撮影は、レンジャクの水浴びから始まった。
14040901

先日、近くの公園で姿を見ているが、また飛んでくるとは思わなかった。ましてや水浴びとは、この地では初めてで少しびっくり。群れは5~6羽程度。
14040902

 

カワセミ♂の水面からの飛び出し直後、水際は撮れず。
14040903

14040904

少し上で♂と♀が並ぶ
14040905

しばらくして♂が魚を咥え♀の所へ
14040906

14040907

14040908

給餌が始まったのだが
14040909

14040910

瞬間を見逃したが、何故か渡さず♂が食べたようである。
14040911

14040912

♂が♀の背後から迫ったが♀は逃げた。給餌が上手くいかなかったからかな?
14040913

♀は少し下流に移動。♂は水浴び後に♀を追い近くに止まったが、しばらく止まっていただけで姿を消した。
14040914

14040915

♂は、いつもの奴
14040916

♀は、下の嘴がやけに赤いが何時もの♀かな?
14040917

下流でのホバ
ピントが合った瞬間に終わっていた。♀を追って行ったつもりだが、家に帰ってから見ると♂のような、いつ変わったか分からない。
14040918

今日は、♂も♀も意外な場所に止まった。土手の上の木
14040919

木から木へ移動
14040920

14040921

14040922

14040923

また、♂は土管に入って行こうとした。入らず引き返したところ。
14040924

 

最後の撮影はウグイスだった。
14040925

 

遊歩道の桜
一度この遊歩道の木に止まったが、何本か咲いている桜に止まって欲しかった。
14040926

 

撮影機材:D800Eに80-400mm手持ち/P6000 撮影枚数:584枚/17枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年4月 8日 (火)

ブラブラと

 今日は、もともと桜撮影の予定だったが昨日の夜の時点でどうしようか悩んだ。先日行った背割堤の桜、近場であれほど見事な桜は品種違いだが仁和寺ぐらいしか無いだろうと思うと、桜撮影のテンションが急に下がった。朝起きて体がだるかったこともあり、歩いて行ける範囲にとどめることにした。
ならばカワセミということで、D800Eに80-400mmをリュックに入れ、桜用にP6000をポケットに入れて8時20分頃に自宅を出た。

川に着いて少し歩くと、カワセミが下流から上がってきた。
14040801_2

カメラを向けていたが、通行人に気を取られ水際のチャンスを逃す。
14040802_2

14040803_2

14040804_2

場所を移動して一気に食べよった。
14040805_2

それほど大きくなかったので、もう一度飛び込むことを期待したが水浴び後休憩
14040806_2

14040807_2

14040808_2

14040809_2

14040810_2

下流に歩いたが蕎麦屋当たりでカワセミ師匠と会う。7時30分頃に大きな魚を捕ったとのことで、諦めて車に乗せてもらい最下流へ。

この地のカワセミももう一つ、姿を見せたと思えば餌捕り一発で給餌咥えで姿を消した。
14040811_2

14040812_2

その後、ツバメを撮影しながら時間を潰す。ツバメは巣作りのため、土を取りに頻繁に川岸に下りていた。  
14040813_2

14040814_2

14040815_2

14040816_2

1時間近く待ったが出てこずで、諦めて再び上流へ。上流も少し前に消えたとのことで、しばらく待ったが昼が近づき引き上げた。

待ち時間に撮った桜にメジロ
14040817_2

  

今日撮影した桜

鳥撮機材による望遠撮影
14040819_2

14040820_2

14040821_2

14040822_2

P6000での撮影
RAWで撮り、後でソフト修正するとそれなりに撮れる。
14040823_2

14040824_2

14040825_2

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち/P6000 撮影枚数:263枚/13枚
移動:歩き、途中車便乗  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

三重出張の報告

 昨日の三重の海での撮影、狙いは特に無く強いて挙げればミサゴぐらいだったが、ミサゴは近くを飛ぶことが少なく、漁の瞬間も目にすることは無かった。これまでまともに撮ったことの無いウミアイサ♂、♀を比較的近くで撮れ、これが一番の成果だった。

●ウミアイサ
2度目の撮影だが、やっとまともに撮れた。着いて目の前(距離は離れていたが)に見つけ連写しまくったが、少し離れた場所に群れがおり慌てて連写する必要は無かった。
14040801


14040802

14040803

海に出て行ったり戻ったりで頻繁に目の前を飛びよった。
14040804

14040805


14040806

14040807

14040808

14040809

 

●ミヤコドリ
居た場所は遠かったが目の前を頻繁に飛び、飛びものはかなり撮影できた。14040810

14040811

14040812

風が吹いていたのでタイミングによってはバランスを崩す
14040813

14040814

14040815

          
       
  
●ユリカモメ
顔を少し黒くなり始めている
14040816

14040817

14040818

14040819

 

●ツルシギ
手持ちで撮影したが、少し遠くかろうじて撮影できたというところかな
14040820

14040821

14040822

少し離れた場所に居たコヤツは何者?
14040823

 

●コチドリ

14040824

          

●ミサゴ
気がついたら魚を掴んで飛んでいた。少し遠かったのが残念
14040825

一度だけ比較的近く(といっても海は広く遠い)を飛んでくれた。14040826

14040827

14040828

カモメとニアミス、カモメも大きい
14040829

彼方の水面近くでホバ、結局飛び込まず。飛び込む時は一気に行きよる。
14040830

 

●ヒバリ

14040831

 

●セキレイ

14040832

 

●イソヒヨドリ♀

14040833

| | コメント (2)

2014年4月 7日 (月)

三重に出張

 3月の休日出勤連続分の休暇を取ったJ君と三重に鳥撮影で出張した。ミサゴは、残念ながら遠くの飛びものしか撮れなかったが、ウミアイサ、ミヤコドリ、他いろいろと撮影出来て暇を持余すことは無く、充実した撮影日だった。
撮影枚数が多過ぎて明日に整理して掲載する。

三重の桜(安濃SA)
14040701

食通のJ君お勧めの伊勢うどんパン(行きの安濃SAで販売)
14040702

一つ買って食べたが美味かった
14040703

今日行った南端、めぼしい鳥は居らず昼飯を食って移動した。
14040704

今日も主にこの場所で撮影したが、いろいろな水鳥が撮れた。
14040705

 

撮影機材:D800Eに500mm(三脚)/D7000に80-400mm手持ち/P6000
撮影枚数:874枚/198枚/24枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:どんぶり割り勘4,000円

| | コメント (0)

2014年4月 6日 (日)

撮影休み

今日は撮影休み

昨日、D800Eと80-400mmで手持ち撮影したツバメの飛行、空に水面バックなら何とかピントは合うが、川岸の草など背景ならほとんど合わない。

14040602

14040603

14040604

14040605

14040606

14040607

イワツバメ
14040601

| | コメント (0)

どうでもよい話Ⅱ

 昨日、朝の時間潰しに過去の画像を見ていて、ふと思ったアカショウビンの目の出具合、ヤマセミはどうかと見たがそれほど出ていない。どうでも良いことだが気になると調べたくなる。

140406001

140406002

140406003

アカショウビンは、やはり目が出ている。

140406004

140406005

140406006

| | コメント (0)

2014年4月 5日 (土)

カワセミ 出に動きはそこそこ良かったが・・・・

 上に下に飛びまくり、7時半からの参戦だったこともあり昼前に歩き疲れて撤収した。
ずっとこの調子ならV3に70-300mmを買うかな? D800Eに80-400mmの手持ちでもしんどい、体力の限界を感じる。撮影ホームでの328や500mmf4の三脚撮影なんて今の状態では無理、追いかけずに待つのも手だが、待つ場所を読み間違うと悲惨な撮影結果となる。魚がまだまだ少ないのか、どこで餌捕りをするか分からない。今日も追いかけている途中もう少しの所でロングホバをしよったが、2年程前なら小走りで追いついていたと思う。”あ~、ホバしとる”が2度あり、なぜか目の前のホバ2度にはまったくピント合わず。今の80-400mmはマニュアルフォーカスリングの位置が操作しにくい場所にあり、アシストが上手く出来ない。

14040501

14040502

14040503

14040504

14040505

14040506

14040507

14040508

14040509

14040510

14040511

14040512

14040513

14040514

14040515

14040516

14040517

14040518

14040519

今日は帰り道で、かなりツバメの飛びものを撮影したが、カワセミと違い飛ぶスピードが速く難しかった。カワセミなら飛んでるところを見つければ直ぐにカメラを向けて撮れるが、ツバメはそうはいかない。セキレイは、飛び方が複雑でもっと難しい。

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:710枚
移動:歩き  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

どうでもよい話ですが

アカショウビンは出目? 目が少し周囲より出ている

140405001

140405002

 

反してカワセミは、目の玉そのものは出ているが周囲が少し高い

140405003

140405004

| | コメント (0)

2014年4月 4日 (金)

桜2014Ⅵ 自宅周辺

 今日は撮影休みの予定だったが、朝の内撮影に出れそうだったので散歩がてら7時に家を出て自宅周辺を2時間ほど歩いた。今週は平日限定ながら桜撮影週間としていたので、今日も桜を撮影しカワセミは探さなかったが鳴き声だけは聞いた。
今日もD800Eに28-300mm、天気が悪く暗かったのでISO400に設定(昨日まではISO100)、他の設定は一貫して画質モードRAW、ピクチャーコントロール風景、測光マルチパターン、撮影モードA、絞り7.1or8.0、露出補正は状況に応じ0.0~+1.0の間で変えたが+0,7が一番多かった。PC画面で画像を見ながら、NX2でWB(色温度)とコントラストを多少変え、自分の好みに仕上げている。レンズを変えると多少色を含め写りが変わるので、24-70mmf2.8通しで撮影したかったが、撮影場所によっては望遠が欲しくなるので仕方なし。

14040401

14040402

14040403

 

14040404

14040405

14040406

14040407

これがソメイヨシノの満開
14040408

サトザクラ
14040409

14040410

14040411

14040412

14040414

14040415

14040416

14040417

14040418

14040419

昼から晴れ間が出たが、明日の天気はどうだろう。撮影に出れれば桜の名所は大混雑と思われるのでカワセミに行く。

 

<追記>
噂のAPS-C機、名前はD9300とか出ていたが名前なんてどうでも良い。ボディーも金属であろうがプラスチックだろうが価格相応ならそれで良い。連写可能枚数がRAWで何枚かと価格がいくらか、それだけが気になる。連写秒コマ数にAFは、D7000より悪くなることは無いだろう。高感度が良くなり画素数が増えていれば嬉しい。・・・・ガセネタかな~

 

撮影機材:D800E、28-300mmf3.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:215枚
移動:歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年4月 3日 (木)

桜2014Ⅴ 背割堤、石清水八満宮

 今日は撮影休みの予定だったが、朝から快晴だったので午前中だけ、以前から噂を聞いていた八幡市の背割堤の桜撮影に行った。桜はちょうど満開で見事だった。ついでにケーブルカーで男山に上り石清水八満宮に行ったが、こちらは桜が少なくもう一つ。
いずれの場所も行ったのは初めてだった。

●背割堤
宇治川と木津川の合流点近くの両川を分ける堤に、1.4kmにわたりソメイヨシノのトンネルがある。これほどの距離の桜トンネルを見るのは初めてで少し驚いた。

14040301

14040302

14040303

14040304

14040321

14040320

14040305

14040322

14040306

14040307

14040308

14040309

 

●石清水八満宮
名前は知っていたが行ったことが無かった。桜はいまいちパッとせず。

14040310

14040311

14040312

14040313

 

●地元山科川(旧音羽川流域)の桜も満開
今年は知らないが昨年はこの辺りまで来ていたようで、桜の木ににカワセミが止まってくれればうれしいのだが

14040314

 

<追記>
D300S後継機の噂が掲載されていたが、しばらくして発表があるのかな? V3に少し傾きかけてきたが、こちらは以前から期待していた気になる存在。遠い猛禽の飛びものを今よりマシに撮れるのではないかと思っているだけで、カワセミや他の鳥撮影では現状機材で十分満足している。画像の良さは当然一眼だが現状路線の延長上、小型軽量超望遠はサブカメラとして欲しい存在。今日もカメラはD800Eだったが、レンズは川の近くということで鳥が居るかもと思い28-300mmにした。ウグイスにキジの鳴き声が聞こえホオジロにツグミの姿を見たが、こういう時にV3と専用70-300mmがあれば、風景にD4と24-70mmf2.8とし鳥用にV3を持ち出しレンズ交換せずに撮影出来る。

 

撮影機材:D800E、28-300mmf3.5-5..6  撮影枚数:265枚
移動:地下鉄、京阪、男山ケーブル  天気:晴れ
撮影経費:1,460円

| | コメント (2)

2014年4月 2日 (水)

桜2014Ⅳ 近江八幡堀、彦根城

 今日は滋賀に足を伸ばしたが、共に見頃の桜は1本のみで行くのが早すぎた。今度の土、日あたりが見頃かな。

●近江八幡掘

14040201

14040202

14040203

14040204

14040205

14040206

14040207

14040208

14040209

 

●彦根城
こちらのソメイヨシノはチラホラ

14040210

14040211

14040212

14040213

14040214


14040215

14040216

玄宮園の池にカワセミが居た。今日は望遠ズームを持っていかなかったので70mmでの撮影。
14040217

14040218

 

撮影機材:D800E、24-70mmf2.8、手持ち撮影  撮影機材:180枚
移動:地下鉄、JR、歩き  天気:晴れ
撮影経費:2,920円(交通費、入場料)

| | コメント (0)

2014年4月 1日 (火)

桜2014Ⅲ 山科・宇治

 今日は、もともと嵐山方面に行く予定をしていたが、桜でもうひとつ思い浮かぶ場所が無く、昨日の歩き疲れも残っていたので地元山科と宇治を周遊することにした。勧修寺、平等院から宇治川公園、山科疎水から毘沙門堂を巡ったが、やはり桜は少し早く5分咲き(一部咲き始め)~満開前ぐらいだった。メインの機材は今日もD4に24-70mmf2.8、勧修寺での桜どまりのカワセミを期待して80-400mmを持って行ったが姿は見なかった。

●勧修寺
そこそこ割いていたが満開は明後日ぐらいと思う。満開直後の散り始めた頃が、池に花びらが浮かび綺麗。

14040101

14040102

14040103

14040104

14040105

14040106

14040107

14040108

 

●平等院

14040109

14040110

 

●宇治川公園
枝垂れは身頃だったが、ソメイヨシノはこれから。ただ、大規模工事が行われており今年はダメだろう

14040111

14040112

 

●山科疎水
ここも満開は少し後、菜の花を絡めて撮れるので毎年行っているが人が多く、昨年多くのアジア系の観光客が来ていて、こんな場所にも来るようになったのかと驚いたが今日も多かった。 多いといっても休日に比べれば少ない。

14040113

14040114

14040115

14040116

14040117

14040118

14040119

疎水縁を御陵に向かって歩いたが、桜並木は益々貧相になっているような、昔はもっと綺麗だったと思うのは気のせいか?

14040120

14040121

14040122

 

●毘沙門堂
枝垂れはそこそこ、他はもう少し先と思ったが

14040123

14040124

14040125

 

撮影機材:D4、24-70mmf2.8/80-400mmf4.5-5.6  撮影枚数:247枚/28枚
移動:地下鉄、京阪、歩き  天気:晴れ
撮影経費:2,020円(地下鉄、京阪、拝観料)

| | コメント (0)

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »