« アオバトのアクビ | トップページ | V3への期待 »

2014年4月16日 (水)

V1に70-200mmf2.8VRⅡ(540mmf2.8)

 久しぶりにV1に70-200mmf2.8を装着しカワセミ探索に出た。V1でカワセミの水際手持ち撮影を再確認したかったのだが、上流域の撮影地では飛ぶ姿を2度見ただけで、最下流の撮影地では見えない場所に飛び込まれ撮影は出来なかった。V2に300mmf4で撮影しているカメラマンが居て少し触らせて貰ったが、AF初動はV1より早かったのでV3では更に改善され良くなっていることだろう。シャッターを押してから実際に撮れるまでのタイムラグは?

ツバメとムクドリの動きものでチェック
14041601

14041602

14041603

14041604

14041605

14041606

14041607

14041608

FT1使用ではAF-Cに設定しても、AFポイントは中央1点となるのでこんなものか。14041609

カワセミはどこも不調の時期、最下流の撮影地は待てば姿を見られるだけ上流よりマシ。
14041610

14041611

14041612

トンボ
14041613

ベニシジミ
14041614

 

手持ち撮影機材
D800Eに80-400mmとV1に70-200mm、重量はかなり軽くなる。14041615

 

<追伸>
今日の画像は、先日別の場所で80-400mmズームで手持ち撮影した時より悪かったように思う。540mmということで被写体が小さくピントが外れたのか、トリミングの拡大が大きかったからか、f2.8で撮影したためか(f4ぐらいに絞った方が良かったかな)、とにかく予想外だった。反対に80-400mmで300mmぐらいで撮影した方が良いのかな?

 

撮影機材:V1、70-200mmf2.8、手持ち撮影  撮影枚数:278枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

|

« アオバトのアクビ | トップページ | V3への期待 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アオバトのアクビ | トップページ | V3への期待 »