« ノイズリダクションあれこれ | トップページ | V3 昨日の撮影画像あれこれ »

2014年4月19日 (土)

V3 カワセミ水際の高速連写は◎・・・たまたまかな?

 朝からカワセミに行った。V3の本領確認でカワセミ相手の高速連写、天気は快晴で絶好の条件、レンズは70-200mmf2.8を持って行ったが、手持ち撮影は私の腕ではこのレンズがベストのようである。80-400mmの1080mm手持ちは、VRが有るとはいえブレで画像がボケる。2時間少々粘ったがカワセミの出は悪く数度のチャンスしか無かったが、何とかチャンスをものにした。連写20コマ/S、AF-Cシングルの設定だったが、結果は驚くべきもので三脚使用のD4より良かった。カワセミ以外にツバメ、カモ、鵜・・・飛ぶものを見れば何でも連写したが、空抜けに水面バックなら一眼レフほど確実では無いが捉えることが出来た。曇り空なら結果は違うと思うが、晴天下では十分満足。
973枚撮影したがメモリーの使用量は約13GB、電池の低下は20%(使用量か残りかは不明)だった。高速連写も考えもので32GBメモリー・フルまで撮れば2000枚を越え後の整理が大変。

操作上の問題点
①アイセンサーによる画面の切り替えによるロス時間・・・センサー部にカバーを貼り付けて行ったが途中で取れた。
②背面の絞り変更のダイヤル・・・Mでの撮影、手のひら親指下があたり頻繁にfが変わる。
③電源のON/OFF・・・ON時の起動時間が長く、OFFするとカワセミを見てONしても間に合わない。予備電池を持って行ってるが交換時にグリップ外す必要があり、コネクタの挿入部があり慎重に扱う必要がある。
④はっきりとは分からなかったが、シャッターを押してから撮れるまでのタイムラグが、V1ほどではないがあるような?・・・・慣れでシャッターを押すタイミングが遅れたのかも知れない。
⑤EVF、やはりOVFに比べると追従が遅い。V1よりはかなり良くなっている。
特に②が問題、V1でも静止画、動画等の切り替えダイヤルが有り、知らぬ間に変わったことが何度もあるが同様である。

画質最優先のカメラマンには不向きだが、そこそこ撮れれば良いと思う者には十分である。ISO800以上の画像が・・・・、ウイスキーボトルの高感度撮影確認ではISO6400まであまり変わらなかった。鳥撮影でも1600以上同様なら3200ぐらいまで咄嗟の時には動きもので使えるかも知れない。天気の悪い日に試してみよう。

一連の連写画像
1枚目はボケで3枚目にピントが合い途中で外れたが最後に再び合った。

14041901

14041902

14041903

14041905

14041906

14041907

14041908

14041909

14041910

14041911

 

14041912

14041913

14041914

14041915

14041916

14041917

14041918

14041919

14041920

14041921

14041922

14041923

14041924

14041925

14041926

3回飛込みがありすべて追えたのは1回だけ、毎回撮れれば言うこと無い。購入後直ぐの試し撮りで画像を見て一度は ”こりゃあかん” でガッカリしたが、連写のAFを考えると専用70-300mm(小型856)が再び目の前に現れた。

<追記>
3時頃クルマを走らそうと思い、駐車場でドアを開けようとリモートスイッチを押したが開かない。電池切れと思い電池を交換したが同じ。ならばキーでと思い差し込んでまわしたが開錠せず。近くのディーラに行き状況を説明し来てもらったが、どううしようも無しでディーラーがJAFを呼び車を引っ張り出しディーラーまで運んで貰うよう取り計らってくれた。ところが駐車場が狭く、他のクルマが止まっていて引っ張り出せずお手上げ。結局、どうしたか知らないがディーラーのサービスエンジニアが来て、裏技でドアを開くようにして引き取ってくれた。この件で思い切って車を買い替えることにした。そろそろタイヤ交換(サイズが大きく12万円もかかる)の必要があり、見た目はまだまだ乗れるように見えるが、乗っていてガタがきているのが分かっており、秋には買い換えるつもりだった。釣りに行った時に山奥でトラブルが発生したらどうしようも無いからだが、75歳までクルマに乗ろうと思っているので中途半端な買い替えになる。費用は確保しているものの出費節約で軽かと思っていたが、まだしばらく釣りに行き、もうしばらくゆったりと高速を走りたいので、今回も地面から20cm以上のクリアランスのあるSUVを考えている。予算と合わなければ考え直すが、カメラなんてクルマ比べれば安いもので、10万、20万円は車では値引交渉の範囲。
    

撮影機材:V3、70-200mmf2.8、手持ち撮影  撮影枚数:973枚
移動:地下鉄、天気:晴れ
撮影経費:470円

|

« ノイズリダクションあれこれ | トップページ | V3 昨日の撮影画像あれこれ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

何時も見さしていただいております。
下記についてですが・・・
「①アイセンサーによる画面の切り替えによるロス時間」
一度、背面のDISP(MENUの下)ボタンを操作してみて下さい。撮影状態でDISPボタンを押していくと画面が真っ暗になります。その状態でファインダーを覗くとアイセンサーが機能します。また、真っ暗な画面のままMENUと画像確認ボタンを押せば見ることができます。
ようするに画面の切り替えのわずらわしさがなくなるのです。
これはV2でのことで、V3が同じかどうかは不明です。


投稿: オキャメラ | 2014年4月19日 (土) 20時35分

オキャメラさん 連絡ありがとうございます

DSPボタンを押しましたが水準器が出てきました。
切り替わりが煩わしいというか、OVFのようにファインダーで常時見られるようにしたいのです。V1では黒く塗りつぶしたテープを感知部に貼ることによって、ファインダーで常時見ることが出来るようになり、ロス時間がなくなりカワセミを追いやすくなりました。
常時ファインダーを見ていれば良いのですが、カワセミの水際を狙う場合、手持ちも三脚使用も目視で動きを見て、飛び込む寸前にファインダーを覗いています。

投稿: 管理人 | 2014年4月19日 (土) 21時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ノイズリダクションあれこれ | トップページ | V3 昨日の撮影画像あれこれ »