« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »

2014年5月

2014年5月31日 (土)

鳥取へ遠征するも、涼しい森での森林浴で退散

 ヤマセミに行くつもりだったが気温上昇に恐れをなし、鳥取の涼しい森でのアカショウビンに狙いを変えJ君と遠征した。結果、昼前と夕方に鳴き声を聞いたのみで、トボトボと引き上げた。オオコノハズクが顔を見せたそうだが、毎年撮っているので今回は撮影せず。鳥取のアカショウビンは今年で三年目だが、毎年初回は鳴き声を聞いただけに終わっている。
退屈でしんどかった

唯一撮影したのがシジュウガラで巣箱から顔を出した雛

14053101


撮影機材:D800E、500mmf4、三脚使用  撮影枚数:45枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:どんぶり割り勘6000円

| | コメント (0)

2014年5月30日 (金)

新車入手

 今日は撮影休み、昼から新車が入った。これまで乗っていた車、もうしばらく乗るつもりだったが、考えるところあり(走行には問題無かったが何度かトラブルが有り)思い切って買い替えた。同じ車種の現行版だが、色は黒から白に変え真夏の炎天下での社内の暑さは多少マシになるだろう。早速50kmほど走ったが、出だしと止まる時に多少違いを感じるものの走りは大して変わらず。ただインパネが変わっており、多少戸惑ったが直ぐに慣れるだろう。これまではグレードの一番高いものを購入していたが、今回は同じ排気量では一番グレードが低いものにして、V3と専用望遠レンズの費用を浮かした。
明日、早速遠征予定

14053001


14053002

これまでの車、ウッドパネルはオプション
14053003

| | コメント (0)

2014年5月29日 (木)

カワセミ 30コマ/秒で水浴び高速連写

 今日のカワセミ、午前中は不調で午後に病院前より少し上で、ホバに水浴びを連発してくれた。今日のカメラはV3、スペック上AFが追従しない30コマ/秒で、ホバに横飛びの水浴びで高速連写した。レンズは300mmf2.8で828の撮影。

今日は水浴びを掲載

14052901


14052902


14052903


14052904


14052905


14052906


14052907

      
14052908


14052909


14052910


14052911


14052912


14052913


14052914


14052915


14052916


14052917


14052918


14052919


14052920


14052921


14052922


14052923


14052924


14052925


撮影機材:V3、300mmf2.8、三脚使用  撮影枚数:1,203枚
移動:地下鉄、歩き  天気:晴れ
撮影経費:420円

| | コメント (2)

2014年5月28日 (水)

カワセミ ホバに水浴び

 今日のカワセミ、出は良かったが動きはいまいち、餌獲り場所が浅かったためか飛び出しが早すぎ、魚咥えての水際はまともに撮れず。D4だったので300mmf2.8に1.7倍テレコンを使用したが画像がもう一つ・・・、ホバに水浴びが十分撮れたので良しとする。

ホバ、朝は風があり連続で見られた

14052801


14052802


14052803


14052804


14052805


14052806


14052807


14052808


14052809


14052810


14052811


14052812


14052813

水浴び、連写で狙う場合はD4かV3、水際一発狙いはD800Eが良い。  

14052814


14052815


14052816


14052817


14052818


14052819


14052820


14052821


14052822


撮影機材:D4、300mmf2.8+1.7倍TC  撮影枚数:1,125枚
移動:地下鉄、歩き  天気:晴れ
撮影経費:420円

| | コメント (0)

2014年5月27日 (火)

昼から川に出る

 所用が午前中に片付いたので、1時頃からカワセミ撮影に出た。下流域で朝は動きが活発だったようだが午後はもう一つ、帰りに中域で久しぶりに♂カワセミを見た。ただし、冬にこの区域でちょいちょい良いところを見せてくれた♂かどうかは分からない。最近のカワセミ事情は入り乱れているようで分からない。ただ、昨年のこの時期よりは姿が見れている。

140527001

140527002

帰り道で見た綺麗なカワセミ♂は、久しぶり140527003

この辺りでの撮影は慣れでいるので撮影しやすいが、夏場になると通過のみで姿をあまり見ないのが残念。
140527004

140527005

140527006

140527007


140527008

今期初撮影のササゴイ
140527009

夏が近づけば飛来する。
140527010


撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影(修正)  撮影枚数:180枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

チュウヒ飛びもの(5/19撮影)

今日は撮影休みの予定だが、午前中に用事が終われば昼から川に行くかも知れない。昨日の疲れが残っており、こんな時に1用の軽量70-300mmがあれば重宝なのだが。

先日撮影したチュウヒ♀、♂の飛びも
4/26に今年の初撮影、その後カワセミ撮影後の午後や狙っての朝から撮影で何度か行ったが、朝でも昼からでも撮影は出来たので登場の時間帯に傾向は無いように思う。ただ、待ち時間が長く日陰が無いので暑くてたまらず。今後更に暑くなるので行くとしたら朝の涼しい時間帯になるが、カワセミの出の状況によってはまた行くつもり。
猛禽も最初は飛びものを撮れれば満足だが、何回か撮ると芸が無いと面白くなくなる。餌を捕る瞬間を撮りたいが、どこで待てば良いのやら。飛翔姿にオオワシやイヌワシほどの魅力を感じず、獲物を掴んでいても獲物が小さくて絵にならず。

14052501

14052502

14052503

14052504

14052505

14052506

14052507

14052508

| | コメント (0)

2014年5月26日 (月)

渓流釣り 2014年初釣り

 2014年の渓流初釣りは、メンバー5名の都合で25、26日の日、月となったが、やはり人が先に入り釣っているようで釣果はもう一つだった。行くなら金、土ぐらいで行くのが良いようである。詳細は、後日HPの渓流釣り・釣り日記に掲載する。
尚、アカショウビンとの出合いを多少期待していたが、今日の朝に山奥からの鳴き声を聞いたのみ、かなり遠かったがアカショウビンが今年も白山麓に飛来しているのが分かった。他の場所にも既に来ているのだろう。

白峰の渓流(白山麓の手取川支流)、あまり釣れない場所
14052601

比較的流れの緩やかな場所で釣れたヤマメ20cm弱
14052602

急流で釣れたイワナ24cm
14052603

慎重に(?)流れの緩やかな浅瀬に持っていく。今回の釣果がこの2匹とは情けない。14052604

なぜかイワナ31cmを持ち民宿前記念撮影で喜ぶ。14052605

夕食にはイワナの造りと塩焼きが出た。イワナは民宿が用意してくれたもの。
14052607

我々が釣ったイワナにヤマメの骨酒、ありつけて良かった。これが楽しみで釣りをしている。
14052608

今回が最後のお努めの黒のアウトランダー
14052609

車と一緒に撮影することは稀だが、最後の記念撮影。14052610

 

撮影機材:V3/ V1/D7000、手持ち撮影 撮影枚数:227枚/48枚/27枚
移動:車  天気:初日は曇り時々晴れ、2日目:曇り後雨
撮影経費:0円(渓流釣り経費)

| | コメント (0)

2014年5月25日 (日)

ミサゴ遠征再び③ V3編

今日、明日と渓流釣りで白山麓に遠征、3時半起床で頭をスッキリさせている最中、6時には家を出る。

ミサゴ遠征のV3で撮影した画像
1350mmでいきなり飛びものを狙うのは難しいが、ファインダーに捉えればピンとはそこそこ合いそれなりに撮れる。V1でも試したことはあるが無理だった。

140525101

140525102

140525103

140525104

140525105

140525106

140525107

140525108

140525109

140525110

140525111

140525112

140525113

140525114

| | コメント (0)

2014年5月24日 (土)

カワセミ  V3でホバを高速連写したものの・・・

 朝から疲れで少ししんどく撮影に出るか迷ったが、V3の20コマ/秒高速連写によるカワセミホバ一発勝負で撮影に出た。最下流のホバ祭り(先日)のポイントに行ったが、カワセミの出は益々悪くなっており、ホバに餌捕りは見られずで止まっても何もせず通過するのみ。ガッカリで家に帰ろうと歩いていると、コンビニ横の橋の橋脚にカワセミがスタンバイ、気を取り直して再び撮影体勢に入る。時々カワセミを見る場所だが、ここ数日は出が良いようでカワセミは気まぐれである。出は良かったが動きが単発、おまけに場所的に撮影しにくかった。カワセミ撮影は慣れた上流がタイミングを取りやすいが、出が悪ければ仕方なし。ホバも撮れたが20コマ/秒、後ろからの撮影で期待したほどではなかった。
尚、今日のレンズは80-400mmで手持ち、手持ちでは初めてVRをOFFにしたが、V3の場合はOFFの方が一発でピントが合うようで、さほど気になるブレも無かった。1080mmの手持ち撮影、カワセミを追うのが大変だった。次回手持ちなら今日も少し迷ったが、70-200mmf2.8+1.4倍テレコンで750mmにした方が良いようである。

最下流のカワセミ、見え安い場所で魚を獲ってくれなかった。
140524101

帰り道で橋脚に止まっていたカワセミ
140524102

餌獲りに入ったが、1040mm手持ちではこの後が追えず。
140524103

ホバ、横から撮りたかった。日差しの関係で顔が日陰
140524104

140524105

140524106

140524107

140524108

140524109

140524110

 

撮影機材:V3、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:760枚
移動:地下鉄、歩き  天気:晴れ
撮影経費:470円

| | コメント (0)

ミサゴ遠征再び②  D800E編

 ミサゴは4(5)羽登場した。近くでの漁を期待したが、残念ながら遠く一眼レフでは856の世界、テレコンをつけようかとも思ったが曇り空の水際撮影はまともに解像しないと思い使用しなかった。D800Eは500mmf4に1.4倍でもテレコンをつけるとかなり画像が悪くなる。D4はマシ、どうでも良いが画素数の違いによるのかな・・・1600万画素のD7000以後500mmではTCを使うことが少なくなった。300mmf2.8は使わないと大きく撮れないので使用しているが。

D800Eでの撮影

飛びものは、毎回もうエエ~と思うほど撮っているが、何か面白い場面がないかと思い姿を見せれば撮影する。
14052401

こちらを見ながら頭上を飛び遠くで飛び込むことが多いので、意識しているのかと思うこともあるが、目の前に飛び込むこともあり関係ないようである。やはり魚が居るかどうかが決めてかな。
14052402

珍しくバトルが見られた
巣材の海草を取ったミサゴに別のが襲いかかったのだが、同じ海草に目をつけていた個体かも知れない。
14052403

14052404

14052405

14052406

14052407

無事逃げ切り巣に向かう。山に消えるので巣は山の中だろう。
14052408

大きなボラ(多分)を掴んで飛ぶ。遠すぎたのが残念
14052409

水面に近くの魚を狙うが、この時は空振り
14052410

飛び込まずに足を突き出し魚を獲る。14052411

獲物はダツ
14052412

長い嘴が危険な魚、心得ているようで突き刺されないように掴んでいる。14052413

杭に止まる瞬間、遠くてピント外れが多かった。トリミングでかなり拡大しているが、トリミングで見られる範囲ならV3よりD800Eの方が画像は良い。14052414

14052415

| | コメント (0)

2014年5月23日 (金)

ミサゴ遠征再び

 今日は体調不良で有休を取ったJ君とミサゴ撮影に行った。鳥撮カメラマン、体調不良も何のそので撮影に出る根性は大したもの。私も仕事現役時代、大半の有休は捨てていたが誰にも文句の言われない権利、もっと遊休を取っておけば充実した人生を送れていたかも知れない。仕事が趣味の御仁には考えられないことかな。

今日のミサゴは出は良かったが、芸披露の場所が遠すぎ天気も曇り空だったので、どうせまともな画像が撮れないと思い、V3での飛びもの撮影の試しを多くした。500mmに装着で1350mmの飛びものは、ファインダーに捉えるのが難しく、特に水際はほとんど捉えられなかった。一旦捉えればそれなりに撮れたので、照準器を使用すれば撮影しやすいとは思う。一眼はD800Eを持っていたが、トリミングで対応できる距離では当然D800Eにかなわず、D800Eでは撮れない距離なら飛びものでもV3の価値があることが分かったのは成果だった。

今日はV3の画像を適当に選んで数枚掲載、後はじっくり画像をチェックしてから

トリミングで3倍に拡大
水浴び、距離が遠くV3使用はこれから始まった。
14052301

飛びもの
14052302

14052303

14052304

トリミング1.5倍に拡大
14052305

ノートリ、近づけばまともに捉えるのは無理
14052306

魚掴んでの飛行
水際はピントが合うかどうか以前の問題で捉えられず。D800Eなら間違いなく水際を捉えたが距離が微妙だった。
14052307

14052308_2

 

撮影機材:D800E/V3、500mmf4、三脚使用  撮影枚数:497枚/967枚
移動:車  天気:曇り一時晴れ
撮影経費:どんぶり割り勘で4000円  

| | コメント (0)

2014年5月22日 (木)

カワセミ 朝不調で昼から上流を探索

 朝から最近のカワセミ撮影地に行ったが不調、カワセミは出てくるが撮影しにくい下流で餌捕りを行うようで、餌捕りは諦め水浴びポイントで水浴びを撮影し歩きで引き上げた。帰る途中でカワセミを見かけたので昼から再び出陣、朝に見かけたカワセミが遊んでくれたが、上流のカワセミは♂、♀関わらずよく飛びまわり疲れさせてくれる。今日上流に登場したのは♂ではなく♀だった。

朝の撮影

ペリットを吐いたので頑張ってくれると思ったのだが
14052201

14052202

仕方なく水浴びポイントへ
14052203

水浴びは2バターンの撮影しか出来ない。
14052204

14052205

14052206

14052207

14052208

14052209

14052210

この後、橋に隠れたので諦めて帰る。途中の上流域で♀が上から飛んできたが、直ぐに下に飛び去る。
14052211

 

昼からの撮影

朝に見かけた♀登場、偶然岸辺の草から少し高い場所に飛び上がったのが見え分かったが、見ていなかったら気づかなかっただろう。この時期、カワセミを探すのは困難
14052212

一旦上に行き2度ほど飛び込んで魚獲れずで再び下流へ、徐々に移動して出合いを超えたの諦めて支流から家に戻る。支流にはカワセミ反応なし。
14052213

14052214

14052215

14052216

14052217

14052218

14052219

14052220

14052221

 

カルガモ親子、生まれて間もないと思われる小さな9羽の雛を連れていた。
14052222

14052223

 

撮影機材:朝D800E、300mmf2.8+1.7倍TC、三脚使用    274枚
       昼からD7000、80-400mmf4.5-5.6手持ち撮影   198枚
移動:地下鉄、歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:260円

| | コメント (0)

ヤマセミを撮りたい

 久しぶりにヤマセミを撮りたい。昨年はヤマセミ狙いで2箇所(兵庫と奈良)へ行き、1箇所では撮ったがロケーションがもう一つ、どこか良い場所は無いものか・・・
数年前までは車で早朝走れば20分もかからない天ヶ瀬で確率は低かったが撮れた。工事が始まり行かなくなったが、上流や支流で姿を見ることがあるとは聞いている。車で行っても止められる場所が限定されるのでまともに探せない。工事の状況を知らないが、一度どうなっているか宇治駅から歩いて早朝に行くかな、車では何度か横を走っている。

500mmf4購入直後、08年のこの時期に撮影した画像
この頃、カメラはD300を使っていたが止まりものは1.4倍か1.7倍のテレコンを使用し、飛びもの狙いはテレコン無しで撮影していた。1.7倍テレコンでもD300のAFは問題無かった。

1dsc_8614

2dsc_4044

今日はカワセミ

| | コメント (0)

2014年5月21日 (水)

撮影休みで渓流釣りの準備

 朝から雨、近々釣りに行くので道具を出し準備を行った。道具は小部屋の押入れに入れているが、前に撮影機材の棚や何やかんやを置いて居るので、玉突きで移動させながら出さないといけないので面倒、年数回開ける押入れ。ついでに20年程聞いていないLPレコード数十枚を処分するため出した。
釣りは日曜出発で1泊の予定、いつも通り白山市の白峰に行くが今年はどうだろう。渓流釣りといっても林道の車止めぐらいまでは行くが、そこから何時間も歩いて源流を目指すことは無い。昨年までは過去の最長寸44cmm越えを目指したが、最近大物が釣れず今年は民宿での骨酒を楽しみにそこそこの形を数匹目指し、後は山の中での写真撮影を適当に楽しむことにする。

竿は2本、硬調6.1mに中硬5.3m、硬調には3.5mの仕掛け、中硬は2m弱の仕掛けを付け場所で使い分けている。2m弱の仕掛けは軽量の硬中硬5.4mに付けていたが、2年前だったかトラブル(折れたのか摺動しなくなったのか忘れた)が生じ、修理価格が高かったので思い切って処分し、その後予備に持って行っていた中硬竿を使用している。しなって小物がかかっても大物かと思ってしまう。14052101

仕掛け色々。以前はハリとハリスを別々に買い自分で巻いていたが、今は既製品を使用。
14052102

合羽兼ウインドブレーカーと渓流専用のベスト
ウインドブレーカーは海釣り時代に購入したもので、25年以上着ており山歩きや鳥撮影でもたまに着る。
14052103

釣専用のリュック、20年以上前にポイントで手に入れた。
14052104

胸までのウエダーに網
この網なら50cmぐらいのイワナでも掬えるが、25cmぐらいしか掬ったことは無い。大物がかかれば網より岸に上げることを先に考えてしまう。
14052105

夏に吐く渓流靴とスパッツ
スパイク付で水の中は良いが、岩に上ると滑りそうになることがある。14052106

今回からカメラは3台持参
・V3に30-110mm:川に持ち込み、釣れた魚を水面上で撮る。
・V1に10-30mm:風景主体の撮影
・D7000に80-400mm:思わぬ熊やカモシカ遭遇に鳥も撮るつもり。川には持ち込まない。一昨年釣りの最中に近くでアカショウビンの鳴き声を聞いた。それ以前、昨年も鳴き声は聞いていない。
14052107_2

 

過去の画像

こういう場所では、尺越えは釣れそうで釣れない。釣れても20cmがせいぜい
14052108

イワナ44cm、2005年の釣果。このサイズは、もう釣れないやろうな。
14052109

D300に28-300mmでの撮影
高倍率コンデジではレスポンスが遅く撮れなかったので持ち込んだが、片手撮影では無理があり歩留まりが悪かった。昨年はV1を使用したが中々撮れずで、撮影に気を取られている間に尺越えを逃がした。今年はV3の使用で一発で撮れるだろう?
14052110

今回が最後のお勤めの黒のアウトランダー
走行には関係ないが原因不明のトラブルが2度、タイヤも後1万キロぐらいで替える必要があり、4本で12万円ほどするので買い換えることにした。8年で走行距離は9万5千キロ、後3年は乗りたかったが前回のタイヤ交換が早すぎた。色が黒で真夏に乗った時の暑さがたまらないこともある。新車になれば1ヶ月ほどは未舗装の林道に入らない。
尚、前の車ビッグホーンは7年で14万キロ走ったがトルコンからオイル漏れ、解体チェック・修理で10万円、修理出来ず交換となると+50万円と言われ買い替えたが、2台続けて運が悪いのかな。
14052111

| | コメント (0)

2014年5月20日 (火)

カワセミ  何故か不調

 朝からカワセミに行ったが不調だった。関係無いとは思うが、土手の草狩りが始まっており、水浴びポイントの前は雑草が刈られている。金、土と行った時は調子が良く、昨日に一昨日も良かったと聞いたが、今日は何でやろと思いながら11時に引き上げた。
V3で30コマ/秒の高速連写で、これまでに無いホバ画像が撮れると思ったのだが・・・・

餌捕りは2回、ホバは水面近くのショートのみでピント合わず。
14052001

14052002

14052003

14052004

14052005

14052006

14052007

14052008

目の前にツバメの雛が止まった。カワセミはもう少し先か、最近は撮影出来ない(見えない)場所に連れ出し面白くないようだが。
14052009

 

ニコンからV3キャッシュバック受付の案内が来た。1万円、D4の清掃にニコン発売の1用ハンドストラップ、日よけ付き帽子の購入で既に使っている。

撮影機材:V3、300mmf2.8、三脚使用  撮影枚数:139枚
移動:地下鉄  天気:晴れ後薄曇
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2014年5月19日 (月)

チュウヒ 残念遠かった

 山科より滋賀の方がガソリン価格が安いので隣の大津へ、ならばチュウヒということで給油後に走った。D4に500mmf4、最初は1.4倍TCを使っていたが、途中で薄雲が広がったのでテレコンを外す。2時間で2度現れたが共に数分、2度目は餌渡しが見られ良かったが500mmでは遠すぎた。少しもやっと成りかけていたので、遠くてはTCを入れてもダメ・・・というより結果は悪かっただろう。V3ではどうか、ピントが合わないだろう。やはり遠い猛禽は856かと上手く撮れない時はいつも思う。

 

今日の画像はトリミングで、単独飛行は3倍に餌渡しは3.6倍に拡大

最初に♀が飛んだが直ぐに消えた。
14051901

14051902

1時間少々、一人で待ちくたびれた頃に♂が餌を掴んで登場、隠れていた♀が登場して餌渡しが行われたが2分で終わりとなる。
チュウヒはサービスの悪い鳥、もう少し喜ばしてくれんかい!
14051903

14051904

14051905

14051906

14051907

14051908

14051909

14051910

14051911

14051912

14051913

14051914

14051915

♂は餌を渡した後2回ほど旋回し近くも飛んだが直ぐに消えた。これで日陰の全く無い場所で1時間待つのかと思うと嫌気が差し引き上げた。
14051916_2

14051917

 

撮影機材:D4、500mmf4(+1.4倍TC)、三脚使用  撮影枚数:294枚
天気:晴れ後薄日  移動:車
撮影経費:0円(ガソリン代は日常経費内)

| | コメント (0)

2014年5月18日 (日)

所用で撮影休み

 烏丸の大丸百貨店に行く用事があったので、ついでに登山用品売り場に行き日よけ付き帽子を買った。3000円も出せば十分な物があるだろうと思ったが、品数が少なく何と4860円もした。買うと言ってから値段を聞いたので買わなければ仕方無し。好日山荘か釣道具屋にでも行けば安いものもあったかもしれない。
用途は炎天下での鳥撮影専用、去年は帽子の下にタオルを巻いていたがタオル無しで大丈夫だろう。夏は2日も被ると汗臭くなるので最低2つは必要、どこかで安いものを見つけたらもう一つ買う。

日よけは、木陰に居る時に落ちてくる虫除けにもなるが、取り外し出来るので便利。
14051801

 

鳥の画像は在庫より

ツバメ幼鳥
14051802

スズメ幼鳥
14051803

山で撮影したオオルリ
14051804

ケリ
14051805

ヒバリ
14051806

14051807

カワラヒワ、飛びものは初
14051808

15051809

| | コメント (0)

2014年5月17日 (土)

カワセミ 久しぶりに良かった

 昨日のカワセミ撮影は少し遠かったので、今日は久しぶりに328に2倍TCを使った。ホバは昨日ほどではないが何度か披露してくれ、久しぶりに餌捕りシーンも撮れた。2倍TCではホバに止まりものは問題なかったが、水際撮影がもう一つスッキリせず。カワセミは小さくなるが、1.7倍にとどめるか1.4倍でD800Eにした方が良かったのかもしれないとの思いも残るが、あまり良い機会に恵まれない時期なので撮れて良しとしよう。

日差しが強く目の当たりが影となり、目に光の入った画像は少なかった。
14051701

道を自転車で通る人がバックに入る・・・初めてかな
14051702

水面バックのホバはピントが合い易い。
14051703

14051704

14051705

再び背後に人が入る。
14051706

大きな魚を咥えて出てきたが・・・
14051707

14051708

14051709

咥え方が浅かったのか落としよった。
14051710

14051711

14051712

今度は、余計なものまでガッチリ咥えて出てきた。
14051713

14051714

草バックのホバは一発でピントが合わず、マニュアルフォーカスでアシストして何とか合った。
14051715

魚に嘴が突き刺さっていたようで、咥え直すのに苦労する。
14051716

小さなゴリを捕る。
14051717

大きな魚は給餌咥えでどこかに運ぶ
14051718

14051719

 

撮影機材:D4、328+2倍TC、三脚使用  撮影枚数:652枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:600円(移動するつもりで一日乗車券)

| | コメント (0)

2014年5月16日 (金)

カワセミ 久しぶりのホバ祭り・・・超ロングホバに驚く

 今日のカワセミはホバの回数は少なかったが、1分前後のこれまで見たことがない超ロングホバが何度か見られ、久しぶりのホバ祭りだった。回数が少なかったのは出が1時間に数回だったためで、ホバが長かったのは風が強く魚が見えにくかったのが理由と想定する。ホバの撮影に飽き途中から水際狙いで場所を変えた。カメラはD4、当然のことだがここしばらくのV3に比べ綺麗な画像が得られたが、AFの追従はV3に比べ悪かったように思う。V3の連写はピントが甘いながらも追従したが、D4はピントが一旦外れバックに合うと、カワセミはボケて連写の最後まで戻ることはなかった。それだけフォーカスがシビアなのかも知れない。

 

最下流より更に下流での撮影、この場所で撮影するのは何年ぶりかな。ホバポイントか今日は特別だったのか知らないが、今日はよくホバをしてくれた。ホバだけで300枚程度撮影したが始めてのこと。1度のホバでは数枚撮れば良く、後は同じポーズばかりなのでシャッターを押さない方が良いのかな。

14051601

14051602

14051603

14051604

14051605

14051606

14051607

14051608

14051609

14051610

14051611

14051612

14051613

14051614

14051615

14051616

14051617

14051618

14051619

14051620

 

いつもの最下流の撮影ポイント
画像の綺麗さでは所詮V3は一眼レフ(特に今日はD4だったので)にかなわないが、高速連写で一眼の連写能力では撮れない連続シーンが撮れるのが面白い。

14051621

14051622

14051623

14051624

14051625

14051627

14051628

14051629

 

帰りに少し上流の撮影場所まで歩き、綺麗なカワセミの止まりものを撮影し寺のカワセミのご機嫌を伺い引き上げた。寺では鳴き声を聞いたものの姿見ず。

14051630

 

撮影機材:D4、300mmf2.8+1.7倍TC、三脚使用  撮影枚数:519枚
移動:地下鉄、歩き  天気:晴れ
撮影経費:400円
 (地下鉄は宴会で夕方外出のため1日乗車券購入で一般経費扱い)

| | コメント (0)

餌渡し

 先週のチュウヒ撮影で♂から♀への餌渡しが見られた。その前にトビとチュウヒのバトルが見られたので、このシーンもバトルと思い連写を途中で止めた。帰ってからの画像確認で分かったが連写を続ければ良かったと後悔、機材はD4に500mmf4+1.4倍だったので♀がキャッチする瞬間を間違いなく撮れていただろう。
ハトなどの大きな獲物を捕らえてくれれば見ごたえがあるが小さな小鳥ではもう一つ。

140516101

140516102

140516103

140516104

| | コメント (0)

2014年5月15日 (木)

フクロウ、カルガモ親子、最後はカワセミ

 天気予報では曇り後雨、8時から大リーグ・ヤンキース田中の登板があり、TVを見るか撮影に出るか迷う。撮影に出たとしても昼までがいいところ、近江八幡のキショウブか天然ものを撮っていないフクロウか、結局フクロウの撮影にして7時半過ぎに家を出た。場所は昨年人から聞き行かなかったが分かっていたので、ネットで場所を調べ地図をプリントアウトし持ってでた。駅について進行方向に対し右か左かは分かっていたが、改札を出て進行方向がどちらか分からなくなる。駅員に方角を聞いていると、運良く山科の顔見知りのカメラマンさんが通りかかり連れて行ってもらった。(・・・1時間ほどでお礼を忘れ帰ったがありがとうございました。)
曇り空の平日の朝9時頃、カメラマンは少ないかと思っていたが多くて驚いた。木の茂みが邪魔だったが、手持ちだったため何とか隙間から撮影できた。雛は見やすい場所に出ており撮りやすかったが撮影したかったのは親鳥、高い場所に居て逆光で影になり良い撮影は出来なかったが、何とか撮れたので良しとしよう。

フクロウ
アオバズクと同様で動きが無く、親は1箇所(しか見えなかった)、雛は3箇所から角度を変え撮影したが、いらちの自分には向いていない被写体である。親、雛ともにもう少し動いてくれれば良いのだが

かろうじて撮れた親、止まっていた場所が悪すぎた。
14051501

14051502

14051503

雛、1羽しか姿を見ず
14051504

体の割りに足が大きい
14051505

14051506

14051507

14051508

14051509

 

地元に戻り、雨は降っていなかったので川を散策した。

カルガモ親子をかなり下流で発見
雛は9羽と聞いていたが6羽しかおらず、カラスにでもやられたのか別の親子か?
14051510

14051511

14051512

カワセミは、いつもの通りで水浴び後何処かに飛ぶ。
14051513

14051514

14051515

少し上流の橋脚にも♀が居たが、一度飛び込むのを見て雨が降り出す前に引き上げた。
14051516

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち(訂正)  撮影枚数:363枚
移動:地下鉄、JR、歩き  天気:曇り
撮影経費:950円

| | コメント (0)

 昨日の♂カワセミは、水から飛び出した後足でもう一つの足を掴むと聞いた。画像を確認すると毎回掴んでいたが、掴む足は以前と変わったとのこと。尚、画像は一昨日のもの

水面から飛び出した直後、右足で下から左足を掴む体勢になっている。
Dsc_1026

ガッチリ掴んでいる
Dsc_1031

Dsc_1032

着木体勢で離す
Dsc_1033

今日は鬱陶しい天気、カワセミ飛びものは無理だが撮影に出るかどうか?

| | コメント (0)

2014年5月14日 (水)

カワセミ  今日もV3で水浴びの高速連写

 V3の高速連写にはまった訳では無いが水浴びしか撮る場面が無いので、水面への飛込みから水面からの飛び出しを狙った。今日のレンズは70-200mmf2.8、被写体大きくしてピントを合いやすくした方が良いのか、被写体を小さくして追いやすくした方が良いのかを試したが、どちらもどっこいで大差無し。

●テレコン1.4倍有  トリミングで2倍に拡大

20コマ/秒での撮影で、このシーン以前にも連写していたためバッファが空でなく途中で連写が止まった。
14051401

14051402

14051404

14051405

14051406

14051407

14051408

14051409

14051410

14051411

14051412

14051413

14051414

 

●テレコン無 トリミングで2.8倍に拡大

10コマ/秒での撮影
14051415

14051416

14051417

14051418

14051419

14051420

14051421

14051422

14051423

14051424

14051425

14051426

14051427

14051428

14051429

14051430

14051431

 

撮影機材:V3、70-200mmf2.8+1.4倍TC有/無、三脚使用  撮影枚数:656枚
移動:地下鉄  天気:うす曇
撮影経費:470円

| | コメント (0)

2014年5月13日 (火)

カワセミ 晴れの日はV3で高速連写

 ということで328にV3、20コマ/秒の連写で水際前後を狙った。今日のカワセミはカメラをセットした場所では水浴びばかり、別の場所で魚を捕り巣に持って帰っては登場し水浴び後に漁場へ移動の繰り返しだった。出は良かったが、魚無しの水浴びばかりではもう一つ。

●飛び込み
飛び込みはスピードが早くシャッターを押すタイミングが遅れることが多い。特に水面直前はトップスピードになっているので撮影は難しく撮れてもピンボケが多い。

14051301

14051302_2

14051303

14051304

14051305

14051306

 

●水面からの飛び出し
水浴び連発でタイミングは合わせやすかったが魚無しが残念。

14051307

14051308

14051309

14051310

14051311

14051312

14051313

14051314

14051315

14051316

14051317

 

●一連の動作
すべてピントを合わすにはカワセミの動きに合わせレンズを振らなければならないが、まだまだ修行不足で途中でピントが外れる。810mmでの撮影だったが200mmズームの540mmの方が追いやすかったかも知れない。
飛び上がってから再び着水しもう一度飛び上がる。時々見る仕草だが、今日のは完全に飛び出してから着水しよった。

14051322

14051323

14051324

14051324_2

14051325

14051326

14051327

14051328

14051329

14051330

14051331

14051332

14051333

14051335

 

撮影機材:V3、300mmf2.8、三脚使用  撮影枚数:1,377枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:470円

| | コメント (0)

2014年5月12日 (月)

5/10のミサゴ

 今日は撮影休みでミサゴの画像の整理をしていたが、ようやく300枚以下まで減らした。これまで何度も撮っている飛びものを撮らなければ良いのだが、フィールドに立ったからにはボケッと見ていても仕方ないのでシャッターを押すことにしている。近くでの飛び込みは背後からの撮影ばかりだったが、遠い場所への飛込みでは顔が見える画像もあった。遠かったのでピント合わせが不十分、ピンボケが多かったが仕方なし。

●飛びものにホバ
この日は、出てくると直ぐ上を何度も飛んでくれた。飛びながらこちらを見ていたが、気にせず直ぐ近くにも飛び込んだ。風で波があり魚が見えにくく浅瀬に飛び込んでいたのかな? もうしばらくすれば雛だ出てきて撮影が忙しくなるかも知れないが、炎天下の撮影は暑くて堪らない。

14051201

14051202

14051203

14051204

14051205

14051206

14051207

 

●急降下
急降下から足を突き出し水面に突っ込む瞬間を狙っているが、ホバから降下の途中までは追えるが、水面に近づくとピントが外れ難しい。手持ちの方が追いやすいように思い、試したこともあるが振り過ぎて撮れず。 深い場所に飛び込む時は真っ逆さまに飛び込み、浅い場所では斜めから水面に近づき、足で魚を掴みそのままの勢いで舞い上がりよる。この日はその様子が見られた。

14051208

14051209

14051210

14051211

14051212

斜めからの降下で魚を見失ったのか、水面近くで止めてそのまま上昇する。何度も見られたシーン。
14051213

 

●水際と魚を掴んでのとびもの

深く潜ったが魚無しで飛び出す
14051214

14051215

飛込みが浅く、そのまま舞い上がった
14051216

14051217

14051218

水際の瞬間はピント合わずで、ピントが合った時は沖に向かって飛んでいた。一旦完全に水につかり間を置いて飛び出してくれれば撮りやすいのだが、撮影機会が少なかった。
14051219

着水せず片足で魚を掴んで飛び去る。横向きだったら良かったのだが、背後からではもう一つ。
14051220

14051221

飛び込んだ場所が遠かった。何故か知らないが魚を掴んで上空を何度も旋回してから山に向かいよった。
14051222

14051223

14051224

これは横からの撮影だったが遠かった。
14051225

14051226

14051227

魚を捕った水際には気づかなかった。見つけた時には魚を掴んでいた。
14051228

おまけ画像、巣の補修材も何度か運んでいた。
14051229_2

| | コメント (0)

V3  鳥撮影で活躍中

 発売日に購入したV3、1ヵ月足らずの使用で撮影枚数が1万枚を越えた。シャッター寿命はどのくらいか知らないが、連写重視の用途で使いまくる。当初、ISO800以上の画像がノイズ処理効き過ぎでガッカリしたが、f2.8、f4の明るいレンズを使用、f5.6のレンズでも天気の良い日ならISO400以下に抑えられるので全く問題ない。70-200mmf2.8と組合せで飛び物手持ち撮影、500mmf4との組合せで遠い猛禽の飛び出しを20コマ/秒で高速連写出来るメリットは大きい。これまで高速連写が必要な時はD4を使用していたが、フルサイズでは遠くてトリミングで十分対応できなかった距離もカバーしてくれる。写りは価格相応で落ちるのは仕方ないが、満足できる範囲で撮れている。今のところ手持ち400mmズームでの1080mm、三脚使用500mmでの1350mmでの鳥の飛びものはピントを合わせられない。練習すれば撮れるのか、自分の腕では所詮無理なのか・・・・

電池の寿命が短く交換時にグリップ外さなければならず面倒、背面のダイヤルが手のひらに当たりまわる、チャチなグリップで使用中に取付けネジが緩んでくる等、悪い面をあげるといろいろあるが今のところは十分活躍している。

今日、フラッシュが付いているのを知った
1405121001

500mmf4での撮影、ノートリ画像
1405121002

1405121003

1405121004

| | コメント (0)

2014年5月11日 (日)

カワセミ  アカン日

 今日も朝からカワセミに行ったが、出が悪ければ大した芸もせず短時間で消えよった。数年前は違ったが、最近のこの時期はこれが普通かな・・・・
寺では水面に枯ハスなど邪魔物が多く難しいのでV3を使用し20コマ/秒の高速連写で木からの飛び出しを狙ったが、数度しかチャンスが無くタイミングが合わず、飛び出し狙いで連写した画像に主役不在ばかり。

今日の画像はISO400での撮影でトリミングで2倍に拡大

14051101

14051102

14051103

14051104

14051105

14051106

14051107

14051108

14051109

14051110

撮影機材:V3/D4、500mmf4、三脚使用  撮影枚数:253枚/44枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:400円

| | コメント (0)

昨日のミサゴ V3編

 いつものことだがミサゴ撮影はシャッターを押し過ぎる。昨日はいつもより抑制したものの、10コマ/秒のD4だったため撮影枚数が増えた。連写に設定しているとちょっと1ショットのつもりが数枚の連写になる。写真の整理を始めたが、まずわ撮影枚数の少ないV3の画像を掲載。
サブカメラとして持って行ったV3、空を飛ぶところに向けても1350mmでは追うのが難しくまともに撮れなかったが、遠い止まりものからの飛び出しはOK。一眼レフではトリミングによる限界を超える距離でも一眼レフよりは大きく撮れる。掲載画像はトリミングで3倍に拡大

 

干上がった中州近く
飛び出しは風が吹いてくる方向で、撮影は後ろからとなる。

140512101

140512102

140512103

140512104

140512105

140512106

 

休憩で木に止まった木からの飛び出し
ここでの飛び出しは風の吹く方向だったが、場所が良く横から撮影できた。ファインダーから消える寸前までカメラは固定のまま。ミサゴの動きに合わせて振りたいが、1350mmでは追うのが難しく直ぐにピンボケになる。

140512107

140512108

140512109

140512110

140512111

140512112

| | コメント (0)

2014年5月10日 (土)

ミサゴで遠征

 J君とミサゴ撮影で遠征した。高速のJCTで道を間違えたり(2度目)、事故による停滞(と電光掲示板に出ていたので途中で降りた)などで遅れ、到着は11時になり4時まで粘った。ミサゴはそこそこ登場し何度か飛び込んでくれたが、風向きが悪くほとんどの水際撮影が背後からでもうひとつ。カメラはD4にV3、レンズは500mmf4で、V3で遠い止まりものと木からの飛び出しが撮れたのは良かった。

今日はとりあえず3枚掲載、後は後日写真を整理してから

後ろからの水際撮影
Dsc_1269

 

立っていた場所の背後の低い場所でホバをしていたが、急降下で直ぐ頭上を飛び目の前に飛び込んだので驚いた。当然、飛び込みは撮れず。
ノートリ
Dsc_1523

 

V3での止まりもの撮影、トリミングで3倍に拡大。
Dsc_9616

 

撮影機材:D4/V3、500mmf4、三脚使用  撮影枚数:1,522枚/160枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:どんぶり割り勘5,000円

| | コメント (2)

睡蓮

自生の睡蓮を見ると夏が近いと感じる。5月半ば、鳥の雛があちらこちらで見られるシーズンになったか~

D4と500mmf4での手持ち撮影です。

Dsc_0341

Dsc_0343

Dsc_0347

Dsc_0352

| | コメント (0)

2014年5月 9日 (金)

朝はカワセミ、昼からチュウヒ

 今日は、久しぶりに気合を入れてD4に500mmf4でカワセミに行った。D3を使っている頃、気合を入れてD3を持っていくと不思議にカワセミの出が悪く、あまり使わなくなっていた。D4に変わりそのジンクスは無くなったが、500mmは大きくあまり使っていなかったこともあり、振り遅れてカワセミ撮影ではあまり綺麗な水際が撮れていない。今日のカワセミも短時間集中だったが、案の定水際は1枚も撮れず。飛び込んでも深く潜らず直ぐに飛び出すので、照準器を使わない撮影方法では難しいということにしておこう。
昼からはチュウヒに行った。だいぶん待たされたが姿を見せてからは風が強かったからかどうかは知らないが、撮影には十分な時間飛んでくれ撮りまくった。ただ、風の影響か対岸に向かって飛ぶことが多く、後ろからの撮影が多かったのが残念。次回は昼からなら対岸で撮影するかな。

カワセミ
ピクチャーコントロールは風景

14050901

14050902

14050903

14050904

14050905

14050906

14050907

14050908

14050909

14050910

14050911

14050912

14050913

14050914

14050915

 

チュウヒ
近かったり、遠かったりで直ぐに1.4倍テレコンを使用した。そのため2段ほど絞ったが画像はもうひとつ締まらずでアンシャープマスクを強めにかけた。
取り合えず2枚掲載

14050916

14050917

 

撮影機材:D4、500mmf4(+1.4倍テレコン)、三脚使用 撮影枚数:792枚
移動:車  天気:晴れ一時曇り
撮影経費:400円

| | コメント (0)

ナガサキアゲハ♂

 カワセミの待ち時間に花に止まる黒い蝶が目に入り撮影、クロアゲハと思ったが尾が無くナガサキアゲハの♂だった。見たのは二度目

Dsc_4272

Dsc_4278

Dsc_4302

| | コメント (0)

2014年5月 8日 (木)

朝カワセミ、昼からキジ

 朝からカワセミで川から寺に行ったが、いつも逃げ回る♀が珍しく短時間だが集中的に遊んでくれた。何度か餌捕りの後奥に隠れたが、次に再びサービスしてくれるかどうか分からず10時半頃に引き上げた。三脚を持って行ってればもう少し粘ったが、手持ちだったので待つのがしんどかった。
昼食後アマサギがトラクターの後を歩いていないかと草津の田んぼに行ったが、時期的に早いのか姿見ず。代わりにキジを見つけ撮影したが遠かった。この地のキジは敏感なようで、近づいたが直ぐに逃げた。

朝のカワセミ

14050801

14050802

14050803

14050804

14050805

14050806

14050807

14050808

14050809

14050810

14050811

14050812

14050813

14050814

14050815

14050816

 

昼からの田んぼのキジ

14050817

14050818

14050819

14050820

14050821

14050822

14050823

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:朝447枚、昼から231枚
移動。歩き、車  天気:晴れ
撮影経費:400円

| | コメント (0)

V3と300mmf2.8で半月を撮影

 昨日の夜、半月が空高く輝いていたのでV3チェックの絶好条件と思い撮影した。ゴーヨンを使いたかったが、三脚はイヌワシ遠征で車に入れたまま、駐車場に取りに行くのが面倒で別の少し小型の三脚使用でレンズは300mmf2.8。
結果良好、撮影条件が良ければ画像の良し悪しはレンズ次第、条件が悪い時に(同じレンズ使用で)カメラの性能が物を言うということを再認識した。

カメラの設定
A、スポット測光、ピクチャーコントロールスタンダード、WBオート、ISO200
f7.1、SS1/80、露出補正-0.7、オートフォーカス

画像は2倍に拡大
Dsc_9600

| | コメント (0)

2014年5月 7日 (水)

V3に500mmf4でカンムリカイツブリ  昨日の撮影

 昨日、湖北で撮影したカンムリカイツブリです。

●D800EとV3の画像比較

D800E、V3と画像サイズを合わせるためトリミングでフルサイズから2.7倍の拡大
14050701d800e

V3のノートリ画像 D800Eとの違いは?
14050702v3

 

●V3の画像
ISO160、200で撮影、トリミングで2倍に拡大。感度を上げなければV1より総合的に綺麗、価格が違うので当たり前か。V1の色は地味すぎる。
14050703

14050704

14050705

14050706

14050707

14050708

14050709

14050710

14050711

14050712

| | コメント (0)

ニコンの大阪サービスセンターへ

 V3のEVF修理とD4のファインダー及びセンサー周辺の清掃で、大阪のニコンサービスセンターに行った。”EVFを取り付けたままバックなどに入れ持ち歩いている時に衝撃が加わると破損する恐れがあり、使用しない時は取り外すように”というようなことが使用説明書に書かれている。その割りに取り付け時になかなか挿入できず、差し込み方が悪いのかと思い抜こうとしたがなかなか抜けずでおかしいと思っていたら不良品だった。いちいち抜き差ししておれず、そのまま使用しても良かったのだが、ニコンのHPに無償修理のアナウンスがあったので、D4清掃のついでということで持って行った。
更にD4のメディア挿入部蓋のベコベコ、、購入当初に送り返した時の返答はニコンの品質基準内との話だったが、何とかならないかと聞いたら再調整してくれ、高額カメラとしては満足できないものの大分マシになった。2年前の調整は何やったんや・・・まじめに調整したんか~、ニコンさんよ。もう一度持って行って再調整頼めば三度目の正直でまともになったりして。そうなれば手に持つ喜びを感じながら撮影できるカメラになるのだが無理やろな

大阪梅田、京都に比べれば大都会
140507101

ニコン・サービスセンターのあるビル。10年ほど前、出張帰りに一度行っており今回が二度目。
140507102

1時間ほど待ち時間が有りヨドバシへ。ニコン1用の ニコン製ハンドストラップAH-N1000を購入した。京都のヨドバシでは無かったのでSONY製を買ったが、少し細く70-300mmを購入した時に多少不安があった。SONY製はV1に付けた。140507103

| | コメント (0)

2014年5月 6日 (火)

イヌワシ 惨敗

 J君とイヌワシの2014年初撮影に行ったが、3度姿を見たものの距離が遠すぎ惨敗、姿見ずのパーフェクト負けで無かったのが、せめてもの慰めか。レンズはもちろんゴーヨン、D800EとV3を持って行ったが、遠い距離の止まりものでV3が奮闘してくれた。
5月とはいえ山の上は寒く、防寒対策が不十分だったため体が凍え1時過ぎには下山、帰りに湖北に寄りカンムリカイツブリ相手に、D800EとV3の撮り比べを行った。

朝、山の頂上近くに着いて直ぐに2羽(1羽はトビだったかもしれない)が山の斜面を舞うのが見え機材をセット、一旦見失うがしばらくして遠くの斜面の岩の上に止まるのが見え撮影した。湯気の中で撮影しているように見えボケボケ、日差しで地面の温度が急激に上がり水蒸気が立ち上ったのだろう。

しばらくして頭上高くを横切った。
D800E、テレコン無し、フルサイズから5.6倍の拡大
14050601500

その後場所を移動、2箇所目で再び姿を見る。この画像は移動した場所での2度目の登場で、眼下を一直線に飛んだ。
D800E、1.4倍テレコン使用、フルサイズから5.6倍の拡大14050602700

遠い場所に止まった。5.6倍の拡大14050603700

ノートリ画像、距離は200mを越え300m近くかも?14050604700

5.6倍の拡大画像、完全なボケ画像
14050605700

 

V3に変え1350mmでの撮影、ノートリ
14050606

トリミングによる3倍の拡大画像
14050607

もうひとつ止まりもの
ノートリ
14050608

3倍の拡大
14050609

飛び出しを狙った、無理して3.6倍に拡大
1405061090

カメラは振らず固定、追えばピントが外れただろう
14050611

14050612

湖北のオオワシなら距離がもう少し近いので、V3での飛び出し撮影は期待できるかも
14050613

 

湖北でのV3によるノートリ画像、D800Eとの比較は写真を整理してから14050614

 

撮影機材:D800E/V3、500mmf4、三脚使用  撮影枚数:172枚/362枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:どんぶり割り勘で5,000円

| | コメント (0)

2014年5月 5日 (月)

杜若、睡蓮、そしてカワセミ

 天気予報で降水確率は高かったが、雨が降っていなかったので8時45分頃自宅出発で勧修寺に行った。杜若がポツポツ咲いていると聞き花撮影が目的だったが、ついでにカワセミの状況もチェック。車で行ったが到着後直ぐに雨が降り出し、小雨程度だったが10時半頃には引き上げる。
今日も一番乗りでしばらく庭園独占状態での撮影、青と白の杜若にキショウブは咲き始め、数厘だけだが睡蓮の花も見られた。カワセミは花を撮影している時に、離れた場所で飛び込み魚を捕るのが見えたが、カワセミ狙いに変えてからは場所を転々と移動するのみで止まりものしか撮れず。

今日の画像は、最初の2枚がV3と10-30mm、後はD800Eに80-400mmでの撮影

14050501

14050502

14050503

14050504

14050505

14050506

睡蓮
14050507

14050508

14050509

 

以前から直ぐに逃げるカワセミが居ついているのは知っていたが、♂と思っていたら♀だった。
14050510

14050511

ノートリ
14050512

14050513

この場所から餌捕りを連発してくれれば撮りやすいのだが無理かな。
数年前のカワセミはよく飛び込んでくれたが、今は期待できないようだ・・・・粘って状況を見ないと分からないかな。拝観料が不要とか植物園のように安い価格で年間パスポートを発行してくれれば、川探索のついでに寄るのだが、お寺では・・・・・
14050514

 

撮影機材:D800Eに80-400mm/V3に10-30mm 撮影枚数:143枚/14枚
移動:車  天気:小雨
撮影経費:400円

| | コメント (0)

2014年5月 4日 (日)

撮影休み

大阪城のサンコウチョウが気になったが今日は所用で撮影休み

V3を使用して2週間少々、ようやく慣れて鳥の飛びものもスムーズに撮れるようになってきた。手持ち撮影での話だが、レンズは400mmズームの換算1080mmより200mmズームの540mmで撮影し、トリミングで拡大した方がブレが少なく綺麗に見える。止まりものなら1080mmでも通常の小鳥撮影の距離では問題ないだろう。猛禽のように100mを越すとどうなるか、V3と400mmズームでは今のところ証拠写真レベルでも×、もう少し腕が上がっても無理かもしれない。

昨日の残りの画像です。

●コアジサシ

14050401

14050402

14050403

14050404

14050405

14050406

14050407

14050408

● チュウシャクシギ(多分)

14050409

14050410

14050411

 

●キアシシギ

14050412

14050413

14050414

 

●オオソリハシシギ(多分)

14050415

14050416

14050417

14050418

 

●メダイチドリかオオメダイチドリ?

14050419

14050420

14050421

14050422

14050423

14050424

   
●シロチドリ

14050425

| | コメント (0)

2014年5月 3日 (土)

大阪遠征(淀川→大阪城)

 コアジサシ、チョウゲンボウ狙いで淀川に行った。コアジサシは狙い通りの場所に居り思い存分撮れたが、チョウゲンボウは目当ての場所では遠くの飛びものしか撮れず。他の水鳥の飛びものも撮れ大阪城へ移動しようと駅に向かうと、駅近くの電柱にチョウゲンボウが止まりよった。直ぐに飛んでくれ近い距離で撮影が出来たので気を良くして大阪城に移動したが、バーベキューやら何んやかんやで人が溢れ騒々しかった。行った以上探鳥せねばと神社裏まで歩くと、通りすがりのカメラマンさんがサンコウチョウが出ていると教えてくれたので、急ぎ足で天守閣横の配水池に行った。しかし姿は見たものの直ぐに隠れ、なかなか出てこずでガッカリ。マミジロ、コルリ、ムギマキなどが出ていると聞いたが、サンコウチョウが居るとなると他の鳥は眼中になく粘った。何とか数枚撮れたので、3時半にこれ以上居ても無駄と思い引き上げた。
V3と70-200mf2.8の手持ち撮影だったが、ようやく慣れたようで一眼レフと同様の撮影が出来たと思う。

今日は、コアジサシ1枚とチョウゲンボウ、それにサンコウチョウを掲載、他は写真を整理してから。

コアジサシ
風が強くコアジサシが煽られ、上下左右に揺れ動くので撮影しにくかった。
14050301

チョウゲンボウ
たまたま何か飛んで来たのが目に入ったが、数秒送れて飛んできていれば気づかなかっただろう。
14050302

14050303

14050304

14050305

14050306

14050307

14050308

14050309

14050310

サンコウチョウ
木の茂みの開いた所から数秒だったが偶然見えた。日陰の暗い場所で何かが動いているぐらいしか見えていなかったので、立っていた場所がラッキーだった。今期チャンスがあればもう一度撮りたい。
14050311

2年ぶりの撮影
14050312

 

撮影機材:V3、70-200mmf2.8、手持ち撮影  撮影枚数:953枚
移動:地下鉄、阪急、JR、京阪  天気:晴れ
撮影経費:1920円

| | コメント (0)

V3と500mmF4で三日月を撮影・・・条件悪く評価できず

 昨日の夜、三日月を撮影した。西に傾き輝きを失いかけていたので撮影はもう一つ、月がもう少し大きく輝いている時にもう一度撮影すれば綺麗に撮れるだろう・・・かな。

V3、500mmf4
ISO400、f4、SS1/15、Aの露出補正-1.7で撮影しソフトで少し明るくしたDsc_8250

 

過去に撮影した画像

V1と328、三脚使用、この時は輝いていたV1328

D7000、80-400mmの手持ちD7000400

D800E、328+1.4倍、三脚使用
328はテレコン1.4倍なら遠い被写体で使用しても十分。ゴーヨンに使用すれば鮮明さが落ちアカン、絞れば少しは良くなるがレンズ本体の性能が良すぎるのかな。被写体が近ければともに2倍テレコンでもそれなりに撮れる。テレコンを使いたいのはトリミングで追いつかない遠い被写体なのだが・・・・1.4倍のリニューアルまだかいな。
D800e32814

D800E、328+1.4倍テレコン、三脚使用1208210001

| | コメント (0)

2014年5月 2日 (金)

早朝はカワセミでさっぱり、昼から琵琶湖に行った

 今日は早朝出勤で7時過ぎにカワセミ撮影ポイントに着いたが、機材を出す間も無くいきなり3段ホバで焦る。何とか機材をセットすると、忙しなく動き回り10分ほどで消えた。早朝の川は日陰があり露出変更に苦労してまともに撮影できず。今日は期待できると思ったが、結局その後10時まで音沙汰なしで諦めて引き上げた。V3に80-400mmで三脚使用、ハト相手に飛びもの撮影をチェックをしたが、ピント合わせ以前の問題で、1080mmでの撮影ではファインダーにまともに捉えることが出来ず、手持ちの方がマシだったとは何たることじゃ~。
このままで一日を終わらせてなるものかと昼から車を走らせ琵琶湖に行った。狙いは先日撮影したチュウヒだったが、こちらも2時間で1度飛ぶのを撮影できただけで、定時の3時に引き上げた。

 

●朝のカワセミ
明るい場所から日陰へ移動しよった。飛ぶ前にと思い露出を変えずに撮影したので暗い画像、ソフトで露出補正+2を設定するとノイズが滅茶苦茶でた。一眼レフでも+補正で出るが、その比ではない。ソフトでノイズリダクション処理した。
14050201

これも日陰、綺麗な止まりものを撮ろうとISOを上げずにSSを1/320に下げると、いきなり飛び出しよった。
14050202

14050203

 

●オオヨシキリ(琵琶湖)

三脚使用での止まりもの、トリミングで3倍に拡大した
14050204

14050205

14050206

14050207

14050209

 

●チュウヒ(琵琶湖)
手持ち撮影、400mmでの撮影、トリミングで2倍に拡大したが、アンシャープマスク強めの処理。200mmで比較のためもう一度撮りたかったが姿見せず。80-400mmのレンズでも200mmで撮れば綺麗に撮れることを確認したかった。多分200mmでの撮影ではトリミングで大きく拡大する必要はあるが、その方が綺麗と推測している。14050210

14050211

14050212

14050213

14050214

 

●ケリ(琵琶湖)
220mmでの撮影
14050215

14050216

14050217

14050218

そろそろ猛禽でひとっ走りのドライブに出るかな、イヌワシ、クマタカ、ミサゴ

 

撮影機材:V3、80-400mmf4.5-5.6、三脚使用、手持ち
撮影枚数:朝156枚、昼から376枚
移動:歩き、車  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年5月 1日 (木)

カワセミ 10時頃から少し遊んでくれた

 今日のカワセミは、9時半頃に蕎麦屋近くに登場したが直ぐに消え、次に現れたのは帰ろうと思った10時頃でしばらく遊んでくれた。コンビニ前にも行ったが姿見ずで最下流には行かなかった。今日の機材はV3に80-400mmの手持ち、家を出る直前までD800Eを持って出るつもりだったが、どうせ出が悪いだろうとV3に変えた。動きが早かったことも有るが、1080mm手持ちではカワセミの動きを追うことが出来なかった。三脚で飛び出しを狙った方が良かったかな。尚、最初に現れたのは7時過ぎとか、早く家を出る必要があるかも知れないが、前回のように早く行っても空振りがあるので困ったもの。

14050101

14050102

14050103

14050104

14050105

14050106

14050107

14050108

14050109

14050110

14050111

 

撮影機材:V3、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:338枚
移動:歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

« 2014年4月 | トップページ | 2014年6月 »