« 杜若、睡蓮、そしてカワセミ | トップページ | ニコンの大阪サービスセンターへ »

2014年5月 6日 (火)

イヌワシ 惨敗

 J君とイヌワシの2014年初撮影に行ったが、3度姿を見たものの距離が遠すぎ惨敗、姿見ずのパーフェクト負けで無かったのが、せめてもの慰めか。レンズはもちろんゴーヨン、D800EとV3を持って行ったが、遠い距離の止まりものでV3が奮闘してくれた。
5月とはいえ山の上は寒く、防寒対策が不十分だったため体が凍え1時過ぎには下山、帰りに湖北に寄りカンムリカイツブリ相手に、D800EとV3の撮り比べを行った。

朝、山の頂上近くに着いて直ぐに2羽(1羽はトビだったかもしれない)が山の斜面を舞うのが見え機材をセット、一旦見失うがしばらくして遠くの斜面の岩の上に止まるのが見え撮影した。湯気の中で撮影しているように見えボケボケ、日差しで地面の温度が急激に上がり水蒸気が立ち上ったのだろう。

しばらくして頭上高くを横切った。
D800E、テレコン無し、フルサイズから5.6倍の拡大
14050601500

その後場所を移動、2箇所目で再び姿を見る。この画像は移動した場所での2度目の登場で、眼下を一直線に飛んだ。
D800E、1.4倍テレコン使用、フルサイズから5.6倍の拡大14050602700

遠い場所に止まった。5.6倍の拡大14050603700

ノートリ画像、距離は200mを越え300m近くかも?14050604700

5.6倍の拡大画像、完全なボケ画像
14050605700

 

V3に変え1350mmでの撮影、ノートリ
14050606

トリミングによる3倍の拡大画像
14050607

もうひとつ止まりもの
ノートリ
14050608

3倍の拡大
14050609

飛び出しを狙った、無理して3.6倍に拡大
1405061090

カメラは振らず固定、追えばピントが外れただろう
14050611

14050612

湖北のオオワシなら距離がもう少し近いので、V3での飛び出し撮影は期待できるかも
14050613

 

湖北でのV3によるノートリ画像、D800Eとの比較は写真を整理してから14050614

 

撮影機材:D800E/V3、500mmf4、三脚使用  撮影枚数:172枚/362枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:どんぶり割り勘で5,000円

|

« 杜若、睡蓮、そしてカワセミ | トップページ | ニコンの大阪サービスセンターへ »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 杜若、睡蓮、そしてカワセミ | トップページ | ニコンの大阪サービスセンターへ »