« 癖 | トップページ | 餌渡し »

2014年5月15日 (木)

フクロウ、カルガモ親子、最後はカワセミ

 天気予報では曇り後雨、8時から大リーグ・ヤンキース田中の登板があり、TVを見るか撮影に出るか迷う。撮影に出たとしても昼までがいいところ、近江八幡のキショウブか天然ものを撮っていないフクロウか、結局フクロウの撮影にして7時半過ぎに家を出た。場所は昨年人から聞き行かなかったが分かっていたので、ネットで場所を調べ地図をプリントアウトし持ってでた。駅について進行方向に対し右か左かは分かっていたが、改札を出て進行方向がどちらか分からなくなる。駅員に方角を聞いていると、運良く山科の顔見知りのカメラマンさんが通りかかり連れて行ってもらった。(・・・1時間ほどでお礼を忘れ帰ったがありがとうございました。)
曇り空の平日の朝9時頃、カメラマンは少ないかと思っていたが多くて驚いた。木の茂みが邪魔だったが、手持ちだったため何とか隙間から撮影できた。雛は見やすい場所に出ており撮りやすかったが撮影したかったのは親鳥、高い場所に居て逆光で影になり良い撮影は出来なかったが、何とか撮れたので良しとしよう。

フクロウ
アオバズクと同様で動きが無く、親は1箇所(しか見えなかった)、雛は3箇所から角度を変え撮影したが、いらちの自分には向いていない被写体である。親、雛ともにもう少し動いてくれれば良いのだが

かろうじて撮れた親、止まっていた場所が悪すぎた。
14051501

14051502

14051503

雛、1羽しか姿を見ず
14051504

体の割りに足が大きい
14051505

14051506

14051507

14051508

14051509

 

地元に戻り、雨は降っていなかったので川を散策した。

カルガモ親子をかなり下流で発見
雛は9羽と聞いていたが6羽しかおらず、カラスにでもやられたのか別の親子か?
14051510

14051511

14051512

カワセミは、いつもの通りで水浴び後何処かに飛ぶ。
14051513

14051514

14051515

少し上流の橋脚にも♀が居たが、一度飛び込むのを見て雨が降り出す前に引き上げた。
14051516

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち(訂正)  撮影枚数:363枚
移動:地下鉄、JR、歩き  天気:曇り
撮影経費:950円

|

« 癖 | トップページ | 餌渡し »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 癖 | トップページ | 餌渡し »