« 休養日 | トップページ | 白峰・白山まつり 2014・・・7/19、20 »

2014年7月20日 (日)

渓流釣りと白山まつり見物で石川県の白峰へ

 昨日、今日と白山市の白峰に行ってきた。釣りはここ数年では珍しくよく釣れ、祭りは以前ほどでは無いが昨年よりは盛大に行われたように思う。
釣りの詳細は後日HPの釣り日記に、祭りは写真を整理後掲載する。

初日の釣りは市ノ瀬の本流大堰堤下へ
釣り半分祭り見物半分ということもあり、大物狙いではなく骨酒用に20cm越えを確実に釣れる場所ということで行ったが、本音は”購入して2ヶ月も立たない新車で林道に入れるかい”というところ。
14072001

初めて入った中段の堰堤、ここでも25cm程度のイワナが釣れていたのが不思議。
14072002

釣ったイワナが顔を出したところをV3で撮る。14072003

このサイズの岩魚では”どや顔”は出来ない。
14072004

何やかんやで骨酒に塩焼き1尾のノルマ達成で、天気が悪かったこともあり早々に民宿へ。

時間が早かったので白峰の古い町並みを撮影する。
14072005

夕食に出たイワナの塩焼き、今回は4人での釣行。
14072006

骨酒、これが飲めれば満足
14072007

この年ではボリュームたっぷりの夕食にビールに骨酒で腹が膨れご飯は食べず。鮎の塩焼きが出たが、塩焼きは鮎の方がイワナより美味しい。
14072008

夕食後に白山祭りを見物
去年は予算が無かったようでもう一つだったが、今年は以前ほどでは無いが楽しめた。今回もラストの打ち上げ花火は無し。
14072009

翌朝、町外れで山を撮影
明け方は雷が鳴り雨が降っていた。京都と違い寒くて夜は冬布団を1枚かけて寝た。
14072010


14072011

景色を撮影している間に仲間が40cmの銀毛化したヤマメを釣る。
この地でイワナの40cm越えは珍しくないが(もっともここ数年は釣れないが我々の釣でも2匹釣れている)、ヤマメは珍しいそうで漁協長も驚いていた。ダムには居ると思うが、支流出口で釣れるとは・・・・
14072012

朝食後、仲間はいつもの支流に入り珍しく入れ食い(おおげさか?)だったようだが、私は新車で林道に入る気がせず白山スーパー林道に行った。一度行きたい山の観察小屋があったのだが(イヌワシが見られるかも知れない)、この時期は閉館だったのでよらず。
14072013

残念ながら白山は雲に隠れ見えず。
14072014

次回、9月は泥だらけは仕方ないとしても、ボディーの擦り傷は注意しながら支流に入ろう。入れば多分気にせず走るだろう。

撮影機材:V3に30-110mm/P6000  撮影枚数:385枚/109枚
移動:車  天気:初日は曇り一時雨、2日目は曇り後晴れ
撮影経費:0円(すべて渓流釣費用)

|

« 休養日 | トップページ | 白峰・白山まつり 2014・・・7/19、20 »

渓流釣り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 休養日 | トップページ | 白峰・白山まつり 2014・・・7/19、20 »