« チュウヒ 撮影ボロボロ | トップページ | チュウヒ トビとバトル »

2014年7月 8日 (火)

チュウヒ 828で餌渡し撮影

 朝起きていつも通りソファーに座ると腰にピクッときた。ここしばらく毎日生じるがぎっくり腰の前兆、ゆっくり立って少し体を動かし何とも無いのを確認する。外を見ると空模様はもう一つ、カワセミと思ったが歩くのがしんどいので、車でひとっ走りのチュウヒに決めた。D4にゴーヨンかと思ったが、腰の用心でV3に300mmf2.8の828とし、念のために1.4倍TCも持って行くことに。雨が心配だったので早めに家を出て7時半に到着、曇り空ながら途中からは日差しもあったので、十分とは言えないがまずまずの撮影は出来た。しかし、V3の写りは、300mmf2.8とはいえ遠い飛びものはモジャモジャ、かなり強めのアンシャープマスク処理でノイズが目立つがOKとする。今日はすべてISO160、絞り開放、SSは1/1000~1/2000に設定。
11時まで居て♂親は4,5回餌を運んできたが、空中での餌渡しが見れたのは一度だけ。後はすべて木の茂みの向こうで下りたように思う。多少風が吹いていたからかな。

近くの飛びものは1.4倍TC装着、画像を見てもう一つだったのでTCを外した。
PCで修正後はOK、トリミングで2倍に拡大14070801


14070802


14070803


14070804

 

餌渡しは良い角度で撮影出来たが、シャッターを早く押しすぎ連写枚数が気になり、またしても途中でシャッターを押すのを一旦止めてしまった。
14070805


14070806


14070807

この場面でシャッターを押すのを一旦やめ、餌落下が見え直ぐに押し直したが・・・・
14070808


14070809


14070810

 

親が餌を掴んだまま、何度か茂みの後ろに下りる。
14070811


14070812

 

幼鳥の飛びもの
14070813


14070814


14070815


14070816


14070817


14070818


14070819


帰って昼寝の最中、キタムラから80-400mmレンズの修理が終わったとの連絡が有り、しばらくして引取りに行ったが、何と修理では無く新品との交換とのこと。キタムラの5年保障に入っていたからだが、ニコンの判断かキタムラ(→何処か)の判断かは分からない。使い方に問題は無かったと思うが、故障の原因を知りたかった。
ついでに1用の70-300mmの取り寄せを頼んだ。”えらいことになっており、いつになるか分からない”とのことだったが、写りに期待しているわけでは無く、何年か先に重い機材を持ち歩くのが本当にしんどくなった時の先行投資。その内V4、V5が発売され高感度のベタ画像が改善され、遠い被写体の写りも良くなるかも知れない。V3、購入後2万枚近く撮影したが、描写で鳥撮影のメインになり得ない。高速連写が超魅力なサブカメラ、1用70-300mm購入でお手軽使用ではメインカメラとなるだろう。ぎっくり腰が再発してもリハビリ散歩を兼ねてカワセミの撮影が出来る。これが一番嬉しい。
70-200mmf2.8を下取りに出すかな、下取り価格を聞いたところ相殺、或いはお釣りが出る。

追伸:
 あら不思議!
 80-400mm新品に交換されフードの取り付けが少しガッチリして、取り外しが驚くほどスムーズになった。フードは以前のものだが何でかな~?

 

撮影機材:V3、300mmf2.8(+1.4倍TC)、三脚使用  撮影枚数:486枚
移動:車  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円

|

« チュウヒ 撮影ボロボロ | トップページ | チュウヒ トビとバトル »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チュウヒ 撮影ボロボロ | トップページ | チュウヒ トビとバトル »