« チュウヒ トビとバトル | トップページ | チュウヒ  80-400mm+1.4TCで”アレ~” »

2014年7月10日 (木)

撮影休み 暇つぶしに望遠撮影での低速SSの限界を調べる

 台風の影響で朝から雨、することも無いので一眼レフとミラーレスのサポート無し完全手持ち撮影での低シャッター速度限界を調べた。夜景撮影の広角から標準域なら一眼レフでもこれまでSS1/10、1/15で歩留まりは悪かったが撮影していた。鳥撮影では、止まりものなら以前は1/160ぐらいまで、最近のカメラでは感度を大きくして1/640ぐらいを限度としている。普通は飛びものも狙うので1/1000~1/1600ぐらいにすることが多い。
唯一昨年の大阪城公園で暗くてどうしようも無、く1/40で失敗を繰り返しながら撮影したことがあるのみ。

 

大阪城公園での撮影
距離は5m弱だったと思う。D7000に現行80-400mm、SS1/40歩留まりは50%も無かった。
トリミングで2倍に拡大、トリミングにリサイズ以外は無修正
0ss402bai

 

 

今回の確認は、D7000とV3、レンズは80-400mmの400mm端(V3で1080mm)で距離5~6mで撮影した。

●D7000での撮影
 SS優先、ISO1600に固定、V3と同程度の大きさになるようトリミングで1.8倍に拡大、トリミングにリサイズ以外は無修正

SS1/10、f13、これより遅いSSでは完全なブレ画像
5ss10f13iso1600

SS1/15、f11
6ss15f11iso1600

SS1/30、f8
7ss30f8iso1600

SS1/60、f5.6
8ss60f56iso1600

     
●V3の撮影 
 SS優先では1/60以下に設定できず、絞り優先f5.6にしてISO変更でSSを変えた。リサイズ以外は無修正

SS1/2、ISO160 ブレがはっきり分かる
11ss2f56iso160

SS1/4、ISO400 ブレが少しマシになる
12ss4f56iso400

SS1/10、ISO800 こんなものか?
13ss10f56iso800

SS1/20、ISO1600
14ss20f56iso1600

SS1/60、ISO3200
15ss60f56iso3200

ミラーショック、シャッターショックで一眼レフの方がミラーレスより低速には出来ないと思っていたが、ブログで使用する900Pixl程度の画像なら、D7000もV3もあまり差を感じなかった。レンズが大きくて重い、D7000はカメラをガッチリ掴めホールドしやすかったが、V3はガッチリ掴めずバランスも悪くてホールドしにくかった。その影響があるかも知れない。
屋外なら体が風に揺られることもあり結果は違う。鳥止まりものでの距離が20mぐらいなら、単純に距離換算4倍でSS1/40(何の根拠も無い)、余裕を2倍見てSS1/80ぐらいが限度かな。実際のところ、鳥は止まっていても体を動かしたり、風で毛が揺れるので1/80での撮影は難しいと思う。
それにしても現行の80-400mmのVR、思っていた以上に強力のようである。

|

« チュウヒ トビとバトル | トップページ | チュウヒ  80-400mm+1.4TCで”アレ~” »

その他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« チュウヒ トビとバトル | トップページ | チュウヒ  80-400mm+1.4TCで”アレ~” »