« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月31日 (日)

撮影休み・・・昨日のハヤブサ

所用で撮影休み、昨日撮影したハヤブサです。

昨日の昼からは、曇り空でそれほど暑く無く2時頃到着で2時間ほど粘った。どこの撮影地も同じだが、炎天下でも長時間粘れるのは10月になってからかな。

ビルの屋上隅に親が止まりしきりに少し下を見ていたが、鳥の羽が飛んでいたので獲物を食べた後の休憩と思った。14083101

しばらくして飛び、直ぐ下に隠れたので出てくるのを待ったがなかなか出てこず。
14083102

少し南に移動すれば見えるかと思い行くと、親の傍で幼鳥が獲物を食べていた。親鳥は幼鳥が獲物を食べる間、周囲を警戒して見張っていたようである。
14083104

親が近づくと幼鳥が飛ぶ。
14083105

獲物の残りを掴んでいたので、親が”もう十分やろう”と取りに来て、幼鳥が”食べ足らん”と餌を掴んで逃げたと思った。時々見るシーン
14083106

前に飛んで来いと思ったが・・・
14083107

親の居る場所に戻りよった。
14083108


14083109

近くで仲良く食べていたが、帰ってから画像を見ると時々親が口移しで与えていた。連写したので撮れていたが、まだ給餌の時期なのかな? 
14083110

かなり時間が経って食べ終わり共に顔を上げる。飛ぶ
14083111

少し横に移動して親が飛んだ。
14083112


14083113


14083114

前の鉄塔に止まる。
14083116

鉄塔に向かって歩いている時に幼鳥も飛んで来て鉄塔に止まった。
14083117

   
Dsc_6479


14083118

親は直ぐに飛んでビルの後ろに消えた。
14083119

幼鳥は、しばらく留まる。
14083120

カラスがやってきて
14083121

幼鳥は争いを避けて飛んだ。親ならカラスも団体で無い限り近づかないと思うのだが、幼鳥と知っての行動かな。
14083122


14083123


14083124

ビルの屋上に一旦避難したが、しばらくして鉄塔に戻りよった。14083125

4時前になり大した動きは無いだろうと引き上げたが、帰る途中ビルの北側を見ると親が止まっていた。
14083126

 

街中のハヤブサ撮影、休憩場所近くは人工物が入りもう一つ絵にならない。
急降下でハトを急襲するところを撮りたいが、狩場はいくつかあるようで何処で獲るか分からない。時々見かける近くのハト集結場所では、ハトがハヤブサの動きをよく知っていて逃げるのが上手いようであまり期待出来ない。時たまを期待して根気よく通い待たないと仕方ないのかな。カワセミと違い上を見回していると疲れる。

| | コメント (0)

2014年8月30日 (土)

気合が十分入ればジンクスなんて・・・・

 今日もD4に500mmf4でカワセミに行った。朝はカワセミ、昼からはハヤブサと思い地下鉄一日乗車券を買った。
朝のカワセミ、出てきたのは1度だったが餌捕り連発で最近としては満足出来るほどにシャッターが押せた。ただ、餌獲り場所までの距離が40m近くあり、1.4倍TCも付けたがD4では遠すぎ、D800Eの方が良かったかもしれない。最後に、こちらの岸に来てくれたので止まりものは良かった。

14083001


14083002


14083003


14083004


14083005


14083006


14083007


14083008


14083009


14083010


14083011


14083012

以下、三脚ごと移動するのが面倒で手持ち撮影
14083013


14083014


14083015


14083016


14083017

 

昼からのハヤブサはD800Eに80-400mmの手持ち撮影、着いた時は食事中で親と幼鳥が止まっていたが、距離は100m近くあり、画像はもう一つかなと思っていたが意外に撮れていた。食事後に前にも出てくれたので撮影はまずまずだったが、飛ぶまでの時間が長く見上げていたので首の調子がおかしい。
詳細は明日に画像を整理してから

この場所に止まるのは初めて見た。
14083018

幼鳥、親から与えられた餌をつかんでいる。
14083019


14083020


撮影機材:午前D4、500mmf4(+1.4倍TC)、三脚、手持ちも有 撮影枚数:325枚
       午後D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影 撮影枚数:330枚

移動:地下鉄、歩き  天気:朝は晴れ、昼から曇り時々晴れ間
撮影経費:600円

| | コメント (0)

2014年8月29日 (金)

ジンクス復活か?

 気合を入れてカワセミに行ったが、9時半から1時半まで姿見せずで諦めてトボトボ引き上げた。過っての寺でのジンクス、”気合を入れて行った日はアカン”が川で復活したような日になった。最近、D4に500mmf4であまりカワセミ撮影に行っていない。
明日は何を持っていくか?

14082901


14082902


14082903


14082904


撮影機材:D4、500mmf4(+1.4倍TC)、三脚使用 撮影枚数:119枚
移動:地下鉄  天気:曇り後晴れ
撮影経費:420円

| | コメント (0)

2014年8月28日 (木)

昼からちょっとだけカワセミ

 気合を入れてカワセミに行こうと思っていたが、朝は雨で撮影に出れず。午前で雨が上がったので昼からカワセミ探索に出た。今日は過去に一度だけ撮影している新天地での撮影。
D800Eに400mmズームでは少し遠かった。

14082801


14082802


14082803


14082804


14082805


14082806


14082807


14082808


14082809


14082810


14082811


14082812


撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:157枚
移動:地下鉄、歩き  天気:曇り
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2014年8月27日 (水)

カワセミ 動きがもう一つ

 D800Eに500mmf4でカワセミに行った。気合を入れた訳では無く、最近活動場所が対岸の端で遠く曇り空だったからである。10時頃に登場、しばらく居たが動きは悪く長い休憩中にこちら側の岸だったが、”何とかの歩こう会”の集団数百人が通り、カワセミはどこかに飛んで行った。カワセミが集団に驚いたのかどうかは知らないが、こちらはこれまでに遭遇したことが無い大集団で驚いた。
ここ2~3日出と動きも良いようだが、今日はもう一つだった。

14082701


14082702


14082703


14082704


14082705


14082706


14082707


14082708


14082709


14082710


14082711


14082712


14082713


14082714

      
14082715


14082716


14082717


14082718


14082719


撮影機材:D800E、500mmf4、三脚使用  撮影枚数:236枚
移動:地下鉄  天気:曇り時々晴れ間
撮影経費:420円

| | コメント (0)

2014年8月26日 (火)

撮影休み  昨日のミサゴ続編

 昨日のミサゴ残り画像

天気が悪く暗く撮影条件がもう一つ、おまけに遠かったがとにかくシャッターを押した二番煎じの画像。後ろが抜けていればもう少し良い画像が撮れていたかも知れない。

140826101


140826102


140826103


140826104


140826105


140826106


140826107


140826108


140826109


140826110


140826111


140826112

| | コメント (0)

困ったもんじゃ!

 昨日、帰ってからカメラからCFを抜いてPCに差したが反応しない。仕方なくUSBケーブルをカメラに接続し取り込んだが、SDに続いてCFの挿入部も壊れるとは・・・microSDも確認したがこちらは正常だった。
USBケーブル付きのカードリーダーを買いに行ったが、メガネ(遠近両用)を忘れ商品に書かれている対応メディアの字が読めず。近くに居た店員さんに使用メディアを言って確認してから購入した。

14082601

 

家に帰ってメガネをかけたがそれでも読めぬ。何とかせねばと思いついたのが、コンデジでマクロ撮影しPCの画面で見るだったが見れて良かった。


14082602


この後試しに100円ショップで買った老眼鏡で見てみると、見にくかったが何とか読み取れた。これからは買い物に行く時に必ずもって行かねばならない。メガネ無しでも遠くの鳥は見えるというのに。

今日は朝から雨だったので撮影休みにしたが、10時頃に外を見ると明るく薄日が差していた。今日は道具部屋の片付けと不要物の整理をしよう。

| | コメント (0)

2014年8月25日 (月)

ミサゴ 監視カメラ周辺で

 ヤマセミ・リマッチで前回より30分早い出発でひとっ走りしたが、ヤマセミは一度通過したのみ、後はヤマセミ登場を待ちながらのミサゴ撮影となった。今日のミサゴは、餌獲りの芸を披露せず川の周辺を転々と移動するだけだった。それも遠くて一度移動するとじっとしている時間が長く疲れた。今日は約5時間居たが、比較的近い河川監視カメラに2度止まってくれたのが、せめてもの慰めか。

通過したヤマセミの撮影は後姿のみ

14082501

 

ミサゴ撮影の醍醐味は豪快なダイブと大きな魚を引っ張り上げるシーンだが、今日の画像はここでしか撮れないと思うので、これはこれで良いかな。

14082502


14082503


14082504


14082505


14082506


14082507


14082508


14082509


14082510


14082511


14082512


14082513


14082514


14082515


14082516


14082517


14082518


14082519


14082520


14082521


14082522


撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:540枚
移動:車  天気:曇り
撮影経費:4,920円(高速料金 ガソリン代は日常経費内)

| | コメント (0)

2014年8月24日 (日)

ハヤブサ ちょっと様子見のつもりが4時間粘る

 どんよりした曇り空、ハヤブサ撮影地も日差しが無ければ暑くないだろうと、ちょっと様子見の後カワセミに行こうと7時前に家を出た。7時半頃に到着したがハヤブサの姿無し、せっかく来たので1時間ほど待って姿を見せなければカワセミに行こうと対岸の石のベンチに座り待つ。30分ほどで登場、直ぐに狩りに飛んだが獲物無しで帰ってきたので、今日はハトへのアタックを期待できるかと思いカワセミを止めて粘った。

最初に止まったのは煙突中段の踊場、遠くてフルサイズから5.6倍の拡大。D800Eに80-400mmの手持ち撮影、曇り空だったのでTCは持っていかなかった。14082401

直ぐに飛んだ
14082402


14082403


14082404

この後西に旋回、急降下でハトにアタックしたようだが、遠くて途中から建物に隠れ見えなくなった。失敗で北のハトの集結場所に猛スピードで飛ぶ、遠かったがハトが飛び回るのが見えた。獲物を掴んで帰ってくるのを期待して待ったが無しで帰ってきた。

煙突の上に止まる。
14082405

高くて飛び出しを狙っても400mmズームではまともに撮れないのでハトへのアタック狙いで移動した。

木陰のベンチに腰掛け30分ほど待つと、電線に止まっていたハトが一斉に土手に降りた。
14082406

ハトの動きだけを見ていたが、一斉に飛び立った。
14082407

ハヤブサのご登場
14082408

いきなり急降下体制に入る
14082409

それほど高い場所からの急降下ではないが、顔はそのままで体は180度反転している。”速や~”、しかし高い所を旋回してからの垂直に近い角度での急降下は2度見ているが無茶苦茶速い。
14082410

アタック失敗
14082411

ハトの群れに突っ込むとハヤブサを見つけにくく追えない。一度ハトの羽が飛ぶのが見えたが、狩りは結局失敗に終わる。
14082412

立つ場所が近すぎ直ぐにファインダーから外れる。一旦外れるとハトの群れの中ではピントがハトに取られ合わせ難い。少し離れないと接触の瞬間撮影は無理かも知れない。
14082413


14082414

数分で諦めてハトの群れから離れ近くの鉄柱で休憩
14082415

この鉄柱は土手の下から立っており、土手からでは比較的近いので撮り捲くったが後ろからの撮影ばかり。
14082416


14082417

散り散りに飛び去ったハトもしばらくして戻り、30分ほどで飛び立ったので期待したが・・・・
14082418


14082419


14082420


14082421


14082422


14082423

再びハトにアタックかと思ったが、そのままいつもの高い休憩場所に戻りよった。
14082424

1時間ほど待ったが飛んで来ず。他の場所で獲ったのかと思い休憩場所へ見に行ったが姿見ずで諦めて引き上げた。

暗かったので三脚を持って行こうかと思ったが、移動しての撮影となり手持ちで正解だった。今日の撮影は距離的にはラッキーだった。ハトへのアタックは高低差ありの旋回しまくり、航空ショーの戦闘機撮影みたいなものか?・・・・近くから撮るなら手持ちしかないやろな。いつかは撮りたいシーン

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:242枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2014年8月23日 (土)

カワセミ 中域で顔見世+α

 寝不足で出かけるのを止めようかと思ったが、朝から家の中は蒸し暑く汗を掻くために8時半頃家を出た。今日は下流ポイントまで歩き1時間ほど居たが姿見ずで、帰る方向の中域に期待して再び歩いたが期待通りカワセミご登場。短時間サービスで上流に飛んだので蕎麦屋横まで追いかけると、川岸に止まっていたが直ぐに上流へ飛びよった。戻ってくるだろうと1時間少々待ったが帰ってこずで諦めて引き上げた。

色の少し黒い♂、冬に出合い当たりでよく見かけた個体だろう。14082301

三度ほど飛び込んだがタイミング合わず
14082302


14082303

対岸の木に止まる
14082304

ホバは2度、いずれもショートで距離が遠くファインダー内のカワセミが小さすぎたこともありピントが合ったのは一瞬。手持ちのつらいところ、ブレでカワセミがファインダー内で微妙に動く。
14082305


14082306


14082307


14082308


14082309

距離は30m越え、手持ちでまともに撮影出来る限界。ノートリ画像
14082310

トリミングで拡大
14082311

蕎麦屋前、この草が好きなようである。
14082312

1.4TC装着するとPCソフトの後処理した画像は気になるほど変わらないと思うが、フォーカスが少し遅くなる。近距離の動きの早いカワセミ手持ち撮影では、歩留まりが悪くなるのであまり使用しないようにしている。カワセミの出が良ければ、TCを装着してもっと手持ちの練習をしても良いとは思っているが、もう直ぐ1用70-300mmが入る。V3と専用300mmズームで上手く取れればその必要もなくなるのかな。
そこそこの大きさで綺麗に撮りたい時、天気が悪くISOを大きくする必要がある時はD800Eに400mmズーム、天気が良く写りはそこそこで大きく撮りたい時はV3に1用300mmズームとなるかどうか。

 

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影(訂正)  撮影枚数:67枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2014年8月22日 (金)

ヤマセミ遠征 着くのが15分遅かった

 ヤマセミ狙いで西へひとっ走りした。昼からの天気が悪そうだったので、6時前出発で7時半頃に到着したが、先に来ていた人から15分遅かったと言われ”エッ”。ヤマセミが近くで飛び込み魚を獲って少し離れた場所で休憩していると聞きがっかり、ドンピシャで来た運の良い人も居た。ミサゴが居たがこれも魚を獲った後でダブルショック、ヤマセミもその内動くだろうとミサゴ撮影で時間を潰す。しばらくしてヤマセミが動き出したが、遠くて証拠写真にしかならず。ミサゴは3羽現れ(1羽は通過したのみ)、ほとんど遠かったが近くも数度飛んでくれ撮影出来たので良しとしよう。高速料金の5千円弱は痛くミサゴ狙いなら別の場所に行くが、一度で二度おいしいならこの地への遠征も良いかな。

ヤマセミ

14082201

D800Eに400mmズーム+1.4倍TCの手持ち撮影だったが、ヤマセミ、ミサゴ共に望遠が足らなかった。ゴーヨン+1.4倍か1.7倍TCが必要だが(TC無し派だが最近ゴーヨンでのTCの効用見直し中)、大口径レンズでの三脚を立てての撮影では脚立が必要。V3に400mmズーム、三脚使用で隙間から突き出せば何とかなるだろうか?
14082202


14082203


14082204


14082205


14082206

 

ミサゴ

ミサゴが食事中にアオサギが威嚇に来る。
オオタカならアオサギが近寄ることは無いと思うが、ミサゴは鳥を襲わないのを知っているのか?
14082207

ミサゴが逃げた
14082208


14082209

ぐるっと回って近くも飛んでくれたが、獲物は細長くそれなりに大きい。マスの類かな
14082210

このミサゴは左足が悪いと地元の人に聞いたが、右足で魚を掴んでいるため左足で木の枝を掴めず。
14082211

結局、土手に降りよった。
14082212

別のミサゴが飛んできて直ぐ上の木の枝に止まる。
14082213


14082214

上の木の枝に止まったミサゴを気にしながらも魚を食いあさる。
14082215

湖北のオオワシを思い出す。
14082216

上の木に止まっていたミサゴが飛び、直ぐ近くを通過してダム湖へ
14082217

飛び去るのかと思ったらダム湖で餌捕りダイビング、スローな飛込み迫力なしで撮影せず水際を狙う。
14082219

小さい魚を掴んで飛び出す。
14082220


14082221


14082222


14082223

獲物はフナのようである。
14082224


14082225


14082226

直ぐ上を通過してダム下対岸の木に止まった。
14082227

獲物が小さく直ぐに食べて飛び出す。
14082228


14082229


14082230

再びダム湖へ飛び姿を消した。
14082231

左足の不自由なミサゴは時間をかけて食べ終わり、川で水浴びの後対岸の高い木に止まった。最後は一人11時半まで粘ったが2時間以上動かず。雨が降り出し対策が不十分だったので未練を残しながら引き上げた。次回は7時前に到着するように行こう。
     
      

撮影機材:D800E、80-400mm+1.4倍TC、手持ち撮影(訂正)  撮影枚数:519枚
移動:車  天気:曇り一時晴れ後雨
撮影経費:高速料金4,920円(ガソリン代は日常経費内)

| | コメント (0)

2014年8月21日 (木)

寝不足で蒸し暑いこともあり、今日は撮影休み

 蒸し暑くて深夜の12時過ぎに目が覚め3時間ほど眠れず。今日もカワセミ探索に出るつもりだったがしんどくて中止、9時半頃にカメラを持って車で出かけたが、街中を少し走っただけで帰ってきた。

昨日、V3と500mmf4で撮影した画像

14082101

V3は白とびして白い鳥の撮影は苦手なようである。もっとも一眼レフでも晴天時は白とびする。
14082102


1用70-300mmの入荷はまだか、FT1+一眼の明るいレンズではISOを200以下に押さえられる条件なら、一眼レフ並みに撮れるのが分かってきた。早く使用してどの程度なのか見たい。V3との合計でD7100とTa150-600mmを十分買える価格(むしろ高い)、使い方によってはTa比較なら同等の画像が撮れて不思議で無いと期待だけはしているが如何に。

| | コメント (0)

2014年8月20日 (水)

カワセミ V3と500mmf4で

 ここ数日のカワセミの出没場所は対岸で距離は40m弱、500mmf4の登場ということでカワセミ撮影では久しぶりにゴーヨンを担いで行った。カメラはD800EにTC使用と思ったが、朝出る前にV3に変更した。小型カメラとはいえ価格は10万円を越えD7100より高価、撮れて当たり前だがゴーヨンでのカワセミ撮影は始めて、小さいカメラにデカいレンズのアンバランス機材、V1にゴーヨンは無理だったがV3なら水際を追えるかどうかを試したかった。
7時前現着で1時間ぐらいしてから登場したが、残念ながら何の芸も披露せず消えたので止まりものしか撮れず。8時半頃から土手の草刈が始まり蕎麦屋前に移動、久しぶりに蕎麦屋前でワンチャンスだったが撮影出来た。明日、明後日とコンビニ近くは草刈で早朝のみしか撮影出来ず、朝から蕎麦屋前で張り込むかな。帰りのゴーヨンを担いで延べ40分の炎天下の歩きはしんどかった。

V3はさすがに大きく撮れる。しかし、カワセミ撮影では水際が撮れないと話にならない。撮影チャンスが無かったのが残念。
今日の撮影はすべてISO20014082001

珍しく水門の高い場所に移動
14082002

さらに横へ、高い場所から飛び込むのかと思ったが
14082003

何故か上空を気にして
14082004


14082005

奥の側溝に消えた。
14082006

しばらく待ったが登場せず、草刈りが始まったのでこの地を離れる。帰ろうかと思ったが早かったので歩いて上流に向かう。

 

蕎麦屋前に♂が現れる。
14082007

ホバを披露し飛び込んでくれたが追えず。ホバは何とか撮れたが、ワンチャンスではタイミングが取れず水際撮影は無理かな。
14082008


14082009


14082010


14082011


14082012

暗い橋の下に一旦止まって直ぐに下流へ。1時間少々待ったが戻ってこなかった。
14082013

先日、Niの80-400mmとTaの150-600mmで撮影した山上のアンテナを比較のため撮影したが一番良いように思う。間違いなくレンズの差だろう。
14082014

      

撮影機材:V3、500mmf4、三脚使用  撮影枚数:137枚
移動:行きは地下鉄、帰りは歩き  天気:晴れ
撮影経費:210円

| | コメント (0)

2014年8月19日 (火)

カワセミ ボチボチになってきたかな?

 昨日の夜は釣り仲間の宴会、ビールジョッキー2杯に赤ワイングラス2杯、最後にカクテルを1杯飲んだ。酒量としては大したこと無いが、最後に飲んだカクテルが効いたのか朝起きると悪酔い。カワセミに行ったが、9時半頃に着いた時は既に何度か登場で久しぶりに出が良いとか。1時間ほど待って何度目かの登場で撮れたが、昨日は姿を見なかったもののボチボチ登場するようになったのかな。

D800Eに400mmズーム+1.4倍TCで撮影したが、遠い場所でしか芸は見られずで撮影はもう一つ。500mm+1.4か1.7倍TCぐらいが必要か。

14081901


14081902


14081903


14081904


14081905


14081906


14081907


14081908


14081909


14081910


14081911


14081912


撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6+1.4TC、三脚使用  撮影枚数:157枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:420円

| | コメント (0)

久しぶりの一杯飲み

 昨日の夜、京都駅近くのビヤホールで釣仲間の暑気払いの宴会を行った。4000円コースの飲み放題、飲み放題といっても最近は酒量が減り、ビヤホールのコース料理が脂っこく腹が膨れ元は取っていないだろう。海外旅行に北海道旅行、今年の9月の釣り計画やらでワイワイガヤガヤと楽しいひと時だった。

前菜のサラダ、野菜はこれだけ140818101

枝豆、ハム、ブルーチーズ、クラッカー
140818102

まずはビールで乾杯、最近発泡酒ばかりで久しぶりの生ビールは美味かった。しかし、美味いのは最初だけで、少し飲めば後は発泡酒と変わらない。
140818103

パンは後の方が良かったが、出れば先に食べてしまう。
140818104

唐揚げ、脂っこい
140818105

途中から赤ワイン
140818106

ローストビーフか?
140818107

スパゲッティー、素麺の方が良い。
140818108

カクテル、ジンベースと思うが甘くて悪酔い、焼酎ロックにすれば良かった。
140818109

追加の一品
140818110

これだけの料理で腹が満腹、最近家では脂っこいものはほとんど食べていない。

京都タワーを撮影して帰宅。
140818111

| | コメント (0)

2014年8月18日 (月)

ニコン現行80-400mmとタムロン150-600の比較

 朝からカワセミに行ったが、8時前から11時過ぎまで姿見せず。することも無いので撮影仲間のタムロン150-600mmを借り、ニコン80-400mmとの比較撮影を行った。

 

被写体は250~300mほど離れた山上のアンテナ、鳥で比較撮影したかったが撮影時には鳥が見当たらなかった。

カメラはD800E(1.2×で撮影)、設定:モードM、ISO640、f9、ss1/2000、VR:OFF共通
タムロン 三脚:Neo Carmagne 740、雲台:スリックのフィールドバランス
ニコン   三脚:GITZO GT2531、雲台:INDURO DM12+BEBRO GHA
注)雲台は多少ニコンの方が不安定だったが写りに影響は無いと思う。

ニコンは1.4倍TC有/無で撮影、掲載画像はタムロンの600mmを基準にトリミングでそこそこの大きさに合わせ1200Pixelにリサイズした。いずれの画像もトリミング以外は無修正。

●600mmの元画像・・・実質600mm×1.2倍の720mm相当

タムロン600mm
1801ta1

ニコン 400mm+1.4倍TC(トリミングで1.09倍拡大)
1802n400141

ニコン 400mm(トリミングで1.5倍拡大)
1803ni4001

 

●トリミングで3倍に拡大

タムロン600mm(3倍の拡大)
1804ta3

ニコン 400mm+1.4倍(3.27倍の拡大)
1805n400143

ニコン 400mm(4.5倍の拡大)・・・トリミングしすぎで多少無理があるかも
1806ni4003


比較結果
普通のサイズで見る分には、元画像ではニコン400mmのTC無しが僅かに良く、ニコン400mmで1.4倍TC使用が多少劣るが、ソフト修正すれば同等に仕上がるように思う。動体撮影でどうかは不明、AF速度はニコン400mmTC無しが一番早いが、撮影に優位差がでるほでは無いだろう。曇り空など撮影条件が悪ければ分からない。少し前に別のカメラマンの所持品、D7100で遠くを見たときは少し遅いように思ったが今日は早かった。個体差があるのか撮影条件の違いかは分からない。
距離がせいぜい40mぐらいまでのカワセミ動の撮影では、ソフトでの後処理まで加味するとどれも同程度に仕上がると思う。後はカワセミを追う腕次第。

価格は、ニコン80-400mm:255.140円+TC-14EⅡ:38.800円、タムロン160-600mm:110,900円。新たに買う、旧80-400mmからの買い替えならタムロンに軍配(ただし写りは良い旧レンズを残す)、現行80-400mm所持なら1.4倍TC装着でもそれなりに撮れるので、買い換えることも無いだろうと改めて確認できた。人によって認識は違うと思うが、所詮ズームレンズはこんなものやろう。

追:8/19に一部修正

 

撮影機材:D800E、80-400mm、(150-600mm)、三脚使用  撮影枚数:55枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

| | コメント (0)

2014年8月17日 (日)

撮影休み  V1での超々望遠撮影(過去画像)

今日は所用で撮影休み

過去にV1と500mmf4、+TCで撮影したデジスコ領域のカワセミにオオワシ、過去に一度掲載している画像と思いますが、最近撮り貯めの良い画像が無くネタ切れです。

<いずれもノートリ画像>

●2700mm(500mm+2倍TC)
ISO400、f9、ss1/1601iso4001000mmss160f9

ISO400、f8、ss1/200
2iso4001000mmss200f8

ISO400、f8、ss1/200
3iso4001000mmss200f8

     

●1890mm(500mmf4+1.4倍TC)
ISO180、f5.6、ss1/500
4iso180700mmss500f56

ISO400、f7.1、ss1/1250
5iso400700ss1250f71

 

●1350mm(500mm)
ISO100、f4、ss1/160
6iso100500mmss160f4

ISO100、f8,ss1/100
7iso100500ss100f8

ISO100、f8,ss1/100
8iso100500mmss100f8

ISO100、f8,ss1/100・・・・一眼レフでも500mm、ss1/160ぐらいでホバを撮った記憶有り
9iso100500ss100f8

 

★遠いオオワシ
V1はレスポンスと飛びもののAFがもう一つ、飛びもの撮影機会の少ないオオワシでは撮影失敗を恐れあまり使用しなかった。、V3なら飛び出しは勿論飛びものも追える可能性があるので、今年の冬にオオワシが飛来すれば撮影条件の良い日に使ってみる。

1890mm(500mm+1.4倍TC)、ISO200、f5.6、ss1/500
Iso200700f56ss500

1350mm(500mm)、ISO400、f5、ss1/1250
Iso400500f5ss1250

| | コメント (0)

2014年8月16日 (土)

カワセミ 嬉しがらせて直ぐ消えた

 昨日は1日アルコールを摂取しなかった。そのためか夜はウツラウツラであまり眠れず。そのためか朝からしんどかったがカワセミへ。昨日に続き蒸し暑くおまけに風が無く不快指数はかなり高かった。カワセミはなかなか現れずダラ~としていたが、9時半頃に登場し喜んだのも束の間で大した芸もなく支流に消えた。雨が降り出したが直ぐに止んだので、本降りになる前の10時過ぎに引き上げた。

14081601


14081602


14081603


14081604


14081605


14081606


14081607

 

昨年8月の当地での撮影
今年も百日紅の花どまりを期待していたが、肝心の木が枯れ花は無し。おまけにカワセミの出が悪いとなると処置無し、復活の日は秋まで待たなければならないのか?
上流のカワセミ復活は例年通り冬と思っているが、この地はそろそろ復活してくれないと日頃の楽しみが無くなる。

Dsc_5764_2


Dsc_5779


撮影機材:V3、300mmf2.8、三脚使用  撮影枚数:176枚
移動:地下鉄  天気:曇り
撮影経費:420円(地下鉄往復)

| | コメント (2)

2014年8月15日 (金)

カワセミ V3に70-200mmf2.8+1.4TCで撮影ボロボロ

 今日も曇り空で先にハヤブサに行った。撮影地に着くと1羽の鳥が止まっていた。陰で少し見にくかったがハヤブサ幼鳥と思い直ぐにシャッターを押したものの、画像確認後設定を変更している間に飛んだ。直ぐに戻ってくるかと思い、また親が高い場所に居たのでしばらく待ったが、晴れて日が差し始め暑さに我慢出来ず、日陰のあるカワセミ撮影地へ移動した。カワセミは一度だけ登場、2、3度飛び込んだ。V3と70-200mmf2.8+1.4TC(750mmf4相当)の手持ち撮影、家に帰って見た画像はボロボロでがっかり。重量バランスが悪くガッチリ固定できずファインダー内の被写体が止まらない(VRON、OFF共に)、天気がもう一つ、一眼レフでも手持ちは苦しい距離・・・・色々要因はあるが結局は腕が悪いのか。
尚、ハヤブサ幼鳥と思った奴はチョウゲンボウだった。
明日撮影に出れれば、カワセミに的を絞りV3と328で三脚使用と思っているが、天気予報は雨、撮影は無理かな?

<画像はすべてトリミングで3倍に拡大>

チョウゲンボウ、この地で撮影したのは始めて14081501

久しぶりのカワセミ、どの場所の個体か分からないが撮れれば良い
14081502


14081503


14081504


14081505


14081506


14081508


14081509


14081510


14081511

昼過ぎに家に帰り、シャワーを浴びてノンアルコールのドライゼロ2本を飲みながらの昼食、1時間ほど昼寝したが起きてからお茶をがぶ飲み、今日は蒸し暑かった。


撮影機材:V3、70-200mmf2.8+1.4倍TC、手持ち撮影  撮影枚数:127枚
移動:地下鉄、歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

| | コメント (0)

2014年8月14日 (木)

撮影休み  V1の過去の画像、カワセミ水際

 今日は朝から天気がもう一つ、カワセミの出も悪いだろうと思い撮影休みにした。カメラ機材の小物不用品を処分しようと片付け始めたが、あれもこれも使えることがあるかもしれないで結局半分も処分できなかった。
V1処分(下取り)も頭に浮かび過去の写真を見たが、70-200mmf2.8ではカワセミの水際もそれなりに撮れていたのでV3に一本化せず残す。もともとV1を買った動機は鳥を少しでも大きく撮ること、カワセミ撮影に500mmf4、300mmf2.8で持ち出し撮影したが、共に止まりものは問題なく撮れたものの、動きのあるところは500mmf4ではホバ程度、300mmf2.8では水際も撮れたが歩留まりが悪かった。後に70-200mmf2.8に装着して試したが、三脚使用ならそれなりに撮れていた。ただし、カワセミがかなり深く潜った時で少し早めにシャッターを押す必要があり200mmでは540mmにしかならず、一眼レフの範疇なので極たまにしか使わなくなった。
V3はレスポンスの高速化、AFの進化、20枚/秒のAF追従高速連写に魅力を感じ、1用70-300mmの発売もあったので、まずはカメラを購入し一眼レンズでチェックした上でOKと判断しレンズの取り寄せを頼んだ。この組合せ、手持ち810mmでカワセミ水際をお手軽に撮れれば良いのだが・・・・。
D7000と80-400mm並みの歩留まりで撮れれば良しと考えているが、軽量機でカワセミの動きを追いやすくAFの追従が良くなっているので、最初に上手く捉えれば歩留まりはむしろ良くなると期待している。アカンかったらレンズはV1を付けて止まりもの狙いに使用し、V3はオオワシなど遠い猛禽狙いのサブカメラとして使用する。

過去にV1と70-200mmf2.8の200mmで撮影したカワセミの水際、三脚使用でコツさえつかめればそれなりに撮れたと思うが、操作性が悪く一眼レフの方が手っ取り早いので止めた。ピクチャーコントロールはビビットとスタンダードが混在

ISO400、f3.2、SS1/20001iso400200mmss2000f32

ISO400、f3.2、SS1/20002iso400200mmss2000f32

ISO400、f2.8、SS1/3200
3iso400200mmss2000f32

ISO400、f2.8、SS1/16004iso400200mmss3200f28

ISO400、f2.8、SS1/1600
5iso400200mmss1600f28

ISO400、f2.8、SS1/1600
6iso400200mmss1600f28

ISO400、f2.8、SS1/1600
7iso400200mmss1600f28

ISO400、f2.8、SS1/1600
8iso400200mmss1600f28

ISO400、f2.8、SS1/1600
9iso400200mmss1600f28

ISO400、f2.8、SS1/1250
10iso400200mmss1250f28

| | コメント (0)

2014年8月13日 (水)

ハヤブサ しもた~、D7000やった!

 今日は7時に出発した。カワセミ後ハヤブサの様子見(暑いのでちょっとだけ)のつもりだったが、家を出た時点で日差しが強くなかったので先にハヤブサに行った。撮影地に着いてキョロキョロ見回したがハヤブサの姿無し、暑かったので少し離れた日陰で様子を見ていた。10分ほどでハヤブサ親が姿を見せ飛んだので、再び撮影ポイントへ行くと直ぐに幼鳥が飛んで来た。しばらくして飛び姿を消したのでカワセミに行ったが、こちらは朝早く姿を見せたものの後はサッパリとのこと。1時間少々雑談で時間を潰し再びハヤブサへ。高い見え難い場所に居たが、突然獲物を見つけたのか飛び出して急降下、しばらく待っていたが帰ってこずで日差しが強くこのまま居れば倒れると思い引き上げた。チュウヒの撮影場所も暑かったが、こちらは風があまり吹かず必ず登場するとは限らないので、この時期は長時間待てず。行った時に姿を見せてくれることを期待して通うしかない。昼からの方が日差しは良いが、この時期昼から家を出る気にならない。

煙突の天辺に登場した親、距離は200mぐらいあったと思う。飛んで裏に回った。
1408111301

幼鳥登場、朝は日陰になるので撮影はパッとせず。
1408111302


1408111303

餌の食べ残しを探してたが、大して残っていなかったようである。
1408111304


1408111305


1408111306

こちらを睨んでいるのかな?
1408111307

気のせいか?
1408111308


1408111309

諦めて飛び出す。
1408111310

今年の幼鳥は昨年の幼鳥に比べ動きが小気味良いように思うが・・・
1408111311


1408111312


1408111313


1408111314


1408111315


1408111316


1408111317


1408111318

飛んでいった方向、遠かったがハトが数羽慌てて旋回していたのが見えたので、追いかけていたのだろう。
      
しばらくして戻ってきた。親の止まる煙突の高い場所に鳴きながら上っていったので連写したが、ちょうど親との絡みのところでシャッター切れず。バッファフル、ほんの少し時間を置いて1枚撮れたが、”しもた~、D7000やった”と思ったが遅かった。シャッターを押すタイミングを遅らせれば良かった。
1408111319


撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:168枚
移動:地下鉄、歩き  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:600円(地下鉄一日乗車券)

| | コメント (0)

2014年8月12日 (火)

カワセミ 悲惨

 植物園へカワセミの状況を見に行ったが悲惨だった。居ることは居たが出てきたのは2度、後は木の茂みに隠れたままで多少期待して行った割には悲惨な撮影状況だった。おまけにカワセミもボロボロで悲惨な姿で絵にならず。花なども撮影して昼には引き上げ、車だったので状況チェックで地元に戻ってから少しウロウロ、ついでにハヤブサの状況も見に行ったが姿なく、蒸し暑かったこともあり直ぐに引き上げた。明日の川は元の状態に戻っているだろうがカワセミは出ないかな。

ボロボロの♀、♂は少し綺麗ようだが出てこずでは仕方なし。14081201


14081202

ここでも獲物はエビが多いそうである。
14081203


14081204

久しぶりにエナガを撮影した。
14081205


14081206

温室前の睡蓮を最初に撮影したが、うす曇で撮影条件が良かった。日差しがあれば花が光るので綺麗に撮れない。14081207


14081208


14081209


14081210


14081211


14081212

夏バテ(と思う)でしんどくカメラは軽量のD7000にした。1用70-300mmが早く入らないかな、発注してから1ヶ月以上経ったので昨日キタムラに確認の電話を入れたが、まったく納期が分からないとのこと。これまで取り寄せを頼み納期がかかると言われたのは300mmf2.8に500mmf4だが、いずれも聞いていた納期よりかなり早く入ってきた。8月内にはと思っているがどうなることやら。

 

  
撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:102枚
移動:車  天気:曇り
撮影経費:800円(駐車場料金)

| | コメント (0)

2014年8月11日 (月)

ハヤブサ フェイントをかけられる

 7時過ぎ出発の歩きで川へ、水が茶色に濁っており”こりゃかなわん”で予定を変更してハヤブサへ。ハヤブサは見やすいところで食事中、7/1以来のまともな撮影が出来たが、この間に10回ぐらいは行っている。姿見ずかまともに撮影出来ない高い隅っこでの休憩中が続いていたので今日はラッキー。30分ぐらいたって飛び出し上空を旋回後高い場所に隠れたので、寺のカワセミの様子を見に行く。しばらく待っていると姿を見せたが直ぐに消えたので、蚊に刺され痒さが我慢出来なくなったこともあり寺を出る。地下鉄の一日乗車券を買っていたので植物園に行こうかとも思ったが、行く価値があるかどうか最近の状況分からずで、この2日間の休み疲れ(?)でしんどかったこともあり帰宅した。
今日の撮影は、D800Eに80-400mm+1.4倍TC、曇り空だったのでTC無しの方が良かったかもしれない。

着いた時には無心に獲物を食べていたが、かなり時間が立っていたようである。14081101

カラスが現れたので食べるのを止め、あたりをキョロキョロ
14081102

しばらくして何か考え事かと思ったら
14081103

獲物を掴んで端に移動
14081104


14081105

十分食べたようで獲物を咥えて隅に隠す。14081106

先日、カラスが食べ残しを咥えて飛ぶのを見たが、この場所も見つけるかな?
14081107

再び中央近くに戻り
14081108

数分してから空を見上げ
14081109

羽を広げ始めたので
14081110

飛ぶかと蓮写
14081111


14081112


14081113

しかし止めよったのでカメラを下ろす。45度ぐらい上を向いての撮影、手持ちで持ち続けていたので少し眩暈がした、肩がかなり凝っているようである。
14081114

しかし、止めたのはフェイントで直ぐに飛び出しよった。カメラを一旦下ろし一呼吸ついたので飛び出しは間に合わず。
14081115


14081116


14081117


14081118


一発勝負の30分ぐらいの撮影で終わったが、久しぶりにハヤブサが撮れ良かった。斜め上を向いてカメラを手持ちで構え続けるのはしんどい。上を向いての撮影が多い猛禽は、歩くのに邪魔になるが三脚を持って行った方が良いかな・・・・。
    
     

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6+1.4TC、手持ち撮影  撮影枚数:257枚
移動:地下鉄、歩き  天気:曇り時々晴れ間
撮影経費:1,000円(地下鉄一日乗車券、拝観料)
  

| | コメント (0)

2014年8月10日 (日)

撮影休み・・・・あの夏は良かった

今日は台風で撮影休み、朝からTVを見ていると各地で大雨に風の影響・被害が出ていたが、山科の自宅近くでは昼頃の雨は強かったが風はそれほど強く吹かなかった。

今年の夏のカワセミは、知る範囲では過去最悪となっている。出が悪くなるのは毎年のことだが、一昨年は植物園の調子が良く、昨年は8月に雛が3羽登場し1ヶ月ほど調子が良かったが、今年はどこもアカンようでどうなっているのやら。今日も過去の画像、あの夏は良かったということで5年前(09年)の寺のカワセミ、毎年この時期になると思い出す。
良かったといっても出は悪かったが、良い画像が撮れたいうことで、今は拝観料が勿体無くあまり行かないが、当時のように開門から夕方まで蚊の攻撃を我慢して粘れば撮れるのかな~?

これまでにたった一度だけ撮れたトカゲ咥えもの。D3に500mmf4での撮影
1408100109

これもこの時限りのハスの花止まりもの、盆休みだったが今は年中休み何で出てくれぬ。D300に500mmf4での撮影
14081002

蕾止まりは、植物園も含め何度か撮っている。
14081003

下の嘴が半分赤い幼鳥、この時は♀と思ったが♂か♀か?
14081004


14081005


14081006


14081007


14081008

| | コメント (0)

2014年8月 9日 (土)

撮影休み・・・・コンデジ画像

台風による雨で撮影休み、ブログ用の新規画像が無いのでコンデジの画像でも。

撮影機材は一眼レフが主体だが、以前はちょっとした撮影に高倍率コンデジも併用していた。1台のカメラで広角域から超望遠域までまでカバーできるので便利だったが、画像がもう一つで高倍率コンデジは今は所有していない。最後に使用したのはCOOLPIXP100、大きな鳥を近い距離で撮った画像はまあまあだったが、カワセミを最低感度で撮影してもノイズ処理がかかったベターとした画像しか得られず、フォーカスが遅く飛びものが撮れなかった。最近のコンデジはどうなのかな、数年立っているのでかなり進化したと思うが・・・・

●P100の画像、いずれもISO160

14080901p100


14080902p100


14080903p100

近くからの撮影ではマシだがベタ-としている。スズメはあまり感じないが毛の太さが違うのかな?
14080904p100160

 

カワセミは、日差しやピントの合い具合でD800EやD4に500mmf4でも、トリミングで拡大するとベターとした画像になることがたまにある。

●V3と80-400mm
 ISO800:コンデジよりは多少マシだがノイズリダクションが効いた画像になる。ISO400、出来れば160、200で撮影したい。
14080905v3800

 ISO1600:コンデジなみ、ただしコンデジの低感度撮影との対比
14080906v31600

   
●V1と80-400mm
 ISO800:V3よりベターとした感じは少ない
14080907v1800

 ISO1600:ノイズは増えるがV3より良い。これでシャッターを押した時のレスポンスが良ければ、V3には飛びつかなかっただろう。
14080908v116002

 

●D7000に80-400mm
 ISO1600:大きく撮れないのでトリミングでかなり拡大、そのためノイズは目立つが写りだけを考えればやはり一眼レフが良い。
14080909d7000800

 

V3に1用70-300mmによる856、f5.6のためISO200ぐらいで撮るなら止まりものはかなりSSを遅くして撮る必要がある。飛びものは、ピントが合うかどうかが問題でベター画像もあまり気にならない。

| | コメント (0)

2014年8月 8日 (金)

信州遠征⑦  ラストは風景

 朝からカワセミに行ったが姿見せずで、カメラを出さずに引き上げた。カワセミ撮影もあるが、前日摂取した水分を翌日に汗で出すのが目的、行きも帰りも歩きで疲れた。最近、かなり太っ腹になってきたが、原因は水分補給しすぎであるのは間違いない。一日の水分摂取量は、ざっとアイスコーヒ3杯、昼にノンアルコール350ml、夜には発泡酒350mmlに水割り3杯、それにお茶一日で2ℓだが、汗の掻き方が足らず腹にたまっている。

信州遠征のラスト画像は風景で観光写真、主にV3と10-30mmのキットレンズでの撮影。

●御嶽

14080801

信仰の山らしく登山道入り口の鳥居  
14080802

天然園の道
14080803_3

中腹辺りの登山道、数年前に登ったがきつかった。500mmでの撮影14080804_2

頂上、登った時は途中でへばり頂上まで5時間ぐらいかかったと思う。もう登ることは無い。
14080805

この日は薄いガスが流れて山が見えたり隠れたりの連続、頂上は晴れていただろう。14080806

 

●翌日の戸隠

鏡池
14080807

14080808

戸隠森林植物園
14080809

数年前にアカショウビン撮影に行った時は野鳥カメラマンが多かった。
14080810

木道を歩いたのみで奥には行かず。14080811

●善光寺

14080812

仁王門
14080813

14080814

山門
14080815

本堂
14080816

伝説の妖怪”むじな”、ここでは狸かな?14080817

| | コメント (0)

2014年8月 7日 (木)

信州遠征⑥  花と蝶

 最近の天気予報はどうなっているのか? 山科は朝から曇りの予報だったが、晴れで暑かった。昼から所用で市内へ、帰りに植物園へ行こうかと思ったが暑かったので止め、クーラーの効いた車で大原から湖西道路へ走り帰ってきた。明日は曇り後雨の予報だがどうなることやら。朝晴れていれば撮影に出る。

今日の画像は戸隠で撮影した花と蝶、最短撮影距離が長い500mmf4での撮影。花、蝶の撮影となるとどうしても近づくので、FULLにしていたにも関わらずピンボケ連発だった。

コオニユリ
14080701

ウバザクラ
14080702

ミヤマカラスアゲハ
14080703


14080704

オオウラギンスジヒョウモンかな
14080705


14080706

| | コメント (0)

入道雲

 朝から不安定な天気、晴れ間が見え撮影に出ようかと思ったが蒸し暑いので止める。歩くのがしんどく昼頃に車のクーラーで涼みながら少し走るつもり。

外を見ると入道雲が出ていたので、D800Eに80-400mm+1.4倍TCで撮影してみた。掲載の画像とは関係ないが、1800万画素相当までのトリミングで考えると790mmぐらいになる。取り寄せを頼んでいる1用70-300mmをV3に装着すると810mmでの撮影が可能となるのでほぼ同等。意識してしばらくこの組合せでの撮影を増やそうと思っている。1.4倍TC装着でf8となるが、D800EはISO1600ぐらいまではOK、V3は当初ISO800まではOKとしたが、最近は明るいレンズを使用して400に抑えている。画像の良さは、30mぐらいまでの近い距離ならD800EとTC無しの80-400mmに軍配が上がるのは当然と思っているが、それより遠い距離で1.4倍TCをつけた時にどうなるかが気になるところ。
V3と1用70-300mmの良さは軽量のお手軽撮影しかない。重量がD800E+80-400mmで約2.6kg、V3と1用70-300mmで0.96kg、これにバックの重さを加えると2.5kgの軽量化が出来る。手持ち撮影で軽量化で鳥の飛びものが追いやすくなることと専用レンズでのAF追従、持って歩く時の疲れがかなり軽減されると考えている。写りはレンズ未知数ながら、V3はD800E、D4、D7000で十分撮れる距離では、連写以外はおちるのが現状レンズ使用で分かっている(同時に同じレンズで並べてシャッターを押したことが無いので感覚的な判断)。
明日で取り寄せを頼んでから丸1ヶ月になるが入手日が待たれる。その頃にはカワセミが復活してくれれば嬉しいのだが。

Dsc_4041


Dsc_4043

| | コメント (0)

2014年8月 6日 (水)

信州遠征⑤  野鳥色々

 今日は9時過ぎ出発、疲れ気味だったので地下鉄でカワセミポイントへ行くが、カメラマンは誰も居らず。15分ほどベンチに座り休憩した後、カワセミを求めて南に歩く。途中で川中に止まる姿を見たが直ぐに姿を消した。
撮影はD800Eに80-400mm+1.4倍テレコン、1.4倍テレコンのリニューアル版を身近の撮影仲間が買わないかな・・・・評価を聞いて良ければ買い替えたい。用途は500mmf4と300mmf2.8で、特に500mmf4に使用したい。300mmf2.8では現状TCでも十分、80-400mmでは元々の画像が単焦点に比べ劣るからか、現状1.4倍TCを使用してもD800E使用時にフォーカス速度が若干遅くなる以外はそれほど変わらないようにも思う?

今日のカワセミ
ホンマに久しぶりの撮影だったが、こちらに気づき直ぐ逃げたので1枚しか撮れず。毛がボロボロになってきている。夏の成鳥は毎年ボロボロ、秋までにもう少し悲惨な姿になる。
14080600

 

信州遠征で撮影した野鳥の残り、鳥影が少なくあまり多くは撮れなかった。

<御嶽での撮影>

多分キマユムシクイ・・・・図鑑を見て14080601

14080602

ウソ♀・・・現地ではイカルかと思った
14080605

  
<戸隠での撮影>

カイツブリ
14080603

幼鳥
14080604

ゴジュウカラ、多分幼鳥
14080606


14080607


14080608

クロツグミ、多分幼鳥
14080609

14080610

クロツグミ♀の成鳥
14080611

アカハラ
14080612


14080613

コガラ
14080614

| | コメント (0)

D800Eと80-400mm+1.4倍テレコンでの鳥撮影

 先日、カワセミフィールドでD7100とタムロンの150-600mmを少し触らせてもらったが大きい割には軽く感じ手持ちでも十分に思った。フォーカスは、ニコンの80-400m+1.4倍TCに比べ川の対岸30~40mぐらいなら速いが、山の上の鉄塔に向けると少し迷い遅いように思った。カメラがD7100とD800Eの違いがあるのかも知れない。写りは知らないがコストパフォーマンスを考えると良いレンズ、80-400mmリニューアルの前に発売されていたら購入していたかもしれない。80-400mm+1.4倍TCでも十分なので買い足すのは勿体無い。

昨日、D800Eと80-400mm+1.4倍TC、手持ちで撮影した画像、TC無しに比べおちるがこれで十分満足。

140805101


140805102


140805103


140805104


140805105


140805106

 

1.4倍TCがリニューアルされる。”主レンズ単体に近い描写力と、AF精度の向上を実現”と掲載されているが、買い替えの価値有りかな?

| | コメント (0)

2014年8月 5日 (火)

信州遠征④  アカゲラ

 朝の9時半に家を出てカワセミに行ったが、朝に姿を見せたのみとのことで今日もシャッターを押せず。昼から行く所も無かったので数人で大沢池に行ったが、何やらサギとやらは抜けたのかどうか知らないが姿見ず・・・・どうでも良し、地元のカワセミは何処に居るのかこれが問題だ~~。

今日の画像は戸隠で撮影したアカゲラ。戸隠のこの時期、鳥影は少なかったが着いて直ぐからアカゲラの鳴き声だけは頻繁に聞こえた。しばらくするとアカゲラの鳴き声も聞こえなくなり静かな森になった。行くならもう少し早いか遅いかが良いのかな。

14080501

多分、幼鳥
14080502


14080503

成鳥♂
14080504


14080505

成鳥♀
14080506


14080507


14080508


14080509


14080510

| | コメント (0)

2014年8月 4日 (月)

信州遠征③  ホシガラス(3/3) ドアップ

 近くの止まりものをトリミングで3倍程度に拡大、顔の表情をドアップにしました。

いずれの画像もD800Eと500mmf4で撮影Dsc_3331


Dsc_3368


Dsc_3399


Dsc_3454


Dsc_3458


Dsc_3476


Dsc_3478

| | コメント (0)

信州遠征②  ホシガラス(2/3) 飛びもの

 止まりものが撮れれば次は飛び出しから飛ぶところを狙う。猛禽のようにゆっくり飛び出してくれれば良いのだが、鳥は小さくなるにつれ動作が早くなる。距離が近かったこともありシャッターを押した瞬間には顔がはみ出した画像連発で、相変わらず集中力不足を感じた。
飛び出した瞬間狙いは三脚使用がよいが、飛んでいるところを狙うのは手持ちの方が追いやすい。

4枚はD800Eと80-400mmの手持ち撮影

140804101400


140804102400


140804103400


140804104

 

D800Eと500mmf4の三脚使用
140804105


140804106


140804107


140804108


140804109


140804110

 

V3と500mmf4
140804111v3


140804112v3

| | コメント (0)

信州遠征①  ホシガラス(1/3) 止まりもの

 ホシガラスの撮影は、乗鞍・畳平で2度、立山・室堂1度に続いて4度目の撮影だが、以前はいづれも風景メインの撮影で鳥も高倍率標準ズームで撮影していた。今回は鳥狙いの遠征できっちり撮ろうと思っていたが、ホシガラスよりむしろこれまで2度しか撮っていないウソを撮りたかった。ホシガラスは撮りまくったが、ウソは残念ながら証拠写真のみに終わる。
駐車場に到着して直ぐにホシガラスを見つけたが、最初はD800Eに80-400mmの手持ちで遊歩道を散策、状況が分かってから500mmf4を持ち出す。V3も500mmに装着し使用したが、晴れ時々曇りでガスも流れる条件だったのでもう一つだった。6羽程度姿を見たが、一定の領域を周回していおり、待っていると近い距離からも撮れた。500mmを持ち出さなくても、400mmズームの手持ち撮影で十分だった。

まずわ止まりものを掲載

80-400mm手持ち撮影画像を4枚14080401400


14080402400


14080403400


14080405400

以下は500mmf4、三脚使用での撮影
立山の撮影経験から人が居ても近づいてくるのは分かっていたが、予想以上に近づくことがありピントが合わず後ろに下がることも。青空バックの空抜けを撮りたかったが立っていた場所が悪く撮れず。
14080406


14080407


14080408


14080409


14080410


14080411


14080412


14080413


14080414


14080415


14080416

| | コメント (0)

2014年8月 3日 (日)

信州遠征

 一泊二日で信州へ鳥狙いでJ君と遠征した。御嶽山田の原と戸隠森林植物園、+αでこれまで見たことが無いオナガ狙いで善光寺に寄ったが、少しハードなスケジュールであった。オナガは飛ぶ姿を見ただけで撮れなかったのは残念だが、風景も少し撮影し満足した2日間であった。

初日の御嶽
気合を入れてD800Eと500mmf4の手持ちで撮りまくり?・・・・いつギックリ腰が再発するか分からない62歳、15分が限度で出来る訳がない。記念撮影
14080301

夕食はコンビニ弁当
ホテル直営の居酒屋が直ぐ横にあり行ったが満席、近くに適当な店が無くコンビニ弁当で済ます。ジョッキーの生ビールをグイッといきたかった。
14080302

翌日の戸隠では最初に鏡池に行き記念撮影。戸隠は、風景撮影では白馬から春・夏・秋と何度も周遊している。
14080303

昼食に”戸隠おろし蕎麦”を食べた。鳥撮影の遠征で店に入るのは珍しく(いつもは撮影現場でおにぎり)、今回は特別。
14080304

善光寺
14080305

ムジナの像
14080306

詳細は写真を整理してから

 

撮影機材:D800E/V3、80-400mmf4.5-5,6/500mmf4/1用10-30mm、500mmf4は三脚使用他は手持ち撮影
撮影枚数:751枚/212枚
移動:車  天気:両日共に晴れ時々曇り
撮影経費:どんぶり割り勘10,000円(交通費)+6.600円(ビジネスホテル)

| | コメント (0)

2014年8月 2日 (土)

チュウヒ2014総集

今日は信州遠征で6時過ぎに出発するが、どんな撮影が出来るかな。

 

記事は、ここしばらく通い楽しんだチュウヒ撮影総集。昨年が初撮影で今年は二年目、20回ほど行ったがその中から適当に抜粋。

●4月26日 今期初撮影、昼からの撮影

V3と70-200mmf2.8、ISO400で手持ちによる遠い猛禽飛びもの撮影チェックに行ったが、チュウヒが飛んでいるのを見つけた。田んぼに下りたので近づいたが、直ぐに飛び立ち上空でトビとバトル。
04261v3200f28

頭上近くを飛んでくれたが画像はあまりパッとせず。V3だからと思ったが、原因は別と後に分かる。
04262v3200f28

 

●5月2日 二度目の撮影 この日もぶらっと昼からの撮影

V3と80-400mm、三脚を持って行ったが手持ちで撮影した。画像はパッとせず、天気は良かったが逆光気味、4/26同様ISO400で撮影。逆光気味とISO400がパッとしない画像の原因と思う。一眼レフなら・・・・、同時に撮って比べないと分からない。
0502v3400f56

 

●5月9日 カワセミ撮影帰りに昼から行く

D4に500mmf4+1.4倍に三脚使用、♂から♀の餌渡しが撮れていたがトビとのバトルと思い途中で連写を止めた。何てこったい!
05091d4700f56

この頃は、カメラを構えていた場所の上空を旋回することが度々あり、飛びものは十分撮れていた。後半は、旋回が少なくなり近くをあまり飛ばなくなった。
05092d4700f56

 

●5月19日 朝から餌渡し狙いで気合を入れて撮影に行く

D4と500mmf4+1.4倍テレコンの撮影だったが、餌渡しは遠くてまともに撮れず。
0519d4700f56

 

                           
    
●6月9日 手持ちでちょっとのつもりが出が悪くて粘った

D800Eに80-400mmの手持ち、遠くは1.4倍TCも使用したがモジャモジャ画像連発、手ブレで ”こりゃかなわん”と思ったが、天気が不安定で空気が澄んでいなかったのが原因のように思う。後日、条件の良い日に同じ組み合わせで満足の撮影が出来た。
SS1/1600を確保しているのでブレはあまり関係無しかな。遠いと空気の澄み具合が一番問題になるように思う。手持ちだろうが三脚を使用しようが空気が澄んでいなければ、大きくても遠い鳥は微妙なモジャモジャ画像になる。オオワシで経験していたな~
遠い止まりもの
0609d800e400f56

 

●6月23日、V3で秒20コマの高速蓮写で餌渡しを狙うが・・・・

V3と70-200mmf2.8+1.4倍TCの手持ちで狙ったが、連続撮影可能枚数が40枚で撮影時間はたった2秒、この2秒を意識しすぎて瞬間を撮りに逃がした。以後はV3使用でも秒10コマに設定した。
0613v3280f4

 

●6月20日、餌渡しは木の茂みの向こうの見えない場所か遠くの後姿

D4に500mmf4+1.4倍TC、後ろの田んぼでケリが巣を作っており、チュウヒが近くを飛ぶとケリが飛び追っ払っていた。ケリの雛が何羽か犠牲になったかもしれない。
06201d4700_2

この日も餌渡しは後姿
06202d4700

 

●6月25日 雛初見
D800Eと500mmf4、餌渡しも遠かったが見られた。ただし、渡した相手は雛ではなく♀だったように思う。
0625d800e500

 

●7月2日 雛への餌渡しが見られる。
D4に500mmf4、何度か餌渡しを行っていたようだが見えない場所が多かった。
07021d4500f4

雛は餌のキャッチが下手で落としよった。
07022d4500f4

 

●7月8日 天気がもう一つで828で行く

V3に300mmf2.8で三脚使用、天気がもう一つでモジャモジャ画像連発。餌渡しは一度見られたが雛は受け取れずで、親が餌を持って下りることが多かった。
0708v3300f28

 

●7月9日 雛2羽登場

D800Eに500mmf4+1.4倍TC、餌渡しは見られず(見えない所で渡していたかも知れないが)、親が下りるところを数度見た。
07091d800e700f4


07092d800e700f4

 

●7月11日 餌渡しは見られず親が下りる

D800Eに80-400mmf4.5-5.6+1.4倍TC、手持ち撮影、そこそこ綺麗な止まりものが撮れた
07111d800e560f8

木の茂みに餌を持っておりる。
07112d800e560f8

木の枝に止まっていた雛が直ぐに追う。
07113d800e560f8

 

●7月15日 最良の日

V3に500mmf4、三脚使用、この日が今期では一番良かった。空気の住み具合が良く、親が餌を持ってくる回数が多かった。直接下りることが多かったが、比較的近い距離での餌渡しが撮れた。ISOは200で撮影したが、V3では遠い猛禽の飛びものはISO200ぐらいが限度だろう。
背後の田んぼ上でのロングホバを初撮影、日差しの条件が悪くモジャ画像で残念。
07150v3500f4

餌捕りを高速蓮写、順光に近く撮影条件が良かったのでV3の真価が発揮できた。07151v3500f4


07152v3500f4


07153v3500f4

 

●7月23日 最後の仕上げ、一眼レフで狙う

D800Eに500mmf4+1.4倍TC、初めて2羽が餌渡しに登場した。残念ながら背後からの撮影
07231d800e700f56

前からの撮影は1羽のみ
07232d800e700f56

この時期になると雛も落とさずに餌を取れるようになっていた
07233d800e700f56

 

●7月29日 ラスト

D800Eに500mmf4、三脚使用でもう一度餌捕り撮影と思ったが親現れず。雛も1羽しか見ず遠くへ飛ぶようになっていたので、この日を最後とした。
0729d800e500f4

| | コメント (0)

2014年8月 1日 (金)

撮影休み・・・・画像は一昨日の蝶にトンボ

 今日から8月となるが暑くて既に夏バテ、夏バテの解消は暑い中を歩き汗をたっぷり流して、帰ってから涼しいクーラーの効いた部屋で涼むのが良い(? ホンマかいな)。歩いているだけなら暑いで済むが、野鳥撮影機材を肩からぶら下げリュックを背負って歩くのでしんどい。重量は、500mlのペットボトルや何やかんやで5kgになる。これがV3と1用70-300mmズームでリュックから軽量バックへの変更も含め半分ぐらいの重さになる。入手は早くて9月ぐらい、この夏は重い機材で我慢せねばならぬ。
明日から信州行き、2年ぶりとなるが今回は鳥撮メインで風景はちょこっと撮影のつもり。これまでの信州行きは、数年前のアカショウビン狙い以外は風景がメインだったので、初めての鳥狙いとなるが成果は如何に。カメラはD800EにサブでV3、レンズは500mmf4、80-400mm、風景撮影用に1用10-30mm、FT1を持っていく。三脚は歩くことを考え軽量のGT2****にするため雲台を付け替えた。シャッター押した時の三脚不安定によるブレは、もともとGT3****でも遠い鳥なら役不足承知、雲台フリーにして撮影することが大半で、ISOを大きくしてSSを速くするため比較的近い鳥なら大した影響は無いだろう。問題が出そうな条件なら、画質落ちを我慢してV3を使用する。特に狙いの鳥は無いが、この時期近場で撮れない鳥を撮りたい。姿を見れるかどうかが問題、過去に信州遠征で撮っている鳥だが、ゲラ類、ミソサザイ、クロツグミ、キバシリ、・・・・・・。まあ、涼しい中で過ごせれば良いか。

カワセミ撮影は3箇所しか行かないが何処も不調のよう、チュウヒも終焉(出てるかも知れないが?)で、今日は休養のため撮影休み。一昨日撮ったジャコウアゲハにチョウトンボ

ジャコウアゲハ
幼虫
14080101

顔を正面から撮ろうと思ったが、良い角度が無かった。
14080102

サナギになる手前かな
14080103

サナギ
14080104

成虫、昨年の撮影
14080105

 

チョウトンボ

14080106

マクロレンズだったので近づいたが逃げず
14080107

さらに近づく
14080108

さらに近づき顔の正面から、さすがに逃げた
14080109

赤とんぼ
14080110

| | コメント (0)

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »