« 遠征 ヤマセミにミサゴ | トップページ | ミニ856の最終チェックは大阪城公園 »

2014年9月30日 (火)

ミニ856画像のトリミングによる拡大チェック

 トリミング可能な範囲を調べてみた。昨日撮影した画像でそこそこのものを選び、トリミングで2倍、3倍、4倍に拡大。
クリックで拡大される画像は1200pixelにリサイズ。

ISO200、ノートリ(810mm)
Dsc_59031iso200

トリミングで2倍に拡大(1620mm)
Dsc_59032

トリミング3倍に拡大(2430mm相当)
Dsc_59033

トリミングで4倍に拡大(3240mm相当)
Dsc_59034

 

ISO400、ノートリ
Dsc_60701iso400

トリミングで2倍に拡大Dsc_60702

トリミングで3倍に拡大
Dsc_60703

トリミングで4倍に拡大
Dsc_60704


一眼レフに比べノイズが多く繊細さに欠けるが、撮影条件が良ければ手持ちで手軽に3240mm相当の飛びもの画像が得られる。トリミングによる拡大は通常2.4倍、良くて3倍が限度と思っていたので期待以上。D800Eに500mmf4+1.4倍TCならフルサイズから4.6倍の拡大となるので十分撮れるが、手持ちではブレでここまでのトリミングは無理。
画質至上の一眼レフに大口径レンズ派から見ればノートリ画像も”アカン”の評価であろうが、そこそこの画像が得られば良し派として十分。サブシステムとしてなら申し分無い。

後は暗い森の中で感度を上げるかSSを遅くするかでどの程度の撮影が出来るかのチェックが残るのみ。滋賀の山では天気が良すぎ陰の影響で十分チェック出来なかった。大阪城に行ってチェック画像を撮るかどうか思案中。

|

« 遠征 ヤマセミにミサゴ | トップページ | ミニ856の最終チェックは大阪城公園 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 遠征 ヤマセミにミサゴ | トップページ | ミニ856の最終チェックは大阪城公園 »