« クマタカ遠征Ⅶ 最悪の結果で短期集中遠征終了 | トップページ | ミニ856活躍中 »

2014年10月18日 (土)

クマタカ親

 遠い鳥の飛びもの撮影が難しいのは以前から失敗ばかりで分かっていたが、今回のクマタカ遠征は遠くしか撮影出来ずかなり意地になって撮影しまくったが、結局十分満足する画像が得られなかった。昨日は、鳥が飛んでいる時に少し先にカメラを振り、フォーカスポイントに到達すると同時に高速連写する方法も何度か試したがダメ、雲台を少しきつめに締めて慎重に追ったがこれもダメ、もちろん大気の済み具合の影響もあったが、十分考えてどこかでもう一度やるしかない。あれやこれやと考えていると昨日考えたことがどこかに飛び、何度も同じ事を試みる面があるので慎重に撮影に挑まなければならぬ。

今回の遠征で撮影したクマタカ親、初日と一昨日の画像ですべてV3での撮影です。鋭い目が入った画像を撮りたかったが、また今度ということになる。

Dsc_1021


Dsc_1043


Dsc_1050


Dsc_1057


Dsc_4041


Dsc_4156

何かを掴んでいた画像、獲物と思うがよく分からない。食べた後で喉元下がパンパンに膨れている。
Dsc_4287

子を探し少し飛んでいたが茂みに隠れた。
Dsc_4291


Dsc_4325


Dsc_4336


Dsc_4376


Dsc_4388


Dsc_4408

|

« クマタカ遠征Ⅶ 最悪の結果で短期集中遠征終了 | トップページ | ミニ856活躍中 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クマタカ遠征Ⅶ 最悪の結果で短期集中遠征終了 | トップページ | ミニ856活躍中 »