« クマタカ親 | トップページ | 日常の撮影に戻る »

2014年10月18日 (土)

ミニ856活躍中

 今日は朝から快晴、一日乗車券を買って三度ハヤブサに行き十分元を回収した。
昨日、日記には書かなかったが夕方にハヤブサに行った。クマタカ撮影地の天気が悪く寒かったことも有り、現地からハヤブサの情報に詳しいSさんに状況を聞いた。遠征には携帯を持っていくが緊急時以外は電源OFF、携帯で情報の連絡を行うことも滅多に無いが、昨日は寒すぎてハヤブサの状況が良ければ帰ろうと思い連絡した。”やることがあり今日は行っていない”とのことで、結局昼までクマタカで粘り帰ってから夕方の出陣となったが姿見ずで帰った。
今日は真っ青な空バックの飛びものを撮ろうと意気込んで朝から行ったが、休憩場所で動かず、1時間で諦めて下のカワセミ撮影地へ移動。こちらもパッとせず、忘れ物が有り一旦歩きで帰宅。途中の地元ポイントでカワセミを少し撮影出来た。今日はハヤブサで帰ってから直ぐにハヤブサへUターンしたものの、隙間からしか見えない場所で休憩中で、1時間少々待ったが諦めて昼食のため帰宅。昼食後30分ほど休憩をして再び出陣、ハヤブサは4時間見え難い場所に止まったままで動かずだったようである。それから1時間後にようやく動き出した。ハヤブサは飛ぶと速いが、動かない時はとことんじっとしているので待つのに疲れる。

今日も撮れた飛び出し
日陰から日の当たる場所への飛び出しのためMで明るい場所に露出を合わせ、日陰の画像はソフト修正した。
14101801

10コマ/秒の高速連写の抜き取り。
14101802


14101803


14101804


14101805


14101806


14101807

煙突の天辺に止まり、待望の青空バックとなる。
14101808

金具に止まったが
14101809

熱かったのか風に吹かれたのか、オットット
14101810


14101811


14101812


14101813

しばらくして飛び出した
14101814

撮りたかった完全青空バックの飛びもの
14101815

   

ミサゴが飛んだが、低くスピードが速かった。この地で速く飛ぶのは珍しい。
14101816

何処から来るのかは分かるが、何処へ飛んでいくのかが分からない。先日、魚を掴んで上空を旋回していたが、浅い川で飛び込むとは思えず、琵琶湖にでも行っているのだろうか?
14101817

 

今日撮影したカワセミ
自宅に近い最上流域もそろそろ上向いてきたのかな? 最近あまり歩いていないので状況が把握出来ていない。
14101818

カワセミはこれから良くなるシーズンでいくらでも撮れる(かな)、今日の掲載は3枚のみとする。
14101819

ここ数年、上流は♀も見るが綺麗な♂がメイン、今シーズンの期待は♀かな?、腹の辺りが白い幼鳥、定着せよ!
14101820


撮影機材:V3、1NIKKOR70-300mm、手持ち撮影  撮影枚数:615枚
移動:地下鉄、歩き   天気:朝から夜まで快晴
撮影経費:600円(一日乗車券)

|

« クマタカ親 | トップページ | 日常の撮影に戻る »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« クマタカ親 | トップページ | 日常の撮影に戻る »