« カワセミ後ハヤブサ 雨には負けるが風には負けず | トップページ | オオワシ2014-15 Ⅳ①  雪景色バックの飛び物狙いで行ったが、雪は大して積もっていなかった »

2014年12月18日 (木)

雪にも負けずカワセミへ

 朝起きて外を見ると薄っすら雪化粧、雪の中のカワセミが撮れるかと思い、明るくなった8時過ぎに家を出た。川に着くと雪はほとんど無くガッカリしたが、午前中は雪が降る予報、雪の中のホバが撮れるかと期待して下流へ向かう。上流の少し下で♂の姿を見たが直ぐに上流に飛んで行ったので諦めいつもの場所へ。♀がいつも通りもう一つの動きを見せてくれ、しばらくして下の♂が登場しホバ連発だったが、雪が降る時には行わずでガッカリ。11時を過ぎて吹雪きだし、雪にピントが取られAFでカワセミを撮影出来なくなったので、12時前に諦めて引き上げた。止まりものならMFで撮れるが、ホバは風に揺られて前後左右に動くのでAFで無いと連写で綺麗に撮れない。また、雪が強くなると動きが悪くなり、飛ばれると何処に行ったか見つけ難いこともあった。
D7000に80-400mmでレインカバーを付けての撮影、透明のビニール越しにファインダーを覗いたので見難かった。

上の♂
嘴の先が光っており鱗がついていると判断、追いかけても餌捕りは無いと思い追わなかった。
14121801

いつもの蕎麦屋の女将
このカワセミは移動範囲が少なく200mも無いと思う。これまで撮影しているカワセミでは、かなり前のカワセミ撮影に熱中し始めた頃に、上流で撮っていたカワセミ以来と思うが、背景の悪い場所ばかりで移動する。
14121802


14121803


14121804


14121805


14121806

下♂登場
この♂は、直ぐに下流に飛び支流に入るので追いかけず。見かければ撮る程度。
14121807


14121808


14121809

久しぶりのD7000、カワセミ撮影ではRAWでの連写可能枚数が少なすぎる。せめて20枚は欲しい。
14121810

日が差してからホバを連発してくれた。
14121811


14121812


14121813


14121814


14121815


14121816


14121817


14121818


14121819


14121820


14121821

雪が降り出すとカワセミの動きが悪くなる。たまたま、餌を捕った後と重なったのかも知れず。
14121822

飛ばれると姿を追うのが困難。
14121823

ホバをしてくれないかと期待したが、この雪では餌捕りは無理だったのかな。
マニュアルフォーカス、ノートリ画像、
14121824

帰る途中に上の♂が居た。日差しは戻っていたが、足が見えず休憩中でやる気なしだったので引き上げた。
14121825

 

今日は劣化度4の電池をフル充電から使用したが500枚少々で電池残量59%。普段はカメラ保管時に使用しているが現場でもまだまだ使えそう。最後はどうなるのかな。ただし、一眼レフでは使用出来るが、V1では劣化のため使用出来ないとかの表示が出て使えない。同じ型の電池で一番新しいのは1年もしない内に劣化度の表示変わらずのまま撮影可能枚数が減り、突然一眼レフでも使用出来なくなった。予備の電池だったのであまり使用しなかったが、初期不良だったと思う。電池はメーカーに文句言っても相手にされないだろうと処分した。
     
 

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:526枚
移動:歩き  天気:曇り一時雪に晴れ間
撮影経費:0円

|

« カワセミ後ハヤブサ 雨には負けるが風には負けず | トップページ | オオワシ2014-15 Ⅳ①  雪景色バックの飛び物狙いで行ったが、雪は大して積もっていなかった »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ後ハヤブサ 雨には負けるが風には負けず | トップページ | オオワシ2014-15 Ⅳ①  雪景色バックの飛び物狙いで行ったが、雪は大して積もっていなかった »