« 撮影休み  胃検診に行く | トップページ | コミミズク 4度目にして始めて小耳を撮る »

2015年1月 7日 (水)

田んぼで猛禽

 ノスリに行ったが、前回までは電柱3本まで近づくのがOKだったが、今日は3本目にも近づけず撮影はもう一つ。いつも通り同じ所をブラブラ歩いて時間を持て余し気味のところにハヤブサが登場、田んぼの上を鳥を追いかけ飛び回ったので、10分程度の短時間だったが面白く満足して引き上げた。
ハヤブサが田んぼ上を鳥を追いかけて飛ぶ姿は、近くを飛んだり一瞬で遠ざかったりで、手持ち撮影とはいえまともに撮れませぬ。私の場合は三脚使用ならシャッタを押すことさえ無理! 空抜けでハトを襲う時の方が撮りやすいが、今だ瞬間を撮ったことが無い。

ノスリは、駐車場に車を止め歩いて直ぐに見つけたが飛んでいった。益々用心深くなっているようだ。
15010702

チュウヒが田んぼの上を飛ぶ。
15010703


15010704

今日は運良く比較的近くを飛んでくれた。近いとはいえ、これでもトリミング拡大で1800mm相当。
15010705

チョウゲンボウが田んぼの上を猛スピードで飛ぶのがが見えたがピント合わず。よく見ると直ぐ後ろにも猛禽がとんでおりハヤブサに追われているのが分かった。距離が遠く証拠写真
15010706

しばらくバトルが合ったようだが良く分からず。飛んでいた方向に歩いて行くと、ハヤブサがこちら側の田んぼに飛んできた。
15010707

この後、田んぼの小鳥を猛スピードで追いかけたが速すぎてシャッター押せず。ハヤブサは幼鳥
15010708

直ぐに近くを旋回
15010709

細い電線に止まろうとしていたので”無理やろう”と思っていたら止まりよった。
15010710

電線から獲物を物色し飛び出す。
15010711


15010712

こちらに近づいたので大きく撮れたが、ハヤブサの出た時間帯はどんよりした曇り空で画像はもう一つ。
15010713

田んぼの上を猛スピードで飛んだので、とにかくシャッターを押しまくった。かろうじて見られる画像はこの1枚とは情けない。
カワセミで鍛えた腕もハヤブサでは空抜けしか通用しない。ハヤブサを撮るにはハヤブサで腕を磨くしかないようである。地元の休憩場所の撮影だけでは、飛ぶスピードが遅い時が多く腕を磨くのは無理なようである。
15010714

広範囲を一気に飛びまくると処置無し。唖然と見ているしかない。
15010715


15010716

道路向こうの農道の電柱に止まったので急いで行った。
15010717

何やら身構えよった。ここまでは現場で分かっていた。
15010718

親が飛んできて幼鳥を追い払うが、撮影の瞬間は何が起こったか分からなかった。15010719

幼鳥は仰向けに倒れていたが、この後追ったのは親で幼鳥がどうなったのか分からない。直ぐにどこかに飛んで行ったのだろう。
15010720

少し奥の電柱に止まったので撮影し、親登場であれと思いその前の状況を理解した。
15010721

この親も直ぐに飛んだ。
15010722

もう少し奥の田んぼ上を飛び回り、東の方に消えハヤブサは居なくなった。15010723

地元で空高くハヤブサがハトを追うのは何度も見ているが、地面に比較的近い場所で鳥を追うのは初めて見た。カラス、トビ、ハト、他の小鳥も入り混じりややこしかったが迫力があった。

ハヤブサ幼鳥に追われていたチョウゲンボウも近くの電線に止まっていた。
15010724

田んぼの上でホバも披露したが、田んぼへの降下は遠すぎて撮れず。
15010725

最後に再びノスリを撮影
気持ちよく糞発射、昨日のバリウムもこれくらい気持ちよく出てくれば良かったのだが、昨日の午後1度と今日の朝2度ですっきり出たはず。その後トイレで出していないので確認出来ていない。
15010726


15010727


15010728


15010729


15010730

 

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:339枚
移動:車、歩き  天気:曇り時々晴れ一時小雨
撮影経費:0円

|

« 撮影休み  胃検診に行く | トップページ | コミミズク 4度目にして始めて小耳を撮る »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 撮影休み  胃検診に行く | トップページ | コミミズク 4度目にして始めて小耳を撮る »