« カワセミ後コミミズク  コミミ、初めて姿見ず | トップページ | オオワシ2014-15Ⅷ 今期初、湖岸で待ったが寒かった »

2015年1月29日 (木)

オオワシに行くが機材思案中

 昨日の夜、久しぶりに日本酒熱燗を飲みその後ウイスキーを少々、朝6時に起きたが頭がスッキリしない。オオワシに行くが、時間を遅らせて9時までに出る、機材をゴーヨンか80-400mmの手持ちか、頭がすっきするのを待つのも兼ね思案中。9時までには出る。

街中でもハヤブサが鳩を急襲する瞬間、共に生きるための必死の攻防が見られる。それを待ち撮ってるカメラマンは、興味の無い人から見るとまさにアホ~かも知れない。お前には言われたくないという輩はいる。カワセミを撮っている時に、”カワセミ撮ってる奴はアホばかりや”と、これまで何度もほざいている訳の分からぬレレレ爺さんだ。・・・だけでは無いかな?

●過去の画像ですが、ハヤブサが鳩を急襲する瞬間、今年は是非撮りたい

場所は、ハヤブサ休憩場所(我々のおしゃべりサロン隼)から数百m離れた川の上空、去年の秋頃まではその場所で何度も待ったが見られたのは2度だけ。最近、場所を変えたのかも知れず全く見ていない。もちろん休憩場所では狩りは見られない。検討はついているがその場所で待って確認せねば。カワセミの後、コミミが終われば街中のハヤブサ。コミミは場所限定で飛ぶ時間も予測できるが、ハヤブサの狩は場所も時間も全く分からず、運に頼るしかない。

ハヤブサの狩りは、大きな鳩なら上空からの急降下で一発勝負のように思うがいかに。
すべて手持ち撮影、私の場合三脚使用では追えない。Dsc_9977


Dsc_9978


Dsc_9980

ハヤブサの急降下は鳩までの距離があると何故か回りよる。2度見ている
            
Dsc_9982_2


Dsc_9983

狩りは失敗、撮影も失敗。生きるために獲物を獲るハヤブサと生きるために逃げる鳩の生死をかけた一瞬。
Dsc_9984

この時は予想が外れて場所は遠かった。鳩との接触は無かった。
Dsc_6799

一発勝負失敗で2,3発行く時もあるが、鳩を後ろを追いかけて捕まえそうになったところは見たことが無い。小鳥なら捕まえるのか知れない。
Dsc_6809


Dsc_7130

高速で獲物を追う狩りは相当疲れるようで、失敗すれば休憩場で(何箇所かあると思う)に帰り、しばらく(1~数時間)休憩。
Dsc_7157

|

« カワセミ後コミミズク  コミミ、初めて姿見ず | トップページ | オオワシ2014-15Ⅷ 今期初、湖岸で待ったが寒かった »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カワセミ後コミミズク  コミミ、初めて姿見ず | トップページ | オオワシ2014-15Ⅷ 今期初、湖岸で待ったが寒かった »