« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月28日 (土)

カワセミ後ウソ

 蟹パーティーが中止になり、特に予定も無かったのでカワセミに行った。1週間振りで川の状況は分からず、蕎麦屋の♀はその後も何処に行ったから分からないようで、上のカワセミも姿を見ず。しばらく待てば登場したのかも知れないが、下流のポイントに行く。♀がしばらく遊んでくれたが、最近にしては大きな魚を捕りどこかに飛んで行った。待てば再び登場すると思ったが、ウソが出ているとの話を聞き場所を移動。ウソは高い木に居り枝被り、撮影は困難だったが、証拠写真は撮れ立ちっぱなしに疲れたこともあり、一人だけ早い目に引き上げた。

下流の♀カワセミ

何度か飛び込んでくれたが獲物は上流同様虫が多かった。15022801


15022802


15022803


15022804


15022805


15022806


15022807


15022808


15022809


15022810


15022811


15022812

大きな魚を捕って上流に飛び去る。
15022813

追いかけて見つけたが居たのは♂、下流の♂と思うが?
15022814

♂も上流に飛んだので追いかけずに諦め、ウソ狙いで場所移動

ウソは直ぐに見つかったが、枝被りでまともに撮れず。

300枚近く撮った中の数枚、何とか撮れていて良かった。
15022815


15022816


15022817


15022818


15022819_2


15022820


15022821


撮影機材:V3、1NIKKOR70-300㎜、手持ち撮影
移動:歩き、地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:260円

| | コメント (0)

今津のザゼンソウ・・・1/25撮影

 今日の夜にカニ・パーティーを今津・箱館山麓の川北ハウスで行う予定だったが、昨日の夜に急遽延期になったとの連絡を朝に見る。8時には家を出るべく6時前に起きて準備中だったが、また今度。

春の訪れを告げる今津のザゼンソウ、ハウスの近くで車で数分の所に咲いているが、1/25の湖北からの帰りに撮影した。雪がなかったのが残念、雪から顔を出す姿か湿地での撮影が絵になる。初撮影から10年以上立つが毎年撮影している。

Dsc_8917


Dsc_8929


Dsc_8936


Dsc_8942


Dsc_8948


Dsc_8952


Dsc_8958

| | コメント (0)

2015年2月27日 (金)

撮影休み  1/23湖北で撮影した猛禽

 2日続けての撮影休み、AMにヨドバシへExcelとUSBハブ、その他小物を買いに行き昼からExcelのインストールを行った。Excel2003、ディスクは無くMicrosoftのHPからのダウンロード、買った箱にはプロダクトキーの書かれたカードと4行のステップが書かれた紙が入っていただけ。ステップに従って作業を初めたが、よく分からずで途中にサポートに電話して作業手順を聞きながら四苦八苦してダウンロードしたが、最後にインストール時間が長ったためか(?)PCのTimeoverの表示が出てスタート画面にはアイコンが表示されず。再びサポートに連絡して、正常にインストールされたことを確認するとともに、アイコンの表示方法を教えてもらった。ええ加減にしてくれ、メモ程度のステップの記載では初めての者には出来ん、1万3千円(ヨドバシの価格)も取るならインストール用のディスクぐらいつけたらんかえ!
PC関係は次々に新しくなっていく、分からない時はすぐにサポートに電話。また電話がつながりにくく、つながるまでイライラする。

ということで今日も昼過ぎに1時間ほどイライラした日になってしまった。これで新しいPCの設定は完全に完了、周辺の整理にもなり良かったと思うしかない。壊れたPCも買い換えた時は動きが速いと思ったが、新しいPCはさらにサクサク動くがWindows8.1がもう一つよく分からない。

今日の画像は、2月23日に撮影した猛禽

ノスリ
Dsc_5840


ハイタカ
Dsc_5856

Dsc_5857

Dsc_5861


オオタカ
Dsc_6170


Dsc_6185


Dsc_6187

| | コメント (2)

2015年2月26日 (木)

撮影休み  昨日のミコアイサ

 朝の9時頃から新しいPCの立ち上げ、周辺の整理に埃掃除から始め、途中色々あり何とかこれまでのPC同様使えるようになったのが5時過ぎ。新しいPC、価格に大きさは共に前の物の半分ぐらいだが動きは早くなっている。予備のPCと比べれば画像処理時間に関しては雲泥の差で買い換えた価値は十分あり。ただUSBのポートが6しかなく、マウスとキーボード共にUSB接続しか無いのが痛い。今後どうするか急いで考えることも無いので、まずはやれやれ。年々性能がアップする製品、故障した時は修理か買い換えかこれからも悩むだろう。

今日の画像は昨日のミコアイサ、新しいPCからの更新

冬の湖北ラストで大きく撮れ良かった。V3と1NIKKOR70-300㎜での撮影、これで冬の湖北に思い残すことはない。

Dsc_8779_2

Dsc_8780

Dsc_8792

Dsc_8796

Dsc_8799

Dsc_8803

Dsc_8833

Dsc_8835

Dsc_8842

Dsc_8847

Dsc_8854

Dsc_8857

| | コメント (0)

2015年2月25日 (水)

オオワシ2014-15 Last  北帰

 そろそろ北帰の頃、2月に撮った魚掴んでの飛翔と目がくっきり入った飛翔の画像を、PCダウンで消失してしまったのでもう一度撮っておこうと9時頃着で山本山に行った。松に隠れて姿が見えなかったが、10時半頃に飛び出し直ぐ下の良く見える枝に止まったので期待した。それから1時間後北に飛んだので獲物持ち帰りを期待したのだが、琵琶湖に向かわず遠くで何度も旋回しながら上昇、そのまま北北東(ぐらいかな)に姿を消した。戻ってくることを期待して30分少々待ったが諦めて野鳥センターの駐車場へ。今日は魚を持って帰り28日に北帰して欲しかったが、立ち会えただけでも良かったのだろう。結局、今シーズンもオオワシ撮影は15回、その前に3回様子を見に行ったので合計18回になるが、やっと終わったかという安堵感と何となくの寂しさを感じる。来シーズンも必ず飛来してくれると信じている。
カワセミ撮影仲間も二人来ていたが大浦へ、私はミコアイサを綺麗に撮っておきたかったので漁港へ行き、帰りに今津のザゼンソウを撮影して引き上げた。

見えない場所から飛び出した瞬間
後に下がった時に人から居場所を聞き、イチゴ大福を口に咥え松の枝にカメラを向けると同時に飛び出したのでラッキーだった。
15022501

ハチゴロウの欲しい距離、ゴーヨンでは目が入らない。
15022502


15022503


15022504


15022505

山の前を一度旋回、朝は曇り空で少しもモヤっていた。
15022506


15022507

着木は周囲に枝が無かったので良かった。
15022508


15022509


15022510


15022511


15022512


15022513


15022514


15022515

北帰への飛び出しは、11時28分(カメラの設定時間)
ゆっくり屈んでからの飛び出し、今シーズン見るのは始めて。オオワシも気合が入っていたのかな。
15022516


15022517


15022518


15022519


15022520


15022521


15022522


15022523

さらばオオワシ
15022524

 

漁港のミコアイサ
今年も最後に大きく撮れて良かった。しかもペアーの飛びもの
15022525

 

今津のザゼンソウは見頃を迎えていた。春じゃ~
15022526


オオワシも終わり、やっとカワセミ後ハヤブサのペースに戻れるかな、その前にアリスイを一発撮らねば。

  
撮影機材:D800E、500mmf4、三脚使用/V3、70-300mm手持ち
撮影枚数:184枚/343枚
移動:車  天気:曇り後晴れ
撮影経費:約2,000円(ガソリン代、日常経費枠を超える)

| | コメント (0)

2015年2月24日 (火)

オオワシ2014-15ⅩⅣ②・・・昨日の撮影

 昨日のPCダウンは40分ほど立ち上げたままでTVを見た後戻るとおかしくなっていた。もしかしたらハードの故障かと思い、上新へPCを見に行ったついでにメーカーでの故障修理の話を聞いた。Gatewayは海外メーカーということもあり、ハード関係なら修理にどのくらいの日数がかかるか分からないがかなりかかる、費用も見積もりを取らないと分からない言われ、モニター無しで5万円少々のものを思いきって買った。ひとつ古いPCで問題になるのは写真の画像処理時間のみだが、壊れたPCの4~5倍の時間がかかり、このまましばらく使えばイライラして胃潰瘍になりかねないと思ったためである。10万円ぐらいしたPC、2年で粗大ゴミとは・・・・しかしPCも安くなったものである。10年以上前に買った3代前のPCはモニターに色々なソフト付きの国内メーカー品だったが20数万円した。デジカメの画素数アップとRAWで撮るようになり5年で使い物にならなくなった。尚、買ったPCは、まだ開封していない。
カメラやレンズのちょっとした修理は大体35,000~40,000が相場、PCはどのくらいなのかな。500mmf4のレンズフード(付属品ではあるが)の希望小売価格48,600円には腰を抜かす。PCはカメラに比べれば安いが、突発の5万円の出費は痛い。今年1年も泊まりの遠征は自粛、去年も一度信州に行ったのみ。

昨日のオオワシの続編

オオワシには敵が多いようである

カラス、しつこく数羽の集団で向かいよる。150223101

カラスはしつこく、オオワシも苦手なようである。150223102_2


150223103


150223104


150223105


150223106

   

やっとカラスから逃れたと思うと
150223107

ノスリが攻撃する。
150223108

   

続いてトビ、2度、3度と接近したのでオオワシが怒る。
150223109

150223110

150223111

150223112

150223113

飛んでトビに逆襲、つかみ合いは無かった。
150223114


150223115

 

湖岸での撮影
150223116

予想が外れ少し遠かった。近くても時間的に綺麗に色は出なかったと思うが。
150223117

| | コメント (0)

オオワシ2014-15ⅩⅣ①  昨日の画像

 朝からPCの復旧作業を行ったが立ち上がらず。PCのみでWindows出荷時状態に再設定出来、以前に一度行っているが、今回は昨日の夜にウイスキーを飲みながらやったため作業ミスで全く立ち上がらなくなり途中で止めたため、おかしくなってしまった。修理にいくらかかるのか知れないが、送るとなると重量が10kg以上あるため取り扱いが面倒で持ち運ぶと腰を痛める可能性がある。修復業者を呼ぶ(山科にもあるようだが)となるとこれまた何やかんやで面倒でいくらかかるのか分からない。今は6万円ぐらいで小型で同等性能以上の物があるようである。買い換えるか・・・カメラなら6万円なら手が出るが、PCとなるともったいないと思うのは何故か。日常生活ではPCの方が重要なのだが。
データは作業ミスで消失、画像データは一昨日までの2月分がすべてパ~、その他は外付けHDにコピーしているので問題無いが、一部ETCの費用還元やらその他ネットから設定していたものを探さなくてはならず面倒くさいが未練は無い。後はもったいないの気持ちだけだが、信州2泊3日の撮影旅行分(かなり走り、ビジネスホテルで止まり、レストランで酒を少々飲む)ぐらい。

旧PCで写真を整理したが、D800Eの画像容量が大きすぎて動きが遅くイライラする。元々、今のPCを買った理由がこれにある。

昨日のオオワシは獲物持ち帰りのシーンこそ撮れなかったが、山の前をよく飛んでくれてそれなりに撮れたが、天気がもう一つで黄砂の影響もあったのか画像はもう一つ。3時頃に動きが無かったので諦めて引き上げたが、野鳥センターへ帰る途中で頭上を琵琶湖に向かって飛んで行った。結局4時40分頃まで湖岸で粘ったが、湖岸では良いところ撮れず。
まずわ、①ということで前半の画像を掲載。

15022301

15022302_4

15022303_2

15022304_3

15022305_2

15022306_2

15022307_2

15022308_2

15022309_2

15022311_2

15022312_2

15022313_2

15022314_2

15022315_2


撮影機材:D800E、500mmf4、三脚使用/V3、70-300mm、手持ち
撮影枚数:950枚/279枚
移動:車  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2015年2月23日 (月)

PCトラブルで更新できず

今日、オオワシに行ったが記事作成中にPCトラブルでダウン、予備のPCで更新。
明日もオオワシに行くつもりだったが中止でPCを復旧させる。

今日の画像は後日

| | コメント (0)

2015年2月22日 (日)

撮影休み・・・昨日のオオワシ画像あれこれ

今日は所用で撮影休み

 昨日のD800Eに500mmf4+1.4倍TCで撮影したオオワシ画像、近くを飛んだにも関わらずシャキッとした画像が1枚も無。いつでも撮影に行ける地元のカワセミならまた今度で済むが、季節限定で毎日行けずしかも絶好のチャンスが少ないオオワシだけにショックは大きい。
前回の80-400mmでの手持ち撮影より悪かったが、風によるブレ・・手持ちならガッチリ掴むが三脚撮影は三脚に頼りあまりガッチリと掴まない、フォーカスが幾分遅くなるので半押し後ワン呼吸おく必要があるのか、日差が強すぎたのか・・カワセミでも日差が強すぎるとj少しボケることがある、考えればいくらでも思いつくが原因はよく分からない。
今期、このままで終わらせたくないがチャンスがあるかどうか、行けるならTCは持っていかない。

●1.4TC装着
修正前、トリミングで2倍に拡大、80-400mmの手持ちでも十分撮れる距離だった。
Dsc_5361

修正後
元画像が良ければもっとシャキッとしていたと思うと・・・・
Dsc_53611

                 
琵琶湖への飛翔、トリミングで2.8倍(TC無しならトリミング4倍拡大相当)の画像
アンシャープマスク処理無し画像、TC無しならシャキッとした画像が得れたと思うが、遠かったのでこんなものかも知れない。
Dsc_5302

処理後
Dsc_53021

         
       

●1.4TC無し
最初の塒から飛び出し漁のお立ち台へ。トリミングで4倍に拡大、アンシャープマスク処理は無し。
この画像のみ少し逆光気味
Dsc_5228

Dsc_5242

昨日の失敗はここから始まった。画像確認後少しでも大きく撮りたいと思い、天気も良かったので撮れると思いTCを使用したが、止まりものでさえさっぱり、この画像を見る限りトリミングによる拡大で十分な距離だった
Dsc_5244

       

●ミニ856の手持ち撮影画像
トリミングで拡大しているがその他は無修正。ピンボケ画像が多かったが、合ったと思う画像は何枚も有り。10コマ/秒の連写で、この時の飛翔だけで撮影枚数は100枚を軽く越えた。
Dsc_8278

以下は修正画像
いずれもトリミングで3倍に拡大、黒つぶれ等色にメリハリ(多少の立体感)を除けば、今日の結果は一眼より良かった。ミニ856の撮影は、ほぼ順光の条件なので何とも言えない面もあるが、価格100万円を越す機材が泣いている。三脚使用の腕をアップさせないと泣き続けるかもしれない。

SS1/1000、f5.6、ISO400
Dsc_8196

Dsc_8292

Dsc_8304

Dsc_8307

| | コメント (0)

2015年2月21日 (土)

オオワシ2014-15ⅩⅢ  1.4TCを使い大失敗 

 D800Eとゴーヨンでオオワシに行った。塒から出てきて止まった場所がいつも通り高かったので1.4倍TCを装着。飛び出しはTC有りで帰りは外そうと思ったが、北から帰ってきそうと思いTCを外さなかった。何と魚を掴んで帰ってきたのは正面からで、高さも低くく撮影距離は近かった。画像はすべてモジャモジャ画像で無修正で見られる画像無し。今シーズンで一番近い距離だったので大ショック!
高画素機のD800EにTCを付けるとトリミングで拡大するとアカン。以前から結果が悪いのは分かっていたが、大きく撮りたいので何度も繰り返してしまう。ゴーヨンにD800Eを使う時は2度とTCは付けない・・・忘れて又やってしまうやろな。
尚、飛び出しは、いつも通りファインダーを覗いていたが直前に目を離し撮れず。今日はミニ856で撮ろうと手で持った瞬間だった。何のために1.4TCを装着したのか?

魚掴んでの飛翔
今日は無茶苦茶アンシャープマスクで処理し見られるようにしたが、TC無しで撮っていれば今期最高の画像が撮れていただろう。TC使用のモジャモジャ画像のアンシャープマスク処理、TC無しの画像なら少しおかしくなる強めの処理も見られるのが不思議。
15022101


15022102


15022103


15022104


15022105


15022106


15022107


15022108


15022109


15022110

 

TCを外してからの撮影・・・500mmでは遠かった
飛ぶかと思ったが枝渡りだった。
15022111


15022112


15022113


15022114


15022115


15022116


15022117

 

トビのバトル
TC無しなら何ら問題なし。
15022118

 

ミニ856での撮影
止まりものは良い感じ
15022119

風が強くて3時には引き上げようと野鳥センター駐車場に向かったが、途中で琵琶湖に飛ぶのが見えたので小走りで引き返し、ミニ856で撮影した。何枚かピントが合っていたが、
D800Eと756よりミニ856の方がピントに関してのみだが良いとは、これ如何に?
15022120


15022121


15022122


15022123


15022124

今期もう一度行きたいが、天気次第では今日がラストかも。


撮影機材:D800E、500mmf4(+1.4倍TC)、三脚使用/V3、70-300mm、手持ち
撮影枚数:508枚/486枚
移動:車、歩き  天気:晴れ
撮影経費:(帰りの高速料金1.940円)

| | コメント (0)

2015年2月20日 (金)

カワセミ 風邪か花粉か

 朝からカワセミに出たが、鼻がムズムズで鼻水も出てクシャミ連発、風邪気味なのか花粉の影響か分からず。9時に家を出て11時過ぎに戻ったが、戻ってからはクシャミ出ず。明日、オオワシに行こうと思っているが、朝の体調次第とする。来週はどうやら天気が悪いようで、おまけに金、土は今津で2ヶ月遅れの蟹パーティーの予定、北帰間近で明日がラストになる可能性もあり、是非行きたいのだがどうなることやら。朝起きて寒気がしなければゴーヨン担いで行く。

今日のカワセミも上の♂、最近恒例のモグラ叩き撮影だったが、D4に80-400mmでの撮影で結果良好なり。D4の手持ち撮影は重いが、V3に1用70-300mmに比べファインダーの見やすさは異次元、AFの初動も速いので撮りやすい。

 

15022001

15022002

15022003

            
   
                  

15022004

15022005

           

15022006

15022007

15022008

                      

15022009

15022010

                  

15022011

15022012

15022013

                    

15022014

15022015

15022016

                      

15022017

15022018

15022019

                      

15022020

15022021

15022022
     
                                

15022023

             
最近、♀の姿を見かけなくなったためか、♀の縄張りに侵攻しよった。餌捕りお立ち台に止まったので飛び込むかと思ったが、飛び込まずに上流へ帰る。
15022024


撮影機材:D4、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:289枚
移動:歩き  天気:曇り後晴れ間
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2015年2月19日 (木)

カワセミ  顔が影になる

 D4と400mmズームで撮影に出ようと昨夜用意したが、朝起きると小雨が降っていた。9時には上がったのでV3と1NIKKOR70-300mmに代えて撮影に出る。晴れ間が出たり雨が降ったりの不安定な天気だったが、2日間撮影に出ていなかったので踏ん張る。上の♂がいつも通りサービスしてくれたが、雨の間は傘をさして小雨になるのを待ち撮影した。雨が降っている間は飛び込まず、晴れてから飛び込んだが、川の西側からの撮影で水際のほとんどの顔に影が入り、もう一つの結果だった。東側に行けば順光になるが、カワセミまでの距離が遠く、バックにコンクリが入るので逆光気味覚悟で西側から撮影している。11時を過ぎると良くなるのだが、今日はそれまでに引き上げた。

最初に見つけた時は休憩中、動き出して直ぐに下流に飛んだので追いかける。橋近くで東岸に止まったので急いで対岸に行く。

飛び込みはピント合わず、コンクリ土手への飛びつき。15021901

獲物は小さな虫
15021902

この後直ぐに西岸に飛んだので、以後は西側からの撮影。

     

最近多いモグラ叩きの撮影場所での水際連写、今日も撮影のベースは20コマ/秒
15021903


15021904


15021905


15021906


15021907

      

一度だけ、30コマ/秒で連写した
15021908


15021909


15021910


15021912


15021913


15021914


15021915

   


15021916


15021917


15021918


15021919


15021920

      


15021921


15021922


15021923


15021924


15021925

 

今日の相手も上の♂
浅い場所に飛び込み虫を捕ることが多いためか、下の嘴の先端が欠けているような?
15021900

                               

帰りの上流で撮影したイソヒヨ♂、飛びものを狙ったが撮れず
15021926

 

帰り道の公園では梅が咲き始めていた。
     
15021927


15021928


もう直ぐ春、今年の冬は例年になく寒さを感じるが、年のせいかも知れない。3月で63歳、体力に気力をいつまで維持できるか、後10年今と同様に時々ゴーヨン担いで遠征出来れば良いのだが・・・・・無理かな。その時は、ミニ856が強い味方、カメラの写りもV3より良くなっているだろう。

         
撮影機材:V3、1NIKKOR70-300mm、手持ち撮影  撮影枚数:788枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ、一時雨
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2015年2月18日 (水)

撮影休み  2/16の猛禽

 今日は雨で2日連続の撮影休み

朝からHPの整理(山風景の画像をNikon OnlineGalleryからHPに移し、ディスク空容量を増やす)でそれなりに疲れた。明日も天気予報ではもう一つの空模様、撮影に出れるかな?

今日の画像は2/16に撮影したオオワシ以外の猛禽。いろいろと見るが、山本山麓の撮影では高くて距離が遠すぎる。

トビ
雪の照り返しで明るく撮れたが、こうして見るとトビもエエではないか。15021801

 

ノスリ
3羽がよく飛んでいた。
15021802


15021803

色の白い個体、若鳥かな?
15021804

仲良く止まっていた2羽に、もう一羽が急接近。この3羽の関係は?
15021805

 

オオタカ
この日は飛ぶ姿をよく見た。幼鳥も飛んだが、まともに撮れず。
15021806


15021808

オオワシの前を通過したが、オオワシは素知らぬ素振りで反応せず。
15021809

ノスリに急接近するも、バトルは無し。
15021810

 

チョウゲンボウ
ハイタカかと思ったが、画像確認でチョウゲンボウと分かる。昨シーズンは、低い場所を飛び田んぼの杭や近くの電線にも止まったが、今シーズンはあまり見かけない。
15021811

 

おまけのツグミ
15021812

| | コメント (0)

ミニ856でお手軽撮影のオオワシ・・・2/16の画像

 V3と1NIKKOR70-300mmで撮影したオオワシ画像です。

止まりものは、D800と80-400mmで撮れる距離なら使う必要も無いが、撮れない距離も撮れるところは流石に810mmと感心する。画質は一眼に劣るが、撮れることが最優先であまり気にしていない。気になるならゴーヨン+1.4TCを使用する。飛びものをいきなり捉える時は、距離が遠いと近いカワセミの時より初動の食い付きがさらに悪くなり、一眼との差をかなり感じる。山バックの飛びものは、一眼でもピントが合い難いがほとんど合わない。空バックは遅れるが十分撮れる。飛び出しからの撮影ならピントを合わせてシャッターを押すので、山バックでもピントはそこそこ追従してくれると500mmf4に付けての撮影結果から想定しているが、70-300mmでのオオワシ撮影では確認していない。試そうと2/16に構えていたが、しばらく飛ばないと油断した時に飛ばれ撮り損ねた。

Dsc_6793


Dsc_6797


Dsc_6802


Dsc_6817


Dsc_6830


Dsc_6897


Dsc_6974


Dsc_6993

| | コメント (0)

2015年2月17日 (火)

撮影休み  続オオワシ2014-15ⅩⅡ

今日は撮影休み、午前に確定申告を出してきた。昨年は東山税務署に行ったが、公的年金のみの収入で簡易な申告なら区役所の市税窓口で受け付けるとのことで区役所に行った。受け取るだけでまとめて税務署に送るようだが税務署へ行く交通費が節約出来た。還付金数千円に、520円の地下鉄料金を使うのがもったいない、郵送でも封筒と切手代が要る。

今日の画像は昨日のオオワシ残りで、2回目以後の飛翔です。
手持ちだったので山裾の道路から狙ったが、近くから撮影出来たのは直ぐ上を飛んだ時の腹からの撮影ばかりで、獲物無しでは絵にならない。やはりゴーヨンで正面道路から撮影した方が、少し遠くなるが横からも撮れるので良いのかな?

●2回目
飛び出しから狙ったい撮れたが、止まっていた木が高い場所でもう一つ。

15021701

飛び出した場所が悪く、数枚は完全な枝かぶり
15021702


15021703


15021704


15021705


15021706

頭上を通過。
手持ちだったので撮れたが、三脚使用なら角度的に撮影は無理。
15021707


15021708


15021709

畑は一面雪、照り返しでお腹も黒つぶれせず。
15021710


15021711

止まった場所が悪く、顔が完全に枝かぶりだったが、距離はかなり近くなった。
15021712

 

●3回目
飛び出しは、V3で高速連写と思いしばらく構えていたが、予期せぬ時に飛ばれ慌ててカメラを向けたがピント合わず。ピントが合ったのは空抜けになってから、構え続け飛び出しで合っていたら連写出来たと思うので残念。

頭上近くを通過
15021713v3

琵琶湖からの帰りは、D800Eを使用したが北から帰ってきたので遠かった。
15021714

山の前で旋回してくれ大きく撮れた。
15021715


15021716

止まったところは再び高くなったが、十分取れる距離で期待したのだが。
15021717


15021718

2時間少々動かずで、4時に諦めて野鳥センター駐車場にに向かう。
15021719

 

●4回目
少し歩いたところで振り返ると木渡り、様子を見ていると飛び出し旋回を始めたので塒入りかと思ったが、琵琶湖に向かって飛びよった。

ノートリ画像
15021720


15021721

慌てて戻り獲物持ち帰りを待ったが、獲物無しでガッカリ。
ノートリ画像
15021722

すぐ頭上を通過して木に止まり再び琵琶湖を見たので飛ぶかと思ったが、帰りの道の混雑が気になり諦めて引き上げた。
15021723

今回は費用削減で高速を利用せず帰りも湖西道路を使用したが、3時半頃に湖北を引き上げるより道路の混雑はマシだった。家に着くのは遅くなるが、塒入りまで見届けて帰った方が道は空いているかも知れない。

オオワシも後僅か、天気の良い日に都合がつけば居る限り行く。コミミズクとは気合の入り方が違う。近ければ少々の曇り空なら毎日でも行くのだが、湖北まで往復約200kmで通うには少し遠い。次回の機材は、D800Eにゴーヨンか?

| | コメント (0)

2015年2月16日 (月)

オオワシ2014-15ⅩⅡ  4回飛んだが獲物無し

 今シーズン12度目のオオワシは、9時過ぎから4時過ぎまでの撮影、4度飛んだがいずれも獲物無し。風が多少強く琵琶湖が波立って捕り難かったのかも知れないが、オオワシはお腹が空いているだろう。今日も湖岸で待とうと思い手持ちで行ったが、風が有ったので麓で待つ。1回目は高く、2回目以降の帰りは比較的低く飛んでくれたのでそれなりに撮れたと思うが、400mmズームでは少し苦しかったかな。
今日は、ノスリ、オオタカにチョウゲンも飛んだ。ノスリはかなりの時間飛んだので、暇な時間に撮りまくった。

1回目の飛翔
2回目以降の画像は、確認が出来ておらず明日に整理後掲載する。撮れたと思っているが・・・・どうかな?

15021601


15021602


15021603


15021604


15021605


15021606


15021607


15021608


撮影機材:D800Eに80-400mm/V3に1NIKKOR70-300mm、いずれも手持ち撮影
撮影枚数:919枚/456枚
移動:車、歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円(湖西周り  ガソリン代は日常経費内)

| | コメント (0)

2015年2月15日 (日)

カワセミ もぐらたたき撮影は止めてブラブラ歩く

 カワセミに行ったが、今日も上の♂カワセミは移動しまくり。見える場所からも飛び込んでくれたが、やはり見えない土手の中間から飛び込むことが多く、もぐらたたきの撮影は避けて最近行っていない下流と支流を歩いた。いずれの場所でも姿を見たが、大した撮影は出来ず、小雨がパラ付き天気が悪くなってきたので引き上げた。

土手の肩からの飛び込み
2年前の餌捕り連発3ヶ所の一つだが、今年はまだ連発にいたっていない。土手が低いので肩から飛び込むようである。15021501

獲物は小さな虫、腹の足しにならないのか場所を変えては何度も飛び込むが、虫咥えものでは絵にならない。
15021502


15021503


15021504


15021505


15021506


15021507

    

近くでの飛び込み、一瞬目を離した隙で撮れたのはこの画像のみ。撮影失敗と思い連写しなかった。
15021508

      

最近のもぐらたたき撮影
今日は見えない場所への飛込みが多く、波紋は見えたが姿は一瞬見えるだけで粘るのは止めた。粘ってもここ数日と同じ画像ばかりだっただろう。
15021509


15021510


15021511


15021512

    

下流の♂
グランド前まで下流から飛んでくるのはコヤツかな? 下流でも時々活躍していると聞く。
15021513

     

支流の最上部で見た♀
ほんの少し前まで撮っていた♀か別個体か分からず。上の若い♀も最近見ないが何処に行ったのか? 寺に居たりして・・・・一度覗いてみるかな。
15021514

飛び込むかと思ったが、直ぐに橋の中に隠れた。
15021515

 

今年になった初めてイワツバメの群れを見た。もう渡ってきたようだが、数が多く何処かへ移動の途中のも居るのだろう。
15021516


撮影機材:V3、1NIKKOR70-300mm、手持ち撮影  撮影枚数:524枚
移動:歩き  天気:曇り一時小雨
撮影経費:0円

| | コメント (0)

カワセミ V3で水面直後から土手飛び付きまで27連写

 昨日、V3の520mmで撮影した連写画像です。

ISO400、SS1/1250、f5.6、20コマ/秒での撮影で、トリミングにより2.4倍に拡大。画面の端に偏った画像もあったので、中央に持ってくるためトリミングした。

30コマ/秒では追う(カメラを振る)前に連写が終わるが、20コマ/秒は多少追える。連続撮影枚数40枚までの僅かな差0.7秒は大きく、忘れていたがV3のAF追従は20コマ/秒まで、使うのは20コマ/秒までにした方が良いようである。
ピントは、あまくなったり外れたり、再び合ったりでいろいろ。カワセミが画像の中央に位置していてもピントバッチリではなく、隅にあるのにピントが合っていたり、いつものことでタイムラグがあるのではと思うが如何に?・・・・一眼も同じ。
レンズの差かも知れないがD4よりAF速度は若干遅い、しかし一旦ピントが合うと追従が良いのを再確認した。ピントが合うといっても、腕からそこそこにしか合わない。

動きに合わせて追いかけなければ撮れない地元のカワセミ、軽量機材での撮影は手軽で良い。やっと水際を満足に撮れるようになったが、これからの撮影は画質を撮るか手軽さを取るか・・・・カワセミでも距離が遠い動きものや天気が悪いとなると一眼にはかなわない。結局併用しかない。

Dsc_5819

Dsc_5820

Dsc_5821

Dsc_5822

Dsc_5823

Dsc_5824

Dsc_5825

Dsc_5826

Dsc_5827_2

Dsc_5828

Dsc_5829

Dsc_5830

Dsc_5831

Dsc_5832

Dsc_5833

Dsc_5834

Dsc_5835

Dsc_5836

Dsc_5837

Dsc_5838

Dsc_5839

Dsc_5840

Dsc_5841

Dsc_5842

Dsc_5843

Dsc_5844

Dsc_5845

| | コメント (0)

2015年2月14日 (土)

カワセミ ミニ856で水際を狙う

 今日は、ミニ856(レンズ300mmの換算810mm)でカワセミの水際を狙う。土手からの飛び込みは距離が近すぎるので少し離れて斜め横から、川中央の橋脚からの飛び込みはいつも通りの撮影としたが、ファインダー内が拡大され瞬時で着水点に合わせるのが大変で失敗は昨日より多かったが、第一関門突破というところかな。これまでと特に何かにしたということは無いが、半ば諦め気味でレンズを向けていたのを、今日はかなり慎重に構え粘り強く飛び出しを待ったということが違う。
今日も上の♂相手で♀は朝姿を見ていないと聞いたが、活動する場所が撮りやすい♂で何とか撮れたので、撮り難い♀でも撮れるようにならなければと思うが、いったい何処に姿を隠したのか?

今日の撮影は20コマ/秒

 

15021401


15021402


15021403


15021404

           


15021405


15021406

       


15021407


15021408


15021409

      


15021410


15021411


15021412

       


15021413


15021414

     


15021415


15021416

    


15021417


15021418

 

明日は湖北と思っていたが天気予報はもう一つ、曇り空では良い画像が撮れないので止めた方が良いかな。昨年の北帰は2/28、一昨年も2/28でこの年は現地で見送りの画像が撮れた。今年はいつかな、後2~3回は行きたいのだが。

 

撮影機材:V3、1NIKKOR70-300mm、手持ち撮影  撮影枚数:870枚
移動:歩き  天気:晴れ時々曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

カワセミの水際・・・昨日の画像続編

 V3と1NIKKOR70-300mmでなかなか撮れなったカワセミの水際、不思議なもので一度撮れるようになると連続して撮れる。もちろんお手軽機材のこと画質は抜きにしての話だが、ISO400で近い距離だとそこそこと思う。今のところ810mm(レンズ300mm)で撮れないのが残念だが、失敗を繰り返しながら練習を積み重ねコツを覚えるしかない。
動体視力と反射神経は今のところ衰えていない(と思っている)、後は飛び込む場所を早く予測し早くシャッターを押すかだと思うが、集中力と見続ける根気が一番必要かな。

昨日、20コマ/秒で撮影したカワセミの水際です。


Dsc_4853


Dsc_4854


Dsc_4855

 


Dsc_4888


Dsc_4889


Dsc_4890

 


Dsc_4940


Dsc_4941


Dsc_4942

 


Dsc_4972


Dsc_4973


Dsc_4974


Dsc_4975

 


Dsc_5003

ボケボケ
Dsc_5004


Dsc_5005


Dsc_5006_3

| | コメント (0)

2015年2月13日 (金)

カワセミ 30コマ/秒での一瞬勝負

 今日のカワセミは、昨日同様上の♂狙い。最初は、20コマ/秒で撮影していたが、途中から30コマ/秒に変更、それなりに撮れ30コマ/秒の一瞬勝負(撮影時間:約1.3秒 スペック上の計算値)も可能なことを確認した。今日も土手の中段の見えない場所からの飛び込みが多く、かなり神経を集中させた。
蕎麦屋辺りの♀は、昨日に続き今日も姿を見せなかったようで何処に雲隠れしたのか?

上の♂
15021301

      

水際の一瞬勝負
水際捉えたらほとんどカメラを動かさない。追っても直ぐに連写が止まるので、カメラのフォーカス追従性能に期待した。15021302

飛び出し後の色々なポーズが撮れた。
15021303


15021304


15021305


15021306


15021307


15021308


15021309


15021310


15021311

 

ホバからの飛び込み
多少追ったが途中からピントが外れた。低い位置でのホバだったので急降下は見られず。
15021312


15021313


15021314


15021315


15021316


15021317


15021318

ここで連写がストップ
15021319

 

魚を咥えての飛び出し
この時期は魚は隅に隠れているようで、捕るのは小さな虫ばかりで飛び込む回数も多い。今日始めての魚だったが小さすぎる。
15021320


15021321


15021322


15021323


15021324


15021325


15021326


15021327


移動:V3、1NIKKOR70-300mm、手持ち撮影  撮影枚数:797枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

湖北の野鳥

 一昨日にD800Eと80-400mmの手持ちで撮影した野鳥です。

アオサギ
日差しのある順光での雪上の鳥は格別に綺麗に見える。
150213001

ハクセキレイ
150213002

ケリ
少し斜光で鳥に露出を合わせると雪が白とび、PLがあれば良かったかもしれない。PLは以前にカワセミ相手に500mmf4で一度使用したことがあるが、もう一つだったのと以後飛びもの狙いとなったので使用していない。
150213003

順光側に移動するため近づきすぎたので嫌がって飛んだ。
150213004

ツグミ
地元でも時々撮っているがブログにはあまり掲載していない。
150213005

湖岸での撮影、琵琶湖の上を飛んできたので飛翔を狙ったがピント合わず。
150213006

カイツブリ
150213007

ハジロカイツブリ
150213008

カワアイサ♀
漁港の北側では飛ぶ姿をよく見る。
150213009

カワアイサ♂
150213010

ヒドリガモ
150213011

ユリカモメ
10年ほど前、鳥の飛びものを狙うようになった頃の練習相手、草津辺りの琵琶湖によく行った。その頃はコハクチョウも来ていたが、今も来ているのかな?
150213012

| | コメント (0)

2015年2月12日 (木)

カワセミ  ミニ856での水際撮影、開眼!

 開眼とは大そうだが、今日は水際を一眼レフ並みに撮ることが出来た。もちろん画質は抜きにして、ピントがそこそこ合ったかの話で、シャッターを押した水際の半分以上がOKだった。飛び込んだ瞬間がファインダーで見難くワンテンポ送れるので、見切りでシャッターを押す必要があるが、一度ピントが合うと追従は良く、20コマ/秒の連写は流石である。改善方法は800mmを捨て、一眼並みに400~500(~600mm)で撮る、結局ミニ856として使用しないということ。
今日は♀の姿見ずで上の♂を追ったが、餌捕りの場所によっては護岸土手(コンクリ)の中間がお好きなようで、止まっている場所は勿論見えず飛び込む場所も見え難いので、歩道の柵から身を乗り出して撮影した。軽量機材の手持ちだからこそ出来る撮影だ。川の中ほどに魚は居らず岸辺の虫を狙っていたようで、土手の上からでは見難いので中間から狙ったように思う。当然、虫では絵にならずだが、V3で水際がようやく撮れるようになり成果は大きかった。

15021201_2


15021202_2


15021203


15021204


15021205


15021206


15021207


15021208


15021209

15021210_2


15021211


15021212


15021213


15021214


15021215


15021216


15021217


15021218


15021219


15021220


15021221


撮影機材:V3、1NIKKOR70-300mm、手持ち撮影  撮影枚数:577枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

オコジョの写真

 過去に撮ったオコジョの写真が、写真集に掲載された。昨年の10月頃だったがメールでブログの写真を使用したい旨の連絡があり何枚か送った。送られてきた本を見ると、小さな本だが2ページに4枚の写真が掲載されている。上高地と立山室堂で撮影したものだが、上高地での撮影は、早朝の薄暗い場所でD90と80~400mmで撮影したもの、立山はD800Eに28-300mmで撮影したもので、いずれも夏毛だが機会があれば白い冬毛を撮ってみたい。もう直ぐ書店で見られるだろう、税抜きで920円。
本に掲載されたのは、休耕田の写真に続き2度目、撮影者・写真提供は前回同様HP「四季に遊ぶ」の管理者としてもらった。
尚、今回は謝礼の話もあったが、銀行振り込みで口座番号を連絡する必要があり不要ですと回答、タバコ数箱分ぐらいはあったのかな。

150212001

| | コメント (0)

2015年2月11日 (水)

オオワシ2014-15ⅩⅠ  草餅を食べていなければ・・・・

 昨日の夜は久しぶりの一杯飲み、料理はブリシャブでグラスジョッキーでビール2杯、冷酒を少々、飲み放題でウイスキーが無かったのでハイボールの炭酸抜きを1杯、帰ってからもウイスキーロックを飲み寝たので朝は6時に眼が覚めた。
二日酔いでは無かったが出発を8時過ぎに遅らせた。高速利用で湖北に着いたのは10時前、今日は道の駅に車を止める。畑は一面雪景色で20cmぐらいは積もっていただろう。今日も湖岸で待つつもりで手持ち撮影、まずは山本山の様子を見に行ったが、今期行った中では一番低い場所に止まっていた。おまけに正面を向いていたので、これなら飛び出しを手持ちでも十分撮れると麓で待つことに。1時間ぐらいで飛んでくれたが、腹ごなしの草餅を食べ終わり、包みをポケットに入れている時で飛び出しは撮れず。その後、一旦山沿いに南へ飛んで引き返し、今度は北へ向かったので餌捕りと思ったが、またもや引き返して松の陰に隠れたので湖岸に行った。漁港近くの広場で3時前まで待ったが、飛ばずで諦めて引き上げる。
今日は長靴(磯ブーツ)を履いて歩いたが、除雪されていない場所が多く普通の靴では歩けるような状態でなかった。天気は絶好のオオワシ撮影日和で、雪の照り返しもあり暖かかった。

麓について直ぐの画像
少し羽を広げているように見えたので、直ぐに前方向に飛ぶと期待したのだが15021101

朝に餌を捕り沖で食べて帰ってきたのとのことで、しばらく飛ばないかと思ったが止まっている場所が低かったので待つことにした
15021102

前の木の枝が邪魔だったので抜けてる場所を探したが、逆光気味だったので数枚撮影して元の場所に戻る。
15021103

元の場所に戻ってからしばらくすると横を向く。横からの撮影となりまずいと思ったが、撮れないよりマシで飛び出しを待った。前の木の枝が邪魔だったのかな?
15021104

やはり飛び出しは撮影していれば横から、取れなかったのは多少残念な気持ちもあるが正面で無かったので”まあエエか”の心境。

飛び出してから直ぐに向きを変えてくれた。自分としてはバッチリの撮影、腕を上げたか・・・・単に近かっただけ
15021105

フルサイズ機の400mm手持ち撮影でこのレベル、相当近かった。トリミングはしている。
15021106


15021107


15021108


15021109


15021110


15021111


15021112

南に飛んだ後の戻りは少し高かったが十分満足、今日の飛翔撮影はラッキーで麓で待って良かった。
15021113


15021114


15021115


15021116

待っている間に撮ったカワセミとジョウビタキの2ショット。湖岸でも色々な水鳥を撮影したが後日。

15021117

オオワシを撮影出来るのも後僅か、遅れて来た分長くいてくれると良いのだが。


撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:406枚
移動:車  天気:晴れ
撮影経費:3880円(高速料金  ガソリン代は日常経費内)

| | コメント (0)

2015年2月10日 (火)

カワセミ  追いかけて連写しまくって、ああしんど!

 今日は、上の♂を狙った。上の♂はいつもの♀と違い、1km以上の範囲を飛びまくる。今日も下流に行ったかと思うと、飛び込んで直ぐに上流に飛ぶ、上流で飛び込んだかと思えばまた下流に飛ぶ。とにかく行ったり来たりでとことん追い、時には追いつく前に飛び込まれると良い所が撮れないので走り、とことんしんどかった。♀の移動距離は、最近多少広くなったが普段は200mぐらい。♂は土手からの飛び込みが多くて豪快、♀はセコイ飛込みが多いがホバも多い。どちらを追うのが良いのやら。そりゃ上の♂、帰りの歩く距離が減る。
今日は70代半ばの長老も途中から上流での撮影に参加、ゴーヨンに重い三脚を担いで一緒に追いかけていたが、その体力に驚く。若い時から長年にわたり仕事がら鍛えていた人は違うようである。上の♂カワセミ撮影は体力勝負、♀と違い待ち時間は少ないがとにかく追いかけなければ撮れない。

今日も機材はミニ856で、連写設定は20コマ/秒、曇りがちでISO800でも撮影したので、もう一つの画像が多い。

餌捕り飛び込みの高速連写
15021001


15021002


15021003


15021004


15021005


15021006


15021007


15021008

 

撮影いろいろ
主に水際を狙ったが、一眼とは違いワンテンポ遅れることが多かった。
15021009


15021010


15021011


15021012


15021013


15021014


15021015


15021016


15021017

 

ホバも披露してくれたので、降下を狙ったが追えません。何度か連発してくれればタイミングを掴めると思うが。連写枚数40枚、時間で2秒ではシャッターを押すタイミングが難しい。
15021018


15021019


15021020


15021021


15021022


15021023

この後1枚で連写ストップ
15021024


撮影機材:V3、1NIKKOR70-300mm、手持ち撮影  撮影枚数:838枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ間
撮影経費:0円

| | コメント (0)

コミミズク ラストショット

昨日のコミミズク続編です。

飛びつき
150210001

飛びつく瞬間は目を閉じることが多いような・・・ほとんど閉じている?
150210002

飛び出し、横への飛び出しを撮れるチャンスは少なかった
150210003

昨日は、行った中では高く舞い上がっていた。
150210004


150210005


150210006

急降下寸前、この後はシャッターを押さなかったが残念
150210007

窪みに入り顔を覗かせていたが、飛び出した瞬間
150210008


150210009

SS1/60での流し撮りも少し試したが、顔の入った画像は無かった。
150210010

ノートリ画像
150210011

      

これがラストショット
150210012

| | コメント (0)

2015年2月 9日 (月)

夕方はコミミズク  ラスト

 夕方、バトル(空中戦)狙いでコミミズクに行った。今日がラスト何が何でも撮るとの決心だったが、3度ほど見た中で一度だけピントが合ってやれやれ。バトルが見られると聞いて行ったコミミ、暮れから1ヶ月半多彩な芸で楽しませてくれたが今日で幕引きとする。

   
150209101


150209102


150209103

一番良いシーンがボケボケとは・・・追いきれなかったのだろう
150209104


150209105


150209106


150209107


150209108


150209109


150209110

さらばコミミ、楽しませてくれてありがとう! もう逢うことも無ければ、他のコミミを撮ることも無いだろう。

撮影機材:D4、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:299枚
移動:地下鉄、阪急  天気:曇り
撮影経費:1.120円

| | コメント (0)

朝はカワセミ  20コマ/秒で餌捕りを追う

 ミニ856でカワセミに行き、20コマ/秒で餌捕りとホバ後の降下を狙った。餌捕りは、800mm(レンズ300mm)にせず500mm以下ぐらいにすれば、確率は低いが何とか撮れた。ホバ後の降下は連写時間が2秒と短くシャッターを押すタイミングが難しい。10コマ/秒で4秒の連写の方が良いようである。

●♀の餌捕り
着水から狙い撮れたが餌が小さな虫で絵にならず。

15020904


15020905


15020906


15020907


15020908


15020909


15020910


15020911


15020912

  
●上の♂の餌捕り
枯れ草からの飛び出しを狙ったが、上手く追えず途中でピンズレもあり、腕を磨かねば。これまた獲物は小さな虫で絵にならず。

15020913


15020914


15020915


15020916


15020917


15020918


15020919


15020920


15020921


15020922


15020923


15020924


15020925

撮影機材:V3、1NIKKOR70-300mm、手持ち撮影  撮影枚数:600枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2015年2月 8日 (日)

撮影休み  2/6のコミミズク止まりもの

 今日は撮影休み

一昨日のコミミズク止まりもの、晴れていたので始めてISO200で撮影。機材はD4に80-400mmで空中戦狙いだったが、飛び始めて日差が強くなり直ぐに隠れよった。運良く日頃の撮影仲間二人の前に1羽が止まったので、間に入れてもらい連写しまくった。日差が少し斜め後方からで影が入ったが贅沢は言えない。昨日、2羽が空に舞い上がって消えていったとの情報もある。帰還が始まったのかも知れ無いが、詳しい状況は知らず明日もう一度行ってみようと思っている。

今日の拡大画像はいつもより大きくしています。
飛び付きに飛び出しは狙って撮っていたが、止まりものをじっくり狙ったのは初めてで色々なポーズが撮れた。決して身近な野鳥ではないが、この個体の身近に感じる役者ぶりには驚く。
15020801


15020802


15020803


15020804


15020805


15020806


15020807


15020808


15020809


15020810

しばらく上空を見つめていたが、この時は何が飛んでいるか分からなかった。カワセミでも上空をじっと見ている時は猛禽が飛んでいる。我々が肉眼で見つけられなくても鳥には見えるようだ。
15020811

目をつぶる。瞬膜かなと思うが、連写すると他の鳥と違い半開きの画像が何枚か撮れていることがある。
15020812

自転車が近くに来たので睨みをきかしていたが、横を通過しても睨み続け逃げない。
15020813

エンジェルポーズ
15020814


15020815

こちらを睨んでいるようにも見えるが・・・・
15020816

大あくび、人間と同じで目をつぶる。
15020817


15020818

小耳を立てたが、これまで見た中では一番立っていた。小耳を立てるのは警戒のサインかな?
15020819

小耳を立てて空を見たが、この時はハヤブサの姿が見え撮影した。
15020820

普段は愛嬌のある面白い顔をしているが、耳を立てると不気味な顔になる。
15020821

飛んでいたハヤブサ
地元近くの状況はどうなっているのか、誰も行っていないのかな。煙突止まりだけでは行く価値は無いが、コミミが終われば行ってみよう。
Dsc_1458

| | コメント (0)

2015年2月 7日 (土)

オオワシ2014-15Ⅹ 10時過ぎから3時半まで1人湖岸で待ったが飛ばず

 前回のオオワシ撮影で気を良くし、湖岸でD800Eに80-400mmの手持ちで待ったが飛ばず。帰ってから餌捕りに飛ぶのではないかと気になったが、野鳥センターの鳥ニュースを見ると今日は飛ばなかったようでホッとした。こんな日もあるかなで懲りずに行こう。

湖岸からのオオワシ撮影
ノートリ
15020701

目一杯のトリミングによる拡大
15020702

暇な待ち時間に時々水鳥を撮影したが、気が入らずでもう一つ
ミコアイサ、今年はまだまともに撮っていない
15020703


15020704


15020705

コガモ
15020706


15020707

以前は狙って撮りに行ったことがある。15020708

野鳥撮影を始めた頃、撮影は冬が多く奥琵琶湖から湖北、雪の伊吹山撮影を兼ね三島池にもよく行った。
15020709

ユリカモメと思って撮ったらカモメだった。
15020710

この沖でオオワシが魚を捕るイメージだったのだが残念。
15020711

帰る間際に野鳥センター駐車場から撮影した。
ノートリ
15020713

目一杯のトリミングによる拡大
15020714


撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:195枚
移動:車、歩き  天気:晴れ
撮影経費:1,930円(帰りの高速料金、今日は土曜日で帰りの湖西道路の渋滞を予測して高速利用 ガソリン代は日常経費内)

| | コメント (2)

D4の高感度鳥撮影を久しぶりに試す

 昨日のコミミ撮影、空中戦を期待して5時過ぎまで粘った。結局、飛ばずで最後に近い距離の止まりもので高感度ISO6400と12800を試した。普段、鳥をかなりのトリミングで拡大するためISO4000を限度としているが、条件によれば十分使用可能と思う。ISOを大きくしたためSS1/2500としており、暗い森などでは暗部のノイズが出ると思うのでかなり違うと思うが、全体が薄暗い時は個人的に十分使えると思う。

画像は、ソフトで露出を+0.7補正した以外は無修正、トリミングで2倍に拡大しリサイズしている。カメラ内では、かなりのイズリダクション処理がされている。APS-C機でこれぐらいは無理としても、1段悪い程度の機種が出ないだろうか。

ISO6400、f5.6
Dsc_1585

ISO12800、f10
Dsc_1587

| | コメント (0)

2015年2月 6日 (金)

カワセミ後コミミズク  ミニ856で初めて水際を連写出来た

 朝からミニ856でカワセミへ、狙いはホバの終了後の降下間際と水際の高速連写だったが、水際は撮影成功でミニ856でやっと撮れたホッとした。328に手持ちでは一眼の70-200mmf2.8では撮っていたが、1NIKKOR70-300mmでは何故か撮れず、最近は一眼を使用していた。上の♂で20コマ/秒の連写は上流での土手からの飛び込み、自分には一番撮り易い場所で、11時を過ぎ帰ろうと思い自宅に向かっていた時である。しばらく、ミニ856を20コマ/秒の連写で使ってみるかな。

昼からは空中戦狙いでコミミズクへ。3時半過ぎに飛んでくれたが天気が良かったためか飛翔は直ぐに終わる。空中戦の撮影チャンスは2,3度で、”さ~気合を入れて”と思ってからは飛んでくれず。その代わり止まりものでは、これまで見たことが無いパフォーマスの連続で爆笑しながら連写した。ISO200でもかなり撮影したので、今日の画像は良いと思うが枚数が多すぎてチェックできず。
今日は大満足したが、やはり空中戦を撮りたい。二度とチャンスは無いと思うのでもう一度行くと心に決め、5時過ぎに撮影地を後にした。尚、今日はこれまでで一番カメラマンが少なかったが、コミミもそろそろ終盤を迎えているようである。

 

●カワセミ
着いて直ぐに水からの飛び出しが撮れ、まずは一安心
15020601


15020602


15020603

20コマ/秒の高速連写、飛び込んだ瞬間から撮れて万歳~
15020604


15020605


15020606


15020607


15020608


15020609


15020610

20コマの2度目の連写は少し遅れ、飛び出すところからの撮影となる。
15020611


15020612


15020613


15020614


15020615

ハヤブサが空を待っていたが、煙突の狩りの下手な♂若かな? 捕り易くてもカワセミを捕るなよ。去年は、カワセミ撮影地では無い下流で1羽やられている
15020616

 

●コミミズク
飛翔は簡単に撮れるが、バトル撮影は接近する瞬間にスピードが速くなるので難しい。ハヤブサの弾丸急降下より難しいかも知れない。
150206101


150206102

ノートリ画像、トリミングしないと絵にならず。街中郊外の撮影地、カワセミと同様で仕方なし。他の鳥も同様だが、何処で撮ってもコミミはコミミ、不要なものを入れずにトリミングできる場所を探すしかない。
150206103

人前で惜しみなくパフォーマンスを披露する1羽
150206104

この鳥、ホンマに野生で育ったのかいなと思ってしまうほどサービスが良い。150206105

止まりものを色々撮った(撮りすぎた)が詳細は後日。
150206106


撮影機材:V3、1NIKKOR70-300mm、手持ち撮影  撮影枚数:816枚
       D4、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影   撮影枚数:730枚
移動:歩き、地下鉄、阪急   天気:曇り後晴れ
撮影経費:1,120円

| | コメント (0)

V3と1NIKKOR70-300mmで月撮影

 今朝5時半頃にミニ856の手持ちで月を撮影する。モードM、f5.6、SS1/640、ISO400で数十枚撮影し、一番マシな画像を選んで色々修正したが、もう一つの結果しか得られず歩留まりも悪い。
魅力は高速連写とコンパクト軽量のお手軽撮影のみ、半値のコンデジ+α価格なら非常に良いカメラと思うのだが、価格からどうしても写りを一眼レフと比較してしまう。

Dsc_1952

| | コメント (0)

2015年2月 5日 (木)

昨日のオオワシ続編

 天気が悪ければ撮影休みにするつもりだったが、曇り空ながら雨の心配は無さそうでカワセミに行った。9時過ぎに自宅を出たが、疲れがたまっているようでしんどく、11時半には戻ってきた。カワセミの状況は、上の♂が少し遊んでくれたが移動範囲が広く追うのに疲れ、♀はいつも通り同じ場所を行ったり来たりでサービス悪し。
D800Eに80-400mmで240枚撮影、歩きで天気は曇り。

 

カワセミは後日掲載で取り合えずプール、今日の画像は昨日のオオワシ続編

昨日は良かったと言っても飛んだのは4度、2度目に魚を掴んで近くを飛んだので、今シーズンでは初めて目が入る撮影が出来ただけのこと。天気が良くオオワシの白い部分は白とび、羽の下及び腹の辺りは影で黒くなり、逆光気味も多かったのでどうかなというところはあるが、相手はオオワシなので十分な撮影が出来たと自己満足している。

●3度目の魚を半分掴んでの飛翔、D800Eに500mmf4、三脚使用
見えない場所から突然飛び出したが、見ていた人から食事中にトビに追われたと聞いた。落ち着いて食べれる場所を探したのだろう。琵琶湖から帰ってきた時に撮影した場所から移動していたので少し遠かった。
15020501


15020502


15020503


15020504


15020505


15020506


15020507

 

●ミニ856(V3、1NIKKOR70-300mm)での撮影、2度目の飛び出し直後と帰り支度をした後の4度目の飛び出し
遠いオオワシでは、山バックはボケ連発でダメ、空抜けは歩留まりが少し悪くなる程度で使える。もっと良い撮影場所探しとかで一眼をセットした場所から離れる時や、椅子に座り休憩するなどの時に首に掛けていると咄嗟の撮影に対応出来るので便利。ファインダーが見難くく、最初のピント合わせに少し時間がかかるが、高倍率の28-300mm程度。
15020508


15020509


15020510


15020511


15020512

| | コメント (0)

2015年2月 4日 (水)

オオワシ2014-15Ⅸ  今シーズン最良の日

 飛び出しと獲物掴んでの飛翔狙いで行ったが共に撮れた。飛び出しは高い木からで遠くてもう一つだったが、魚掴んでの飛翔は戻ってから山の前を2~3度旋回してくれ十分な撮影が出来た。今日は気合を入れD800Eにゴーヨンを持って行ったが、D4なら撮影枚数1000を越えていたと思う。
最初は無風、しばらくして吹き出した風は天気予報通り南西の風だったので正面を向いて飛び出すと期待したが、12時前に北に向かって飛び出しよった。後で気がついたが風は北よりに変わっていた。1回目は獲物無しで戻ってきたが、直ぐに2度目の飛び出し(これまで見た中では最短時間)、カメラの横に居たので間に合わず首に架けていたV3で撮影した。2度目も直ぐに戻り、魚を掴んでサービス良く旋回して塒近くに止まった。しばらくして鳶に追い出されたようで、食べ残しの魚を掴んで近くを再び旋回、これも撮れて良かった。この後、今度はカラスにでも追い出されたのか、もう一度飛び出した。ゴーヨンはリュックに入れていたのでV3で撮影、もう一度餌捕りに飛ぶかと思ったが、満足だったので1時過ぎに野鳥センターの駐車場に向かい、V3のみを持って漁港に行った。ミコアイサは居らずで2時頃に湖北を後にした。
次回は手持ちで湖岸で待つ。

飛び出し
画像はパッとせずだが今期はこれで我慢する。これまでと同様で今日の距離ならゴーヨンでは無理。
15020401


15020402


15020403


15020404


15020405


15020406


15020407

 

魚掴んでの飛翔
しばらく通っているコミミも面白いが、オオワシは空の王者、迫力が違う。
15020410


15020411


15020412


15020413


15020414


15020415


15020416


15020417


15020418


15020419


15020420


15020421


15020422


15020423


15020424


15020425


撮影機材:D800E、500mmf4、三脚使用  撮影枚数:444枚
       V3、70-300mm  手持ち    撮影枚数:316枚
移動:車   天気:晴れ
撮影経費:0円(湖西周りでガソリン代は日常経費内)

| | コメント (2)

2015年2月 3日 (火)

カワセミ後予定通りコミミズク

 朝は少し遅めの出発だったがカワセミへ。♀の行動パターンが、また少し変わりサービス悪く全くの不調だった。11時前には””今日はアカン”で引き上げたが、帰る途中の上流で♂がほんのチョッピリ遊んでくれたのが、せめての慰めだった。
昼からは、天気がもう一つのように思ったが、予定通りコミミズグに行った。今日は1人だったので3時過ぎと遅めの到着、3時半を過ぎてポツポツ飛び始めたがもう一つだった。空模様が悪く、撮影条件はこれまでで最悪だったように思う。バトル(空中戦)狙いも暗くてはピントが合わず。そろそろ止めようと思っていたが、二度とこんなチャンスは無くコミミで遠征する気も無い。ならば空中戦の満足出来る画像が撮れるまで、とことん行かねばならぬと考えを変える。コミミのことは知らないが、いつまで当地に居るのやら。とにかく”バトルを撮るのは今しかおまへん”ということで、次回は金曜日天気が良ければ行ってみよう。

●カワセミ
出は良いがサービスが悪い♀、今日の動きは何じゃろか
15020301


15020302


15020303

強烈な3段ホバ、ピントがそこそこがこの1枚とは情けない。
15020304

動きがもう一つつかめない上の♂、この♂を追いたいと思う気持ちもあるが上流に消えると探すことが出来ない。
ノートリ画像
15020305

餌捕りで飛び出したが、獲物を見失ったようで地面の上でショートホバ後土手に戻った。
15020306


15020307


15020308


15020309

訳の分からぬ草陰に飛び込み、極小の魚を捕る。”こんな魚を撮るなよ”と言いたいのだが。
15020310

 

●昼からのコミミズク
共に空中戦時の距離の離れた飛翔からピックアップ
15020311


15020312

コミミは、画像チェック不十分。良い画像があれば後日掲載。

撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち 撮影枚数:朝112枚、昼から287枚
移動:歩き、地下鉄、阪急  天気:曇り
撮影経費:1.120円

| | コメント (0)

2015年2月 2日 (月)

カワセミ後予定変更でレンジャクへ

 朝はカワセミで昼からコミミの予定だったが、天気が悪くて薄暗くコミミのバトル狙いはもう一つかと思い、カワセミ撮影地からそのまま昨日良かったというレンジャクに行った。昼前には着いたがレンジャクは飛び去ったあとでなかなか戻ってこず。どうなることかと思ったが、かなり待ってから飛んできてくれ撮りまくりとなった。木とまりは枝かぶり、空抜けは曇り空だったのでパッとせず、川へ下りての水飲みが撮影出来たので、まあエエかで引き上げた。帰ってから画像を確認すると、明るさの修正が必要な画像が多かったが、満足出来る結果でよかった良かったでメデタシ。

今日はカワセミを2枚に留め、後はレンジャクを掲載します。

●カワセミ
カルガモの直ぐ横に飛び込み、小さな魚を咥えてカルガモの直ぐ前を飛ぶ初撮影画像。水際がボケだったのが残念。
15020201


15020202

 

●レンジャク
先日撮影した場所より多く40羽程度おり、撮影もしやすかったが天気が悪かったのが残念。青空だったら空抜けは綺麗に撮れ色ももっと出ていたと思うが、枝の影が鳥にかぶったかも知れない。どちらが良いのか、修正で色もそこそこ出たので良かったとも思う。
飛びものをもう少し撮りたかったが、暗くてピント合わず。
15020203


15020204


15020205


15020206


15020207


15020208


15020209


15020210


15020211

トリミングで枝が入らないよう拡大
15020212


15020213

ツグミがレンジャクを追い払う。水を飲みに来たらことごとく追い払っていた。
15020214


15020215


15020216


15020217


15020218


15020219


15020220


15020221


15020222


15020223

これがヤドリギ繁殖の元かな
15020224


撮影機材:D800E、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:624枚
移動:歩き、地下鉄、京阪  天気:曇り
撮影経費:940円

| | コメント (0)

2015年2月 1日 (日)

カワセミ 雪の中のホバを撮りたかったがピント合わず

 朝の7時過ぎに外を見ると雪、雪の中のホバを撮れるチャンスと思い機材変更で準備する。濡れてカメラが故障する恐れを考えD7000(水の中に落とさない限り壊れないと思うが念のため、過去にD200で一度おかしくなったことがあったが直ぐに復旧した)、レンズは濡れても大丈夫だろうと80-400mmズーム、レインカバーにポンチョ、それにリュックのカバー。8時過ぎに雪は小康状態になったが、北西方向は曇り空で、また雪が降るだろうと家を出た。磯ブーツを履いていこうかと思ったが、道に雪は積もっていなかったのでいつもの靴にした。
ホバなら狙いは♀、雪の加減がちょうど良い時にしてくれたが、残念ながらピント合わずでガッカリ。♀の動きはいつもと様子が違い、かなり広範囲を移動し、行ったり来たりでいつも以上に追いかけるのに疲れた。ホバも間隔を置いてだが連発、高い木にも止まったので魚が見えにくかったのだろう。天気のせいもあると思うが、ホバは半分以上ピント合わず。

最初に見たのは♀、最近は行かない上流まで行ったので追いかけたが、大したサービスも無く下流に飛び去った。

♂登場でターゲットを変える。昨日連続で飛び込んだ場所で、移動しながらだが数回飛び込んだ後、上流に飛び去る。15020101


15020102


15020103


15020104

下流に行き♀を追いかける。
ちょうど具合の良い雪の中でホバを3回ほどしてくれたがピント合わず。少しピン甘で撮れたのが2枚とは情けない。
15020105

雪が止んでからも、何度かホバ撮影失敗。D800Eならと思うが、天気の悪い中での撮影、腕力が落ちカメラとレンズを支えきれなくなっているのかな~・・・元々?
これは、下の♂のホバ。下の♂も2~3度少し下流に現れた。
15020106


15020107

日が差すと一発で合う。これが撮れなければ三脚を使うしか無い。
15020108


15020109


15020110


15020111

近ければ直ぐにピントは合うが、それでも途中で何度かピントが外れる。
15020112


15020113


15020114


15020115


15020116


15020117

この♀、何時もだがあまり良いところに飛び込まず。水際を手持ちで狙うのはしんどいこともあり、今日はあまり狙わず。

12時を過ぎたので帰ろうと上流に歩くと、上の♂がいた。この後直ぐに土手に止まったが、後ろを通行人が通っても逃げずで餌捕りスタンバイ状態。これならと思い再度撮影開始。
15020118


15020119


15020120


15020121

最近、この♂のホバをあまり見たことが無いが、珍しく3段ホバを披露、しかしほとんど後ろ向き。顔がかろうじて入ったのは数枚。
15020122


15020123


15020124

上流へ移動したが帰る方向なので追いかけた。かなり上流まで移動した後、一気に下流に飛び去ったので諦めて撮影終了。今日も、まあ撮れた方かな。

撮影機材:D7000、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:569枚
移動:歩き  天気:雪後曇り時々晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »