« 山のハヤブサ様子見 その② | トップページ | D7200のカワセミデビュー戦 »

2015年3月20日 (金)

朝はカワセミ、昼からD7200衝撃買い・・買ったと言えるのかな?

追記:当ブログのアクセス数が100万を超えました。ブログへのご訪問ありがとうございます。これからも宜しくお願いします。

 朝のカワセミ、上流で姿を見たが良い所を見せずに上へ~上へ~と移動、追いかけたが最後は見失い諦めて下流へ。今日はカワセミ撮影地としては最下流まで姿を見ず。この地まで姿を見ないなら地下鉄で行けば良かったと後悔、歩くのがしんどかった。この地は、せいぜい10時頃までのようで、撮影は不十分に終わる。
D7200を使っていた人が居たので、少し触らせてもらった。ファインダーを覗くとD7000と全く違いD800Eなみに綺麗、液晶も見やすくエエな~と思ったが、連続撮影枚数は20数枚いけると聞いたので、即買う気になり帰りにキタムラに行った。ただ、連続撮影枚数の20数枚は勘違いで、買ってから試すと16枚だった。猛禽相手なら十分だろう
今回の購入は、衝動買いでは無く衝撃買いである。先日のクマタカ撮影で同じ日に来ていたご近所さん、キャノンの7Dに600㎜f4、TCの使用は分からないが、自分のV3と500㎜で撮った画像とあまりにも違い過ぎ衝撃を受けた。猛禽中心のカメラマンさん、カワセミ手持ち撮影中心の自分とは遠い猛禽相手では腕の違いは当然あるが、翌日のブログの画像を見て驚いた。D300後継機を待ちきれずD7200購入に踏み切ったのだが、D7000と80-400㎜があるのでもう使わないと判断した70-200mmf2.8下取りで、結局1万5千円少々のキャッシュバックで購入したのかどうか・・・?
尚、300㎜f4も即入手できるようになれば、328と交換(? 下取り価格を聞いた)するつもり。三脚が必要な重いレンズは500㎜f4だけで良い。カワセミを三脚使用で慎重に撮る時は、レンズに80-400mm(+1.4TC)を使用する。

●朝のカワセミ
ミニ856、今日は300㎜(810㎜)で撮影した

嘴に土、上流の♂カワセミは飛び回ってばかりで何をしとるんじゃ!15032001


15032002


15032003


15032004


15032005


15032006


15032007


15032009


15032010


15032011

 

●昼からのD7200試し撮り、レンズは80-400㎜で手持ち撮影

持って帰って15分で家を出た。電池はD800Eの予備、ニコンのカメラばかり使っていると取説など読まなくても取扱いは分かる。
カワセミを探したが姿見ず。明日、最下流のカワセミ撮影地でカワセミデビューのつもり。本領発揮の確認は遠い猛禽相手となるが、取り敢えずはカワセミで慣れる。

15032012


15032013


15032014


15032015

さすがに2400万画素のAPS-C機、対岸の鳥をトリミングでここまで大きく出来るとは・・・
15032016


15032017

イワツバメ相手に飛びものを試したが、気のせいかも知れないがD800Eより少しAF(感覚的なもの)が遅いかも知れない。明日カワセミ相手に本格的に試す。
15032018

 

尚、画像ソフトのViewNX2が使えず、CaptuerNX-Dで処理したがトリミングが思うようにいかず、画像処理後”他のアプリケーションで開く”でCaptuerNX2をクリックしたところtifに変換されているが開けた。NX-Dを使う練習をするが、しばらくトリミングはCap・NX2を使用するつもり。

追記:電池の減りは、家での撮影も含め363枚で9%減の残り91%(古いが劣化度0の電池)、自分の場合は連写多いので使い方によって違うと思うが、かなり撮れそう。D800Eでは2000枚近く撮れたこともあり。


撮影機材:V3、1NIKKOR70-300㎜、手持ち撮影   293枚
       D7200、80-400㎜f4.5-5.6、手持ち撮影  325枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

|

« 山のハヤブサ様子見 その② | トップページ | D7200のカワセミデビュー戦 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 山のハヤブサ様子見 その② | トップページ | D7200のカワセミデビュー戦 »