« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »

2015年4月

2015年4月30日 (木)

カワセミ姿見ず

 昼からぶらっと川に行ったがカワセミの姿見ず。

画像は、整理しながら掲載を忘れていた4/26撮影分、ミニ856の手持ちでピクチャーコントロールはビビット。

Dsc_7142

Dsc_7191

Dsc_7229

Dsc_7251

Dsc_7272

Dsc_7280

Dsc_7284

Dsc_7299

Dsc_7335

Dsc_7341

Dsc_7370

Dsc_7377

Dsc_7379

Dsc_7399

| | コメント (2)

昨日のハヤブサ

今日の朝は撮影休み、 郵便局とD2へ買い物に出たが昼から撮影に出るかどうかは?

 昨日のハヤブサ画像、詳細にチェックしたがV3と1用70-300mmでの撮影では少し苦しかった。撮影条件はもうひとつだったが、昼過ぎも逆光気味にならずそれだけは良かった。ISOを800ぐらいにせねばならず、それでもSS1/800では遠い猛禽飛びものの800mm手持ち撮影はトリミングして拡大すると少し無理がある。SS1/1600、最低でも1/1250ぐらいは欲しい。しかし、日課のカワセミ撮影後のお手軽撮影としては十分楽しめた。
今年三度目の撮影、家から近いので機会があればまた行くが、今度こそD7200かD800Eと500mmf4と思っている。カメラマンが多くてもどこからでも撮れる手持ちが良いかな。

巣からの飛び出し。
巣は高くて遠い、晴れていれば昼からは影になり撮影条件が悪い。15043001


15043002


15043003


15043004


15043005


15043006

餌の置き場の岩止まり
止まるのを見ていれば分かるが、一度目を目を離せば同じような色なのでV3のファインダーでは見つけ難かった。
15043007


15043008

幼鳥が現れ親が追い払う。良いシーンだがバックの空が白い曇り空で悪すぎた。
15043009


15043010


15043011


15043012


15043013

♂から♀への餌渡し、ハヤブサでは初撮影
場所が岩の前、V3では撮影条件が悪すぎたが、適当に連写したら画像は悪いものの撮れていた。獲物はヒヨドリ、チュウヒのような餌渡しで期待外れだったが、撮れただけでもマシ。
15043014


15043015


15043016


15043017


15043018

飛びもの
空抜けならどこも同じだが、昨日は青空が少なく撮影条件が悪かった。後ろが明るすぎV3では苦手な条件、一眼なら少しは良いと思うが・・・・
15043019

これくらいなら問題なく撮れる。
15043020


15043021

頭上近くを通過
15043022


15043023


15043024


15043025


15043026


15043027

| | コメント (0)

2015年4月29日 (水)

カワセミ後山のハヤブサ

 朝はいつも通りカワセミへ。昨日と変わらずサービスが悪く、撮影仲間の車に便乗させてもらい山のハヤブサに行った。そこそこ遊んでくれたが、ミニ856では曇り空の山の中ではハヤブサの動きが見づらく、姿を見ればとにかく連写しまくった。撮影枚数は1000枚を超えたが、大半がピンアマかボケのようである。明日、じっくり画像を見る。

●カワセミ
今日も最近のワンパターン水浴びのみ。飽きてきたが撮れないよりはマシというところ。

15042901


15042902


15042903


15042904


15042905


15042906


15042907


15042908


15042909


15042910


15042911


15042912


15042913


15042914

 

●ハヤブサ

待望のグリーンバックが撮れた。前回行った時に次回はD7200に500mmf4と思っていたが、写りはV3と1用70-300mmでも撮影枚数を増やせば個人的には十分かな。ただ、曇り空でファインダーが見難く、飛び出しを取り逃がしているのが残念。
詳細は明日、良いシーンもあったが上手く修正できるかどうかが問題だ。

これは完全なピンボケ
15042915


15042916


15042917


15042918


15042919


15042920


15042921


15042922


撮影機材:V3、70-300mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:1390枚
移動:地下鉄、車  天気:曇り
撮影経費:260円

| | コメント (0)

2015年4月28日 (火)

カワセミ後オオヨシキリに田んぼウロウロ

 今日のカワセミの出は益々悪くなっており、いつも通り粘ったがシャッターを押したのが短時間の2度だけではアキマヘン。昼からは、そろそろオオヨシキリが来ている頃と思いひとっ走り、来ていたが中々出てこずで手強かった。ついでに田んぼをウロウロ、キジの♂♀が撮れてメデタシとしよう。
カワセミは、明日更に悪くなる予感がする。

●カワセミ
悪くなる一方、この地もしばらくアカンのかな?
15042801


15042802


15042803


15042804


15042805


15042806


15042807


15042808


15042809


15042810


15042811


15042812

●オオヨシキリ

相変わらずやかましい鳥だが、数はまだ少ないように思う。かなり敏感な鳥のようで、立っていると中々姿を見せない。草の中からこちらを見ているような
15042813


15042814


15042815


15042816


15042817

●ホオジロ
以前は珍しいと思ったが、最近は山に行けば頻繁に姿を見ている。
15042818

●キジ
♀を見る機会は少なく今日が2度目の撮影、やはり♂よりかなり敏感で直ぐに逃げた。
15042819


15042820

必ず♂が居ると思い注意深く見ると少し離れた場所に居た。
15042821

逃げる時の走り方がユニークで面白い。
15042822

♂は2羽居た
15042823

これで隠れているつもりなのだろう
15042824

●ケリ
かなり気の強い鳥でキジや他の鳥を威嚇していた。
15042825

●ヒバリ
田んぼに下りていると分かりにくい
15042826

●チュウシャクシギ
他にも少し小さいシギ(多分)が飛んでいたが撮れず。
15042827

撮影機材:朝D7200、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影 撮影枚数:230枚
       昼からV3、70-300mmf4.5-5.6 手持ち撮影 撮影枚数618枚
移動:朝は地下鉄、昼から車  天気:晴れ後曇り
撮影経費:520円

| | コメント (0)

ほろ酔いで月を撮るⅡ

 昨日の夜、ほろ酔いでD7200に80-400mmの400mm手持ちにより月を撮った。

ISO200、f5.6、SS1/640、露出補正-1.7、VR・ON・・・・38万円前後
Dsc_1696

| | コメント (0)

2015年4月27日 (月)

空抜けのハヤブサは何処で撮っても同じ

 昨日の疲れで遠出を止め完全休養日かと思ったが、ちょっとだけカワセミに出かけた。遠出先に最終選んでいたのは海のハヤブサ、海岸線を飛ぶ姿が綺麗と聞いていたので撮りたかったのだが、昨日の朝に色々と情報を聞いたところ、ほとんどピントが合わないとのことで、ならばしんどいのを無理して行っても仕方ないかと思った。目線より下を飛ぶ姿ぐらいは撮れるのかな?
カワセミは昨日より更に不調、先週に給餌を二度見た日をピークに出もサービスも段々悪くなっている。今日は、こちらの心情を察してくれたのか、カワセミ撮影地にハヤブサが飛んできて旋回してくれた。ピントの合いやすい空抜けのハヤブサなら何処で撮っても同じ、わざわざ山や海へ行く必要も無し。山はグリーンバック、海は海岸線を飛ぶところを上から撮りたいのだが、ハヤブサまでの距離が遠いと難しいやろな。行って実際に撮らないと分からないのだが・・・・

●ハヤブサ
以前からカワセミ撮影地の上空を飛ぶことがあったのだろうが気にもしていなかった。不思議なもので、一昨年から街中のハヤブサを撮るようになって何度か見るようになる。
15042701

少し高かったが、ミニ856で大きく撮れた。大きくといっても、当然トリミングしての話。ノートリでこの大きさならほとんどフレームアウトになる。
15042702

”わざわざ遠くへ行かなくても良いではないか”と2回ほど旋回してくれたのかな。
15042703

”その内、サービス(ハトへのアタック)しまっせ~”なら良いのだが。
15042704

場所は少し離れているが北側のハト集結場所希望、ベンチに座って待つ。去年は何度か待ったが見たのは3度だったかな?
15042705

全く別の場所から飛んできたハヤブサだったりして
15042706


15042707


15042708

 

●ツバメ
コシアカの着水を狙っているが、数が少なく(今のところ2羽しか見ていない)チャンスが無い。普通のツバメ
15042709


15042710


15042711

 

●カワセミ
もっとサービスせんかい! 最近、期待しているのは、お前さんだけや~。
15042712


15042713


15042714

何故か最近ホバにピントが合いにくい。合ったと思ったら目が入らず。
15042715

こちらも同様で直ぐにシャッターを押すのを止めた。
15042716


15042717

撮影機材:V3、70-300㎜f4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:417枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (0)

ほろ酔いで月を撮る

 昨日の夜、窓から空を見ると月が輝いていた。おもむろにD7200をリュックから出すと、レンズは328+1.4倍TC、交換するのが面倒、三脚を使用するほどの子も無いでそのまま手持ちで撮影した。ついでに比較ということでミニ856でも数枚撮影した。画像をPCで確認するとD7200はブレ画像が多く”あれ~”、三脚使用でカワセミを撮影した時のままでVRがOFFになっていた。
    

D7200と328+1.4TC・・・購入価格70万円少々
ISO200、f4、SS1/500、露出補正-1(Aで撮影)、VR・OFF(上を向いての撮影で少し酔っていたこともあり少し手が震える)でブレてる
D7200

V3と1用70-300mm・・・・購入価格25万円弱
ISO200、f5.6、SS1/200、露出補正-1(Aで撮影)、VR・ON
V3


V3の色がもう一つ(V1よりはマシ、好みに合わない)以外に写りに価格ほどの差(?)が無い。高額の328の真価を発揮させるには、飲んでいない時に少し絞りSSが遅くなったら三脚を使用して真面目に撮る必要があるのだろう。

| | コメント (0)

2015年4月26日 (日)

カワセミ後今期初めてのコアジサシ

 今日のカワセミは昨日より更に不調、良かった日から段々悪くなる。最近では珍しくカワセミに来ていたJ君に、Iさんよりコアジサシの情報が入り二人で大阪に行った。最初に行った鶴見では姿無し、何かのイベントで騒々しかったので直ぐに三人で淀川に行った。こちらでは姿を見せてくれたが、数が少なく登場する頻度も少なくおまけに遠すぎた。まあ今期初で撮れただけで良しとしよう。
今日は、7時過ぎに自宅出発で帰ってきたが5時過ぎ、疲れたので明日考えていた遠征(遠出)は中止。撮影休みにするか朝に少しだけカワセミに行くか、朝起きてから考える。

今日の画像は、カワセミ少々にコアジサシ。

カワセミ、ミニ856で適当に連写していたら飛び出しが撮れていた。
屈んで
15042601

飛び出す
15042602

 

コアジサシ
本番はもう少し先かな、ミニ856では失敗が多かった。近くで撮れればD4に400mmズームを使う。V3の20コマ/秒で飛び込みを狙えば着水までで連写が終わってしまいそう。今日は10コマ/秒で撮影。
15042603


15042604


15042605


15042606


15042607


15042608


15042609


15042610


15042611


15042612


15042613


15042614

 

チュウシャクシギ、この種の鳥にはあまり興味がわかず。
15042615


15042616

メダイチドリ、もう少し大きく撮れれば良かったのだが
15042617


撮影機材:V3、70-300mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:641枚
移動:京都地下鉄、京阪、大阪地下鉄、阪神、JR  天気:晴れ
撮影経費:2,460円

| | コメント (0)

2015年4月25日 (土)

カワセミ まあエエやろう

 今日も朝から天気が良く遠くに行きたかったが、昨日久しぶりにゴーヨン担いでカワセミを追い、何度も下流へ急ぎ足で行ったのが堪えて肩が痛く断念した。軽量機材のミニ856でカワセミ行ったが、今日も移動が多かった。上流のカワセミ♂の移動距離にはウンザリするが、この地のカワセミも同じくらいの距離を移動しよる。最近、カワセミの数が減り縄張りが広くなったということかな?
7時半過ぎに到着、最初は出が悪く今日はアカンと思ったが、出てきた時には追いかけてそれなりに撮れたので、今日も”まあエエやろう”ということにしとこ。
それにしても晴れた日の手持ち撮影はミニ856が良い。何が良いか・・・・軽くて楽や~

11時頃に帰宅、昼から車にガソリンを入れ50kmほど走ったがカメラは出さず。

                      
今日の撮影は、水浴びの飛込みから始まる。
20コマ/秒で撮影したが、手持ちではやはり飛び出し瞬間狙いは難しかった。飛び出すと予想してシャッターを押したが直ぐにバッファフルとなり、実際に飛び出した時に撮影できずが何度かあり、結局10コマ/秒に変えた。
尚、ピクチャーコントロールをビビットとしたので画像が少し艶やか。

撮れたのは飛び出してから
15042501


15042502


15042503

ここまでは何とか追えたが、振りすぎてこの後はピンボケが続く。
15042504

給餌咥え
15042505

水切りのブルブル後、♀が待つ巣へ一直線
15042506

近距離止まりもの、日差しの方向が悪く目がくっきり入らず。
15042507

反対方向を向いてくれると綺麗に目が入る。
15042508

カラシナ止まりもの
何枚も撮ったがバックはコンクリ、こちらの岸に止まってくれるとバックは水面になるが、ほとんど顔が入らずで困ったもの。
15042509

立っていた場所の直ぐ下に止まり獲物を探す。
15042510

飛び出し直後に見失ったのか直ぐに戻った。
15042511


15042512


15042513


15042514


15042515

この時は少しホバをしたが背後からの撮影ではもう一つ。
何度かホバをしたが距離が遠かった。飛んで行った先で、そのままホバをするので追いつけない。
15042516


15042517


15042518

最後は、水浴びの水面からの飛び出し後を狙った。水から顔を出したところは残念ながらボケ画像。
15042519

体を突き出してから再び着水
15042520

一気に飛び上がる
15042521


15042522


15042523


15042524

色々撮ったが切が無いので掲載はここまで。
15042525

V3のフォーカスは、よく追従してくれる。これでISO800以上3200ぐらいまでの写りが、今のISO400と同等ぐらいなら猛禽以外の近い鳥撮影で一眼レフは要らない。メインカメラとして曇り空や暗い森の中でも使用出来るのだが。

撮影機材;V3、70-300mm、手持ち撮影  撮影枚数:625枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2015年4月24日 (金)

カワセミ 撮影歴11年で空抜けホバ初撮影

 今日は7時前に撮影ポイント着、気合を入れてD4にゴーヨンで飛び出しを狙った。カワセミの出は昨日に比べ少し悪い程度だったがサービスは最悪だった。というのも、いつものポイントに現れても直ぐに下流へ飛ぶの繰り返し。それも昨日より更に下流へ飛び上のカワセミ並みの移動距離で、4度追いかけたがD4にゴーヨンでは流石に疲れた。
おまけにフルサイズの500mm、こちら側の止まり木からの飛込みなら十分だが、下流の今日の距離では遠すぎ、また、1600万画素では、トリミングによる拡大でも対応出来ず。次回はV3に328の810mmで撮影しよう。

飛翔、今日も日差しが強くギンギラギン
15042401


15042402

カラシナ止まりもの、対岸では護岸のコンクリがバックに入る。
15042403


15042404


15042405

初の空抜けホバ
残念ながら遠くておまけに逆行気味だが、街中ではほとんど撮れない貴重ホバだった。空抜けホバを期待し遠いのを承知で川原に下りて撮影した。ホバは3度ほど撮ったがいずれも距離が遠過ぎた。
15042406


15042407


15042408


15042409

飛び出し
水浴びの瞬間を狙ったが、カワセミ♀は飛び込みに水からの飛び出しも動作が速すぎた。
15042410


15042411

これは♂、タイミング合わず。
15042412

♂は、一度だけ何とか押さえたが10コマ/秒では足らず。V3の20コマ/秒が必要。
15042413


15042414


15042415


15042416

止まり木への飛びつき
15042417


15042418


15042419


15042420


15042421


15042422

水面からの飛び出し直後、飛び出しはピンボケ。
500mmf4、今日は80-400mmよりフォーカスが遅いように思ったが、機材が大きくカワセミ相手で振り回しが遅れただけかな?
D4に80-400mmは時々使うが、フォーカスはかなり速いと実感している。
15042423

11時頃には撮影終了で昼から散髪に行ったので昼からの部は無し。


撮影機材:D4、500mmf4、三脚使用  撮影枚数:576枚
移動:地下鉄、現地で歩き  天気:晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2015年4月23日 (木)

カワセミ ホバ祭りの予行演習なら良いのだが

 今日も朝からカワセミ、ホバ連発で動きは良かったが日差しが強すぎたのかピント合わずが多かった。今日はD7200に328+1.4TCだったが、これで合わなければD4にゴーヨンしかない。ホバは連発で内半分ぐらいは撮れたので良しとしよう。また、三脚使用で飛び出しを狙ったが、やはり10コマ/秒ぐらいは必要だった。
こんな日が続けば撮影に張り合いが出るが、続かないのがこの時期でどこも同じだろう。。

今日は久しぶりにjpegで撮影した。D7200のRAW画像はCaptureNX2では処理出来ず(開くとTIFに変換される)、CaptureNX-Dは使い難い。ならばjpegで撮ろうと思ったのだが、RAW画像より少し雑のように思う。気のせいかな?

今日も♂が嘴に土をたっぷり付けて出てきた。雨で巣がダメージを受け修復に忙しいのかな?
15042301

対岸からの飛び込み、完全なピンボケだが今日正面か撮れたのはこの1枚のみ。後は背後からの撮影ばかりだった。
15042302


15042303

小さな魚だったが給餌咥え、♀も出ていた。
15042304

♀の止まっている場所へまっしぐら、♀に飛んできて欲しかった。
15042305

直ぐに後を追ったが給餌シーンは撮れず。給餌した♂はどや顔
15042306

止まっている♀を狙っていたら、上流から♂が飛んできた。
15042307

二度目の給餌シーン
15042308

今度はバッチリ撮れた。
15042309

♂は、またしてもどや顔、この鳥固有のポーズかどうか? これまでに何度も給餌を撮影しているが気がつかなかった。
15042310

飛び出しを狙ったが、この後のシーンが欲しかった。10コマ/秒なら飛び出す瞬間が撮れたかも。
15042311

シャッターを押すのが遅れた。動く瞬間を見てからシャッターを押してもタイムラグがあるため飛び出しは撮れない。
15042312

ホバ連発、途中に長時間の5段ホバが有り驚いた。飛び出してからタバコに火を付け、”さあ撮ろか”でも十分撮れる。

近い場所でのショートホバ
15042313

飛び込まず移動
15042314

5段の超ロングホバ、ホバとホバの間
15042315

ホバの画像は繰り返しになるので何度もシャッターを押すのを止めた。最後は”いつまでやってんねん”と呆れるほど長かった。
15042316

終盤を迎えたボタン桜バックのホバ
15042317

ガードレールバックのホバ
15042318

初めて見た後ずさりしながらのホバ、途中で魚を見失ったのかな?
15042319

途中で一旦体制を立て直し
15042320


15042321

再び狙いを定めるが見つからなかったようである。
15042322

カラシナバックのホバ
15042323

ノートリ
ここまで遠いとなかなかピントが合わない、シャッターを半押ししながらマニュアルアシスト
15042324

近かったが背後からの撮影、風向きがもうひとつだったので背後も多かった。
15042325

飛び出し狙い最後の一発勝負、飛び出す前にシャッターを押した。
15042326

♀の飛びつき、飛びつきは飛び出しより撮影しやすい。
15042327


明日は気合入れてカワセミと行くか、それとも遠出でクマタカか海のハヤブサか?・・・行っても綺麗に撮れないなら経費が無駄、朝に決めよう。

撮影機材:D7200、300mmf2.8+1.4倍TC、三脚使用  撮影枚数:646枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2015年4月22日 (水)

カワセミ後、春の渡りは大阪城公園 2015Ⅱ

 今日は予定通りカワセミに行き、2時間ほどしてから大阪城に行った。カワセミは水浴びのワンチャンスのみだったが、ノビタキが登場し今年初撮影となる。大阪城は不調、行き交う人と情報交換したが、”今日は何処へ行ってもあきませんな”の声しか聞かなかった。

●カワセミ

こちら側の止まり木から何度か水浴びを披露してくれたが、日差しが強すぎて画像はもうひとつ、カワセミが光るとピントも合いにくい。
15042201


15042202


15042203


15042204


15042205


15042206


15042207


15042208

端っこに入っていたので、センターにくるよう大トリミング。
15042209

上の画像に合わせた
15042210

今年初のノビタキは夏毛、地元に入っているとは聞いていたが、この場所で見れるとは思っていなかった。毎年、上流で姿を見ている。
15042211


15042212


15042213

多分、ツバメの餌だろう。3mぐらいの距離だったが、自分でも上手くピントが合ったと思う。
15042214

 

●大阪城公園
朝にはコルリ♂が姿を見せたと聞いたが、探索中は姿見ずで残念。オオルリ、キビタキ、コサメを撮ったが数は少なかった。

オオルリ
15042215

コサメビタキ
15042216


15042217

キビタキ
15042218


15042219


15042220


撮影機材:D7200、80-400mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:371枚
移動:地下鉄、京阪、JR、歩き  天気:晴れ
撮影経費:1.820円

| | コメント (0)

2015年4月21日 (火)

出遅れた~

 朝カワセミに行ってから大阪城に行くつもりだった。6時前にソファーにどっかり座り、後ろにもたれた瞬間腰に痛みが走る。動くと痛くてしばらく動けずだったが、しばらくして痛みの走らない方向に体を動かしゆっくり立つ。背筋を伸ばすと腰に痛みが走るので、ゆっくり伸ばしてから少し家の中を歩く。しばらく足踏みに歩きで様子を見ていたが大したことはなかった。7時には家を出るつもりだったが大事を取り大阪城は中止、ミニ856を持って1時間遅れでカワセミポイントに行った。
カワセミは、到着する前にホバから飛び込み大きな魚を獲り食べて山に帰ったとのことでがっかり。写真を見せてもらったが、最近では珍しい超大物でさらにガックリ。♂とのことで♀が出てこないかと待ったが出てこず。ならばハヤブサの様子見でもと歩いて行ったが姿無し。地元の鳥見の女性の話では、最近は飛んでいるのを時々見る程度でさっぱりとのことで、しばらくはアカンようである。
再びカワセミポイントに戻ると出てきて橋の下に入ったとのことで、お茶を買いに行ったがその間に山に戻りよった。結局姿見ずで11時を過ぎたので歩きで引き上げたが、上流でも全く姿見ず。昼から再び上流を探索したが、これまた姿見ずでカワセミボウズの日となった。

歩きがてら色々撮影したが、もうひとつ気が入らず。

15042101


15042102


15042103


15042104


15042105

 

今日は鳥画像が無いので在庫より

今期初のコシアカツバメ
15042106


15042107


15042108


15042109

イワツバメの巣作り、大分仕上がってきた。橋の側面で諸に風が当たる場所だが大丈夫かな。
15042110


撮影機材:V3、70-300mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:155枚
移動:朝は地下鉄後歩き、昼からは歩き  天気:曇り後晴れ
撮影経費:260円

| | コメント (0)

2015年4月20日 (月)

撮影休み・・・家でごそごそ

 雨で撮影休み、朝から外付けHDの整理やら最近買ったパソコンのメモリ増設の下調べやらで時間を潰す。

外付けHDは、2,3日前から空いた時間に整理していたが、風景は1.5TB1台、野鳥はTB2台にまとめた。風景画像を保存していた500GBは他のデータのバックアップに使用する。10数年前に購入した120GBは、TVの録画に使用出来ないか接続してチェックしたが認識せずで、転送時間が遅すぎることもありお蔵入り。以前交換したPCの内蔵HD300GBは、外付けケースに入れて一時使用したが、完全に壊れたようでHDのみ廃却する。どんなデータを保存していたか今となっては記憶に無いが、何かのバックアップデータで大したものは保存してなかったと思う。

最近買ったWindows8.1のパソコンが応答無しでよく固まる。数十秒待てば再び動き出すが何かおかしい。
購入時にメモリを増量しようと思ったが、店に無かったので取り合えずそのまま購入した。メモリは4GB、1台前のPCは16GB(増設している)で14BitのRAW画像を連続で処理すれば差はあると思うが、インターネットやExelにホームページビルダーを操作していても固まる。二台前のPCは2GB、D800EのRAW画像処理時に固まるようになったが、それ以前は全く問題無かった。4GBで十分と思っているのだが・・・・。
電源ONの立ち上げ後に操作を開始するのが早すぎ、何か不十分なままの立ち上げでおかしくなっているのかもと思い、今日は電源ON後数分置いてから操作するようにしたが、画像処理でも固まることは無かった。たまたまかも知れず、取り合えず増設メモリーを調べたがヨドバシに置いているもよう。これからも頻繁に生じれば増設を考えるが、パソコンのことはよくわからん。

昨日、撮影歩き用靴を買った。今の靴、一年少々履き傷んできたので新調した。年に300日近く撮影に出て歩いていると靴の傷みも早い。一時期安い特価の靴を履いたが、機材を担いで歩いていると膝への負担が大きいようで、それなりの靴を履いた方が良いように思う。価格は1万5千円からせいぜい2万円まで、本当はこういう物にもっと費用をかけるのが良いのかも知れない。

 

●昨日、大丸で買ったsalomonnとかいうメーカー(フランス?)の靴、実際に造っているのはどこか知らない。made in あの国か15042001

    

●今履いている靴、merrell(アメリカ?)とかいうメーカの靴
15042002

底のゴムは一部磨り減りクッション材がむき出しに、磨り減るのいつも同じ場所から
15042003

靴べらを使わずに履くので踵部分もこの通り、遊びの靴なのでまだまだ履ける。
15042004

側面の下何箇所か穴が開き始め、雨の日や水溜りを歩くと水が入る・・・・これが問題だが天気の良い日にはもうしばらく履く。
15042005

 

●ハイカットの山歩き用の靴、trezeta(イタリア?)のメーカーの靴
十数年前、山やアウトドア用品も売っていた釣り道具屋で、釣り道具のついで買った。メーカーは、今日ネットで調べて外国製と知る。東南アジアも外国、実際どこで造られたものかな?
今の靴の後にこの靴を履こうと思い、この冬一度履いたが毎日となると少し重かった。また、靴底が厚く車の運転がしにくい。山を登る時は現地で履き替える。
15042006

 

●特価1500円ぐらいで買った靴
時々履いているが機材を担いで長時間歩くと膝が少し痛くなる。底が薄くクッション性に欠ける。
15042007

 

●街に行く時に履いている靴、ブリジストン製
数年前に店じまいの特価とやらで安く買ったが、この靴は雨の日でもすべりにくく良いのだが、撮影で毎日履くと直ぐにボロボロになりそうなので撮影では履いていない。買い物、一杯飲み、その他のちょっとした外出用。
15042008

| | コメント (0)

2015年4月19日 (日)

撮影休み・・・最近は小鳥の飛び出しも狙っているが難しい

今日は所用で撮影休み

最近、小鳥の飛び出す瞬間を時々狙っている。先日、大阪城でオオルリ、キビタキ相手に何度か狙ったが全滅だった。シャッター半押しの状態で待機、飛び出す瞬間を目にして全押ししても一瞬遅れるため、鳥はすでに飛び出しておりピントは木の枝に合う。あらかじめ予測してシャッターを押す必要ありだが、小鳥の場合は動きが速いので秒コマ数は10枚ぐらい欲しい。手持ちではカメラを構え続けるのにも神経を使うので、三脚撮影の方が撮り易いと思う。D7200では動きの遅い猛禽なら撮れると思うが、小鳥はD4かV3を使う必要がありそう。カワセミは餌獲りの場合は体が細くなることがあるので過去に何度か撮れており、猛禽は集中力が途切れなかった時は確率良く撮れている。ただし、遠いので画像はもうひとつ。

カワセミと猛禽の飛び出す瞬間、いずれも以前に掲載している。

カワセミ
暗くてSSが速くならず(A絞り優先で撮っていた頃)、この後は完全なブレ画像だった。
15041901

写りは別としてタイミングはOKの画像
15041902

少し遅れた
15041903

これもOK画像
15041904

     

ハヤブサ、飛ぶ前に羽を広げ屈むことが多いので撮りやすい。
15041905

チョウゲンボウ、顔は少しピンボケのまぐれで撮れた画像
15041906

クマタカ、体が大きく動きがスローなので見逃さなければ確実に撮れる。ただ、遠いので綺麗に撮れたことがない。
15041907

オオタカ幼鳥、この時一度のみのまぐれ撮影
15041908

オオワシ、一番気に入った飛び出し画像だが遠すぎて残念ながら背後の木の枝に合っている。止まりものも背後にピントが合っていた。
15041909

| | コメント (0)

2015年4月18日 (土)

カワセミ カラシナ止まり

 カワセミ不調なら大阪城に行こうと思い、取りあえず下流ポイントに行った。今日は朝の内最近では珍しく出が良く、この時期狙っていたカラシナ止まりが撮れ大阪城は止めて粘るも、途中からいつも通りの不調となった。10時半頃には昼から上流を探索することにして一旦引き上げた。

カラシナ止まり

最初は目が入らず、ノートリ15041801


15041802


15041803


15041804


15041805

何度か撮っている内に何とか目が入る方向を向いてくれた。
15041806

飛び出し(飛び出す瞬間)も狙って撮った。しばらく飛び出しを狙うつもりだがタイミングを合わせるのが難しい。
15041807


15041808


15041809


15041810

♀も登場したが、直ぐに巣に帰った。
15041811

数度のロングホバを披露してくれたが、ピントが合ったのが一度で情けない。バックが明るすぎたのかも知れないが、一眼なら一発で合う条件、今日はミニ856。
15041812


15041813


15041814

水際もワンテンポ遅れる
15041815


15041816


15041817

      

昼からの撮影

帰って昼食を挟んで朝の画像を整理、1時過ぎに再び出ようとPCをシャットダウンしたが、Windowsアップデートのインストールが始まる。インストール数が114個でまずいと思ったが、終わるまでに1時間少々かかり出遅れた。昨日、再立ち上げしたPCでは仕方なし、かなりのアップデートが溜まっていた。この出遅れのため良い所は撮影出来ず。

橋を超えた所で下流から飛んできた。もう少し早ければ、いつもの橋脚あたりで撮影出来ただろう。
15041818


15041819

この後、上流に飛び畑前で止まったので走って追いかける。上流から歩いてきたオバサンが、嬉しそうにカワセミの直ぐ後ろに立ち止まり顔を突き出す、当然逃げよった。カワセミは、カメラマンだけのものでは無いのでしゃーないと思うが、カメラで狙ってる先を見て見つけ、直ぐ後ろに立って逃がすのに腹が立つ。
”顔を突き出さんといて~!” 
     

撮影機材:V3、70-300mmf4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:472枚
移動:朝は地下鉄、昼から歩き  天気:晴れ
撮影経費:520円

| | コメント (0)

2015年4月17日 (金)

車で少し走ったがカメラ出さず

 朝は天気がもう一つだったので外付けHDを整理し、その後修理から帰ってきたPCのセットアップを行う。500GBのHD(ほぼフル)の中身を昨日から移し替えていたが、今日は350GB移動しのでかなり時間がかかった。昼過ぎにPCのセットアップも終わり車を走らせたが、めぼしい鳥がおらずカメラを出さず帰宅。帰ってから昨日買った切替機を接続、キーボード、マウス、モニター1式でPC本体2台を切り替えて操作出来るようにした。PC2台をどう使い分けるかは、これから考える。

今日は撮影画像無しで在庫のメジロを掲載します。カワセミ待ちの間に、ミニ856で近距離撮影したもの。

Dsc_5583


Dsc_5585


Dsc_5588


Dsc_5589


Dsc_5600

| | コメント (0)

2015年4月16日 (木)

カワセミ ワンチャンス

 昼から買い物があったので、いつもより1時間ほど早く下流ポイントへ行く。2時間半ほど居たがカワセミは一度出てのみ、水浴び数度で直ぐに消えた。

出てきた時は嘴のまわりが土まみれ、巣穴を掘っていた途中で体を洗うため出てきたようである。
15041601

飛び込むごとに土が落ちる
15041602

水際を撮ろうと思ったが、手前の草陰で見えず。
15041603

ならば飛び出す瞬間と思ったが、シャッターを押すのがワンテンポ遅れる。
15041604

飛び出し撮影は(飛び出す瞬間狙い)、手持ちでは難しい。結局撮れず
15041605


15041606


15041607


15041608


15041609


15041610


15041611


15041612


15041613


15041614

体が綺麗になったところで対岸に移動
15041615

餌獲りを期待したが
15041616

何もせず上流へ
15041617

追いかけるとカラシナに止まっていた
15041618

やっと追いついたと思ったら下流に飛びショートホバの後姿を消した。
”なめとんか~”
15041619


撮影機材:D7200、80-400㎜f4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:106枚
移動:地下鉄  天気:晴れ
撮影経費:0円(地下鉄一日乗車券を買ったが、買い物の日常経費)

| | コメント (0)

2015年4月15日 (水)

イワツバメ

 午前と午後の2度、地元のカワセミ探索に出たが姿見ず。仕方無く、午前に主にイワツバメを狙って撮ったが難しく、曇り空の間は撮れても画像がシャッキリせず。黒い被写体は意外に難しいのかな。尚、まぐれでフライングキャッチが撮れていないか調べたが、ツバメで1枚だけそれらしきものがあったが、ピントがもう一つで残念。水平飛行から急にフワッと上昇するので追いきれない。飛びもの狙いの良い練習にはなった。ツバメの高速飛翔が撮れれば、近くを飛ぶ大概の鳥は撮れるだろうと言いたいが、水面バックしか撮れずでは撮れる鳥が限定される。カワセミ不調の間は練習しよう。
昼からはカメラを出さず歩いたのみ。

15041501


15041502


15041503


15041504


15041505


15041506


15041507


15041508


15041509


15041510


15041511

撮影機材:D7200、80-400㎜f4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:272枚
移動:歩き  天気:曇り時々晴れ一時雨
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2015年4月14日 (火)

撮影休み・・・この1年の鳥撮影、狙いの鳥は

今日も天気が悪く撮影休み
この1年(2014/4~2015/3)の鳥撮影で何を狙ったか調べてみた。撮影に出ると見れば撮影するが、主に芸を披露してくれる鳥を対象にしているため狙う鳥の種類は少ない。

15041401

   
・カワセミカメラマンと思っているので、カワセミオンリーでは無いが撮影回数は圧倒的に多い。水際、ホバ、たまのバトル他諸々の撮影に飽きることは無い。歩いて行ける場所に居り、たまに地下鉄に乗るが撮影経費を最小限に抑えられることも回数が多い理由の一つ。

・ハヤブサも撮影場所が比較的近く、歩いて行こうと思えば可能なので回数が多い。もっともカワセミ後ハヤブサが圧倒的に多く、ハヤブサだけを狙って家を出ることは少ない。今回、カワセミ後ハヤブサの大半をハヤブサでカウントしているため多くなっている。

・チュウヒは、カワセミ不調時に餌渡しが見られ通った。距離が遠くてなかなか満足できる画像が撮れなかったので回数は多い、姿・色から飛行だけならあまり通う気は無い。近くで餌渡しが撮れれば終了の鳥だが、初夏の暑い時期に朝から行って粘り、昼には帰ってシャワーで汗を流し、クーラーの効いた部屋でビールを飲み昼寝も良いかも知れない。

・オオワシは、秋の終わりから冬にかけての一番のターゲット、もっと通いたいが往復200kmでは行く回数が限られる。また、この時期はカワセミも動きが良くなるので迷うことも多い。

・コミミは、この冬だけだろう。

・クマタカは、遠すぎて良い画像が撮れず意地になって通った。結局チャンスは無かったが今年も行くつもり。今年は2、3度行ってダメなら白旗かな。

・ミサゴは、撮影回数が多いように思ったが、ついでの撮影も多く狙って行った回数は少なかった。白飛びが気になる鳥で、綺麗に撮るのは難しい。水に飛び込む前を連写で何とか撮れないかと思っているが、水面近くになるとピントが外れることが多い。

・ヤマセミは、以前のように通いたい鳥だが少し遠く高速利用で行く回数が限られる。近場で復活してくれれば嬉しいが無理だろう。日が昇るのが早くなれば、一度早朝に近場の様子を見に行こうと思っている。

・コアジサシは、撮影が面白いので今年も行くが、サービスが良すぎて半日で飽きる。ミニ856の20コマ/秒で水際を高速連写したい。

・アカショウビン、イヌワシは交通費等がかかりすぎる。撮れるのが分かっていれば行くが、行ってみないと分からないのが問題、今年は行くかどうか?

今日の画像は梅の頃のモズ、アリスイ狙いついでの撮影
D800Eと500㎜f4での撮影Dsc_6860


Dsc_6862


Dsc_6869


Dsc_6872


Dsc_6880


Dsc_6882


Dsc_7021

| | コメント (0)

2015年4月13日 (月)

撮影休み・・・ここ10年の撮影をまとめてみた

 雨で撮影に出れず。退屈しのぎに、過去10年間の撮影は何が中心だったかまとめてみた。シャッターを押した日を鳥とそれ以外の風景・花・他(以下、風景とする)に分けてカウントしグラフにしたが、風景撮影ついでの鳥撮影も鳥でダブルカウントしている。そのため両方を合算すると実際の撮影日数よりかなり多く、通勤途中のちょっとした撮影や飲み会の料理撮影もすべて含めているので、かなりの数値になっている。

15041301

06年ぐらいまでは風景主体で、鳥は冬場ぐらいしか撮影しなかった。06年の冬ぐらいからカワセミを追うようになり、鳥撮影が増え始めたがまだ風景撮影がメイン、08年から近場のヤマセミに湖北のオオワシにも通うようになり、09年には鳥と風景の撮影回数が逆転した。
12年3月に定年退職で自由人になり、写真撮影が仕事に変わり撮影日数が急激に増える。日々の撮影はカワセミメインの鳥になったが、花風景や山の撮影も続けていた。しかし、風景撮影は毎年同じ時期・場所で同じような写真ばかり撮っていたので、少し飽きかけていたのと、拝観料と交通費が必要で収入減により徐々に行くのを躊躇するようになる。紅葉撮影は12年で終了、桜をなどの花風景撮影も14年で終了し今年は行かなかった。山風景も12年秋の上高地が最後(?)、後は釣りや鳥狙いの遠征ついでに撮影しているのみ。
ついでの風景撮影は今後も続ける。名所巡りや山風景メイン(狙って)の遠征は、その内再開するが、しばらくは行かないつもり。再開時期は、年金フル受給になってからと思っている。新緑の上高地ぐらいは、鳥撮影を兼ねて行きたいが・・・・・

 

今年、カワセミ撮影のついでに撮った桜、ズームレンズは便利

15041302


15041303


15041304


15041305


15041306

28-300mmレンズにて
15041307

| | コメント (0)

2015年4月12日 (日)

ハチゴロウにて

 今日は久しぶりに856を持って川に出た。856と言ってもミニサイズのV3と70-300㎜だが、ぶらっと出かける遊び機材としてとしては十分な性能を有している。その分価格も高かったので当然だろう。
狙いのカワセミは、最下流で一瞬見たのみ、もう少し早く行けばホバが撮れたようだが、選挙の投票後にブラブラ歩いて行ったので仕方無し。結局、撮影画像はツバメの飛びものが大半でV3では無理がありほとんど削除、高速で飛ぶツバメを追うとファインダー内が少し遅れ一眼レフよりかなり見難い。

イワツバメにツバメ
15041201


15041202


15041203


15041204


15041205


15041206


15041207


15041208


15041209


15041210


15041211

 

ワンチャンスのカワセミは止まりもの
15041212

 

11時過ぎに一旦引き上げ、昼食後しばらくTVを見て3時頃に再び出かけた。

残念ながらカワセミの姿は見ず、イカルを撮影して引き上げた。
15041213


15041214

撮影機材:V3、70-300㎜f4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:447枚
移動:歩き  天気:晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2015年4月11日 (土)

カワセミ 28-300㎜レンズで300㎜の手持ち撮影を試す

 軽量の300㎜f4レンズの購入を検討している。購入するとしても即入荷出来るようになってからだが、TC無しの300㎜の手持ち撮影で地元のカワセミが撮影出来るかどうかが重要なポイント、もし可能なら単焦点レンズの切れの良さ(TC付ければ切れは薄れる)と曇り空でのf4手持ち撮影に魅力がある。D7200に装着すれば、300㎜でもトリミングで600㎜に換算して1350万画素相当の画像が得られ、過って使用していたD300を上回る。
手持ちの高倍率28-300㎜を久しぶりに引っ張り出し300㎜での撮影を試した。風景撮影がメインで、風景撮影時に咄嗟の鳥撮影が出来れば良しで買ったレンズ、風景ではそれなりに満足しているが、鳥相手での飛びもの撮影はもう一つなのは十分承知している。D7200に装着して、トリミングでどの程度の大きさのカワセミが得られるか知りたかった。
朝、9時半頃に自宅出発したが、カワセミの姿まったく見ずで下流まで歩いたが、こちらでも姿見ず。イワツバメ相手に試したが、このレンズではAFが遅く太刀打ちできず。昼に一旦引き上げ、2時半頃再び川へ、カワセミは短時間だが登場してくれ何とか確認出来た。
結果はエエやろうで、即入荷出来る状態になってから(今は4か月待ち)、328下取りを決断するのみ。

●朝の撮影
撮影ポイント3ヶ所ともカワセミ姿見せずとは、これ如何に? 一斉に巣穴をほっているなら先に期待を持てるのでうれしいが。

サギ、カモなら300㎜で十分、200㎜でも撮れるだろう。15041101


15041102

イワツバメの飛びものをかなり撮影したが、ほとんどダメ。そこそこと思うものも普通ならダメ画像。このレンズで飛びものを狙うのは難しい。VR・ONで撮影したが、手持ちでも飛びもの狙いならOFFの方が良いかも知れない。
15041103


15041104


15041105


15041106

 

●昼からのカワセミ
カラシナに止まっていたが諸に逆光、止まっているのによく気が付いたと自分でも思う。
15041107

反対側に行ったが、日差しが強すぎこちらもダメ。
15041108

下流へ勢いよく飛び去ったので追いかけたが見つからず。
15041109

下流の♂かと思い諦めて引き上げる途中で下流から飛んできた。
15041110

風が強すぎ移動
15041111

ホバは川の真ん中、D7200なら300㎜でもトリミングで十分だろう。
15041112


15041113


15041114


15041115

飛び込むかと思ったが上流へ移動しよった。
15041116

橋の下に一旦止まったが、再び上へ飛び去った。おそらく探しに行かない場所まで飛んで行ったのだろう。とにかく確認のための撮影は出来て良かった。
15041117

尚、28-300㎜の重さはは300㎜f4より少し重い程度、80-400㎜に比べれば軽く負担は少なく撮影が楽。これが一番の魅力だが足の疲れは大して変わらず。ミニ856はもっと軽いので、V4の高感度画像改善(ISO1600ぐらいまででOK)に期待した方が良いかなとも思うが無理やろな。


撮影機材:D7200、28-300㎜f3.5-5.6  撮影枚数:540枚
移動:歩き  天気:曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2015年4月10日 (金)

撮影休み

 雨で撮影休み

家に居ると暇を持て余す。整理のため書棚横の隠れスペースに置いている物を引っ張り出すと、野球のバットとブルワーカーX5が出てきた。いずれも30年ほど前に数年使っていた物、バットは捨てるとしてブルワーカーは再び使ってみるかな。

今日の画像は、狙いの鳥待ちの間にD7200で撮影したもの。
D7200は3/20に入手したが、昨日までで約9,700枚撮影している。新しいカメラ購入時、最初の数週間は使いまくってかなり撮影するが今回は多すぎる。

コチドリ・・・400㎜f4
近場ではあまり見かけず、地元の川では一度見ただけかな。海での撮影
Dsc_5254

セグロセキレイ・・・400㎜f4
セキレイ類はどこにでもいる鳥、ブログにはあまり掲載しないが、露出等のチェックためよく撮影している。
Dsc_5561

イワツバメ・・・80-400㎜
地元の川での撮影、今年はツバメの中で一番早く撮影した。今はツバメがかなり増え、その内コシアカツバメも姿見せるだろう。Dsc_7958

カワラヒワ・・・80-400㎜
渋い色の鳥と思うが、あまり近くで撮影したことが無いと思う。
Dsc_8879

モズ・・・80-400㎜
Dsc_8923

スズメ・・・80-400㎜
おにぎりを食べていると近寄ってきたが、観光客が何かをやっているのかな。鳥カメラマンで、スズメを餌付けする輩は居ないだろう。
Dsc_9426

シロハラ・・・80-400㎜
今の冬、ツグミはよく見たがシロハラはあまり見なかった。アカハラなら良かったのだが、取り合えず数枚撮影。
Dsc_9734

| | コメント (0)

2015年4月 9日 (木)

春の渡りは大阪城公園 2015Ⅰ

 春の渡りのシーズン到来、京都も渡りの鳥を撮れる場所はあるが、種類に数共に大阪城が一番ということで、10時半着で久しぶりに行ってきた。昨日はコマドリが居たとの情報があったが、朝から来ていたJ君の話では抜けたとのことでがっかり。オオルリ、キビタキなどを撮影したが飛来数がまだまだ少なくもう一つ。昼から別の場所へ移動しようとしたが、クロツグミが居るとのことで一人留まった。残念ながら前を素早く飛ぶ姿を見ただけで撮れず、3時前には引き上げた。また、行かなければ・・・コマドリ、クロツグミ、コルリ、ノゴマぐらいは撮りたい。

オオルリ♂
目の入った画像が少なく手ごわかった。もう一度撮る必要ありだが、この鳥結構撮影が難しい。
15040901


15040902


15040903

キビタキ♂
こちらも目が入りにくかったが、かなりの枚数を撮ったので、まあエエかというところ。
15040904


15040905


15040906


15040907


15040908


15040909


15040910


15040911

ヤブサメ
暗くてSSが上がらず動きも早いので大半がブレ画像、思い切ってISOを大きくすれば良かったかな。
15040912


15040913

証拠写真以下のクロツグミ
カメラマンが集まっていたためかシロハラが居たためか、良い所に出てこず。少し粘ったが諦めた。
15040914

撮影機材:D7200、80-400㎜f4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:347枚
移動:地下鉄、京阪、JR、歩き  天気:曇り後晴れ
撮影経費:1,560円

| | コメント (0)

2015年4月 8日 (水)

キジ狙いで2ヶ所を巡る

 カワセミか大阪城かと思っていたが、朝起きると雨が降っていた。昼から天気は良くなるとの予報だったが、雨の止んだ10時頃に予定を変更し一週間ぶりに車で少し走ることにした。行先はどこでもエエかと家を出たが、キジを思いつき北に車を走らせる。ホロ打ちと飛び立ちを狙おうと里に行ったが不調で、ならば田園へと向かったがこちらはもっと悪かった。撮影は出来たものの、平凡な止まりもののみ。

●里での撮影

駐車場に車を止め歩き回って畑に居るところを見つけた。距離は近かったが邪魔な草(農作物?)が多かった。15040801

よく見える場所に移動すると番で居た。
15040802

♀はこれまであまり撮っていないので♀狙い。
15040803

♂、♀でまったく違う。
15040804

♀は敏感で直ぐに隠れたが、大きな体を上手く隠すと感心。
15040805

♂はしばらく遊んでくれた。
15040806

こちらに近づいてきて睨みよる。益々近づいてきたが、集団下校の小学生の元気な声が聞こえる。まずいと思ったが仕方なし。直ぐにキジは逃げて草の陰に隠れる。
15040807

草陰でホロ打ちを披露したが、まともに撮れず。
15040808

一旦隠れるとなかなか動ない。20分ほど待ったが諦めて場所移動
ノートリ画像
15040809

 

●田園

こちらでも♂のみだが2羽の姿を見た。
15040810

順光だったが日差しが強くなり画像はもう一つ。
15040811

鳥撮影は日差しの弱い晴れの日か、明るい薄曇りの日が良い。
15040812

田んぼにコヤツが現れたが遠すぎて話にならず。近づくと逃げよった。
15040813

2ヶ月後ぐらいに楽しませてくれるかな。その時期カワセミ不調なら、昨年同様通うが暑すぎる。今年も我慢できるかな?
15040814

この時期は毎年の事だがけだるくしんどい、5月までの我慢かな。


撮影機材:D7200、80-400㎜f4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:483枚
移動:車  天気:曇り後晴れ
撮影経費:200円

| | コメント (0)

2015年4月 7日 (火)

暗い曇り空でのツバメ撮影はパッとせず

 朝の内は雨で自宅待機、昼から雨が上がったのでカワセミ行った。数年前にカワセミの出が良かった支流の自動車教習場前まで行ったが姿見ず。ツバメがかなり増え飛び回っていたが、コヤツが煩わしくカワセミが登場しないのかな?
仕方なくツバメ飛びもので撮影練習したが、薄暗い状況の中でのツバメは目が入らずもう一つ。ISO1600でも撮影したが、トリミングするとパッとせずでD800Eより画像は悪い。条件の悪い時はやはりフルサイズ機か、価格の差が写りに出ているが価格ほどの差は無い。
こんなものやろう・・・D7000に比べればかなり良い。

15040701

15040702

15040703

15040704

15040705

15040706

15040707

15040708

15040709


撮影機材:D7200、80-400㎜f4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:519枚
移動:歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

2015年4月 6日 (月)

ミサゴ⑥ ラスト掲載は飛翔色々・・・夕方追記

 ミサゴの飛翔は、これまで1万枚以上(2万枚近いかもしれない)撮っているが、姿を見ればシャッターを押す。”下手な鉄砲も数撃ちゃ当たる”が飛びもの撮影のモットーで、今回の撮影では結構当たったように思う。
撮影経験は、年数では無く現場でシャッターを押した回数ということになるが、ミサゴに限らずこれまで相当無駄なシャッターを押している。家に帰って写真を整理する時には、次回は無駄な撮影を止め枚数を減らそうと何度も思っているが、現場で鳥の姿を見ればとにかくシャッターを押してしまう。カメラの性能がアップし腕が多少良くなっても、シャッター寿命など気にせずこれからも押し続けるだろう。野鳥撮影者の中では(特にカワセミ撮影者)、まだ少ない方かも知れない。

やっと画像を400枚以下に減らした。目標枚数には届かないが、壊さない内に取りあえず外付けHDにコピー。

掲載ラストは、比較的近くを飛んだ時の画像を適当に選ぶ。1枚だけノートリ画像有り

01dsc_6125


02dsc_6148


03dsc_6365


04dsc_6369


05dsc_6373


06dsc_6380


07dsc_6391


08dsc_6392


09dsc_6751


10dsc_6754


11dsc_6778


12dsc_6890


13dsc_6892


14dsc_6904


15dsc_6961


16dsc_6962


17dsc_6963


18dsc_6987


19dsc_6988


20dsc_7000

 

追記:朝に1時間ほどカワセミを探索したが姿見ずで、カメラもリュックから出さず。

| | コメント (0)

2015年4月 5日 (日)

撮影休み・・・1.4倍テレコン有/無

今日は所用で撮影休み
朝PCの前でキーボードを操作しているとテーブルの上を小さな蟻が歩いていた。撮影時にカメラリュックを適当に置いているが、蟻がリュックについて来たのか夏場には時々ある。この時期は珍しいが気を付けなければ。

TC1.4Ⅲが気になっている.。下取りに出せるものはないかと、レンズを保管しているジュラルミンケースの中を探してみた。最近、使わないものとして、TC2.0Ⅲとシグマの50mmf1.4ぐらいしかない。これに、TC1.4Ⅱにを足しても下取り4万円にはならないだろう。TC1.4のⅡとⅢにどのくらいの違いがあるのか、自分の用途で使ってみないと分からないが、TC無しに比べて良くなることは無い。テレコン無しのトリミングでカバーできるような被写体をTC使用で大きく撮っても仕方無し、トリミングでは対応出来ない遠い被写体を少しでも大きく撮れるかだが、TC1.4Ⅱをもう少し見極めた方が良いかな。
狙いは500mmf4への装着、距離は150m以上で今のところオオワシ、イヌワシ、クマタカぐらいしか用途は無い。先日のミサゴも最初は距離が遠くTCを使用したが直ぐに外した。


●300mmf2.8にTC1.4Ⅱを付けた場合:カメラはD7200

以前から変わらないということで積極的に使用していたが、じっくり見ると違う。

TC有り
80-400㎜でも撮れるレベルと思う。現行80-400㎜の写りはTCを付けない単焦点には負けるが、TC1.4を付けた単焦点なら少し落ちる程度と認識している。300㎜f2.8でもTC1.7を付けると、AFの速さ写り共に現行80-400㎜のTC無の方が良い。ただし、色々な要因が重なっていると思うが、自分の用途での話で人夫々で結果は違うだろう。
Dsc_31872

TC無し
習慣で少し近づいたので、条件は少し良くなったかな
Dsc_32184

 

●500mmf4にTC1.4Ⅱを付けた場合:カメラはD800E

一昨年秋の別場所での撮影、この地は前を飛んでくれたのでTC無でも飛翔は撮れた。止まりものは遠く、TCの価値が出てくるのかもしれないが狙いは飛びもの。止まりものだけを狙うことは稀で飛びものがどう撮れるか。この時は直ぐにTCを外した。
この距離の止まりものは、TC有り無しどっこいのように思うが、これより遠くなればどうなのか・・・撮ってもしゃ~ないか。

TC有り
Dsc_8554

TC無し
Dsc_8597

TC1.4Ⅲと共に300㎜f4も気になっている。TC使用時の写りは、自分の用途で実際に使わないと分からないが魅力は軽量の420㎜、カワセミなら300㎜で使用できることもあるのでなおさら悩む。

| | コメント (0)

ミサゴ➄ 獲物は小物

 ミサゴは、昼を過ぎると多少潮が満ちてきた浅瀬でも獲物を狙いよった。獲物は小物ばかりだったが、一度だけフレームアウトになる距離もあり慌てた。近すぎるとAPS-C機と大口径レンズの三脚撮影では追えず。

上から水面をよく見ているようで、浅い場所では完全に着水せず足を水に入れて獲物を獲る。
01dsc_6833

掴んだのは小さな魚
02dsc_6834

足からこぼれそうなサイズ、狙って獲ったのかな?
03dsc_6837

この場所は多少深く突っ込んだが、急角度では無く緩やかな飛び込み。この日は急角度の突っ込みを見なかった。      
04dsc_6850


05dsc_6856

魚が小さいと飛び込んでから飛び出すまでの時間は短い。
06dsc_6857


07dsc_6858

両足で掴むほどのサイズでは無い
08dsc_6866

目の前で水切りのブルブル、飛びだした後連写が止まってから行うことが多く、いつもタイミングが合わない。この時は連写ストップでこのポーズを狙った。
09dsc_6867

水しぶきが見えないのでタイミングが遅れたのかな
10dsc_6868


11dsc_6869

| | コメント (0)

2015年4月 4日 (土)

カワセミ 今日も朝と昼から2度探索に出た

 朝は歩きで下流ポイントまで行ったが着くなり登場、昼からもいつものポイントに直ぐ登場し共にラッキーだった。

●朝の撮影

2羽のからみが撮れる。
♂が♀に飛び乗ったので交尾かと思ったが、♀が拒否しよった。穴掘り期間中で、そんな時期では無いということだろう。ここの♀は働きもの、♂は働きが悪いようで♂が川でチンタラしていると、時々♀が呼び戻しに来る。

15040401


15040402


15040403


15040404


15040405


15040406


15040407

 

●昼からの撮影

畑横を歩いていると上の♂が鳴きながら猛スピードで下流へ飛び去った。急いで餌捕りポイントに向かうと、途中でけたたましい鳴き声が聞こえたので、もしかしたらと期待した。

期待通り♂2羽が並び威嚇合戦、出合い辺りの♂がやってきたようである。
15040408

両者、宣戦布告
15040409

期待通りバトルが始まった。
15040410

狭い橋脚の上で噛みつき合い
15040411


15040412


15040413


15040414

噛み合ったまま端まで移動
15040415


15040416

そのまま4m弱の橋脚から水面へ落ちる。フワッとした落ち方でカメラを振り過ぎ、残念ながら途中はピンボケ。
15040417

水面上での激しい噛みつき
15040418

両者譲らずだったが、よく見たら上の♂(多分)優勢
15040419


15040420


15040421

上の♂優勢で一旦離れ
15040422

その後、出合いの♂が下流に逃げので、上の♂が追いかけて3か所で威嚇し合ったが、噛みつき合いは無く出合いの♂が一気に下流へ逃げて行った。
15040423

その後、上の♂は上流に移動し餌捕りをしそうに見えたが、風が強く橋の下に隠れたので引き上げた。上の♂の縄張りは広すぎる。もう少し狭めてくれれば、撮れる機会が増えるのだが。
    
しばらく一眼の手持ち撮影は、D800EにD4の400㎜での撮影だったので、D7200の600㎜での撮影は最初追いにくかったが、ようやく馴染んできた。
尚、電池を交換してから約3600枚で残り9%、D7000やD800Eと比較すると撮影可能枚数については凄いカメラと思う。

 

撮影機材:D7200、80-400㎜f4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:朝311枚、昼から115枚
移動:歩き  天気:朝の内曇り後晴れ
撮影経費:0円

| | コメント (2)

ミサゴ④ 獲物は大物

 空いた時間にミサゴの画像整理を続けているが進まない。綺麗に撮れた画像を残すというより、一連のシーン連続画像を残しているので削除数が少なくなる。やっと500枚を切ったが、最後は300枚ぐらいにしたい。

今日の画像は大物獲り。岸近くは浅過ぎて大物が居ないのか少し離れた場所となる。トリミングで拡大しているが、満潮の時に行けば少しでも近くで大物を獲るところを撮れるかもしれない。

●獲りながら飛び立てずあきらめる

01dsc_6326

何度も羽ばたいて飛び立とうとするが・・・・
02dsc_6327


03dsc_6328

魚が暴れるようで飛び立てず
04dsc_6329


04dsc_6331


05dsc_6330


06dsc_6333


07dsc_6334

再び着水、魚の尾びれが見える。
08dsc_6337

あきらめて飛び立った
09dsc_6338

 

●獲りこみ成功

10dsc_6609

水面に浮かし
11dsc_6610

勢いよく羽ばたいて
12dsc_6612

飛び立ち成功、魚が暴れなければ飛び立てるようである。水の中で魚を締めるのも、これだけ魚大きければ、爪が太くて瞬時に食い込まないのか?
13dsc_6621


14dsc_6651

この時は何度も旋回しながら高い場所まで上昇した。その後も上空を何度も回っていたが何のためか分からない。
15dsc_6696

 

掲載は以後➄⑥を予定している。

| | コメント (0)

2015年4月 3日 (金)

カワセミ相手にD7200高感度撮影 実践編

 朝早くは日差しがあったが、9時頃には曇り空で薄暗くD7200の高感度撮影を検証ということで地元のカワセミに行った。カワセミはいつもの活躍場所に居たが、2月頃のように通えば姿を見られるのかな。

高感度ノイズ除去NORMでISO3200と2000を試したが、結果はV3のISO400と800の間ぐらいの写りで、ノイズリダクションの効いた少しベタっとした画像だが、今日のカワセミではノイズは目立たなかった。ノイズリダクションを調整し直せば、もう少し気にいったように出来るかも知れないが、緊急時使用ならこのままでも十分だろう。3200と2000は、ノイズリダクションの効かせ方が違うようであまり変わらないように思う。

いずれの画像もトリミングでDXから3倍に拡大

●ISO3200

15040301


15040302


15040303


15040304


15040305


15040306


15040307


15040308


15040309


●ISO2000

1504031012000


1504031022000


1504031032000


1504031042000


1504031052000


1504031062000


1504031072000


撮影機材:D7200、80-400㎜f4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:308枚
移動:歩き  天気:曇り
撮影経費:0円

| | コメント (0)

ミサゴ③ 重すぎて小休止

 先日のミサゴ、大物を捕えたのは5回(?6回)その内1回は持ち上げられず水際で放棄しよった。いずれも飛び込んだ場所は遠かったが、一度だけ直ぐ近くに一旦止まり体制を立て直して直ぐ前を横切り飛び去った。

岸近くは浅く大物があまりいないのか飛び込みは遠くが多かったが、500㎜にAPS-C機で何とか撮れる距離。400㎜の手持ちでは、ちょっと苦しいかな?
01dsc_6437

この大きさの獲物をよく持ち上げると感心、翼が大きいから出来るのか
02dsc_6451

一気に上昇するかと思ったが
031dsc_6460

やはり重すぎて方向転換、立っていた場所の前の干上がった場所に向かってくる。
04dsc_6474

前から見るとド迫力
05dsc_6481


06dsc_6483

着地
07dsc_6485

三脚担いで走り、逃げるの覚悟で近づく
08dsc_6493

しばらく休憩後こちらを見て ”飛びま~す”のポーズ
09dsc_6501


10dsc_6517

風の具合で間を取ったのか、息が合わなかったのか、もう一度こちらを見て ”今度は本当に飛ぶので、撮り逃がしたらアカンで~”
11dsc_6522

羽を振って浮き上がり
12dsc_6527

片足で獲物を掴んで一気に飛び出す
13dsc_6534

ここで両足で掴む。大概、魚の頭を前にして飛ぶ。
14dsc_6543

直ぐ前を通過したが獲物はデカいボラ、昔釣りでサビキにかかったのは30㎝ぐらい。ボラはせいぜい4~50cmまでかと思っていたが、70cmぐらいあるのがおるのやな。
15dsc_6546


16dsc_6547

徐々に上昇
17dsc_6554

この時は一気に山に向かったと思う。旋回しながらかなりの高度まで上昇することもあるが何んでかな?
18dsc_6559

        
撮影が終わり駐車場に戻る途中の道路沿いで、釣りをしていた人がチヌの大物を釣り上げた。ミサゴがチヌかマダイを捕ってくれれば絵になると思うが、これまで撮影したのはボラが大半で、後はサヨリにダツの細長い獲物ばかり。海のミサゴ撮影は面白いが、潮風で機材がべた付くのがかなわない。この日はレインカバーで覆っていたこともあるが、風の向きで多少マシだった。

| | コメント (0)

2015年4月 2日 (木)

カワセミ後、山のハヤブサ

 今日も朝からミサゴ画像の整理、約600枚ぐらいに減らしたところで下流のカワセミに行ったが、残念ながら出がダメの日。アカンで昼前から山のハヤブサに行ったが、昼から徐々に撮影条件が悪くなりもう一つ、早朝に餌渡しがあったようだが良いのは撮影条件も含め午前中だけかな。

●カワセミ
冬の良いシーズンも終わり、近場はどこも不調の時期に入る。地元の今年の冬は、もう一つパッとしなかったが、益々悪くなり下流もダメなならどこへ行けば良いのやら。北の園地は人が多いやろうな~・・・

15040201


15040202


15040203


15040204


15040205


15040206


15040207


15040208


15040209

 

●ハヤブサ
ゴーヨンで気合を入れて行くかと思ったが、”ハヤブサごとき手持ちで撮れずでどうする”でカワセミ同様400㎜ズームの手持ち。実際のところは、朝からならゴーヨンを持って行ったが、昼からなら適当に撮影出来ればエエかということで手持ちにした。レンズがどうこうでは無く、餌渡しなどの芸が無ければ、滅多に撮れない鳥では無いので、この時期のこの地のハヤブサもパッとせず。また昼から撮影条件が悪くなるので行くなら朝が良いような。一度海のハヤブサに行きたいが、3時間以上かかり遠い。行って良い画像が撮れるなら・・・・

15040210


15040211


15040212


15040213


15040214


15040215


15040216


15040217


15040218


15040219

尚、電池の残容量を確認したが、電池入れ替え後トータル2982枚で、残り33%とはD4より良いではないか、ホンマかいな?

撮影機材:D7200、80-400㎜f4.5-5.6、手持ち撮影  撮影枚数:625枚
移動:歩き、車(便乗)  天気:晴れ
撮影経費:625枚

| | コメント (0)

2015年4月 1日 (水)

ミサゴ② ミサゴの気力と根性に拍手

 今日は雨で撮影休み

昨日の画像の選択と削除を行ったが、1000枚少々で嫌になり中断、取り敢えず整理した中から、面白かったシーンを掲載。
この一連のシーンは10数分続き、300枚以上撮影した中からの抜粋、距離が少し遠かったのでDXからは3倍の拡大で画像はもう一つ。

まずは飛び込む瞬間
急降下から追うと水面近くでピントが外れ、その後ピンボケが続くので、この時は完全に着水するまでシャッターを押さなかった。
15040101


15040102

少し間を置いて顔を出すが、なかなか飛び出そうとせず。魚を掴んでいるのは間違い無しで期待する。
15040103

10秒ほど立ってから飛び出そうとしたが、体が浮かずで何度も繰り返す。相当の大物と期待がさらに増す。
15040104

ようやく獲物が見えたが、”デカ~”15040105

魚が水面に出てからも、何度も羽ばたきよったが飛び立てず。
15040106

そのまま、水面上を引きずるように30mぐらい移動
15040107


15040108


15040109

ここで小休止か再び水没
15040110

ここでも飛び立とうとする体が浮かず。
15040111

しばらく様子を見ていると、干上がった砂地方向に移動しとるのに気が付く。
15040112

何と魚を引きずって歩いていたのだが、20mぐらい(以上かもしれない)引きずって砂地に到着
15040113

更に引きずって歩く。
15040114

人が持っても重たいと思うような大きさ、飛ぶならともかく引きずって歩くとはビックリした。
15040115


15040116

疲れて休憩しているところに、他のミサゴが横取りを狙って攻撃。
15040117


15040118


15040119


15040120


15040121

逃げるが勝ちで掴んで飛ぼうとするが、上昇できない。
15040122

数m飛んだところで魚が跳ねる。魚はこの後もしばらく跳ねていた。
15040123

そこに背後からトビが襲い掛かり、獲物を落としよった。
15040124

両者共に獲物から少し離れた瞬間、立の悪いカラスが登場。猛禽が獲物を捕ると必ずまとわりつきよる。
15040125

トビが追い払おうと威嚇する。
15040126

瞬間にミサゴが獲物を取り返しに行くが
15040127

重すぎて人間で云う腰砕け、カラスが背後から襲い掛かろうとする。
15040128

ミサゴは、疲れ切っていたのかカラスを見ているだけ。飛び立って少し上方で何度か旋回していたが飛んで行った。
15040129

カラスが魚を散々突っついてから、再びトビか登場し横取り。まさに”鳶に油揚げを攫われる”だ。
15040130

その後、トビがもう一羽現れたらふく食った後も、一羽はその場で獲物を押さえたまま動かず。滅多に無い獲物、”離さんぞ~”というところだったのだろう。

このまま終わるかと思ったのだが、1時間少々立ってから突然ミサゴが背後から忍び寄る。
15040131

トビが驚き飛び上がった瞬間、ミサゴは獲物にさっと近づき
15040132

掴んで飛び立った
15040133

今度は魚の目方が減っていたので楽々飛び上がる。
15040134


15040135

直ぐに柄の悪そうな顔をしたカモメ(ウミネコ?)が襲い掛かるが、ミサゴは意に介さずで山に消えた・・・と思う。途中で分からなくなった。カモメがオオワシを威嚇するのを何度か見たが、大きくて気が荒いようである。
15040136

大きな魚を砂地まで運んだ気力と根性、執念で最後に獲物を取り返した根性に拍手を送らざるを負えない。お見事!

| | コメント (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年5月 »