« 某所のツバメの巣完成 | トップページ | 続・シグマ150-600mm Lesson2  V3でカワセミ止まりもの »

2015年5月30日 (土)

シグマ150-600mm Lesson2  D7200&V3でカワセミ

 Lesson2はD7200とV3でカワセミを撮影した。D7200では900mmとなり、カワセミを追うのは対岸なら良いがこちらの岸に止まられると難しかった。練習すれば何とかなるとは思うが、近い距離でこのレンズを使う意味が無い。V3では1620mm、止まりものは問題ないがカワセミの近い飛びものを追うのは練習しても不可能、撮れるとしたらまぐれを除けばホバぐらい、水際は遠くから狙うしかない。遠くから撮っても綺麗に撮れないので、これまた意味が無い。
地元のカワセミ撮影は、D4にD800Eが良くD7200なら常時は400mmぐらいにして使うのが良いだろう。対岸に飛べば600mmにして使う。ズームレンズの写りはそこそこだが便利。

今日の画像、D7200はトリミングで2200mm相当に拡大してリサイズしているが、V3はいくらにしたか・・・間違えたもよう。D800Eに500mmf4、V3に1用70-300mmなら何とか見られるサイズ、D4では500mmf4でもここまで拡大出来ない。

●D7200
 画像がもう一つ?・・・D7200のせい?・・・今度はD800Eで撮影してみよう。
 手持ち900mmでも普通に撮影出来た。
15053001

15053002

15053003

この画像のみ手持ち撮影
飛び込みは飛び込み方にもよるが、川の真ん中辺りなら近すぎて捉えるのが難しい(多分、慣れ)。
15053004

15053005

15053006

15053007

15053008

15053009

15053010

15053011

15053012

動きものはピントが合っていないが止まりものは合っている。レンズには問題なく十分追えていないだけだろう。
15053013

15053014

15053015

15053016

15053017

f8でISOを低くしたためSSがあまり速くならず。ISOを高くしてSSを速くした方が良いかな?

●V3
追うのは近すぎて無理だったので、カワセミが止まっている時にピントを合わせ、飛び出すと同時にシャッターを押しレンズは振らずに戻ってくるまで連写した。
V3はやはり専用レンズ手持ちが一番扱いやすい。レンズが大きくなり三脚を使用すると扱いにくい。
15053020

15053021

15053022

15053023

15053024

15053025


Lesson3は、D7200で飛びもの(猛禽かコアジサシ)としたいが、カワセミの雛が登場しないかも気になる。
明日は所用で撮影休み

撮影機材:D7200/V3、シグマ150-600mmf5-6.3、三脚使用(手持ち)
撮影枚数:181枚/360枚
移動:地下鉄   天気:晴れ
撮影経費:470円

|

« 某所のツバメの巣完成 | トップページ | 続・シグマ150-600mm Lesson2  V3でカワセミ止まりもの »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 某所のツバメの巣完成 | トップページ | 続・シグマ150-600mm Lesson2  V3でカワセミ止まりもの »