« シグマ150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary | トップページ | 某所のツバメの巣完成 »

2015年5月29日 (金)

シグマ150-600mm Lesson1  D4でカワセミ

 さっそく早朝からD4に装着してカワセミに行った。結果はすこぶる良好、トリミングで同サイズにして比較するなら、純正400mmに対して1.5倍のアドバンテージがあるこのレンズの方が良いだろう。400mmで十分大きく撮れる距離ならどうかは分からない。昨日の動作チャックで速いと思ったAF速度、フィールドでの使用感は純正400mmズームと変わらない。ということはかなり速いと思う。2段ほど絞った方が良いとの評価をネットで見て、主にf8で撮影したが、f6.3での撮影もあまり変わらないように思う。気になった画像の色も全く問題無し。ただ、曇り空だったので今日の画像は冴えない。手持ちも試したがD4との組み合わせでは重い。終日持ち歩き手持ちで撮影するのは今の体力では無理、数十分の短時間なら十分可能。
唯一気になったのはファインダーを見た時の暗さ、実際の撮影には問題無いと思うが、今日は朝の内曇り空で暗く気になっただけかも知れない。使い込めば色々気にいならないところが出てくると思うが、今日のLesson1ではファインダーの暗さ以外は何も無かった。

今日のカワセミは朝の内は出が良かった。途中で撮影仲間に誘われ、山のハヤブサに行ったので後のことは分からない。このまま復活してくれれば良いのだが。

今日の試写(?本番)画像:トリミングで2.4倍(面積で5.76倍)に拡大

●三脚使用 VR:OFF
☆f6.3、SS1/1000、ISO1000
15052901f63s1000i1000

15052902f63s1000i1000

☆f8.0、SS1/1250、ISO1000
15052903f8s1250i1000

15052904f8s1250i1000

15052905f8s1250i1000

15052906f8s1250i1000

15052907f8s1250i1000

15052908f8s1250i1000

15052909f8s1250i1000

☆コシアカツバメ:f8.0、SS1/1600、ISO640
15052910f8s1600i640

15052911f8s1600i640

15052912f8s1600i640

☆カワラヒワ:f8.0、SS1/1000、ISO80015052913f8s1000i800

15052914f8s1000i800

15052915f8s1000i800

☆アオサギ f8.0、SS1/1000、ISO1000
15052916f8s1000i1000

☆オオヨシキリ♀:f8.0、SS1/1250、ISO800
ウグイスかと思ったが人に教えてもらった。この手の鳥の名前はあまり知らない。
15052917f8s1600i640

●手持ち撮影  VR:ON
☆f6.3、SS1/1600、ISO1000
15052917f63s1600i1000

15052918f658s1600i1000

15052919f658s1600i1000

15052920f658s1600i1000

15052921f63s1600i1000

15052922f63s1600i1000

 

山のハヤブサ
雛が大分大きくなっていた。狙いは親の飛翔撮影のチェックだったが、一瞬で見逃しまともな撮影は出来なかった。
トリミングで3.6倍(面積で12.96倍)に拡大
三脚使用
15052923

手持ち撮影、雛は4羽いるようだ
15052924

  

明日のLesson2は、D7200での撮影。この組み合わせはカワセミでは使わないつもりだが、どの程度撮れるか調べておく。
尚、ニコン純正の1.4TCⅡを取り付けようと思ったが、構造的に着かなかった。

   

撮影機材:D4、シグマ150-600mmf5-6.3、三脚及び手持ち  撮影枚数:575枚
移動:地下鉄、車  天気:曇り後晴れ
撮影経費:260円
 

|

« シグマ150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary | トップページ | 某所のツバメの巣完成 »

野鳥」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« シグマ150-600mm F5-6.3 DG OS HSM Contemporary | トップページ | 某所のツバメの巣完成 »